ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

訴訟も辞さず、抗議をしたいことがあるのですが、本人が逃げまくって話ができません。
会社に電話しても、居留守を使って出てきません。
こういう場合、会社のファックスで文書として送ってもいいのでしょうか。
たとえば、「~の件、お答えいただけなければ法的措置をとるかもしれません」という内容です。
相手から逆に訴えられると言うことはないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No、1です。


一般的に内容証明郵便は封筒での送信となります。
はがきでは?との質問にたいしては正直、よくわかりません。

なにわともあれ、皆さんの意見を参考にし、
慎重に行動されることをおすすめします。
訴訟も辞さないのであれば、
相手に対する言動は慎重にし、文書でやり取りすることですね。
    • good
    • 0

お聞きしたいことがあります。


他の方へのお礼を見て思ったのですが。
相手の方へ知らせたい(連絡を取りたい)というよりも、第三者に知らしめたいと受け取れたのですが。

そういう気持ちであればやめておいたほうがいいと思います。
他の方の回答は現時点で非常に有効的な手段だと思います。

>私信ですがまる見えですよね。

丸見えにすることが目的であれば、訴訟などを起こした場合きっとあなたに不利益になると思われますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
>相手の方へ知らせたい(連絡を取りたい)というよりも、第三者に知らしめたいと受け取れたのですが。

そうではないんです。
実は、過去に内容証明や書留を「受け取り拒否」されたことがあるので、ファックスやハガキなら嫌でもその場で本人が見るだろうと言うことです。

お礼日時:2006/11/23 19:42

>訴訟も辞さず、抗議をしたいことがあるのですが、


>同じ内容をハガキではどうでしょうか。
私信ですがまる見えですよね。

何故葉書ですか、私を含め他の方たちが書いているのは、
質問者様が訴訟も辞さないと云うのを前提にした、アドバイスです。
配達証明付き内容証明郵便の場合、不在、転居時のため所在不明等の容易に中身を確認できない状況で無い限り、相手方に意思表示をしたと云うことの証明になりますので、それを勧めています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
>相手の方へ知らせたい(連絡を取りたい)というよりも、第三者に知らしめたいと受け取れたのですが。

そうではないんです。
実は、過去に内容証明や書留を「受け取り拒否」されたことがあるので、ファックスやハガキなら嫌でもその場で本人が見るだろうと言うことです。
手続きとして「送ったことになる」というのは、あまりメリットがないです。
読んで貰わなければ意味が無いのです。

たとえば、それを読むことで「訴訟までされるのなら話し合おう」と相手は対応してくれるかもしれませんよね。
そうすれば、こっちも訴訟をせずに済みますよね。
辞せずというのは、こちらの言い分に確たるものがあるということであって、裁判をやりたくて仕方ないということではないのです。

お礼日時:2006/11/23 19:45

内容がわかりませんが、その人物についての誹謗中傷、プライバシー等を書く場合は注意が必要になります。


FAXは基本的には、誰でも見ることができるものです、
なので、内容によっては名誉毀損で訴えられる可能性があります。
配達証明付の内容証明郵便を送り、トラブっている件に関し、何月何日までに話し合いたい旨を記載し、承諾しないのなら、訴訟を起こすとすれば、話し合いに応じると思います。
内容証明を受け取らない場合(受取拒否の場合)は意思表示到達の法的効果は発生します、同居の家族が受取拒否しても同じ。
お金はかかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
では、同じ内容をハガキではどうでしょうか。
私信ですがまる見えですよね。

お礼日時:2006/11/23 04:30

こんにちは。



なにやら、おだやかならぬ状況のお話らしいですね。

会社のFAXに送るのは、今は踏みとどまりましょう。
訴訟されようとおもってらっしゃるなら、
名誉毀損となってしまうかもしれませんよ?

「聞いてない、知らない」ですまされたくない、といったお話なら、
いまは、「内容証明郵便」をためしてみてはいかがでしょうか。
参考URLをよくお読みの上、チャレンジしてみてください。

ご事情は存じませんが、あまり興奮されるとお体に毒です。
そのご事情をひととき忘れ、リラックスするお時間も、忘れずにとってくださいね。

参考URL:http://www7.plala.or.jp/daikou/naiyou/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
では、同じ内容をハガキではどうでしょうか。
私信ですがまる見えですよね。

お礼日時:2006/11/23 04:30

企業で総務として働いています。


いままでの経験から、会社へのfax送信は以下の点で、危険と思います。
当事者間の個人的争いごとであり、相手の会社が無関係であるならば、
相手の会社にFAXを送ることによりその相手以外の人が
個人的争いの事実を知ることになります。
これは事実であっても名誉毀損となる場合があります。
文言は重要ではありません。

「内容証明郵便」を利用してはいかがでしょうか。
また訴訟を辞さない覚悟であれば、司法書士に相談し
準備をすすめたほうが良いですね。準備が正確で早いほど勝ち目は多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
では、同じ内容をハガキではどうでしょうか。
私信ですがまる見えですよね。

お礼日時:2006/11/23 04:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法的手段をとると脅されています。

法的手段をとると脅されています。

5250円格安宿泊費で展開する旅館業者から
いきなり内容証明郵便が送られてい来ました。

どのように対応したらよいのでしょうか?
だれかご教授くださいませ。
あせっています。
経緯:

