戦前は今と違って邦訳の本が少ない中
勉強したり、経済的事情などから大学などに行ける人がごくわずかであったと聞いていますが、
その意味で彼らが今のエリートと比べてどのくらい優秀であったか興味あります。
特に比較ということでなくても、
彼らの一日の勉強時間、大学における講義内容、教材の内容などについて知りたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 shiokeさんが詳細にかかれていますが、戦前は何処の県でもお金がなくても優秀な子供は奨学金を得ていました。



 それよりも面白いのは地方の有力な篤志家が、個人的に奨学会をつくって、中学4(5)年、高等学校3年の学士を面倒見たりする例が多く、おそらく無い県はないくらい全国的に見られました。

 エリートの主な課せられた課題は西洋に追いつけ追い越せですが、精神構造は東洋にあったため儒教的教養に裏打ちされたものと言え、俗な言葉でいえば「襟を正すこと」は英国紳士道に通う所があり、英国貴族の「選ばれた者の義務」は選良(エリート)と言われる人々の精神的支えとなっていったのです。

・・・どのくらい優秀かと言うと、よく辞書を1ページずつ覚えて食べたなんていいますが、ほんとに優秀な人は殆んどノートを取りません。。。要点以外は一度聞いたら頭に入りますから、がり勉して成り上がる人間とは違います。。。むしろ学業以外の漢籍、和歌を嗜むとか人間を豊にすることに重点を置いたようです。

 海兵、陸士は必要以上に伝説化されていますが、彼らの中の主流派になれなかった方は教養があり、、、戦争肯定派には無教養派が多かったと言うのは現代の企業戦士にもあてはまる現象ですね!

*ご参考までに広田弘毅(字は失念)と言う戦犯になった方は戦前派最後の自己責任の強いエリートだったと言われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅れてすいません。
思っていたのと少し違ったのでとても新鮮で勉強になりました。
ありがとうございます

お礼日時:2001/02/28 18:02

当時、新聞もテレビも無い生活の中で得られる情報はとても少なかったはずです


そんな中である情報が流れるとします
例えば、誰々がノーベル賞をとった。という情報が流れます
すると情報が少ない生活の中で、皆その珍しい情報にすごく興味を持つでしょう
そんなときに将来について悩む少年少女が強く胸を打たれ「自分も立派な人になりたい」と強く願います
こういう人が優秀な人材となるべく勉強にはげむわけです
この人たちの信念は現在の若者よりもずっと堅いものです

当時は今と違って出版物も少ない中、よくあれだけ優秀な人たちが出現したと思うのは当然です
しかし、逆に考えると、今の私達には出版物が多すぎるので勉強しにくくなっているとも言えないでしょうか
ある事柄について学ぼうと思ったとき、本が1冊しかなかったら我々はその本1冊ですべてを習得しようとするでしょう
しかし、現在はどんな事についてでも多くの本があります
まず、我々はどの本が良い本か迷います
次にその本でわからない内容があったら「別の本のほうがよかったのでは?」と、また迷います
ついには「自分の道を間違えたかな。こんな仕事もあるし、こんな仕事もあるし」と、進路に迷ったりします
さらに現代がゆえにテレビや冷蔵庫、雑誌などの誘惑もあり、なかなか勉強に集中できません
暇なら勉強ぐらいしかやることがなかったような時代です

長いだけでうまく的を射てない話になってしまいましたが、言いたい事は
○昔は情報が少ないがゆえにあれやこれやと進路に迷わず1つの目標に向かって突き進むことができた
○昔は情報が少ないがゆえに迷うことなく一つのことに集中できた(勉強を邪魔するものがなかった)
ということです
昔は今よりも勉強する環境が整っていたということになってしまいます

教材の内容についてですが、恐らく勉強は手当たり次第だったのではないでしょうか
ですから、学校ごとに、人それぞれの勉強法があり、今のように決まった勉強法なんてなかったはずです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も情報過多の時代に生まれましたが、
情報がない時代だったらおっしゃる通り違う自分になっていた気がします。
当時の人が偲ばれますね。

