戦前は今と違って邦訳の本が少ない中
勉強したり、経済的事情などから大学などに行ける人がごくわずかであったと聞いていますが、
その意味で彼らが今のエリートと比べてどのくらい優秀であったか興味あります。
特に比較ということでなくても、
彼らの一日の勉強時間、大学における講義内容、教材の内容などについて知りたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 shiokeさんが詳細にかかれていますが、戦前は何処の県でもお金がなくても優秀な子供は奨学金を得ていました。



 それよりも面白いのは地方の有力な篤志家が、個人的に奨学会をつくって、中学4(5)年、高等学校3年の学士を面倒見たりする例が多く、おそらく無い県はないくらい全国的に見られました。

 エリートの主な課せられた課題は西洋に追いつけ追い越せですが、精神構造は東洋にあったため儒教的教養に裏打ちされたものと言え、俗な言葉でいえば「襟を正すこと」は英国紳士道に通う所があり、英国貴族の「選ばれた者の義務」は選良(エリート)と言われる人々の精神的支えとなっていったのです。

・・・どのくらい優秀かと言うと、よく辞書を1ページずつ覚えて食べたなんていいますが、ほんとに優秀な人は殆んどノートを取りません。。。要点以外は一度聞いたら頭に入りますから、がり勉して成り上がる人間とは違います。。。むしろ学業以外の漢籍、和歌を嗜むとか人間を豊にすることに重点を置いたようです。

 海兵、陸士は必要以上に伝説化されていますが、彼らの中の主流派になれなかった方は教養があり、、、戦争肯定派には無教養派が多かったと言うのは現代の企業戦士にもあてはまる現象ですね!

*ご参考までに広田弘毅(字は失念)と言う戦犯になった方は戦前派最後の自己責任の強いエリートだったと言われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅れてすいません。
思っていたのと少し違ったのでとても新鮮で勉強になりました。
ありがとうございます

お礼日時:2001/02/28 18:02

当時、新聞もテレビも無い生活の中で得られる情報はとても少なかったはずです


そんな中である情報が流れるとします
例えば、誰々がノーベル賞をとった。という情報が流れます
すると情報が少ない生活の中で、皆その珍しい情報にすごく興味を持つでしょう
そんなときに将来について悩む少年少女が強く胸を打たれ「自分も立派な人になりたい」と強く願います
こういう人が優秀な人材となるべく勉強にはげむわけです
この人たちの信念は現在の若者よりもずっと堅いものです

当時は今と違って出版物も少ない中、よくあれだけ優秀な人たちが出現したと思うのは当然です
しかし、逆に考えると、今の私達には出版物が多すぎるので勉強しにくくなっているとも言えないでしょうか
ある事柄について学ぼうと思ったとき、本が1冊しかなかったら我々はその本1冊ですべてを習得しようとするでしょう
しかし、現在はどんな事についてでも多くの本があります
まず、我々はどの本が良い本か迷います
次にその本でわからない内容があったら「別の本のほうがよかったのでは?」と、また迷います
ついには「自分の道を間違えたかな。こんな仕事もあるし、こんな仕事もあるし」と、進路に迷ったりします
さらに現代がゆえにテレビや冷蔵庫、雑誌などの誘惑もあり、なかなか勉強に集中できません
暇なら勉強ぐらいしかやることがなかったような時代です

長いだけでうまく的を射てない話になってしまいましたが、言いたい事は
○昔は情報が少ないがゆえにあれやこれやと進路に迷わず1つの目標に向かって突き進むことができた
○昔は情報が少ないがゆえに迷うことなく一つのことに集中できた(勉強を邪魔するものがなかった)
ということです
昔は今よりも勉強する環境が整っていたということになってしまいます

教材の内容についてですが、恐らく勉強は手当たり次第だったのではないでしょうか
ですから、学校ごとに、人それぞれの勉強法があり、今のように決まった勉強法なんてなかったはずです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も情報過多の時代に生まれましたが、
情報がない時代だったらおっしゃる通り違う自分になっていた気がします。
当時の人が偲ばれますね。

お礼日時:2001/01/22 12:25

日本の学問水準は明治以後、世界的にも極めて急速に進展し、全ての学問体系を日本語訳で成立させました。

この努力はすばらしいもので、現在の発展途上国が大学教育を英語でしていることを絶賛する風潮がありますが、これは全ての学問体系をその国での言語で教育できない(専門学術用語の翻訳が確立できない)事情です。私はナショナリストではありませんが、先人のこれらの努力は日本の誇りと思います。戦前は大学への進学率が低いのは経済的理由でしょう。特に私立の大学には授業料さえ払えれば現在の超超有名私大でも入学できたようです。官立(国立)の大学は帝国大学と呼ばれ、その教養課程のような高等学校(例えば第一高等学校:現在の東大教養課程というところでしょうか)に入学できれば学部を選ばなければ、ほぼ全員帝国大学に進学できたようです。当時は大学よりももう一段上(?)のエリートがいました。軍隊の士官学校(海軍、陸軍)です。つまり、士官学校か帝国大学への進学がエリートコースだったのでしょう。もちろん、卒業後は軍隊であれば少尉(?)から、帝大出であれば給料も同年代に比べて破格(正確にはわかりませんが現在のような1割2割増しではなく、2倍3倍以上でしょう)のものでした。良きに付け悪しきに付け彼らエリートは日本の指導者としての自負があり、その後の待遇も保証されていましたから、猛烈な知識欲のもとに勉強にはげんでいたのでしょう。また、そういう人が選抜されました。何が優秀かは難しい判断ですが、知識につては今の大学生は比較にならないものであったことは確かでしょう。従って、勉強も自ら勉強するわけで、講義内容に関わらず勉強したのです。教材など、教授からの講義テキストがあったとしても、自分で勉強していたというところでしょうか。軍隊の士官学校は全寮制ですから、それこそ、1日中勉強と訓練ということです。特に海軍士官学校では食事のマナーから外国語、国際的な儀礼までエスタブリッシュメントとして徹底した教育がされていたと聞いています。エリートは滅私奉公(自分の利益は考えず、国の発展のために尽くす)は当然だったのです。公費で競馬馬を買ったり、企業にたかってマンションを買わせるような現在の官僚はエリートではないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
21世紀にはいってもたしかに贈賄事件が出ているようですね。相変わらずですが。(-_-;
待遇の高さが彼らを引き付けていたというご指摘特に参考になりました。

お礼日時:2001/01/22 12:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画チラシやCDジャケットをHPに使用したい。

個人サイトを開設しようと計画中です。
内容は主に今まで観た映画や本のレビュー、お勧めの洋楽などですが、映画と音楽を紹介するページで、できればそのチラシやジャケット写真を使いたいと思っています。
ここで検索をしてみたところ、チラシやCDジャケットには版権があり、配給元に許可をとらなければならない、とありました。
使いたいチラシの数がかなり多いのですが、そのチラシ一枚ごとに許可をとらなければならないのでしょうか?
あと、個人サイトなどでチラシをたくさん使っているのを見かけますが、どうも許可なしで使っているのも多いようです。
滅多にばれることがないから大丈夫、と言われましたが、やはりちゃんと許可をとったほうがいいですよね?
版権のあるチラシやCDジャケットを使用するにあたって、許可をとる手順、注意点などに詳しい方がいらっしゃいましたら、是非教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小さな個人サイトで商用目的とかでなければ、一つ一つ許可を得なくても、
つかった画像の下とか、横とかに「著作権は誰誰にあります」とか「どこで手に入れたチラシです」とか出所をはっきり明記してれば、トラブルになったりしないと思います。

