出産前後の痔にはご注意!

八丈島に流された宇喜多中納言秀家の子孫の一部は、明治になると東京に移り、明治6年には明治帝より約2万坪の宅地を下賜されているようです。

どうして関ヶ原から250年以上も経った明治の世に、宇喜多家(浮田家)は日の目をみることとなったのでしょうか?

秀家卿の妻・豪姫の実家・前田家が宇喜多を支援しているのはまだ分かりますが(それも江戸時代を通して八丈島に米と金子を贈り、さらに明治になっても多額の金を贈与している理由も量りかねますが・・・さすが百万石、太っ腹ですね)、どうして浮田一族は2万坪もの広大な土地を与えられたのでしょうか?

ご意見を賜れれば幸甚です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。


宇喜多七家の消息を訪ね「宇喜多秀家同族会」を設立された浮田丈男氏(秀継の子孫)によると、明治になって帰還した宇喜多一族の処遇については「前田家の尽力によって合議がなされ」たそうです。
勿論それが新政府の「新しい時代の到来を強調し天皇を中心とする新体制を強固なものにする」という方針に合致したというところも大きいでしょう。日本には革命による政権交代のようなものがあまりないので徳川家の扱いが低いような気がしてしまうかもしれませんが、本来は潰されても文句は言えない立場ですから御の字のように思えます。「徳川憎し」でどうこうというよりは新体制の藩屏とすべく、反徳川だったものやかつて天皇に忠義を尽した実績のある家などを利用したということではないでしょうか。
前述の浮田丈男氏は「本当に宇喜多一族は加賀前田家に感謝してもし尽くせるものではない」とも述べており、それが今日の両家の繋がりにも反映されていると思うと何とも壮大で感動的な話ですよね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり前田家の尽力が大きかったのですね。
浮田家のご子孫が前田家への深い感謝を述べられているというのは大変興味深かったです。

敗者である徳川が公爵家として存続し首相の声がかかった人物がいたというのは、本来潰されても文句は言えない立場を考えると御の字とも言えますね。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/03/31 23:19

ANo.2 です。

ご質問の趣旨には関係のない、どうでも良いことなの
かもしれませんが、気になっなもので、つい‥

>小早川家の再興は毛利家の勲功によるものと思っていましたが、
>豊臣五大老の家柄というのも関係しているのかもしれませんね。

毛利家の勲功によるものだと、私も思いますよ。^_^;;

理由は、小早川秀秋の子孫は実は秀秋の生家の木下家家臣として、
途中で苗字が変わりながらも明治まで存続しており、小早川秀秋の
血筋の復権が目的なら、その子孫に対して行われる筈だからです。
ただ、小早川秀秋の子孫の血の正統性については、私は若干の疑問
を感じています。
明治の小早川男爵家の創立は、小早川の名跡を復興するという意図
があったにせよ、最初から毛利家の分家創立が目的だったと思いま
す。
なお、ANo.2 で「※小早川家断絶は、幕府による改易が原因ではな
い」とうっかり書いてしまいましたが、無嗣絶家も改易なので、こ
れは誤りですね。もっとも、それ以前に、小早川秀秋の死にはキナ
臭い風説もありますし、庶子?がいても無嗣改易ですし、かなり黒
に近いグレーゾーンですね。小早川秀秋がもっとキレイさっぱりと
徳川に敵対していたら、宇喜多と同様に明治になって「小早川宗家」
として復権できたのではなかったかと思います。

蛇足でした‥
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>毛利家の勲功によるものだと、私も思いますよ。
そうなのですね。歴史は門外漢なので日々無知をさらけ出しています。
ド素人の浅学で申し訳ないです。

秀秋卿の血筋は疑問符がつきながらも生家の木下家で繋がっているのですね。
毛利家でなく生家の木下家の家臣というところをみると、隆景が隠居して家臣も引き上げた後は、もはや毛利家の連枝大名とは言えなかったのでしょうか?

>小早川秀秋の死にはキナ臭い風説
関ヶ原での大功を考えれば、たとえ無嗣絶家でも庶子?が1万石でも与えられて家名の存続を許されそうなものですが、そうでないところをみるとホントにきな臭いのでしょうか・・・

でも毛利家としては、250年以上の時を経て、両川ともに毛利家の元に戻ってきて良かったのかもしれませんね。吉川とも幕末に和解できてますし・・・

ありがとうございました!

