人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

公家のおひいさんと結婚している大名は多いですが、大名・公家間の結婚には幕府による制約とかなかったのでしょうか?

大名家同士の結婚は土井大炊など幕閣有力者に依頼して相手を探してもらうことが多かったようですが、公家との結婚も幕府有力者が仲介とかしていたのでしょうか。

A 回答 (1件)

 あんまり知らんですが、お答えがほかにないようなので、たたき台として一言。


 武家諸法度に次の一項がありますように、幕府は大名間の勝手な婚姻による反幕府勢力の増大を警戒していますね。幕府は武家間の婚姻を、積極的に大名統制に利用していたと思います。
「国主・城主・一万石以上ナラビニ近習・物頭ハ、私ニ婚姻ヲ結ブベカラザル事」
 神君家康公は豊臣時代に、同様の禁止令を勝手に破ったくせに、おかしいですね。
 公家は身分が高いだけで力もなく、無色透明に近いですから、公家の姫をもらうことについては、それほど警戒されないでしょう。
 由緒正しき家柄の大名は、その血統のよさを維持するためにも高位の公家から、そして出自の定かではない大名は当然貴種を好みますから、公家の血を入れたいということはあったと思います。
 江戸時代の大名の婚姻について、どんなルートでどうやって話が進んでいったのか詳しくは知りません。
 大名としては、自分で勝手に伝手を頼って話を進め、幕府に承認を求めてもダメと言われたら沽券にかかわる、また幕府にヘンな疑いをかけられても困るということで、頭から幕閣有力者にお願いした例が多いのじゃないでしょうか。それの方が後腐れがなく、地位保全のためにはよろしいかと存じます。
 以下は当方の勝手な想像ですが、頼まれた幕閣有力者は、この大名には大名統制上からいって、特にどこかの大名の姫をあてがう必要がないと判断した場合は、自分の家来に対し「適当な公家の姫を探せ」と命じます。
 命ぜられた家来はその大名家の家来を通じて、公家の姫でいいかと大名の内意を伺い、そして朝廷と付き合いのある高家などに周旋を依頼します。そして高家は朝廷の武家伝奏に適当な公家の姫君の紹介を頼む・・・・と、こんなように話が進んで行ったんじゃないかと想像してみましたが、どうでしょうか。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

徳川は豊臣以上に貴種好きのようですね。
著名な戦国大名の子孫が多く高家・旗本に列しているようですね。

やはり公家との婚姻も幕閣の斡旋があったのでしょうか。
大名の姫が公家に嫁いでいる例も結構多いみたいです。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/03/12 14:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代の公家の女性

江戸時代の公家というのはあまりドラマなどでも題材に取り上げられないのですが、特に女性はどのような姿をしていたかが気になります。
以前テレビドラマ「大奥」では、和宮や和宮の侍女たちは平安時代のままの十二単のような服装でしたが、結髪が普通になった時代でも公家の女性は垂髪だったのでしょうか。
また、小袖は公家の女性には着られなかったのでしょうか。そして袴ははいていたのでしょうか。
ちなみに↓のようなサイトも見つけました。
http://www.iz2.or.jp/fukusyoku/kosode/21.htm
若い公家の女性の服装は、大名の姫君とあまり変わらなかったのでしょうかね?

Aベストアンサー

お礼をありがとうございます。

> 時代劇などで農民の女性が結髪しているのは間違いなんですね。
うーん。
「間違い」と言われてしまうと悩んでしまうのですが…。
自分が書いた回答を後から読み直して、「『農民』とひとくちに言っても、名字帯刀を許された大名主や庄屋みたいな農民もいれば、水呑百姓のような農民もいるなぁ。」と考えました。
裕福な、農民といっても小作人に農作業をさせて、自ら農作業をしない(現代の)経営者のような農民の奥方ならば、髪を結う余裕もあっただろうし、その日の食べ物にも困るような百姓ならば、髪を結うような余裕は、時間的にもなかったのではないかな-と。

