「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

一年前に歯科医に行ったところ、自分が緑内障だと話したら歯の麻酔は危険だと言われました。けれどその先生は調べながら危険じゃないかな…わかんないと適当に返されてしまいました。
今の所、歯の麻酔予定は無いのですが。近々歯科医に行くつもりなので自分でも一応調べておこうと思ったのですが。よく分からず此方に書き込ませていただきました。
緑内障になって5年近くになるのですが、未だに緑内障の禁忌についてよく知らないので少し不安です。
風邪を引いても解熱剤は飲めないとか、市販の目薬は使えないとか。そういったことは知っているのですが…。

もし知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

眼科医です。


まずあなたの緑内障のタイプによります。
恐らくは5年も眼科にかかっているなら慢性開放隅角緑内障であると思います。(私は診てないので主治医に確認してください)
もしもあなたのタイプが上記のタイプ(殆どはこれです)ならば麻酔や風邪薬くらいで高眼圧発作は起こりません。
一般的に緑内障がだめといわれているタイプは閉塞隅角緑内障です。
とりあえずはかかりつけの眼科に聞くことが必要ですね。今後のこともあるのでぜひ自分の眼の状態を把握しておいてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

遅くなってしまってすみません。
緑内障のタイプがあるのは知っていたのですが、それによって違うのですね。
先生には煙草は吸わないで下さいとか、市販の目薬、お酒は程々に…とかしか言われなくて。
多分、慢性開放隅角緑内障だと思われるので定期検査のときに先生に聞いてみます。
回答本当にありがとうございました!

お礼日時:2007/05/25 19:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってしまってすみません。
分かり易いサイトを教えてくださってありがとうございます!
参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/25 18:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q眼圧が高い、緑内障の恐れが・・・と医者に言われました。怖いです。

昨日、まぶたが腫れたため眼科に行きました。
その際とても怖いことを言われました。
どなたか詳しい方、これがどういうものなのか教えてください。

★質問1
麦粒腫(ばくりゅうしゅ)といった言葉を先生がおっしゃっていたので
おそらく、ものものらい?のことだと思います。
薬は全部で4種類処方されました。これは一般的でしょうか?

1.トスフロ点眼駅0.3%(5ml)1日6回・・・殺菌薬
2.硫酸ゲンタマイシン点眼液0.3%「ニットー」5ml 1日6回・・・抗菌薬
3.フロモックス錠100mg 1日3回 毎食後服用・・・殺菌薬
4.ビオフェルミンR錠 1日3回 毎食後服用・・・腸の調子を整える

★質問2
右目の眼圧が23で、正常値よりも高いといわれました。
左目の眼圧は17で正常とのこと。
眼圧が高いと、緑内障に繋がることもあるので、来週もう一度眼圧を測るよう言われました。
ネットで調べると失明の可能性ありということで、ビビッています。
まだ20歳なのです。

まぶたが腫れたので、氷水でしばらくまぶたの辺りをおさえていたのですが
それが検査時の眼圧に影響した可能性はあるでしょうか?

昨日、まぶたが腫れたため眼科に行きました。
その際とても怖いことを言われました。
どなたか詳しい方、これがどういうものなのか教えてください。

★質問1
麦粒腫(ばくりゅうしゅ)といった言葉を先生がおっしゃっていたので
おそらく、ものものらい?のことだと思います。
薬は全部で4種類処方されました。これは一般的でしょうか?

