「こちらから、お電話さしあげます」
「先日のご報告ですが…」
「ご連絡申しあげます」
などは、全部、自分の行為なのですから、敬語にするのはおかしいのでは、と思っています。
「ちょっと、ご質問します」とは言いませんよね。
でも、「こちらから電話さしあげます」
「先日の報告ですが」「連絡申しあげます」もおかしいかな、と。
これでもいいような気もしますし。
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

敬語は理解が難しいんですよね。



まずお電話の「お」ですが、これは接頭語ですね。
接頭語は基本的に和語(訓読み)、相手の所有物、主に昔女性が関わってきたこと(教育や食事)につけられます。
例えばお話=和語、お宅=相手の所有物、お鍋=女性が関わってきたことがあげられます。
ですからお電話差し上げますは間違ってはいません。

それからご報告の「ご」ですが、これはbenjaminさんがおっしゃっているように謙譲表現です。敬語はたとえ自分の行為であっても、それが結果として相手にかかることであれば謙譲語を使うのです。この場合報告は目上の方に行われるので謙譲表現で正しいのです。

ご連絡の「ご」も同じで、謙譲表現です。連絡することが相手にかかることなので「ご」がつくのです。

#以前社員教育を担当しておりましたので「経験者」とさせていただきました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

女性が関わってきたことに「お」がつくって面白いですね。
お電話は、女性しか使っちゃダメってことでしょうか。
世間一般が女性化しているということの証左ですね。
でも、「ご質問さしあげます」はどうなりますでしょう。
「先生の著作を読んだ、ご感想を述べさせてください。」
もおかしいですね。
でも、疑問は解決しました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/23 16:10

stomachmanは


「電話を差し上げます。」「報告を致します。」「連絡を致します。」
の方が好きですが、皆さんは、助詞を入れるのはお嫌いでしょうか?

最悪は:「お電話のほう、差し上げますのでぇ~。」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当ですね。
助詞を入れる方が気持ちよいです。
数学に尊敬とか謙譲の概念を導入すると、どうなるんでしょ。
人工頭脳の研究が進むかもしれません。

お礼日時:2001/01/23 16:37

同じ「お」や「ご」であっても尊敬語として使う場合と謙譲語として使う場合によって、つまり文意というか文脈によって使い分けが違ってきます。


この使い分けは結構難しく、簡単には説明できないので下記URLをご参照下さい。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~k15/index.htm
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
簡潔な敬語を適切に使っている人をみると、知性を感じますね。
変な敬語を使っている人をみると、はずかしいです。
はずかしくならないように、注意したいと思います。
でも、むずかしいのですね。

お礼日時:2001/01/23 16:27

 そのとおりです。


 戦前の風習に従うならば、自分の行為に「お」を付けるのは間違いです。

 ところが、日本にサービス業という概念が生まれてきた頃から、「できるだけ丁寧に」という商売人かたぎが生まれてきて、彼らが過剰な敬語を使うようになりました。

 こないだ笑ったのは、「貴方も私どものお仲間にお入りになられませんか」って奴ですね(笑) 某巨大サービス業者が本当にこういうフレーズの広告を出していたのです。
 もっとも、戦後はこういうのも正しいとみなされるようにはなったんですが……(笑)
 とは言え俺も敬語についてはあまり得意ではないんで大きな顔しては言えませんが、

 ・こちらから、電話いたします
 ・先日の報告ですが(でございますが)
 ・連絡さしあげます

 こんな感じなんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

戦前ですか~。
私も思うのは、今は、敬語が過剰だと思いますね。
いろいろなお知らせを見ていても、「へりくだりすぎじゃ~」って思いますね。
でも、へんな敬語も多いですね。この前、電車に乗っていたら、
「終点です。この電車にはご乗車できません」
って言ってましたが。
マニュアル書いたのは、誰なんだ、とつっこみたくなりました。
で、deagleさんは、「お」も「ご」もいらない、というお考えですね。

お礼日時:2001/01/23 16:24

「こちらから、お電話さしあげます」 -->「こちらから、お電話いたします。


「先日のご報告ですが…」      -->そのまま
「ご連絡申しあげます」       -->「ご連絡いたします。」

という言い換えでいかがでしょうか?

以上。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

と、いうことは、お電話も、ご報告、ご連絡もいい、ということですね。

お礼日時:2001/01/23 16:12

敬語の場合、「尊敬語」と「謙譲語」、そして「丁寧語」というものがあります。

ここで問題になっているのは「尊敬語」と「謙譲語」の違いです。

尊敬語は、相手の人自身が、何かをしているときや話している様子に使うもの。謙譲語は、相手に対して、誰かが何かをするときや、話しかけるときに使います。

それで、「お」「ご」は尊敬表現でも謙譲表現でも使われます。
「お(ご)~なさる」は尊敬表現、「お(ご)~する」は謙譲表現となります。
例えば、Aさん(自身)が「お」話なさる。これは尊敬表現です。
(誰かが)Aさんに「お」話(し)する。
尊敬も謙譲も、どちらもAさんに敬意を表しているのがお分かりだと思います。

こちらも参考になるかと思います。
http://ekimae.toshiba.co.jp/daily/bonenkai/kanji …
  

参考URL:http://www2.plala.or.jp/ja/keig/keimn.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なるほど、謙譲表現ですか。
でも、そうすると、
「ご質問させてください」
もOKですか?

お礼日時:2001/01/23 16:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメールでの敬語の使い方

 企業の方へメールを送る際ですが、敬語の使い方に自信がありません。
こちらから企業へ、質問やセミナー申込みのメールを送る際ですが、
件名に"○○に関するご質問"、"会社説明会のお申込み"という敬語の使い方は、正しいのでしょうか。
 それとも、この場合は「ご」や「お」を使用しなくてよいのでしょうか。  
 また、「返信」を丁寧語にする場合は、ご返信とお返信のどちらが正しいのでしょうか。。
 お恥ずかしいのですが、このように、敬語の使い方に自信がありません。 どなたか、ご指導よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

自分がする行為には丁寧語にしないのはお分かりになったと思います.

ご参考までに,
件名の"○○に関する質問"、は,「○○について(質問)"とやります.最近はタイトルに,~の件とはしなく,~についてが通常となりました.そして後ろに括弧書きで内容が分かるように記載します.

返信の事ですが,質問すれば返事来ますので,ご返信をお願い致しますは要らないと思います.(督促がましいですね.)
(お願い致します より,お願い申し上げます の方が目上の方にはいいと思います.)

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Q敬語の使い方に自信はありますか?

皆さんは自分の言葉使いに自信はありますか?

例えば敬語です。
世間では本当に間違った敬語の使い方をしてる人が多いですよね。
一流企業の受付ですらそうです。
そういう私も敬語はあまり分かりません。
皆さんはいかがでしょうか?

Aベストアンサー

無い。
極力丁寧に使おうとはしているが文法的にも変かもしれない。

Q「ご教授」か「ご教示」か?

あるネット上の掲示板で「ご教授下さい」と結んだ質問に対し、
「ご教示下さい」が正しい言い方である、と指摘されているのを見ました。

私も「ご教授下さい」を使用していたので気になり、さっそく手元の辞書を引いたところ、
「知識を与えること・教えること(私の要約です)」と出ていました。

これなら「ご教授下さい」も正しい使い方なのでは?と思い「教示」も調べましたら、
大辞林に「御―を賜りたく」と用例が出ていました。よって「ご教示下さい」の方に分があるかな、とも推測いたします
(ちなみに意味の方は「おしえしめすこと」と字面のママでしたが(^^; )。

はたして、人に教えを請うとき「ご教授下さい」と「ご教示下さい」、どちらが正しい(あるいはベストな)言い方でしょうか。

どなたかご教授?ご教示?ください。

Aベストアンサー

確かに両方とも可能な言い方だと思いますが、「教授する」は、それこそ大学の教授が授業を行うように、体系的な知識を時間をかけて教える意があるように感じます。それに対し「教示する」はもっと個別、断片的な知識、ノウハウなどを知らない人に対して説明する意があるように感じます。従ってインターネットの掲示板上のやりとりは、どちらかといえば「教示する」というのがより適切な場合が多いのではないでしょうか。

Q敬語の使い方についてお尋ねです。

敬語の使い方についてお尋ねです。
相手からなされる行為での「ご案内」「ご依頼」・・・には敬語として「ご」をつけますが、自分からの行為は「ご」をつけるのは間違いでしょうか?
相手に対して「ご案内いたします」と普通に使われます。では、相手に何か依頼する文書を発送する場合、「ご依頼です」という使い方は間違いでしょうか?
「お願いします」の「お」も自分からなす敬語だと思いますし。

ご教授願います。

Aベストアンサー

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なのですが、現代では許容範囲とされています。)

もとの語は「案内」(名詞)“を”「する」(動詞)となります。
相手に対して敬意を示す意味での敬語(尊敬語もしくは謙譲語)としては
動詞を変化させます。
この文の主語は「私」ですので「する」は謙譲語として「いたす」もしくは「させていただく」と変化します。
一方、名詞は相手に敬意を示す為にそのものの形を変化させることはありません。
あくまでも丁寧さと美しさをあらわす意として「案内」を「ご案内」と美化しています。
つまり「案内をする」の正しい敬語表現は
「(私が)ご案内をいたします」「(私が)ご案内をさせていただきます」となります。

これをふまえて。
「(これはあなたへの)依頼です。」を敬語に変えるならば、
「依頼」は名詞ですので、美しく「ご依頼」に出来ます。
(しなくてもOKです。)
大切なのは動詞「です」を変化させ「でございます」にすることです。
すなわち「(ご)依頼でございます。」が正解です。
※主語が人ではなく物ですので、尊敬・謙譲はありません。
ただ、「これはあなたへの依頼です」というのは
ビジネス的にはあまり使わない言い回しではあります。
「(私はあなたに)ご依頼をさせていただきます。」
あたりが良いのではないでしょうか。

おまけですが、「お願いします」も先の例にならい
「(私はあなたに)お願い(名詞)“を”する(動詞)」の
「を」が省略された形です。
この文の主語は「私」ですので、謙譲語の表現としては
「お願いをいたします」「お願いをさせていただきます」が適切です。

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なので...続きを読む

Q「ご報告まで」の意味は?

「ご報告まで……」という表現をよく見かけますが、
正確にはどういうことを意味しているのでしょうか?

Aベストアンサー

 文書の基本形式には、拝啓敬具形式のものと、前略草々形式のものとがありますが、拝啓敬具方式では、頭語としての「拝啓」の次に時候挨拶などの前文が、主文の後には末文として「お礼まで」「ご挨拶まで」「お願いまで」という表記が慣例的にか行われ、これに続けて結語である「敬具」で締めくくられます。これからすると、「ご報告まで」はこれの仲間で、あまり意味合いの深くない言い回し、慣例上の産物とも考えられます。

Q敬語の語源や由来、間違った使い方などを教えてください。

社会人になって改めて敬語の難しさを思い知ったのですが、その反面敬語について色々と知りたくなりました。

「敬語」は言葉の通り、敬う時に使う言葉だと思うのですが、そもそもいつ頃から使われるように
なったのでしょうか。また、語源や由来などのエピソードをご存知の方教えてください。

そして、本当は間違っている使い方なのに、現代では正しい表現、使い方と定着してしまった敬語はありますか?

どんな情報でもいいのでよろしければ教えてください。

Aベストアンサー

歯医者さんの接客マナーのサイトに次の様な問いが載ってました。
 問 『どうぞ、お座りください。』は正しい表現方法でしょうか?

http://www.dentalsupport.co.jp/archives/08web/?s=top 接遇マナーセミナー008【敬語、間違いやすい敬語表現】

正解は『どうぞ、お掛けください。』だそうです。【お座り】は犬に命令する時につかう言葉の印象が強いため、人に対しては使えないそうです。
 その他には、【あちらで伺ってください。】【お申し出ください。】が載ってます。

 私個人としては、過去形で話されるのが気になります。喩えとして『○○さんのお母さんってお優しい方だったんですね』って『勝手に殺すするなって、まだ生きてるよ』って言いたくなります。

Q「論文」と「技術報告」の違い

「論文」と「技術報告」の違いが分かりません。(例えば、「電子情報通信学会論文誌」というのもあれば、「電子情報通信学会技術報告」というのもありますよね)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電子情報通信学会に限って言うと、査読の有無があります。
論文誌の場合は、査読があり、論文の質がきびしく問われます。
それに対して、技術報告は、専門委員会での発表のときにそれを文書化したものです。形式審査はあるようですが、査読はされません。

Q敬語の使い方

あまりにも初歩的な質問で恥ずかしいのですが、
動詞に「ご-」「お-」をつけて敬語とする場合は、
相手の動作に対して使うべきでしょうか、
自分の動作に対して使うべきでしょうか?

