呪術とか宗教儀式とか、「厄」をはらうという性格が大きいのだと思います。また、そういう思想がなかったら、これまで発展してこなかったであろうと想像しています。つまり、無病息災を願う人間心理がすべての土台だったのだろうと。現在も初詣の季節になると、ますますそれに気がつきます。

そこで、考えたのですけど、もしそのような儀式や慣習をしなくても、結果として変わらないんだ、と言う事が証明されれば、呪術宗教的慣習は消滅するのでしょうか。つまり、SF的になってしまいますけど、もし多元宇宙みたいなものを選択する事が可能で、今年お参りしてお守りを買うことと、まったくいかない事両方に自己の存在する世界を分割して、両方の人生を生きてみる。そういう操作が可能であれば、そして、その結果なんら呪術侵攻には効果がないのだということが経験則で証明されれば、おのずと消滅する類のものでしょうか。逆にその操作が未来永劫不可能ならば、いつまでも存在し続けるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

詣でることによって、心が晴れる、心が晴れるから、よく生きれる。


ただそれだけですが、それだけでいいとも言えます。
願いをかけるために神が存在(たとえ人間の空想だとしても)するのは、字を書くために紙があるようなもので、人が願う限り、神は居続けるだろうと思います。
 しかし、紙に書いた字(言葉)が現実になるというのは、紙に水と書けば紙が濡れたり、火と書いても紙が燃えたりしないように、神に願いをかけたら、かけた願いがそのまま現実になるとは言い難い。
 ですが、例えば日記などを想像してください。今日は一日こんなことがあった、今日はとても辛い日だった、こんなことでうれしい日だった、そういうことを綴っていくうちに、心が整理されていくでしょう。
 それと同じように、神に願いをかける(祈祷する)ならば、自分が鏡に映されるように、自己を省みることができるのではないでしょうか。
 無病息災を願う、大変いいことだと思います。それを願っているのだと言う事実を自己に知ることが、いいことなのではないでしょうか。

 もう一つ、神はどこに生きているのかと言うことについて取り上げたいと思います。神は、人の心に生きているといっていいと思います。
例えば、現実に存在しない漫画のヒーローが、子供心には、実際に息づいているようなものです。
 山深い渓流の滝を見て心打たれたとき、雲のかかった山の頂に後光が差しているのを見て心打たれたとき、なんともいえない絶妙なブルーを見て心打たれたとき、そんな風に成りたい、大人でもそう思うときがあるのではないでしょうか。風のように自由に生きたい。太陽のように輝いていたい、海のように底知れず深くありたい、その時、人の心には、それぞれの神(人格化された理想の神)が生きているのだと思います。
 神を心に生かすことで、人は如何に在るべきかを模索してゆき、ついには理想の神ではなく、現実としての人のありえべき本当の姿を知って行きえるのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分の中の「神」と対話するために、まじないめいたものをかけるのだという説、大変意味深く納得できます。宗教的行為は人間性の宿命なのかもしれないですね。

お礼日時:2007/01/14 12:11

宗教が無くなるかという事であれば、なくならないと思います。


無病息災を願う人間真理が、宗教の土台の一つであるとするなら(事実でしょう)なおさらだと思います。
また、宗教とは「この世について、分からないもの」に対して説明を与える役割もあります。
「病」や「死」のメカニズムが「科学」によっていくら証明されても、それが何故存在するかについてはまだまだ証明されないと思います。
「分からないモノ・得体の知れないモノ」に人は畏怖の念を抱きます。
そして、畏れ戦きながらも同時に「守護」を求めるのです。
「守護」を求めることによって、「不安」を軽減させ心の安定を図っているとも言えます。

呪術や宗教儀式は、「守護を求めること」を表面化させた「文化」だと言えます。
「文化」は時代と共に変化します。(発展とするか、後退とするかは思想的な立場で変ってくるでしょう)
もし、「初詣」という文化が無くなったとしても、世界の真理が解明されない限り、宗教は無くならないでしょう。
そしてどんなに科学が発展して、「病気」とか「死」とかが無くなっても「分からないモノ・得体の知れないモノに対する畏れ」はなくならないと思います。
なので、別の形で宗教儀式は表面化すると思います。

