我が家の花壇は西側にあり、夏になるとすごく暑くなり、毎年この時期になりますと、花は枯れてきてしまいます。ちなみに、今年は、マリーゴールド、ゆり、カスミソウ、などを植えましたが、みんな枯れてきました。でも、去年植えたラベンダーと、花期は終わりましたが、ナデシコは枯れずに元気です。何か向き不向きがあるのでしょうか?
暑さに強く、花期が長い花などありましたら、教えて下さい。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

水まきの失敗で枯らしてしまう人がいるので.


気温が高い時期や日差し(赤外線)が強い時期(10-6時頃.地域差あり)はさける。
葉に水をかけてはならない。土が跳ねない(土が葉につくと病気の原因)ように。
土が流れないように.すこしづつ.水がその場でしみ込むように。

乾燥に強い草ならばなんでも良いはずです。夏草ならば.「あおい」(方言の可能性あり)などいかがでしょうか。
    • good
    • 18
この回答へのお礼

水まきがそんなに注意しなきゃいけないなんて思いませんでした。ホースで全体に撒いてました。気をつけて撒くようにしてみます。有難うございました。

お礼日時:2002/07/09 22:44

回答します。



暑さに特に強い・・・・ニチニチソウ、アメリカンブル-、ポ-チュラカ。
その他トレニア、アサガオ、ジニア、ランタナ、ベゴニア、ペチュニア、サルビアもおすすめです。

陽射しが強く暑いのでしたら日光を和らげる工夫をしてみてください(よしず等)
また、水やりも土の表面が乾いたら即あげるようにすれば良いでしょう。
プランタ-、鉢の場合は風の通る場所があれば移動させられば良いですね。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

けっこういろいろあるんですね。水まきは、日中家にいなかったりするので、そんなにまめに水まきはできないので、朝たっぷり水まいてます。でも、やっぱり、夕方帰ってくると、土はからからですね。

お礼日時:2002/07/09 22:49

 オシロイバナ、カンナ、サルビア、ブルーサルビア、ダリア、イカダカズラ(ブーゲンビレア)、ブルーデージー、松葉菊などですね。

夏に直射日光に当たる中央分離帯に植えられた花は皆日差しに強い種類なので、参考にされては?
    • good
    • 9
この回答へのお礼

中央分離帯ですか。確かに、厳しい環境で、きれいに咲いてますよね。参考にしてみます。

お礼日時:2002/07/09 22:52

コリウスはいかがでしょう?


安いし、いろんな葉の色があって素敵です。
どんどん育って、切った葉をグラスなどに入れて
部屋に飾ってます。
それに根が伸びてきたら、再び別の鉢にでも挿しておくと
またどんどん育ちます。
花に囲まれた生活っていいですよね!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

コリウスですか、今から苗を植えても大丈夫でしょうかね。カラフルな花壇てあこがれます。

お礼日時:2002/07/09 22:55

ありきたりですが、暑さに強く花期の長い花といえば『サフィニア』ですね。


夏の暑い時期でもいっぱい花を咲かせてくれるし、切り戻しすれば
花数も復活しますしね。
花ガラをこまめにとってさえいればどんどん花が咲きます。
今は色もたくさん出回ってますから、よかったら一度試してみてください。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

サフィニアも素敵ですね。切り戻しや花ガラつみをまめにすれば、花期も延びるんですね。やっぱり、手入れは大事ですね。

お礼日時:2002/07/09 23:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q暑さに強く、生命力のある草花

去年、家を購入したことをきっかけに、プランターにいろいろ植えましたが、
夏バテをして、水やりをあまりしなかったせいで、ほとんど死んでしまいました。
もともと、体調を崩しやすく、きっと来年もそんな状態になると思います。
そのため、あまり水やりしなくても大丈夫な草花を探しています。
できれば、毎年花を咲かせてくれるものがいいです。
あとハーブや葉っぱものでもかまいません。