1.トスフロ点眼駅0.3%(5ml)1日6回・・・殺菌薬
2.硫酸ゲンタマイシン点眼液0.3%「ニットー」5ml 1日6回・・・抗菌薬
3.フロモックス錠100mg 1日3回 毎食後...続きを読む

Aベストアンサー

緑内障の38歳男性です。24歳の時に緑内障が発覚しました。

緑内障とは、「眼圧」(眼球内を満たしている房水の圧力)が高すぎることによって、視神経が圧迫されて壊死し、その結果として視野が欠損していく病気です。
緑内障で一度死んでしまった視神経は生き返らせることはできません。
欠けた視野は二度と取り戻すことのできない「失明への一方通行」の病気です。
ですが、たいていの場合、治療によって視野欠損の進行を止めることができます。

緑内障が怖いのは「視野は周辺から削れていく」ことが多いため、初期段階ではほとんど自覚症状がなく、失明直前の末期で発覚することが多い点にあります。それでは、治療で視野欠損の進行を止められても手遅れです。
ですから、早期発見できれば緑内障はそれほど怖くありません。

眼圧の正常値は10mmHg~21mmHgと言われていますが、実際にどのくらいの眼圧で視神経に影響が出始めるかは個人差があります。
(正常値範囲内でもその人にとっては眼圧が高すぎる「正常眼圧緑内障」というのもありますし、眼圧は高いけど視神経には影響が出ない「高眼圧症」もあります)

質問者さんの眼圧が23mmHgというのは正常値より高いですが、視野や視神経を見ないと緑内障かどうかはわかりません。
ですが、たとえ単なる高眼圧症だったとしても、眼圧が高いと今後緑内障になるリスクが高いのは確かです。
緑内障は、たいていの場合、年単位ですこしずつ視野が欠損していき、10年単位の時間をかけて失明に至るような、非常に進行がゆっくりとしたものです。たとえ今後の検査で今のところ緑内障ではなかったとしても、年に一度とかそのぐらいの間隔でも十分ですので、定期的に眼科で検査を行うことをおすすめします。


緑内障は一生付き合うことになる病気ですが、早期に発見できれば怖くありません。
緑内障かもしれないと嘆くよりも、早期に緑内障を発見できるかもしれないとポジティブに考える方が良いかと思います。

> まぶたが腫れたので、氷水でしばらくまぶたの辺りをおさえていた
断言できませんが、私の経験では、そういうことをしても眼圧は上がったりしないです。
(一時期、よく目が痛くなって冷やしたりしたのですが、そういう状況で眼圧を計っても、普段よりも高くなったりしてませんでした)
ですが、そういう一時的な眼圧上昇の可能性も考えて、医師の方は「来週にもう一度眼圧を測る」とおっしゃったのでしょう。
例え緑内障だったとしても、一週間やそこらでは病状は進行することはありませんので、気にせず普通に過ごしてかまわないと思います。

緑内障の38歳男性です。24歳の時に緑内障が発覚しました。

緑内障とは、「眼圧」(眼球内を満たしている房水の圧力)が高すぎることによって、視神経が圧迫されて壊死し、その結果として視野が欠損していく病気です。
緑内障で一度死んでしまった視神経は生き返らせることはできません。
欠けた視野は二度と取り戻すことのできない「失明への一方通行」の病気です。
ですが、たいていの場合、治療によって視野欠損の進行を止めることができます。

緑内障が怖いのは「視野は周辺から削れていく」ことが多い...続きを読む

Q緑内障と診断された20代です。一生、眼圧を低く維持できるのですか?

緑内障と診断された20代です。一生、眼圧を低く維持できるのですか?

本日先生に、緑内障だと言われました。今日の眼圧は両目とも19でした。
1週間前は21でした。

半年ほど前から眼科に定期的に通い、眼圧の高さをはかっています。
眼底検査、視野検査なども受けました。
緑内障の疑いありで一番高い時は24ぐらいあり、キサラタンを
これまでつけてきてその時は15ぐらいまで下がっていたのですが
1週間前の測定では21、今日は19でした。


まだ視野に異常はいまはないが
OCT(光干渉断層計)の結果は、陥没の度合いが高いそうです。緑内障に間違いないと言われました。

一度死んだ神経?はもう元には戻らないそうなので、今後いかに
眼圧を正常範囲に保ちつつ、神経を圧迫しないようにするかという話を
受けました(私の理解ではこのように受け取りました)



質問

・私はこれから一生目薬をさすようですが、そんな何十年も眼圧を一定に保てるのでしょうか?キサラタンの効き目もすぐなくなったようで、本日はトルソプト点眼薬も出されました。キサラタンと併用して眼圧が下がるか試して1週間後に、眼圧をはかります。


・目薬を2本も使うのは一般的なのでしょうか?
 2本使うということは、キサラタンとトルソプトの効果は、補間関係にある?
 たとえばトルソプトだけ使って、キサラタンはやめるとかってできるのでしょうか?

緑内障と診断された20代です。一生、眼圧を低く維持できるのですか?

本日先生に、緑内障だと言われました。今日の眼圧は両目とも19でした。
1週間前は21でした。

半年ほど前から眼科に定期的に通い、眼圧の高さをはかっています。
眼底検査、視野検査なども受けました。
緑内障の疑いありで一番高い時は24ぐらいあり、キサラタンを
これまでつけてきてその時は15ぐらいまで下がっていたのですが
1週間前の測定では21、今日は19でした。


まだ視野に異常はいまはないが
OCT(光干渉断層計)の結...続きを読む

Aベストアンサー

24歳の時に緑内障が発覚した30代男性です。

> 一度死んだ神経?はもう元には戻らないそうなので、今後いかに
> 眼圧を正常範囲に保ちつつ、神経を圧迫しないようにするかという話を
> 受けました(私の理解ではこのように受け取りました)

はい、概ねその理解で間違いないかと思います。もうちょっと突っ込むと、
視神経に影響が出るような眼圧の高さには個人差があり、
眼圧は一般的な正常範囲より高いけど、視神経には影響が出てないという、「高眼圧症」もあれば、
眼圧は一般的な正常範囲内だけど、その人にとっては高すぎて視神経が死んでしまうという、「正常眼圧緑内障」もあります。

ですので、一般論的な「正常範囲」を目指すのではなく、
「その人にとって視神経に影響が出ない眼圧範囲」を見極めたうえで、
その範囲に保つことを目指すことになります。

(そういう意味では、回答1さんは、高眼圧症であり、緑内障ではないということですね)

> ・私はこれから一生目薬をさすようですが、そんな何十年も眼圧を一定に保てるのでしょうか?

個人差がありますから、「その人による」としか言えないかと思います。
ですが、今後、どんどん新薬が出てくるでしょうし、
目薬が効かなくなったら手術という手段もありますし、
それほど心配することはないかと思います。

> ・目薬を2本も使うのは一般的なのでしょうか?

回答1でも書かれていますが、眼圧を下げる方法(原理)はいろいろありますので、
そのしくみが違う薬なら組み合わせて使うことができますし、
より眼圧を下げるために複数の目薬を使うのは一般的です。

(また、例えば、今年出たばかりの新薬「ザラカム」は、よく使われる組み合わせであるチモプトールとキサラタンを一つの目薬にしたものだったりします)
http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2010/2010_01_20.html

私の場合、最初は「レスキュラ、チモプトール、ピバレフリン」の3本を点眼していたのですが、
ピバレフリンにアレルギーが出たため、10年ほど前に、眼圧が高かった右目は手術にふみきりました。
で、手術でも完全に眼圧が下がりきらなかったのですが、当時出たばかりの新薬だったキサラタンに切り替え、
その後は 左目:チモプトール+キサラタン、右目:キサラタン で過ごしています。
レスキュラは一日三回だったのが、キサラタンの一日一回で点眼がだいぶ楽になりました。

緑内障は一度死んだ視神経は生き返らせることが出来ない、失明への一方通行ですから、視野欠損が進んだ失明直前に発覚すると取り返しがつかない病気です。
ですが、たとえ治療しなくても、視野欠損の進行は年単位で進んで10年単位で失明にいたるといった進行は非常にゆっくりとしたものですし、
たいていの場合は眼圧を下げることで欠損の進行を止められますので、視野に影響が出てないうちに発見できたのであれば、それほど怖い病気ではありません。

人によって薬の効き具合なども違いますから、最初はその人にあった治療法を模索するといったことになるかと思います。
一生付き合うことになる病気ですから、まずはじっくりと落ち着いて対応してください。

