タイトル通りです。今年、本業以外に副業としてアルバイトをやっていました。副業の月の収入は4~5万程度だったので、所得税は引かれていませんでした。今年の副業収入は30万円ほどです。
 そこで質問なのですが、副業収入があった事を本業の方にバレるわけにはいきません。住民票の特別徴収の通知が行ったときにバレるんですよね?しかし、今年の副業収入は30万円なので、副業の方の会社は給与支払届を提出する義務はありませんよね。でも、年間で20万を超える収入がある場合には、確定申告の必要があるんですよね。そうすると副業と本業の所得を合算して、住民税が計算されてしまうと思うのですが、その場合、住民税の分納というのは可能なのでしょうか。(つまり本業の会社の分は特別徴収で、副業の分は普通徴収でという具合に)
年間の副業収入の合計が50万を超える場合は、副業の方からも給与支払届を提出するので、分納も可能だという話を聞いた事があるんですが……20万超50万円未満の場合はどうなるんでしょう?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

確定申告書には「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」と書かれています。

「給与所得以外の」という文字が見えてない人がたくさんいるようです。

結論:地方税法は不可能だと言っています。しかし、そのような知識を持ち合わせていない「未熟な税務職員」はやってしまうことがあるようです。
    • good
    • 0

無理ですね。



私は本当に小さい派遣会社でたった3回、4万円の副業をした年がありました。
それなのに、しっかり給与支払報告書は提出されていたようで、
翌年の住民税の通知が来たとき、しかっり所得が本業の年収+4万になっており、
さらに、その他の所得の給与の欄にまでチェックが入っていて(他の会社から給与の支払いがありましたというようなチェック)青ざめました・・・。

会社の人事の人が、年収の付け合せとか面倒なことをしなくても、そのチェックだけを見れば他の給与としての収入があったどうかは一目瞭然なので、見つかる可能性はかなり高いと思います。

私の場合は、見逃してくれたのか、社員数が物凄く多いので、そこまでチェックしなかったのか分かりませんが・・・・・。

ちなみにバレるのは、来年の5月頃だと思います。
    • good
    • 0

こんにちは。

自分も同じ事で困っていました。あちこちに聞きましたが答えは無理でした。
もう駄目もとで普通徴収にチェック入れて申告しました。そしたらその年の住民税は本業と副業を合わした金額を自分で納税するようになりました。
で今年の確定申告もまったく同じく申告したのですが、住民税は本業と副業を合わせた金額を会社の給与から差し引きになってしまいました。
なぜこうなったのか分かりませんが、本業と副業を合わせた金額を差し引くように、市町村の納税課?から会社に連絡がいくらしいのですが本業いくら、副業いくら、とわけてないのでバレなかったみたいです。
    • good
    • 0

 こんにちは。



 副業の30万円の確定申告の際に,申告書に住民税を「普通徴収」にするか「特別徴収」にするかの記入欄がありますから,「普通徴収」を選ばれれば,その分は「普通徴収」で納税することになります。

http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syotoku/an …
(確定申告書A の2ページ目の下の方にある「住民税に関する事項」欄です。)

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syotoku/an …
    • good
    • 0

基本的に給与支払報告書はどちらの事業所からも役所へ送られるので#1の方が言ってみえるように両方が給与の場合はほぼ確実に無理です。



おなけに確定申告しないでいても役所がつかんでいる以上確定申告はさせられ場いいによっては円大金が取られます。

あきらめましょう。
    • good
    • 0

本業と副業がともに給与収入であれば、難しいと思います。



例えば給与収入のほかに不動産収入があった場合、給与分だけを特別徴収で給与天引きに、不動産分を普通徴収にして支払うことを併徴といいます。
本件の場合、ともに給与収入となるようなので、この併徴は難しいと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住民税と所得税の計算方法

住民税と所得税の計算方法について質問なのですが、
以下の計算方法で正しいでしょうか。

例:
収入 300万円
経費 100万円

------------
住民税
------------
(収入 - 経費 - 基礎控除) x 10% + 均等割
(300 - 100 - 33) x 10% + 0.4 = 17.1

------------
所得税
------------
(収入 - 経費 - 基礎控除) x 10% - 控除
(300 - 100 - 38) x 10% - 9.75 = 6.45

ちなみに、所得税は最後に 97,500円引かれると思いますが
住民税はこういったものは無いのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1です。