お礼日時:2007/03/31 15:54

 NO.1です。


 前田家の援助の件、幕府公認というより、むしろ幕府の命令のような感じになっています。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%AA%E5%A7%AB
 沢橋兵太夫の涙ぐましい話は、何かで読んだ記憶がありますが、援助は幕府公認というか見て見ぬ振りに近いものだと思っていました。
 この記事によりますと、援助については幕府も姿勢もかなり積極的に見えます。
 こういうことでは前田家が代替わりを重ねても、途中で止めるということはできんでしょう。
 一下級武士の命を懸けた美談の結果が、長年の援助と最終的に二万坪まで影響しているということでしょう。
 いい話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

幕命でもあったのですね。
>沢橋兵太夫
八丈島渡航を諦める条件として兵太夫が援助を求めたのですね。
儒教的に母に孝養を尽くすというよりは、ただただ人情として母親に人目会いたかったのだと思いますが、その息子を叱り飛ばす母の愛もまた強いですね。病死もせずに幸運にも大きく育った息子に会いたくない訳もないでしょうに、当時の人の覚悟はすごいものがありますね・・・

#1のお礼欄に書いた職業と年齢の件、やはりこういう場で聞くべきことではなかったです。大変申し訳ございませんでした。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/03/31 12:12

確たる理由は私には分かりませんが‥


関係あるかもしれない‥私の推測、という程度で。

・明治維新(王政復古)による特赦が行われている
 → 江戸幕府による刑罰の赦免
・豊臣五大老6家のうち4家は存続している(徳川・前田・毛利・上杉)
 → 宇喜多家の復権
 ※小早川家断絶は、幕府による改易が原因ではない
・時代は下るが、華族制度発足により、南朝功臣の子孫が男爵に叙爵
 されるなど、先祖の栄誉・功績に対する顕彰として、子孫が恩典を
 受けた
 → 既に約2万坪の宅地を下賜されていた宇喜多家は除外?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

小早川家も明治時代に再興されていますね。毛利公爵の子が小早川姓を名乗って男爵家を興していたと思います。
小早川家の再興は毛利家の勲功によるものと思っていましたが、豊臣五大老の家柄というのも関係しているのかもしれませんね。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/03/31 12:03

 第ロッカン新政府の徳川ギライ。


 明治の叙爵は旧体制をなだめるための意味合いがあると思われますが、それにしても徳川さんにチョッと冷た過ぎるのではないか、という感じがします。 
http://wolfpac.press.ne.jp/kazoku.main.html
 徳川嫌いという反動が、宇喜多さんの件にも出ているように思います。
 明治になってから、徳川時代に不当に抹殺されていた歴史上の人物が大勢浮かび上がり、もてはやされました。
 また二万坪の件については私は知りませんでしたが、前田家の新政府への陳情があったのではないでしょうか。
(小生、昔、仕事で宇喜多さんのご子孫と会ったことがあります。超一流会社のエリートで名刺には『浮田○家』となっていました、このとき聞いておけばよかったですね(笑))
 米軍占領行政について・・・後年書物で読むとGHQ云々ということになってしまいますが、一般庶民はGHQと接触することはありません。進駐軍は日本の行政機関を通して占領行政をやっていました。隠れている戦犯も日本の警察が捕まえました。・・・念のため申し添えます。チョッと参考に↓。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2811983.html 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに徳川は冷遇されていますよね。
慶喜は、自らの9男・誠を男爵に叙任する旨の報を聞いて大層喜び、まだ風邪が治っていないのに宮中に参内して何度もお礼を言って、帰宅してからも興奮してはしゃいでいたようです。その2日後に高熱を発して、その15日後に亡くなったようです。かつて位人臣を極めた将軍が9男が男爵に叙任されたくらいでそれほど大はしゃぎして、そのまま亡くなったのかと思うと切なかったです。
徳川も最後は駿河70万石の大名に転落しましたからねー。石高では薩州島津家より低くなっているのは偶然ではないのでしょうね…

