ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

 お持ちに生えたカビは食べられると、教えられ、
実際にかなりカビの生えたお餅を食べても健康上は問題なく
これまで生きてこれましたが、

実際にお餅に生えたカビの毒性は普通の食品に生えたカビより
安全性は高いのでしょうか?

今までお持ちに生えたカビを食べて健康上問題なかったのは、

(1) 普通に運が良かっただけ
(2) 実際にお餅にカビがはえると毒性ができないのか、通常より
  毒性が低い。
(3) お餅に生えるカビはその他の食品に生えるカビと種類が違う無毒の
  カビである。
(4) 単にカビは思っているほど毒性は多くなく、お餅にはえたカビと
  その他の食品に生えたカビの毒性は同程度である。
  カビはただ外見が毒々しいだけでのほとんど無毒の存在。
  つまり餅以外の食品にカビが生えても餅同様恐れる事は無い。

(1)~(4)の内どれが正しいといえるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

> つまり、 餅に生えたカビを食べるリスクと


> 食パンに生えたカビを食べるリスクは同じ位といえると
> 考えて良いのでしょうか?

そもそも、餅のカビが安全という話自体が一種の民間伝承に近いの
ではないかということも考えられます。
(昔は餅は高級品でしたし)

また、一般的な青カビですら昔はペニシリンの元だから
体に良い(殺菌作用がある)なんてことを平然とのたまう
人さえ居たようですし。さすがに少数派だとは思いますが。
ちなみにこれは見当はずれです。

カビはきわめて種類が多く(およそ5万種とかなんとか)たしかに
カマンベールチーズの白カビなど、中には安全無害なものもある
ようですが、少なくともパン・餅などでんぷん質の食品についた
ものは有害なものが多い、ということは事実です。

すぐさま食中毒などにならずとも、発ガン性があったりと
体を害している可能性もあるので、安易には「安全」とは
いえないでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
詳しい説明は勉強になりました。

お礼日時:2007/01/28 10:23

(1)でしょう。



>つまり、餅に生えたカビを食べるリスクと
>食パンに生えたカビを食べるリスクは同じ位といえ>ると考えて良いのでしょうか?

についてですがカビは種類によって毒性はけっこう違います。また、食材によってつくカビの種類は違うので食物の種類によってカビのリスクは変わってくると思われます。具体的な違いは分かりませんが……

あと、カビが繁殖するような食べ物はカビ以外の雑菌なんかも繁殖しているくらい腐敗している可能性がありますから仮にカビそのものは安全でも食材そのものとしては危険である可能性は十分あると思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
確かにカビが生えていればその他の雑菌も繁殖していても
おかしくありませんね。

お礼日時:2007/01/28 10:22

詳しくは知らないのですが…



「餅に生えるカビは害がない、と言われてきたが
最近、害のあるものも存在する事が判った。」

という話を聞いた事があります。
ご参考まで。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お餅にはえるカビにも害のあるものがあるのですね。

お礼日時:2007/01/28 10:20

(1)ですね



http://www.misbit.com/eating_habits/archives/000 …

栄養士さんのコメントによると、20種類以上の
カビがつくそうなので、ヒットするときはヒットするようです。

あと、この程度であればGoogleで「餅 カビ」などで検索すると
すぐ出てきますよ。↑のサイトもGoogleで引いたものですから。

この回答への補足

こうとも言えませんかね?

つまり、 餅に生えたカビを食べるリスクと
食パンに生えたカビを食べるリスクは同じ位といえると
考えて良いのでしょうか?

補足日時:2007/01/22 09:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。
グーグルで調べられたのですね。 失礼しました。

お礼日時:2007/01/22 09:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお餅のカビについて

これからの季節、自宅でお餅をつく方も多いと思います。
私も、年末にたくさんお餅をついて冷蔵庫に保管するのですが、
ビニール袋にピッチリいれたり、素手で触らないようにと気をつけて保存しても、どうしてもカビが生えてしまいます。
おばあちゃんは「餅のカビは食っても死なねえ」などと言いますが、
私は死にはしなくても体には悪いと思います。

上手なお餅の保存の仕方、お餅のカビは本当に食べても大丈夫なのか? 教えて下さい。

Aベストアンサー

これは効く!というのがあります。
我家では、3升お餅をつくので、やはり保存が大変です。
大きなタッパーに入れて冷蔵庫で保存するのですが、その時に「粉末のからし」を水で溶いてよく練ったものをタッパーの中に置いておきます(練った小皿のまま)。
これってホントにヨク効くんですよ。
端に少しだけ置いていた時には、からしに遠い所にあるお餅にいくつか生えて来たけれど、からしの周辺だけは無事!
だから、タッパーの中央にからし入りのお皿を入れたり、二箇所からしを置いたりもしていますが。

但し、からしの表面が乾いてきたら、少し水を足してかきまぜるか、また新しい練りからしに取り替えてあげないと、効き目が弱ってしまうようです。

お餅に塗るわけじゃないので、味も変わらないし、オススメです!

Qカビが生えた餅の活用法

冷蔵庫に保存していた餅にかなりの量の青カビが生えてしまいました。

過去の記事で「健康を考えるなら食べないほうがいい」とありましたが、
食べ物を粗末にすることが嫌いな私はどうしても捨てきれません。

なんとか安全に食べる方法はないでしょうか。
また、食べるのが無理なら、なにかほかの活用法などご存知でしたら教えてください。(肥料に使うとか、カビからペニシリンを作るとか(*^o^*))

Aベストアンサー

http://www.goodrice.net/zatu_naiyo/zatu_mochi.html
では「カビの菌糸は植物の根と同じように、お餅の内部にまで侵入している可能性があるからです」と解説されてますが、可能性どころか、マズ間違いなく絶対に内部に侵入してます。人間の目にアオカビであると認識されるまでコロニーが育った栄養は餅の内部から吸い上げてるわけですからね。

カビは揚げ餅にすればいいとかいう話も聞いたことがありますが、油のにおいでごまかしているだけです。たかだか180度や200度の油でカビ毒が分解されるわけがありませんので、量が多ければ肝機能障害も予想されます。
ってことでもったいないけど捨てちゃいましょ。

Q餅にカビが・・・

切り餅にぽつぽつとカビが生えてしまいました。
包丁でちょっとずつとって使っているのですが、なにか、一発でうまくとり方法とかってないでしょうか?

Aベストアンサー

昔から、餅の表面の緑色のかびは食べれるが、黒とか赤のかびは毒性があることは、解かっています.
問題なのは、現在、市販の餅は、もち米オンリーで作っていない場合が多いので(うるち米ほか、混入している)有毒カビが、どの程度できるか、不明ですが、昔ながらの製法の餅でしたら、それほど、問題にならない、かびが、多いです.当然、昔も、赤かび、黒かびは、その部分のみ処分していましたよ.

Qチーズに青カビが・・・

最初からカビの生えたチーズの話ではなく、チーズにカビが生えてしまったという話です・・・

私はアメリカ在住で、こちらのスーパーではよくいろいろな種類のチーズをサイコロ状に切って詰め合わせたパックを売っています。先日、そのチーズを食べようと冷蔵庫を開けたところ、ひとかけらだけなのですが、表面にぎっしり水色のカビが生えてしまっているのを発見しました。ちなみにまだ消費期限内です。

1.わざとカビを生やしたチーズならともかく、チーズにカビが生えてしまった場合、これは食べられるのでしょうか?
2.カビが生えたのはひとかけらだけなのですが、隣り合っていた他のチーズは食べられますでしょうか?

以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1.2とも、できれば食べないほうが無難です。
 ただし必要以上に不安視する必要はありません。パンや餅に生えるカビも同様。全てのカビがカビ毒をもっているわけではないですし、基本的に急性毒性はないので、特殊な種類のものでない限り、それを食べつづけなければ問題はありません。

 基本的にカビ毒で注意しなければならないのは、今話題になっているアフラトキシンと赤カビの一種が産生するカビ毒だけと考えていいと思います。このうちアフラトキシンは熱帯・亜熱帯にしか発生しませんので、北米でしたらまず問題ないかと思います。赤カビは見た目でわかりますよね。

 


人気Q&Aランキング