専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

洋画を英語の字幕つきで見ていてふと思ったことがあります。
こんな文章がありました。

Has anyone been to 'em all?

ここの 'em は直前の文章で planets というのを受けています。
訳は「すべての惑星に行った人はいるの?」になります。

そこまではわかりますし、理解するだけならそれで十分なんですが、
なぜ'emと省略されるのでしょうか。

たとえば、よく似た省略で、マクドナルドの定番でもありますが
I'm lovin' it ってのがあり、それも本当は
I'm loving it ですが、gが落ちるのは直後の母音と発音を連結させるためですが、
この'emには何か理由等あるのでしょうか。

口語的・文法的・その他における理由を教えてください。

また、このほかにもこの話のように口語で単語すべてを言わないもの(一部分が省略されるようなもの)があれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

アメリカに38年半住んでいる者です。

 私なりに書かせてくださいね。

文字表現とは何かと言う事を考えてください。 

I'm lovin' itとI'm loving itの違いは?と言う事なのです、結局は。 GanbatteruyoとGanbatteiruyoとの違いは?と言う事と同じなのです がんばってるよ、がんばっているよが変化したものですね。 その変化とは、書き方から変わりましたか? それとも、そういう発音をしているからですか? 

発音しているからですね。

っとにも~っ、のような日本語表現が最近良く使われるようになりましたね。 「っ」で始まる日本語表現。 普通になりましたね。 なぜならそう発音しているんだと言う認識が強くなったからですね。 っるか?と喧嘩の売り言葉もそうですね。

Waht's up?がWuzup? I love NYがI LUV NY。も発音どおりに表現していると感じるからこうスペルするのですね。 loveのOがofのOではなくUの発音をしていると知っているからです。

thの発音をしなくどう考えてもDの発音をしていると感じれば小説などのせりふの中でMy moderというスペルをMy motherの代わりに使ってそれを表現しているわけです。

さて、本題のHas anyone been to 'em all?ですが、人によっては(その人がいる状況によっても)THを発音していない、と感じたり、聞こえないと感じるからこそ、発音どうりにスペルしているわけです。 そして、普通であればtoの方が弱くなるのにもかかわらずこの文章ではTOに比重を載せているから「強く」発音されているわけですからこのTOは残っているわけです。 「’」をつけて何かが省略されているよ、と言う(発音はされていないけど)ヒントを出しているわけです。 todayがt'dayとかかれるときがあるわけですが、このときのTOはTOと発音しなくても分かる、と言う事が社会的に分かっているからですね。 日本の学校文法ではだめだと言われてもアメリカの社会文法ではその社会で十分認められているわけです。

'Coz, B'cause等も良く使われるわけですが、BEやEの発音がされていないわけです。 ったく~(まったく)と同じ事なのですね。 こういう表現の仕方をしてもいいよという時代になったわけです。 日本語でも英語でも結局人間のすることだ、ともいえると思います。

発音されないから書かない、と言う文字表現傾向はかなり昔からなされてきたのですが(NightをNite,LightをLiteなど)、「’」を使ってより多くの表現方法を生み出したのは結構最近の事とは言いながら、's/'reでBE動詞の最初の母音が消えるのは発音がそのようになったからですね。 定着すれば誰も文句を言わない、定着するまではぎゃあぎゃあ言う人がいる、と言う事でもあるわけです。

と言う事で、今回はtoを強く発音しthが強く発音されていない、と言う事を示す「文字表現」だという事なのです。 (これにより、TOの持つフィーリングを強く出している、と言う事も、その理由になっている事を知ってください)

これでいかがでしょうか? 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 
    • good
    • 37

口語表現ではよくあることです.


言葉を書き言葉と話し言葉に分けたとします.
書き言葉で正しい文章にしようとする場合は,綴りも正確に表現することが通常ですが,話し言葉を書きものにする場合は,口語表現をなるべく実際の音で表したいという欲求があります.今回はその場合でしょう.
すでに他の方のご回答がありますが,別の観点を追加したいと思います.
日本語ではあまり無い要素があります.イントネーションという観点です.ストレスの無い音は弱くなるわけですが,この例での Has anyone been to 'em all? の them で,とくに子音はあいまいになります.母音は,なんとか唸り声のように発声はされても,もともと弱いわけです.話し言葉の音をなるべく聞こえるままに表現しようとした結果,'em としたわけです.
この表現方法は様々な変化形があるし,書く人によっても様々です.見てほとんどの人が理解できればよいという程度です.あまりパターンを覚えるという努力はしなくてよいのではないでしょうか.もちろん,英語を話し,音で聞き分けられる能力があるかないかでも,理解度は違ってくるのは当然で,日本人には不得意な部分でしょうね.

また,もともと言語は話し言葉から出発しています.文字や書き言葉は聞こえたものを表現しようとした結果です.ですから,自由に表現されてよいのですが,歴史的に共通の形が残ってきたのでしょう.現在でも,英語のマンガでの自由な表現には,非英語国民には一般的でなく難しい口語表現が多いです.擬音などもその代表ですね.
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お返事が大変おそくなりましたことをお詫びいたします。

このたびは丁寧なご回答ありがとうございました。

皆様のご回答のお陰で、理解できました。

まだまだ、難しいところはあると思いますが、よりいっそう精進してまいりたいと思います。

ポイントの付与はこちらの独断で申し訳ありません。

またよろしくお願いいたします。

お礼日時:2007/07/08 00:03

訂正


'un = one は /w/ の脱落でした。失礼しました。
    • good
    • 0

例えば eat 'em なら t と th がくっついてしまったというように理解できます。

しかし to 'em は理由が一見分かりません。

今日では 'em は them の省略と見られますが、確かに子音が脱落する理由が不明です。

語源を調べると 'em は本来 them と同義の hem の省略形とあります。 h であれば強勢のないとき脱落するのはよくあります。he, him の弱形の発音 /i: im/(書かれることはまずない)、'un = one など。
hem 自体が廃れた後も 'em は「三人称複数目的格」代名詞の弱形として残り続けた(決して them の th が落ちたのではなく)と言われます。them の省略形ではなく「非標準な代名詞」として使われ続けているということではないでしょうか。

they は本来の英語ではなくノルド語から来た外来語です。代名詞に外来語があるのは非常に珍しいとされます。

-ing を -in' のするのは口語では古くからあり、母音が後続しなくてもこうなります。 Train kept a rollin' / I keep runnin' など。
発音は当然変わってきます。
lovin' it「ラヴィネッt」
loving it「ラヴィンィイッt」(上手く書けませんが鼻に抜いたギのような音)
i'm lovin' it. は口語っぽさを出そうとしてあえてこのようにしたと思います。

一部省略される例で容認されているのは not や be 動詞の短縮形と jack-o'-lantern, will-o'-the-wisp のような複合語の o' = of など、一種業界語のような cap'n = captain, nor' = north, sou' = south などがあります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「'em」 を使う人たちはどんな人?

英文に「'em」という単語が含まれていたのですが、おもにどのような人たちが使う言葉なのでしょうか?社会階級の低い人?それとも若い人たち?

Aベストアンサー

普通の人(階級や年齢など関係なく)が使う言葉だと思いますが。。。
英語、特にアメリカ英語では、口語では省略される “音” が多々あります。
特に代名詞は丁寧に発音されることが少なく、

him = 'im
her = 'er
them = 'em

などと発音されることが多いです。
それを書き言葉に反映させたものを読まれたのだと思います。

強いて言えば、話者はフォーマルに話しているのではなく、カジュアルな会話をしているという場面を描くために、そう書かれているのだと思いますよ。

Qgotの発音はゴットかガットどちらが近いですか。

gotの発音はゴットかガットどちらが近いですか。

Aベストアンサー

初めに、
ガット Gアt
ゴット Gオt
でどちらも、"ッ"はないです。

米国人には、日本人のかたが聞こえてるようなア、またはオの区別は
さほどないです。と言うのは、上記のア、オを発音する時の喉の開き、形状は
同じというか一つで結果的に日本語のア、オのどちらかの音になるからです。

その母音がそのように発音できるようになると、違いが問題に
ならなくなります。

QThat is how...ってどういう意味ですか??

That is how I do it.
That is how it is supposed to be done.
That is how the professionals do it.
この3つの文の日本語の意味を教えてください。

Aベストアンサー

That is how I do it.
That is how it is supposed to be done.
That is how the professionals do it.
この3つの文の日本語の意味を教えてください。

That is how I do it. それが私のやり方です
That is how it is supposed to be done. そうやってやると思われているやり方です
That is how the professionals do it. それが専門家たちがやるやり方です

関係副詞 how の先行詞は the way です。しかし the way how という言い方はあまりしません。the way かあるいは how のどちらかを用いて表現します。
That is how I do it.
That is the way I do it.
That is the way how I do it.→文法的には間違いではありませんが、不自然です。

(直訳)それが私がやる方法です。
(意訳)それが私のやり方です  あるいは  私はそんな風にしてやります

That is how I do it.
That is how it is supposed to be done.
That is how the professionals do it.
この3つの文の日本語の意味を教えてください。

That is how I do it. それが私のやり方です
That is how it is supposed to be done. そうやってやると思われているやり方です
That is how the professionals do it. それが専門家たちがやるやり方です

関係副詞 how の先行詞は the way です。しかし the way how という言い方はあまりしません。the way かあるいは how のどちらかを用いて表現...続きを読む

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。

Qmoreの後に名詞?

こんにちわ。試験に出た問題で理解できていない部分があり、投稿しました。どなたか解説を宜しくお願いします。

There has been an increase in the number of customers since we included more _______ on our menu.

(A) selecting (B) select (C) selections (D) selected

答えは(C)selections です。がmoreの後に名詞が来ることもあるのですか?

Aベストアンサー

more の後に名詞が来ることもあるのですか?
このご質問は、「more +形容詞/副詞で、比較級を作る」というmoreの用法のことを思い描いていらっしゃるのですね。

moreは、数が多いことを表すmanyの比較級(最上級はmost)でもあり、量が多いことを表すmuchの比較級(最上級はやはりmost)でもあります。

many/muchと、その比較級more/最上級mostには、名詞を修飾する形容詞の働きがあり、much/more/mostには、動詞や形容詞・副詞を修飾する副詞の働きがあります。

問題文では、many(形容詞)の比較級が、selectionsという名詞を修飾しています。「more +形容詞/副詞で、比較級を作る」のは、much(副詞)の比較級がその後の形容詞/副詞を修飾する形で、全体としてその形容詞/副詞の比較級となっているのでしょうか。

いくつか例文を挙げておきます。理解の参考にしてください。

1から6は、manyとmuch(それぞれの比較級more/最上級most)が、形容詞として働いている例です。
1.Many missionaries were forced to leave the country.
  多くの伝道師がその国をから追われた。
  (many が形容詞として、missionaries を修飾している)
2.It's been another black day for the car industry with more job losses announced.
  さらに多くの失業が発表され、自動車業界にとってまたもや暗黒日となった。
  (more が形容詞として、job losses を修飾している)
3.Which class has the most children in it?
  どのクラスに一番多くのこどもがいるのですか?
  (the most が形容詞として、chikdren を修飾している)
4.With Christmas coming up, few people have much money to spare.
  クリスマスが来るというのに、使えるお金をたくさん持っている人はほとんどいない。
  (much が形容詞として、money を修飾している)
5.I can't believe he had the audacity to ask me for more money!
  彼ったら、もっとお金をくれだなんて、よくも言えたものね。
  (more が形容詞として、money を修飾している)
6.Which class has the most children in it?
  そのクラスに、一番こどもが多いのですか?
  (the most が形容詞として、children を修飾している)

7から9は、much/more/mostが副詞として働いている例です。
7.Tony hasn't changed much in the last ten years.
  ここ10年間トニーはあまり変わっていない。
  (much が副詞として、change を修飾している)
8.I promised Mum that I'd help more with the housework.
  これからはもっと家事を手伝うと、母に約束した。
  (more が、副詞として、help を修飾している)
9.I guess the food I eat most is pasta.
  一番よく食べるのは、パスタだと思います。
  (most が、副詞として、eat を修飾している)

10・11は、「more/most+原級」で、形容詞・副詞の比較級・最上級を作る例ですが、これは基本的に、8・9の用法と同じようです。修飾する相手が動詞から、形容詞や副詞になっただけのようですから。

10.Can't it be done more quickly?
   それ、もっとはやくやってもらえませんか?
   (more が副詞として、quickly を修飾している)
11.The most important thing is to stay calm.
   一番大切なことは、落ち着きを失わないことだ。
   (most が副詞として、important を修飾している)

今回の問題については、他の方々の立派なご回答ですでにご理解なさっていることと存じます。せっかくですから、many/muchと、その比較級・最上級のmore/mostについて、まとめてみてはと思い、こんな整理をしてみました。

かえってややこしくなったようでしたら、ごめんなさい。
どんなことでも、補足いただければ、また考えてみます。
同じ英語の学徒として、楽しみを分け合うことができれば幸いです。

more の後に名詞が来ることもあるのですか?
このご質問は、「more +形容詞/副詞で、比較級を作る」というmoreの用法のことを思い描いていらっしゃるのですね。

moreは、数が多いことを表すmanyの比較級(最上級はmost)でもあり、量が多いことを表すmuchの比較級(最上級はやはりmost)でもあります。

many/muchと、その比較級more/最上級mostには、名詞を修飾する形容詞の働きがあり、much/more/mostには、動詞や形容詞・副詞を修飾する副詞の働きがあります。

問題文では、many(形容詞)の比較級が...続きを読む

Q"ask for" と "ask to"の違い

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、"ask for" と "ask to"の意味的な違いがよくわかりません。

例えば、以下のような例文があった場合、
 ・I want to ask you to do that.
 ・I want to ask you for doing that.
どちらも同じ意味として考えてよいのでしょうか?
また、そもそも"ask for"の場合は動名詞が続くことはなかったりしますか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

for ~は「~を求めて」で後には求める「もの」か
help, permission のような動作を表す名詞が来て,
動名詞はあまり見かけません。

ask for ~で熟語にもなっていますが,
ask O for ~もよく用いられます。

以前,入試の整序問題で
ask her for help
ask for her help
どちらも可能なものがありましたが,
正解はどちらのつもりだったのでしょう。
(site:us では前者が優勢)

be surprised to 原形
be surprised at ~ing
なんかも悩みますが,
こういう場合は不定詞にするのが基本でいいと思います。

Qhereとover hereとover there

外国人が、hey over hereといってたんですが、このoverってなんですか?
hereといったり、over hereといったり使い分けてますね
あとOver thereのoverは?

Aベストアンサー

over here

日本語に訳すと

「こっちへおいでよ!」です。

OVERがつくのはちょっとしたニュアンスです。


いまあなたがいるその場所から
何かをのりこえて(over)来てください


そういうイメージがあるのでoverが入るのです。

hereというのは
ただ単純に「ここ」という意味。


使い分けているというよりも
ただ場所を指しているだけ。


over here を


わかりやすい例文を出して
説明します。

「こっちへ来てくれ」
という英文を作るとすると、

come over here で

来るという動作を表現しますのでoverという
さきほど説明したニュアンス(そこからこちらへ)
が加わるのです。



over there

も同じようなニュアンスです。

例文
LOOK 
OVER THERE!!

「みて!あそこ!!」
(日本語訳はこれでいいです。)


ではニュアンスを考えてみます。

見るという目の動きを表現すると、


こちらのあなたの視線を
向こうへ動かしてあそこを見てくれ


と言っている感覚です。


目線の動作がover
(こちらからあちらへと
のりこえて視線をやってください)

というニュアンスが入っているので

overが加わるのです。

いかがでしょうか?

over here

日本語に訳すと

「こっちへおいでよ!」です。

OVERがつくのはちょっとしたニュアンスです。


いまあなたがいるその場所から
何かをのりこえて(over)来てください


そういうイメージがあるのでoverが入るのです。

hereというのは
ただ単純に「ここ」という意味。


使い分けているというよりも
ただ場所を指しているだけ。


over here を


わかりやすい例文を出して
説明します。

「こっちへ来てくれ」
という英文を作るとすると、

come over here で

来るという動作を表現しますので...続きを読む

QI will be ~ingのニュアンスと使い方を教えてください!

英文法についてわからないことがあります。

1.I will be starting to practice Judo soon.
2.I will be coming to Tokyo in March.

上記の2つ文は、メル友の外国人からきたメールにあったものなのですが、
I will be ~ingという表現法がよくわかりません。
「~するつもりだ、しようと思う」という意味でしょうか?

未来の予定を表す表現は、以下のものがあると習いました。

* I will ~ 今やろうと決めたこと 例)I'll go .
* I am going to ~確実ではないけど、やるつもりの事
例)I'm going to have dinner with him tonight.
* I am ~ing 確実にやると分かっている事 
例)I'm doing my homework after supper.

「I will be ~ing」は上記3つとニュアンス、使用状況等、どういう違いがあるのでしょうか?

何卒よろしくお願い致します。

英文法についてわからないことがあります。

1.I will be starting to practice Judo soon.
2.I will be coming to Tokyo in March.

上記の2つ文は、メル友の外国人からきたメールにあったものなのですが、
I will be ~ingという表現法がよくわかりません。
「~するつもりだ、しようと思う」という意味でしょうか?

未来の予定を表す表現は、以下のものがあると習いました。

* I will ~ 今やろうと決めたこと 例)I'll go .
* I am going to ~確実ではないけど、やるつもりの事
例)...続きを読む

Aベストアンサー

この will be ~ing の形は「未来進行形」と呼ばれ、ニュアンスとしては「(事の成り行きとして)~することになるだろう」という感じです。はっきりとした意志や意図を表明するのではなく、「これからの事の成り行きで、そういうことになるだろう」というふうに、たとえ自分自身のことであってもちょっとぼかして述べたいときによく使われます。たとえば、「明日彼と会う約束をしたわけではないけれど、明日彼はここに来ることになっているから、明日彼と会ったときにそのことを話しておきます」と言いたいような場合だったら、I'll be seeing him tomorrow, so I'll tell him about it. と表現することができます。

Qyou're が you were の短縮形の可能性はあり?

タイトルどおりの質問です。手元の英和辞書を見る限り、 you're は you are の短縮形としか出ていません。文脈によっては you were を 短縮形で you're と表記することがありえるのでしょうか?

ちなみに it's はあくまで it is の短縮形ですよね。it was を it's と短縮形で表記することはないと思うんですが。この点もついでにお尋ねいたします。

Aベストアンサー

Gです。 こんにちは。

いわゆる短縮形はあくまでも「現在形」と言うことを示しているものであるとことが前提となっていると言っていいと思います。 つまり、この短縮形を聞いたとき私たちは現在のことを言っているんだと感じるのです。

じゃ、You'dのhad/should/would/couldはどうなの、と言うことになりますね。 これは助詞の過去形だと洗脳された人たちが思うことなんです。 助詞の過去形でまったく同じつづりのものはあります。 しかし、これらはまったく違う(意味を持つ)現在形だと言って学説を発表しても通用するものだと私は常々信じていますし時々このカテゴリーでもこの考えを述べてきました。

これらはあくまでも現在のフィーリングを伝えるための単語である、だから、省略された形になる。 よって、過去のことを示すものは過去であるということをはっきり表現しなくてはならない、ということにつながるわけです。 よって、were/wasを短縮された形には使いたくても使えない、と言うことになるわけです。

つまり、それだけ、「過去」と言うフィーリングは英語にとって強いものだと言うことでもあるわけですね。

さてここで、じゃ、I've done it.というのはどうなんだ、と言うことにつながりますね。 しかし、現在完了形はあくまでも現在を基にしていっているわけですね。 日本語でも「やった経験がある」と言う現在形のフィーリングなのです。 

過去形の動詞を短縮するときにも過去形であると言うことは必ず残しています。 'dと言う表現の仕方ですね。work'dと言う感じです。 その業界でよく使われる同士であれば動詞自体が短くなりますね。 He instructed themをHe inst'd themと言うようにですね。

上の考え方は一般的ではないにしろこう考えることもできると言うひとつの解釈だと思ってください。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

Gです。 こんにちは。

いわゆる短縮形はあくまでも「現在形」と言うことを示しているものであるとことが前提となっていると言っていいと思います。 つまり、この短縮形を聞いたとき私たちは現在のことを言っているんだと感じるのです。

じゃ、You'dのhad/should/would/couldはどうなの、と言うことになりますね。 これは助詞の過去形だと洗脳された人たちが思うことなんです。 助詞の過去形でまったく同じつづりのものはあります。 しかし、これらはまったく違う(意味を持つ)現在形だと言って学説を発...続きを読む

Q「of + 抽象名詞」で形容詞化するわけは?

先日お尋ねした時に、ふと疑問に思った事があります。形容詞があるのにわざわざ「of + 抽象名詞」を使って形容詞の働きをする用法を取るのか判りません。
The scissors are/were of great use. ならば
The scissors are/were great useful. でいいはずです。
be of beauty=be beautiful, be of importance=be important,等ofを使う必要性を感じません。何かofを使うと表現の違いが有るのではと感じています。どなたか判りやすい説明をいただきたくお願い申し上げます。  以上

Aベストアンサー

(1) be of use
(2) be useful

(1)も(2)も意味は同じで、役に立つ という意味です。(1)の場合は、use の前に形容詞を置いて、様々なバリエーションを生み出すことが出来ます。(2)の場合は useful の前に副詞しか置けないので、バリエーションが限定されます。同じようなことが 動詞+副詞  形容詞+名詞 でもあります。

彼は料理が上手です
He can cook well.
He is a good cook.

副詞より形容詞のほうが圧倒的に数が多いので、形容詞+名詞 のパターンは好まれる表現方法だと思って下さい