いろいろ調べているうちに、
> 農民等は「束髪」が「普通」
とも言い切れないのかなぁ、と感じました。
私は、「労働の邪魔になる髪を1まとめにして束ねる」ことの意味で「束髪」と書きましたが、それを「結髪」と説明してある文献やサイトもあったものですから。
maddy-kz23さんがおっしゃっている「結髪」が、特に『江戸時代の中期から後期に一種の芸術の域にまで達した結髪』のことではなくて、『働く時に邪魔な髪の毛を束ねておくという自然な形での結髪(この中には束髪も含まれる)』のことを言われているのでしたら、確かに「結髪が普通」ということになりますが、これは江戸時代に始まったことではないし…。

調べれば調べるほど、資料の少なさに驚かされます。
江戸時代って、現代から近いので衣装等は現存していても、写真がない時代ですから「どんな格好をしていたか。」は見ることができないんですよね。
「絵」などは、特定の地域の特定の階層の人間しか描かれていませんし。

> 公家の女性はやはり江戸時代を通じて下げ髪だったんでしょうか。
> つぶいち頭などは特別な例だったのでしょうかね。

こちらも、普段は下げ髪にしていて、行事ごとの時に「つぶいち(葵髱島田)」に結った-という可能性もありますし…。
京でも町方ですと、若い女性は島田髷を結っていたようですしね。
私自身、次から次へと疑問が沸いてきてしまいました(今度まとめて質問を出してみようかしら)。

いろいろ調べている間に、またまた、こんなサイトも見つけましたので、ご参考までに。
http://kouseimir.s97.xrea.com/yokocho/mc358/mc358.html
http://hana.merseine.nu/j/kamigata/kami_frame.htm
http://www.geocities.co.jp/Playtown/6757/edokesyou03.html
http://www.geocities.co.jp/Playtown/6757/nendaikesyou.html

お礼をありがとうございます。

> 時代劇などで農民の女性が結髪しているのは間違いなんですね。
うーん。
「間違い」と言われてしまうと悩んでしまうのですが…。
自分が書いた回答を後から読み直して、「『農民』とひとくちに言っても、名字帯刀を許された大名主や庄屋みたいな農民もいれば、水呑百姓のような農民もいるなぁ。」と考えました。
裕福な、農民といっても小作人に農作業をさせて、自ら農作業をしない(現代の)経営者のような農民の奥方ならば、髪を結う余裕もあっただろうし、その日の食べ物...続きを読む

Q大名の陪臣と公家の娘の結婚

阿波蜂須賀家の洲本城代・稲田氏は陪臣ながら公家の娘を妻に迎えた事があったようですが、他の陪臣でも公家の娘と結婚した例がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

ほんとに山のようにありますので、ホンの一例だけ

阿野権大納言公縄女 有馬中務大輔 家老有馬監物室

竹屋光長女  越前松平兵部大輔 家中本多左兵衛室

藤谷為賢女  尾張家      家臣中村又蔵勝親室




江戸時代になると、大大名の妻には摂家、清華家の娘がなることがでてきます。そのためその下の家老クラスには中・下流公家の娘が妻になることが多いようです。

Q大名の結婚

以前にも同じような質問があったらごめんなさい。
江戸時代の大名の結婚制度についての質問です。
江戸時代は大名の結婚は武家諸法度によって定められ、幕府の承認がないとだめですよね?
では、大名の側室はどうだったのでしょうか?
幕府は大名の側室もいちいち承認していたのですか?
側室がいると言うことは大名も国元に大奥を持っていたのでしょうか?

Aベストアンサー

結婚(婚姻)というのは正室とだけで、側室とは結婚しません。
正室は妻として遇されますが、側室は使用人(たいていは正室の使用人)でしかありませんので、使用人に手をつけたからといっていちいち幕府に報告する必要はありません。
そもそも婚姻に許可がいるのは、大名同士が婚姻によって勝手に組まないようにという趣旨(家康が秀吉が死んだあと勢力拡大にこの手をよく使いました。)ですので、家臣や領民の娘である側室に手をつけることまで制限する必要はありません。
国許にも側室がいるのが普通でしたから、江戸の屋敷にも国許にも奥はあります。
ただし大奥というのは江戸城だけで、大名家では大奥とは言いません。

Q公家、実際の呼称について

武家ではなく、公家の世界での敬称・呼称について教えてください。

公家ではその家の長を殿様とか、その家の長男や次男を若さま、
のように呼びますか?

