OCN光で最大124,800円おトク!

見習い大工のマサルと申します。
大工暦5年の若輩者ですがお答え頂ければと思っております。
ずばりお勧めの手鉋、鑿は何ですか?
私の周りには余り大工刃物にこだわりを持っている人が居ないので
是非とも参考にお聞きしたいと思っております。
ちなみに私は、助弘という寸8鉋と国慶という追入れ鑿を
使っております。どちらも安値な割に良く切れる方ではないかと
思って使っております。今後また刃物を購入する際に参考にさせて
頂ける様なご意見をお待ちしております。
本当なら親方に聞け!!と言われそうな所では有りますが
私の親方は鉋1丁、鑿8分1本という余り
刃物は使わないタイプの親方ですので
貴重なご意見何卒宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

最近の大工道具は銘に拘る必要はないようです。


切れ味は価格に比例するように製作技術の向上を遂げたようです。
材質に対応は、鉋については調整(台仕込みの角度、口の一定を維持する方法、研ぎの技術など)がポイントです。
職人道具の領域では「切れるがあたりまい」良否は切れの持続が良否の基準なる。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私が考えていた様な回答を頂けて光栄に思っております。
私も最近の鉋等の大工刃物製作の世界に顕微鏡や焼入れの
温度管理等の科学的考えが浸透しだしてきている事を
知った時に(全ての鍛冶屋さんが取り入れている訳では無いでしょうが)
最近の刃物は名前で無いのかな?と考え始めていました。
現に私は親方から中学校用の学校で使う寸6位??の鉋ですが
集成材は流石に永切れはしませんが無垢材相手だと削り肌の艶も良く
結構長く使える鉋ですね、もう少し砥ぎが上手ければ集成材も
永切れするのかもしれませんが・・・。
やはり今の大工刃物は銘よりも使用する個人の砥ぎ、鉋台調整、あと
最も重要な使用方法(適材適所の台仕込み)。
どれが切れるあれが切れないよりも使用する個人の道具に対する
愛情と言いますか、どれだけ使いこなせるかに掛かっているという
事なんですね!やはり今一度気を引き締め直して、砥ぎ、調整を
しっかりやっていく事が良い仕事に繋がって行くのですね。
良い回答を頂きましたがもう少し意見を頂きたいので
もう少し回答を待ってみたいと思います。
有難う御座いました。

お礼日時:2007/07/08 21:41

east1です。


興味のある質問なので、刃物の鋼について説明します。
鍛冶屋さんや刃物工場で使うハガネには用途によって区別されています、白紙、青紙、銀紙などが有名なハガネ素材。
極論で言うなら、鉈のハガネで剃刀は出来ない剃刀のハガネで鉈はできない形は作ることが可能でも双方とも切れないものになります。
鉈のように大きくて叩いて切る刃物には柔らかい弾力性のハガネと研ぎ易さも切れる条件になります。
剃刀や鉋はハガネの部分が少なく刃先に衝撃を与えるこがないので脆くても硬いハガネを使っても「刃こぼれ」の危険性や研ぐことも困難ではない、硬いは脆い、靭(しなやか)は柔らかい、がハガネの性質である。
また、ハガネは硬いほど高度な刃物の製造技術が要求される簡単に言うと硬いハガネは扱い難いことです。
中学校の教材、鉈クラスのハガネを使うが一般的です。
ハガネの折れ口を顕微鏡で視ると高級な鉋のハガネより粒子が大きい、
研ぎ上がったときの刃先の厚さに格段の差と切れの持続の差の要因になっています。
研ぎたては同じという職人は、もう数年くらい刃物の研ぐ技術の研鑽が必要です。
刃物は研ぐときの水の温度にも支配されるような微妙な域があります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