最後に、以下は蛇足です。
宗教というと一定の宗教団体とかを思い浮かべる人が多いと思いますが、それは一面でしかありません。
宗教とはもっと、人間心理の中に深く根ざしているモノだと思います。
そして、通常人はそれが「宗教である」とは意識していないと言えます。
例えば、正座は元々、神や仏の前で「かしこまる」座り方であり、宗教的です。
でも、普段我々は「宗教的行為」とは意識せずに正座をしてますよね?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%97%E6%95%99
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。やはり未知のものに対して畏敬の念を持ってしまいます。それをなくすというのは人間の力では無理そうです。

お礼日時:2007/01/14 12:14

質問者様個人の問題に限れば、健康的で人間的な精神の発達によって「呪術」は「信仰」に昇華して消滅します。



昇華して頭をもたげた信仰心は文化や精神的な発達段階によって様々です。
現代の日本では無宗教も蔓延していますが、日本的な無宗教とは仏教文化を下地にした「よりよき人間性」イコール「仏性」とした明白な人間信仰です。
判り易く言えば調和を愛する「和の精神」のことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本に仏教が根付いているというのは、なかなか実感できないですね。それほど、日常的ではなくなってしまいました。ただ、宗教的な押し付けからは免れている感じです。

お礼日時:2007/01/14 12:13

No.1です。



丑の刻参り事件のリンクが間違えていました。

http://www.ntv.co.jp/FERC/research/19980201/f031 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この話知っています。
不思議なものですよね。潜在意識の力はすごい。

お礼日時:2007/01/14 12:10

漢字は宗教、特に呪術を行う時に用いた道具の形などから発明されています。


従って漢字を書くたびに、知らず知らずに呪術をしているのが日本人であります。

呪いのわら人形事件をご存知でしょうか。
実際に起こった事件で、丑の刻参りをやった人が警察に訴えられました。
実際に呪われた人が、原因不明で床に伏してしまったからです。
http://www.ntv.co.jp/FERC/research/index.html

この原因はフラシーボ効果。
呪いを行っていた人を捕らえたことで、もう呪いができなくなったとなった途端、呪われていた人は回復しました。
現実に起こったことですので、パラレルワールドに行かなくても立証されました。


実際そういうことは人間の身体に作用します。(気にしない人には全く無効ですが)
逆にオリンピック選手などはそれを利用し、身体能力を開放し本来の能力を思う存分引き出して試合に挑む人もいます。
(普段は体が制御し、本当の力を発揮いないようにできているのですが、それを開放する手段をメントレでやって自分に暗示をかけ、制御を外し、本来持つ力を表に引き出すわけです。 これもフラシーボ効果により可能になります。)


呪術は太古の昔から世界にあり、本来女神の専売特許となっていました。
文化なのか集団を束ねる手段としてかわかりませんが、女性が編み出したもののようです。
だからキリスト教では、女性を忌まわしい生き物、永遠に神から呪われた生き物であると教えていましたし、呪術をやっていた者を焼き殺して、神が呪われないようにしていたわけです。
(全能の神も女神には太刀打ちできないと強迫観念になり、その狂気により、最初から殺す予定の人に、魔女であるといわせるために拷問し痛めつけたあげくに焼き殺していたようです。
とはいっても魔女((男も含む))とした人を殺せば財産を没収でき教会が潤うというおいしい目的のためもあって、宗教のためといいながら
実は略奪のためにわざと、女性や外国人を魔女呼ばわりして殺してたようですが)


メデユーサ。 
髪が蛇となっている化け物とされていますが、蛇の本来の概念は叡智です。
髪は叡智の象徴と古代では考えられていたので、仏像にしろ、キリスト教の絵画にしろ、後光があり、サムソンは髪を切られたことで力を失ったが、髪は伸びるので、再び力が回復し、自分を貶めた者を破壊した、という物語になったわけです。

だからキリスト教は魔女として捕らえたものの妖術を恐れて、陰毛すらそぎ落とし、教会がその力のよって呪われないようにしていたわけです。(真剣にそう思っていたのでやっていたのでしょう)


頭も体毛も陰毛すら削ぎ落とさないと呪い殺されると恐れる心理状態は異常ですが、宗教者は、そういう超常現象を真剣に信じているからできるので、そういう超常現象を信じたので、そこまで狂気をはらむことになったわけです。

彼らに迷信ですと言ったところでやめたでしょうか?
全知全能のイエス様は神ですと100%信じているから信者なので、捕らえた女性の陰毛を剃らないと、イエス様が呪われてしまう という感情を抑えることはできなかったので実際やったわけですよね。


そういう概念の宗教がある限り、「魔女が現実にいてイエスを呪うなど迷信です」と言ったところで無理です。
この世を創造した神は人間に似た形をしていていると真剣に信じている人が、この世にどれほどいるか。

現実などどうでもよく 信じているから信仰なわけだし、真理など関係なく、その集団の支配者の都合で決めた真理が、信者にとってこの世で唯一の真理なわけです。

捕囚された人が開放を望むことなどありえない。
だって自ら望んで奴隷になったのだから。
何度開放されようと、また主人を求めて他の宗教に入り奴隷という地位を与えられて安心するだけです。
それは生まれ持った奴隷願望の個性であり、その個性を否定することは、その人が生きる目的を失うことで、奴隷として生きなければ生の価値は無いとするので、どうしようもないです。
他の娯楽を見つけなさいと言っても、遺伝子レベルでそうだからどうしようもない。
奴隷になるのが目的の遺伝子を持っているので、奴隷遺伝子を後世に運ぶのが宿命なわけです。


尚、卑弥呼も呪術をやっていたようですが、呪われ没したようです。
この呪われたという本来の意味は、勢力を削がれたという意味。
呪術によって呪われたという意味じゃあない。
おそらくクーデターが起こったのではないかと思います。


>逆にその操作が未来永劫不可能ならば、いつまでも存在し続けるのでしょうか。

そういう遺伝子を持つ人がいる限り、永遠に宗教は存在し続けます。
本来 全人類の遺伝子に宗教の遺伝子は組み込まれていると思います。
ただ、表に出る人と出ないで他の分野を発展させる人といる。

エジプトの神学も元は科学なわけですから、宗教の親や科学。
エジプトでは、昔は宗教者が医者であり、科学者であり、建築家であり、呪術を行うものでもあったようです。
後に一人で行っていたものが複数の人に分担されていき、専門科していったと思えます。
統合的ではなくなったので、宗教と科学は相反するとなってしまったようですが、一人の人がやりつづけていれば、宗教と科学は相反するということにはならなかったと思えます。



蛇足ならが<木>という漢字。
これは木の形に似ているからとされていますが、私はただの木ではないと思います。
なぜなら これは生命の木の象徴記号だと思うから。
木 を逆にすれば、ほら、生命の木。
上に伸びていく生命の木そのもの。

尚、漢字は古代ユダヤ人が考えだしたのではないかと思えます。
ユダヤ人の中のカッバーラ 神秘学関連の人が発明したと思えます。
だから漢字は呪術、というよりエジプトから流れを汲む神秘学が元にあると思えます。

宗教も元は科学であったと証明したところで、何か変化はあるでしょうか?
もはやかなり分離して長い年月がたっているので、別人格ともはやなっているので、統合は無理だと思います。


そうそう。 門松、あれも生命の木が簡略化されたもの。
日本にユダヤの過ぎ越しの祭りと似たような神話があります。
(蘇民将来。)
民謡にもいくつか古代ヘブライ語が入っている。
日本の呪術は実はユダヤ系なんですね。
まあ 流れる民=ヘブライ人 なので、日本に文化(宗教 呪術 神道)を作ったのが古代ヘブライ人だったりするのかもしれません。
風習に入ってかなりたつし、日本本来はどれだといわれても、、、私は日本独特 固有のものが果たしてあるのか言われると、思いつきません。

そもそも日本人は? 日本の独特の文化とは何か?など説明が難しい。
日本は単一民族のようで、実は複合民族、複合文化なわけです。


とわき道にそれましたが、呪術はオリンピック選手にも利用されており、いい使い方をすれば心身の留めを解放し、いい結果をもたらします。
(相手の動きがよく見える。飛んでくる玉がスローモーションで見える、止まって見える、通常の限界をはるかに超える重量を持ち上げられる など)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変ご丁寧なご回答恐れ入ります。
伝統的に見てやはり宗教は人間の性みたいなものから発しているんでしょうかね。現代も暗示効果其の他さまざまに利用法を見いだせれている状況ですね。人間性に根差したものは、なかなか消えないです。

お礼日時:2007/01/14 12:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q伝統宗教と新興宗教と外来宗教

宗教に抵抗のある人でも、除夜の鐘の音を聞くのも不愉快、初詣にもいかん、お盆もやらんという人は少ないと思います。
多くの人にとって伝統宗教は「宗教」のカテゴリに入っていないのではないかと感じられます。
特異な存在である宗教として意識されるのは新興宗教と、外来の宗教であるキリスト教やイスラム教ではないでしょうか?
伝統宗教とそれ以外は意識の上で何が異なるのでしょうか?
またいかなる伝統宗教も開祖の時代は新興宗教であったはずですし、逆にいえば今現在の新興宗教も何百年も先まで残っていれば
伝統宗教として扱われるようになるでしょう。
また今は日本の土着宗教のようになっている仏教も本来は外国の宗教でした。
新興宗教や外来宗教はいつなにをもって伝統宗教に転ずるのでしょうか?

Aベストアンサー

マイナーがメジャーになるきっかけは、やはり支配者の決定じゃないでしょうか。


古来 人間はモノを創造していた。製作していた。


今のように大型量販店で、できあいのモノを買うのではなく、自ら作っていた。


各地で特産ができて、自分たちには無いものを、自分達独特のものと交換していた。
無いなら作ればいい から 作らずに品物を手に入れる方法として物々交換をしていたわけです。


そういうわけで、創造から今では人間の特性は消費に進化したわけです。


従って今では、創造をするモノになるより、創造されたものを大量消費するモノの方が圧倒的多数。
創造する人はマイナー。


キリスト教を例にとると、人々はいい宗教だからと 自らの自己決定で選んだわけではない。


学校には制服があるじゃないですか。
学校に自ら作った服を着ていかず、既製服を着ていきますよね。
それと同じように、時の支配者が創造したというか、ミックスした宗教を、被支配者階級に「これを着なさい これ以外は学校では着てはいけません」というように、「これを信仰しなさい。これ以外の信仰はしてはいけません」となったわけです。


どうして支配者は、キリスト教を選んだのかというと、被支配者の頭を上げさせないため。
押さえつけて支配者に服従させるため。

という側面と、集団を一つの宗教だけ信仰させることで、統一し纏め上げることが容易になるから。
散らばっている羊より、固まっている羊の方が、扱が容易ですよね。


ぜんまい仕掛けのおもちゃみたいなもの。
創造者、支配者、そして設計者でもあるその者の思い通りに、宗教を使えばできてしまう。

それに気づいたローマ皇帝たちは、だからキリスト教を使用して、領土を拡大することに成功したわけです。



従って、どの宗教が集団のメジャーとなるかは、支配者が利用価値があるとして使用するかどうか次第。


考えてみてください。
「あれは敵だ」と戦争を支持する者の息子は、決して戦場にに行くことはありません。
人々は国のため、神の正義のため という言葉によい知れ、奮起させられるが、決して支配者の息子が戦場の前線で国のため、神のためと戦うことはありません。
つまりその宗教の価値があるとしているのは、それがすごい物だから信仰すべきだとしているのではなく、自分の世界を拡大するために利用価値が大いにあるとしたから。
だから利用価値があるから支配者は利用することとなった。
利用しても成功しなければ、利用しないまでです。



神の正体とは、人間であり民を支配している者。
その者が利用価値があると選択した宗教が、メジャーになるわけです。


人々はその者が創造した商品を大量消費することに楽しみを感じる。
大量消費からブランドとして、価値を付加するわけです。

ブランドの誕生は、支配者が使用するようになってから、ブランドとして名が通り、高い値で取引される。

手作りで、職人が作るわけだが、人々の関心は、それを消費することであって、メーカーのように創造・製作することを楽しみたいからではない。
信仰とは消費と同義語。



仏教だって支配者が選択したからだし、神道だって支配者の都合で各地に伝わっていったわけですし。

人々は被支配者が決めた服を着て(消費して)喜んでいるだけ。



物を作っていた時代から、交換になり、消費がはじまり、大量消費になり、創造に興味はもたず、今はブランドに興味を持つようになったという人間の進化の過程を、宗教に置き換えて考えてみました。

人間の特性を知れば、解ける問題ですね。
そして人間の特性を知った人は、利用し勢力を拡大していった。
気づき利用したことで、自分が中心となる王国を築けた。

マイナーがメジャーになるきっかけは、やはり支配者の決定じゃないでしょうか。


古来 人間はモノを創造していた。製作していた。


今のように大型量販店で、できあいのモノを買うのではなく、自ら作っていた。


各地で特産ができて、自分たちには無いものを、自分達独特のものと交換していた。
無いなら作ればいい から 作らずに品物を手に入れる方法として物々交換をしていたわけです。


そういうわけで、創造から今では人間の特性は消費に進化したわけです。


従って今では、創造を...続きを読む

Qギデンズ「宗教の退去は信仰の消滅と同義ではない」

はじめまして。私の質問に興味をお持ち頂き、ありがとうございます。
質問タイトルに書いたように、アンソニー・ギデンズ(イギリスの社会学者)は彼の著書『近代とはいかなる時代か?』の中で、「宗教の退去は信仰の消滅と同義ではない」と指摘しています。
宗教に代わって「貨幣」や「(無知な大衆と対比される)専門家」が人々の信仰の対象になっていると彼は言います。
私はギデンズがこう論じているのを読み、幸せをお金で実現できると考えたり専門家に間違いが無いと考えるのは、たしかに一種の信仰かもしれないなと思いました。
そして一部の(大部分の?)宗教団体がそうしているように、一部の(大部分の?)企業や専門家も、自分(たち)の必要性やカリスマ性をなんとかして増やそうと目論みながら動いているわけです。その結果、人々の「貨幣」「専門家」への信仰は強化されてゆくのです。

ギデンズの指摘について、みなさんは何を思いましたか?
面白い意見をお待ちしております!

Aベストアンサー

[神への信仰は本能である。
それは二本の足で歩くのと同じく、人間に生来備わっているのもだ。]
「ゲオルク・クリストフ・リヒテンベルク」 (18世紀ドイツの物理学者、1742~1799))
という言葉があるのです。これ人間と動物を分ける定義ですね。
このあとニーチェが「神」を否定してしまったのですが、人間と動物を分ける人間が生まれつき持っている本能として「信仰は本能である。」は変わっていないのです。
ギデンズ「宗教の退去は信仰の消滅と同義ではない」は 「信仰は本能である。」の焼き直しですね。
「信仰は本能である。」ですから頭に「神」をおけば宗教であり、「お金」をおけば拝金信仰、「科学」を置けば科学万能、「学問:専門家」とおけば学問万能、「平等」とおけば共産主義、「自由」とおけば自由主義・・・となるわけですね。
つまり、人間には「信仰の本能」が備わっているからなのです。これは、何かを信じていないと生きていけない生き物という意味でもあるのですね。
まっとうな哲学者は、目に見える価値を信じることは容易ですので、人間としての価値を上げるためには目に見えない価値を信じることがより立派であると教えるのです。だから頭に「仏神」を置くのです。
だめな哲学者、大衆迎合型哲学者は目に見えるものだけを信じなさいというのです。一番簡単で客が増えますからね。ギデンズがだめということではありませんよ。彼は人間には「信仰の本能」が備わっており、その方向を示しているだけですからね。
日本では、松下幸之助さんが「信仰の本能」を使っていますね。商売を通して気がついたのでしょうね。
そういう感じですね。

[神への信仰は本能である。
それは二本の足で歩くのと同じく、人間に生来備わっているのもだ。]
「ゲオルク・クリストフ・リヒテンベルク」 (18世紀ドイツの物理学者、1742~1799))
という言葉があるのです。これ人間と動物を分ける定義ですね。
このあとニーチェが「神」を否定してしまったのですが、人間と動物を分ける人間が生まれつき持っている本能として「信仰は本能である。」は変わっていないのです。
ギデンズ「宗教の退去は信仰の消滅と同義ではない」は 「信仰は本能である。」の焼き直しですね。
...続きを読む