また、武家ではお姫様の読みが、将軍家とその他の家では違うそうですが、
公家のお姫さまは、なんと呼ばれていたのでしょうか?

※よく、ひいさんとかひい様という呼び方を聞きますが、
これは関東でもお嬢様、のような感じで使われていたようですね。

Aベストアンサー

例えば、「レファレンス協同データベース>レファレンス事例詳細」では、
「江戸時代に公家・公卿が使用していた言語(特に口語)に関する資料はあるか。」の
質問に対しては、下記URLのとおり
「御所言葉(御所詞、女房詞とも。)に関する資料はいくつかあるが、
江戸時代の公家・公卿の使用していた言葉(口語)について
まとめられた資料は見つからなかった。」とあります。
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000021684

そこで、ネット限定ではありますが、
上記URLの参考資料を手懸かりに少し調べてみますと、

〇「門跡の言語生活からみた女房詞の研究(I):御所ことばを訪ねて/井之口有一・堀井令以知」
『西京大學學術報告. 人文 9/京都府立大学/1957-11-15』(115-84頁)
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000412544
※要注意、前後逆順※<32/32→1/32>
<6/32>(110頁)&<5/32>(111頁)
『公家言葉集存』
(一)敬称(二)人称 公家衆の自称及その家中よりの称呼
(三)小児語 敬称
の「1~64」の語などが見出せます。

<32/32>(84頁)~<30/32>(86頁)の冒頭文からは近世から引き続き使用されていたとの
様子も伺えますが、明確ではありません。

続いて、下記URLでは、
「ここに収めた語彙は尼門跡で現用されている御所ことばを、
尼門跡の言語生活の録音や方言調査表などによって調査するとともに、
従来の女房詞文献所収のものを広く集成したものである。」とあって、
近世を含む情報ではあるようです。

〇「<資料>御所ことば語彙の調査研究:続編,食物を除く/井之口有一・中井和子・堀井令以知」
『京都府立大學學術報告. 人文 15/1963-11-25』(52-22頁)
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000057145
※要注意、前後逆順※<31/31→1/31>
<20/31>(33頁)
V 人倫・官職
914/うえさま/上様。天皇
915/うもじ/お内儀様。妻の敬称。
[915-2/おおもじ/915-3/おかもじ/916/おまえさま/917/かかさま/918/かもじ/]
919/おうらさん/お裏様。武家から降嫁の室、清家以上で用いる。
920/れんちゅうさん(御簾中様)
921/おかみさん(御督様)/一般公家の家庭で用いる。
922/おおごっさん/大御所様。摂家・清家・大臣家以上のご隠居
923/おおじご/領主殿。先祖。女または子供の言

<19/31>(34頁)
930/おおとのさん/大殿様。諸家殿上家の主人のご隠居
931/おおみやさん/大宮様。皇太后宮。
932/おかたさん/お方様。方領米を拝受する公家の息
933/おかた(お方)
934/おかみ/お上。天皇
[935/きんちゅうさん(禁中様)/937/しゅしょう(主上)/938/とうぎん(当今)]
938-2/おかみがた/宮様方
941/おこたち/子供たち
[942/おさない(子供)/943/こたち/944/とりとり/945/わかご]
946/おごりょう/女。御御料は御御料人の略
949/おそもじさま/「あなた」の敬称。「おまえさま」「そなたさま」より
身分の低い人にいう。なお書くときは「おそもじさま」。
950/おたたさん/御多々様。宮中・宮家・摂家・精華・大臣家で、
母君をいう小児語
/おたあさん/「おたあさん」諸家・堂上家・賀茂の社家で使用する小児語。

<18/31>(35頁)
962/おちごさん/諸家・諸上家の子息
966/おもうさん/父。宮中・宮家・摂家・精華・大臣家で父を称する小児語。御申様。御孟様。
967/おでえさん(お出居様)/諸家・堂上家で父を称する
宮廷では「サン」、武家では「サマ」を用いた
969/きみさん/君様。皇太子妃。皇族の妃、宮様からご降嫁の室
[970/みやすどころさん(御息所様)]
971/~きみさん/皇族の妃殿下または摂家・清家の子息及び子女。
975/ごしょさま/御所様。天皇・上皇・法皇をはじめ、宮門跡にもいう。
なお、摂家・清家のあるじにも用いることがある。
[976/ごっさん(御所様)/977/いんごしょさま(院御所様)]

<17/31>(36頁)
997/(だい)さま/(大聖寺)様。頭文字だけをとり後を省略する呼び方が、
公家社会ではよく用いられる。
1001/とおさん/諸家・堂上家の子息・子女。特に父母から子を呼ぶ時に用いる。
1002/とのさん/殿様。諸家・堂上家の主人。
1007/はるのみやさん/春宮様。皇太子
1008/ひもじ/姫
[1009/おひもじ/1010/ひめ/1011/ひめご/1012/むらさき/
1013/~ひめさん(諸家・堂上家の子女)]

<16/31>(37頁)
1106/~まるさん/丸様。諸家・堂上家の子息の元服までの呼方
1019/みだいのかた/御台の方。貴人の妻の敬称。
1025/わかごっさん/若御所様。摂家・清家・大臣家以上の若主人
[1026/わかとのさん/若殿様/1029/わかさん/若様。諸家・堂上家の子息]

以上 「女房詞」の断片情報に過ぎませんが

少しでも 疑問解消の糸口に繋がれば幸いです^^

例えば、「レファレンス協同データベース>レファレンス事例詳細」では、
「江戸時代に公家・公卿が使用していた言語(特に口語)に関する資料はあるか。」の
質問に対しては、下記URLのとおり
「御所言葉(御所詞、女房詞とも。)に関する資料はいくつかあるが、
江戸時代の公家・公卿の使用していた言葉(口語)について
まとめられた資料は見つからなかった。」とあります。
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000021684

そこで、ネット限定ではありますが、
上記URLの参考資料を手懸...続きを読む

Q国主、国持大名と城主、無城の違い

江戸時代の大名についてお教えください

1.国主=国持大名ということでよろしいのでしょうか?

2.国主と城主、無城とはなにがちがうのでしょうか?
伺候席との関連など、家格の違いがあるというのは分かる(?)ような気がするのですが、それ以外に具体的にどのような違いがあったのでしょうか?

3.wikipediaの大名のところを見ると「大名は国持ち大名レベルはともかく、10万石単位の大名は封土の一円領有が殆ど許されず、大抵は城下周辺とまだらに領土を持った。」とあるのですが、とすると城の周りでさえも、他藩や幕府・幕臣の領土が有った例も多々存在するというようにも読めます。

城の周辺でさえ他領が存在するなどしたら、実際の支配などに不便は無かったのでしょうか?
例えば、自分の城のすぐ近くで犯罪があった場合でさえ、関八州取り締まりや、その領主の手の者が来ないと取り締まりも出来なかったのでしょうか?

Aベストアンサー

稲垣史生氏によると、国主は一国以上を領している者で、国持二十家と称されている。  国主大名は殿様でなく太守様と呼ばれた。   この国主ほどの領地をもたないが、城郭を持つ者を城主と言い、持たない者を領主と言う。  しかしこれは原則で実際は室町時代からの家格にもとづいて多くの例外があるそうです。
家格にはこのほか、御三家、御三卿、御一門(以上は親藩)譜代、外様大名があるのは、ご存知と思います。
飛び地などの話ですが、例として大中藩(10~20万石をいう)の15万石の姫路藩は領内に8箇所のちいさい天領があります。  相続できない二、三男を旗本に取り立ててもらう為、知行の分与をしたためと思います。  天領ですが管理は姫路藩が代行したでしょう。
他方10万石の淀藩は領地が8箇所にわかれ、どれも広く飛び地の感覚とはづれがあります。  淀城は他領と余り離れていません。
治安はよくは判りませんが、中公新書「目明し金十郎の生涯」に参考になる話があります。   陣屋の小藩の守山藩で隣の藩に逃げた犯人の逮捕に、ばくち打ちの目明し金十郎を使いました。  金十郎は隣藩の知り合いのばくち打ちの親分に頼んで逮捕して貰い、こっそり出向いて引き取ってつれ帰りました。  正式には隣の藩に依頼して追放してもらい藩境で逮捕しなければなりませんが、手間と時間がかかり逃げられる可能性が高かつたからです。   隣藩は黙認していたと思います。  このような裏取引が結構あったのでしょう。

稲垣史生氏によると、国主は一国以上を領している者で、国持二十家と称されている。  国主大名は殿様でなく太守様と呼ばれた。   この国主ほどの領地をもたないが、城郭を持つ者を城主と言い、持たない者を領主と言う。  しかしこれは原則で実際は室町時代からの家格にもとづいて多くの例外があるそうです。
家格にはこのほか、御三家、御三卿、御一門(以上は親藩)譜代、外様大名があるのは、ご存知と思います。
飛び地などの話ですが、例として大中藩(10~20万石をいう)の15万石の姫路藩は領...続きを読む

Q大名は武士の一種ですか?

武士というのは一種の身分で、古くからの血筋や家柄でなるものだと思っていました。
しかしながら、油売りや百姓から大名になった人がいます。
大名も武士の一種だと思うのですが違うのでしょうか?
それとも、頑張れば血筋がなくても武士ってなれますか??
ていうか、そもそも家柄で武士って決まってるって思ってる僕自体間違いでしょうか???
何がなんだかわからなくなってきました。助けてください。

Aベストアンサー

大名も武士です、 武士の親方です
基本的には武士は血筋ですが、そうでない場合もあります、権利をお金でかったりもしましたよね
、変わる事のない身分として確立したのは江戸時代以降の話です、江戸時代以降でもお金でその身分を売買していたケースも多々ありますが

厳密に言えば農民も先祖は元武士である場合が大きいです
畑を耕していたもの達が武器を持ち自分たちの領土を守ったのが武士の始まりなのですから

Q公家とは?

武家は武士の家ですよね?
公家は何の家なのでしょうか?
小学生でもわかるレベルで教えてください。ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

武家はお侍さんたちです。ちょんまげで刀持って、どちらかと言うと「ござる」な感じの人達です。どちらかと言うと、幕府側の人たちになると思います。

公家は、天皇や天皇に近い人達などです。「~でおじゃる」なんかを使ってたりします。朝廷側の人たちですね。

Q旗本と大名

昔の日本で、旗本と大名どっちが偉かっんですか?
例えば、道ですれ違ったときに道をゆずるのはどっちとか

Aベストアンサー

それぞれが『殿様』と呼ばれていた階級です。大名は石高1万石以上で、格の高さは大名が上です。旗本から出世して大名になった者として吉宗時代の町奉行・大岡忠相です。綱吉時代に柳沢吉保も下級藩士から側用人を経て大名になりました。
江戸初期では旗本にはなるには直参であることが必要でした。しかし、幕末になると旗本株をお金で売買するようになりました。江戸城の無血開城談判で有名な幕格の勝海舟は祖父の代に旗本株を買った家系です。
旗本の中では書院番や幕格の旗本は格が高いのです。将軍のお側近くにはべるので特別なのです。外様大名は将軍に近づくことも出来ませんでした。江戸城松の廊下で『殿様』同士が出会うと格式の差でいろいろとあったでしょうね。
格から言うと徳川御三家、徳川御三卿家、松平家、親藩大名、外様雄藩大名、幕格旗本、外様小藩大名、旗本の順です。

Q江戸時代。大名同士の付き合い。

幕府は、大名同士の付き合いを制限していたのですか。
制限していたとすれば、具体的にどのような法令?で、どのようなことを制限したのですか。
この法を監視する役職は何ですか。
違反して咎められた大名家はありましたか。

