初めまして。先日、勤めていた職場を経営者側の都合により退職した為、現在無職となりました。
これを機会に子供の頃からやりたかった中古車屋をやってみたいと思いました。もちろん現状では店舗も構える資金など到底無く、個人的事情により古物商の許可も半年先にならないと申請出来ません。

知人の中古車販売店でノウハウを働きながら教えて欲しいと言ったら、今、自分に出来る事でゆくゆくは何らかの形で業務提携の出来る様な事をまずやってみたら?言われました。
自分の思いつくところでポリマー施工、ウィンドリペアーやフィルム施工、デントリペアなどしか思いつきません。

確かに物心ついた頃から本当に車が大好きで今まで働いた職場でも自分より車好きな人間は居ないくらいでしたが、それは今までの職場が車メインに携わる職場でなかったから。自分よりもっと車が好きで詳しい人は居るのは分かってます。勿論、経営、生活する為の最低限の利益が出ればよいと思ってます。

現時点でどういった事をすべきか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>又、いざ店舗などを構える様になったら一緒に働いてくれる同級生で国家1級の資格を持ち某ディーラーの整備士をやっている人間は居ます。



中古車屋を開業するとなったら、必ず一人はいた方が良い人材ですが
開業するとなった際の、給料など待遇面をしっかり考えておいたほうが良いでしょう。
1級整備士を持っている技術者に関してはどこの店も一人はほしい人材です。
そのために、待遇面で優遇している場所がかなり多いですよ。
その方がどのようなことを目的にしているのかわかりませんが開業する前にこの部分をはっきりさせていたほうが良いでしょう。

そして、自動車にかかわる仕事として長い目で見れば自動車販売店やDラーなどに入社し自分のお客さんをつけるという作業からはじめてみてはどうでしょう?
時間はかかりますが、自分のお客さんを増やすこともできるし車に対する知識も深めることもできます。
お客さんは、自動車販売店ではなく営業に対して付く傾向があるために営業が独立すれば
その営業さんの会社についてきてくれる人が多いですよ。

貴方がどのようなことをしたいのか?そして、どんな技術があるのか?というのがわからない以上
今すぐできる行動とすれば
(1)自動車系の専門学校に入学
(2)自動車を販売している会社に入社
(3)自動車整備を行っている会社に入社
(4)リスクを覚悟で、板金のチェーン店に加盟する
(5)車の販売ではなく、何らかの技術を売りにする車屋の開業
これくらいなのではないでしょうか?
ただ、(5)の場合は起業後しばらく貴方一人で仕事をしなければならないと思いますが・・・

古物商を今すぐ取得でき、中古のパーツを入手できるようなつてがあるのならば
中古のパーツ屋を開業してしまうというのもひとつの方法でしょう。
その中で、持込の部品を市価よりも安く取り付けたり
ピットを貸し出すようなサービスをすれば、そこそこの収益は見込めるはずです。
(開業する場所にもよるけど)

また、カークリーニングや手洗いの洗車だけのサービスなども場所によっては需要があると思います。

ただ、最終的に車を販売する仕事を行いたいのであれば古物商の資格を早めに取得しオークションなどで車を販売できる体制にするか、
それに依存しなくても車を入手することが出来るような体制を早めに作っておくのがよいでしょう。
古物商取得1年が最低条件の一つのために、早めに古物商を取得し中古パーツの販売するとかね。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

有難う御座います。とても現実味ある事例を出して頂き大変、参考になりました。
まず現実的に某自動車販売店に就職してみようと思います。入社出来たらそこで販売等の一通りのノウハウを身につけ、時間が掛かるかも知れませんが自分の客を作り独立を目指そうと思います。
開業するからにはずっとずっと店を継続させていきたいのでしっかりした気持ちで望みたいと思います。

有難う御座いました。

お礼日時:2007/03/05 10:16

現時点でできることといえばコネと、何らかの技術を会得することでしょう。



最大の問題として、現在大手の中古車のオークション会場に出入りするためにはそこに参加している業者の”推薦”が必要になります。
(また、それ以外にもさまざまな条件があります)
現在、知人の方が中古車販売店を経営されているのならばそこから紹介してもらえるということも可能ですが
それ以外にもどういうことをやりたいのか?ということを明確にしなければ計画倒れになってしまいます。

中古車の販売というのは、車を仕入れて販売するだけでは利益なんてほとんど出ません。
そのために、販売時に点検整備という名目での費用を取ったり
何らかのオプション(タイヤやカーナビなど)を取り付けることでなんとか利益を出すようにしています

今の貴方は、中古車屋を始めて定期的に車を購入してもらえるような知人を何人か知っていますか?
(何らかの方法で自分の顧客を300人程度確保できれば、車検などを入れてもらうことによりまともに営業できるようになります)
それとも、車のメンテナンスを行うための整備士の資格を持っていますか?
http://www.mlit.go.jp/kokkasiken/seibi/seibi_.html
または、起業した際に一緒に仕事をしてくれる整備士の人はいますか?
それらのものが無い場合は、別の自動車にかかわる仕事を開始し
それが軌道に乗ってから中古車も一緒に販売するというような形で起業してみてはどうでしょうか?