今、ちゃんと咲いているのはサザンクロスと、かろうじて生きているニオイザクラ。あとウインターコスモスです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 質問者様の場合は暑さと乾燥に強い花という事ですよね。加えて多年草、または宿根草を御希望という事ですのでなかなか条件は厳しくなると思います。ハーブ類は暑さは実はそんなに強くありません。乾燥には強いですが多湿に弱いので、夏の暑さは弱いです。元々地中海原産のものが多いので、カラッとした季候を好みます。多くのものが多湿による蒸れで痛んだりする事が多いです。まあ北海道などの梅雨のない所にお住まいの方でしたら適していると思います。
 それから暑さが強いという事は関東かそれ以西にお住まいの方でしょうか?宿根や多年草の場合越冬できるかが鍵になりますので、寒さの厳しい所でしたら条件にあてはまらない場合がありますので、予め御了承下さい。
【宿根草、多年草】
●ベゴニアセンパフローレンス
 道路の植栽に植えられるぐらい丈夫で乾燥にも強いです。安価で100円ぐらいで売られています。ただし冬は室内に取り込むか軒先などに置いてください。霜に当たるとグッタリして一度に駄目になります。
http://yasashi.info/he_00002.htm
●カランコエ
 今頃から花屋さんに並び始めます。多肉(サボテンの仲間)ですので、乾燥には強いです。ただしベゴニアセンパと同じで霜には当てられません。
http://yasashi.info/ka_00005.htm
●ゼラニウム
 花が綺麗な昔からのゼラニウムと、匂いが特徴的なセンテッドゼラニウムがあります。こちらも冬は室内に取り込んでください。暖地なら戸外越冬可能です。
http://yasashi.info/se_00002.htm
http://yasashi.info/se_00008.htm
●ローズマリー
 寒さに強く乾燥にも強い丈夫な花です。ただし成長が早いので、プランターに植えても2年に一度ぐらいは植え替えの必要があります。乾燥には強いですがハーブですので、蒸れに弱いです。蒸れないように若干風通しを良くしてあげて下さい。
http://yasashi.info/ro_00002.htm
●ミント
 ミント類は丈夫で手間いらずで、ティーやバスにも使え重宝します。冬は地上部が枯れますが、春には芽吹いてきます。ただし相当成長力がありますので、1つのプランターには1種類しか植えてはいけません。他の植物を侵食します。また1つのプランターに2種類のミントを植えると雑種化しますので、必ず同じ種類のものを植えて下さい。成長が著しいので1~2年に一度は植え替えの必要があります。蒸れには弱いので(蒸れたからといって枯れませんが、見栄えが悪くなります)、梅雨入り前にバッサリ刈り取ってやると良いです。刈り取った物はティーやバスに使えます。
http://yasashi.info/mi_00003.htm
●メキシコマンネングサ
 相当強い植物ですが、プランターにコレだけ植えるというのは何となく華がないです。ただし多肉ですので乾燥には強く手間はかかりません。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/mannengusa0.htm
●マツバギク
 暖地なら越冬します。こちらも多肉ですので暑さと乾燥には強いです。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/Matubagiku.html
●アイビー
 割と強いですが、地味です。2年に1度は植え替えが必要です。
http://yasashi.info/he_00008.htm←こちら以外も色々な種類があります。
●オリズルラン
 暖地なら越冬できますが関東や西日本でも山間部なら難しいかもしれません。
http://yasashi.info/o_00009.htm
●アロエ
 乾燥には相当強いです。また花も咲きます。我が家では地植えですが、越冬基準はオリズルランと同じです。
http://yasashi.info/a_00020.htm

 多年草、宿根草でも丈夫なものは大抵成長も早くどのみち植え替えは必要です。そうしたら暑くなる前の6月頃に夏の乾燥に強く丈夫な花を植えて12月頃まで楽しむというのもテだと思います。
【1年草】
●ポーチュラカ
 カラフルで安価な夏の花です。乾燥には相当強いです。
http://www.yasashi.info/ha_00021.htm
●マツバボタン
 代表的な夏の花です。
http://yasashi.info/ma_00002.htm
●リビングストンデージー
 上の3つと同じ多肉系で丈夫で乾燥に強く、華やかです。
http://yasashi.info/ri_00006.htm
●ガザニア
 我が家では西日が当たる所に植わっていますが、元気に花を咲かせます。暖地なら越冬します。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●メランポジウム
 小さなヒマワリといった感じで単植でも見栄えがします。
http://www.yasashi.info/me_00001.htm

 これらの花達は今は終りですので、売られていません。またこの時期は夏の花と冬~春の花の境目の時期ですので、花屋さんに行ってもあまりないです。中旬から下旬ぐらいに行くとパンジー、デージー、アリッサム、ノースボール、ムルチコーレなどの丈夫で花期の長い花達が店頭に並び始めます。それまでにプランターを洗って太陽光線に当てて乾かし、土と鉢底石を買って準備をしておけば、苗を一気に買って一日で準備が終わります。
 また夏にある程度楽をしたいなら
(1)西日には当てない
(2)下がコンクリやアスファルトならレンガなどで下からの熱を防ぐ
などの対策が必要です。特に夏の西日は相当強烈ですので、これにも負けずに尚且つ多年草、宿根草というのはハーブではまずありませんし、乾燥に強いものでも越冬が難しかったりすると思います。

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 質問者様の場合は暑さと乾燥に強い花という事ですよね。加えて多年草、または宿根草を御希望という事ですのでなかなか条件は厳しくなると思います。ハーブ類は暑さは実はそんなに強くありません。乾燥には強いですが多湿に弱いので、夏の暑さは弱いです。元々地中海原産のものが多いので、カラッとした季候を好みます。多くのものが多湿による蒸れで痛んだりする事が多いです。まあ北海道などの梅雨のない所にお住まいの方でしたら...続きを読む

Q西日に強い花?