>結果としてこの金額となるようですが、97,500円の控除は無いということで住民税は所得税の2倍以上となるんですね...
そのとおりです。

>地震保険の控除については 「地震保険料控除証明書」というハガキが送られてきたのですが、
そうそう、地震保険も控除されます。

>医療費についてはそういった証明書が送られてきていないので、病院に行った時の領収書を提出すれば良いのでしょうか。
そのとおりです。
医療費控除は、かかった医療費が10万円を越えていれば受けられます。
生命保険などで補てんされた額は引かなくてはいけません。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/pdf/09.pdf

あと、「医療費控の明細書」を作成しておきます。

参考
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki02/pdf/003.pdf#search='%E5%8C%BB%E7%99%82%E8%B2%BB%E3%81%AE%E6%98%8E%E7%B4%B0%E6%9B%B8'

No.1です。

>結果としてこの金額となるようですが、97,500円の控除は無いということで住民税は所得税の2倍以上となるんですね...
そのとおりです。

>地震保険の控除については 「地震保険料控除証明書」というハガキが送られてきたのですが、
そうそう、地震保険も控除されます。

>医療費についてはそういった証明書が送られてきていないので、病院に行った時の領収書を提出すれば良いのでしょうか。
そのとおりです。
医療費控除は、かかった医療費が10万円を越えていれば受けられます。
生命保険な...続きを読む

Q副業を考えております。 本業の会社にバレたくはないのですが、 副業の方の住民税を自分で納付すれば本業

副業を考えております。
本業の会社にバレたくはないのですが、
副業の方の住民税を自分で納付すれば本業の会社に
バレないというのは本当なのでしょうか??

ちなみに副業はアルバイトではなく
インターネットビジネスを考えております。

Aベストアンサー

はじめまして、元総務事務担当者です。
基本的には住民税は特別徴収(天引き)です。しかし手間がかかりますが普通徴収(自分で払う)にすることも可能です。
下記のページをご覧下さい。

会社バレを防ぐ!副業しているサラリーマンが注意したい確定申告の方法
(すばる会計事務所)
http://subaru-juku.com/side-business-tax-return-720

Q住民税の計算方法が??

住民税の計算方法が??
住民税の計算方法は自治体によって違うと思うのですが、二年前は前年に8ヶ月仕事をして23000円、今年は前年に3ヶ月しか働いてないのに18000円でした。
単純に年収から考えると今年はかなり上がっているように思いました。
扶養状況などは全く変わっていません。。

やはり今年は急激に上がっているのでしょうか?
よろしくお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

住民税額の計算のうち、「所得割」と呼ばれる部分は、課税総所得金額×10% で求められます。
 (課税総所得=総所得金額-所得控除合計額)

ですから、2年前のほうが去年よりも年収が高くとも、2年前のほうが「所得控除額」が多いと「課税総所得」が低くなり、住民税額が2年前のほうが少ないこともあります。

>去年は毎月収入よりも高めに設定された社会保険や厚生年金料を払っていました。
これが本当だとすると、控除額が多くなり、やはり今回のほうが住民税が少なくなる可能性が高くなります。

住民税の納付書のほかに、「住民税額の決定通知書」という書類があるはずです。
先回と今回の2つを見比べてみて、「所得控除」の欄で、例えば先回は医療費を多く支払っていたというようなことはありませんか。あるいは今回はなにかのミスで社会保険料の控除が0になっていたなど。

年収だけでなく、年ごとの「所得控除」という欄の数字の違い、そして「課税総所得」という数字の違いに注意してください。

Q副業でアルバイトをしよーと考えてます 某サイトで年間20万円以内だったら 副業をしてもバレないと書い

副業でアルバイトをしよーと考えてます

某サイトで年間20万円以内だったら

副業をしてもバレないと書いてあったのですが信じていいですか?

Aベストアンサー

信じても良いよ。
20万円以内でバレないってのは、その金額内なら確定申告の必要がないから、会社に届く住民税の金額も変わらないからバレないってことなのね。
だけど、副業がバレる一番の理由はそんなんじゃなくて、同僚にちょっと喋っちゃったり、飲みの席でポロっと言っちゃったり、勤務態度が変わったり、そういうのでバレるケースが圧倒的に多いんよ。

Q住民税の計算方法について

いつもお世話になっています。28歳サラリーマン独身です。

住民税の計算方法について教えて下さい。
 ・年収:約380万(給与所得)
 ・会社の社会保険完備
 ・扶養親族なし
 ・障害、医療費控除、寄付、控除などは何もありません
上記条件で、大阪市在住だとどのくらいの住民税になるのでしょうか?

計算方法等を探してみましたが、難しくてよくわかりませんでした・・・
住んでいる場所によって住民税は大きく変わるのでしょうか・・・

Aベストアンサー

御参考まで。

http://www.city.osaka.lg.jp/zaisei/page/0000383147.html

Q副業しようと思ってるのですが 本業に副業先は違う所を言おうと思ってるのですが 税金などの関係上 副業

副業しようと思ってるのですが
本業に副業先は違う所を言おうと思ってるのですが
税金などの関係上

副業先の場所までわかってしまうんでしょうか?

Aベストアンサー

>税金などの関係上副業先の場所までわかってしまう…

場所どころか、副業をしていること自体が直ちに伝わるわけでは決してありません。

強いて言うなら、翌年 5月になると新年分住民税の課税明細が、会社経由で届けられます。

このとき給与計算担当が、よほど暇で社員のあら探しにいそしむお局さんだと、
「あらっ、この社員うちの給与だけより住民税が多いわね。さては・・・」
となるわけです。
その場合でも、前年は自社分だけより給与が多かったことが分かるだけで、どこで何をしていたのかまで分かるわけではありません。

一方、そこそこ忙しい事務員さんが担当だと、社員の明細などいちいちチェックせず月々の給与天引額を見るだけですから、何事もおきません。

さて、質問者さんの会社はどちらのタイプでしょうか。

Q福岡市における独身の場合の住民税の計算方法は?

現在、福岡市内で勤務しておりますが
去年の税率変更の時期から住民税を毎月約14,000円ほど
給料から天引きされています。

2年ほど前に引越し、去年住民票を移しましたが、
住民税の計算方法は福岡市に変わっているのかよくわかりません。
とても高くなったので違和感があるのですが、自分の住民税を
確かめる方法はあるのでしょうか?
(勤務は転勤前2年、転勤後現在3年目になります)

北海道や福島県のサイトでシミュレーションしようと試みましたが、
基礎控除や所得割額など、専門用語ばかりでよく理解できません。

年間総所得が400万程度で独身なら大体このくらい、という
計算方法はないのでしょうか?
そもそも源泉徴収の額や基礎控除など、すべて調べないと計算できないものですか?

市役所に行くほどでもないと思っていますが、ずっと気になっています。
どなたか目安となる計算方法でも良いので、教えていただけませんか?
よろしくお願いします。><

Aベストアンサー

・住民税は現在、全国どこでも計算方法は一緒です
 一部、均等割(市町村3000円+都道府県1000円)が割増されて高くなっている地方もありますが、基本的には同じです
・1.前年の総収入-給与所得控除=給与所得(所得)
 2..給与所得-所得控除(基礎・配偶者・扶養・社会保険料・生命保険等の控除)=課税所得
 3.課税所得×税率(一律10%)-調整額=住民税の所得割
 4.住民税の均等割=市町村3000円+都道府県1000円=4000円
 5.(所得割+均等割=住民税)
・下記、一応福岡市のHPより・・2.の所に計算方法があります
http://www.city.fukuoka.lg.jp/zaisei/zeisei/life/kojinshiminkenminzei/Index.html

参考:源泉徴収票(平成19年度)がありましたら
 1.給与所得控除後の金額が「所得:給与所得」です
 2.所得控除の額の合計額が、所得税の各種控除の合計額です
  独身の場合なら、基礎控除が住民税だと33万ですから(所得税は38万)合計額から5万を引いて下さい・・その金額が住民税の所得控除額にになります
 3.「給与所得:所得」-「所得控除・・上記の修正額」=課税所得(住民税の)
 4.以下、計算すると、今年の6月以降の住民税の金額が出ます(年額)
以上、独身で配偶者・扶養控除等が無い場合です

・住民税は現在、全国どこでも計算方法は一緒です
 一部、均等割(市町村3000円+都道府県1000円)が割増されて高くなっている地方もありますが、基本的には同じです
・1.前年の総収入-給与所得控除=給与所得(所得)
 2..給与所得-所得控除(基礎・配偶者・扶養・社会保険料・生命保険等の控除)=課税所得
 3.課税所得×税率(一律10%)-調整額=住民税の所得割
 4.住民税の均等割=市町村3000円+都道府県1000円=4000円
 5.(所得割+均等割=住民税)
・下記、一応福岡市のHPより・・2.の所...続きを読む

Q今から副業したとします。マイナンバー登録しなくてもいい派遣会社です。今の本業は副業禁止です。四月いっ

今から副業したとします。マイナンバー登録しなくてもいい派遣会社です。今の本業は副業禁止です。四月いっぱいで退職する予定です。ばれますかね?

Aベストアンサー

>マイナンバー登録しなくてもいい…

副業が本業に伝わるかどうかのことと、マイナンバーとは何の因果関係もありません。
そもそもマイナンバーとは、国や自治体が国民の納税状況その他を管理するために設けられた制度であって、民間企業のためではありません。

あなたが財務省管下の役所だとか市役所の税務担当部署にお勤めでないかぎり、一民間企業がマイナンバーを使って社員の個人情報を探ることなどしてはいけないことになっていますし、したくてもできないシステムになっています。

マイナンバーに過敏すぎます。

>四月いっぱいで退職する予定です…

それならどうぞ存分に副業をしてください。

翌年5月になると新年分住民税の課税明細が、会社経由で届けられます。

このとき給与計算担当が、よほど暇で社員のあら探しにいそしむお局さんだと、
「あらっ、この社員うちの給与だけより住民税が多いわね。さては・・・」
となるわけです。

一方、そこそこ忙しい事務員さんが担当だと、社員の明細などいちいちチェックせず月々の給与天引額を見るだけですから、何事もおきません。

さて、質問者さんの会社はどちらのタイプでしょうか。
というより、来年 5月にもうそこの会社にいないのなら、全く関係ない話なのです。

>マイナンバー登録しなくてもいい…

副業が本業に伝わるかどうかのことと、マイナンバーとは何の因果関係もありません。
そもそもマイナンバーとは、国や自治体が国民の納税状況その他を管理するために設けられた制度であって、民間企業のためではありません。

あなたが財務省管下の役所だとか市役所の税務担当部署にお勤めでないかぎり、一民間企業がマイナンバーを使って社員の個人情報を探ることなどしてはいけないことになっていますし、したくてもできないシステムになっています。

マイナンバーに過敏す...続きを読む

Q住民税、健康保険料の計算方法を教えてください(^^

正社員の頃は住民税や健康保険料は
勝手に引かれていたので計算方法に
ついてはぜんぜん気にしていなかったんですけど、
今回、フリーになって初めて確定申告をしますが
所得300万くらいに対しての住民税と健康保険料って
だいたいいくらぐらいになりますか?
住民税は地域によって違いが出るかと思いますけど・・・。

ざっくり教えてくださ~い(^^

Aベストアンサー

所得や収入の額を聞いただけでは計算は無理です。
個々人によって控除対象の扶養者や社会保険料の額等、控除額はさまざまですから。
住民税は全国一律ですので、下記URLなど利用して計算できるかと思います。
国保は自治体によって計算が違いますし、年齢により介護料を含むと額にかなり差がでてきますので、ご自分の御住まいの役所の国保の係に問い合わせされるのが一番です。

参考URL:http://www.pref.hokkaido.jp/soumu/sm-zeimu/tax_sim/sim_001.html

Q副業はどうやってバレるのでしょうか? バレるのがダメならしない方がいいのでしょうけど…) 私は契約社

副業はどうやってバレるのでしょうか?

バレるのがダメならしない方がいいのでしょうけど…)

私は契約社員として働いている社会人です。
友人からアルバイトに来てくれないかとの誘いがあり、以前より働いてみたいと思っていた飲食店なので、働いてみようかな?と思っています。

副業の税金のことや、確定申告?の事が全くわからないので、しないほうがいいのかな?と心配です。

バレない方法があれば知りたいのですが…(><)

Aベストアンサー

年間20万円を超える副業収入があるなら申告義務が生じる・・・と記憶しています。
あなたにバイト代を払う経営者としては、当然払ったバイト代は必要経費として申告しますから、バイト代を受け取った人から申告が無ければ税務署は「あれ?」と思うでしょう。
誰にバイト代を払ったか?誰がバイト代を受け取ったか?は、以前ならうやむやになってましたが、今はマイナンバー制度があるので誤魔化しが効きにくくなっています。
税金を会社の源泉徴収で払っている以上、会社には必ずばれます。

ばれないようにしたければ源泉徴収をやめて自分で税の申告をするしかないですが、そんなこと認められないでしょうし、仮にできたとしてもそれって「副業してます」って宣言してるようなものですよね。
それでごまかせるのは副業でいくらぐらい稼いでいるかだけで、副業の事実そのものをごまかすことはできません。

どうしても副業の事実を隠したいのであれば、バイト代を受け取らずに「手伝い」としてただ同然で働くしかないです。
でもそれでは副収入を得られませんから、本末転倒ですよね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報