江戸時代、大名の婚姻は、家格がそんなに差がない家同士で行われたはずです。
すると、婚姻圏は大きいと言えず、大名家同士、いっぱい親戚関係になります。
しかし、この時代、付き合いを疎かにはできませんから、大名家同士の行き来は頻繁だったのではないでしょうか。
それをどこまで管理できたのかという疑問です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には制限は無いと思います。
下記は江戸中期の大名交流の一情報に過ぎませんが…

・松代藩第六代藩主 真田幸弘の文藝>点取俳諧集
http://kikutsura.com/tentori/
菊貫(真田幸弘)は、安永初年頃から文化12年までのおよそ40年間、
米翁(柳澤信鴻)や華裡雨(細川重賢)などの大名俳人や家臣たちと江戸藩邸や松代城下で、
百韻(俳諧連歌のひとつ)を巻いて遊んだ。

・松代藩第六代藩主 真田幸弘の文藝>フォーラム案内
>真田フォーラム2010─真田フォーラム2010の記録冊子(PDFファイル)
<9~16/64> 西田耕三先生「細川重賢の俳諧」
http://kikutsura.com/wordpress/wp-content/uploads/2012/06/2db36775d88aa353799ba8d1475c1af8.pdf
<12/64>
…それから興行場所は江戸藩邸が多い。細川の場合はほとんどそうですね、江戸です。…
…それから上野の寛永寺でやっている。もちろん他でもやっている。
残っている作品で申し上げているわけですけどもね。
ですから、圧倒的に江戸藩邸が多い。表海楼という部屋と蘭嘯閣という部屋があって、
大名によって区別をしているんですね。
気の張る大名だったら蘭嘯閣に呼んで、それで大した、大したって言うのもなんですけども、…
…親しい大名だったら表海楼、常の居間って言っているんですけど、そこでやるんです。
これ、歴然としているんです。そういう意味では、これ、参考になるんですね。…
<13/64>
…で、これは裏付けがとれるんです。これはまた、作品が残っているわけです。
で、今日は一点集中というか、安永四年、十月二十五日の俳諧興行について
こういう約束が一つある。で、実際の俳諧が二枚目の下の段と上の段と言いますか、
上の段の下の方にある32段の百韻書き起こし、安永四年、十月二十五日、表海楼という、
これはさっき言った気の張らない仲間ですね。
これが先程の三花を呼んでくれという。で、三花は登場して来ませんからね、
多分都合が悪かったんだろうと思いますね、青木甲斐守。…

〇真田幸弘<信濃・松代藩主/宝暦2年(1752)~寛政10年(1798)>
外様(譜代格)/帝鑑間 [元文5年(1740)生─文化12年(1815)没]

〇細川重賢<肥後・熊本藩主/延享4年(1747)~天明5年(1785)>
外様/大広間 [享保5年(1721)生─天明5年(1785)没]

〇柳沢信鴻<大和・郡山藩主/延享2年(1745)~安永2年(1773)>
譜代/帝鑑間 [享保9年(1724)生─寛政4年(1792)没]

〇青木一貫<摂津・麻田藩主/明和7年(1770)~天明6年(1786)>
外様/柳間 [享保19年(1734)生─天明6年(1786)没]

以上 御参考まで^^

基本的には制限は無いと思います。
下記は江戸中期の大名交流の一情報に過ぎませんが…

・松代藩第六代藩主 真田幸弘の文藝>点取俳諧集
http://kikutsura.com/tentori/
菊貫(真田幸弘)は、安永初年頃から文化12年までのおよそ40年間、
米翁(柳澤信鴻)や華裡雨(細川重賢)などの大名俳人や家臣たちと江戸藩邸や松代城下で、
百韻(俳諧連歌のひとつ)を巻いて遊んだ。

・松代藩第六代藩主 真田幸弘の文藝>フォーラム案内
>真田フォーラム2010─真田フォーラム2010の記録冊子(PDFファイル)
<9~16/64> 西田耕三先...続きを読む


人気Q&Aランキング