痔になりやすい生活習慣とは?

ある入会申込書へ記入しているところ、勤務先、役職名について尋ねられているところがあります。勤務先は問題なく記入できますが、役職名のところで止まってしまいました。私は一般社員、平社員ですので役職名がありません。会社の組織図を見れば主任の下の「スタッフ」と言う立場です。この場合、役職名は空欄?それとも一般社員?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

以下サイトでは、口座登録時に勤め先の部署や役職がない場合は「部署なし」や「一般社員(職員)」「社員」「従業員」の記入で良いと書かれています。



SBI証券 Q&A
http://faq.sbisec.co.jp/faq_detail.html?id=25715

ちなみに、英語での「社員」は"staff(member)"です。

AllAboutビジネス・学習 部署名・役職名の英語表記一覧
https://allabout.co.jp/gm/gc/24832/

A 回答 (5件)

一般社員の場合は役職がないわけですから、空欄でもいいと思います。

また空欄ではちょっと・・・と思うようであれば、役職者ではないという意味で「一般社員」とか「○○課員」とか書くのも方法だと思います。
    • good
    • 34
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2006/11/08 14:03

通常は「正社員」で大丈夫です。

    • good
    • 8

強いて書くなら「営業部員」「研究員」「総務課員」など、所属部署+「員」でしょうね。

    • good
    • 6

ズバリ「一般社員」でだいじょうぶです。

    • good
    • 7

普通は、空欄だと思います。

    • good
    • 10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平社員の職名とは?

名刺交換会に参加しようと思っています。

申込書に、職業{勤務先名}、職名
を書く欄があります。

勤務先は当然わかるのですが、
平社員の場合、職名はどう書けばよいのでしょうか。

Aベストアンサー

その場合は、「○○課勤務」とか言うように所属の部門名をかかれたらよいと思います。
肩書きよりも何をしているかが大切です。

職業{勤務先名}で会社名を書いてもそれは仕事の内容を表すものでは無いですね。
それよりは貴方が具体的に何の仕事をされているかを判るような書き方が良いと思いますよ。

Q社内での平社員の呼称は皆さんどうされていますか?

職場での平社員の呼称について質問です。

社内のある一派が、平社員を呼んだり氏名を資料に記載する際に

「社員XXX」「XXX社員」

のように名字の最初に「社員」を付けるのですが、これって一般的なものなのでしょうか?
係長や主任、課長、部長を後ろに付けるのは普通にあると思いますが、平社員は名字呼び捨て、
もしくは「~さん」で良いと思っていたのですが。

これについては周囲からも指摘が結構あったようですが、その一派は渋々周囲に合わせている様子。

この習慣は一般的なのかどうか、
また、どこかの企業の風習なのかについて情報やご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

会社を共同経営しております。どこかの企業の風習とかは全くわかりませんし、回答にならないかもしれませんが私の周囲の状況です。

少なくとも当社が取引している客先にはそのような呼び方をしている会社はありませんね。
それどころか、主任・係長・課長・部長などの役職名もつけずに「~さん」で呼ぶように指導している会社さえあります。

正直そのような状況を目の当たりにしてきた私には、時代に逆行した行為に思えてしまいますし、初めて聞きました。

Q職階、職名って何ですか?

職階と職名の違いって何ですか?
検事総長、次長検事、検事長、検事、副検事は職階で、
検事正、上席検察は職名ということですが、
なんかどちらも職業でどう違うのかわからなくて。
どなたか簡単に説明、お願いします。

Aベストアンサー

職階とは階級名、職名とは立場(机)の名前。

検察官の場合、検事総長~検事長は階級名と立場名が同じですのでややこしいですが、例えば軍隊でいうと、同じ「大佐」という階級でも、○○連隊長もいれば、○○国の駐在武官もいるし、防衛省○○局○○課長もいます。この場合「大佐」が階級名、立場が職名です。

一般の会社でいうと、「係長」とは○○部○○課○○係のボスのことですよね。係長にするためには入社年次なども関係してきます。

例えば「主任」「主査」などの階級があり、係長は主査級から任用するという決まりがあれば、係長になれる主査もいれば、部下なし主査も当然出てきます。でも階級としては同じ主査級なのです。

この場合、主査が階級名、係長が職名になります。

組織により階級名と職名が同じこともあります。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q役職名って?

ある会社のただの事務員の場合、「役職名」はどうなりますか?この場合、正社員、契約社員も関係しますか?
ある会社のエントリーシートに書かなければならないので、お願いします。

Aベストアンサー

なしで良いと思います。

Q上司に「ご報告まで」は失礼?

上司に対して些細な事をメールで報告する時に
メールの最後に「ご報告まで」と付けるのは失礼ですか?

「ご報告までです」ならOKですか?

Aベストアンサー

「ご報告まで」は「ご報告まで申し上げます」の省略形です。
上司に対しては失礼です。
「ご報告までです」は日本語としておかしいです。
省略しないで元の形のままにするか
「ご報告いたします」
「ご報告申し上げます」
でお願いします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング