見守り電球またはGPS端末が特価中!

こんにちは。
度々すみません、NTPの設定をしましたがどうも同期が始まりません。

「ntpdate 130.69.251.23」と手動同期は成功します。
しかしntpデーモンを起動し1時間以上放置しても同期されません。
※外部タイムサーバー参照としてます

ntp.confは下記のとおりです。
---------------------------------------------------
server 133.100.9.2 # clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server 130.69.251.23
driftfile /var/lib/ntp/drift
---------------------------------------------------

でntpq -pの結果は下記となります。

remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
133.100.9.2 .INIT. 16 u - 64 0 0.000 0.000 4000.00
130.69.251.23 .GPS. 1 u 27 64 377 8.015 -99970. 17262.6

同期ができれば「remote」列に「*」が表示されると思っています。
何か設定が足りないでしょうか?。
尚、「/vat/log/message」をtailしてますが特にエラーは無さそうです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#4のqaaqです。



○ntp.conf 関連
server 行に "iburst" を付けておきましょう。
server ntp.nict.jp iburst <--こんな感じになります。

ntp サーバ起動時の時刻調整の収束時間が早くなります。
http://www.jp.freebsd.org/cgi/mroff.cgi?subdir=m …

○ntpdate での時刻調整
ntpdate -b -u [サーバ名] を複数回実行して、"offset の値が0.1以下"になるまで、強制的に時刻調整して下さい。

○ハードウエアclockの修正
hwclock -w コマンドでハードウエアclockを合わせます。
http://www.linux.or.jp/JM/html/util-linux/man8/h …

○ntpdの動作
ntpによる時刻調整は、調整幅が通常128mSと小さいので、1時間は様子をましょう。
2時間程度経過しても、時刻修正の兆候が見られない場合ハードウェアの不良も考えられます。

時刻調整の兆候としては、
・logファイルに 一時間毎に調整したメッセージが書かれる。
Jan 7 21:57:40 ntpd[91145]: offset 0.000994 sec freq -190.802 ppm error 0.000076 poll 8
・ntpq -p の出力の最初の桁に"*,+"が付く。また、reach が377になる。
% ntpq -np
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
+192.168.0.102 GPS_NMEA(0) 2 u 3 32 377 0.926 -0.330 0.023
*192.168.0.192 GPS_NMEA(1) 2 u 10 32 377 0.747 -0.336 0.023
192.168.0.9 PPS(1) 2 u 3 32 377 0.757 6.559 0.161


○その他
・PC起動時には、システムクロックを計測してその後の動作の基準にしていますが、
CMOSバッテリ不足やハードウェアに何らかの異常があるととんでもない時刻を示すことがあります。(要修理です)
・BIOSの時計も起動時の初期時刻として使われてしまうので、ある程度合わせておいた方がいいです。
    • good
    • 7

この手の質問は、設定ファイルを明示しましょう。



まずは、ntpq -p の見方から。
133.100.9.2 の st が 16 なので、NTPクライアントは同期できない。
st(Stratum) 16 は、最下位の階層で、NTPクライアントはこの階層の
NTPサーバには同期しない。

130.69.251.23 の offset が -99970 [mS] の時刻差があり、同期しない。
ntpdは、上位サーバの時刻の違いが 1000 秒より大きい場合、
ntpd は何か決定的にまずいことが生じたと仮定し同期しません。

要するに、自分の時計が狂いすぎていてNTPデーモンが時刻調整をしない状態と推測されます。

ntpdate オプションに "-b" or "-b -u" を付けて強制的に時刻を合わせて、
ex: ntpdate -b -u ntp.nict.jp.
このときの出力行の"offset の値が0.1以下"になってから、NTPデーモンを起動し、10分もすると時刻調整が始まるでしょう。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

皆様有難うございます。
ntp.confはいくつかエントリをしています。

server ntp.nict.jp
server 192.218.230.58
server 210.173.160.27
server 210.173.160.57
server 210.173.160.87
driftfile /var/lib/ntp/drift

[root@console ~]# service ntpd stop
[root@console ~]# ntpdate -q 192.218.230.58
server 192.218.230.58, stratum 2, offset -101.382790, delay 0.03542
7 Jan 19:55:21 ntpdate[4386]: step time server 192.218.230.58 offset -101.382790 sec

[root@console ~]# ntpdate -b -u 192.218.230.58
7 Jan 20:01:41 ntpdate[4429]: step time server 192.218.230.58 offset -42.919484 sec

となります。しかしoffset値が掲載して頂いたような「0.00・・」などの値になりません。

[root@console ~]# service ntpd start
[root@console ~]# ntpq -p
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
=============================================================
ntp.nict.jp .PPS. 1 u 9 64 1 9.233 -5171.2 117.417
192.218.230.58 163.220.2.2 2 u 7 64 1 12.719 -5284.3 0.001
210.173.160.27 210.173.160.86 2 u 6 64 16.808 -5424.8 0.001
210.173.160.57 210.173.160.56 2 u 5 64 17.941 -5529.7 0.001
210.173.160.87 210.173.160.56 2 u 4 64 18.206 -5642.9 0.001

とoffsetは既に大きく放置しておくと値は大きくなるばかりです。

ちなみに /var/log/messages には

Jan 7 19:44:02 console ntpd[4281]: ntpd 4.2.0a@1.1190-r Thu Jan 7 19:44:02 console ntpd[4281]: precision = 1.000 usec
Jan 7 19:44:02 console ntpd[4281]: Listening on interface wildcard, 0.0.0.0#123
Jan 7 19:44:02 console ntpd[4281]: Listening on interface wildcard, ::#123
Jan 7 19:44:02 console ntpd[4281]: Listening on interface lo, 127.0.0.1#123
Jan 7 19:44:02 console ntpd[4281]: Listening on interface eth0, 193.168.55.100#123
Jan 7 19:44:02 console ntpd[4281]: kernel time sync status 0040
Jan 7 19:44:02 console ntpd[4281]: frequency initialized 0.000 PPM from /var/lib/ntp/drift
Jan 7 19:44:02 console ntpd: ntpd startup succeeded

となっています。度々すみませんが見て頂けますと幸いです。

お礼日時:2007/01/07 20:08

> やっぱりNGです。

「ntpq -p」は通るのですが・・
ntpq -p が実行できるのと,実際にNTPサーバと通信できているかどうか,というのは別だと思いますが...
(なのでntpqが更新されていない)

ちなみに,手っ取り早く確認する手として,
# ntpdate -q 外部NTPサーバ
で,どこにもフィルタリングされず実際に通信できていますか?
できていればこんな結果が返ってきます.
# ntpdate -q xxx.xxx.xxx.xxx
server xxx.xxx.xxx.xxx, stratum 1, offset -0.000185, delay 0.03717
7 Jan 09:44:07 ntpdate[12070]: adjust time server xxx.xxx.xxx.xxx offset -0.000185 sec
    • good
    • 3

フィルタリングで udp:123 は通ってますか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様有難うございます。国内サーバーにエントリを変えましたが
やっぱりNGです。「ntpq -p」は通るのですが・・

Linux(ミラクル)のファイアウォール自体は「disable」にしてます。
他にフィルタリングを確認する箇所はありますでしょうか?。

お礼日時:2007/01/06 21:55

質問の回答ではありませんが、



>server 133.100.9.2 # clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
>server 130.69.251.23

clock.nc.fukuoka-u.ac.jpのNTPサーバを提供しているサイトに「個人や社内の多数の パーソナルコンピュータが直接我々のサーバへ問い合わせるよう設定すべきではありません。プロバイダの代表機のみがそれをおこなうべきです。」と書かれているようにStratum-1のNTPサーバを利用するのではなくて、下記URLのページを参考に使用しているISPのNTPサーバを利用しましょう。
ISPにNTPサーバがないなら、推奨公開サーバにあるNTPサーバを利用しましょう。

wiki@nothing
wiki@nothing > NTP > プロバイダ・機関別
http://wiki.nothing.sh/page/NTP/%A5%D7%A5%ED%A5% …

wiki@nothing > NTP > 推奨公開サーバ
http://wiki.nothing.sh/page/NTP/%BF%E4%BE%A9%B8% …

Slashdot Japan
福岡大学NTPサーバの混雑解消にご協力を
http://slashdot.jp/articles/05/01/21/0214236.shtml
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNTP の TCPポートは?

NTPは123/UDPでようは足りると思うのですが、
WELL KNOWN PORTとかいろいろな資料に「123/TCP」ポートが割当たってます。
ntpd,ntpdate等でNTPを使う場合、実際には123/TCPは使われているのでしょうか?

Aベストアンサー

RFC1305では「ntpには123/udpを割り当てる」となっていますが、RFC1700では「123 ntp」となっており、「123/udp」と明示されているわけではありません。
よって、「123/tcp ntp」が間違っている(または使えない)という明確な根拠にはなりません。

「現状では『123/tcp ntp』を実装するための定義が存在しない」程度に考えた方が良いと思います。

ただ、将来的にRFC2030のSNTPが(IPv6対応などの点で)主流になる可能性があるので、「123/tcp ntp」は定義されない可能性もあります。

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

Q起動しているサービスを確認するコマンド

初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示いただけますと幸いです。

起動しているサービスを確認するために以下の2つのコマンドを打ってみるのですが、結果(出て来るサービス名)が違います。
このコマンドの違いについてご教示いただけますでしょうか。

(1)service --status-all
(2)chkconfig --list

Aベストアンサー

(1)service --status-all

サービスの現在のステータスを調べるコマンド

(2)chkconfig --list

OSのブート時に自動起動するサービスを調べるコマンド

違いが出るのは、
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから起動したサービス
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから、あるいはエラーで停止したサービス
・ブート後に実行はされるがすぐに停止して常駐しないサービス (ntpdate とか)

あるいは、(1)ではサービス名が表示されない物もあるので、どのサービスがどんなステータス出力をするのか知っておく必要もありますね。(service network statusとか)

Qレッドハットのバージョン確認方法

自分のサーバで使用しているREDHATのバージョン確認はどうすればいいのでしょうか?

more /etc/issue
とやっても英文しか出てきませんでした。

uname -all
でもカーネルのバージョンは出るのですが、REDHATのバージョンは出ませんでした。

Aベストアンサー

> more /etc/issue
> とやっても英文しか出てきませんでした。

その英文にはRedHatのバージョンは書いてなかったのですか?
書いていなかったとしたら、管理者により編集されている可能性
がありますね。

cat /etc/redhat-release

ではいかがでしょう?
やっぱり英文ですけど。

rpm -q redhat-release

でもいいかも

Qntpdでの時刻補正について

ntpdを用いて時刻補正を行いたいのですが、1時間ほどずれているサーバがあります。
このように、大幅にづれていてもntdpで徐々に補正することはできるでしょうか?
googleなどで調べましたが、なかなか情報が見つかりません・・・情報をお持ちの方、もしくは同様の対応を行ったことある方教えてください。

Aベストアンサー

> 一台ntpのサーバを構築し、そのサーバを故意に時間をずらし
> 今回問題のサーバがntpdで徐々に時刻を同期させる方法を
> とります。
そのntpサーバは外部のntpサーバと同期させない。
ということですよね?

自分のハードウェアタイマーを参照してntpサーバとして稼働させる。
ということになるのでしょうけど、その場合に外部(今回の1時間遅れているサーバ)から参照できるのか…。
ちょっと試したことはありませんのでうまくいくか判らないですね。
invalidさんが書かれた2つ目のリンク先にconfファイルの記述例が…
「server ディレクティブ」の最後で書かれていますね。

Qapt-get install ****** でinstallしたものをuninstallするには?

御世話になります。
vncserverだけをinstallするつもりが
誤って
apt-get install vncとうってしまいました。
これをuninstallしたいのですが
どのようにすればよろしいでしょうか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

# apt-get remove パッケージ名
では、設定ファイルは削除されずに残ります。

完全に削除するときは、
# apt-get --purge remove パッケージ名
です。

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

Qsedの置換文字に変数を使用したいのですが・・・

あるファイルの特定の文字を変換し、上書きをする処理を行いたいのですが、sedの置換文字に変数が渡せなくて困っています。

例:
X="a"
Y="b"
echo test.txt | sed 's/${X}/${Y/g}' >test.txt

sedでは置換文字に${X}といった変数を使用することはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

' ・・・' で囲まれた中の$はそのままドルマークです。変数展開をするなら、'・・・'で囲んではいけません。

何も囲まないか、"・・・"で囲むかです。

Qntpdateでno server suitable for synchronization found

お世話になります。

ntpdateで時刻合わせをしようとしていますが、うまくいかずに困っています。
root権限で実行していて、xntpデーモンは止めています。
ポート123は開いています。(というか、閉じていません)
ですが実行すると、

$ntpdate Callaway
3 Mar 16:36:04 ntpdate[1023]: no server suitable for synchronization found

となります。
-uオプションをつけても同様です。
さらに-dをつけると以下のようになります。

$ntpdate -ud Callaway
3 Mar 16:33:25 ntpdate[1022]: ntpdate 3-5.93e+sun 03/06/05 23:16:45 (1.4)
transmit(172.31.255.4)
receive(172.31.255.4)
transmit(172.31.255.4)
receive(172.31.255.4)
transmit(172.31.255.4)
receive(172.31.255.4)
transmit(172.31.255.4)
receive(172.31.255.4)
transmit(172.31.255.4)
server 172.31.255.4, port 123
stratum 16, precision -6, leap 11, trust 000
refid [0.0.0.0], delay 0.04172, dispersion 0.00000
transmitted 4, in filter 4
reference time: cd55f5c6.a1c28f5c Mon, Mar 2 2009 15:05:58.631
originate timestamp: cd5918aa.6547ae14 Thu, Mar 5 2009 0:11:38.395
transmit timestamp: cd575bc5.366e9000 Tue, Mar 3 2009 16:33:25.212
filter delay: 0.04314 0.04172 0.04221 0.04172
0.00000 0.00000 0.00000 0.00000
filter offset: 113893.1 113893.1 113893.1 113893.1
0.000000 0.000000 0.000000 0.000000
delay 0.04172, dispersion 0.00000
offset 113893.184388

3 Mar 16:33:25 ntpdate[1022]: no server suitable for synchronization found

「originate timestamp: cd5918aa.6547ae14 Thu, Mar 5 2009 0:11:38.395」というのはサーバー側の時刻なので、どうやらサーバーとは通信ができていて、時刻の違いも取れているようです。なのに、時刻合わせはできない、という状況のようです。
どのような原因が考えられるでしょうか。
よろしくお願いいたします。

お世話になります。

ntpdateで時刻合わせをしようとしていますが、うまくいかずに困っています。
root権限で実行していて、xntpデーモンは止めています。
ポート123は開いています。(というか、閉じていません)
ですが実行すると、

$ntpdate Callaway
3 Mar 16:36:04 ntpdate[1023]: no server suitable for synchronization found

となります。
-uオプションをつけても同様です。
さらに-dをつけると以下のようになります。

$ntpdate -ud Callaway
3 Mar 16:33:25 ntpdate[1022]: ntpdate...続きを読む

Aベストアンサー

NTPサーバが起動直後で安定稼動(シンクロ)してないと
こういう状態になるようですよ。
ちょっとほっといて再度確認してみては如何でしょうか。

参考URL:http://discypus.jp/wiki/?Linux%2Fntp%A5%B5%A1%BC%A5%D0

Qntpのstratumについて

RedHat ES4で、NTPサーバを起動させて、外部NTPサーバとの同期はとれるようになりました。

しかし、社内のWindowsサーバ(workgroup)から、同期しようとすると以下の結果になります。


・ 日付と時刻のプロパティで、「インターネット時刻」タブで、LinuxサーバのIPアドレスを指定し「いますぐ更新」をクリックすると、

192.168.10.xxは同期中にエラーが発生しました。タイムサンプルは拒否されました。ピアの階層は、ホストの階層よりも少ないです。

というメッセージ


・質問1
ネットでいろいろとしらべてみましたが、LinuxサーバのStratumの値が、Windowsサーバのそれよりも小さいのでは?という記述がありました。

最上位のNTPサーバのstratumは1のはずですので、「ホストの階層より少ない」=「stratum値が大きい」ということなのでしょうか?

・質問2
LinuxサーバのStratum値をWindwosサーバより「大きく」するためには、どうしたらよいのでしょうか?


ちなみに、念の為、ntp.conを確認しましたら、現状stratum値は、明示的に指定していませんでした。(コメントアウトしてました)

よって、Linuxサーバのstratum値は、初期値?になっているものと思います。(この初期値もわからないのですが・・・)


