出産前後の痔にはご注意!

2階建てのアパートの二階廊下を防水したいと思っています。階段は両側にあり、水が流れるみぞはありませんがいくつか排水穴が開いています。モルタルの床で数箇所にひび割れがありコーキングで補修しています。二階に5世帯住んでいます。防水塗装かクッションフロアーみたいなものを貼るか、出入りのある廊下を施工するにはどうしたらいいでしょうか?できればなるべく安くしたいです。アドバイスお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

木賃住宅の二階建てアパートの外部廊下と考えて良いですか。


元々の防水がどうなっているかですね、おそらく構造用合板の上にモルタルを打って、その上に防水層、その上にシンダーコンクリートで仕上げというような感じですか、すでに水漏れが起こり室内に漏水が始まっているのなら、根本的に防水からやり直さないとダメですね、
CFシートを上からかぶせても壁との取り合いから水が入りますし、歩行用の塗布防水でもやはり壁との取り合いが難しいのでは無いでしょうか。住人との調整が難しそうですが、一日ぐらい避難してもらわないといけないかもしれませんね。
    • good
    • 0

「防水」ということであればクッションフロアーや長尺シートは防水の役割は果たしません。


出入りのある廊下の防水施工する場合(モルタル仕上げの廊下と仮定します)、硬化時間の早いウレタン防水材を用い、廊下幅の半分ずつ施工すると業者に聞いたことがあります。
廊下幅の半分は入居者が歩くスペースとして確保しておき、残りの半分を施工。施工した部分が硬化したら入居者はそちらを歩いていただいて、残りの半分を施工という具合にやるそうです。

「超速硬化ウレタン防水」で検索してみてください。

参考URL:http://www.e-bousui.net/index.html
    • good
    • 0

出入りがある廊下なら長尺シート(エンビシート)の方が良いと思いますよ。


ウレタン防水は防水材の硬化の関係もあるので施工日数もかかります。
予算的なことだけを考えるとウレタンの方が安いかもしれません。
参考までにウレタン防水の場合
下地補修→プライマー→ウレタン(2回塗りする場合も有ります)→トップコートです。
施工日数はおおよそ(ウレタン2回塗りの場合)3日です。
長尺シートはすみません、専門外ですので分かりません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q共同住宅の廊下幅員について。

共同住宅の廊下幅員について。

2階建て4戸の共同住宅で、1階(2戸)の床面積が52平米です。
建令119では片側居室の場合の廊下(屋外)幅員が≧1.2m(>100平米の階の共用のもの)
とありますが、それぞれの階が100平米以下の場合はどうなるのでしょうか?
また、プラン調整により、合計の延べ床面積が100平米に満たない場合も想定しています。
上記の内容でしたら、階段の幅員は75cmで良いという認識なので、廊下も同様に75cmでは不可なのでしょうか?

共同住宅に詳しい方がおられましたらご教示いただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

2代目cyoi-obakaです。

#1の2009kenさんご指摘は、手厳しいですね!
しかし、建築基準法同関係法令上の基本的事項ですので、質問者さんが建築業界の方でしたら、チョット困った事です。

取り敢えず、一般の方と解釈して………回答します!
もちろん、それぞれの階の床面積が100平米以下であれば、廊下幅員の規定は適用されません。
従って、廊下幅員75cmでも法律上は、問題有りません。
しかし、通常、廊下幅員が75cmでは、玄関扉(既製品)が90°開きませんよ!
また、玄関扉を開いた時に、仮に廊下を通行する人間がいたとすれば、大変危険な状況に成ります。

確かに、2所帯の為の共用廊下ですから、通行量は少ないでしょうが、最低90cm以上は廊下幅員を確保する事が、常識でしょう!
引越しの時の荷物の出し入れにも、苦労しますよね。
基準法は、最低の規約です!!
これを理解しないと、とんでもないしっぺ返しを食らいますヨ!

また、階段の事にも触れていますが、共同住宅の階段を幅員75cmで設計したら、その方は設計士としては落第です!

どちらにしても、廊下及び階段は、非常時の大切な非難経路です!
通常では起こらない事も、非常時では起きてしまう可能性がありますので、充分な配慮を希望致します。
これは、居住者の安全のため、オーナーの管理責任のため、そして設計者の設計責任ためです!!

以上です。

2代目cyoi-obakaです。

#1の2009kenさんご指摘は、手厳しいですね!
しかし、建築基準法同関係法令上の基本的事項ですので、質問者さんが建築業界の方でしたら、チョット困った事です。

取り敢えず、一般の方と解釈して………回答します!
もちろん、それぞれの階の床面積が100平米以下であれば、廊下幅員の規定は適用されません。
従って、廊下幅員75cmでも法律上は、問題有りません。
しかし、通常、廊下幅員が75cmでは、玄関扉(既製品)が90°開きませんよ!
また、玄関扉を開いた時に、仮に廊下を通...続きを読む

Q避難上有効なバルコニーについて

建築基準法施行令第121条にある、「避難上有効なバルコニー」を設置した場合、避難階へ避難する器具の設置は必要になるのでしょうか?
また、「避難上有効なバルコニー」について詳細を知ることができるサイト等をご存知の方がおられましたらお教え下さい。

Aベストアンサー

建築基準法の中でもかなり専門的な内容なので、文章だけで理解してもらえるかどうか分かりませんが、No.1さんの説明の補足をしますと、建築基準法施行令第121条第3項に該当してくる内容になります。

簡単に言えば、マンションなどの共同住宅は特殊建築物という扱いになるので、火災の場合などの避難規定が厳しくなります。
まず、(1)二方向避難の原則という規定があり、避難する為には階段が二ヶ所必要になって(二以上の直通階段の設置)、階段までの歩行距離も建物の規模、構造によって何メートル以内と決められています。令第121条第1項(例えば40M以内など)

(2)次にその二ヶ所の階段までのそれぞれの距離も重複距離という呼び方で、同じ方向に向かって(1)で決められた歩行距離の1/2以上が重ならないようにしなければいけないという規定もあります。令第121条第3項(例えば歩行距離が40M以内の建物の場合は重複距離が20M以内となります)

(3)また第3項のただし書きに、「ただし、居室の各部分から、重複区間を経由しないで、避難上有効なバルコニー等に避難できる場合避難上有効なバルコニー等に避難できる場合は、この限りではない、」とあります。

つまり、法規的な重複区間がクリア出来ない場合にバルコニーを、「避難上有効なバルコニー」として避難通路として使える訳です。
「避難上有効なバルコニー」の構造としては、同条の中に「タラップその他の避難上安全に避難できる設備を有すること」とあるので、バルコニーの先には避難が出来る外階段かタラップ(避難梯子)が必要になります。

建築基準法の中でもかなり専門的な内容なので、文章だけで理解してもらえるかどうか分かりませんが、No.1さんの説明の補足をしますと、建築基準法施行令第121条第3項に該当してくる内容になります。

簡単に言えば、マンションなどの共同住宅は特殊建築物という扱いになるので、火災の場合などの避難規定が厳しくなります。
まず、(1)二方向避難の原則という規定があり、避難する為には階段が二ヶ所必要になって(二以上の直通階段の設置)、階段までの歩行距離も建物の規模、構造によって何メートル以内と決め...続きを読む

Qペントハウスは述べ床面積に入る?

容積率の算定に必要な延べ床面積は、
各階の床面積の合計、となっています。
水平投影面積の1/8以下の最上階のエレベーター機械室などのペントハウスは階とはみなされません。
だから延べ床面積の合計に算入しなくていいのでしょうか…。
って都合のいい解釈はできますか。

Aベストアンサー

回答が真っ二つに分かれていますが、No.2の「どんな人:一般人」の方が正解です。
「階数には入らないが、やはり述べ床面積の算出の定義、「階の合計」の「階」には入る、と解釈ですね?」で正解です。
一方で「階(数)に入らない」と言っていて、「各階の床面積の合計」なのだから、算入しなくても良いのでは、私も昔、そう思ったことがありましたが、ダメでした。
結果としては「残念ながら」ですね。

Q法22条区域の軒裏の構造は?

法22条区域の軒裏の構造は防火構造にしないとならないのでしょうか。
木材で仕上たいのですか、どうすればできるでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.1です。
板張り・・・大丈夫でしょう。
私が過去に「板張り」と書いた事が無いので確証は御座いません。
(フレキシブル板とか既製品ばかり使ってましたので、ただそれでも○mmとか書くだけ、不燃番号も防火番号も22条地域では書かなかったです、必要ない訳ですから。)

万が一何か問題があっても今法改正(6/20)でもその程度の訂正は認められるでしょう(私の地域では何箇所も訂正しましたがOK)。

何か責任感じてきましたね・・・、間違ってたら誰か訂正して下さい。
法の解釈は間違ってないはずですけど・・・。

Qガレージ・自動車車庫の内装制限

お願いします。
ガレージや自動車車庫は規模に関係なく内装制限を受けると思うのですが、よくガレージ用シャッターなどのカタログを見ると、木造で天井は梁や野地板が現しになっているのを見ます。

天井現しは可能なのでしょうか??
それともガレージは自動車車庫扱いされないような事ができるのでしょうか??

Aベストアンサー

No.3さんの回答が少し・・・と思うことがあったので書き込ませていただきます。

>内装の制限を受けないのは、無指定(市街化調整区域)ぐらいなので、注意です。

日本全国で内装の制限を受けます。

>車庫扱いされない車庫とは、
倉庫、物置をいつの間にか転用するとか。

それを行っている方が多いのは否定しませんが、違法です。
用途変更の申請を行い、当然、法適合状態とすることが求められます。

>イナバやヨドの車庫を作っちゃえば?内装制限なんて関係しなくなっちゃいますよ。

当然、建物ですので、確認申請や内装制限が求められます。

建築基準法はザル法と言われていますが、法施工以前の既存建築物の存在と罰則が甘いためだと思います。建築基準法は建物を建てる上で最低限の基準を定めたものですので、ザルとか言わずに法令順守しましょう。

Qコンクリート床の防水塗装について

この度、鉄骨製デッキの駐車場(屋根なしで床にコンクリートを敷く、面積約70平方M)を作るのですが、そのコンクリートの床に防水塗装をしたほうが良いと、業者に言われてます。全部で4回シーラーなどを塗るそうです。1平方M当たり7000円ということです。一般的に、こうゆう塗装の効果がどの程度か、この塗装の耐用年数はどの程度か、また、自分でホームセンターで塗料を買ってできるものでしょうか?以上について、専門の知識をお持ちの方、ご教示をお願いします。

Aベストアンサー

防水施工も担当したことがあるので、その知見から一言。
まず、そもそもの是非論ですが、業者はお金儲けですので、そりゃぁ「工事した方がいい」というに決まってます。平米7千円はやや高めの金額ですが、材料費込なら妥当なレベルといえましょう。新設であり、下地の処理をあまりしなくていいというのもいいところです。
では提案してきた業者サイドに目を転じてみると、「防水しておかないと、経年変化で、鉄骨に水が回ってさびていく」ことからの助言と考えています。現地・施工状況が見えていない状況なので、これ以上のことは判断・発言できませんが、良かれと思っての提案と考えています。

そこで今後の質問者様の取るべき行動ですが、
1.「餅は餅屋」といいます。職人に任せてテカテカの床でタイヤをキュルキュル言わせながら駐車する
2.50万なんか払ってられるか!自力で施工
3.打ちっ放しの方がよくね?コンクリのままで放置
が挙げられます。2.に関してですが、材料さえ間違えなければ、ほぼ職人と同等の仕上げは可能です(彼らとて人間。大きな差があろうはずがない)。ただ、今回の業者の提案は、塗装面というよりも、水をしみこませない、という防水面に力が入っていることです。塗床用の防水材は、専門業者でしか取り扱えず(売ってくれなくもないだろうが、質問者様がそこまで八方手を尽くすようなことでもないと思われ)、個人的にできるかどうかは疑問符が付きます。仮に手に入っても、手順を間違えるなどすれば、やった意味もなくなります。

最初に「やや高め」と申しましたが、仮に業者にやってもらうとして、ほかのところにも見積りって出されたのでしょうか?少しでも安く仕上げる方法も模索された方がいいでしょう。
ちなみに、防水しないことによって、当然「地」であるコンクリートは徐々に痛んできます。いきなり取り返しのつかない状況に陥ることはないにしても、どこかの局面で補修というものは必要になってきます。

防水施工も担当したことがあるので、その知見から一言。
まず、そもそもの是非論ですが、業者はお金儲けですので、そりゃぁ「工事した方がいい」というに決まってます。平米7千円はやや高めの金額ですが、材料費込なら妥当なレベルといえましょう。新設であり、下地の処理をあまりしなくていいというのもいいところです。
では提案してきた業者サイドに目を転じてみると、「防水しておかないと、経年変化で、鉄骨に水が回ってさびていく」ことからの助言と考えています。現地・施工状況が見えていない状況なので、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング