「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

 數學や物理學などの理系關連の書で、「求まる」といふ動詞が良く使はれてゐますが、私が思ふに、これはおかしな表現だと思ひます。廣辭苑で調べましたが乘つてゐませんし、響きにも違和感があります。恐らく、「決まる」や「定まる」のやうに、「求める」を自動詞的に用ゐたものと思はれますが、數學や物理などの問題は自分で「求める」のであつて、自然に「求まる」ものではありませんので、をかしいと思ひます。果して正しいのかどうか、どなたかご敎示して頂ける方がいらつしやいませうか。

A 回答 (4件)

言葉というものの性質上、正しいかどうかはわかりませんが、認められてはいると思います。


ご存知のように実際使われていますし、大辞林や新明解国語辞典にはのっています。

初めてきいた時には私も違和感を感じました。
違和感を感じるのはおそらく、「求まる」には「求める」にない、行為の結果としての「発見」が包含されているからでしょう。

参考URL:http://nippongo.hp.infoseek.co.jp/nippongo/conte …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがたうございます。URLは大變參考になりました。

お礼日時:2006/12/10 12:11

「自然に」ではなく結果です。


「試験に受かる。」などと同じ造語です。
    • good
    • 0

せっかくの正漢字・かな仲間ですから,私も文語にて……。



貴殿の申さるるが如く予も惟ふ。

大方,「求めらる」を怪しく活用したるものならむ。

尚,『明鏡国語辞典』にも載りたらず。

畢竟するに,之は「求む」の自動詞的用法として考へず,純粹に,「求むに因みたる新語」と考ふるが妥當たらむ。
    • good
    • 0

>數學や物理などの問題は自分で「求める」のであつて


>自然に「求まる」ものではありませんので
正しいです。
求める=追い求めるなど
求まる=求めて見つかったなど
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。


人気Q&Aランキング