前に投稿したのですが、意味が分かりにくかったためまた投稿します。神社のおしょうさんに車のおはらいを頼みました。それで、5000円払ったのですがこれは消費税課税対象でしょうか?また、会社の車のおはらいなので科目は雑費、それとも福利厚生費でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

その神社が、宗教法人であれば非営利活動となり、消費税は非課税となっていますから、課税されていません。



その神社が宗教法人でなければ、営業活動となりますから
、年間の売上が3000万円を超える場合は、消費税の課税業者となり、消費税が課税されています。

どちらかは、神社に確認しないと判らないことになります。

勘定科目は、社員の車両などを対象にしていれば「福利厚生費」それ以外の場合は「雑費」として処理します。
    • good
    • 0

参考URLで、課税仕入 を見てください.(IEなら検索してね)



事業用の品については、相手が課税・免税に関係なく
仕入れる時に、課税されているものとみなして(内税で)
仕入れる事ができるというルールです。

費用は雑費です。

参考URL:http://www1.sphere.ne.jp/s-net/syouhizei-kihon.h …
    • good
    • 0

 私も以前勤めているときにそのようなことがあり、税務署に電話で尋ねたことがあります。

そのときの返事は、玉ぐし料やお祓いの代金については「課税仕入」扱いということでした。ですから消費税は課税対象となり、原則課税をしていれば、払った額の5/105が消費税の額ということになります。

 科目ですが、会社が所有する車なら雑費でかまわないと税務署は答えてました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q厄年のお祓い 初穂料は袋に入れない???

節分に厄年なので神社へお祓いに行きました。
のし袋に「御初穂料」と記入し持って行ったのですが、
受付の方に「お祓いのお金を袋に入れてくるなんて!お金は袋になんて入れるものではない。40歳にもなってわからないのですか?」と、言われて帰ってきました。
神社でお祓いをしてもらう時には、のし袋に入れると聞いたことがあるのですが、どうなのでしょうか?
今後のためにも教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

私が以前行った時は袋をお持ちでない方はこちらで販売していますと言われ買った記憶があります。(入れていかなかったので)

私も気になって調べてみましたが
入れなくてもよい、または白封筒かのし袋に入れたほうが丁寧らしく
『お祓いのお金を袋に入れてくるなんて!お金は袋になんて入れるものではない。40歳にもなってわからないのですか』と言われるほどいけないことという記載はありませんでした。

ご参考に過去の質問です
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa817494.html

こちらもよろしかったらどうぞ
http://toishi.co.jp/hachiman/gokitou_qa/index.html
http://www58.tok2.com/home/sankoukumano/h20shougatu1-2.htm

その地方によって違いがあるのかもしれませね。

Q青色申告の福利厚生費について

診療所事業主です。従業員はパート3人、専従者(妻)が1人の計4人です。
以下のものは福利厚生費として認められますか。
1.従業員の医療費(病院での保険診療の窓口支払い分および人間ドックなどの自費診療分)
2.専従者の医療費(病院での保険診療の窓口支払い分および人間ドックなどの自費診療分)

どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

1.従業員の医療費(病院での保険診療の窓口支払い分および人間ドックなどの自費診療分)
2.専従者の医療費(病院での保険診療の窓口支払い分および人間ドックなどの自費診療分)

人間ドック費用の事業主負担は「全額はNG」です。一部負担をさせてのものなら福利厚生費でいいでしょう。というよりも、従業員全員にドック受検を勧めて、補助費として8割支払うというように就業規則で決めておくべきですね。

その他の疾病に対しての窓口支払分は、本来本人が負担すべき金額ですので、福利厚生費には該当しません。
又、事業主が負担する就業規定があっても、支払った額は福利厚生費に該当せずに、現物給与となります。

Qアナタは車購入の際お祓いしてもらってますか?

私は家族がずっとお祓いに行ってたのでお祓いに行くのが当たり前だと思って育ちました。ただそのお祓いしてもらう神社なんですがなぜか家族は縁もゆかりもない氏神さんでもない近場の神社にお願いしてました。で・・・偶然とは思うのですがそこでお祓いしてもらったら必ず事故に遭うんです。今私が乗ってる車は初めて地元の氏神様でお祓いしてもらったのですが12年間事故なくものすごく調子が良いです!今年になって友人が毎月のように当てられて被害をうけてたので「お祓い行った?」と聞くと「行ったことない」というのでお祓いをすすめたら県内でも有名な神社でお祓いしてもらってました。職場に近いらしい。皆さんは車購入の際お祓いしてもらいますか?

Aベストアンサー

気休めといえば気休めですが。
まぁ占いと同じ、事故がなければお祓いのおかげ。
事故が起こればこのくらいですんでよかった。

そう思うようにしています。
おかげさまで、30年物損事故だけですんでます。

お守りぶら下げて、ステッカー貼って。
ダサいという人もいますが、一応事故をしたくないという気持ちだけは持って運転するという証みたいなもんですかね。

私は必ずお祓いに行きます。
お祓いに行くかどうかは、個人の自由ですが。
任意保険に入ってない人の多いこと。(特に若い人)
こちらは個人の自由とは言えないと思うのですがね。
(一応、任意ですけどね)

話がそれてしまいました。

Q法定福利費と福利厚生費の違い

経理初心者です。
法定福利費と福利厚生費の違いを教えてください。
社会保険料はどちらでもいいのですか?

Aベストアンサー

どちらも従業員の為に会社が支出する福利費なのですが、そのうち、法令で会社が負担しなければならないと決められているものを会計処理する時の勘定科目が「法定福利費」、そうでないものを会計処理する時の勘定科目が「福利厚生費」です。

(1)法定福利費の例:
労働保険の保険料の徴収等に関する法律第三十条では会社が国に納める労働保険料のうち被保険者(従業員)が負担する部分を定め、残額は会社が負担しなければならないとしています。この会社負担の労働保険料をのうち「法定福利費」として計上します。健康保険料や厚生年金保険料も同様です。

(2)社員忘年会の費用や、社員旅行の費用は、法令で決まっている訳ではないが、会社が支出するときは「福利厚生費」で計上します。

Q神社で、車のお祓いをした後、すぐに神社の建物に車をぶつけた方がいました。 それは、お祓いができてい

神社で、車のお祓いをした後、すぐに神社の建物に車をぶつけた方がいました。

それは、お祓いができていないということでしょうか?

その神社のお祓いは効き目がないのでしょうか?

今度、その神社にお祓いに行こうとおもうのですが、それが気になって。

宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

何のためにお祓いを行うか、ですよ。

お祓いをしたからといって絶対に事故しない、または
事故をしても軽く済む、などということはありませんよね。
実際に事故されている方もみえるわけですし。

安全祈願は、一つの願掛け、気の持ちようです。
お祓いをしたから、ぶつけるくらいで済んだ、と考えることも出来ますし
お祓いをしたのに、ぶつけてしまった、と気に病むことも出来ます。

お祓いすることによって車の性能が変わるわけではなく
保険的な何かが出来るわけでもありません。
変わるのは運転する人の意識です。
安全に気を付けていれば、事故は起こしにくいですし
そうでなければお祓いをどれだけしても事故は起こります。

事故を起こさないように、お祓いをするのか。
事故が起きても、大惨事にならないようにお祓いをするのか。
自分の心理的な満足の為にお祓いをするのか。

色々と理由は個人であると思いますが
今一度、自身の理由を思い返して
他人の行動と結果に惑わされず、判断すると良いでしょう。

Q役員の福利厚生

素朴な疑問をお聞きしたいのですが、
株式会社で役員は福利厚生が適用されないと聞きました。
その場合、厚生年金・社会保険・失業保険はその個人が自分でかけないといけないのですか?

Aベストアンサー

> 福利厚生が適用されないと聞きました
> その場合、厚生年金・社会保険・失業保険はその個人が自分で
> かけないといけないのですか?
法定福利費である社会保険料についてのご質問ですね。
・健康保険及び厚生年金保険
 法人であれば、役員(常勤に限る)は『法人に使用される者』なので強制加入(健康保険法第3条、厚生年金保険法第9条など)
・失業保険
 原則は加入できませんが、平取締役が従業員も兼務(営業部長)しているのであれば、従業員としての部分に対して雇用保険に加入できます[「失業保険」法は昭和45年廃止。雇用保険ですよ]
・労災保険
 原則は加入できませんが、一定の範囲内の事業規模・事業種類であれば、特別加入と言う制度があります。

Qお祓いなんかしなくて良いと言われ凹んでいます。 どうすれば強くなれますか?