お礼日時:2001/01/22 12:25

日本の学問水準は明治以後、世界的にも極めて急速に進展し、全ての学問体系を日本語訳で成立させました。

この努力はすばらしいもので、現在の発展途上国が大学教育を英語でしていることを絶賛する風潮がありますが、これは全ての学問体系をその国での言語で教育できない(専門学術用語の翻訳が確立できない)事情です。私はナショナリストではありませんが、先人のこれらの努力は日本の誇りと思います。戦前は大学への進学率が低いのは経済的理由でしょう。特に私立の大学には授業料さえ払えれば現在の超超有名私大でも入学できたようです。官立(国立)の大学は帝国大学と呼ばれ、その教養課程のような高等学校(例えば第一高等学校:現在の東大教養課程というところでしょうか)に入学できれば学部を選ばなければ、ほぼ全員帝国大学に進学できたようです。当時は大学よりももう一段上(?)のエリートがいました。軍隊の士官学校(海軍、陸軍)です。つまり、士官学校か帝国大学への進学がエリートコースだったのでしょう。もちろん、卒業後は軍隊であれば少尉(?)から、帝大出であれば給料も同年代に比べて破格(正確にはわかりませんが現在のような1割2割増しではなく、2倍3倍以上でしょう)のものでした。良きに付け悪しきに付け彼らエリートは日本の指導者としての自負があり、その後の待遇も保証されていましたから、猛烈な知識欲のもとに勉強にはげんでいたのでしょう。また、そういう人が選抜されました。何が優秀かは難しい判断ですが、知識につては今の大学生は比較にならないものであったことは確かでしょう。従って、勉強も自ら勉強するわけで、講義内容に関わらず勉強したのです。教材など、教授からの講義テキストがあったとしても、自分で勉強していたというところでしょうか。軍隊の士官学校は全寮制ですから、それこそ、1日中勉強と訓練ということです。特に海軍士官学校では食事のマナーから外国語、国際的な儀礼までエスタブリッシュメントとして徹底した教育がされていたと聞いています。エリートは滅私奉公(自分の利益は考えず、国の発展のために尽くす)は当然だったのです。公費で競馬馬を買ったり、企業にたかってマンションを買わせるような現在の官僚はエリートではないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
21世紀にはいってもたしかに贈賄事件が出ているようですね。相変わらずですが。(-_-;
待遇の高さが彼らを引き付けていたというご指摘特に参考になりました。

お礼日時:2001/01/22 12:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q予備校の講義録音した物をテキストなど見ないで聞いて頭の中で考えるだけで勉強になる

こんにちは僕は大学受験浪人生です。
電車通学なので電車にいる時間有効に使いたいので予備校の講義を録音した物や、わからない所を自分の声で録音した物をテキストなどを何も見ないで聞いて、頭の中で考えるだけで勉強になるんでしょうか?
テキスト見て勉強するのとどちらが効率が良いんでしょうか?
ちなみにノイズキャンセリングヘッドホンで聞くので雑談の心配はありません。
知識のある人だけ回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です、呼びかけに応じてくれてありがとう。
ようやくあなたがわかってきました。

あなたの場合は、「家に長くいないほうがいい」。
つまり朝早く家を出て、「できるだけ遅くまで予備校にいる」。
早く河合なら河合の自習室の環境に慣れて、自分の部屋のように使う。

そうすると、電車での移動時間はもう「寝ているだけでいい」。
目も休ませる。疲れ果てて寝てしまうしかないくらい、
バリバリ自宅以外で勉強する。

自分で録音したりするのは何かと「仕込みに手間がかかる」。
そういう仕込みで勉強をしたつもりになってはまずいので
(あなたはかなり気が散るタイプだし)、あんまり小細工はしない。

自分の聴いた「講義を録音してそれを復習代わりに帰りの電車で聴く」
ならいいでしょうね。それなら速度調整のできる機種にするといい。
早回しで聴くのです。録音するなら、講師には断っておくべきでしょう。
始めから許している講師も多いだろうけど。

ホントは電車で、酔わない程度に教材を眺めていられたら
もっといいのですけどね。

まあこんなところです。もう迷うのも質問もネットもいいかげんに
して、これと決めた予備校で本来の勉強にいそしんでください。

#1です、呼びかけに応じてくれてありがとう。
ようやくあなたがわかってきました。

あなたの場合は、「家に長くいないほうがいい」。
つまり朝早く家を出て、「できるだけ遅くまで予備校にいる」。
早く河合なら河合の自習室の環境に慣れて、自分の部屋のように使う。

そうすると、電車での移動時間はもう「寝ているだけでいい」。
目も休ませる。疲れ果てて寝てしまうしかないくらい、
バリバリ自宅以外で勉強する。

自分で録音したりするのは何かと「仕込みに手間がかかる」。
そういう仕込み...続きを読む

Q偏差値の高い大学での授業(講義)と偏差値の低い大学での授業(講義)は具

偏差値の高い大学での授業(講義)と偏差値の低い大学での授業(講義)は具体的に何が違うのでしょうか?
私は経済学部志望で、経済学部はいろんな大学にたいていは設置されているので、気になりました。
偏差値の高い低いにかかわるのは、単純に受験の難易度だけなのでしょうか?