ご面倒おかけしますが、よろしくお願い致します。

RedHat ES4で、NTPサーバを起動させて、外部NTPサーバとの同期はとれるようになりました。

しかし、社内のWindowsサーバ(workgroup)から、同期しようとすると以下の結果になります。


・ 日付と時刻のプロパティで、「インターネット時刻」タブで、LinuxサーバのIPアドレスを指定し「いますぐ更新」をクリックすると、

192.168.10.xxは同期中にエラーが発生しました。タイムサンプルは拒否されました。ピアの階層は、ホストの階層よりも少ないです。

というメッセージ


・質問1
ネットで...続きを読む

Aベストアンサー

社内のWindowsサーバから、構築されたRedhat ES4のNTPサーバへ、時刻同期
の為の問い合わせをしたいということでよろしいでしょうか?
それを前提に記述いたします。
それと、Windowsの時刻同期のエラーログを何処まで信用して良いのかが若干
疑問なので、考えられる原因を書いておきます。

a. Redhat ES4のNTPサーバが、参照先NTPサーバと同期関係が成立していない
  私の記憶が若干曖昧ですが、同期関係が成立していない場合は、他からの
  参照を受けつけなかったと思います
  「ntpq -p」等で同期先サーバの先頭に「*」があり、しばらく間をおいて
  もありつづければ同期関係が成立しております。
  しばらく間をおいてpollの値が1024とか大きな数字になっていれば、なお
  良いです。
b. Redhat ES4のNTPサーバが、時刻同期の参照アクセスを許可していない
  ntpd.confのrestrictで、WindowsサーバのIPアドレスからのアクセスを拒
  否している。またはデフォルトが拒否設定となっており、それが適用され
  ている
c. WindowsサーバからRedhat ES4への、128/udpの通信が落とされている
  Redhat ES4側で「tcpdump -i eth? -n udp port 123」とかで、Windowsサー
  バのIPアドレスから通信が来て応答を返しているかを確認してください
  (eth?は、適切なインタフェースを指定してください)

a.は原因がさまざまです。
1. 参照先サーバとRedhat ES4のサーバの時刻差が大きい
2. システムクロックの誤差が大きい
1の場合は、「時刻を一気に修正」「過去に時刻が戻る可能性」といった事が
発生しても害がないようであればntpdateで時刻を合わせてください。
害があるようであれば、ntpd.confに「tinker panic 0」とかを追記してくだ
さい
2の場合は、ntpdを一旦停止してadjtimexでtickを補正してください。(freqは、
ntpdが手を加える対象ですので補正不要です)

b.は、ntp.confに以下の設定を追加してみてください
「restrict WindowsサーバのIPアドレス kod notrap nomodify nopeer noquery」

c.は、Windowsのファイアウォール、通信経路上のファイアウォール、Redhat
のファイアウォールのどれかが原因になります

質問1
RedHat ES4で稼働しているNTPサーバのStratumは、同NTPサービスが参照して
いる先のNTPサーバのStratum次第になります。
参照先のNTPサーバのStratumがxの場合、Redhat ES4で稼働しているNTPサーバ
のStratumは、x+1になります。
「ntpq -p」を実行し、先頭に「*」が付いている項目の「st」の値を確認する
事で、自身のStratumが判ります。

Stratum自体は設定で変更できますが、自サーバ以外で変更した事がないので、
これについては申し訳ありませんが判りません。
試しに、ntp.confのserver設定を全てコメントアウトして、server設定を以下の設定
のみでntpdを稼働して
server 127.127.1.0
fudge 127.127.1.0 stratum 1
ntpdで同期関係の成立後に、Windowsサーバ側から時刻同期を行ない、それで
もエラーがでるようであれば、原因は別にあるかと思います

質問2
Stratumは、小さい方が優先度が高くなります。
Stratum 1は、原子時計等から時刻を合わせています。Stratum 2は、Stratum
1を参照しているサーバになります。
この為、Stratumの数字が増える程、誤差や通信の遅延による揺らぎを受けて
精度が落ちます。
「より精度の劣るNTPサーバを参照したがる」とは考えにくいので、参照先に
対して、自身が期待するStratumより小さい事を期待しているのだと思います。

もし、解決しないようであれば、差し支えなければで結構ですのでntp.confの
設定を一度見せていただけませんでしょうか?

社内のWindowsサーバから、構築されたRedhat ES4のNTPサーバへ、時刻同期
の為の問い合わせをしたいということでよろしいでしょうか?
それを前提に記述いたします。
それと、Windowsの時刻同期のエラーログを何処まで信用して良いのかが若干
疑問なので、考えられる原因を書いておきます。

a. Redhat ES4のNTPサーバが、参照先NTPサーバと同期関係が成立していない
  私の記憶が若干曖昧ですが、同期関係が成立していない場合は、他からの
  参照を受けつけなかったと思います
  「ntpq -p」等で同期先サ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング