これからの季節に親子でハイキング! >>

現在カフェ業をやっており自家製のケーキも置いてあります。
お客様からのご要望でケーキのテイクアウト販売もやって欲しいとの声が出ているので、今回考えてみようと思いました。
その際、必要な表記は原材料、製造日、賞味期限などが必須になるのでしょうか。
 テイクアウト、となるとまた違った届出も必要ですか?
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、ご自分のお店の営業許可書を確認してみてください。


おそらく「飲食店営業」と記載されていると思いますが
それ以外に「菓子製造業」の記載はありますか?
自家製ケーキのテイクアウト販売には「菓子製造業」という
許可が必要です。
施設基準などは都道府県単位で設定されていますので
管轄の保健所にご相談されるのがよいと思います。

また表示についてですが、おおまかには#1さんの回答のとおりで
あらかじめ包装していないものに記載義務はありませんが
一つだけ注意事項があります。
アレルギー物質については、この製品に何々は入っていますか?
と聞かれた際には答えられなくてはなりません。
(それが故の表示免除です。)

条件をクリアすることはそれほど難しいことではないと思います。
頑張ってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
詳しくは保健所に確認してみます。
とても参考になりました。

お礼日時:2007/02/21 16:49

こんばんは、



自家製のケーキという事は
ただショーケースに展示している物をテイクアウト用の箱
に入れて販売するんですよね・・・

包装していないものを販売するのには
原材料、製造日、賞味期限の表示義務はありません。

が、僕なら保存料使って無いからお早めにお食べ下さいとか
本日中にお食べ下さいとか・・・

買った方がお土産に使うことも考えると
原材料も表示しします。
アレルギー分質などもありますし

テイクアウトは買った本人より
第三者に渡った時の事を考慮します。
店にとってはわざわざお金を出して店の宣伝を
してくれてるような物です。

上記までは
僕の曖昧な記憶と
僕ならこうすると言うものです。

詳しくは
http://www.maff.go.jp/soshiki/syokuhin/heya/jasi …
http://www.mhlw.go.jp/qa/syokuhin/hyouji/index.h …
お尋ね下さい。

不正をするとうるさいですが
「正しくやりたいから」という気持ちで
相談すれば意外と優しく教えてくれます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
とても参考になりました。
詳しくは尋ねて見ますね。

お礼日時:2007/02/15 22:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q飲食店営業許可と菓子製造業許可

小さな店舗で軽食ができる店という事で保健センターに問い合わせたところ2層のシンクと他にもう1つ手洗い場が必要といわれました。またクレープや甘いもの冷たいものを作るならばさらに部屋をわけて2層のシンク手洗いが必要と言われました。自分はランチやご飯ものと一緒にクレープやケーキも出す予定でした。喫茶店とかってそんなに洗い場が必要なのでしょうか・・・。スペースがそんなにないので困ってしまいます。実際喫茶店を営業している方でアイスクリームやケーキを出しているかたお店にそんなに流しを設置しているのですか?とても悩んでいます。厨房と売り場の分け方や基準を教えてください。とほほ

Aベストアンサー

まず大前提として、所轄の保健所の公式見解が仰るとおりの内容でしたら、それが正しいものなのだと思います。

ただし、対応してくれた担当者と貴方の間で、意思の疎通がとれていなかったということも重々考えられますので、疑問点があったらまずは納得できるまで質問をされてみるのが一番です。

一般的な状況では、飲食店の営業許可を取っていれば、調理場で調理した食品(菓子を含め)を店内で客に飲食させることができるとは思います。が、営業許可の内容や解釈は都道府県単位で異なっていることがありますので、他地域の情報はあまりあてにならないと思ってください。そのため、所轄の保健所等での確認が必ず必要です。

別の方法では、店舗関係の設計施工業者や、開業される予定の地区の商工会など、現地の実情に詳しいところで相談をされてみるというのも良いかもしれません。

それから、少しきつい言い方かもしれませんが、飲食店の厨房を全くご覧になったことがない方が、いきなり営業を考えるというのは、少し考えが甘いように思います。アルバイトで経験を積むなど、実際に営業されているお店の内情を体験された方がいいと思いますよ。

参考URL:http://www.n-shokuei.jp/

まず大前提として、所轄の保健所の公式見解が仰るとおりの内容でしたら、それが正しいものなのだと思います。

ただし、対応してくれた担当者と貴方の間で、意思の疎通がとれていなかったということも重々考えられますので、疑問点があったらまずは納得できるまで質問をされてみるのが一番です。

一般的な状況では、飲食店の営業許可を取っていれば、調理場で調理した食品(菓子を含め)を店内で客に飲食させることができるとは思います。が、営業許可の内容や解釈は都道府県単位で異なっていることがありま...続きを読む

Qお店を開店させるためには消防の許可はいるのですか?