例えば、
(1)Aさん、私に有能な弁護士をご紹介下さい。
(2)Aさん、私が有能な弁護士をご紹介します。

どちらが正しい敬語の使い方でしょうか?
(敬語の使い方を分りやすく紹介しているサイトが
ありましたら教えていただければ助かります。)

Aベストアンサー

>初歩的な質問
ではないと思います。
間違って使われている例が多いと思います。

「御」をつけるときを下記の通り分けることが出来ます。

【一】他人の行為に対して、尊敬の意をあらわす。
【二】自分の行為が他人に及ぶ場合、その他人を敬い、自分の行為をへりくだっていう。

(1)の場合、【一】に相当します。
(2)の場合、【二】に相当します。

なので、(1)も(2)も合っていると思います。

Q「ご変更される」は敬語としておかしい?

現在、ある商品の案内文書の改訂作業を行っております。

その文書の中に、違和感を感じる敬語表現があるのですが、
このままで正しいのか、それともおかしいのか、おかしいならば
どう修正すべきなのかが分からず、苦慮しております。

例えば
1「ご変更される」
2「ご利用いただいていた○○をそのまま利用することができます」
3「お申し込みをしてください」
4「ご利用できなくなります」
5「ご選択いただけます」

数年にわたって使用され、
何段階ものチェックを経てきた印刷物であるだけに、
自分の感覚の方がおかしいのかと悩んでしまいます。

ご教示のほど、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

>1「ご変更される」

「変更」という語に「ご、御」がなじむかどうかが問題だ。
たとえば、「ご運転になる」「ご運転される」はあまり聞かない。
「運転される」は問題がない。
「ご卒業された」はいいが、「ご退学された」ではイヤミだ。
僕なら「変更される」を用いる。「ご変更される」でもかまわないと思う。

>2「ご利用いただいていた○○をそのまま利用することができます」

前後の文脈にもよるが、前半の「ご利用いただいていた」は不要だと思う。
もし付けるとすれば「今までお使いの」はどうだろう?

「利用できる」の尊敬表現は「ご利用になれる」だ。
「お~する、ご~する」は謙譲語だ。(お持ちします、ご案内します等)
つまり、「ご利用することができます」は尊敬語としては誤りだ。
(『敬語歳入門』(菊池康人、丸善ライブラリー)を参照した)

「今までお使いの○○をそのままご利用になれます」

>3「お申し込みをしてください」

やはり「お申し込みください」が妥当か?
前後の文があれば、もう少し別の表現も考えられれるかもしれない。

>4「ご利用できなくなります」

「ご利用になれません」か? やはり前後の文が欲しい。

>5「ご選択いただけます」

「いただく」の動作主体は誰なのだ? 
案内書の作成者か? 商品の開発者か?
客に向かって「選んでもらえる」と言うのは変だ。
「選ぶ」のは客だが、「選んでもらう」のは売るほうだ。

どこかの発泡酒のコマーシャルで
「お試しいただけましたか?」というのがあったが、これも変だ。
「試してもらえたか?」と客に呼びかけるのは変なのだ。
「試す」のは客だが、「試してもらう」のは酒の会社なのだ。
「試してくれたか?」≒「お試しくださいましたか?」が正しい。

「選択することができます」「選べます」を敬語であらわしたいなら、
「お選びください」「お選びになれます」などはどうだろう。
「ご自由にお選びください」というのもいいと思う。
「選択」に「ご、御」がなじむかどうかは、主観によるだろう。
僕は「ご選択」には違和感がある。

>1「ご変更される」

「変更」という語に「ご、御」がなじむかどうかが問題だ。
たとえば、「ご運転になる」「ご運転される」はあまり聞かない。
「運転される」は問題がない。
「ご卒業された」はいいが、「ご退学された」ではイヤミだ。
僕なら「変更される」を用いる。「ご変更される」でもかまわないと思う。

>2「ご利用いただいていた○○をそのまま利用することができます」

前後の文脈にもよるが、前半の「ご利用いただいていた」は不要だと思う。
もし付けるとすれば「今までお使いの」...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報