仕事上で、墓地の改葬費を算出しなくではならないのですが
土葬と火葬では改葬費が異なっており、墓誌や過去帳ではその区別が
できません。土葬から火葬への転換期がわかれば,死亡日で判断しようと
思うのですが・・・・・その根拠がなくて困っております。
どなたか教えていただけませんか?
よろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

地域によって大きく違うと思います。


島根の母の実家では、祖母の葬儀が最期に地域でのこっていた
土葬もなくなりました。約14年前のことです。(去年13回忌だったもので)
役場などで、調べられたらいかがでしょうか。
土葬の場合、業者による葬儀よりも、講中による葬儀が主流だと思いますから
ご近所など古くからいらっしゃるかたにお尋ねになるのも方法かと思います
土葬の場合、墓穴を掘る当番など細かく順番が決められている場合が多いと思います
    • good
    • 0

戦後の昭和20年代から、土葬から火葬へと変わって来ていますが、地域によっては、昭和50年代まで土葬をしていたところも有りますから、一概には決められないようです。


お寺に聞かれるのがよろしいと思います。
    • good
    • 0

いつ頃の資料かわかりませんが、


「現在は97.5%が火葬になっておりよほど特殊な場合でないと許可されない。都道府県や市町村の条例によって土葬禁止区域が制定されている。」
とあります。

私の経験でも、「ある場所では火葬、別の地方では土葬?」ということもありました。地域差があるみたいなので、先ずは市町村の担当に問い合わせてみてはどうでしょうか。
    • good
    • 0

 「墓地、埋葬等に関する法律」が、昭和23年に出来ていますので、この法律を作ったのはそれなりの理由があると思われますので、判断材料にされてください。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の法律では火葬後に墓地に埋葬しないといけないのでしょうか?

ちょっと疑問に思ったもので、お暇な時にでもお答え下さい。

たとえば、無宗教の人がいたとします。するとその人は無宗教なので身内に死者が出ても葬式はしません。で、そこまでは日本の法律では問題ないと思うんですが、問題はここから先です。

火葬は絶対にしなければいけないんでしょうか?

まあ、しなければいけないならするとします。
しかしもう一つ問題があります。

骨は墓地に埋葬しなければいけないのでしょうか?

とういのは、墓地って寺とかにありますよね。つまり宗教に関連した施設にしかありませんよね? どこの宗教とも繋がりのない人は一体どうしたら良いんでしょうか? 骨壷に骨を入れてそのまま家で飾っとく? でも一生持ち続けることが出来たとしてもいずれその本人も死にますよね。その後どうするんですか? あと、骨は捨ててはいけないんでしょうか?

ということで、その辺の法律は日本ではどうなっているのかちょっと気になったのでこのカテゴリに質問しました。(無宗教でなくても仏教でない場合は日本では面倒なんじゃないでしょうか? 教義が全然違う場合とかも)

ちょっと疑問に思ったもので、お暇な時にでもお答え下さい。

たとえば、無宗教の人がいたとします。するとその人は無宗教なので身内に死者が出ても葬式はしません。で、そこまでは日本の法律では問題ないと思うんですが、問題はここから先です。

火葬は絶対にしなければいけないんでしょうか?

まあ、しなければいけないならするとします。
しかしもう一つ問題があります。

骨は墓地に埋葬しなければいけないのでしょうか?

とういのは、墓地って寺とかにありますよね。つまり宗教に関連した施設に...続きを読む

Aベストアンサー

参考URL煮もありますが「散骨」をする人が増えているようですね。
確か散骨には許可が必要だったと思います。

参考URL:http://rinsoin.jp/yuyu/sousiki_gimu.htm

Q法はその字面ではなくてその言いたいことに基づいて読むべき、って?

こんばんは。

法について一般的なことをうかがいます。
法の条文はその表面的な字面ではなくてその「言いたいこと」に基づいて読むべきだ、という原則が確かあったと思うのですが、それをなんと呼ぶんでしたっけ?

Aベストアンサー

「文理解釈」に対して、「論理解釈」でしょうか?

もっとも法律の解釈を議論する場合には、「論理解釈」という言葉はあまり使わないですね。むしろ、「論理解釈」の具体的手法である「拡大解釈」「縮小解釈」「類推解釈」「条理解釈」などを用います。

Q20歳というのは誕生日がこないと20歳ではないですね。では、その年に生まれて生まれた月が来なくても2

20歳というのは誕生日がこないと20歳ではないですね。では、その年に生まれて生まれた月が来なくても20歳ではないんですか?

Aベストアンサー

>今年の十一月で20歳になる。今は19or20?

法的には、誕生日の前日に年を取ります。
11月1日生まれなら10月31日に満20歳。
だから4月2日産まれから翌年の4月1日産まれまでが同じ学年になる。

Q養育費の算出基準

皆さんこんばんわ。
只今別れた妻から養育費請求の調停申し立てをされているものです。
養育費は子の権利という事もあり、どんなに離婚前にひどい別れ方をされても請求はされるものだというのはわかってるのですが、養育費の算出方法など教えてください。収入、支出で計算するような事は聞いた事があるのですが、無知ですいません;
(1)一応最近の養育費の産出基準みたいのはみたのですが、「収入」「支出」と言うのはどの辺のものをさすのかがいまいちよくわかりません。
具体的なものとか教えてください。
(2)上の収入、支出とかは実際どのレベルでの申告なのかわかる方いたら教えてください。(何か証明書類がいるのかそれとも口頭なのかとか)
最後に支出の面なのですがよく家賃とかも含まれてるようにみえるのですが、実家などにて家にお金をいれてる場合とかは家賃扱いになるのでしょうか?

わからない事だらけで質問もわかりずらくなってしまいましたが、どなたか経験者、知ってる方などいたら
お力をお貸しくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

ご事情は別として、お子様が健やかに成長できることを願いつつ回答させていただきます。

養育費は、片親にひきとられた「子供が人間らしく生きる権利」「子の権利」だとお考えください。
「別れた妻への送金」だと錯覚しやすいのです。
離婚時に金銭的な精算は済まされてのことと思います。
あくまでも、受取人はあなたのお子様です。金銭の管理をする親権者を介して送金されるとお考えください。
ですから通帳の名義もお子様の名義にします。
ちなみに、養育費の用途・使途の請求は可能です。

養育費は、あなたの収入に応じて算定します。
家庭裁判所に、収入証明になる源泉徴収票や給与明細、預金通帳の写しなどを提出して話し合われます。
算定の基準としては、あなたの給与などの収入から可処分所得を差し引いた額から諸々の事情を考慮して決定します。
ですから、無理難題な養育費を請求されることはありません。
数年後には、お子様も成長されて学費学資の必要が生じる場合も考えられます。このような場合は、あらためて家庭裁判所で費用の見直しを行います。学資も養育費として考えられるからです。

支払い義務が生じるあなたの収入にゆとりがあれば、それに応じた額を送金してあげることが、あなたとお子様にとってのせめての幸せかもしれません。

なお、養育費の未払いが著しい場合は、面接交渉権の行使が拒否されるほか、相手方の申し立てにより、裁判所が給与等の差し押さえを行うことがあります。

お子様の幸せを考えながら、でも算定は無理をせず慎重になさるのが懸命だと思います。できれば、双方ともに弁護士さんと同席されて決められると、話し合いも円滑になります。

参考URL:http://www.rikon.to/contents_24.htm

ご事情は別として、お子様が健やかに成長できることを願いつつ回答させていただきます。

養育費は、片親にひきとられた「子供が人間らしく生きる権利」「子の権利」だとお考えください。
「別れた妻への送金」だと錯覚しやすいのです。
離婚時に金銭的な精算は済まされてのことと思います。
あくまでも、受取人はあなたのお子様です。金銭の管理をする親権者を介して送金されるとお考えください。
ですから通帳の名義もお子様の名義にします。
ちなみに、養育費の用途・使途の請求は可能です。

養育費...続きを読む

Q養育費算出表について

過去の質問から,養育費算定表をみつけました。
この表で,子供が2人の場合6~8万と算出された場合,
この6~8万というのは,1人分でしょうか,2人分でしょうか?

http://www.rikon-navi.jp/shiryou/santeihyou/youikuhi/index.html

Aベストアンサー

2人分です。
1人表に比べると1人当りが割安になっていますが、
両親の収入が同じであれば、子供1人当りに掛けられる費用が割安にならざるを得ないからです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報