Aベストアンサー

僕は自分の大学も含め、東京6大学など色んな大学の講義に潜った経験があります。
そういうの好きだったので。

その結果、言えるのは「授業に関してはどこもしょぼい」と言う事です。東大京大などは割とマジメな傾向にありましたが、かと言って授業態度の良い人ばかりではないし、先生の授業レベルもどうかなあと言うものが割とありました。
またいわゆるFランク大学にも潜ったことがありますが、授業中でも後ろの方では普通に電話をしたり、
キャンパス内では集団で歩きタバコをしたりと、これは大学と言うよりも、ヤンキー高校レベルだと感じました(僕も高校時代は学校でふざけてたりしましたが、大学ではさすがにしない、と言うか出来ない雰囲気でした。だからその辺は驚きましたね。)

要するに
(1)教授の授業レベル自体は変わらない。国公立は私立と比べればマシですがそれでもマスプロです。
評価制度もなく、研究は頑張っても授業を頑張る先生は少ないです。
よく言われるように、欧米の大学よりよほど低いと思います。
(2)学生はどこも態度が悪い(有名大はそこそこ良い。が普通中高よりずっと悪い)
(3)「有名大生のレッテル」が自身や周囲に良い影響を与える可能性はある。
(4)仮に学歴を無記名にしても優秀、非優秀の差が出る。行動力に差がある、努力に差があるから。
例えば今は経済学部生でもミルやウェバー、マルクスは授業では問いません。
でも慶応生や東大生は「教養として」普通に読んでる。
「そんなんも知らないの?だせえ」みたいな文化があるから。
逆にFランク大ではオシャレじゃないとダメ、恋人がいないとダサい、みたいな文化はあるけど、ミルやマルクスを読んでる、カッコいいなあみたいな文化は無いようでした。
そういう差が4年間で出る感じです。

あと一般的に、どの大学でも経済学部生は遊び人が多いと言われてますし事実そうだと思いますよ。

僕は自分の大学も含め、東京6大学など色んな大学の講義に潜った経験があります。
そういうの好きだったので。

その結果、言えるのは「授業に関してはどこもしょぼい」と言う事です。東大京大などは割とマジメな傾向にありましたが、かと言って授業態度の良い人ばかりではないし、先生の授業レベルもどうかなあと言うものが割とありました。
またいわゆるFランク大学にも潜ったことがありますが、授業中でも後ろの方では普通に電話をしたり、
キャンパス内では集団で歩きタバコをしたりと、これは大学と言うより...続きを読む

Q文系の大学の講義で真面目にしてたらほとんどの講義は単位落とす事はないで

文系の大学の講義で真面目にしてたらほとんどの講義は単位落とす事はないですか?
前期が少ししか単位とれなくて後期の授業で確実にとらないとダメなんですがどうなんでしょうか?
高校生のかたは回答しないでください。

Aベストアンサー

文系の場合は、学部学科によって単位の取りやすさに大きく違いがあります。

結論からいえば、毎回ちゃんと出席していれば、そうそう悲惨なことにはなりません。むしろ、なれてきて後期くらいから、休みすぎて、単位を落とす人が続出します。特に男子が多いです。大学の場合一部の学部学科をのぞいて留年者は圧倒的に男子が多いことが指摘されています。

まずは、単位認定の基準について・・・
教育学部系の場合は実習などがあるので、参加・出席重視になります。そうなると必然的にテストの比重は軽くなりますね。また、語学系の場合も、全体として出席などの平常点が大きく加味される大学が増えています。逆に法学部系などは、いまだにテスト一発勝負型の大学も結構あります。もちろんゼミは出席の比重がかなり大きいので、まじめに参加しておれば落とすことあまりないとおもいますが、ゼミの場合は準備をしないといけなかったりするので参加すること自体が気が重くなってしまうようなゼミもありますから、大学に入ってからよく先輩などに聞く必要がありますね。

次に、単位や時間割の組み方ですが、4月に1年分組ませて後から変更させない大学と、前期と後期に分けて時間割を組ませる大学があります。
4月に1年分組ませる大学の場合は、ある程度、前期に情報をしいれて、実は後期に取った授業は、あまり興味がないものだった、、、っていうことが発覚してもあとから変更できない場合もあります。
4月と9月に、前期と後期は別々に履修登録ができる大学のばあいはその心配はありません。

また、前期と後期のどちらかに授業を集中させることもできる大学も多いので、前期は沢山授業をとって、後期は週に2回だけ学校に行くことにしようということもできます。前期はがんばれるけど後期はだらけてきてがんばれない人や、逆もありますので、自分の性格に合わせた対策が必要ですね。

文系の場合は、学部学科によって単位の取りやすさに大きく違いがあります。

結論からいえば、毎回ちゃんと出席していれば、そうそう悲惨なことにはなりません。むしろ、なれてきて後期くらいから、休みすぎて、単位を落とす人が続出します。特に男子が多いです。大学の場合一部の学部学科をのぞいて留年者は圧倒的に男子が多いことが指摘されています。

まずは、単位認定の基準について・・・
教育学部系の場合は実習などがあるので、参加・出席重視になります。そうなると必然的にテストの比重は軽くなりますね...続きを読む

Q単位の取りやすさで、普通の試験の講義かレポートの試験の講義かならどちら

単位の取りやすさで、普通の試験の講義かレポートの試験の講義かならどちらがとりやすいですか?ちなみに法学部です。

Aベストアンサー

 残念ですが、一概には言えません。
 教授等によりますので、先輩等に聞き、情報収集をすることを勧めます。

 以前は、著名大学法学部の著名教授(とは言っても数人程度ですが)の定期試験問題は、ジュリスト等に紹介されていましたこともあります。最近は分かりませんが、昨年のバックナンバーをあたってみれば、あるいは載っているかもしれません。

 おそらく、ご存知だろうとは思いますが
・普通の試験
 ・決められた時間内で、自分で論旨を組み立て記入する必要がある。
 ・(試験内容にもよりますが)学説・判例等を踏まえ、判例で支持されていない学説等を含め記入し、その上で説得ある結論を記入する必要がある

・レポート
 ・時間は多く使え、資料使用は可能であるが、それだけに分量・質共高い水準を求められる。

があります。どちらが有利なのかは、課題内容や教授等の採点基準によります。
 

Q▽東京芸大作曲科の先生方の作品と講義内容について

▽東京芸大作曲科の先生方の人数は以下のたったの5名だけですか?
他に客員教授とか常勤講師とか非常勤講師の先生はいないのですか?
またそれぞれの最高傑作である代表作は何ですか?

(1)小鍛冶邦隆(コカジ クニタカ)教授(作曲科)
(2)野平一郎(ノダイラ イチロウ)教授(作曲科)
(3)安良岡章夫(ヤスラオカ アキオ)教授(作曲科)
(4)鈴木純明(スズキ ジュンメイ)准教授(作曲科)
(5)林達也(ハヤシ タツヤ)准教授(作曲科)

更に東京芸大作曲科の授業で、と言いますか、作曲科の学生が、
歌を歌わされる事って頻繁にありますか?つまり、
高い声で歌えない学生は、恥をかいたり、単位が出なかったり
するのでしょうか?わかる方、わかる範囲だけでも構いませんので、
教えて下さい。ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ピアノは作曲を教えるのに必須ですから、皆さんそれなりに弾けるはずです。
作曲科の学生が歌うことは必須ではありませんが、作曲にあたり、人間の音域を考慮し、歌えない歌曲は作れませんから、高い声や低い声を自分で出してみる必要はありますね。オーケストラ、ピアノ、管楽器、弦楽器など向けの作曲も多いし、単位が出ないとかはないと思います。作曲も歌いながらやる人もいます。

ひどい音痴だと笑われるかもね。ちなみに、毎年年末にNHKでベートーベンの第九が放映されますが、その合唱は声楽専攻だけではなく、楽器専攻の学生も歌っているのですよ。国立音大ですが。

芸大の場合は各教授の紹介があります。

例)小鍛冶邦隆教授:
http://tsdb.geidai.ac.jp/profile/ja.zm0arqZ3TC1PVW.7ahBmrQ==.html

http://tsdb.geidai.ac.jp/search/results?full=%E4%BD%9C%E6%9B%B2%E7%A7%91&lng=ja
http://tsdb.geidai.ac.jp/search/results?f='%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E5%AD%A6%E9%83%A8'&hl=ja

ピアノは作曲を教えるのに必須ですから、皆さんそれなりに弾けるはずです。
作曲科の学生が歌うことは必須ではありませんが、作曲にあたり、人間の音域を考慮し、歌えない歌曲は作れませんから、高い声や低い声を自分で出してみる必要はありますね。オーケストラ、ピアノ、管楽器、弦楽器など向けの作曲も多いし、単位が出ないとかはないと思います。作曲も歌いながらやる人もいます。

ひどい音痴だと笑われるかもね。ちなみに、毎年年末にNHKでベートーベンの第九が放映されますが、その合唱は声楽専攻だけでは...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報