雑貨と飲食のお店を開店させるために現在不動産屋と保健所を行ったりきたりをしています。何とか保健所の許可がおりたのですが開店に際して他に許可を取らないといけないところはあるのでしょうか?保健所にオーケーをもらえたらもう開業可能ですか?心配なのは店舗のまどりが入り口に広い間口があるだけで店内には窓が1つもありません。これで営業可能なのでしょうか?保健所の人はそこまではわからないそうです。消防の査察とか開店した後に来たりするのですか?営業するためには保健所の許可だけでいいのでしょうか?しってたら教えてください。消防にも許可がいるのでしょうか? 飲食店を経営する時に消防の人に店舗をみてもらって営業可能か聞くんじゃないの?と友人に言われ困惑しています。誰か知っている人いたら教えてください。

Aベストアンサー

どのような内容・規模の店舗かが判然としませんが、概ねこれまで寄せられている皆様の回答のとおりです。
ただ建物の構造や、そのお店の階層・種類にもよりますが・・・窓がないというのは気になりますね。

届け出後、防火管理者や消防設備に関しては消防署が検査に来ます。また消防設備は有資格者(消防設備士)が毎年点検し、その報告をする必要があります。また査察も、場合によってはあります。

いずれにせよ不安があれば、消防署に聞くのがいちばんです。消防はたいてい親切なので、アドバイスしてくれると思います。出張所クラスではなく、本署クラスへいくと間違いがないです。

Q焼き菓子の原材料表示について

焼き菓子をイベント等で販売しようと思っているのですが、
これまで見かけた イベントで個人販売している焼き菓子には
原材料表示がされていません。
実際にイベントをされている方には
火を通してあるものなのであまり厳しく言われないと
聞きました。
しないで済むなら その方が良いですけど何か言われるのも
嫌です。

原材料表示は、どのくらいの義務があるのでしょうか
回答を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

過去いろいろなお祭りやイベントの運営を経験してきましたので参考になれば

例えば町内会のお祭りなどの場合

まず、その場で食べることが前提となっている場合は原材料表示の義務はありません
またお好み焼きや焼きそばなど加熱調理して供される食品やカンジュース・飴玉のような常温保存可能な食品の販売についての保健所への営業許可についても不要とされるケースが多いようです
(厳密には営業許可が必要だが、黙認あるいは何らかの理由をつけて免除。ただし過去に食中毒の発生例がある場合などは異なる対応を取る場合もあるので注意)

保健所によるイベントでの飲食物の扱いについては大体以下のような対応となる事が多いようです

寿司などの生食→基本的にすべてNG
アイスクリーム類→別途法基準がありそれを満たさない場合はNG
加熱調理して販売する、その場で飲食する食品→OK(表示義務なし)
加熱調理して販売する、持ち帰り用の食品→NG(ただし現実にはその場で飲食するものと区別できず、ノーチェック)
加熱調理しないで販売する食品
 常温保存が可能で密閉された容器に入ったもの→OK(ただし、持ち帰り用には製造者に表示義務あり)
 常温保存が可能ではない、容器に入っていない→NG
 
ご質問の「焼き菓子」がラッピングされたクッキーなどでしたら原材料表示は必要です
クレープやパンケーキなどを調理販売するなら表示不要です

なお「火を通しているものなら・・・」というのは保健所による販売物の調理工程にかかわるチェックの話です
保健所と細かく話していくと「調理場所は屋内もしくは三方を囲ったテント内で手洗い設備が必要」とかいろいろ言ってきます

過去いろいろなお祭りやイベントの運営を経験してきましたので参考になれば

例えば町内会のお祭りなどの場合

まず、その場で食べることが前提となっている場合は原材料表示の義務はありません
またお好み焼きや焼きそばなど加熱調理して供される食品やカンジュース・飴玉のような常温保存可能な食品の販売についての保健所への営業許可についても不要とされるケースが多いようです
(厳密には営業許可が必要だが、黙認あるいは何らかの理由をつけて免除。ただし過去に食中毒の発生例がある場合などは異なる対応...続きを読む


人気Q&Aランキング