仲間内数名で、箱根などに展開する旅館に一泊したところ
そのよるに、突然部屋のドアガラスの一部が割れました。

おそらくは強風で、ドアガラスが急激に開きベランダの縁にあたってわれたのではと思いますが、
なぜ割れたかはわかりません。

ただ、私どもが故意に割ったわけでもなく、過失もあったとも思えません。


その日は、ガラスが割れたことをホテルのスタッフに告げ
割れた部分をダンボールでふさいでいただきました。
(その際に、私どもへの安否確認等の配慮はありませんでした)

ホテル側は後日、この件について連絡するとのことでした。

3ヶ月ほどたってから、いきなり内容証明郵便で請求書が届きました。
(ホテル側、内容証明郵便の前にクロネコヤマトメール便で請求書を送ったとのことですが
受け取っていませんし、ホテルからの電話もありませんでした)


なんのことだかよくわからずに、横浜にあるという本社に電話連絡を取りましたが
のらりくらり、たらいまわしで、まるで掛け合ってもらえずでした。

その後、消費者センターの片に間に入っていただき、ようやく担当者と電話がつながったのですが
やはり、前出の内容証明郵便に書かれていることが全てであり、書面以外では返答できないとのことでした。

後日、「請求に応じることはできない」と内容証明郵便で返答し
前述のスタッフとのやりとりに不信感を覚えた私は、質問状も同時に送付しました。

それから、数日後、また
「入金が確認されませんでしたので、法的手段に移行いたします」
と内容証明郵便が送られてきました。


請求金額は25000円ていどで、たいした額ではないのですが、
この会社の不誠実さに怒り心頭しております。
どのように対応したらよいのでしょうか?

アドバイスのほどよろしくお願いします。

法的手段をとると脅されています。

5250円格安宿泊費で展開する旅館業者から
いきなり内容証明郵便が送られてい来ました。

どのように対応したらよいのでしょうか?
だれかご教授くださいませ。
あせっています。
経緯:

仲間内数名で、箱根などに展開する旅館に一泊したところ
そのよるに、突然部屋のドアガラスの一部が割れました。

おそらくは強風で、ドアガラスが急激に開きベランダの縁にあたってわれたのではと思いますが、
なぜ割れたかはわかりません。

ただ、私どもが故意に割ったわけでもなく、過...続きを読む

Aベストアンサー

「ガラスが割れたとき、客に怪我がないかどうか声かけもしてくれなかった、程度の低いホテルだ」という主張は、ガラス代金の支払い義務の有無とは無関係です。
ガラスが割れた責任は誰にあるかというのが問題です。
ホテル側が一方的に「責任は客にある」と主張してるが、ご質問者は「こちらには落ち度はない」と主張されるわけですね。
事実の確認が必要なのに、文書で「お前、払え」と請求が来てることに戸惑われてるのでしょう。
法的手続きを取るという言葉に脅迫罪にあたるかもしれないという意見も出てるようですが、金銭請求事件において法的手続きを進めることの予告は脅迫罪を形成しません。
金額的に法的手続きをするなら「支払い督促」が簡易裁判所を通じてされるでしょう。
この支払い督促を受領した際に異議申し立てをしましょう。
2ヶ月間できます。これを経過すると争えなくなりますので「払う必要がない」とほかっておく事がないようにしましょう。
民事事件では訴えられた相手が異議申し立てしないと、相手の言い分を全部認めたことになる事を知っておきましょう。
誰がどう見ても払わなくても良いものでも、ほうって置くと払わないといけない立場になってしまいます。
「文句をいうならキチンと反論せよ」原則があります。

弁護士に相談しても、請求金額より報酬のほうが高くなってしまいます。
支払い督促を受けたときに、異議申し立てすると裁判所に連絡すれば、書面での出し方を教えてくれます。

なお、書面でないと回答できないというホテル側は、トラブル対処に慣れてます。
言った言わないという水掛け論をしないように、文書主義になってますから、これはそういうものだと思うしかないでしょう。不誠実だ、親切でないという主張は客商売としては避けたい評価ですが、既述のように、そのことと「誰がガラス代を負担すべきか」の問題は別だと理解しないと、文書主義で法的に手続きをしてくる相手に感情論で応酬するだけになり、効果は低いです。
例えば「いきなり内容証明が来た。電話で一言ぐらい連絡したらどうだ、けしからん」と主張したとします。
「請求書を出す前に予告をする必要はありませんし、内容証明を出すのに予告も不要です。」と開き直られたらそれまでです。
「いきなり来た」点を争点にしても、けんかになりませんから注意です。
法的に相手が請求してきたら「異議申し立て」をすればいいのです。

「ガラスが割れたとき、客に怪我がないかどうか声かけもしてくれなかった、程度の低いホテルだ」という主張は、ガラス代金の支払い義務の有無とは無関係です。
ガラスが割れた責任は誰にあるかというのが問題です。
ホテル側が一方的に「責任は客にある」と主張してるが、ご質問者は「こちらには落ち度はない」と主張されるわけですね。
事実の確認が必要なのに、文書で「お前、払え」と請求が来てることに戸惑われてるのでしょう。
法的手続きを取るという言葉に脅迫罪にあたるかもしれないという意見も出てるよ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報