友人のお父さんが先日急性B型肝炎になりました。
しばらく入院しそして 退院し今は通院されているそうです。
その何ヶ月か後にお母さんが急性B型肝炎になり同じように入院しました。
そこで質問なのですが、
この場合友人が肝炎である可能性はあるのでしょうか?
また大人になってからかかるB型肝炎は
一過性のものでキャリアになることはないのでしょうか?
基本的な質問で申し訳ないのですが
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「B型肝炎」
この中で特に「原因と危険因子」「予防」「予後と転帰」と関連リンク先を参考にしてください。
http://www.jrcs-kanagawa.org/ketueki/bldkan.htm
(B型肝炎)
急性発症しても慢性化すことはないようです。
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/tootake/199261.htm
(医療従者のためのC型肝炎の予防)
劇症(1~2%)はあるもののキャリア化はほとんどないようです。

http://www.glaxosmithkline.co.jp/healthcare/medi …
(B型肝炎)
http://www.mhlw.go.jp/houdou/0104/h0409-1a.html
(主なウイルス性肝炎)
http://www.peare.or.jp/peare/a/08kanz/0804kanz.h …
(B型肝炎)
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/tootake/kannen.htm
(キャリアの自然経過)
http://idsc.nih.go.jp/kansen/k01_g2/k01_16/k01_1 …
(B型肝炎)

ご参考まで。

参考URL:http://www.city.naze.kagoshima.jp/HouseCall/ency …
    • good
    • 0

B型肝炎は主に輸血や性交渉・唾液などから感染します。

感染率は低いですが念のためタオル・髭剃り・歯ブラシの共有、他にジュースなどの回し飲みもしない方がいいでしょう。もちろんSEXやキスでも感染する場合があります。ここでは、ご両親が急性B型肝炎と書かれていますが成人になってからかかったのであれば、上記の事に気をつけていれば大丈夫だと思います。母親がキャリアだった場合には、母子感染の確立があります。成人してかかる急性の肝炎であればまず慢性化することはないとされていますが、1割程の方には慢性化する方もおられるようです。ご心配であれば一度ウイルス検査をお受けになって、今後感染の危険性が有る様であればお医者様にワクチンの接種をご相談されたらいかがでしょうか?
    • good
    • 0

通常、B型肝炎は母子感染の場合、慢性化し、キャリアとなりますが、通常の感染の場合、急性肝炎を発症します。


大人になってからのB型肝炎は一過性のものがほとんどですが、慢性化し、キャリアになることがあることが報告されています。しかし、その可能性はかなり低いものですので、まず、心配はいりません。
血液や体液を介する感染の可能性がなければ、ほぼ大丈夫です。

下の方も書いておられるように、カミソリの共有、歯ブラシの共有等がなければ、ほぼ大丈夫でしょう。
    • good
    • 0

友人のお父さんの感染経路はわかりませんが、お母さんへの感染はお父さんからの性的接触によるものでしょう。


ご友人には、髭剃りのときのかみそりを共有するなど血液を介する感染の機会がなければ、ご両親との日常生活で感染することはまず無いでしょう。
大人になってからの急性B型肝炎が慢性化することはまず無いと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QB型肝炎損害賠償訴訟問題について

集団予防接種の注射器の使い回しが原因でB型肝炎ウイルスに
感染したとして、全国の患者らが国を訴えている損害賠償訴訟問題ですが、
同じく注射器の使い回しが原因とされているC型肝炎の損害賠償訴訟問題を
聞いたことがありません。
(過去にあったとしたらいつ頃で結果はどうなっているかも知りたいです)

なぜ、B型肝炎罹患者の方たちだけが訴訟を起こしてC型肝炎罹患者の方たちが
沈黙しているのかご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

