最新閲覧日:

「こちらから、お電話さしあげます」
「先日のご報告ですが…」
「ご連絡申しあげます」
などは、全部、自分の行為なのですから、敬語にするのはおかしいのでは、と思っています。
「ちょっと、ご質問します」とは言いませんよね。
でも、「こちらから電話さしあげます」
「先日の報告ですが」「連絡申しあげます」もおかしいかな、と。
これでもいいような気もしますし。
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

stomachmanは


「電話を差し上げます。」「報告を致します。」「連絡を致します。」
の方が好きですが、皆さんは、助詞を入れるのはお嫌いでしょうか?

最悪は:「お電話のほう、差し上げますのでぇ~。」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当ですね。
助詞を入れる方が気持ちよいです。
数学に尊敬とか謙譲の概念を導入すると、どうなるんでしょ。
人工頭脳の研究が進むかもしれません。

お礼日時:2001/01/23 16:37

同じ「お」や「ご」であっても尊敬語として使う場合と謙譲語として使う場合によって、つまり文意というか文脈によって使い分けが違ってきます。


この使い分けは結構難しく、簡単には説明できないので下記URLをご参照下さい。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~k15/index.htm
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
簡潔な敬語を適切に使っている人をみると、知性を感じますね。
変な敬語を使っている人をみると、はずかしいです。
はずかしくならないように、注意したいと思います。
でも、むずかしいのですね。

お礼日時:2001/01/23 16:27

 そのとおりです。


 戦前の風習に従うならば、自分の行為に「お」を付けるのは間違いです。

 ところが、日本にサービス業という概念が生まれてきた頃から、「できるだけ丁寧に」という商売人かたぎが生まれてきて、彼らが過剰な敬語を使うようになりました。

 こないだ笑ったのは、「貴方も私どものお仲間にお入りになられませんか」って奴ですね(笑) 某巨大サービス業者が本当にこういうフレーズの広告を出していたのです。
 もっとも、戦後はこういうのも正しいとみなされるようにはなったんですが……(笑)
 とは言え俺も敬語についてはあまり得意ではないんで大きな顔しては言えませんが、

 ・こちらから、電話いたします
 ・先日の報告ですが(でございますが)
 ・連絡さしあげます

 こんな感じなんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

戦前ですか~。
私も思うのは、今は、敬語が過剰だと思いますね。
いろいろなお知らせを見ていても、「へりくだりすぎじゃ~」って思いますね。
でも、へんな敬語も多いですね。この前、電車に乗っていたら、
「終点です。この電車にはご乗車できません」
って言ってましたが。
マニュアル書いたのは、誰なんだ、とつっこみたくなりました。
で、deagleさんは、「お」も「ご」もいらない、というお考えですね。

お礼日時:2001/01/23 16:24

「こちらから、お電話さしあげます」 -->「こちらから、お電話いたします。


「先日のご報告ですが…」      -->そのまま
「ご連絡申しあげます」       -->「ご連絡いたします。」

という言い換えでいかがでしょうか?

以上。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

と、いうことは、お電話も、ご報告、ご連絡もいい、ということですね。

お礼日時:2001/01/23 16:12

敬語は理解が難しいんですよね。



まずお電話の「お」ですが、これは接頭語ですね。
接頭語は基本的に和語(訓読み)、相手の所有物、主に昔女性が関わってきたこと(教育や食事)につけられます。
例えばお話=和語、お宅=相手の所有物、お鍋=女性が関わってきたことがあげられます。
ですからお電話差し上げますは間違ってはいません。

それからご報告の「ご」ですが、これはbenjaminさんがおっしゃっているように謙譲表現です。敬語はたとえ自分の行為であっても、それが結果として相手にかかることであれば謙譲語を使うのです。この場合報告は目上の方に行われるので謙譲表現で正しいのです。

ご連絡の「ご」も同じで、謙譲表現です。連絡することが相手にかかることなので「ご」がつくのです。

#以前社員教育を担当しておりましたので「経験者」とさせていただきました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

女性が関わってきたことに「お」がつくって面白いですね。
お電話は、女性しか使っちゃダメってことでしょうか。
世間一般が女性化しているということの証左ですね。
でも、「ご質問さしあげます」はどうなりますでしょう。
「先生の著作を読んだ、ご感想を述べさせてください。」
もおかしいですね。
でも、疑問は解決しました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/23 16:10

敬語の場合、「尊敬語」と「謙譲語」、そして「丁寧語」というものがあります。

ここで問題になっているのは「尊敬語」と「謙譲語」の違いです。

尊敬語は、相手の人自身が、何かをしているときや話している様子に使うもの。謙譲語は、相手に対して、誰かが何かをするときや、話しかけるときに使います。

それで、「お」「ご」は尊敬表現でも謙譲表現でも使われます。
「お(ご)~なさる」は尊敬表現、「お(ご)~する」は謙譲表現となります。
例えば、Aさん(自身)が「お」話なさる。これは尊敬表現です。
(誰かが)Aさんに「お」話(し)する。
尊敬も謙譲も、どちらもAさんに敬意を表しているのがお分かりだと思います。

こちらも参考になるかと思います。
http://ekimae.toshiba.co.jp/daily/bonenkai/kanji …
  

参考URL:http://www2.plala.or.jp/ja/keig/keimn.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なるほど、謙譲表現ですか。
でも、そうすると、
「ご質問させてください」
もOKですか?

お礼日時:2001/01/23 16:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報