Qバハーイー教という宗教の教義が文章だけ見ると大変魅力的な宗教に見えます。 ①上記宗教に関して魅力的な

バハーイー教という宗教の教義が文章だけ見ると大変魅力的な宗教に見えます。
①上記宗教に関して魅力的な点、問題点。
②世界を良くする、人の心を善くする教えはバハーイー教以外にありますか。宗教でなくても構いません。
未熟な私に教えて頂けますでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

誰に何を聞いても無駄・・

自分で その宗教に入り 自分の目で確かめて 初めて解かる事・・

宗教を嫌いな人は 唯・・ 批判が目的なのだから・・

Q永劫回帰に衝撃を受けました

今日、このサイトを見ていて、永劫回帰という言葉の意味を知りました。
以下引用です。
(1)時間は無限
(2)世界(物質?原子・素粒子の種類や数?)は有限
であれば、いつかは、世界が今と同じ状態になることがあるはず。
だから、今と同じことが、遠い未来にもまた繰り返される。

この永劫回帰という考え方に、驚き、衝撃を受けました。
これは事実と考えてよいのでしょうか?
もう一つ質問です。
時間が無限ならば、いつか、世界が今と違った組み合わせの状態になる事もあり、その結果、俺が、総理大臣として生きるという組み合わせの世界が出来上がる事もあると考えて間違いはないでしょうか?
つまり、「自分が平凡」な人生も永遠に繰り返され、そしてまた、「自分が総理大臣になった」という人生も永遠に繰り返されるのではないだろうか?ふとそんな疑問が湧きました。
哲学の初学者の自分に、なにか回答をお願いします。

Aベストアンサー

そのような概念を今初めて知りました。

これを数式で表わすと、時間を {今日、明日、明後日、… } と自然数全体 N (無限集合)と考えて、世界の状態 X は有限集合だから

日々の状態写像 φ : N -> X

は単射でないということでしょう。
(φ(0) が今日の状態、φ(1) が明日の状態、…)

しかし、ここからある n ∈ N が存在して φ(0) = φ(n) (いずれ今日と同じ状態が現われる)を結論づけることはできません。

もっともありそうなのは 「死」が世界 X に存在して、ある n_0 ∈ N が存在して ∀n( n ≧ n_0 ⇒ φ(n) = 死) つまりいずれ死という定常状態に収束するだろう。

Q無宗教も宗教なのか

  
ある人の考え。
無い神は有るとゆー。
無い神も有る神も等しく神であり同じであるとゆー。
無神論は無い神を信じる宗教であり、無宗教も宗教であるとゆー。
多くの日本人は神にも宗教にも関わりたくないとゆーておるのに、無理やり無い神を持ち出してきて神と関わらせよーとする。
まるでカルトの引っ張り行為である。
結局初めに神が存在せねばならず、神なくしてこの世は成り立たず、全てを神によって語ろーとしているのである。
無神論を含めあらゆる人の活動は宗教活動であると見なすのである。
このよーな考えは何から生まれるのか。
何故このよーに考える必要があるのか。
  

Aベストアンサー

おはようございます。
人の道さんのお導きで、アルケーも含む八百万の神とも、
絶対宇宙の法則とも言って、これを信奉して見たら
心理に近づけるのかも知れないと思考して居ます。
大宇宙は、140億年以上をかけて破壊と創生を繰り返して
来ていると、何とは無く、理由も借り物で、思考して居ます。
地球のある宇宙は45億年程度だそうですが、ヒトは200万年
程度で創生されたものだそうです。
宗教の発生と成り立ちは、その時代背景に必然が有るとすれば
自然への畏怖であり、自らへの破壊が一秒でも遅く訪れる事
への祈りであったのではないのかと思考します。
絶対宇宙の破壊創生は、ヒトの思考出来る時間軸では思考外なのでは
と思考いたします。
それを、意識しない尊大な思いに、思い上がりへの戒めとなる宗教が
必要なのではないのかな~と思考します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報