【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

宅地と言っても住居の建っいる、いないで税金が違う事を知りました。わが家は多数分筆された土地が一塊になっていて一番広い面積の土地に住居が建っています。登記簿を見ると住居の建っていない土地も「宅地」となっていますがこの場合、固定資産税はどのように課税されているのでしょうか。誤りだとしたら用途に付いてこちらから届けるべきだったのでしょうか。登記には事前に用途の現地確認があったはずだから実際の税金は宅地、非住宅用地と分けて課税されていると思ってもよいでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

固定資産税の課税に当たっては、ご質問者様のおっしゃるとおり、その土地の上に住宅用の家屋が建っているかいないかで、固定資産税の額が変わってきます。

地方税法上、「住宅用地」か「非住宅用地」かの区別をしています。
ここで注意点ですが、固定資産税の課税に当たり、登記簿で確認する事項は、その土地の形状と面積になります。なので、登記簿上で「宅地」となっていても固定資産税の課税に当たっては直接関係ありません。また、登記簿上の面積と現況(実際の面積)が異なる場合は、現況により課税することとなっています。
税額を計算するに当たり、複数筆の土地を所有していて、その土地の上に家屋を建てた場合でも、一筆毎にその上に家屋が建っているから「住宅用地」であるとか、家屋が建っていないから「非住宅用地」であるとかではなく、家屋が建っている土地を一体として使用しているかどうかで判断します。
一体として使用し、その上に居住用の家屋が建っていれば、全体の土地を「住宅用地」として課税します。
それと、固定資産税は、賦課税目といいまして、原則として地方自治体が調査し、課税すべき税目ですが、疑問が生じた場合は、課税をしている自治体に問い合わせて確認してみるとよいでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。大丈夫のようです。大部分を住宅が占め、後は庭とカーポートでどう見ても一体です。そうですよね、後は数は何筆もありますが面積が小さいのでとても住居は建てれませんから。安心しました。

お礼日時:2007/06/18 19:32

>登記には事前に用途の現地確認があったはずだから実際の税金は宅地、非住宅用地と分けて課税されていると思ってもよいでしょうか



法務局の登記官の現地調査で地目を宅地にするだけであって、税法とは無関係です。
税法は市町村税務課ですので、
利用形態が同一であるなら住宅用地のどのようになっているか確認しましょう。
http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/tozei/in …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。残りは住宅地に完全に付随していますので問題ないようです。

お礼日時:2007/06/18 19:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q固定資産税 住宅用地と非住宅用地の違いと節税方法

数年前に親が他界し、親名義の土地全てを相続しました。土地・税金について何の知識もなく、深く考えもせずに固定資産税は払い続けてきました。

相続した土地のうち、宅地が2箇所あるのですが(AとBとします)。宅地Aは課税明細で「住宅用地」となっております、ここは実家が建っていたところですがすぐに取り壊しましたので、ここ数年は空き地です。宅地Bは課税明細で「非住宅用地」となっております、昭和の終わり頃に購入しましたが、購入とともに建っていた家は取り壊し、その後は畑として利用していました。
この「住宅用地」と「非住宅用地」の違いは何でしょうか。

今後は、宅地Aは空き地のままで家を建てる予定はありません。宅地Bは売れれば売りたいですけど、おそらく売れないので空き地のままです。

節税方法などありましたら教えてください。

Aベストアンサー

まず「住宅用地」「非住宅用地」の違いですが「住宅用地」というのは実際その土地の上に住宅が立っている場合をいい、住宅以外が立っているもの(例えば店舗等)やなにも立っていない更地が「非住宅用地」と考えていいと思います。ちなみに「住宅用地」の場合はその上に住宅が建っている場合は「小規模住宅用地」といって200m2までは課税標準額が1/6になり200m2を越えた部分が「課税標準額」1/3になり、つまり税額もその分安くなります。(課税標準額とは税金をかけるための額ですので課税標準額に1.4%かけたのが固定資産税額)
ですからおおかたAの土地はまだ役所のほうが住宅が建ってあるとおもって「住宅用地」としてあるのではないでしょうか?もしそうだとしたらそのままにしておいたほうが税額が安いままだと思います(本当は届けをしなくてはいけないとは思いますが)、Bの土地については実際課税明細が宅地として課税されているか雑種地として課税されているか畑で課税されているかはわからないのですが、基本的には現況課税になるのですが畑で課税されると物凄く税金が安くなるのですがあなたの家が農家でない限り畑として認定されることはないと思います。
節税する方法についてはたぶん固定資産で節税するという方法はほとんどないと思います。土地の税金を安くするにはその上に家を建てるしかないと思いますので、もちろん家を建てるほうが莫大な金がかかるし、土地が安くなった分家の分で固定資産税がかかります。ですからどんなに古い家でも取り壊さないほうが節税になると思います。
もちろん住宅ですからアパートや貸家住宅を立てられると土地の部分は小規模住宅で軽減がかかるとは思いますが。
すいませんあまりアドバイスにならなかったととは思いますが。

まず「住宅用地」「非住宅用地」の違いですが「住宅用地」というのは実際その土地の上に住宅が立っている場合をいい、住宅以外が立っているもの(例えば店舗等)やなにも立っていない更地が「非住宅用地」と考えていいと思います。ちなみに「住宅用地」の場合はその上に住宅が建っている場合は「小規模住宅用地」といって200m2までは課税標準額が1/6になり200m2を越えた部分が「課税標準額」1/3になり、つまり税額もその分安くなります。(課税標準額とは税金をかけるための額ですので課税標準額に1.4%かけた...続きを読む

Q固定資産税いくら??

友人が新築の家を建てたのですが、固定資産税を年間で7万程度といわれたらしいのですが(営業マンに)親からはけっこうするよとかいわれて、不安に思ってるみたいです。いったいどのくらいかおしえてください。ちなみに土地は60坪、約1000万 建物 約2000万したそうです。その他詳しいことはわかりませんが・・。大体で結構ですので、おしえてください。

Aベストアンサー

1.住宅用地は200平方メートル以下の部分を「小規模住宅用地」といい課税標準額が6分の1に軽減されます。60坪は約198平方メートル、固定資産評価は公示価格の7割を目途としていますので
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin27.html

1000万×0.7×1/6×1.4%=16,333円

2.新築の建物は120平方メートルまでの部分に対して一般の住宅は当初の3年間は固定資産税が2分の1になります。建物は固定資産評価基準に基づき、再建築価格を基準に評価します。仮に固定資産税評価を時価の6割程度とした場合、
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin28.html

2000万×0.6×1/2×1.4%=84,000

以上から土地・建物合計で10万程度になると思います。(以上に加えて市街地の場合には都市計画税が0.3%課税されます。)

Q物置は固定資産税の課税対象?

本日、ホームセンターに物置の見積依頼してきました。
住居新築に伴ない、1.4坪程の物置(ヨド等の鉄製)を2台と、1.0坪程の物置を1台設置する計画です。
基礎はなく、1台の物置の下にブロックを9個位置いて設置する予定です。

基礎がないので、固定資産税の対象にはならないと思っていたのですが、ホームセンターの販売員から、「資産税課の担当者によっては、資産扱いにする人もいるので、検査が終わってからの設置が無難です」と言われました。

本当に課税の対象にされる場合があるのでしょうか?
詳しい方、アドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

非常にファジーな問題ですね。
課税担当者は、以下のような点で判断しているようです。
(1)面積で判断する。
10m2以下は無視するとか。わが町はこのパターンだと聞きました。(10m2は例で、面積はマチマチ。)
(2)固定度で判断する。
ブロックの上に置いてあるだけならOK。アンカーなりで固定されていればアウト。
(3)任意に移動できるかで判断する。
かなり厳しい基準の場合で、吊り上げるなりして、動かせる状況ならOK。その他はアウト。ユニットハウスと言われる物はOKですが、ヨド物置とかは総じてアウト。
(4)金額で判断する。
評価額が30万円を超えるようならアウト。評価しても手間ばかりで税額が小さすぎるものは無視、というようなパターン。(30万円は例で、金額はバラバラ。)
などでしょうか。

要するに、バラバラです。どのような状態でも、評価されてしまう可能性は残ります。

市町村により、担当者まかせの場合もあれば、何らかの統一的な見解は持っている場合も有るようです。統一的な見解があるとしても、それを教えてくれるかはわかりません。ダメ元で聞いてみますか?誰か、役所に顔見知りでも居れば、その人を通せば、情報を得られるかもしれませんが。

非常にファジーな問題ですね。
課税担当者は、以下のような点で判断しているようです。
(1)面積で判断する。
10m2以下は無視するとか。わが町はこのパターンだと聞きました。(10m2は例で、面積はマチマチ。)
(2)固定度で判断する。
ブロックの上に置いてあるだけならOK。アンカーなりで固定されていればアウト。
(3)任意に移動できるかで判断する。
かなり厳しい基準の場合で、吊り上げるなりして、動かせる状況ならOK。その他はアウト。ユニットハウスと言われる物はOKですが、...続きを読む

Q建物の固定資産税評価額について

建物(新築住宅)の固定資産税の計算は固資産資税評価額に税率を乗じる。

評価額は、建築費の50~70%ぐらいです。という説明を見たことがあります。

ここで質問です。評価額は建築費用が基準ということですが、例えば

延床面積100坪で3000万円の住宅と50坪で3000万円の住宅

では固定資産税は同じくらいになるということですか?

Aベストアンサー

みなさんが仰るように、認識にズレがあります。
「新築建物価格認定基準表」というものがあり、1m2当たりの単価がおおよそ
決められているのです。

参考までに東京法務局管内では、木造(ですよね?)建物の価額基準は、
居宅 @79,000円/m2
となっています。

鉄骨鉄筋コンクリートですと
居宅 @114,000円/m2
です。

事務所や店舗のような用途が違う場合にも基準が変わってきますし、木造でも
金属で作られた部分がある、標準的よりも華美な建物、または天井の高さが標準よりも高い、
といったような場合には、これらの事情を考慮し、上記の基準額を斟酌して1m2当たりの
価額を算定することになっています。

詳しくは、お住まいの法務局のホームページに載っていると思いますのでご覧下さい。

Q小規模非住宅用地の減免

2005年6月に土地購入し、2006年3月中頃に新築して住んでいる土地の固定資産税が来ました。1月1日時点では、建築中でしたので、非住宅用地として課税され高額です。土地は180m2で東京23区内、個人所有です。一緒に送られてきた案内「東京都(23区内)独自の軽減措置」に(2)小規模非住宅用地の減免 とあり、「昨年度に引き続き400m2以下の非住宅用地のうち200m2までの部分の固定資産税・都市計画税が2割減免されます。新規対象者には8月までに申請書をお送りします」となっています。今回の私の課税には、これが適用されていません。申請書が着てないので、申請しなかったからでしょうか?同じ都税事務所からは、不動産取得税の書類だけは届き、これは減免の手続きをしています。なんとか、適用を受けたいので、来週、確認しようと思いますが、交渉の参考にさせて頂きたいのでよろしくお願いいたします。(対象者は個人又は資本金1億円以下の法人等が所有するものに限るとなっています。)

Aベストアンサー

減免要件はクリアしているはずですので、都税事務所から8月までに送付される申請書を返送すれば、1月後くらいに土地の税額の2割が減免されます。ですので、待っていればよいです。現時点で適用されていないのは、申請していないからです(減免は申請が必須、なければ行政は勝手に適用しません)。もしすぐに対応してほしいなら、都税事務所に電話し、申請書をすぐに送るよう要求してはどうでしょうか。

参考URL:http://www.tax.metro.tokyo.jp/shisan/info/hijyuu1.htm

Q不動産取得税 共有者の持分を買い取った場合

13年前にマンションを主人4分の3、私4分の1の名義で購入しました。
この度離婚することになりましたので主人の持分を買い取りたいと思っています。
その為の現金は私が用意します。
この場合、不動産取得税、登録税はかかりますか?
かかるとしたらどのような計算になりますか?
お詳しい方宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

不動産取得税、登録免許税ともにかかります。(登録免許税のみ経験あり)

・登録免許税(登記申請書に収入印紙貼り付け)
 税額 = 課税標準×税率(2%)
 課税標準 = 固定資産台帳の価格 × 持分(3/4)
 固定資産台帳の価格は、市区町村から来る課税通知書に載っていますし、市区町村役場で証明書もとれます。

法務局ホームページから
業務のご案内
http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/goannai_index.html
新不動産登記法の施行に伴う登記申請書等の様式について(お知らせ)
http://www.moj.go.jp/MINJI/MINJI79/minji79.html
↑から、「登録免許税の計算方法等」を参照

・不動産取得税(都道府県税事務所に申告)
 税額 = 課税標準×税率(3%)
 課税標準 = 固定資産台帳の価格 × 持分(3/4)

千葉県のホームページ:不動産取得税
http://www.pref.chiba.jp/syozoku/a_zeimu/taxtype/hudousan.html


なお、売買金額が高いと売り手(ご主人)に所得税+住民税がかかったり、安いと買い手(質問者さん)に贈与税がかかったりする可能性があります。

・売り手への所得税(翌年に税務署に確定申告)
 課税対象は、今回の売買金額から、取得費(元々の購入金額や購入手数料などから、所有期間中の減価償却費相当額を差し引く)の持分(3/4)などを引いた残りなので、取得費の持分相当の額で売買すれば税はかからず、申告不要です。

国税庁タックスアンサー:譲渡所得 土地建物を売ったとき
http://www.taxanswer.nta.go.jp/jouto303.htm

・買い手への贈与税(翌年に税務署に申告)
「個人から著しく低い価額の対価で財産を譲り受けた場合には、その財産の時価と支払った対価との差額に相当する金額は、財産を譲渡した人から贈与により取得したものとみなされます。」

国税庁タックスアンサー:贈与と税金
http://www.taxanswer.nta.go.jp/zouyo31.htm
↑から、「著しく低い価額で財産を譲り受けたとき」などを参照

もし中古マンションとしての時価が取得費相当より高ければ、上記の「取得費の持分相当」の売買金額でも「著しく低い価額」と判断される可能性があります。
ただ、贈与税には110万円の基礎控除があるので、差額が110万円以下(ほかに贈与がないとして)なら税はかからず申告不要です。

不動産取得税、登録免許税ともにかかります。(登録免許税のみ経験あり)

・登録免許税(登記申請書に収入印紙貼り付け)
 税額 = 課税標準×税率(2%)
 課税標準 = 固定資産台帳の価格 × 持分(3/4)
 固定資産台帳の価格は、市区町村から来る課税通知書に載っていますし、市区町村役場で証明書もとれます。

法務局ホームページから
業務のご案内
http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/goannai_index.html
新不動産登記法の施行に伴う登記申請書等の様式について(お知らせ)
http://www.moj...続きを読む

Q店舗付き住宅の固定資産税 について

相続後、店舗併用住宅の登記をしようと思っています。
店舗は、床面積の2分の1以上が居住用として使われています。

今までは未登記で、普通の住宅として課税されていました。
店舗付き住宅として登記した場合は、普通の住宅で課税されていた税金と、どのように税額が異なってくるのか、ご教示ください。
又検索で探しても、情報が得られないので、参考リンクなどありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

固定資産税はかわりません。
主体構造や屋根、内装の仕上げで評価されているので、すでにある家屋を併用住宅として登記しても評価額は変わらないからです。

土地についても、不変です。
家が建っている土地は軽減が受けられます。
併用住宅だと住居部分の面積の割合によって受けられる軽減の割合が違ってくるのですが、住宅部分が全床面積の1/2以上であれば専用住宅の時と同じだけ軽減を受けられます。

ここからは蛇足です。
未登記家屋は役所の把握漏れが起きやすいので、もしかすると課税されている床面積は実際の床面積より小さいかもしれません。
登記することによって法務局から役所に通知が行ったとき、役所のほうで課税床面積と登記の床面積の相違を発見したときは、役所が調査に来るかもしれません。

あと、相続なので不動産取得税はかかりません。

「固定資産税」という検索ワードで検索すればいろんな役所の解説ページが出てきますよ。

Q宅地・雑種地・農地の固定資産税について

農地・雑種地・宅地といろいろありますが、固定資産税は各地目でどのくらいかわってくるのでしょうか?例えば同じ100坪でも各地目によってどのように固定資産税の比率がかわってくるのか知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>例えば同じ100坪でも各地目
宅地を1とすれば 農地は200~300分の1です。
難しのは雑種地ですね!宅地に出来るのか?それとも原野にしか出来ないのかによっても違います。尚農地であるなら市街化調整区域か市街化区域は関係有りませんよ!相続で農家をして20年間売らなければ 相続税は免除と聞いたことあります。
農家の分家より 

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/


人気Q&Aランキング