24歳の時に緑内障が発覚した30代男性です。

> 一度死んだ神経?はもう元には戻らないそうなので、今後いかに
> 眼圧を正常範囲に保ちつつ、神経を圧迫しないようにするかという話を
> 受けました(私の理解ではこのように受け取りました)

はい、概ねその理解で間違いないかと思います。もうちょっと突っ込むと、
視神経に影響が出るような眼圧の高さには個人差があり、
眼圧は一般的な正常範囲より高いけど、視神経には影響が出てないという、「高眼圧症」もあれば、
眼圧は一般的な正常範囲内だけど、その人に...続きを読む

Q正常眼圧緑内障って、どのくらいの早さで進行するものでしょうか?

正常眼圧緑内障って、どのくらいの早さで進行するものでしょうか?

Aベストアンサー

個人差がありますので断言はできませんが、
たいていの場合、治療をせずに放置すると「年単位で視野が少しずつ欠損していき」「10年単位の時間をかけて失明に至る」ぐらいの早さで進行します。

緑内障による視野欠損は、
一度欠損した視野は取りもどすことの出来ない、失明への一方通行ですが、
適切な治療をすれば、視野欠損の進行を止めることができ、
治療開始時の視野をずっと維持し続けることができる場合が多いです。

Q緑内障の手術の際の麻酔について教えて下さい。

 父(70歳)は糖尿病です。
糖尿からだとは思いますが、白内障の手術を受けました。
その直後に緑内障だということで、緑内障の手術も受けました。
その後、眼圧を下げる薬を飲んだところ、全身に蕁麻疹が現れる副作用が有りましたので眼科の主治医に伝えたところ、その薬の使用を中止して、点滴による治療になりました。ですが、点滴を終えて帰宅してきた父の顔が、顔全体がむくみ、まぶたがたれさがり、下唇が反り返っていましたので、すぐに眼科に電話したところ、「すぐに病院に来て下さい」と、とても慌てた口調で言われました。再度眼科で、4時間程点滴を受けて帰ってきたときは、その症状は緩んでいました。
その数週間後に緑内障の手術を行いましたが、その際に全身麻酔を受けたそうです。ですが、緑内障の手術で全身麻酔???という感じですが・・・。緑内障の手術で全身麻酔をする。ということはあり得ることですか?

Aベストアンサー

ありえます。
白内障の手術でも全身麻酔することがありますし、子供などで眼底検査をするためだけに全身麻酔をかけることはあります。

一般的には、痛みが強い手術や、お腹を大きく開ける場合など全身管理が必要な場合に全身麻酔を行います。眼科でも、外眼筋という眼の周りの筋肉を触る場合や眼球破裂に対する処置など痛みが非常に強い場合には全身麻酔が選択されます。

その他に、相対的な適応として患者さん側の要因もあります。
眼がやたらと動く人や、前回の手術で体動が激しかったりして手術が困難な患者さんの再手術や、じっとできない子供、認知症の高齢者、精神遅滞のある方など、医者が局所麻酔での手術が困難と判断すれば全身麻酔が選択されます。
大きな手術=全身麻酔というわけではないのです。

貴方のお父様がどのケースにあたるかは分かりませんが、上記参考にされてください。

Q緑内障でも服用出来る胃腸薬を教えて下さい。

緑内障でも服用出来る胃腸薬を教えて下さい。
緑内障の治療を去年の3月から始めました。
高眼圧の緑内障でミケラン点眼液2%を処方されていて、現在では眼圧左目13、右目15で安定しています。


厳密に言うとドラッグストアで自由に買える総合感冒薬を含む市販薬のほとんどが禁忌なのだそうですが
担当医と薬剤師からロートエキスを含んだ胃腸薬は絶対に服用してはいけないと言われました。

同じ緑内障の治療を受けている方、薬剤師の方で緑内障でも安全に飲める市販の胃腸薬があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