>徳川時代に不当に抹殺されていた歴史上の人物が大勢浮かび上がり
大昔の人物がやたらと高い官位を遺贈されていますね。
前田家も1600年ごろの出来事なのに、明治の世となっても支援していたというのはすごいですね。

浮田さんのご子孫は今も続いているのですね。一頃、徳川と前田の当主が両方、日本郵船の従業員だったというのは有名な話ですね。藤原五摂家の一条家のご当主はアンダーソン・毛利・友常法律事務所という日本を代表する巨大法律事務所でパートナー弁護士をされているようです。

oboeteGooさんは何関係のお仕事をされていたのですか?よろしければお歳も伺っても良いですか?(大変失礼な質問かとも思いましたが少し興味があります。お気を悪くされましたら申し訳ございません。)

URL拝見しました。
一般市民はGHQとの接触はなかったのですね。
>たった一人の裁判官をのぞいて
これは山口良忠判事のことですよね。私も初めに聞いた時はバカ正直にもほどがある、愚直を通り越して愚かだと思いました。でも今はこういう法律家が1人くらいいても良かったのかなと思っています。医者・弁護士・宗教者は「人様の不幸」を商売・生業にするという点で特別な職業です。1人くらいは彼のように法曹という職業に真摯に向き合った人がいてくれて、いち法学徒としてはどこかに安堵感を持ちました。

ありがとうございました!

お礼日時:2007/03/31 11:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q武将や王侯貴族の島流しについて:宇喜多秀家ほか

宇喜多秀家は関ヶ原に破れ、八丈に島流しされましたが、その後の生活はどうだったのか疑問に思いました。
かなり長生きしたようですし、妻の実家・加賀前田家や旧臣・花房家から援助があったようですが、罪人として賦役のようなものを科されたりしていたのでしょうか?
また、八丈では元大名・五大老ということで特に厚遇とかされていたのでしょうか?

西欧ではナポレオン1世が、中世日本では上皇・天皇も幾人か島流しの憂目に遭っていますが、彼らの島での生活についてもどのような感じだったのかご教示頂ければ幸いです。

それでは宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

宇喜多家は、ご想像通り、別格扱いでした。暮らしぶりは非常に厳しく前田家等からの差し入れで何とか暮らしていました、島を治めていた代官は、秀家の人柄に深く感銘を受け尊敬していたようです、息子さんだか当人だか忘れましたが、その代官の娘さんと結婚され、島の中でも特別な家として扱われながら、明治に入りその罪は許され、東京に移り住んだたと記憶しています。

Q夫が部落出身である可能性が高いです

悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。
(理解していただきたいので内容が細かく、長いです。申し訳ありません。)
出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。
結婚して4年です。子供が一人います。
夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。
私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。
出会った当時、夫は実家にルートセールスで度々来ていました。
母は時々物を買っていて、私と知り合う2年前から夫を知っていました。
その間、彼氏がいなかった私の写真を見せていたのは知っています。よく母から、「面白いお兄さんがいて○○(私)に会ってみたいと言っているけれど、どうする?」と言われており、その一年後に初めて3人で食事に行きました。
付き合いはそこからです。
付きあってから度々悩まされたのは、他人に対して暴言を吐いたり道路の真ん中で車を止めて怒ったりすることでした。
(先日も駐車場の枠外にとめていた車の人に暴力団のような言葉を吐いていたので知らない顔をして子どもと逃げました。)
私にも暴言や暴力(年に数回)があり、何度も別れようと思ってきました。
しかし、夫にも優しい所があり、初めての人でしたので夫がすべてだという気持ちがあり、結局結婚に至りました。
何かがおかしいと思ってきたのは結婚してからのことです。
毎週夫の実家に行くごとに義父母から親戚の職業を耳にしてきましたが所謂部落の方が多い職業についており、部落の方と結婚している人がとても多いのです。
また、義父は自営業をしていますが暴力と酒癖が悪く部屋中のものを壊したり、年に数回は義母の顔にあざができるほど殴るので本当に恐ろしいです。
本人たちの口から「部落」という言葉は結婚してからは何度となく聞いていますが、自分たちは違うというニュアンスで話してきます。
差別があるから夫のいとこは子供をつくらないし、結婚もしないとも聞かされてきました。
私が少し調べた結果は義父が部落出身のようです。
調べるきっかけとなったのは私の職場に夫がやくざまがいの電話をしてきたことでした。
それは、私の仕事用携帯に職場の男性のアドレスがあっただけのことでした。私的なメールは一切しておらず、上司から同僚まで全ての電話番号とアドレスが入っています。
夫はそれを浮気だと勘違いして、会社に怒鳴りこみの電話をしてきました。しかも妊娠初期の事でした。
その後出産の為辞めることとなりましたが、会社の上司から夫のことをかなり詳しく聞かれた上でそれとなく言われました。
本当にショックで血の気が引きました。
その後、義父母や夫がよく口にする地区をネットで検索してみると、全て部落に当てはまる地区で自分が住んでいる地区も昔はそうだったと知りました。
本当にショックでした。
冒頭に「悔しい」と書いたのは騙されたと感じるからです。
結婚前に夫の性格や暴力のことで母や親戚から反対されながらも結婚を選んだのは私です。
でも、墓場まで持って行こうとした夫が許せません。
私に話していたら結婚は迷ったかもしれない。
でもきっと結婚していたと思うんです。
それなのに純粋な気持ちでずっと夫を思ってきたのに隠し通そうとしている夫は裏切り者です。大嘘つきです。
夫を許せません。
結婚するまでは部落の人がいるのかどうかも知りませんでした。そして、部落が何かもよくわかりませんでした。
しかし、少しずつ勉強したり地区や周りの人間を見ていく中で分かったことがあります。それは差別する人間だけが悪いのではなく、差別される側にも問題があるということです。
義父や夫の親戚の会話は人間の血が通っていなくて、私にはとても理解ができません。酷い言い方かも知れませんが、気が狂いそうになるほど見ず知らずの他人を悪く言ったり暴言を吐きます。
私が言われることもあります。
今、人生にとても悩んでいます。こどもが小さいので母子家庭は厳しいかもしれませんが、穏やかな暮らしがしたいです。
夫とも義父母とも一切の縁を切ってこの土地からも逃れたい・・普通の考えをした人間と関わりあって生きたい。これが正直な気持ちです。
簡単にはいきませんが、何も考えずに生活しようとしても夫や義父が何か言動を起こす度にうんざりしている自分がいます。
まとまりの無い文章ですみません。
経験談やアドバイスなど、皆さんの考えをお聞かせ下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。
最後まで読んで下さってありがとうございました。

悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。
(理解していただきたいので内容が細かく、長いです。申し訳ありません。)
出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。
結婚して4年です。子供が一人います。
夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。
私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。
出会った当時、夫は実家にルートセ...続きを読む

Aベストアンサー

難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を
説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。

自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか?
と聞かれると自信がありません。

普通に・・・・と言う気持はよくわかります。

昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに
違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。

そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が
表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも
しれませんしね。

この事案からまったくかけ離れた所で生活している物が
当事者に対して簡単に「差別はいけません」とは言い難いです。

関わった物の苦しみは関わった者しか分かりませんね。

輪の中に身を置くという事で、私は単なる個人の人格だけの
問題でもない気がします。

生活の環境と言う物は、個人の主観に大きく影響します。

周りを取り囲む人々が同じ価値観で接してくれば、少なからず
感化されますからね。

さて、問題は今後ですよね。
離婚されるなら身を隠す必要があると思いますよ。

今までの言動・行動を見ても旦那様自身がこの事をかさに
人を威圧する性格が見受けられます。
そういう境遇が持たしたら性格かもしれませんが、実際問題
多少危険である事は覚悟する必要があると思います。

出来れば御実家のご両親にもきちんと相談されて、考えうる
対応を模索しておく必要があると思います。

それでも先を考えれば、行動する価値は十二分にあると思います。
今は×1も珍しくありません。
心穏やかな生活が迎えられると良いですね。

難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を
説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。

自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか?
と聞かれると自信がありません。

普通に・・・・と言う気持はよくわかります。

昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに
違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。

そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が
表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも
しれませ...続きを読む

Q天皇陛下は家康・信長・豊臣家の子孫?

ニコニコ動画には、「天皇陛下の御先祖様を16代前まで遡ってみた」
というのがあって、それによると現在の皇室は、織田信長・徳川家康・
豊臣秀吉(の母)の子孫であるとの事だそうです。
だとすれば、現代の皇室は日本史オールスターですね。

残念ながら、どういうわけか私はこの動画を見る事が出来ないんですが
皇室が上記の人物の子孫だというのは、どういう流れになるんでしょうか?

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4182383.html
ちなみに天皇が徳川家康の子孫という部分はちょっと違うという
指摘があるようです。(他のルートで繋がっている可能性は大ですが)

Aベストアンサー

血は流れていますね。
大名と公家は色々と婚姻関係を結びますので、その関係で色々と有名な人の血が流れたりします。
だから色々なルートで繋がったりします。
そのニコニコ動画とやらは見ていないので知りませんが、以下のようなルートで繋がってたりもしてます。

まず織田信長ですが・・・
信長の次男「信雄」という人がいまして戦国時代を生き延び5万石の大名となります。
その「信雄」には子供がたくさんいまして、その四男「信良」は小幡藩藩主となります。
その「信良」の娘が、臼杵藩第四代藩主の「稲葉信通」に嫁ぎます。
そして次の第五代臼井藩藩主になる「稲葉知通」を産みます。
その「稲葉知通」の子「稲葉恒通」が臼杵藩第六代藩主になります。
その「稲葉恒通」の正室(お嫁さん)になったのが徳川家康の血筋の女性です。

ここで、ちょっと話を置いて、徳川家康に行きますが・・・
徳川家康の次男に「結城秀康」という人がいまして福井藩藩主となります。
この人も子供がたくさんいまして、その六男「松平直良」が大本藩藩主となります。
その「松平直良」の三男「松平直明」の娘が、臼杵藩第六代藩主「稲葉恒通」の正室(お嫁さん)になりました。

そして臼杵藩第六代藩主「稲葉恒通」と、その正室(お嫁さん)の間に娘が産まれます。
つまり、ここで「信長」と「家康」の両方の血をひく子供ができたわけです。
この娘さんが、公家の勧修寺家の当主「勧修寺顕道」に嫁ぎます。
そして跡継ぎの「勧修寺経逸」を産みます。
その「勧修寺経逸」の娘「勧修寺ただ子」が、第119代天皇である光格天皇に女官として仕え、後に光格天皇の子供を産みます。
その子供が第120代天皇になった仁考天皇です。
ここで「徳川」「織田」の血が天皇家に入りました。
そして第121代の考明天皇、第122代の明治天皇、第123代の大正天皇、第124代の昭和天皇、そして現在の天皇陛下へと血は繋がっていきます。メデタシ、メデタシ。


豊臣家の場合は・・・
秀吉には、「日秀」という実姉がいました。
この「日秀」が結婚し「秀勝」という子供が産まれます。
この「秀勝」を秀吉が養子にしたりしますが、それは置いておいて・・・
その「秀勝」が結婚し娘が産まれます。
この娘「完子」が公家の名門「九条家」に嫁ぎ、その跡継ぎを産みます。
そして時は流れて・・・
第123代天皇の大正天皇に九条家の娘さんが嫁ぎます。
そして第124代の天皇となる昭和天皇が産まれました。
つまり、ここで「秀吉」の姉の血が天皇家に入りました。
そして現在の天皇陛下へと血は繋がっていきます。メデタシ、メデタシ。

「織田」と「徳川」なら探せば他にも繋がってるルートが複数あると思います。はい。

血は流れていますね。
大名と公家は色々と婚姻関係を結びますので、その関係で色々と有名な人の血が流れたりします。
だから色々なルートで繋がったりします。
そのニコニコ動画とやらは見ていないので知りませんが、以下のようなルートで繋がってたりもしてます。

まず織田信長ですが・・・
信長の次男「信雄」という人がいまして戦国時代を生き延び5万石の大名となります。
その「信雄」には子供がたくさんいまして、その四男「信良」は小幡藩藩主となります。
その「信良」の娘が、臼杵藩第四代藩主の「稲葉信...続きを読む


人気Q&Aランキング