化膿性椎間板炎という病気についてなのですが、痛みがなければ手術しなくても支障はないものなのでしょうか?治療方法や事例について知りたくて、色々と検索してみましたが、うまく見つかりません。何かお薦めのサイトか書籍があれば教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

化膿性椎間板炎は、椎間板撮影や椎間板ヘルニアの術後の合併症として起こることが多く(頻度が高いのではなく、椎間板炎の原因としてですが)、稀に血行性の感染が起こることもあります。

椎間板炎にとどまっている場合には恐らく手術の対象となることはなく、抗生物質等による治療になると思います。
高齢者では、椎体の感染から椎間板に波及することが多く、その椎間板の感染が更に隣接する椎体に波及していくようです。いずれにしても抗生剤による治療が先ず行われるはずです。
手術の対象となりうるのは、起炎菌に対する抗生剤を適切に投与していても椎体の感染が拡がっていく場合や、硬膜外膿瘍などを形成して脊髄の圧迫や炎症の波及による神経症状(運動麻痺、感覚障害)が出現した場合(この場合には可及的速やかに手術)と思われます。或いは、慢性化して、菌は消えたけれども肉芽組織が出来て、それが脊髄を圧迫している場合などでしょうか。いずれにせよ、痛みの有無だけで手術するしないが決まるわけではありません。
あなたのお父様の症状の経過や画像所見の経過、炎症所見の程度などが全くわかりませんので、残念ながら再手術の適否についてはここで判断することは出来ません。とにかく、主治医の先生に納得のいくまで手術の必要性について説明していただくことが重要かと存じます。
サイトに関しては、私も少し検索してみましたが、あまりいいものがないようです。書籍に関しては、脊椎・脊髄の医学書はいくつかありますが、値段が高い(2万円前後は最低します)ことと、脊椎・脊髄の感染症にさかれているページ数は非常に少ないことから、購入してまで勉強することはありませんし、たぶん読んでも手術に関して詳しく書かれているものはほとんどないので参考にならないと思います。普通の本屋さんにもおいていないので、立ち読みも不可能でしょう。
おだいじにどうぞ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外耳炎か中耳炎か。

外耳炎か中耳炎か自分で判断出来る基準はありませんか?病院へ行けば確実でしょうが、遠いのと、仕事が休めないので簡単に行けません。
今右耳が、膜が張っているような感じで聞こえが悪いです。少し前は耳垢が水分を含んだようになっていましたが、液が出てくるわけではありません。軽い痒みを覚えます。
前に中耳炎にかかったことがあってその時はかなり耳垂れがひどかったのですが、今回はそうでもなく。耐えられないような痛みもありません。ほとんど治った状態で病院へ行きました。

この経験が手伝って、放っておいても治るのでは?と思ってしまいます。また、病院にかかる場合、一週間とか間を開けず、早く行った方が良いのでしょうか。
相談できる人もおらず、ちょっと不安です。

Aベストアンサー

一度家族の方かご友人にその耳の中見て貰ったら直ぐ判断付くと思いますよ。
外耳炎なら鼓膜の外側で問題起こってるので 除いてみると直ぐ判ります。
内耳炎は鼓膜の内側なので 除いても見えません。
見える・見えないで 耳鼻科の受診判断されては如何ですか?

Qふんりゅうが化膿した場合・・・

ふんりゅうが化膿して赤くはれています。仕事が忙しくて週末まで病院にいけないのですが、市販で売られている塗り薬や飲み薬で、一時的に化膿を抑えるものはありませんか?もしご存知の方がいらしたら教えてください。又その他の方法もありましたらお願いいたします。

Aベストアンサー

飲み薬で化膿に奏効するものでは、漢方薬局で購入できる排膿散及湯(ハイノウサンキュウトウ)がありますよ。体力がそこそこ(中等度で)あれば、年齢や症状に関係なく使用でき、抗生物質に劣らない即効性を期待できる方剤です。抗生物質のように、胃腸障害や耐性菌などの心配の必要もありません。応用範囲の広い便利な処方ですので、常備しておかれてもよろしいかと存じます。お大事に。

排膿散及湯実用例について
http://www.ucatv.ne.jp/~nishiumi/sub71.htm

参考URL:http://www.ucatv.ne.jp/~nishiumi/sub70.htm

Q血圧が高いけど、日常生活に支障なし。

起床時の血圧は、上が220~260です。下は120~160です。上下差は平均100です。
昼間はこれより20~30下がります。昼間も上下差は平均100です。
飲酒・晩酌をすると、上が150~120に下がります。下は50以下に下がります。それが日常生活です。

周囲の家族や、経験者の忠告をお聞きして、怖くなり専門医の診断を受け、処方薬を服薬することになって2年経ちます。
専門医は、{血圧のクスリは、何十種類かあって、あなたに合う処方が分かるまで、いろいろと試してみましょう]とのことで、一般的なクスリから初めて数ヶ月程度でいろいろと処方を変えています。
インターネットで調べられる程度の種々の精密検査は受けており、特に問題の指摘はありません。
血圧計は、水銀柱の血圧計を用いております。病院で医師が計測する値と、私が家庭で計測した値はほぼ合致しています。