胃腸薬にもいろいろな種類があります。
・胃の働きを活発にする胃腸薬
・胃酸を抑える胃腸薬
・胃酸を補う胃腸薬
・胃の荒れを防止する胃腸薬
・胃の荒れを直す胃腸薬
・その他諸々

緑内障でも安全に飲める云々よりも、どういった目的で胃を治す薬なのか、をまず見極める必要があります。
いずれにしても、ここで相談するおおざっぱな内容ではありません。
胃腸科の専門医に行くべき事柄です。
あるいは、一時的なものであれば、胃腸薬の服用を諦めるか、です。

おわかりいただけますでしょうか。

Q緑内障と力仕事について

以前ここで緑内障の進行具合とアルコールの関係について教えていただきました。(そのときは眼科医の方に回答いただきありがとうございました)
症状は視神経の陥没で視野の欠損はなく眼圧は正常範囲内です。(両眼とも16ぐらい)定期的に検査は受けています。

その後、あちこちのホームページを見ていたら、中に、力仕事は眼圧をあげる要因になるので避けたほうがよいと書いてあるのを見つけました。
日常生活で気をつけることは特になく、気にしないほうがよいという記述のほうが多かったので、そんなことは気にせず、1年以上、毎日、ダンベル体操とウオーキングを続けて、土日にはウエイトトレーニングをしているのです(わりとハードにやってます)が、ほんとに影響はあるのでしょうか?トレーニングを続けてるほうが、体調はよいのですが、、、。

ちょっと気になったので、よろしければ教えてください。
 

Aベストアンサー

bakabondesuさん、お久しぶりです。
前回解答した眼科医です。
最近GOOを覗いていなくて遅くなってごめんなさい。

力仕事で眼圧が上がる?!
あまり私は聞いたことはありません。
どこのHPにありましたか?

緑内障負荷試験というのがありまして、こうすると隠れている緑内障が引き出せるというテストは教科書的にたくさん知られています。

以前にも解答したように、大量の水分を取らせる、カフェイン(コーヒーやお茶)を摂取する、ニコチン(タバコ)、うつむきの姿勢で長くいる・・などです。
他には、安定剤やレントゲンの造影剤などの薬剤で偶発的に発作が起ることもあります。

重いものを持ったり力仕事をすると上がるのは血圧でしょう?
血圧と眼圧は全く別個のものです。
低血圧でも高眼圧の患者さんはたくさんいますし、高血圧の人=高眼圧では決してありません。

正常眼圧緑内障の大敵は、循環不全ですので適度な運動大いに結構です。
ウェイトトレーニングで脂肪を筋肉に置換させるのは良いことです。

疑問があれば主治医にお尋ねください。
いらんことでクヨクヨ悩むというのも緑内障体質の一つとされ、そのストレスが眼圧を上げることもあるそうです。
ちょっとアホらしいでしょう?!(笑)

bakabondesuさん、お久しぶりです。
前回解答した眼科医です。
最近GOOを覗いていなくて遅くなってごめんなさい。

力仕事で眼圧が上がる?!
あまり私は聞いたことはありません。
どこのHPにありましたか?

緑内障負荷試験というのがありまして、こうすると隠れている緑内障が引き出せるというテストは教科書的にたくさん知られています。

以前にも解答したように、大量の水分を取らせる、カフェイン(コーヒーやお茶)を摂取する、ニコチン(タバコ)、うつむきの姿勢で長くいる・・などです。...続きを読む

Q緑内障でレーザー治療をしました。

20代女性ですが、左目の緑内障を発症し、レーザー治療を受けました。
もともとぶどう膜炎(虹彩炎)で、急に眼圧が上がり(50mmHgぐらい)点滴と点眼で眼圧が10mmHg程度に下がり、その後レーザーによる治療をしました。
どうやら瞳孔がほとんど癒着しており、体質的にも眼圧が上昇しやすくやっかいな目だそうです。

1回目のレーザーで開けた穴が詰まったようで再び20mmHg程度に眼圧が上昇していて、2回目のレーザー治療をしていただいたのですが、その時に出血がありました。
痛みはないのですが、視力がかなり低下していて、左目は現在明るさと色の識別ができる程度です。左目を閉じているような感じで距離感が掴みづらいです。

視力の回復はじめ、定期健診だけで済むようになるのでしょうか。
緑内障について色々調べましたが、私の症状は稀なケースのようで、あまり参考にならず不安です。
レーザーによる出血というのは、普通ですか?1回目の治療時には出血はありませんでした。
担当の先生もカルテを書くのに忙しそうだし、たくさんの方の診察で忙しいようで、長々と疑問を聞きづらいです。
また、緑内障に詳しい方や同じ症状の方いましたらご意見お聞かせください。

わかりにくい文章でごめんなさい。

20代女性ですが、左目の緑内障を発症し、レーザー治療を受けました。
もともとぶどう膜炎(虹彩炎)で、急に眼圧が上がり(50mmHgぐらい)点滴と点眼で眼圧が10mmHg程度に下がり、その後レーザーによる治療をしました。
どうやら瞳孔がほとんど癒着しており、体質的にも眼圧が上昇しやすくやっかいな目だそうです。

1回目のレーザーで開けた穴が詰まったようで再び20mmHg程度に眼圧が上昇していて、2回目のレーザー治療をしていただいたのですが、その時に出血がありました。
痛みはないのですが、視力がかなり...続きを読む

Aベストアンサー

大学病院の眼科医です。

レーザーを用いた治療には数種あります。
最初の治療は虹彩に小さな穴を開けるレーザー虹彩切開術でしょう
それでも効果が出ない場合は、房水が新しい排出路を作る線維柱帯切除術か
線維柱帯切開術です。この線維柱帯切開術では出血します、それは効果的に
手術が行われたかを判断する1つの目安になるもので、シュレム管が正確に
切開すれば必ず出血しますので、心配は要りません。
出血したものは、2~3日から1週間で吸収されて視力も回復します。

Q目薬で瞳孔開く検査後、どれくらいで元に戻りますか?

お世話になります。

今日ひぶんしょうの検査をするために
目薬で瞳孔を開いて検査しました。
問題はありませんでした。

病院では3,4時間くらいは目が瞳孔ひらきっぱなし
になるときいてたのですが12時間たった今も
ほぼ戻ってはいますが右眼より目薬した左眼のほうが
ふた周りくらい大きいです。

このまま元に戻らないとかあるんでしょうか?
朝まで心配です。

Aベストアンサー

過去何回も瞳孔を開く検査を受けていますが、3~4時間は瞳孔がMax全開でピントが合いづらく、それ以降は徐々に瞳孔が縮まって行き、同時にピントも合うようになってきますね。
12時間経っても多少瞳孔が大きいそうですが、私も同じような感じです。
戻らないことはありませんので大丈夫です。
完全に大きさが戻るのは翌朝ですね。

ところで、ひぶんしょうの検査は片目しかしなかったのですか?
どっちかといえば、そっちのほうが気になりました。

Q「緑内障治療中のフルメトロン0.1」

「緑内障治療中のフルメトロン0.1」

数週間前に急性の緑内障になり、
点眼薬治療で現在の眼圧は正常値に戻っています。
今回の診断で、眼圧は問題なしだったのですが、
充血だったか炎症だったかの影響で、
何か(すみません詳しく覚えていません)を治すため点眼薬を新たに処方されました。
その薬は、「フルメトロン0.1」と「タリビッド0.3」です。
そこで気になったのですが、
フルメトロンはステロイド系の薬で
眼圧を上げる副作用があると記憶しています。
緑内障になり眼圧を下げる治療をしたにも係わらず
このような点眼薬を使用してもよいのでしょうか?
間違って処方されたのかと不安に思っています。

それとも緑内障の治療には普通に処方されるお薬なのでしょうか?
ご存知の方宜しくお願いします。
(ちなみに、緑内障を治療する点眼薬は中止になりました)

Aベストアンサー

専門家ではありませんので参考までに…。

ブドウ膜炎を治す為にフルメトロン出された事あります。
私の場合はフルメトロンより強い点眼薬のリンデロンから、症状が弱まったらフルメトロンに切替えてます。
ブドウ膜炎にかかっている間に緑内障を発症した事もありますが、フルメトロン+緑内障の眼圧を下げる薬を同時に出されてますから間違いではないと思いますが…。
あくまで私の場合ですが、眼圧が正常値に戻っても戻らなくても、ブドウ膜炎がある限りはフルメトロンは普通に使うと思います。

もし聞けるなら薬剤師さんにでも確認されると、確実で安心かと思います。

Q現在、眼圧が50を越えていて、緊急に眼圧を下げなければならない状態です

現在、眼圧が50を越えていて、緊急に眼圧を下げなければならない状態です。(初期緑内障)
点滴・点眼液・で処置してもらいましたが、30くらいまでしか下がっていません。
あと内服薬と点眼液を頂いていますが、
自分で出来る気をつけることがあれば教えて下さい。

『眼圧が上がる行動(行為や動き)はどのような行動になりますか?』
例えば、力仕事をする・目に力を入れる・テレビやPCなどを見る、というような感じで。
(※この例えは、仮に作ったもので事実ではありません)

『眼圧を下げる方法はありますか?』
例えば、まぶたを濡れタオルで冷やす、というような感じで。
(※この例えは、仮に作ったもので事実ではありません)

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

緑内障な30代男性です。

生活上、基本的に高眼圧の改善手段はないです。
日常生活をすごす上では「やった方がいい」こともほとんどありません。
よく民間療法で「○○で緑内障が治った」なんてのがありますが、まず間違いなく眉唾です。信じないようにしてください。
(例えば、よく「ブルーベリーが目に良い」と言いますが、疲れ目に効果はあっても、眼圧を下げる効果はありませんので、高眼圧には意味がありません。)

逆に、眼圧が上がってしまうような「やってはいけない」行動もほとんどありませんので、
特に気にせず、普通に日常生活を過ごして構いません。

よく言われるものに、
・カフェインを摂取すると上昇する
・大量に水を飲むと上昇する
・うつぶせでいると上昇する
・ステロイドを点眼すると上昇する
といったものがありますが、どれも個人差があります(上がらない)し、
上昇したとしても、それは短期的なものであり、やめればすぐに元に戻ります。

http://www.ojihosp.or.jp/raifu/raifu_no33.htm より
---
日常生活の留意点でよくお茶について聞かれますが、コーヒー、お茶などのカフェインは度を越した過剰摂取でなければ問題ありません。未だに緑内障ではコーヒーは禁忌と思っている方もいるようですが、日常コーヒーやお茶を飲む程度で体内に入るカフェインでは眼圧を上げないことがわかっています。
---

一方、緑内障は、眼圧が上昇することによって視神経が圧迫されて壊死し、視野が欠損する病気ですが、
視野の欠損は通常年単位で進行し、10年単位で失明に至るような、かなりゆっくりとしたものです。
ですから、短期的な眼圧の上下はあまり気にしても意味はありません。

ただし、薬には副作用として眼圧が上昇するものがいろいろあります。
薬の服用は長期にわたる場合には、その副作用が無視できません。
ですので、眼科以外の科にかかる時には「高眼圧なので、緑内障禁忌薬は出さないで欲しい」ということをきっちり伝えるのが重要です。

緑内障な30代男性です。

生活上、基本的に高眼圧の改善手段はないです。
日常生活をすごす上では「やった方がいい」こともほとんどありません。
よく民間療法で「○○で緑内障が治った」なんてのがありますが、まず間違いなく眉唾です。信じないようにしてください。
(例えば、よく「ブルーベリーが目に良い」と言いますが、疲れ目に効果はあっても、眼圧を下げる効果はありませんので、高眼圧には意味がありません。)

逆に、眼圧が上がってしまうような「やってはいけない」行動もほとんどありませんので、
特に...続きを読む


人気Q&Aランキング