質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

テンカンか脳腫瘍が原因で16歳のメス猫がケイレンを起こすようになりました。(昨夜、救急病院に行きました)
今後またケイレンを起こした時の適切な対処方法などあったら教えて下さい。病院でも再度、発作が起きた時、舌をかんだのか口から血が出ました。発作が起きた時に使う座薬を貰ってはいますが。。。どうぞよろしくお願いします。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ご心配ですね。


てんかん発作で舌をかみ切り出血多量で朝方居間で息絶えていたという経験があります。
(1)てんかんは発作は、おきる兆候が解る場合と(興奮気味、急になついて来る、目が光ってくる等やや交感神経興奮。逆にトロンとした表情など副交感神経興奮)全く解らない場があります。
(2)てんかん発作の種類(痙攣、重責、等)によっても対応や観察の度合いや危険性が違います。
(3)場合によっては発作の誘因が有る程度解ることもあります。例えば有る一定の音や視覚的な刺激によっておきる引き金になる場合もあります。
いずれにしても、発作は抗痙攣剤服用で抑制させますが効き過ぎると、意欲が無くなり涎や失禁など見れらたりします。この薬のバランスがとっても重要となります。また、突然発作時直ぐ家族が対応出来るわけではありませんので、そいう形で死んでしまう可能性が有るという認識をみんなで持つことです。
対応としては腫瘍を摘出するか、抗痙攣剤のバランスをとりながら服用で安定を図るか、または両方を行うか先生と十分納得出来るまでお話しして16歳の猫ちゃんに対応して上げて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答を心から感謝します。専門家で経験者の方からの回答で心強かったです。目が見えなくなっています。。発作を落ち着ける薬をあげてもまた発作が出てるのでテンカンではなく脳の方だろうと言われました...。薬で眠らせても起きると間もなく発作が起きるので…(涙)
舌は噛まないように仕事も辞めてつきっきりで看病するつもりです。

お礼日時:2006/10/23 10:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q猫のてんかんの薬投与後の副作用について?

動物愛護センター(保健所)から16年前に生後3か月の雌猫を引き取り育てています。人間でいえばかなりの高齢で80歳くらいになるそうです。突然、発作が起きて暴れ苦しむので動物病院に連れて行きました。

獣医さんの診断によると、てんかんなので、薬で様子を見ましょうということでしたので、薬を餌に混ぜて飲ませています。しかし、ここ数日、後ろ足が腰が抜けたかのような歩き方をします。

歩くと後ろ足が立っていられずバタッバタッと倒れ引きずりながら歩いています。おしっこやウンチもするのに苦労しているようです。可哀そうですが、先生は、これ以外に方法がないとのことです。

発作で苦しむよりもこちらの方が猫にとってはよいものなのでしょうか?

薬が効いているかどうかは現時点では分かりかねます。先生にはしばらく続けるようにという指示をうけています。てんかんの発作も特別軽減されたようには思えません。

てんかんの猫を飼っている。飼っていた。方やこの件に関して詳しい方アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

心配ですね。
我が家の3番目の三毛猫、現在7歳になります。
2歳くらいのころ、てんかんを発症しました。
気が狂ったように暴れ、瞳孔が開いて、口から泡を出し、部屋中を暴走した末、倒れて痙攣・・・
その時に処方された薬はフェノバール錠というものでした。
麻酔の作用があるようで、薬の服用後は目が虚ろになり、ヨロヨロ、フラフラと歩き、椅子に飛び乗ることも出来ません。
その代り、発作は起きませんでした。
ですが、その様子を見て、猫らしさがまったくなく、椅子に飛び乗れずに落ちる様を見て可哀想になり、発作は本人が頑張ってくれれば数分で収まるので、1年ほど服用してましたが、私の独断で中止したんです。
それと同時に、環境を変えてみるのも1つとネットで見たので、環境も変え、現在は発作がまったく起きていません。

この薬の場合、後ろ足だけに副作用が出るものではありません。
服用中もフラフラしていても、トイレ等は困難なく行っていました。
他の方々がおっしゃるように、別の問題かもしれませんね。
てんかんも風邪のように症状がマチマチです。
是非、別の獣医さんでの受診をお勧めします。

心配ですね。
我が家の3番目の三毛猫、現在7歳になります。
2歳くらいのころ、てんかんを発症しました。
気が狂ったように暴れ、瞳孔が開いて、口から泡を出し、部屋中を暴走した末、倒れて痙攣・・・
その時に処方された薬はフェノバール錠というものでした。
麻酔の作用があるようで、薬の服用後は目が虚ろになり、ヨロヨロ、フラフラと歩き、椅子に飛び乗ることも出来ません。
その代り、発作は起きませんでした。
ですが、その様子を見て、猫らしさがまったくなく、椅子に飛び乗れずに落ちる様を見て可哀想に...続きを読む

Q坐薬の上手な入れ方教えてください。

坐薬を入れようとするのですが、
押し込んでも、指を離すと出てきてしまい。
数回それを繰り替えしてやっと入っていく感じです。
そのため入る事には坐薬が溶けて一回り小さくなって
しまいます。
 指で押し込んだ後に外に出てこずに体内にすっとはいる
コツがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。元看護士です。座薬を挿入する場合は、医療行為でする場合は、キシロカインゼリーというのを座薬のに塗ってから挿入していましたが、これはご自分では手に入りにくいですよね。ワセリンなどでも代用可能です。

あと挿入してからすぐ指は抜かず、しばらく(10秒くらい)そのままにすると座薬はするっと腸の上にあがるようにできてます。挿入する際も指の第二関節ぐらいまでいれて押し込みます。慣れないと大変ですけど、一度コツを掴むと案外スムーズにできるかと思います。
ちなみにすぐ動くと出てきやすくなるので、しばらくは横になってくださいね。

Q猫がぐるぐる回るのですが・・・。

いつもお世話になっています。
先日も全盲の猫の事で相談させて頂きましたが、また不安な事が出てきてしまいました・・・。

我が家に来る前、保護主さんから「目が見えないのでグルグルと回ってしまう(歩行)」と言われていたのですが、最近その動きが激しいように思います。普通に歩く事もできるのですが、とにかくぐるぐると一定方向に回っています。初めは保護主さんからも言われていたように、「目がみえないからかな?」と思っていたのですが、何だか首をあちこちに傾け、回っている時は回っている方向に首をねじらせている感じなんです。抱っこをしても、常に首をクネクネさせている感じというか・・・。
粗相も多いので色々と調べていたら、「粗相や歩行障害がある時は、脳・神経の障害も疑った方が良い」とあったので、とても心配になってきました。視神経をやられてしまっているので、それも関係しているのかもしれませんが、最近はその回り方がかなり激しいんです。あんなに回っていたらすごく気持ち悪いと思うのですが・・・。
心配なので一度病院へ連れて行こうかと思っているのですが、前庭疾患の犬の写真を見たら全く同じ様子だったので本当に心配です。全盲以外にも障害があったら、どうやっていけば良いのか・・・。

支離滅裂で申し訳ありません。
似たような症状があった方いらっしゃいましたら、アドバイスをお願い致します。

いつもお世話になっています。
先日も全盲の猫の事で相談させて頂きましたが、また不安な事が出てきてしまいました・・・。

我が家に来る前、保護主さんから「目が見えないのでグルグルと回ってしまう(歩行)」と言われていたのですが、最近その動きが激しいように思います。普通に歩く事もできるのですが、とにかくぐるぐると一定方向に回っています。初めは保護主さんからも言われていたように、「目がみえないからかな?」と思っていたのですが、何だか首をあちこちに傾け、回っている時は回っている方向...続きを読む

Aベストアンサー

No.7です。
ある程度原因が分かっていながらのやはりの結果は少なからずも動揺は隠せないですよね、少し重い運命を背負ってしまいました。
ただ現実は受け止めなければは先に進めません、この猫の天寿をまっとうさせてあげれるのはkanon29さんしかいません。

これからの書き込みは掲示板みたいで規則違反になるかも知れませんが・・・・。
自分の話で恐縮です最初の猫を拾った時の事、仕事中真夏の公園の公衆トイレに用足していた時この捨て猫が小便器の中の水分を飲もうして覘きこみました、見れば顔は傷だらけ骨と皮状態、それでも声にならない声を振り絞りニャーォニャーォと泣き叫ぶ、たまらなく拾い上げペット飼育禁止の住宅でしたがこの子猫に「お前絶対天寿まっとうさせてあげるから心配するな」と約束して家につれて帰りました、ところがこの子猫排便障害で手術をしないと死んでしまうと医師に言われ手術費用も7万ほどかかると、何で捨て猫にそんな大金をと思いつつも約束だからと又捨てるなんて事もできなかったので手術しました。あれから7年・・・今4歳の血の繋がりのない妹と元気に暮しています。

ご自身の体調もいたわりつつも他の猫達とこの猫と共に穏やかな日々が過ごます様にエールを送ります。
最後に脳障害を持った猫を育ている人のブログを貼り付けておきます、少しでも参考になれば幸いです。
http://yuublog.blog13.fc2.com/blog-entry-275.html

No.7です。
ある程度原因が分かっていながらのやはりの結果は少なからずも動揺は隠せないですよね、少し重い運命を背負ってしまいました。
ただ現実は受け止めなければは先に進めません、この猫の天寿をまっとうさせてあげれるのはkanon29さんしかいません。

これからの書き込みは掲示板みたいで規則違反になるかも知れませんが・・・・。
自分の話で恐縮です最初の猫を拾った時の事、仕事中真夏の公園の公衆トイレに用足していた時この捨て猫が小便器の中の水分を飲もうして覘きこみました、見れば顔は傷...続きを読む

Q猫のMRIや超音波検査で治療につながる脳の異常が全てわかりますか?また、麻酔は危険すぎますか?

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2495507.html​
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2491435.html​
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2491414.html​
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2489769.html​
過去にも何度か質問させて頂いてます。今回もどうぞよろしくお願いします。

16才♀猫。腎臓と肝臓の薬は飲んでますが相当酷いものではなく
1日に1回の投与レベルです。心臓も悪くなく、血液検査、レントゲンの結果、内臓も異常無しとのこと。

1週間ほど前にいきなり大発作を起こし、その後、失明。薬で眠らせて起きては発作の繰り返しが数回あり、最後の発作から丸2日は全く起きることができず、目をたまに開けてもそのまま閉じられずに体が固まったままになってたり、自分で寝返りもしない植物のような状態が続いていました。水と食事を少しずつ受付出し、それから何とか回復しました。

それで今回、ご相談したい内容は。。

発作を起こして倒れたということに対しての病気の治療ができるのであれば是非したいのです。
先生は「癲癇の薬でも発作が止まなかったし、脳腫瘍だとか別の脳の病気の可能性が高い」と言いました。
MRI検査をすれば原因はわかるが全身麻酔などのリスクの方が大きいから勧めないといわれました。

愛猫が生涯、病気で酷く苦しんで死ぬことのないように最善を尽くすつもりですが、脳に異常があるかどうか仮に原因がわかったとして、治療の効果というものは期待してよいですか?

またMRI以外で脳の異常は調べられますか?
超音波検査というものを聞いたのですが、それも全身麻酔を使いますか?脳の異常が全てわかるものなのですか?
16才の老猫にとって、全身麻酔はそんなに危険ですか?
どうぞよろしくお願いします。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2495507.html​
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2491435.html​
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2491414.html​
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2489769.html​
過去にも何度か質問させて頂いてます。今回もどうぞよろしくお願いします。

16才♀猫。腎臓と肝臓の薬は飲んでますが相当酷いものではなく
1日に1回の投与レベルです。心臓も悪くなく、血液検査、レントゲンの結果、内臓も異常無しとのこと。

1週間ほど前にいきなり大発作を起こし、その後、失明。薬で眠らせて起きては...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
以前回答させてもらったnorimaki-です。
その後ねこさんの状態も落ち着いているようでうれしいですね。
さて、私は獣医でもないので専門的な事はお答えできませんが、
私なら、私ならというのを前提で回答しますと、
16歳の猫さんに全身麻酔をしてまでの検査は受けさせません。
私自身愛犬が15歳の時に唇にできた腫瘍を取り除く手術の際もかなり悩みました、
しかしながら獣医が「この子なら大丈夫、まだ耐えれる体力があります」との事で全身麻酔をしての手術を受けてみました。
結果は問題なく済みました。
その時愛犬は本当にそれまで病気もした事が無く、体重も28kgと元気いっぱいでしたので先生も私も手術に踏み切った次第です。
でもyurasana19さんの猫さんはすでに発作等もおこし、目も見えなくなってきています、
食餌を摂れるようにまで回復したので希望が見えてきたのも事実ですが、やはり私もリスクの方が高いかと思います。

長くなりますが、
2月に無くなった愛猫(4歳)は検査等のストレスもあって急速に病状が悪化し肺水腫を引き起こしました、
もちろん必要な検査(超音波やレントゲン)だったので仕方がなかったのですが、たった一日で危険な状態まで陥りました。。。
私は今回の自分の愛猫のことで<猫はストレスに弱い>と言う事を再認識しました、またそのストレスで病状が急変する事もかなりの確立であることは確かだと思いました。
そんな事もあって、私なら16歳と言う年齢、それから今の状態を考え原因追求をしてもその後の対処(手術をするのか?投薬か?)も考え、
今からの年齢で仮に脳に障害があってそれを次はどうするのかまでも考えないといけないと思います、そうなると、その後の治療も相当な負担になるのではないかと私なら思うからです。。。

でもこれはあくまでも私の考えです、
今一度、かかりつけの獣医さんとよくお話されてみてください、
今の状態、その後の処置、それにこの子が耐えれるのか。。。
がんばってください。

こんばんは。
以前回答させてもらったnorimaki-です。
その後ねこさんの状態も落ち着いているようでうれしいですね。
さて、私は獣医でもないので専門的な事はお答えできませんが、
私なら、私ならというのを前提で回答しますと、
16歳の猫さんに全身麻酔をしてまでの検査は受けさせません。
私自身愛犬が15歳の時に唇にできた腫瘍を取り除く手術の際もかなり悩みました、
しかしながら獣医が「この子なら大丈夫、まだ耐えれる体力があります」との事で全身麻酔をしての手術を受けてみました。
結果は...続きを読む

Q失明 (光は感じてる様子。明るいとこでは目が細くなってるので) した猫に対しての良い接し方や介護の方法を教えて下さい。

最近、いくつか質問させていただいています。これから暫く質問が続くかと思いますが、どうぞ皆さんよろしくお願いします。

16才のメス猫が脳の病気らしい(内臓でないのはほぼ確実らしい)原因から22日午前3時頃に発作を起こした後に失明しました。状態が悪く、死に至るだろうとまで思われるほど植物状態で動かず、瞳孔も開いていたのに... とにかく今現在の状態は見えない目でゆっくりと歩き回って、精神的に不安そうに急に鳴くことが非常に増えましたが...他にも猫が2ひきいますので それらが走り回って大きな音を出すと不安がるような感じもあります。
食欲はとてもあり、脳の爆弾がいつ爆発するかを別にすれば、今の状態としては命がつながったのを確信しています。(内臓は年齢の割には死につながるような異常はなしと言われました。血液検査、レントゲン受けました)

それで今回相談したい内容ですが。
目が見えなくなって、恐る恐る歩いて物にぶつかっては不安げに またゆっくり進み出し途中でうずくまったりしています...
頭の病気らしいので毎回頭を壁や物にぶつけるのもよくないと思うし ストレスもたまると思うのですが、これはほおっておくしか方法はありませんか?
前にどこかで聞いたのですが、首輪に2本針金をつけて壁に頭がぶつかる前に針金が当たるようにしたらうまく歩きだした犬がいたという話を。。。例えばそういう用品だとか、他、アドバイスになるようなことがありましたら是非力になって頂けませんでしょうか。
皆さん、どうぞよろしくお願いします。

最近、いくつか質問させていただいています。これから暫く質問が続くかと思いますが、どうぞ皆さんよろしくお願いします。

16才のメス猫が脳の病気らしい(内臓でないのはほぼ確実らしい)原因から22日午前3時頃に発作を起こした後に失明しました。状態が悪く、死に至るだろうとまで思われるほど植物状態で動かず、瞳孔も開いていたのに... とにかく今現在の状態は見えない目でゆっくりと歩き回って、精神的に不安そうに急に鳴くことが非常に増えましたが...他にも猫が2ひきいますので それらが走り回って大き...続きを読む

Aベストアンサー

今晩は、三回目の回答と成ります。
さて、基本的に聴覚障害や視覚障害は住み慣れた家では特に問題は有りません。耳が聞こえなく成っていることを気がつかない場合もあるほどです。名前読んでも最近反応悪いな~といった感じで。視覚ですが明暗が解れば生活に特に問題はありません。臭覚が残っていれば大丈夫です。頭をぶつけてしまう要因としてバランスが取りづらく思った方向と違う方に行ってしまったり、ふらついたりでおそるおそる歩いていることも考えられますので観察してみて下さい。名前を呼んで真っ直ぐこれるかどうかも一つのテストに成ります。脳障害が左に有れば歩行や行動、涎や食べこぼしが多く見られやすく、右に有れば、情緒が不安定だったり、表情が乏しかったり、行動に起伏が見られたりすることがあります。そのためおそるおそるの歩行やうずくまり、頭をぶつけてしまうという要因は視覚的要因だけとは限りません。
あまり、一喜一憂に心配するよりその行動が素晴らしい、その生命力がたくましい、と思い愛しさで心を満たして下さい。それが来るべき時を穏やかに迎え受け入れ、猫ちゃんとの豊かな時間を過ごせたという気持ちで見送ってあげることが出来ます。
今考えることは、膀胱炎症と肺炎に掛からないように出来るだけ注意して頂くこと。この両者はあっという間に危篤状態に入ってしまうからです。
首輪の振動ですが、16歳で脳障害があるので学習することより違和感や振動への恐怖感が生まれて逆効果と思われます。
頑張らずにめげずに、、、活きるたくましさに感動しながら充実した日々と成るようにお過ごし下さい。

今晩は、三回目の回答と成ります。
さて、基本的に聴覚障害や視覚障害は住み慣れた家では特に問題は有りません。耳が聞こえなく成っていることを気がつかない場合もあるほどです。名前読んでも最近反応悪いな~といった感じで。視覚ですが明暗が解れば生活に特に問題はありません。臭覚が残っていれば大丈夫です。頭をぶつけてしまう要因としてバランスが取りづらく思った方向と違う方に行ってしまったり、ふらついたりでおそるおそる歩いていることも考えられますので観察してみて下さい。名前を呼んで真っ直ぐ...続きを読む

Q皮下輸液のあと(腎不全)

今年12歳のメスの猫です。
昨年の春の連休頃から腎不全での闘病中です。
わかった時には末期の診断で覚悟をする状態でしたが、危なくなるたびに持ち直し今まできました。

質問ですが、病院で皮下輸液をしてもらっています。
やはり少しずつ悪くなっているようで、輸液をして吸収されるまで今は一日半くらいかかります。
大抵前足のどちらかに偏ってしまって動くのにバランスが取りづらそうです。
昔どこでだったか、もんでやると吸収が早くなる、と読んだ気がするのですが、詳しい方がいたら教えて下さい。

どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず第一に補液の量が多すぎなのでしょうね...
ただ200ml程度ならば問題はないので,もしそれ以下の量で
と言うことならば猫側に問題があるのでしょうね.
(吸収能力が悪いなど)

あとは,輸液の成分の問題ですかねえ...?
どのような液を入れているのかが良く分かりませんが,
成分によっても吸収速度は変わってきます.

それと,前肢に貯まってくるとのことですが,
これは接種部位が悪いですね.
体幹部の上の方(肩周囲)に接種すれば当然に前肢に垂れてしまいます.
前肢に垂れると皮下組織の毛細血管量が少ないので,
当然のことながら吸収速度はさらに遅くなります.
そのくらい分かっていること(獣医さんならば)だと思うのですが...?

基本は垂れることを考えて,体幹部の中央に接種するのがポイントです.
そうすれば胸からお腹周りに広がるので,歩行に支障は出ないはずですよ.

担当の先生に接種部位を変えてもらいましょうね.
また揉んでも吸収はそんなに変わらないですよ.
速く感じるのは揉むことによって,周囲に分散する分
速く感じるだけです.

まず第一に補液の量が多すぎなのでしょうね...
ただ200ml程度ならば問題はないので,もしそれ以下の量で
と言うことならば猫側に問題があるのでしょうね.
(吸収能力が悪いなど)

あとは,輸液の成分の問題ですかねえ...?
どのような液を入れているのかが良く分かりませんが,
成分によっても吸収速度は変わってきます.

それと,前肢に貯まってくるとのことですが,
これは接種部位が悪いですね.
体幹部の上の方(肩周囲)に接種すれば当然に前肢に垂れてしまいます.
前肢に垂れると皮下...続きを読む

Q発作時の薬、ダイアップ坐剤を性器に入れてしまいました、大丈夫でしょうか?!

高齢猫の発作が始まったので、さきほどダイアップ坐剤を使いましたが、私もあわてていて、かなり無くなる頃に気づいたのですが、性器のほうに入れてしまっていました。発作はまもなくおさまったのですが、
猫はギャア!!ギャア!と2回なきました。
病院にみせたほうがいいでしょうか? 病院に連れていくと、かなり心身の状態が悪くなる猫なのでなるべく控えたい気持ちはあるのですが。。。とても心配です。どなたか教えて下さい

Aベストアンサー

ジアゼパムを膣内に入れたことに対する悪影響を考えてみましたが、
物理的な問題以外には思いつかないですね

強心剤なども膣内・包皮内投与することもあります。
緊急時には効果的な投与法ですね
まあ、発作が治まってよかった。

次回、病院に行ったときに先生に話してみてください
たぶん、笑い話になるでしょう

Q猫の病気(肺水腫、胸水)について

お正月そうそうで申し訳ございません。

愛猫が昨日死にました。

30日の夜から呼吸の仕方が少しおかしい(寝ていて腹上部だけが動く感じ)
ことに気づきましたが、それまではいつも通り、トイレもご飯も呼吸も、
全てが普段どおりでしたので、少し様子を見ることにしました。

翌日31日には明らかに呼吸が明らかに苦しそうで、前夜の食事もまったくしていない
ことから、慌てて救急病院で診断をして頂いたところ、肺水腫と胸水とのことでした。

レントゲンを見ましても、それらしき影があり、薬や利尿剤、点滴などで治療を
試みたのですが、帰宅後30分で呼吸困難により死んでしまいました。

病院に連れて行く直前は、少し呼吸の仕方がおかしいという程度でした。
病院に連れて行き、体温を測り(平熱)血液検査(正常)でしたが、レントゲンと
血液検査をした直後(点滴をする前)から、口が半開き状態になっていて、
病院に連れて行ってからの急変ぶりに驚いているしだいです。

それから点滴を行い、呼吸を楽にするために酸素室へ40分ほど入れてください
ましたが、私が行った時には「非常に危険な状態です」と言われ・・・

病院に預けても、このまま死んでしまうケースもあるとのことから、
自宅に連れて帰ったのです。

今さら病院や獣医さんを責めるつもりは全くないのですが、あまりにも
急すぎて訳がわからなくなっています。

皆さまにお伺いさせて頂きたいのは、3日前まで元気で変わりなかった猫が、
いきなり急に肺水腫や胸水になることってあるのでしょうか?
病院に連れて行かない方がよかったのでしょうか?

ちなみに使ったお薬は、
・フロセシド 7mg
・ネオフィリン 75mg
・アンナシリン 150mg
・ソルラクト 150ml/S.C  です。

お正月で大変恐縮ですが、どなた様かご回答を頂けませんでしょうか?

宜しくお願いいたします。

お正月そうそうで申し訳ございません。

愛猫が昨日死にました。

30日の夜から呼吸の仕方が少しおかしい(寝ていて腹上部だけが動く感じ)
ことに気づきましたが、それまではいつも通り、トイレもご飯も呼吸も、
全てが普段どおりでしたので、少し様子を見ることにしました。

翌日31日には明らかに呼吸が明らかに苦しそうで、前夜の食事もまったくしていない
ことから、慌てて救急病院で診断をして頂いたところ、肺水腫と胸水とのことでした。

レントゲンを見ましても、それらしき影があり、薬や利尿剤、点滴な...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

おいくつのネコちゃんだったのでしょう。さぞ、お辛いと思います。
そして、とても気持ちがわかります。

私も2011/1/6 20歳のねこちゃんを亡くしました。
nyanncchiさんと同じく30日に呼吸の異変に気付きかかりつけの病院へ。
これまた同じく、胸水・・胸に水がたまり肺・心臓を押しぶす状態・・

すぐさま、胸に針を刺し、水250mlを抜く処置をしてもらい、一命は取り留めました。

その後も、3日後150ml、さらに1日後50mlと水を抜きました。
おそらくリンパ腫によるものだろうと高齢でも耐えられる抗がん剤の投与・・

しかし、抗がん剤は効かず、20歳という高齢のためか、体力が戻らず私の腕の中で
6日に天国へと旅立ちました。
最初に採った水を病理検査に回し、昨日結果が出ました。(お正月休みで検査結果が遅いのです)
その水からはリンパ腫であるとか確認されず、おそらくどこかに腫瑠があったであろう・・・
という獣医さんの予測でしかありませんが、信頼している獣医さんなので、納得しています。

レントゲンで水がたまっているかどうかは一目瞭然です。白く濁って、心臓が見えません。
ひとまず、水を抜くこと・・なぜ、nyanncchiさんの獣医さんはそれをしなかったのでしょうか?
その辺の説明はありましたか??
うちの場合、今日水を抜かなかったら危なかったと言われました。

うちは、利尿剤は投与しませんでしたが、調べたところ、頻繁にたまるような子は
利尿剤で流し出す・・という治療があるようです。

同じ日に同じ様な状況だった事で、他人事と思えません!
お家で見送れたこと・・ねこちゃんもとっても喜んでいることと思いますよ。

ちなみに、猫の具合は突然悪くなる・・・
猫ちゃんは我慢強いので、そう見えるのかもしれませんが、突然悪くなった印象です。

今回の病状でも、実際1日で、多量の水がたまってしまう事はあるそうです。
私も、少し落ち着いて、今回の件を色々調べています。
元気になる子ももちろんいます。その度、どうにかできなかったものか・・と思うばかりです。

薬の種類は知識なくわかりません・・・

また、うちでは、自宅用の酸素BOXを用意しました。(レンタルできますよ)

疑問は獣医さんにぶつけてみていいのではないでしょうか。
飼い主さんが納得できないのでは、猫ちゃんがかわいそう。
そして、この経験を次の子へ活かしましょう。

はじめまして。

おいくつのネコちゃんだったのでしょう。さぞ、お辛いと思います。
そして、とても気持ちがわかります。

私も2011/1/6 20歳のねこちゃんを亡くしました。
nyanncchiさんと同じく30日に呼吸の異変に気付きかかりつけの病院へ。
これまた同じく、胸水・・胸に水がたまり肺・心臓を押しぶす状態・・

すぐさま、胸に針を刺し、水250mlを抜く処置をしてもらい、一命は取り留めました。

その後も、3日後150ml、さらに1日後50mlと水を抜きました。
おそらくリンパ腫によるものだろうと高齢でも耐えら...続きを読む

Q助けて下さい。自分のせいで、愛猫が亡くなりました。

私の愛猫(オス・13歳)を、手術後10日で死なせてしまいました。私の判断ミスのせいです。長文です。 愛猫が元気ですが少し痩せてきて食欲も減った様な気がしたので、ある日の朝、A病院に連れて行き、腹部に6cm×5cmの大きな腫瘍があることが分かりました。血液検査もして「手術に耐えられそうですね。」とA先生(信頼しています)は言ってくれました。その日の午後、`念のため他の先生の意見も聞こうかな'と思い、B病院に連れて行きました。すると「手術は勧めません。高齢なので、麻酔死や術中死が十分に考えられます。ゆったりと残りの余生を過ごさせてあげる方がイイのではないでしょうか。余命は、あと何か月か何週間か分かりません。もちろん、手術を希望されるなら手術しますが。」とB先生は言いました。`何週間という単位かもしれないなんて'と思い、なんだかまるで死の宣告の様に聞こえ、悲しくなりました。私は`B先生は自身の手術の失敗を恐れているだけだ'と考えてしまいました。またA先生は、「食欲が無い理由は、大きな腫瘍がお腹の中を圧迫しているからかも。痩せてきたのは、腫瘍に栄養をとられるからかも。」と言いました。私は`このままだと、ますます痩せて力尽きて、後1年で死んでしまうかもしれない。きっと後悔してしまうから手術をさせよう。'と決心して、翌日A先生に手術をお願いして、3日後が手術日となりました。手術をして腫瘍がなくなり、また太ってくれる愛猫の姿を想像して、私はとても手術日が待遠しかったです。手術後、A先生は「転移している様子はありませんでした。ただ、腸管から発生した腫瘍だったため腸管を切除しているので、腹膜炎など心配です。術後3日間の絶食が必要で、水分の点滴だけは毎日します。しばらくの間は入院してもらいます。」と言いました。麻酔から覚めたあの子はジ~っとしていて、手術で疲れたんだろうなぁという感じでした。術後3日目 だんだん元気になった様で、クンクン回りを匂ったり、立ち上がって私に手を掛けてきて、本当に嬉しかったです。術後4日目 昨日と同じく、気分が良い様子でした。今日からエサを与えてみたそうで、朝と昼にカリカリを5粒ずつ食べたそうです。術後5日目 エサを食べなくなったそうです。術後6日目 ちょこんと座ったままで、立ち上がったりしてくれなくなりました。表情は、割りとシッカリした感じでしたが、何度か小刻みに体が短時間ですが震える時があり、寒いのかなぁと思いました。術後7日目 昨日と同じく、時々震えていました。術後8日目 摘出した腫瘍の検査結果が出て、悪性リンパ腫でした。A先生は「悪性リンパ腫は抗ガン剤が効果的です。今日から抗ガン剤を始めようかと思います。通常2・3日で効果があるか分かります。栄養状態が悪いので、強い抗ガン剤は使えないため、弱い抗ガン剤を投与しましょう。効果が出て食欲が湧いて来たら、3日後くらいに一度お家に帰りましょうか。」と言いました。栄養状態が悪いために腹水が約700gも溜まり、痩せているのに体重が増えていました。`栄養状態が悪い時に、抗ガン剤を投与しても大丈夫なのかなぁ。'と大変不安になりました。でも`効果が出て、元気になってほしいなぁ'とも思い、A先生が抗ガン剤を投与するのを見届けました。そしてA先生は`今日から栄養の点滴をしましょう'と言って、やっと栄養の点滴を始めてくれました。術後9日目(朝) 特に変化なく、ニャ~と鳴いていました。しかし術後10日目(夕方) 私が急いで病院に行った時は、もう最期の時を迎える寸前でした。すぐに抱きかかえ、腕の中で2回ほど大きな呼吸をして、もう二度と動かなくなりました。あと5分遅かったら、1人で死んで行ってしまうところでした。猫は話せないので飼い主の私が的確な判断を下さないといけないのに、私は取り返しのつかないことをしてしまいました。抗がん剤の効果が現れるはずの2日目に死んだので、抗がん剤の威力があの子を急変させたと思います。私が不安になったあの時「栄養が十分ついてから抗がん剤をして下さい」と一言いえば、今もまだ生きているかもしれません。また、腫瘍を摘出したことにより悪性リンパ腫と分かり抗がん剤を使うことになってしまったので、そもそも手術を受けさせるべきではありませんでした。今から思えば、高齢なので癌の進行が遅く、手術をしなくても2・3年生きたかもしれません。この13年間あの子を溺愛してきましたが、この私自身がたった10日の一瞬にしてあの子の命を奪ってしまいました。10日間病院に入院し1度もお家に帰れず、美味しい物も食べず、たくさん痛い嫌な思いもして、なんでこんな目に合わないといけないんだろうと思っていたはずです。あの子のいない寂しさで涙が止まりません。本当に私はどうやって自分の罪を償えば良いのでしょうか

私の愛猫(オス・13歳)を、手術後10日で死なせてしまいました。私の判断ミスのせいです。長文です。 愛猫が元気ですが少し痩せてきて食欲も減った様な気がしたので、ある日の朝、A病院に連れて行き、腹部に6cm×5cmの大きな腫瘍があることが分かりました。血液検査もして「手術に耐えられそうですね。」とA先生(信頼しています)は言ってくれました。その日の午後、`念のため他の先生の意見も聞こうかな'と思い、B病院に連れて行きました。すると「手術は勧めません。高齢なので、麻酔死や術中死が十分に考えられます...続きを読む

Aベストアンサー

あなた様の猫に対する深い愛が本当に伝わってくる文章でした。
私も愛猫家として読んでいて涙が出てきました。

ただ一つ言える事は、
あなたは何も罪を犯していません。
ねこちゃんは、あなた様の胸の中で
最期を迎えられて幸せだった思います。

きっとあなたに看取ってもらいたくて
最後の最後に頑張ってあなたを待っていたんだと思います。

どんな選択にせよ、どれも間違いはありません。
結果論に過ぎないのですから。
結果、最期をあなたの胸の中で逝けた猫ちゃんは幸せだったと思います。
本当に。

Q何も食べられない猫に与えるには何を?

老猫が猫風邪にかかり、獣医さんに来てもらって抗生物質と栄養剤を注射してもらいましたが、全く食べ物を受け付けず、無理に食べさせても吐いてしまい、おそらく栄養剤がもつ間の命だと思われます。

水だけは欲しがるので、液体なら多少は受け付けるかと思い、とりあえず、おなかがゴロゴロしない牛乳を買ってき、それを少し薄めてスポイトで飲ませました(自分からは決して飲みたがりません)

様子を見ながら与えてみましたが、ある程度はよかったのですが、やはり昨日いくらか戻していたようです。これはやはり水以外もう身体が受け付けないのか、それともゴロゴロしない牛乳がよくなかったのでしょうか。猫用のミルクで受け付けてくれるなら買ってこようと思うのですが。

或いはポカリスエットを薄めて与えてもいいでしょうか。本来人間のものは与えるべきではないとは思いますが、今はともかく少しでもなにかカロリーになるものを与えないともう持たないのです。(ポカリスエットはペットフード屋さんに相談したときに提案して頂いたアイデアです。)

なのでとりあえず伺いたいのは、おなかがゴロゴロしない牛乳と猫用のミルクは何がどんなふうに違うのでしょうか、ということと、ポカリスエットを与えてもいいかどうかということです。仮にうまく飲んでくれても虫歯の原因になったりしますか。

ちなみに猫は風邪による歯周病が特にひどいようです。抗生物質でいくらかマシになりましたが、匂いがとてもします。また獣医さんの話の雰囲気ではもう回復はあまり望めないような感じでした。

それでも出来るだけ頑張って欲しいです、人間のエゴなのだということはわかっていますが。

何でもいいのでアドバイスお願い致します。

老猫が猫風邪にかかり、獣医さんに来てもらって抗生物質と栄養剤を注射してもらいましたが、全く食べ物を受け付けず、無理に食べさせても吐いてしまい、おそらく栄養剤がもつ間の命だと思われます。

水だけは欲しがるので、液体なら多少は受け付けるかと思い、とりあえず、おなかがゴロゴロしない牛乳を買ってき、それを少し薄めてスポイトで飲ませました(自分からは決して飲みたがりません)

様子を見ながら与えてみましたが、ある程度はよかったのですが、やはり昨日いくらか戻していたようです。これはやは...続きを読む

Aベストアンサー

>全く食べ物を受け付けず、無理に食べさせても吐いてしまい・・

すでに胃が受け付けなくなっているようですから、流動食を与えても吐き戻すのでは
ないかと思いますし、その際に窒息の恐れもあります。
精一杯のことをなさりたいのであれば、点滴静注(輸液)を獣医さんにお願いするし
かないように思えます。。。
衰弱の度合いによっては、高カロリー液の輸液も必要でしょうね。
一時的に元気になることがありますので、そうなればシリンジなどで流動食を与えて
体力回復に務めるのが良いでしょう。

一方で、つい最近まで野良であった老齢・病気ネコをわざわざ保護して、高い治療費
を負担なさっているわけですから、このまま自然経過に任せるという選択も、決して
批判しません。

>或いはポカリスエットを薄めて与えてもいいでしょうか。

直接栄養になるわけではありませんが、食事で摂取できるはずの水分や電解質が当然
不足しているでしょうから、それを補う意味では重要ですね。
現状においては、ネコ用より人間用のほうが糖分がいささか多いのでむしろ好ましい
かと思います。

>おなかがゴロゴロしない牛乳と猫用のミルクは何がどんなふうに違うのでしょうか、

大した違いはありませんね。
「乳糖不耐症」=下痢になる原因は乳糖(ラクトース)を消化する酵素(ラクターゼ)が
足りないせいです。
ゴロゴロしない牛乳も猫用のミルクも、共にラクトースをほとんど含んでいませんので、
同じように与えることができます。
いずれもその分フードの量を控える必要がありますので、大量に長期間与え続けるのは
やめておいたほうが良いのですが、paniiickさんの老ネコにおいては、栄養摂取が何
よりも先なので、どちらでも構わないでしょう。

ちなみに、多くの方が誤解されています(主にフード業界のせいでもある)が、`ネコに
牛乳が危険`いうことはありません。
イヌやネコ、ヒトも同じように「乳糖不耐症」でない限りは、普通に牛乳を適量与える分
には、特別な問題はありません。
経験から言うと、牛乳が合わない体質は若ネコで、20~40匹に1匹くらいですね。
老ネコはもう少し多いと思いますが。

回復を祈ります。

(元 飼育屋)

>全く食べ物を受け付けず、無理に食べさせても吐いてしまい・・

すでに胃が受け付けなくなっているようですから、流動食を与えても吐き戻すのでは
ないかと思いますし、その際に窒息の恐れもあります。
精一杯のことをなさりたいのであれば、点滴静注(輸液)を獣医さんにお願いするし
かないように思えます。。。
衰弱の度合いによっては、高カロリー液の輸液も必要でしょうね。
一時的に元気になることがありますので、そうなればシリンジなどで流動食を与えて
体力回復に務めるのが良いでしょう。

一方で、...続きを読む


人気Q&Aランキング