C型肝炎ウイルスが比較的新しいウイルスであり現在の医学では科学的に感染経路を辿るのが非常に困難なためです。
C型肝炎ウイルスは1970年代半ばに発見されました。
B型肝炎ウイルスは戦前から確認されておりWHOより注射器の使い回しを止めるように日本政府は再三通告されてました。
政府は聞く耳持たずで予防接種を義務化し多くの乳幼児に接種し続けました。
これは1985年当時まで行われており85年以降の感染率は大幅な減少傾向にあります。
一方C型肝炎ウイルスに関しては感染経路が多数あり症状も水平感染・垂直感染共に同症状であるため集団予防接種で感染した事を見極めるのが困難であり立証する事が出来ないので訴訟に至ってません。
一方B型肝炎ウイルスは水平感染と垂直感染を客観的に見極める事が出来き、また立証出来るため訴訟に至っております。

QB型肝炎の一過性の感染症について

歯科衛生士35歳です。10年以上前に、肝炎のワクチンをうちに行った際抗体がある。と言われました。その時は、ラッキー!ぐらいにしか思っていませんでしたが、今付き合って一年たつ彼氏(医療従事者)にこのことを話すと、肝臓にウイルスがいるから。と言って、半年以上sexレスです。彼がネットで日本医師会のホームページで見つけたものが、下記のものです。

HBVの感染には、感染成立後一定期間の後にウイルスが生体から排除されて治癒する「一過性の感染」とウイルスが年余にわたって生体(主として肝臓)の中に住みついてしまう「持続感染」(HBVキャリア状態)との2つの感染様式がある。
一般に、成人が初めてHBVに感染した場合、そのほとんどは「一過性の感染」で治癒し、臨床的には終生免疫を獲得し、再び感染することはない(近年、成人が初めてHBVに感染した場合でも、HBVのある特定遺伝子型:ジェノタイプAに感染した場合、10%前後の頻度でキャリア化することがわかってきました)。
HBVの一過性感染を受けた人の多くは自覚症状がないまま治癒し(不顕性の感染)、一部の人が急性肝炎を発症する(顕性感染)。また、急性肝炎を発症した場合、稀に劇症化することがある。
不顕性、顕性感染の区別なく、治癒した後には臨床的には終生免疫を獲得する(しかし、最近になって、本人の健康上問題はないものの、ウイルス学的に、肝臓の中にごく微量のHBVがずっと存在し続けていることがわかってきました)。


さらに、将来ガンになって抗がん剤を使うと免疫力が落ちウイルスが増加して、B型肝炎になると脅されました。
だから、子供もつくらないし、結婚もしたくない。とまで言われました。

私はもうsexしてはいけないんでしょうか。そうは思いません。思いたくありません。
彼を安心させる方法。
彼を説得させる方法。
本当に私は将来肝炎になるのか。
抗体があっても肝炎になるんですか?
もっと詳しく調べた方がいいのか。

をお聞きしたいです。
去年の検査結果です。
HBsAg 0.01
HBsAb 115.2
よろしくお願い致します

歯科衛生士35歳です。10年以上前に、肝炎のワクチンをうちに行った際抗体がある。と言われました。その時は、ラッキー!ぐらいにしか思っていませんでしたが、今付き合って一年たつ彼氏(医療従事者)にこのことを話すと、肝臓にウイルスがいるから。と言って、半年以上sexレスです。彼がネットで日本医師会のホームページで見つけたものが、下記のものです。

HBVの感染には、感染成立後一定期間の後にウイルスが生体から排除されて治癒する「一過性の感染」とウイルスが年余にわたって生体(主として肝臓)の中...続きを読む

Aベストアンサー

1.肝臓内にはHBVウイルスがいる可能性がありますが、血中にはいないので他人に感染させる事はありません。よって、性交渉は問題ありません。
2.肝臓にはいるので年一回程度は採血・腹部エコーなどの肝臓のチェックをお勧めします。
こういう肝細胞癌は単発で予後がいいので、早期発見できれば全く問題ありません。
3.高齢になって抗がん剤や生物製剤を受けるときは、肝炎になる事があります。そういう時には、肝臓内にはウイルスがいるかもと担当医に話してください。予防投与が行われます。(もっとも質問者が高齢になる頃にはもっといい治療法が開発されているかもしれませんが)
4.基本的にB型肝炎ウイルスに対するワクチンは全員が接種すべきです(もうじき、乳児全員が接種をうける事になりそうです)。彼がワクチン接種をうけることをお勧めします。

QB型肝炎訴訟

父が3年ほど前に、B型肝炎→肝硬変→肝臓癌(末期)で亡くなりました。
このような場合、B型肝炎の訴訟は起こせるのでしょうか?

ちなみに、父の母は亡くなっていますし、証拠になるような物がありません。(病院のカルテはあると思いますが・・・)
可能ならば、弁護士に依頼して訴訟を起こしたいのですが、よい意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

訴訟をするには、まず相手(被告)が必要です。

相談者さんの父親が、そのB型肝炎ウイルスに感染した理由が重要となります。

仮に「血液製剤」等で汚染製材を使われたのであれば、製造した製薬会社が厚生労働省で公開されており、さらにはその製剤を購入した病院等も公開されています。
その病院に、当時のカルテがあり投与が証明されれば損害賠償請求訴訟はできます。
しかし、これにも時効があり、不法行為(汚染製材の使用)を知った時点から3年以内に訴訟をしないとなりません。
また、不法行為を知らなくても20年経過で時効となります。
訴訟には、原告立証責任というのがあり、相談者さんの父親がB型肝炎ウイルスに感染したのは不法行為が原因であると証明しないとなりません。

たしか、カルテの保管期間は5年と記憶していますが、父親が感染した理由が判明しないと難しいでしょう。

B型肝炎は、比較的接触での感染率が高いのはご存じでしょうか?
性行為でも、感染してしまいます。

1)感染経路の証明
2)感染させた相手(被告)の責任があるか
3)総合して、違法性があるのか
上記を、クリアーしないと難しいでしょう。

訴訟をするには、まず相手(被告)が必要です。

相談者さんの父親が、そのB型肝炎ウイルスに感染した理由が重要となります。

仮に「血液製剤」等で汚染製材を使われたのであれば、製造した製薬会社が厚生労働省で公開されており、さらにはその製剤を購入した病院等も公開されています。
その病院に、当時のカルテがあり投与が証明されれば損害賠償請求訴訟はできます。
しかし、これにも時効があり、不法行為(汚染製材の使用)を知った時点から3年以内に訴訟をしないとなりません。
また、不法行為を知らなく...続きを読む

QB型肝炎でキャリアか、一過性かの区別と期間について

11月の健康診断にて、GPTが70前後、GOTが159という数字がでました。「要精査」となったので追加検査をうけると、B型肝炎だということでした。ちなみに、HBE抗原+、HBV DNA+となっており、抗体は-です。先生にはその後、同じ検査を12月、1月、2月と繰り返し、GOTは落ち着いたものの、やはり抗体抗原はかわりませんでした。先生は、キャリアである可能性が濃厚だが、一過性でないとはいいきれないといわれました。ちなみに、エコーでは全く問題なしとのことです。親に確認した所、親は二人ともB型の検査では-で、幼少期、注射器の使いまわしは無論、感染するような機会はなかったということでした。かなり不安なのですが、これが一過性か慢性化わかるまでどれくらいかかるのでしょうか?又は慢性だった場合どういう治療になるのでしょうか?どのようなことでも構いません。アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

時期的には慢性と言っていいともいますが
念のため検査を続けてください
慢性の場合の経過・治療について参考URLにしめしましたが,経過としては典型的なのでインターネット上に多くの説明がありますまた,最近治療成績の向上が著しい分野です。新しいもの,信用できるサイトの説明を探してみてください。
goo やgoogleなどの検索エンジンで「B型肝炎」「慢性」「治療」「抗原」等をキーワードにして検索するといいでしょう。
専門外なので自信なし。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand/2989/hbv.html

QB型肝炎訴訟 母死亡のため証明書類が難しい場合は?

私は30台後半、B型肝炎無症候性キャリアです。
定期的な検査を必要と感じていますが、経済的につらい事もあり、
訴訟後和解して、検査費用を支援してもらいながら定期検査をしたいと思っています。

母は60台半ば、同じくB型肝炎無症候性キャリアで、以前職場で検査して判明したとの事。
もう20年近く前の事ですが、祖母にも検査してもらったところB型肝炎ウイルスが検出されず
おそらく予防接種で感染したのであろう、とのことでした。
そのころは、その様な訴訟が起こされていた事も知らず、忘れていましたが、
最近和解したことを知りました。

予防接種で感染した証拠となる書類が必要との事ですが、
祖母は今から9年前に亡くなっております。
医療機関に問い合わせてみますが、カルテが破棄されていた場合、
他に証明する手立てとしては「年長」の兄弟の血液検査結果が必要との事。
ですが、母は長女のため年長の兄弟がおりません。
その場合は、訴訟を諦めるべきでしょうか。

B型肝炎医療費助成制度があるようですが、キャリアには適用されないのでしょうか?

以前、定期的に検査をしていた時期もありましたが、2ヶ月に一度、5,6千円程かかり
6ヶ月に一度1万円。
結構経済的に苦しいので、痛い出費です。健康のためには仕方ないとはいえ…

アドバイスよろしくお願いします。

私は30台後半、B型肝炎無症候性キャリアです。
定期的な検査を必要と感じていますが、経済的につらい事もあり、
訴訟後和解して、検査費用を支援してもらいながら定期検査をしたいと思っています。

母は60台半ば、同じくB型肝炎無症候性キャリアで、以前職場で検査して判明したとの事。
もう20年近く前の事ですが、祖母にも検査してもらったところB型肝炎ウイルスが検出されず
おそらく予防接種で感染したのであろう、とのことでした。
そのころは、その様な訴訟が起こされていた事も知らず、忘れていまし...続きを読む

Aベストアンサー

お母さんが母子感染でないことを証明するのに
(1) 祖母さんのHBc抗体陰性か低力価→これはムリ
(2) 年長の兄弟が陰性→ムリ
(3) その他、医学的知見を踏まえた個別判断
という条件があり、このうち一つを満たす必要があります。で、(1)(2)はムリなので、
(3)の可能性を探るしかありません。すなわち、弁護士に検討してもらうしかありません。

QB型肝炎とC型肝炎

B型肝炎とC型肝炎が同時感染する、もしくはどちらかのキャリアで他方のウィルスに感染することはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

肝炎を起こす、という事で共に肝炎ウイルスになっていますが、両者は全く別のウイルスです。DNAウイルスとRNAウイルスという所から違います。

ですから、当然(大変不幸なことですが)同時に感染する事もあり得ます。

QB型肝炎訴訟について、ご教示お願い致します。

B型肝炎訴訟について、ご教示お願い致します。

45歳の男性です。私は現在B型肝炎の抗体を持っております。抗原は全て-です。
その当時の医師には、知らぬ間にかかって治ったのでは?と言われました。
そんな私でも、予防接種感染ということで国から賠償を受け取る事ができるのでしょうか?

抗体については検査にて判明したのですが、全く自覚症状はありませんでした。唯一以前に肝機能(GOP、GPT)上昇し発熱が1ヶ月続いたことがありました。がその際は原因がはっきり解らず単核球症という病名でした。
現在でもγーGPTのみが大幅に正常値を超えています。自覚症状はなく定期的に病院で血液検査を行っている程度で薬の服用も特にしておりません。
前述症状はB型肝炎抗体には因果関係はないと思いますが?

以上を踏まえて賠償訴えの可否について、ご教示いただくと幸いです。

Aベストアンサー

質問文からは、肝炎治療もされたことが無いようですが、
そもそも質問者さんは、どういった事(損害)に対する賠償を求めるおつもりでしょう?
質問文からは、そこが不明なのですが。

下記URLの「訴訟をお考えの方へ」を、よくお読みください。

http://www.b-kan-sosho.jp/index.html

Qある程度時間経過後のA型・B型肝炎について

A型・B型肝炎について教えて頂きたいのですが。

自分は暫くフィリピンに行っていて、性交をしました。
コンドームを付けての性交でしたが、舌を触れ合わせるようなディープキスを少し、コンドーム無しのフェラチオもありました。

症状に関しては性交の前日に全身の身体がだるく、黄痰が出ていました。
熱はありませんでした。
これはバクテリア感染だったようです。

性交後も何度か全身の身体のだるさ、黄痰はありました。
この際も特に熱があったようには思いません。
37℃は超えていなかったと思います。
病院にいくと、バクテリア感染だと言われました。

小便時の痛みなどは無かったと思います。
帰国後2ヶ月経つ今は特に黄痰が出ることも、何もありません。



これらの前提知識で質問させて頂きたいのですが、A型肝炎やB型肝炎にかかった場合、暫くかすると治る事が多いらしいですが、そうでない場合はどのような症状が出るのでしょうか?
黄痰が続く、熱が続く、小便時に異常が出るなどでしょうか?

Webで調べてみたのですが、経過後の症状が良く分かりませんでした。
宜しくお願い致します。

A型・B型肝炎について教えて頂きたいのですが。

自分は暫くフィリピンに行っていて、性交をしました。
コンドームを付けての性交でしたが、舌を触れ合わせるようなディープキスを少し、コンドーム無しのフェラチオもありました。

症状に関しては性交の前日に全身の身体がだるく、黄痰が出ていました。
熱はありませんでした。
これはバクテリア感染だったようです。

性交後も何度か全身の身体のだるさ、黄痰はありました。
この際も特に熱があったようには思いません。
37℃は超えていなかったと思います。
病院...続きを読む

Aベストアンサー

質問の意味が分かりませんが、性行為2か月後ならB型肝炎についてはまだ潜伏期間中である可能性が残っており、まだ発症していないだけで、これから発症する可能性があります。
A型肝炎の場合、発症すると黄疸を伴う高熱がでますが、改善しれば症状はありません。

黄痰というのが黄色い痰ならば肝炎との可能性はまったくありません。

QB型肝炎の訴訟は何人でもできますか?

私を含め、娘、息子の三人がB型肝炎であることが検査の結果わかりました。
いろいろ検索したのですがわからなかったので、質問させてください。ネットなどでは本人のみの訴訟について書かれていますが、私のように自分の子供も感染している場合、何人までなら訴訟できるなど詳しく書かれていませんでした。私のような場合、訴訟はできるのでしょうか?体調も思わしくないので早めに解決したいです。どこに相談に行ったらよいかなど、教えてください。

Aベストアンサー

給付金の支給の対象となる方は、7歳になるまでに、集団予防接種等(昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に限る)の際の注射器の連続使用により、B型肝炎ウイルスに感染した方と、その方から母子感染した方(これらの方々の相続人を含む)です。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/b-kanen/index.html

なので、あなたが集団予防接種などにより感染した疑いが強い場合は、母子感染されたお子様も対象となります。 相談は、弁護士事務所でそのようなケースをとり扱っているところにされるのが良いでしょう。

QB型肝炎キャリアの恋愛について

私はB型肝炎のキャリアで、最近つきあいはじめた彼に私がキャリアであることを話したところ、彼はワクチンを受けてくれるといってくれました。

しかしワクチンは半年の間に3回受けなければならないと聞きました。
彼に抗体がつくまでの間、私たち2人はチュウすることさえも出来ないのでしょうか?
あちこちのサイトをしらべてみても「キスは大丈夫」という説と「キスでも伝染する」説があり、混乱しています。

Aベストアンサー

 B型肝炎の感染は、血液や精液に加え、膣液で感染します。キス程度では絶対に感染しません。だから、性行為に及ぶ場合、相手に抗体ができるまでは必ずコンドームを使用しなければなりません。

 ただ、もう一点気をつけたいのがあなたが女性で、出産の可能性があるということです。その場合は、ガンマグロブリンというワクチンを投与すればほとんど感染しないので、産婦人科の医師に必ず相談されてください。

 また、最近ではB型肝炎の治療については、ウイルスを抑えるラミブジンという薬が使えるようになったので、病院で相談されてください。

 なお、肝炎についての情報は、参考URLが詳しく、信頼性も高いので、ぜひご覧になってください。


http://www.nhk.or.jp/kenko/2001/kensaku/body/abdomen/kanzou/kanzou.html

参考URL:http://www.nhk.or.jp/kenko/2001/kensaku/body/abdomen/kanzou/kanzou.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報