でもそういうのはあまり使わない方がいいと思います。
版権、著作権、くらいだったら上の方法で許される部分ってのはあるんですが、肖像権というのもありますから。

ま、滅多にばれることがないから大丈夫というのも事実ですけど、最も恐いのは熱狂的ファンですよん(w

Q予備校の講義録音した物をテキストなど見ないで聞いて頭の中で考えるだけで勉強になる

こんにちは僕は大学受験浪人生です。
電車通学なので電車にいる時間有効に使いたいので予備校の講義を録音した物や、わからない所を自分の声で録音した物をテキストなどを何も見ないで聞いて、頭の中で考えるだけで勉強になるんでしょうか?
テキスト見て勉強するのとどちらが効率が良いんでしょうか?
ちなみにノイズキャンセリングヘッドホンで聞くので雑談の心配はありません。
知識のある人だけ回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です、呼びかけに応じてくれてありがとう。
ようやくあなたがわかってきました。

あなたの場合は、「家に長くいないほうがいい」。
つまり朝早く家を出て、「できるだけ遅くまで予備校にいる」。
早く河合なら河合の自習室の環境に慣れて、自分の部屋のように使う。

そうすると、電車での移動時間はもう「寝ているだけでいい」。
目も休ませる。疲れ果てて寝てしまうしかないくらい、
バリバリ自宅以外で勉強する。

自分で録音したりするのは何かと「仕込みに手間がかかる」。
そういう仕込みで勉強をしたつもりになってはまずいので
(あなたはかなり気が散るタイプだし)、あんまり小細工はしない。

自分の聴いた「講義を録音してそれを復習代わりに帰りの電車で聴く」
ならいいでしょうね。それなら速度調整のできる機種にするといい。
早回しで聴くのです。録音するなら、講師には断っておくべきでしょう。
始めから許している講師も多いだろうけど。

ホントは電車で、酔わない程度に教材を眺めていられたら
もっといいのですけどね。

まあこんなところです。もう迷うのも質問もネットもいいかげんに
して、これと決めた予備校で本来の勉強にいそしんでください。

#1です、呼びかけに応じてくれてありがとう。
ようやくあなたがわかってきました。

あなたの場合は、「家に長くいないほうがいい」。
つまり朝早く家を出て、「できるだけ遅くまで予備校にいる」。
早く河合なら河合の自習室の環境に慣れて、自分の部屋のように使う。

そうすると、電車での移動時間はもう「寝ているだけでいい」。
目も休ませる。疲れ果てて寝てしまうしかないくらい、
バリバリ自宅以外で勉強する。

自分で録音したりするのは何かと「仕込みに手間がかかる」。
そういう仕込み...続きを読む

Q戦前の無戸籍児

戦前の戦前の戸籍制度について、現代では戸籍がないと選挙権が無い・運転免許等の国家資格が取れない・学校に入れないというデメリットがあると思います。
戦前では私生児がそのまま無戸籍児となることがあったようですが、戦前ではどのようなデメリットがあったのでしょうか。

Aベストアンサー

戦前では、選挙権自体か女性にはなかったし、地元の名士しか

選挙は出来ませんでした。

運転免許にしても、戦前は、「車」自体が、珍しかった、、ですから、、。

平成26年現在でも、戸籍のない子供が3000人いるそうです。

未婚の女性が、勝手に子供を産んで届けも出さないで

そのまま、、、なのだとか、、、。

病気になったときどうしてるのでしょうかね?

学校にも、勿論、いけないでしょうし、、、。


戦前では、「生きていく」だけなら 何の問題もなかったのでは?

女の子なら、だれかの妾になって生きていく、、。

男の子なら、商家の丁稚として生きていく、、、。

Q単位の取りやすさで、普通の試験の講義かレポートの試験の講義かならどちら

単位の取りやすさで、普通の試験の講義かレポートの試験の講義かならどちらがとりやすいですか?ちなみに法学部です。

Aベストアンサー

 残念ですが、一概には言えません。
 教授等によりますので、先輩等に聞き、情報収集をすることを勧めます。

 以前は、著名大学法学部の著名教授(とは言っても数人程度ですが)の定期試験問題は、ジュリスト等に紹介されていましたこともあります。最近は分かりませんが、昨年のバックナンバーをあたってみれば、あるいは載っているかもしれません。

 おそらく、ご存知だろうとは思いますが
・普通の試験
 ・決められた時間内で、自分で論旨を組み立て記入する必要がある。
 ・(試験内容にもよりますが)学説・判例等を踏まえ、判例で支持されていない学説等を含め記入し、その上で説得ある結論を記入する必要がある

・レポート
 ・時間は多く使え、資料使用は可能であるが、それだけに分量・質共高い水準を求められる。

があります。どちらが有利なのかは、課題内容や教授等の採点基準によります。
 

Q昭和19年は「戦前」?

一般的に、単に「戦前」「戦中」「戦後」といえば、先の大戦の「前」「中」「後」ということですよね。

したがって、昭和20年の8月15日以降は「戦後」といっていいと思います。

でも、それ以前は、「戦前」という場合もあれば、「戦中」という場合もあります。

確かに「戦前」は「戦争前」のことですから、昭和16年12月8日の開戦より前の時期は間違いなく「戦前」ですが、S16/12/8~S20/8/14は「戦中」のはずなのに「戦前」ということもあります。

例えば、国語関係の話題であれば、「戦前は右横書き、戦後は左横書きだった」とか「戦前は最初にカタカナを習ったが、戦後はひらがなから習う」などです。

どうしてS16/12/8~S20/8/14を「戦前」ということもあるのでしょうか?これって、「間違い」といっていいのでしょうか?

Aベストアンサー

戦前、戦後の二つに分ける場合の考え方は、政治や経済、社会システムの根幹である憲法が敗戦と同時に変わったからではないでしょうか。

・大日本帝国(大日本帝国憲法)1889年(明治22年)から1947年(昭和22年)
・・・戦争中は旧憲法での法律で国が成り立っていた。
・日本国(日本国憲法)1946年(昭和21年)11月3日に公布され、1947年(昭和22年)5月3日に施行

旧憲法は、昭和22年で新憲法にバトンタッチしますが、実際には、敗戦日より連合国の占領下の統治となったので、敗戦日以降が戦後、敗戦日以前が戦前ということだと思います。

Q▽東京芸大作曲科の先生方の作品と講義内容について

▽東京芸大作曲科の先生方の人数は以下のたったの5名だけですか?
他に客員教授とか常勤講師とか非常勤講師の先生はいないのですか?
またそれぞれの最高傑作である代表作は何ですか?

(1)小鍛冶邦隆(コカジ クニタカ)教授(作曲科)
(2)野平一郎(ノダイラ イチロウ)教授(作曲科)
(3)安良岡章夫(ヤスラオカ アキオ)教授(作曲科)
(4)鈴木純明(スズキ ジュンメイ)准教授(作曲科)
(5)林達也(ハヤシ タツヤ)准教授(作曲科)

更に東京芸大作曲科の授業で、と言いますか、作曲科の学生が、
歌を歌わされる事って頻繁にありますか?つまり、
高い声で歌えない学生は、恥をかいたり、単位が出なかったり
するのでしょうか?わかる方、わかる範囲だけでも構いませんので、
教えて下さい。ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ピアノは作曲を教えるのに必須ですから、皆さんそれなりに弾けるはずです。
作曲科の学生が歌うことは必須ではありませんが、作曲にあたり、人間の音域を考慮し、歌えない歌曲は作れませんから、高い声や低い声を自分で出してみる必要はありますね。オーケストラ、ピアノ、管楽器、弦楽器など向けの作曲も多いし、単位が出ないとかはないと思います。作曲も歌いながらやる人もいます。

ひどい音痴だと笑われるかもね。ちなみに、毎年年末にNHKでベートーベンの第九が放映されますが、その合唱は声楽専攻だけではなく、楽器専攻の学生も歌っているのですよ。国立音大ですが。

芸大の場合は各教授の紹介があります。

例)小鍛冶邦隆教授:
http://tsdb.geidai.ac.jp/profile/ja.zm0arqZ3TC1PVW.7ahBmrQ==.html

http://tsdb.geidai.ac.jp/search/results?full=%E4%BD%9C%E6%9B%B2%E7%A7%91&lng=ja
http://tsdb.geidai.ac.jp/search/results?f='%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E5%AD%A6%E9%83%A8'&hl=ja

ピアノは作曲を教えるのに必須ですから、皆さんそれなりに弾けるはずです。
作曲科の学生が歌うことは必須ではありませんが、作曲にあたり、人間の音域を考慮し、歌えない歌曲は作れませんから、高い声や低い声を自分で出してみる必要はありますね。オーケストラ、ピアノ、管楽器、弦楽器など向けの作曲も多いし、単位が出ないとかはないと思います。作曲も歌いながらやる人もいます。

ひどい音痴だと笑われるかもね。ちなみに、毎年年末にNHKでベートーベンの第九が放映されますが、その合唱は声楽専攻だけでは...続きを読む

Q戦前に回帰したい人は、どうして戦前に回帰したいの?

憲法改正も核兵器保持もいいと思うのですが、戦前回帰だけは嫌です。ああ、ノスタルジア、戦前に回帰したい人たちって、どうして戦前回帰したいのでしょうか? 歳費を減らさず、国会議員数をどんどん減らしたり、一院制にしたりして、権力を集中させ、96条先に変更して、3分の2を過半数にして、後からどんどん憲法を変えれる可能性を作ろうとする橋本も、戦前回帰派ですか? 戦前回帰派は、護憲派と同じく、憲法改正の邪魔をしているとしか思えないのですが。

Aベストアンサー

戦前回帰とは天皇の元首化、靖国神社の国家宗教化を初めとして「国民よりも国家が上」というシステムを作り上げたい気分だろうと思います。旧憲法が原因の一つである敗戦というものの意味を何ら認めない考え方でしょう。誇り高き日本人を取り返したい気分はよしとしても、大阪市長の発言に似て世界に孤立する(戦勝国である米国も好まない)思想でしょう。

そういう思想の勢力があるから護憲派がのさばる原因になるのだと思います。

私は戦前の失敗を繰り返さないためにも敗戦の意味は噛み締めるべきだと思います。私は(修正は拒まないが)今の憲法は良く出来た憲法だと思います。その基本思想を大きく壊さない範囲での修正を行うべきだと考えます。「憲法は国民が国を縛るためのもの」という気持ちを大事にしたいと思います。

Q法政大学の社会学部と、立命館大学の政策科学部に合格しました。4年間の勉強内容や、就職などあらゆる面

法政大学の社会学部と、立命館大学の政策科学部に合格しました。
4年間の勉強内容や、就職などあらゆる面を考えてあなたはどちらの方がいいと思われますか?
沢山の方の意見をお聞きしたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

東京六大学の法政大学と、関関同立は比べられません!なぜなら関関同立の偏差値は、大手予備校が営利目的で勝手に作った数字です!また超一流企業や一流企業は、法政大は二流私立大学だが東京六大学の一つ、しかし関関同立は作られた偏差値大学も知っていますし、取り扱いは三流私立大学で、まず採用しませんから!東京にあるのも大変有利ですから!私が学生のころ、35年前でも関関同立より法政大学は総合的に、かなり上でした!同志社、関学合格しても、法政大学合格なら法政大学にいきます!

Q戦前の4大公害

戦後の4大公害といえば水俣病、新潟水俣病、四日市ぜんそく、イタイイタイ病ですが、戦前の4大公害といえばどういうものがあるでしょうか。

戦前の4大公害について調べる課題が出て困っています。

Aベストアンサー

戦前の公害というと鉱山関連の鉱害しか思い浮かばないのですが、
下記URLに鉱害以外のケースも含め何例か挙げて有ります。
http://www.maizuru-ct.ac.jp/civil/shikura/Assess/Chap-1.pdf

これを手掛かりに各ケースを調べ、肉付けされたらいかがでしょうか。

Q東京海洋大学の講義内容について

宅浪の東京海洋大学志望者です。
海洋科学部、海洋生物資源学科か食品生産学科志望です。
そこでこれらの学科について質問なのですが、講義で化学・物理はどれくらい必要になってくるでしょうか?
化学は苦手で無機しか出来ず、物理は独学でやっても理解するのが大変で、センター理科は生物地学で受験する予定です。