こんにちは!
南西の庭です。
これから夏の強烈な日差しにも耐えられる花を植えたいと思います。
お薦めの花を教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。私の庭も南側と北側があって、南側の方が特に西日が強烈です(しかも四国の夏です)。毎年そこで咲いている花をご紹介します。
●ガザニア
 ↓では西日を避けてと書いてありますが、私の庭ではバリバリ西日に当たっています。でも種が飛んで小さな苗が繁殖したりしていますので、ダメな事はないです。丈は低いので花壇なら前の方が適しています。花の色もオレンジ以外でピンクっぽいのもあります。
http://yasashi.info/ka_00012g.htm
●ヒャクニチソウ(ジニア)
 色々なタイプがあります。↓のジニアは丈が低いですが、ヒャクニチソウは1mぐらいになります。ポンポン咲きから一重まで種類が豊富で育てやすいです。苗も安いですが種も粒が大きいので種からでも簡単です。こぼれ種で来年育ったりもします。
http://yasashi.info/shi_00002.htm
●ニチニチソウ
 かなり丈夫で、暖かい地方なら12月頃、茎が枯れたりしたら地上部で切っておくと、来年芽が出てきたりします。こちらも暑さに強くこぼれ種で来年咲いたりも期待できますし、色や種類が多いのですが、唯一立ち枯れ病に罹りやすい欠点があります。長雨による泥はねが主な原因ですので、できたらプランターの方が良いかもしれません。去年立ち枯れ病に強いニチニチソウが開発されたらしいので、それをお買い求めになると良いかもしれません。ちなみに私の庭では買ってきたニチニチソウよりこぼれ種で増えたニチニチソウの方が立ち枯れ病に強いです。
http://yasashi.info/ni_00003.htm
●センニチコウ
 仏花のイメージがなんとなくありますが、白や薄ピンクも結構可愛いです。同じような種類のストロベリーキャンドルも育てやすい種類です。こちらもこぼれ種が期待できます。
http://yasashi.info/se_00006.htm
●ポーチュラカ(ハナスベリヒユ)
 似たような感じにマツバボタンやリビングストンデージーがありますが、これが一番丈夫なような気がします(私の庭での話ですが)。乾燥に強く、夏の暑さに強く花の色もとりどりで、元気に横にのびていきます。夜になったら花が閉じるのがちょっと残念ですが(ガザニアも同じです)、それ以外なら害虫もないし本当に手間いらずです。花壇の縁取りにお勧めです。
http://yasashi.info/ha_00021.htm
●メランポジウム
 こちらも何かと組合すと良い感じで、丈がそんなに高くないので、花壇の前の方が良いです。水不足でクタッとなっても水をタップリ与えるとすぐに元気になります。夏のメランポジウムと冬のフユシラズは使い勝手が良いです。
http://www.yasashi.info/me_00001.htm

 ご存知と思いますが、水やりは朝早くか夕方に水をタップリ与えるのがコツです。ポーチュラカやマツバボタン系は乾燥に耐えますので、他の植物ほどやらなくてもOKです。
 ご参考までにm(__)m。

こんにちは。私の庭も南側と北側があって、南側の方が特に西日が強烈です(しかも四国の夏です)。毎年そこで咲いている花をご紹介します。
●ガザニア
 ↓では西日を避けてと書いてありますが、私の庭ではバリバリ西日に当たっています。でも種が飛んで小さな苗が繁殖したりしていますので、ダメな事はないです。丈は低いので花壇なら前の方が適しています。花の色もオレンジ以外でピンクっぽいのもあります。
http://yasashi.info/ka_00012g.htm
●ヒャクニチソウ(ジニア)
 色々なタイプがあります。↓のジ...続きを読む

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Q西日しか当たらないプランターで…

 我が家は、西向きで、プランターには、西日しか当たりません。店舗兼用なので、こぎれいにしたいのですが、なかなか、何を植えても、うまく咲きません。

 先日、トルコキキョウの苗を植えましたが、つぼみはたくさん有るのに、咲かずにしぼんでしまいます。小菊は、背丈ばかり伸びています。

 今、咲いているのは、ガーデンシクラメンとマリーゴールドとフクシアです。

 こんな条件のところでも、咲かせることのできる花はありませんか?背丈があまり高くなく、できれば、黄色系の花があればうれしいのですが…。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考URLのサイトによれば、西日だけの場所に植物を植えるときは
・いい用土に植える。
・肥料はカリ分を増やして、株を丈夫に育てる。
・小苗のうちはよく日の当たる場所で育て、十分大きくなってから移動する。
と書いてあります。
西日だけでは、日差しは強いのですが、日光が不足してしまうようです。

コンクリートの照り返しの件は、ベランダのガーデニングを参考にするといいかもしれません。
プランターは直置きにせず、スタンドなどで持ち上げると、熱の影響が少しは緩和され、通気も良くなるので植物にはいいそうです。
プランターを置くあたりに、ベランダで使うような木製デッキを敷いたりするのもいいと思います。
直射日光を遮る工夫もあるといいですね。

黄色く無いですが、桜草の仲間などは、西日にも強いようです。

参考URL:http://www.engei.net/aol/guide.asp?month=2&ID=5

Q直射日光がガンガン当たっても平気な植物は?

引っ越す事になったのですが
そこのベランダが、夕方前から4時間ほど、
強烈な西日が当たります。
だけど「日当たりがいい」のは確かだし
せっかく道路に面しているので、お花でも育てたいのですが
これからの時期とこの環境。何が適しているでしょう?

★なるべく手がかからないものがいい
★実用も兼ねて食べられるものならなお嬉しい
★住宅地とはいえ道路側なので空気はあんまりよくないかも

わがままな質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 冬が零下にならなければ、トケイソウなんていかがでしょうか?
 1年草扱いで、春にタネを蒔き、秋に実を収穫して終わりのものもあります。

 トケイソウは根がつくとそれほど手がかからないし、2品種植えると
実が出来やすくなり、パッションフルーツを楽しめるうえ、つる性なので
夏の西日を防ぐカーテンの役割を果たしてくれます。

 トケイソウは空気が悪くても、持ち前の生長力でぐんぐん育ってくれます。

Q6月に植える花(苗)でよいものを教えてください

いまから花の苗を植えようと思います。
パンジーのころまで咲く花で、今植えるのに適している花を教えてください。

少し前(4月ごろ)に調べたのでは、
ニチニチソウ、なでしこ、ほうせんか、百日草、八重咲きまつばぼたん、千日紅、早咲きコスモス、ミニひまわり、ベゴニア、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、スイートアリッサム、インパチェンス、ポーラチュカ
があったんですけど、この中で、最も適しているのを教えていただいてもありがたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ニチニチソウ、ほうせんか、百日草、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、インパチェンス、
は花壇に適していると思います。

八重咲きまつばぼたん、ポーチュラカ、
は葉が肉厚で夏の暑さには強いので、日当たりのよいハンギングや高い位置の花壇から垂れ下げるといいです。

スイートアリッサムは白い小さな花が咲くので、他の鮮やかな花の縁取りにかわいいのですが、夏は咲きません。春に咲き、秋にもう一回咲きます。
なでしこは種類によっては春だけです。

私は冬はビオラ、春になるとニチニチソウなどを植えています。その他に秋まで楽しめるのは
★色がブルーでさわやかな
アメリカンブルー、イソトマ、ブルーサルビア(サルビアの種類ですがラベンダーに似ています)
http://www.botanic.jp/plants-ha/blusal.htm  http://www.jtw.zaq.ne.jp/tanakun/watch3/isotoma.htm
★ポイントに色が鮮やかな
カザニア、ペチュニア、ミニバラ
http://www.kcat.zaq.ne.jp/f_nakamura/toshi/photo/hana_kesiki/2002P5260606a.html
★ハンギングに
サフィニア、バーベナ、花手毬

参考URL:http://www.kcat.zaq.ne.jp/f_nakamura/toshi/photo/hana_kesiki/2002P5260606a.html

ニチニチソウ、ほうせんか、百日草、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、インパチェンス、
は花壇に適していると思います。

八重咲きまつばぼたん、ポーチュラカ、
は葉が肉厚で夏の暑さには強いので、日当たりのよいハンギングや高い位置の花壇から垂れ下げるといいです。

スイートアリッサムは白い小さな花が咲くので、他の鮮やかな花の縁取りにかわいいのですが、夏は咲きません。春に咲き、秋にもう一回咲きます。
なでしこは種類によっては春だけです。

私は冬はビオラ、春になるとニチ...続きを読む

Q南向き庭で植えっぱなしでOKのお花は・・・?

すみません、園芸初心者です。
環境は南向きで直射日光あり、(夏は高温になります)
家族全員が忙しい日が多いので、水をやり忘れる日があり、
(忘れないのは土日祝・・・)
こんな状態でも露地で植えっぱなしで毎年育って花を咲かせてくれる球根植物(宿根草でもOK)
はありますでしょうか。(なるべく大きな花がいいと家族は言います・・・)
なんかわがままな話かもしれませんが
情報よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは^^
雨水だけで育つお花はたくさんありますよ。
私が畑に植えているお花を紹介しますね^^
(水道が通っていない畑なので苗の植えつけ時以外は雨水のみで育てています。)

春-ワスレナグサ(1年草ですがこぼれダネで毎年勝手に生えます。種まきも可)
  シャスターデージー(こちらもこぼれダネで増え、夏を越します)
  ヒアシンス、ムスカリ、ダッチアイリス、ジャーマンアイリス、水仙各種、花ニラ(以上球根)
初夏-アガパンサス、グラジオラス(以上球根)
   ラベンダー(耐暑性品種)、ローズマリー、カモミール(以上ハーブ)
   ガウラ、三尺バーベナ、エリゲロン(宿根草、晩秋まで咲き続けます)
夏-ヒャクニチソウ(1年草ですがこぼれダネで毎年勝手に生えてきます。種まきも可)
  センニチコウ、ストロベリーフィールズ(晩秋まで咲き続けます)
秋-ダイヤモンドリリー、ヒガンバナ(白)、ゼフィランサス(以上球根)
  ニラ(案外可愛い花ですよ、春や初夏はおいしくいただけますし)、小菊(以上宿根草)
冬-冬知らず(黄色の小花、こぼれダネで毎年勝手に生えてきます。)
  ノースポール(こぼれダネで毎年勝手に生えてきます。種まきも可)

おすすめ低木(冬1回の剪定で小さく育てられます)
八重咲き芙蓉、コバノランタナ、ブッドレア(バタフライブッシュ)
落葉樹のほどよい木陰があればクリスマスローズや高砂ユリ、アジュガ、ギボウシなども
植えっぱなしにできます。

以上、全く水遣りをしなくても毎年咲く花を紹介しましたが、週に1回水遣りができるのであれば
選択肢はさらに広がると思います。
1年草は花付きの苗を買ってくるよりも、種から育てて小さいうちに定植したものの方が水遣りなしで上手に育ちます。こぼれダネで生えたものに関しては一切水遣りなしでもOKです(笑)
いろいろな植物を上手に組み合わせて春夏秋冬お花が咲きみだれる、素敵な花壇を作ってくださいね^^

こんにちは^^
雨水だけで育つお花はたくさんありますよ。
私が畑に植えているお花を紹介しますね^^
(水道が通っていない畑なので苗の植えつけ時以外は雨水のみで育てています。)

春-ワスレナグサ(1年草ですがこぼれダネで毎年勝手に生えます。種まきも可)
  シャスターデージー(こちらもこぼれダネで増え、夏を越します)
  ヒアシンス、ムスカリ、ダッチアイリス、ジャーマンアイリス、水仙各種、花ニラ(以上球根)
初夏-アガパンサス、グラジオラス(以上球根)
   ラベンダー(耐暑性品種)、ロー...続きを読む

Q丈夫な草花を教えてください

これから庭に植える花を紹介してください。
条件は、
1 水やりが少なくても育つ(1週間に3回ほど ちなみに夏は雨が降りません)
2 高温でも育つ(ちなみに夏は38度まで上がります)
3 これから秋まで咲いている
4 苗が安い
5 できれば花が多く目立って咲いてくれたら
こんな勝手な希望を叶えてくれる花はないものでしょうか。
私はマリーゴールドくらいしか思いつきませんでした。
知人に聞いたら、フロックス(オイランソウ)、アイビーゼラニウム、クジャクソウを教えてもらいました。他にありませんか?

Aベストアンサー

 こんにちは。ものぐさガーデニングをやっていますので良かったら参考にして下さい。
 私も四国に住んでいますので、夏はすごく暑いです。しかも砂地ですのですぐに乾燥してしまいます。その中でも元気な物をご紹介します。
●ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)
 既に紹介されていますが、ものすごく丈夫です。基本的に乾燥に強いので、水やりもあまりしなくてもOKです。11月頃まで咲きますし、花が終わってちょっと見苦しくなってもしばらくそのままにしておくと、勝手に種がはじけて翌年はこぼれダネであちこちに咲いてくれます。イチオシです。欠点は夕方花を閉じてしまう事ぐらいです。
http://flower365.web.infoseek.co.jp/16/232.html
●マツバギク
 ポーチュラカに似ていますが、こちらは多年草です。東北などの寒い地域では分かりませんが、西日本では越冬してくれますので一度植えると植えっぱなしOKの楽チン品種です。乾燥と暑さに強く↓の色以外にオレンジもあります。しかも勝手に増えます。
http://www.engeinavi.jp/db/view/link/870.html
●マツバボタン
上の2つに似ていますが、一番花が大きくて豪華な感じがします。こちらは一年草です。花の色も色々ですのでまとめて植えると見栄えがします(私はマツバボタンだけの寄せ植え鉢を作っています)。暑さと乾燥に強いのは上の2つと同じです。
http://yasashi.info/ma_00002.htm
●ガザニア
 南アフリカ原産の多年草で非常に暑さに強いです。我が家では西日がガンガンに当たる所でもう何年も生えています。しかも勝手に種を飛ばして(タンポポみたいにフワフワした種)離れたところに苗が出てきたりします。白やピンクなどの色々な花があります。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●ニチニチソウ
 こちらも既に紹介されていますが、暑さに非常に強いです。ただ欠点として立ち枯れ病を起こしやすいです。長雨が続くとドロはねなどで溶けたように枯れてしまいます。経験上一度植えてこぼれダネで生えてきたモノは強いですが、苗を買ってきたものは花柄を摘んだりしているのに発生する率が高いので、何本か買ってきてみるか、プランターに植えて長雨の時は軒下に取り込むとよいと思います。去年の『趣味の園芸』という雑誌で立ち枯れ病に強い品種が発表されていましたが、おそらく出回っている苗(100円ぐらい)よりはちょっと高いと思います。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/nitiniti1.htm
●メキシコマンネングサ
 セダム類と呼ばれる多年草で、おそらくこの中では一番丈夫です。どれぐらいかというと、生えてきて欲しくない所に生えてきたので、そこら辺に掘り投げておいたら枯れずにそこに定着してしまうほどです。暑さと乾燥に非常に丈夫で(多肉なので)、寒さにも多湿にも強いオールラウンダーです。一度植えると勝手に増えてくれます。花は結構可愛いです(ちょっと花の時期は過ぎましたが)。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/mannengusa0.htm
●フランネルソウ
 いつから家にあるか分からない前から勝手に咲いてはあちこちで増えているので値段を調べてみました(^_^;)。300円で楽天で売られていたので、上の植物よりはちょっと高いですが、一度植えると多年草でずっと咲きますし、勝手に増えてくれますので価値はあると思います。葉っぱがホワホワした綿みたいなのに覆われているからか、暑さと乾燥に強く非常に育てやすく、完全にほったらかしです。背は結構高くなりますので花壇ですと後ろの方に植えると良いと思います。
http://www.engeinavi.jp/db/view.cgi?mode=link&id=1403←赤もあります。
●オキザリス
 品種によって違いがありますが、球根で増える多年草です。植えっぱなしOKで丈夫です。我が家でも家の前の西日がガンガン当たる所でガンガン増えています。水もあまりやっていないのですが枯れません。
http://yasashi.info/o_00006g.htm
●ベコニアセンパフローレンス
 四季咲きベコニアです。うちの方では道路の脇に植えられている位丈夫で乾燥にも強いのですが、多年草ですので鉢植えにすると冬にも咲いてくれますので重宝します。1年草扱いにするなら庭植えでもOKです。
http://yasashi.info/he_00002.htm←こちら以外に白もあります
●ヤロウ(西洋ノコギリ草)
 非常に丈夫で乾燥と暑さに強いハーブの仲間です。花も秋口まで十分楽しめて多年草ですので一度植えると植えっぱなしOKです。丈が高く切花にも向いていますし、ドライフラワーにもお勧めです。病気にも寒さにも強いです。↓には暑さに少し弱いと書いてありますが、植えている感想してはそんな事はありません。ただ地下茎でドンドン増えますのであまり植えすぎないようにするのがコツです。ほったらかしOKです。
http://yasashi.info/no_00001.htm←赤もあります。
●アメジストセージ(メキシカンブッシュセージ)
 ハーブの中でも花が華やかで非常に丈夫です。乾燥と暑さに強く多年草ですので、一度植えるとずっと楽しめます(冬に切り詰めると良いです)。大株になりますので、花壇では後ろの方に植えると良いと思います。花の触り心地がホワホワして個人的には好きです。
http://www.greenecho.co.jp/zukan/a/01amejist_saji.htm
 我が家を見回して、勝手に生えている(^_^;)ものを挙げてみました。他にも鉢植えならトレニアとかも良いと思います。お友達が挙げているアイビーゼラニウムは庭植えよりは鉢植えにされた方が良いと思います。
 フランネルソウとオキザリス以外は100円(安い所では70円ぐらい)で売っていますのでお求め安く沢山買って豪華に咲かすと良いと思います。
 長文失礼しましたm(__)m。

 こんにちは。ものぐさガーデニングをやっていますので良かったら参考にして下さい。
 私も四国に住んでいますので、夏はすごく暑いです。しかも砂地ですのですぐに乾燥してしまいます。その中でも元気な物をご紹介します。
●ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)
 既に紹介されていますが、ものすごく丈夫です。基本的に乾燥に強いので、水やりもあまりしなくてもOKです。11月頃まで咲きますし、花が終わってちょっと見苦しくなってもしばらくそのままにしておくと、勝手に種がはじけて翌年はこぼれダネであ...続きを読む

Q北向きの庭のガーデニング

こんにちは。最近庭付き一戸建てに引っ越し、ガーデニングを始めたばかりです。我が家の玄関は北向きなんですが、花壇をつくってもらって、いろいろ植えてみたんですが、上手く育てられなくて困っています。ミニバラは花も咲いて、なかなかきれいに育ってくれているんですが、アリッサムが全く育っていません。パンジーも植えたんですが、枯れてしまいました。北向きで日がほとんど当たらないため、難しいとは思っていたんですが、まさか枯れてしまうなんて思わなかったので、かわいそうなことをしてしまいました。やっぱり、日の当たらない北向きの庭では、アリッサムやパンジーは無理でしょうか?それとも、育て方に問題があるんでしょうか?また、枯れかかってしまっているお花は、今からなんとかなりませんか?肥料などはやっていません。やったほうがいいのでしょうか?日陰でも、いろいろなお花を咲かせることに成功された方いましたら、ぜひ初心者の私にいろいろ教えてください。初歩的なことからほとんど知識がありません。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので、良かったら参考にして下さい。
 北向きで日が当たらない場合、日光を好むパンジーやアリッサムはなかなか辛いです。パンジーやアリッサムは性質的には強いですが、日光を好みますので、最低2~3時間は日照が欲しい所です。毎日1時間も当たっていないようでしたら残念ながら花壇にあふれているようなよくある花は無理だと思われます。日当たりが悪いと書かれている場合でも色々あります。
(1)午前中日当たりがあるが(2~3時間)、午後は当たらない
 この場合は理想的です。植物は別の理由で枯れてます。
(2)午前か午後の早い段階かどちらかで1時間ぐらいしか当たっていない。
 日光を好む植物は辛い環境です。
(3)夕方の西日だけ強烈に当たって後は日陰。
 日陰を好む植物にとっても辛い環境です。
(4)全体的に明るい日陰。日光がチラチラと当たるだけ。
 日陰を好む植物が適しています。

(2)か(4)の場合、日光を好まない植物を植えればよいのです。どちらかというと地味な花が多いですが、地味は地味なりに趣があります。
●ミヤコワスレ
http://yasashi.info/mi_00001.htm←濃い目のピンクとかもあります。
●ホトトギス
http://yasashi.info/ho_00012.htm←白花もあります。
●ギボウシ
花壇が小さめならミニタイプのものが適しています。
http://yasashi.info/ki_00002.htm
●ホタルブクロ
うちでは日照条件が悪いところでも咲きます。ただし季節は今ではありません。
http://yasashi.info/ho_00018.htm
●インパチェンス
日当たりの悪い庭の救世主です。日光を好まず丈夫で安価(大体100円ぐらい。ただし八重は若干高いかも)。ただし苗が出回るのは初夏頃です。
http://yasashi.info/i_00002.htm
●シュウメイギク
高くなりますので、花壇の後の方へ。
http://yasashi.info/shi_00021.htm
●花ニラ
可愛い花です。丈が低いので花壇の縁取りにいかがでしょう。
http://www.yasashi.info/i_00001.htm
●ヤブラン
 日陰には本当に強いです。
http://www.yasashi.info/ya_00003.htm

 大体こんな感じですのが、派手さはありません(^_^;)。ただしどの花も可愛いですよ。お茶花にも活躍しますし、趣はバッチリです。春ならホームセンターによくあるような可愛いタイプは殆ど日当たりを好みます。夏でも最近はやりのペチュニアやマリーゴールドなども日当たりを好みます。ですが、↑の花達はインパチェンスを除けば全部宿根草ですので、1年では枯れません。お高いですが毎回買い足すよりも元の植物がありつつ、少し変化させたり出来ますので、初期投資であとはOKです。
 他にも植物を選ぶ時は、見た目ではなく必ず花に名札のようなものが刺さっていると思いますので、裏を見ます。そうすると簡単な育て方が書かれてありますので、その時点で「日光を好む」と書かれているなら残念ながら向いていません。「半日陰」とか「日陰」と書いてある物なら大丈夫です。何も書いていない場合は店員さんに聞くか、1冊園芸書を持つか、↑のサイトのようなものを家に帰ってチェックすると良いです。
 そしてまっさらの花壇に植える場合は、必ず想像してみましょう。チラシの裏などで構いませんので、どれぐらい必要になるかを考えます。庭の真ん中にあるのではない限り、大体前から見ますので、背の低いものから前に植えていくと見栄えが良くなります。後の方は低木かシュウメイギクのような高性のもの(これも園芸カードの後に高さが書かれています)、真ん中はまあまあの背の高さ、前は縁取り系(アリッサムのような)にすると良いかと思います。この場合前~真ん中を1年で枯れるものとかにすると作業も楽です。例えば後ろがホトトギス、アオキ、ヤツデ、シュウメイギク、真ん中がギボウシ、インパチェンス、ミヤコワスレ、前が花ニラなどはいかがでしょうか。
 そしてすぐに植えてはいけません。旅館に泊まってベッドさえない部屋だったら悲しくなるのと同じように、耕して空気をタップリ入れてあげ、石灰、腐葉土、化成肥料を十分にすき込んでから植えるようにします。これらはホームセンターに売られていますので、色々チェックしてみて下さい。
 
 あと枯れかかっている花はなんともならないというか、今からプランターなどに移して日当たりの良い所に移した方が生き返る確率が高いです。
●プランター
●鉢底石
●培養土
 これらを用意します。まずプランターに鉢底石を底が見えなくなるまで入れます。その後培養土を半分位入れて、パンジーを3つ、前にアリッサムを2~3つぐらい入れて、培養土を全体に足して下さい。水をタップリあげて日当たりの良い所に置いて様子をみて下さい。肥料をあげてはいけません。培養土は大抵元肥が入っていますので。両方共強健ですので、半々の確率で助かると思います(花壇ならそのまま枯れる方が大)。

 ご参考までにm(__)m。

こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので、良かったら参考にして下さい。
 北向きで日が当たらない場合、日光を好むパンジーやアリッサムはなかなか辛いです。パンジーやアリッサムは性質的には強いですが、日光を好みますので、最低2~3時間は日照が欲しい所です。毎日1時間も当たっていないようでしたら残念ながら花壇にあふれているようなよくある花は無理だと思われます。日当たりが悪いと書かれている場合でも色々あります。
(1)午前中日当たりがあるが(2~3時間)、午後は当たらない
 この場...続きを読む

Q花壇の土の作り方で悩んでます

ガーデニング初心者です^_^;
最近花壇をレンガで囲い作り直しました。
今までの花壇は、敷地と同じ高さで、囲いを作り、掘って、黒土に腐葉土を混ぜたものをつかっていました。
しかし、半年程使いましたが、土が、とても硬くなり、花の成長も悪いように思います。
今回、敷地より25cm高くし、盛り土で、土の質も良い花壇を作り直したいと思い、ご相談ですm(_ _)m