毎年、家内安全のお祓いをしてきました。
(5000円でもよいが10000円にしています。妻曰く、お祓い代ががもったいない。そのお金で宝くじでも買って夢を買うか、おいしい物でも食べたほうがいいと言います。どうしても心配なら保険に入れば。)
42歳の厄年はお祓いしてきました。
このころの私は、病気が続きました。手遅れになれば命にかかわる病気で人生初の入院もしました。
とにかく体調不調でした。会社も倒産の危機に見舞われ大変でした。
それでも風向きが変わり今は好転しました。

それでも、それで済んだのはお祓いのおかげだと思っています。
それでもその後20年近く生きています。
来年は、還暦にかかわる前厄です。怖くて仕方ありません。
きちんとお祓いしたい。と妻に言いました。

妻曰く、運命は決まっている。死ぬときは死ぬ。なるようにしかならない。
お祓いは神社やお寺の不安ビジネス。
保険も不安ビジネスだけど万一があればお金が返ってくる。
(私は妻も含め保険にはがっちり入って備えているつもりです。)

あなたは不安ビジネスに乗せられている。
保険は、不安に付け込んで加入者を獲得する。
確率論。加入者は災難に遭う に賭け 保険会社は、その数は限定的に賭ける。
生命保険の逆ザヤ(お宝保険)は、保険会社が賭けにまけた。

不安ビジネスに振り回されるその気持ちが、不幸を呼んでいる と言われました。

でも・・・お祓いをしない状態で、身に悪いと感じることがあれば、
非科学的であることは十分承知していても、お祓いをしなかったせいにしたくなるのが私です。
5000円にしたら効果が半分になりそうな気がしています。
それを考えればひと月416円ぐらいけちるのは嫌だと考えています。

どうすれば強くなれますか?

毎年、家内安全のお祓いをしてきました。
(5000円でもよいが10000円にしています。妻曰く、お祓い代ががもったいない。そのお金で宝くじでも買って夢を買うか、おいしい物でも食べたほうがいいと言います。どうしても心配なら保険に入れば。)
42歳の厄年はお祓いしてきました。
このころの私は、病気が続きました。手遅れになれば命にかかわる病気で人生初の入院もしました。
とにかく体調不調でした。会社も倒産の危機に見舞われ大変でした。
それでも風向きが変わり今は好転しました。

それでも、それ...続きを読む

Aベストアンサー

お祓いを受ける事で難を上手く乗り越えてきたのに奥さまから理解されず悩ましいですね。人の考えに合わそうとするから悩ましくなるのではないですか。ゲン担ぎをする人は沢山いらっしゃいます。あなたの考えをつき通せば良いのだと思います。神さまは必ず見ていらっしゃいますよね。上手くいきますよう応援しています。

Q個人事業の福利厚生費

個人事業で起業し、初めての経理でよくわからないことだらけです・・・もしよろしければ回答お願い致します。
現在、個人事業主(主人)と専従者(妻の私)の2人です。

福利厚生費は社員のための費用、食堂や社宅、事務所での備品や消耗品代などがあたると捉えていますが、
作業服を購入した場合、個人事業主の分は、福利厚生費にはなりませんよね?専従者の分は福利厚生になるのでしょうか?ならなければどの科目で処理するのが妥当でしょうか?

夫婦で個人事業をやっている場合、福利厚生の科目は出ることはない思っていたらいいでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>福利厚生費は社員のための費用、食堂や社宅、事務所での備品や消耗品代などが…

事務所での備品や消耗品を福利厚生費というのは無理があるでしょう。
作業服などは、独立した科目「消耗品費」でよいと思います。

福利厚生費は、たとえば慰安旅行などを指すのですが、個人事業主の場合、家族の私的な旅行と線引きがむつかしい部分があります。
調査を受けたときにトラブラが起きないよう、この科目はなるべく使わないほうがよいと思います。

Qお祓い、除霊について教えてください。

お祓い、除霊について教えてください。

原因不明の病気にかかっていて、お祓いを薦められたのですが
分からないことがあるので教えてください。
また、本厄なのでそちらについても教えてください。

・お寺も神社もお祓い、厄払いはありますが、どちらでしたほうが良いのでしょうか?

・お祓い、厄払い、病気平癒、除霊・・・全部違うものなのでしょうか?
 病気は霊が災いしていることもあるらしく、それについてのお祓い(除霊?)を薦められたので・・
 厄払い、病気を治すお祓いは何をすれば良いですか?

・これらのお祓いは、どこでしても構わないのでしょうか?
 病気平癒を薦められたとき、私が生まれた場所の産土様か
 父方の本籍の産土様でするように言われたのですが関係あるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3の補足です。
産土の神社の定義について諸説あるようですが、思うに産まれてくる際にご両親がお住まいになっていた土地という事で良いと思います。

氏神様と産土様とは本来別の意味で捉えられてきました。氏神様とは氏族の先祖神であり、産土神とは産まれた土地の神という事でありますが、最近は氏神様も鎮守様も産土神の同義語として扱われているようです。よって冒頭で申しましたとおり産まれた時にご両親がお住まいになられていた土地の神様にご祈願なされて良いと思いますし、現在移転されたのならば移転先の土地の神様にご祈願なされても良いと思います。その辺りはあまり細かく考えられずとも良いと思いますよ、相手は神様ですのでそんな細かい事に拘られないと思います。

六三についてですが、女性で数え年が32という事は仰られるとおり“5”という事になりますので左肩に相当します。実際に患われている場所とは一致していないとの事ですので“六三の障り”ではありません。よって、六三除けについては気になさらずとも良いと思います。あくまで割り出された数字の示す部位と実際に患われている患部が合致した場合にだけ“六三の障り”と捉えますので合致しなければ問題ありません。

最後にご忠告申し上げますが、あまり思い詰めて精神世界に原因を求め過ぎないよう心してくださいね。原因不明の病といえどもその原因の全てが神霊の障りばかりでは無いと思います。病院をいくつか変えてみてそれぞれの先生の御診断を仰ぐ事も必要と思います。

#3の補足です。
産土の神社の定義について諸説あるようですが、思うに産まれてくる際にご両親がお住まいになっていた土地という事で良いと思います。

氏神様と産土様とは本来別の意味で捉えられてきました。氏神様とは氏族の先祖神であり、産土神とは産まれた土地の神という事でありますが、最近は氏神様も鎮守様も産土神の同義語として扱われているようです。よって冒頭で申しましたとおり産まれた時にご両親がお住まいになられていた土地の神様にご祈願なされて良いと思いますし、現在移転されたのならば...続きを読む

Q福利厚生費の負担者は?

福利厚生費というのは、誰が負担しているものなのでしょうか?

私のアルバイト(キャバクラ)では、
給料(報酬)から5%を厚生費として天引きされます。
(このほかに税金も10%ひかれます。)
この業界では、どの店も、このようなシステムか、
1回出勤するごとに500円~1000円天引きなどです。
どっちにしろ、キャバクラ嬢から徴収しています。

ですが最近、商業簿記の勉強をしている際に、
福利厚生費勘定は、会社側の費用勘定であることを知りました。
ということは会社側が負担する費用だという事ですよね?

それなのに、どうして嬢は厚生費を徴収されているのですか?
私の店に限ったことではないので、
ぼったくりなどではなく正当な理由があるんだと思います。
嬢がお店の社員でない事と関係ありますか?
それとも単にお店の経費削減のために嬢から徴収してるだけですか?

曖昧な知識しか持ち合わせておらず、
自分ではよく分からないので、質問させていただきました。
詳しい方、知ってる方など居られましたらよろしくお願いします!

Aベストアンサー

そういう店でまともな経理が行われているわけがありません。だいたい、税金10%なんていうものもあり得ません。キャバ嬢の給料の源泉徴収の方法は、給与所得かホステス報酬のどちらかになりますが、給与所得なら支給金額によって違いますから一律ではありませんし、ホステス報酬の場合には一日当たり5千円を引いた額の10%が税金であって、支給額の10%ではありません。
キャバクラなんてたいていがまともに税金の申告もしていないところでしょうから、あなた方から税金名目で徴収したお金も税務署には納められていないと思ったほうが良いです。厚生費やら税金やらで引かれているのは単なる名目であって、実際にはそれらはすべて店の収入になっているでしょう(店長と経営者で山分け)。
なんなら、店長に「確定申告するので源泉徴収票をください」と聞いてみれば良いと思います。きっと嫌な顔をされて「ウチではそんなものは出していない」と言われると思います。もし発行してくれるようなら、税金の額を確認してみましょう。きっと10%ではないはずですよ。

>私の店に限ったことではないので、ぼったくりなどではなく正当な理由があるんだと思います。
どの店もボッタくっているだけです。厳密にはキャバ嬢も皆確定申告をしなければいけないんですが、たいていがしていないでしょう?ヘタに労基署や税務署に垂れ込めばかえって自分の非が表ざたになり、またその業界で働けなくなる、そういうやましいところがあるから誰も文句はいわないという流れになっているんだと思います。

そういう店でまともな経理が行われているわけがありません。だいたい、税金10%なんていうものもあり得ません。キャバ嬢の給料の源泉徴収の方法は、給与所得かホステス報酬のどちらかになりますが、給与所得なら支給金額によって違いますから一律ではありませんし、ホステス報酬の場合には一日当たり5千円を引いた額の10%が税金であって、支給額の10%ではありません。
キャバクラなんてたいていがまともに税金の申告もしていないところでしょうから、あなた方から税金名目で徴収したお金も税務署には納められ...続きを読む


人気Q&Aランキング