漫画『酒男子』のAIボットを作ると高級日本酒が当たる!! >>

暦について色々調べています。
そこで、ネットで調べてもよく分からなかったので質問させてください。

日本に古代暦は存在したのでしょうか?
ほとんどの資料によると日本の最初の暦は「中国から輸入されたもの」
と記載されています。

しかし吉村貞司著「日本古代暦の証明」という本を見つけました。
日本独自の古代暦は存在したのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 


 幻の暦 ~ 暦のない日々 ~
 
── 《日本書紀 06901217 持統 4.1111》に「奉勅始行元嘉暦與(と)
儀鳳暦」とあるが、どのように併用あるいは移行したか、未解明である。
 そもそも編集期間中に、唐において元嘉暦は廃暦となり、すでに新暦
の儀鳳暦(唐名は麟徳暦)が登場していた。
── 《天孫降臨余歳の元旦 19920211 阿波文庫》
 
 上の日付から、儀鳳暦を逆算して“建国記念の日”が制定されました。
 もし、日本独自の古代暦が実在したとすれば、上の日付以前の暦日も
あるはずですが、いまだかつて裏付ける史料は発見されていません。
 
 かつては、日本文化を称えるあまり「はるか昔に暦法が完成していた」
と主張する学者もいたようです。しかし、どのような文字で記録したか、
いかなる計算手順(アルゴリズム)によったのか、説明できないのです。
 
 このような学者を沈黙させたのが、渋川春海(163912‥~17151101)
の逆算した《日本長暦 -6660130~16850216-0203 貞享暦》でした。
 やがて日本の暦法宗家も“家元免許”を返上し、後継者を失います。
 
 結論をいえば、暦の計算方法には、神秘的な要素がなかったのです。
 はてしない端数計算をつづけて、なおかつ人為的な操作を要するのが
天文学の宿命だったのです(いまなお閏秒が出没するように)。
 
 つぎの二部作が、初めてコンピューターを用いて検証しています。
 内田 正男《日本暦日原典 19750710 雄山閣出版》
 内田 正男《日本書紀暦日原典 19780110 雄山閣出版》
 
 暦の研究は、しばしば人を虜囚にします。いままで気づかなかった謎
が解けはじめると、つぎからつぎに興味が湧いてくるのです。
 しかし、あまりに膨大な記録を前に、ほとんどの人が挫折しています。
 
 なお、現在も発行・販売されている各種の“旧暦”の編集者たちは、
毎年の官報で春分・秋分を知り、あろうことか東京天文台に電話をかけ、
毎月の朔日を教わってから、もっともらしく配分しているのだそうです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
分かりやすかったです。

暦の記録って膨大ですよね。
研究が進むことを楽しみにしています。
新たな発見がないかな( *´艸`*)

お礼日時:2006/12/13 21:26

農業が定着していた地域なら、暦は必ずあった筈です。

文献として残らなくても、技法として暦計算が伝承されていなければ、農業の生産性は壊滅的な打撃を受けます。
事実、中国の夏暦は殷暦よりも優れていたと伝承されていますが、当時文字はありませんでした。
また、農業との関わりについては、関東以北で三島暦が利用されたのも、朝廷の暦が関東以北の季節変化に一致せず、農業手順が狂うからです。朝廷の力が落ちると共に、三島暦が普及し、関東以北での農業生産性が高まっていき、江戸時代には幕府公認の暦として利用されます。

このように、暦は「農業を支配する技術」だった訳です。暦の無い農業はありえないですから、日本に農業が定着した時期と共にあったと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
少なからず日本にも暦は存在したのでしょうか。
それがどの程度の暦なのか、もう少し研究が進んでわかるといいですね。

日本人の暦レベルって世界から見てどれくらいなんでしょうね。

お礼日時:2006/12/13 21:28

下記参考URLも結構詳しく載っていますよ。


やはりAD 692年から5年間使われた「元嘉暦」が「まともな暦」のルーツであるというのが一般的だと思いますよ。
古代暦の定義がよくわかりませんが、自然暦(季節の変遷などおおまかな暦)であれば、弥生時代から農業をしているわけですから、当然あったはずです。

参考URL:http://koyomi.vis.ne.jp/mainindex.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
日本にも独自の暦があったのか期待していたのですが残念です。
でも自然暦はあったのですね。

お礼日時:2006/12/13 21:24

おはようございます。



吉村貞司著「日本古代暦の証明」では、参考URLに記載されている通り、元嘉暦と儀鳳暦が690年に用いられたのが最初となっています。
1873年のグレゴリオ暦の改編までには、
元嘉暦、儀鳳暦、具注暦、大衍暦、五紀暦、宣明暦などの和暦が用いられていますが、これらの暦は、554年に百済から暦がもたらされた事が基となっています。
従って、残念ながら、これらの暦は全て百済を経由して中国からもたらされたものが基となったもので、完全に日本独自のものであるとは言えません。
これ以前に日本独自の古代暦が存在していたのかどうかは、証明されていません。

参考URL:http://www.geocities.jp/atelier_efraym/genko2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうだったのですか・・・。
まだ「日本古代暦の証明」は読んでないのですが、
もしかして日本にも独自の暦があったの??!
なんて思い違いしてました。
やはり日本の暦は中国からの輸入物だったのですね。

お礼日時:2006/12/13 21:22

私自身あまり詳しくありませんが、参考URLを見て下さい。



参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E7%B4%80
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/12/13 21:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古代の2倍年歴で、1年とは何を意味していたのでし

古代日本では2倍年歴が使われていた、という説があります。当時、1年とは、現代の我々の1年でなく、半年、ということですね。
ここでは、この説が正しい、ということを仮定して、疑問点を質問します。(この説の正否を問いてはいません。)
我々は、簡単にいえば、春夏秋冬という気候が1巡する期間を、1年と考えています。(他の考えを採用している地域も一部あります)
当時の人々にとって、1年というのは何を意味していたのでしょうか?

Aベストアンサー

 なぜ2月は28日しかないのかということを調べていた時、古代では、1年の内に、月(month)が空白だった期間があったと知りました。

 なんでなかったのか、というと、なにも生産(作物)できず家に引きこもっていたので、日数などを知る必要がなかったらしいのです。

 今でも、未開地では、食べる分だけ獲ってくるという関係で、1つ、2つ、3つ、いっぱい、という4種類の数概念で間に合うという話も聞きます。

 質問者さんの言われていること(2倍年?)はまったく知りませんが、農業(栗とか米?)などができない季節はスルーして、農業が始まる時から終わる時までを1年としたのではなかろうかと思います。

 その1年の範囲外は、森などにいって、たまたまあった木の実を取ってきたり、出くわした動物を捕ってきたりして過ごすなら、今日が何月何日かなんてどうでもいい話ですから。

 余談ですが、日本の「不定時法」のやり方から考えて、2倍年暦と言っても、厳密に半年ずつではなく、作物を作る長い1年と、作物ができない短い1年の、あわせて2年だったのではないのかと思ったりするのですが?
 
 

 なぜ2月は28日しかないのかということを調べていた時、古代では、1年の内に、月(month)が空白だった期間があったと知りました。

 なんでなかったのか、というと、なにも生産(作物)できず家に引きこもっていたので、日数などを知る必要がなかったらしいのです。

 今でも、未開地では、食べる分だけ獲ってくるという関係で、1つ、2つ、3つ、いっぱい、という4種類の数概念で間に合うという話も聞きます。

 質問者さんの言われていること(2倍年?)はまったく知りませんが、農業(栗とか米?)...続きを読む

Q日本という国名の由来

7世紀中国の文献にはじめて現れたと記憶していますが、どうしてこの国名を採用したと考えられるのでしょうか。そもそも「ひのもと」とは相対地名であり「朝の鮮やかなるところ」と同じで当時世界の中心であった中国からみて東方にあったことを示すだけの表現ではないか、とも思えます。
・どうして「日元」ではなく「日本」としたのでしょうか。
・「倭」とは中国から見た周辺民族への蔑称としての表現であるとの説から「和」が採用されたとの話は真実なんでしょうか。
・「ヤマタイ」が「ヤマト」に転じたのでしょうか。
・「ヤマト」はどうして「大和」の字があてられたのでしょうか。
・中国は「日本」を名乗ったことに対して激怒したそうですがそれはなぜなんでしょうか。中国の一部ではないことを表明したことになるのでしょうか。
・歴史的には「ニホン」という発音が正しいと聞いたような気がするのですが本当でしょうか。

 ひょっとしたら国内向けにはあの中国と対等になったのだと説明し、中国に対しては日が昇るような遠い東方のちっぽけな国でございます、とでも説明したのでしょうか。だとすれば外交手腕は7世紀当時と大して進歩していないような気もします。もちろんこの呼び名に何ら不満はありません。他意のない興味本位な質問です。

7世紀中国の文献にはじめて現れたと記憶していますが、どうしてこの国名を採用したと考えられるのでしょうか。そもそも「ひのもと」とは相対地名であり「朝の鮮やかなるところ」と同じで当時世界の中心であった中国からみて東方にあったことを示すだけの表現ではないか、とも思えます。
・どうして「日元」ではなく「日本」としたのでしょうか。
・「倭」とは中国から見た周辺民族への蔑称としての表現であるとの説から「和」が採用されたとの話は真実なんでしょうか。
・「ヤマタイ」が「ヤマト」に転じたの...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
難しい質問ですが、
手元の辞書ではこのようなことが出ています。
もう少しお調べになったらもっとわかるかもしれません。ご参考まで。

1.「ヤマタイ」が「ヤマト」に転じたのでしょうか。
邪馬台国 ヤマタイコク
弥生(ヤヨイ)文化中・後期に確認される倭(ワ)の女王国。『魏志(ギシ)』倭人(ワジン)伝の刊本には邪馬壹国とみえるが、定説どおり邪馬台国とするのが妥当。邪馬台は正式には「やまと」と読むが、大和(ヤマト)王権と区別するために一般には「やまたい」と呼称している。
--以下略--
出典:小学館 日本大百科全書

2.「ヤマト」はどうして「大和」の字があてられたのでしょうか。
大和∥倭 やまと
狭義では奈良県の一地域,ついで奈良県全部,広義では日本全体を指した語。大和政権の領域拡大とともに日本全体を指すにいたったもの。狭義のヤマトは,《古事記》《日本書紀》に,奈良を過ぎヤマトを過ぎ損城(かつらぎ)へ,という歌謡があるように,奈良の南方で損城の東北方の,大和国城下(しきのしも)郡大和(おおやまと)郷,今日の天理市新泉町の大和(おおやまと)神社周辺の地とされる。このヤマトは,損城と並んで土着の勢力の中心地。やがて畿内豪族の連合政権である朝廷が奈良盆地に拠点を置くと,今日のほぼ奈良全県をヤマトと呼ぶようになった。語義は山に囲まれた処(と)の意かという。筑後国の山門(やまと)などとは,同じトでも当時のトの音が異なり,意味も別である。倭という漢字は,回り遠い,従順,矮小などの意だが,中国で古くから日本を指すのに用いられたので,5世紀の倭の五王のころには〈倭国王〉と自称するようになり,意味の上では本来関係のない倭という字とヤマトという訓とが結びつくこととなった。7世紀から8世紀にかけて,国号には倭の字を避け,〈日本〉という表記を用いるようになり,その訓もヒノモト,オホヤマト,オホヤシマなどとしてヤマトとはいちおう区別し,倭国,大倭国といえばふつうは奈良全県を指す行政区域名となった。律令体制下の1国としての大倭国は,737年(天平9)から747年まで〈大養徳国〉と表記を改め,757年(天平宝字1)ころから大和国と表記されるようになる。しかしその後も引き続き,一般には倭,和の字やヤマトという語は,日本的,日本風を意味するときに使われている。⇒倭(わ)
執筆:青木 和夫
出典:平凡社 世界大百科事典 第2版

3.国号や国の位置づけに関して
日本
【国号】
 日本では大和政権による統一以来,自国をヤマトと称していたようであるが,中国や朝鮮では古くから日本を倭(わ)と呼んできた。《前漢書》《三国志》《後漢書》《宋書》《隋書》など中国の歴史書や,石上(いそのかみ)神宮の七支刀の銘,高句麗の広開土王の碑文も,みな倭,倭国,倭人,倭王,倭賊などと記している。そこで大和政権の代表者も,中国と交渉するときには,5世紀の〈倭の五王〉のように,国書に〈倭国王〉と記するようになった。しかし中国との国交が120年ほど中絶したのち,7世紀初めに再開されたときには,《隋書》に〈日出処天子〉,《日本書紀》に〈東天皇〉とあって,倭と自称することを避けるようになっていたらしい。中国側でも《旧唐書(くとうじよ)》の東夷伝に至って初めて〈倭国〉と〈日本国〉とを併記し,〈日本国は倭国の別種なり。其の国,日の辺に在るを以ての故に,日本を以て名と為す〉とか,〈或いは曰く,倭国自ら其の名の雅ならざるを悪(にく)み,改めて日本と為す〉とか,〈或いは曰く,日本は旧(もと)小国,倭国の地を併す〉とか,倭から日本に変わった理由を紹介している。
 この7世紀には,遣隋使に続いて遣唐使がしばしば派遣されているが,いつから倭に代えて日本を国号とすることにしたのかは,〈日出処〉が〈日本〉に転化していったことはまず確かだとしても,実は明らかでない。遣隋使や遣唐使のそのつどの交渉について,かなり詳しく記述している《日本書紀》も,8世紀になって日本という国号が確立したのちの書物であり,その中に使われている原資料にあったかもしれない倭の字は,国号に関するかぎりすべて根気よく日本と改められている。そこで《日本書紀》以外に文献を求めると,《海外国記》の逸文に,664年(天智3),大宰府に来た唐の使人に与えた書には〈日本鎮西筑紫大将軍牒〉とあったとある。だがこの《海外国記》も733年(天平5)に書かれているから,倭を日本と改めている可能性がある。結局確かなのは,702年(大宝2)に32年ぶりで唐を訪れた遣唐使が,唐側では〈大倭国〉の使人として扱ったのに対して,〈日本国使〉と主張したという《続日本紀》の記述であり,《旧唐書》東夷伝の記事も,この当時の日本側の説明に基づくものと思われる。
 この日本が,今日のニホン,あるいはニッポンのどちらに近い発音で読まれたか,または当時の漢音でほぼジッポンと読まれたか否かも,,まだ明らかでない。しかし日本という国号は,中国や朝鮮ではもちろん,はじめは日本の国内でも音読されていたようであり,ヒノモトという日本に対応する訓読も,《万葉集》では〈ヒノモトのヤマト〉というように,古くからの国号であるヤマトにかかる枕詞として用いらるにとどまり,これがヤマトと並ぶ日本語風の国号として独立するのは平安時代以後である。中世に中国を通じて日本をヨーロッパに紹介したマルコ・ポーロの《東方見聞録》では,日本国が Zipangu,Jipangu などを書かれているが,その後ヨーロッパに広まった Japan,Japon,Jap1o などの称については,日本に対する中国の華北音の jih pen に基づくとする説と,華南音の yat pun に基づくとする説とがある。中世末の日本に渡来したヨーロッパ人たちは,ロドリゲスの《日本大文典》や《日葡辞書》に,当時の日本人が日本を Nifon,Nippon の両様に読んでいたことを記録している。近代では日本の読み方を統一しようという動きがあり,1934年の文部省臨時国語調査会では,ニッポンを正式呼称とする案が議決されたが,法律制定には至らなかった。なお正式な国号は,明治憲法では〈大日本帝国〉であったが,現行憲法では〈日本国〉である。⇒大和(倭)(やまと)∥倭(わ)
執筆:青木 和夫
出典:平凡社 世界大百科事典 第2版

こんばんは。
難しい質問ですが、
手元の辞書ではこのようなことが出ています。
もう少しお調べになったらもっとわかるかもしれません。ご参考まで。

1.「ヤマタイ」が「ヤマト」に転じたのでしょうか。
邪馬台国 ヤマタイコク
弥生(ヤヨイ)文化中・後期に確認される倭(ワ)の女王国。『魏志(ギシ)』倭人(ワジン)伝の刊本には邪馬壹国とみえるが、定説どおり邪馬台国とするのが妥当。邪馬台は正式には「やまと」と読むが、大和(ヤマト)王権と区別するために一般には「やまたい」と呼称している。
--以下...続きを読む

Q日本書紀の日付表示

日本書紀には、よく 「九月甲子朔戊辰」 などと、まず、暦(日付)が書かれてから出来事を書いてあります。
 XX月XX朔XX XX月は、簡単に「九月」は理解できます。
 次のXX朔XXが、どうして、「XX日」になるのかがわかりません。

干支(十干十二支)で、辛亥革命は、辛亥の年(60年周期)に起こったので辛亥革命といわれる。ここれは、西暦との対応表があるので一目瞭然なんですが・・・・。

「朔」の文字も、月暦で満月と新月(旧暦の1日と15日)を示すとありますが、なぜ、干支と干支の文字の中に「朔」が必要なのかわかりません。
どなたか、簡単に説明をお願いいたします。

Aベストアンサー

干支が60年周期で同じものが回ってくるのは既にご存知ですよね。この順番を紀日にも使っているのです。
甲子は1番目、戊辰は5番目なので、「九月甲子朔戊辰」とは「九月は一日が甲子で、その戊辰にあたる日=5日」ということになります。
一月が30日固定であったなら、二か月単位で干支と日にちが特定されるのですが、そうではなかったため、毎月の一日の干支がずれてゆくので、このような紀日法となっています。


人気Q&Aランキング