花壇の大きさは大体2m2くらいです。
今日、ホームセンターで、「プランターの土・花と野菜用14リットル」と言うのを5袋と、発酵牛糞1袋と、赤玉土1袋を購入しました。
しかし、色々ネットで検索してましたら、この土の選択は違っていたかなと思い、明日だったら、交換もできるので、違う土に交換したほうが良いか悩んでいます。
また、明日有機石灰か、苦土石灰も購入する予定です。

土の配合は、今まで使っていた黒土と、購入した「プランターの土」と、石灰と、牛糞を混ぜて使おうと思います。

そこで質問なのですが・・・
(1)混ぜ合わせる土の種類は、黒土と、購入した「プランターの土」と、石灰と、牛糞で足りないものはありますか?
また、上記の物を混ぜ合わせるときの、割合はどのような感じですか?
(2)発酵牛糞は、やはり花の根などに触らないようにしたほうがよいですか?
その際、どのように使えば良いでしょう?
根に触らない30センチ位底の方か、上に撒き散らしたほうがよいのか・・・
(3)赤玉土は、花壇には必要ないですか?
(4)できれば早く花を植えたいので、有機石灰を使おうかと思ってるのですが、やはり苦土石灰の方が、良い花が育ちますか?
苦土石灰の場合は、2週間はおかないと駄目ですか?
 
どなたか、ご存知の方、教えてください!!
よろしくお願いいたします。
 

ガーデニング初心者です^_^;
最近花壇をレンガで囲い作り直しました。
今までの花壇は、敷地と同じ高さで、囲いを作り、掘って、黒土に腐葉土を混ぜたものをつかっていました。
しかし、半年程使いましたが、土が、とても硬くなり、花の成長も悪いように思います。
今回、敷地より25cm高くし、盛り土で、土の質も良い花壇を作り直したいと思い、ご相談ですm(_ _)m

花壇の大きさは大体2m2くらいです。
今日、ホームセンターで、「プランターの土・花と野菜用14リットル」と言うのを5袋と、発酵牛糞1袋と...続きを読む

Aベストアンサー

地植えの場合、思った以上に多くの土が必要ですよね。
私だったら、土壌改良に「バーク堆肥」(樹皮を細かく砕いて醗酵させたもの。腐葉土の代わりになる。比較的安価。)を使います。
花壇を地上げするなら、他の黒土も持ってきて、古い黒土と共にバーク堆肥を混ぜながらシャベルでよく耕します。
バーク堆肥の量は、新しくもってきた黒土と同量ぐらいでいいでしょう。
もちろん「プランターの土」でもかまいませんが、できれば腐葉土やバーク堆肥を追加して、古い黒土と一緒によく耕しましょう。
なお赤玉土は不要です。赤玉土は主に鉢植え用に使います。

土壌改良した後なら、石灰(アルカリ性)は撒きません。
多くの花はアルカリ性土を好みません。ほとんどの花が弱酸性土を好みます。日本古来の花でしたら、もう少し強い酸性土を好みます。
(比較的アルカリ性と思われているクレマチスにしても、弱酸性土を好みます。)
苦土石灰等を撒くなら来年以降でしょう。
それも1平方メートルあたり軽く一握り程度です。
土の表面に撒き、耕して散水しておきましょう。
植え付けには、2週間あけた方がいいでしょう。
くれぐれも石灰の撒き過ぎには注意してください。

肥料については燐酸肥料(骨粉)を加えたほうが、花つきや実なりが良いです。
窒素肥料(油粕、糞類)と混ぜて使います。
穴を掘って施肥します。根に触れないように20cmぐらい覆土してから植えつけると良いでしょう。
くれぐれも上に撒き散らさないほうが良いです。(ハエが来ます。)

植えつける植物の種類によっても違いますが草花類でしたら、私の場合、これら有機肥料は使わず「マグァンプK」などの緩効性(化成)肥料を使います。
これは燐酸成分が多く、花つきがよいですからお勧めです。
植え付け時に土に混ぜて使います。根に直接触れても大丈夫です。
肥効一年の「中粒」と、二年の「大粒」が一般的でしょう。
一年草、多年草で使い分けします。
あと即効性の液肥として、ハイポネックス(原液)などの1000倍希釈液を、一週間に一度水遣りがわりに与えると更に効果的です。

追伸
ユリの地植え場合、30~40cmぐらい球根を深植えします。(適期10月~11月)
これは水分や養分を吸収する根(上根)が、球根の位置から上に生えるからです。
従ってユリの場合は、球根よりも上の土に施肥する必要があります。

参考URL:http://www.hyponex.co.jp/catalog/index.html

地植えの場合、思った以上に多くの土が必要ですよね。
私だったら、土壌改良に「バーク堆肥」(樹皮を細かく砕いて醗酵させたもの。腐葉土の代わりになる。比較的安価。)を使います。
花壇を地上げするなら、他の黒土も持ってきて、古い黒土と共にバーク堆肥を混ぜながらシャベルでよく耕します。
バーク堆肥の量は、新しくもってきた黒土と同量ぐらいでいいでしょう。
もちろん「プランターの土」でもかまいませんが、できれば腐葉土やバーク堆肥を追加して、古い黒土と一緒によく耕しましょう。
なお赤玉...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報