問題は、服薬すると思考能力、集中能力、運動能力、活動意欲が落ちることです。
そのことによって、今まで出来ていたことが出来なくなってしまい、精神的なイライラが発生し、周囲に対して怒りをぶつけるみっともない状況が発生します。

服薬若しくは高血圧が原因かどうか分かりませんが、記憶の完全欠落も発症しています。記憶細胞が部分的に死滅しているようです。
記憶の欠落ケースについて、メールや過去の自分自身で書いた文書を検索すると確かにPC内には記録されており確認できます。しかし、私の脳の中をいくら探しても見つかりません。

血圧が高いと種々の障がいが発生しやすいことは、教えていただき勉強いたしました。
「もともと私の体質は高血圧に順応できる体質であるから服薬等で無理に下げる必要はないのではないか」と思い始め、この三ヶ月間、服薬を中止しています。
すると作業は、はかどるし、物忘れは少なくなるし、あれもこれもとやる気が戻ります。

そこでお教えいただきたいのですが、本人が日常生活に支障をきたしていない高血圧に対して、このまま通院と服薬を継続することに疑問を感じております。
ご助言をお願いいたします。

起床時の血圧は、上が220~260です。下は120~160です。上下差は平均100です。
昼間はこれより20~30下がります。昼間も上下差は平均100です。
飲酒・晩酌をすると、上が150~120に下がります。下は50以下に下がります。それが日常生活です。

周囲の家族や、経験者の忠告をお聞きして、怖くなり専門医の診断を受け、処方薬を服薬することになって2年経ちます。
専門医は、{血圧のクスリは、何十種類かあって、あなたに合う処方が分かるまで、いろいろと試してみましょう]とのことで、一般的なクスリから初め...続きを読む

Aベストアンサー

>「もともと私の体質は高血圧に順応できる体質であるから服薬等で無理に下げる必要はないのではないか」
という質問者さんのご自分の血圧を考えるスタンスは程度問題は別として間違ってはいないと思います。

>問題は、服薬すると思考能力、集中能力、運動能力、活動意欲が落ちることです。
これは明らかに質問者さんの正常な脳の神経活動に必要な血圧が得られず血流不足になってることになります。下げ過ぎです。

高齢者の認知症の原因の一つに降圧剤の影響もあるのではないかと思ってるのです。我々の体は歳をとるにつれて体内の酸化が進み少なからず交感神経が緊張、交感神経緊張型の体調になりますので必然的に血圧は上昇してきます。血圧を上げて体の隅々まで血液を送りこもうとします。必要だから血圧を上げてるのです。
それなのに検診で基準を超えると薬が処方されます。必要なのに無理や下げる害は計り知れないものがあると考えます。

質問者さんの血圧も本態性などと原因不明にしてしまうと見かけの高い血圧を下げることに躍起になるだけで高血圧の根本治療は出来ないでしょう。薬物では高血圧という病気が治ることもなく、ただひたすら「飲み続けること」となります。

飲酒、晩酌をすると血圧が下がるのはもう一方の自律神経である副交感神経が優位なリラックスの体調になるからです。心や体を活動的にする交感神経が緊張すると末梢血管に血液を送り込む必要から血管が収縮して血圧は上昇しますが、心や体が例えば仕事を終えて休息モードになったり、嗜好品を程よく嗜むことでリラックスしてくると自律神経は副交感神経にスイッチして収縮した血管は拡張して血圧は下がります。

一般的には質問者さんの活動中の血圧は確かに高過ぎるのですが、必要があっての血圧です。何事も頑張るほど血圧は上昇しますので、体の発する声に耳を傾けながら、これ以上無理をしたり頑張り過ぎたりしないようになさって下さい。
バリバリと仕事をこなす人は得てして知らず知らず無理をしてそのストレスに対する適応力を超えることがあります。これではますます交感神経が緊張して血管が収縮してしまいます。
血圧の上昇は頑張り過ぎ、無理のし過ぎが原因だと知っておくことが大切です。生活を振り返って、見直すことが根本治療になります。ストレスが減れば血圧もそれにともなって下がってきます。いつまでも薬物を使うことは対症療法に過ぎません。
またいつまでも降圧剤を使ってると体の自律神経による治癒力は失われて、薬を代えたり、増量したり薬物でしかコントロールできなくなってしまうでしょう。

ご自分では難しいと思われたら、心や体全体を診てくれる代替医療にも真剣に取り組んでいる医者、漢方医、あるいはそれ以外の優れた治療家に相談されると良いと思います。

質問者さんの場合のように活動期の血圧が高いと、排便でいきんだり力強く踏ん張ったりすることであっと言う間にもっと血圧が急上昇するこにもなりかねません。
生活の見直しをしてもなかなか下がらないようであれば、西洋薬で体に変調をきたさない程度に一旦血圧を下げておくことも必要でしょう。
ただし、そのまま薬に頼るだけではなく後はご自分の努力と治療家の助けを借りながら副交感神経を優位にする治療が必要でしょう。心や体、全体をみつめて取り組んで下さい。

詳しいことは省きますが、交感神経緊張でレニン依存が強い高血圧もあります。この場合はレニンを減らす食品がありますので、積極的に食事で摂ると良いと思います。

>「もともと私の体質は高血圧に順応できる体質であるから服薬等で無理に下げる必要はないのではないか」
という質問者さんのご自分の血圧を考えるスタンスは程度問題は別として間違ってはいないと思います。

>問題は、服薬すると思考能力、集中能力、運動能力、活動意欲が落ちることです。
これは明らかに質問者さんの正常な脳の神経活動に必要な血圧が得られず血流不足になってることになります。下げ過ぎです。

高齢者の認知症の原因の一つに降圧剤の影響もあるのではないかと思ってるのです。我々の...続きを読む

Q足の親指の深爪の化膿が2ヶ月そのまま治らない

2ヶ月くらい前に足の親指を深爪してしまい、爪の付け根から指の先が化膿して白っぽくなってしまいました。その部分を押さない限り痛みがないのでそのまま放っておいたのですが、2ヶ月くらい良くも悪くもならず、その後テニスをして腫れが大きくなってしまったのでオフィス街のクリニックに行ったところ「このまま様子を見ましょう」と1週間分の抗生物質を渡されました。
薬を飲むうちに大きかった腫れは小さくなったのですが、1週間たって薬が切れても、白い腫れ自体はなくならず、押すと痛いもの変わりません。
このまま放っておいて化膿した部分が消滅するということはあるのでしょうか?専門科のある総合病院に行くほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

ある程度爪が伸びない限りすっきり治らないと思いますよ。(^_^)
薬で炎症は抑えられても、腫れた原因が残っているわけですから・・。

足の指(特に親指)は、見た目には悪いですが、ちょっとのばし気味にして、角は落とさない方が良いです。

炎症が残っている状態で、シューズを履いてするスポーツをすれば
圧迫されるので、ホントは治るまでお休みした方が良いのですけど。。

深爪や巻き爪も、圧迫されて酷くなると爪と肉の間から「にくげ」というもう1本指のような物が出てきます。
ジュクジュクしてとても痛いです。
その状態をガンマンしてシューズを履いてするスポーツを続けていると、1年でも2年でも炎症は続きます。

相談者様は、そこまで酷くないようなので、爪が伸びてくれば治るんじゃないでしょうか?(^_^)

Q部活でできた化膿を早く治したいのですが

自分は部活動でラグビーをやっているのですが コンタクトプレイで傷ができ化膿して困っています

今は病院から貰った「ゲンタシン」という薬を塗っているのですが
1日でも早く治したいのでほかにやることなどはありますか?

”こんなことをすればもっと早く治る”とかいう回答お待ちしております

下手な文章ですみません
回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

化膿しているならゲンタシンを使うのは間違いではないけれど。

>1日でも早く治したいのでほかにやることなどはありますか?
というならば方法はありますと回答します。

その方法は湿潤治療と言うものです。

傷口にゲンタシンを塗った後、サランラップで密封するだけです。

実際例
食品包装用フィルムを使った広範な擦過創の治療
http://www.wound-treatment.jp/title_tiryou.htm

新しい創傷治療
http://www.wound-treatment.jp/
創傷治癒センターより
http://www.woundhealing-center.jp/kizu/kizuato_howto.html

創傷ケアの「常識の嘘」
http://www.wound-treatment.jp/title_kiso.htm

湿潤治療は簡単に言えば傷口を流水で洗ってゴミなどを除去したら白色ワセリンなどを塗り密封性の高い素材で密封し自然治癒能力を最大限に発揮させる治療法です。

バンドエイドからも湿潤治療用のものも発売されています。
http://www.kenko.com/product/seibun/sei_721095.html
単価が高いけど2、3日貼ったままにするのが基本だからトータルでは安いかも。

怪しげと思うかもしれないけど、最新の医療を目指すところでは既に導入しているところが多い様です。

化膿しているならゲンタシンを使うのは間違いではないけれど。

>1日でも早く治したいのでほかにやることなどはありますか?
というならば方法はありますと回答します。

その方法は湿潤治療と言うものです。

傷口にゲンタシンを塗った後、サランラップで密封するだけです。

実際例
食品包装用フィルムを使った広範な擦過創の治療
http://www.wound-treatment.jp/title_tiryou.htm

新しい創傷治療
http://www.wound-treatment.jp/
創傷治癒センターより
http://www.woundhealing-center.jp/ki...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報