過去の質問にて、中古車のオークション代行で起業した人の質問
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2618385.html

この回答への補足

御回答有難う御座います。現回答でも非常に参考になりました。
不動産、建築、IT関連、中古車屋数件、タイヤ販売のショップなどのコネはありますが、さすがに身内、知人を使っても300人もの顧客には到底及びません。

又、いざ店舗などを構える様になったら一緒に働いてくれる同級生で国家1級の資格を持ち某ディーラーの整備士をやっている人間は居ます。
自分は無資格ですがオイル交換等、タイヤ脱着、組み換えオーディオ系の取付などの作業でしたらある程度出来ます。

文末の別の自動車にかかわる仕事はyui_oさんの意見として具体的にどういったものが有りますでしょうか?

補足日時:2007/02/06 14:22
    • good
    • 8
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q服・オリジナルブランド・製作より経営能力に問題がある場合

経営に行き詰ってしまいアドバイスを頂きたく質問させて頂きました。
少し長文になります。

私は個人で洋服を作る仕事をしております。
現在は一人でデザインから製作~販売まで全て一人で行いオンライン上で場所をお借りし販売していております。

最終的にはオリジナルブランドを作る準備に始めた形でした。
商品に関しては、作れる数が限られているということもあり、製作したものは残ることなく売れ、オーダー注文も承り品質共に好評なのですが、オリジナルブランドを立ち上げる前に資金面で駄目になってしまいそうな現状です。

というのも、製作面では力を発揮できますが、経営面では全く駄目で、数字・計算や計画を立てて利益を見据えるという能力がほとんど無いに等しく、製作に意識を傾けると他の事が目に入らなくなるようで現状に至ります。
それでもやれば出来ると知識をつける為に勉強してみたり、計画の立て方など自分風にアレンジしてきましたが、そこに費やす時間は半端なく、もちろん作れる商品の数も少なくなり必然的に厳しくなってきました。

自分が数字・計画というものに弱いのは自覚しておりましたので、お給料の問題もあり少し軌道に乗せてから、そういう部分に長けた仕事パートナーを雇用しようと考えてました。が、その判断も間違っていたようです。
製作に没頭できるようオリジナルブランドをサポートしてくれる会社もありますが、1からブランドを共に作りあげていくという過程で温度差を感るというのもあり利用致しませんでした。
正直、やればやる程赤字は増え、すでに次の生地仕入れも厳しい状態です。

しかし、新しい商品を楽しみにして頂いているお客様も居り、立ち上げたいオリジナルブランドも、個性の強すぎる様なものではなく、必要としている層がいるのを強く感じてきたので形にしたいと思い作ってきました。

自分の未熟さもひしと感じ自分なりに打開策も色々考えましたがやはり思考回路は堂々巡りで、何か意見・アドバス等頂きたく書かせて頂きました。
どうぞよろしくお願い致します。

経営に行き詰ってしまいアドバイスを頂きたく質問させて頂きました。
少し長文になります。

私は個人で洋服を作る仕事をしております。
現在は一人でデザインから製作~販売まで全て一人で行いオンライン上で場所をお借りし販売していております。

最終的にはオリジナルブランドを作る準備に始めた形でした。
商品に関しては、作れる数が限られているということもあり、製作したものは残ることなく売れ、オーダー注文も承り品質共に好評なのですが、オリジナルブランドを立ち上げる前に資金面で駄目にな...続きを読む

Aベストアンサー

TICKET00さんがどうしても自分のブランドを作って自分が主で動かしていきたいと思うなら、
数字関係は見れないとだめです。
よく殿様商売といいますが、数字が見れないとずるい人にお金をとられてしまい何も残らないことになりやすいです。
主になる人を見つけてあなたはデザイナーとして活動していくならそれで問題ないと思います。
しかしそういう人を見つけても今のように利益の出ないデザインをしていたらその人との協力関係も築けないと思います。
赤字で販売していたらそれはデザイナーの仕事でなく、単なる趣味の披露でしかないですよ。
デザイナー、製作者も自分の今作っているもので利益が出るかどうかの計算、計画は出来ないと仕事としてやっていくのは無理です。

まずはいくらで売るのだから材料費はいくら、製作時間はいつまでと決めます。
いきなりそのとおりは無理でも徐々にその計画に近づくように製作してみてはいかがでしょうか。
製作時間は自分が月に何枚作らないと必要な利益が出ないかでわかるはずです。

自分が最高に満足するものだけを作っていては芸術家になってしまいます。
商売をするなら最低限の自分の満足をクリアしたものを作っていくように考えてみると良いかもしれません。

TICKET00さんがどうしても自分のブランドを作って自分が主で動かしていきたいと思うなら、
数字関係は見れないとだめです。
よく殿様商売といいますが、数字が見れないとずるい人にお金をとられてしまい何も残らないことになりやすいです。
主になる人を見つけてあなたはデザイナーとして活動していくならそれで問題ないと思います。
しかしそういう人を見つけても今のように利益の出ないデザインをしていたらその人との協力関係も築けないと思います。
赤字で販売していたらそれはデザイナーの仕事でなく、...続きを読む

QIT技術と経営が学べる職場

今年から理系修士1年に進学しこれから就職活動を始めるです。

私は将来独立をしたいと思っています。現在情報系の大学院に所属し、さらにIT業界は他の業界に比べると独立がしやすいということをよく聞くのでIT業界を中心に就職活動をしていこうと思っています。

単に独立といっても技術力だけでは食べていけないのは重々承知しているのでIT技術だけでなく経営も学べる職場に就職したいと思っています。
社会人になったら仕事と並行して中小企業診断士の勉強をしたいと思っております。

調べてみると「ITコンサルタント」という職業が非常に当てはまると思っています。ですが、コンサルタントになるための門戸はとても狭いらしいのでもう少し視野を広げたいと思っています。


ITコンサルタント以外でIT技術や経営を学べる職業はIT業界にありますでしょうか?経営を学ぶなら研究職よりSEのほうがいいのですかね?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 なかなか戦略的に考えておられるようです。ただ、今少し時間があるようですから、もっと根本から考えて、頭の中を再編されてみたらと思います。
 コンサルタントというのは、社会全般の中にある個別の問題や課題を解決するのが仕事です。広く意味を取れば役人もそれにあたります。ですからどのコンサルタントであれ、対象者の経営的側面を無視することは出来ません。いまではSEでも会計の知識は重要といわれていますから、そういった勉強を考慮するのは理にかなっています。
 そのため中小企業診断士を持ち出されたのでしょうが様々な資格を考慮する場合、これまでのような縦割りの資格から、現在では横断的な資格体系へと変化しつつあります。例えば弁護士は、社会で法律を使わないところはないので、法律にかんするすべて(もちろん経営も)、つまり全部に関わることになります。SIMBOKやBABOKと云った資格は、もともとSEあたりからのアメリカ発の民間資格ですが、実務経験も必要な非常に難しいものです。こういった資格にも技術以外にコミュニケーションや経営の理解の項目があります。
 つまりITというばあい、ガス水道電気と同じような社会の基本ファンダメンタルになるものですから、課題問題が増えると同時に当たり前のことになっていき、わざわざ名乗るほどのこともなくなっていくであろうということは想像がつくかと思います。
 ですから将来社会に出て自立しようとするならば、今時間が取れるうちに、もっと根本的な脳力の基礎固めをすべきかと思います。一つは数学。テストでいい点数をとれるかどうかではなく、論理的な思考の基礎になります。そして論理の基礎として、現実をいかに正しく広く深く理解できる必要になっておく必要があります。マスコミを賑わす「~反対」運動や交渉における相手の論理が読み解ける基礎が要ります。最近のビッグデータの処理でも、膨大なデータから取り出した論理が換金手段になっています。
 前者のインプットに対し、アウトプットのために表現力を身につけておきましょう。自分の思うところをきちんとした論理的文章として表現する技術として、日本語の知識や外国の背景世界の知識を身につけておくことは重要です。同時に数学や音楽なども表現の同語と考えれば、(論理がとんでいるような)芸術といわれているものにも大きな意味があります。

 最後に経営というのは英語でマネジメントといいます。つまり自分自身から全世界にいたる様々な空間を管理するということが経営です。自分に関しては自律、組織に関しては運営・経営を安定させていくことをいいます。それが大人になるということでもあります。ただ目の前にある職業や職種ではなく、資本主義のなかでのチャンスと学習を心がけていくことが肝要と思います。

 なかなか戦略的に考えておられるようです。ただ、今少し時間があるようですから、もっと根本から考えて、頭の中を再編されてみたらと思います。
 コンサルタントというのは、社会全般の中にある個別の問題や課題を解決するのが仕事です。広く意味を取れば役人もそれにあたります。ですからどのコンサルタントであれ、対象者の経営的側面を無視することは出来ません。いまではSEでも会計の知識は重要といわれていますから、そういった勉強を考慮するのは理にかなっています。
 そのため中小企業診断士を持ち出...続きを読む

Qゆくゆくは登記、とりあえずはみなし法人として・・・

WEBサイト作成を主軸とした会社を興し、運営しています。
しかし金なしコネなしの状態ですので、みなし法人として創業、取り合えずは現在メンバー全員が本業を持ち、副業という形で業務をこなしており、近いうち全員が副業から本業に切り替える予定でいます。
とはいえ今現在まだ走り出したばかりの状態で、右も左も分からない状態です。

そこで同じように起業をされ、会社を運営されてきた方に質問なのですが・・・

(1)セミナー等や異業種交流会に参加したか、またそう言った情報はどこから仕入れているのか。
(2)法的な知識が必要なもの(契約書類関係等)はどのようにして作成すべきか(コスト的なものを含めて)
(3)税金の法律も変わったので、登記をしてもしなくても同じなのかどうか、みなし法人と登記した法人であれば違いは何なのか。
(4)これだけは絶対しておいた方がいい!という事。

このようなところで質問し、教えてもらおうという事自体虫のいい話だと思っております。しかしメンバーの会社の状況や家庭の状況から、少しでも早く会社を軌道に乗せ、皆を移動させることができれば、と思っております。
諸先輩方、どうぞ宜しくご教授の程お願い申し上げます。

WEBサイト作成を主軸とした会社を興し、運営しています。
しかし金なしコネなしの状態ですので、みなし法人として創業、取り合えずは現在メンバー全員が本業を持ち、副業という形で業務をこなしており、近いうち全員が副業から本業に切り替える予定でいます。
とはいえ今現在まだ走り出したばかりの状態で、右も左も分からない状態です。

そこで同じように起業をされ、会社を運営されてきた方に質問なのですが・・・

(1)セミナー等や異業種交流会に参加したか、またそう言った情報はどこから仕入れている...続きを読む

Aベストアンサー

ロコスケです。

みなし法人を説明しましょう。
非営利法人のNPOとか人格なき社団法人(例えばPTAとか自治会)が
収益事業をした時は、法人とみなされて課税されます。
その時にみなし法人という言葉が使われるのです。
ですから法人税関連でしか、この言葉は使われません。

サイトで、何かを売られているならば、法人でないのに法人表記されると
法律に触れます。
何かでトラぶって、その時にそれがバレたら、会社にもそれが伝わって
会社を解雇される可能性もあります。
何のビジネスかは知りませんが、最低3つの法律くらいは勉強しておいて
下さいね。
・電子契約法
・消費者契約法
・特定商取引法

本来は10以上の法律の勉強が必要です。

さて回答ですが
(1)について
  その業界や業者、関連団体のHP,メールマガジンなどで
  知る事ができます。
(2)について
  先に紹介した法律を勉強して下さい。
  他の業者がどのようにしているのか調べて、自分なりのアレンジを
  して下さい。ただし、著作権に触れないようにしましょう。

(3)について
  現状では、サイドビジネスとして各個人が給与以外の雑所得で申告
  する必要があります。

(4)
  全員が同時に会社を辞めるのでなくて、一人が辞めて他の者がそれを
  助ける。そして加速していって徐々に規模を大きくして人員が足りなくなった
  時点で会社を辞めて本業にするといったパターンが必要です。
  収益さえ大きくなったら、別に辞めなくて人を雇って使うことも可能です。

今年か来年には、副業を禁止する社内規定を無効にする法律が成立させる
動きが強くなってます。
そうなると、どうどうと副業もできるのですが . . .
頑張って下さい。
知識は貪欲に。

ロコスケです。

みなし法人を説明しましょう。
非営利法人のNPOとか人格なき社団法人(例えばPTAとか自治会)が
収益事業をした時は、法人とみなされて課税されます。
その時にみなし法人という言葉が使われるのです。
ですから法人税関連でしか、この言葉は使われません。

サイトで、何かを売られているならば、法人でないのに法人表記されると
法律に触れます。
何かでトラぶって、その時にそれがバレたら、会社にもそれが伝わって
会社を解雇される可能性もあります。
何のビジネスかは知...続きを読む

Q飲食店を経営する運転資金(都内繁華街)はどのくらいかかりますか❔ 立地により色々変わるのはわかります

飲食店を経営する運転資金(都内繁華街)はどのくらいかかりますか❔
立地により色々変わるのはわかります。
経験者の方に伺いたいです。

Aベストアンサー

半年ほど売り上げがなくても生活できる金額があれば安心です
毎日、毎週安定してお客さんが来るようになるのには時間がかかります

飲食店の半分は一年持たないです

Q会社経営と経営者の秘密

会社経営する人たちは、よっぽどの大金持ちか悪い人ばかりだと聞きました。

私が知り合った経営者も、見た目は普通の会社で真面目に仕事をしてるように見えますが、詐欺で稼いでました。
もう一人、大きな企業と取引していて凄いなーと思う人がいましたが、その人もせこい詐欺師です。
万引きまがいのこともします。

経営者の集まりというJCでは、ドロボウが多いといいますし、そういう話を聞いてると、弱者を食い物にする奴ばかりが経営者になっていて、経営者に向いていて、性格の悪い奴しか経営者にはなっちゃいけないという暗黙のルールがあるように思いますが、どうでしょうか?

誰でも起業できるというのは、引っ掛けで、簡単に起業する奴を騙して食い物にする為のシステムだとも言います。
コムスンの元会長も、経営者で表に立ってたけど結局その裏で操ってる連中に食い物にされて消されましたよね。

彼も悪いことしたかもしれませんが、その後ろにもっと悪い連中がいますよね。だからあそこまで大きくなれたんですよね。


会社経営者が殺されることもよくあります。
計画的だったりしますが、本人は気がついてないことも多いから悲惨です。
頭がよければ、殺されずにすんだのに、やたら真面目で責任感の強い経営者は、何でも素直に受け止めるからまんまと騙されてわなにはまって殺される。
怖いですよね。
つまり、頭が相当いい人やよっぽどのお金持ちなどある程度の力がないと、「経営者にはなっちゃだめ」ということでしょうか?
猫も杓子も経営者になれる時代なのに。

会社経営する人たちは、よっぽどの大金持ちか悪い人ばかりだと聞きました。

私が知り合った経営者も、見た目は普通の会社で真面目に仕事をしてるように見えますが、詐欺で稼いでました。
もう一人、大きな企業と取引していて凄いなーと思う人がいましたが、その人もせこい詐欺師です。
万引きまがいのこともします。

経営者の集まりというJCでは、ドロボウが多いといいますし、そういう話を聞いてると、弱者を食い物にする奴ばかりが経営者になっていて、経営者に向いていて、性格の悪い奴しか経営者には...続きを読む

Aベストアンサー

類友の法則で、そういうおかしな経営者の仲間はおかしな経営者が多いです。

しかしまっとうに仕事をしている経営者も多くいます。
しかしまっとうに経営をしている経営者はあまり表に出てくることはありません。
なぜなら、そんな豪遊できるような稼ぎを得ないからです。
そんな稼ぎを得るのなら、社員の福利厚生に回したり、将来会社が赤字にならないようにと貯金をしますから。

JCの活動を積極的にしている人の中には、親が経営をしていてその後継者であるが、会社の仕事をまともにしないため会社に居場所が無くJCに居場所を求めている人がいます。
そういう人はまっとうに働くことを知らないバカ社長、何も専務などの場合がほとんどです。
そういう人の中にはそういう悪さをしてもいいやという人が混じっている場合もありますね。

弱者を食い物にするような悪い経営をしている人は食品偽装をした経営者などを見てもわかるようにいつかはばれて叩き落されます。
まっとうな経営をしていればそんなことにはなりません。
ただ、経営者になったのに、サラリーマンとそんな大差ない収入だったのに苦労だけ多かったということも十分ありますけどね。
日本は労働組合などがおかしな形で発達して、労働者の権利だけを撒き散らして、労働の義務を忘れてしまっている社員が増えてきているので、経営者の方がよっぽど弱者になっている場合が多々あります。

金儲け以外の何か目的があるのなら間違いなく経営者になることをお勧めしますが、金儲けのためなら経営者以外のほうがいい場合が多いですよ。

類友の法則で、そういうおかしな経営者の仲間はおかしな経営者が多いです。

しかしまっとうに仕事をしている経営者も多くいます。
しかしまっとうに経営をしている経営者はあまり表に出てくることはありません。
なぜなら、そんな豪遊できるような稼ぎを得ないからです。
そんな稼ぎを得るのなら、社員の福利厚生に回したり、将来会社が赤字にならないようにと貯金をしますから。

JCの活動を積極的にしている人の中には、親が経営をしていてその後継者であるが、会社の仕事をまともにしないため会社に...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報