カリキュラムを少し見たところ、化学は勿論使うみたいで物理も物理実験などあるみたいで不安です…
全範囲をとりあえず理解出来てれば入学後困りませんか?
そこらへんがよくわからないので、もしこの学科に所属している(していた)学生の方がいれば是非回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その大学、その学科のことは知りません。

シラバスを見ましたが、
問題は、物理の実験ではないでしょう。
おそらく物理の実験は、やってデータを纏めればどうにかなるでしょう。
問題は、「物理学」が必修であることです。
ただ、物理ができない連中も多数いることでしょうから、おそらく無茶なことはしない、真面目にやれば単位が取れる仕組みになっているのではないかと想像します。
当たり前ですが、化学も必修ですね。
化学はクラス分けテストがあるそうな。生物しかできません、なんて連中がやはり少なくないのでしょう。困った物です。
講義で、ならそんな感じでしょう。
でも問題は、「レベルの低い大学」の「低レベルクラスの」講義をクリアするかどうかというところにはありません。
例えば、アホアホ底辺大学であれば、あなたの化学もまだ使い物になるかも知れませんが、じゃぁそれで良いんでしょうか?
何のために勉強するのか。将来どうするのか。
重箱の隅はどうでも良いでしょうが、普通に常識として使えないと話が始まらないでしょうね。
あるいは、専門と全く関係ない仕事をします、大卒の学歴だけ欲しいです、というのでしたら止めません。
ただしその場合、研究室選びは慎重に、といったところでしょうか。
(真面目に研究しているところだとついて行けない可能性が)

なお、たぶん物理はそれほど重要ではないでしょう。講義をクリアすれば、ということになると思います。
理系の教養として、大学入試レベルの物理ができていると良いのは間違いないですが。
おそらく大学の講義が終わってしまえば、先々使うことは殆どないでしょう。

> 全範囲をとりあえず理解出来てれば

センター試験とは、まともな進学校の学習内容の基礎が身に付いたかどうかを見る試験ですから、取り敢えず全範囲が理解できているのにセンター試験で使い物にならないということはあり得ません。
理科2科目で満点を取りに行く話をしているようにも見えませんし。
まぁ理解できていれば二次でだってどうにでもなるでしょう。
理解できていないのだ、という事実を認めることから始めましょう。
暗記暗記丸暗記をしていないでしょうか?
化学の教科書や参考書を読んで、内容を理解しているでしょうか?大筋が掴めているでしょうか?

物理は独学だろうが何だろうが、内容を理解するのが難しい科目です。
やることは少ないのだけれど、理解するのに時間がかかる。それで大概の人は放り出してしまうのです。
天才を除けば、教科書参考書を良く読み、解らないけれどもまぁ基礎問題を解いてみて、やっぱり解らないから教科書参考書を読み、基礎問題を解いてみて、とグルグルグルグルしつこく繰り返す必要があります。
一読して解る人は天才で、最初は解らないのが普通です。
教科書や参考書の記述や公式の通りに世の中が見えるのかどうか。
見えないようなら問題文の状況も再現できず、式が立てられませんから解けません。
理解しないまま放っておいて、基礎問題の解き方だけ覚えましょう、では手も足も出ません。
そもそもセンター試験とは、どの科目もそういう付け焼き刃を嫌います。
特に理科社会を丸暗記しかしていないような者を叩き落とすように作られています。
物理も化学も、ろくに理解してないのに問題演習ばかりやっていないか、なんて事も言えるかも知れません。

その大学、その学科のことは知りません。

シラバスを見ましたが、
問題は、物理の実験ではないでしょう。
おそらく物理の実験は、やってデータを纏めればどうにかなるでしょう。
問題は、「物理学」が必修であることです。
ただ、物理ができない連中も多数いることでしょうから、おそらく無茶なことはしない、真面目にやれば単位が取れる仕組みになっているのではないかと想像します。
当たり前ですが、化学も必修ですね。
化学はクラス分けテストがあるそうな。生物しかできません、なんて連中がやはり少なくな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング