私は契約社員をしているのですが、4月から係にいた29歳の女性正社員が異動になり32歳の男性正社員が入ってきました。その男性は、引継ぎで29歳の女性にかなり文句を言っていたと聞きました。「話に起承転結がない」「引継書の内容がわからない」「仕事は片付けてから異動してくれ」などです。
 私は同じ係ということもあり、仕事の一部をこの男性に教える立場になりました。しかし、上記にも触れたようにこの人は素直な人ではなく、教えるのには大変苦労しています。
 今日も仕事のやり方に間違いがあり、私が今までやっていたやり方を説明をしようとした矢先に「彼女が間違いと言ってるが、私のやり方まちがっていませんよね。」と係長に言いつけたりして、かなりむかつきました。結局私が正しかったんですけど・・・端からみれば、契約社員の私が仕事に口出しして、間違ったように見られているのです。とくに係長にですけど・・・ この人は昔本部(東京)で仕事していたとかでかなり自分を高く評価しているようです。話の端々に自画自賛が見え自分は会社に買われているといってます。だけど仕事を完璧にこなしているわけではなく、間違いやわからないことの尻拭いを私にさせようとするのです。こういう人と接するコツってないでしょうか?ちょっとほめたら自分の話ばかりしていやな感じでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

自画自賛男はやっかいです。


私はとて~~も嫌な経験を持っています。
最初に就職した会社の上司がまさしくそれでした。そして、社会経験とぼしく、人間的にもまだまだ幼稚だった私は、人間としてその人と戦わねば!とか思ってしまい、仕事はとってもがんばったのですが、そんなことは関係なく、クビになりました。自画自賛男は会社の犬が多いです。部下を馬鹿にしても上司に逆らえないのが常です。なので、そやつを敵にまわすと、その更に上の上司がよほど見る目がない限り、自分が痛い思いをすることもあったりするのです。まあ、私の場合は極端なのですが。

だいたい、でも自画自賛男の本性なんて、みーんな知っている事です。なので、本気で相手にしないほうが良いかもしれません。かえって自分が損することもあります。
その会社が好きで仕事が好きで、長くいたいなら、軽くあしらえるようにした方が良いです。誉めて喜んでくれるなら、誉め殺しにして仕事をさせられるといいのですが、まあそうもいかないかも知れませんね。でも、気分良くさせておいて、仕事の不満は上手に他の人達を巻き込んで、文句を言うではなく「どうしたらいいでしょう?」と純真無垢に聞いちゃうとか。
逆にあほな男を上手に扱えると、あなたの評価は格段に上がります。こびへつらう必要はありませんが。しばらくは、やるべき仕事に抜かりがないかどうかをいつも以上に気を付けて、指摘されるべき点を最大限少なくするよう努力してください。そうすれば、自分の仕事に自信が出来、多少文句を言われても、「私間違ってないもんねー」と腹の中で思いつつ、余裕を持って相手の文句を聞いてあげられます。そして、本当に自分のやり方が間違っているか、もしくは改善した方がいいと言う事が分かったら、たとえその人に言われて気に入らなくても、素直に「じゃあそうしましょうか」と言い「さすがですね」の一言も出れば、わたしが近くで見ていたら「うっ、出来るやつ」と思います。
でもまあ、言うは易し、行うは難し、ですね。
嫌なやつを誉めるのは腹立ちます。でも、上手く扱えるようになった時、「私も大人になったじゃ~ん」と嬉しくなれるかも知れません。嫌なやつに尻尾を振ることと、上手く扱うことは別物です。若かった私は、これが分からなかったので、とんでもないことになってしまったのですね。
がんばって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な体験談ありがとうございます。momohahaの回答を読んでいてそうだなと思いました。この回答のことをいつも思い出してこの男性と仕事していきたいと思います。

お礼日時:2002/04/14 23:06

あなたは契約社員で、彼は正社員なのですよね。



そうすれば、最終的に責任を負うのは、正社員の彼のはずです。
給与が高いというのは、最終的な責任を負うということですので、あなたはそれを前提に物事をすればよいのではないでしょうか?

すなわち、何かあれば、彼をおだてて相談し、最終的には彼が尻拭いをするということで対応すればよいのです。

ですから、あなたは何でも彼に相談し、指示を仰ぎ、手におえないことは彼に頼む。これでいいのです。彼が尻拭いをしなければ、彼の上司に相談しましょう。上司もその頻度が多ければ、彼の無能さを知り、彼を更迭するでしょうし。

あなたは自分の領分をきちんとすればいいのです。
    • good
    • 0

まずは「誉め言葉、又はそれに類する言葉は絶対に使わない」ことです。

「よくやった」「やれば出来る」等も避けたほうが良いでしょう。

また、あなた一人で何とかしようとせずに、周りの人たちと協力して「自分は特別じゃない」と解らせることです。上司にも協力してもらいましょう。他の社員の不満は上司に注意してもらうのが一番です。「このままでは、これからの仕事に差し支える」と言えば、上司も何とかせざるを得ないでしょう。

ちょっと卑怯な方法になりますが、複数の人たちと結託して、事あるごとに何かと不満を言ってみては?そのうち自分に自信を無くすでしょう。(完全に無くしてしまうとまずいですが・・・)

放っておくのが一番いいのですが・・・そういうわけにもいかないですよね・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