またまた回答有難う御座います。
最初に質問ですが鋼というか日立金属の鋼の中に銀紙何て
有りましたっけ?私が知ってるのは、
白紙、青紙、黄紙、特別刃物鋼??でしたっけ。
これ位ですかね知ってるのは。
刃物を研ぐ水の温度まではそれ程気を使った事は無かったですね。
流石に温度を下げる為に使う要素もあるので真冬でもしっかり
水の状態で使ってます。私は東北地方にいるので、真水は辛いので
少~しお湯を混ぜて冷たすぎない様にしてます。
確かに研いだ時によって仕上がりが違いますね。多少。
流石に顕微鏡は使ってません。
余りこだわって研ぐと節だらけの材料なんて鉋掛けしたく
なくなりますし。まぁ私は人造砥石しか使わないので
それ程しっかりは仕上がっていないのでしょう。
でも、仕上げは20分位は掛けます。刃持ちが違うので。
私もこういう話題が好きですので長くなってしまうので
この辺で・・・。
有難う御座いました。

お礼日時:2007/07/10 20:55

>やっぱり私は手で砥ぐ道具が好きですね。


いいですねぇ。そういう職人さんが最近減ってきているように感じます。
私の祖父の持っていた道具はそれはもうよく切れ味が良くて、研ぎの深さに感銘したこともしばしばありました。

ところで実は私は最近は日本の物より洋物に興味を持っています。
これもどうも結構奥が深くて、中には日本にはなくてこれは便利かなというものもありますし(鉋といっても日本でもたくさんあるように洋物もたくさんあります。のみも同じです)、なかなか興味をそそられる物は結構ありますよ。
ちなみに日本の鋸は「胴突き」などは欧米でも結構有名です。洋鋸にはこういう細い精密なものがないんですね。逆に洋鋸は日本の鋸より切断速度が格段に速いという特徴があります。

これからはもしかすると、単に日本の物の中だけで探すのではなく、もっと古典的だけど世界的に見た方がおもしろいのではという気がします。

#蛇足ですけど、今のところまだ私の今の替え刃式鉋は台直しが必要なところまでは言っていませんけど、そのうち挑戦予定です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまたご意見有難う御座います。
西洋の道具ですかぁ~考えてもいませんでしたね。
でももし使う事があってもあくまで独り立ちしてからでしょう。
洋鉋ってボード鉋みたいな奴ですよね??確か。しかも
日本と違って押し鉋でしたよね?あれ??中国だけでしたっけ?
洋鋸の事は知りませんでした。今度時間があったら
調べてみようと思います。有難う御座いました。
追伸:鉋の台調整はハッキリ言って薄削りをする人には重要な
物ですが少~し使う分には余り狂いが少ないですし、
でも最低限台尻、刃口位は平らにしてそれ以外を1、2mmくらい
低くして使いましょう。後購入直後は結構乾燥して狂いが出やすい
ですので。使っていくと狂い難くなります。

お礼日時:2007/07/10 20:34

私は普段はトリマー、ルーターなど電動工具を駆使することが多いのですけど、どうしてもちょっとした部分で手カンナは使うことが多いです。



ただとぎの技術がまだまだ未熟なので(カンナは結構大変なので...)、河怡鉋替刃式ですね。結構よく切れるし、切れなくなっても交換すればよいので、重宝しています。
最近では大工さんでもこれを使う人が結構いるようなので。(ご存知かもしれませんが)
ノミも最近は替刃式がありますよね。(河怡も出している)

私は日曜大工として使うので、大工の時間自体があまりとれませんから、そのうち砥ぎに費やす時間はなるべく少なくしたいということで、今は普通のノミですけど、そのうち切れなくなったら替刃式にしようかなと思案しています。

昔と違って今の大工さんは限られた時間で電動工具を駆使して作ることが多いので、大工さんも段々使用頻度の低い手道具はあまり手間のかからないものに変わっていっているのではないでしょうか。

私のじい様(大工)は何度も研いで異形になったノミを沢山持っていましたけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これまた違う意見有難う御座います。
確かに今現在では替刃式鉋を使っている大工さんもいますね。
集成材等で窓枠とかドア枠作る時は、軽く鉋で仕上げる位
だから替刃式で十分という所もありますね。
しかし、永切れしないのと切れ味がどうしても手砥ぎの鉋に
は程遠いので、結構フローリング貼りとか、雑削り用って
のが結構多いですね。でも替刃式でもしっかり台調整は
しないと後々切れなくなってしまいますので台調整は必要です。
私は中々替刃式はいまいち使おうとは思えません。
フロア貼りには良いかな?とも思いますが、
結構砥ぎが好きなもので、どうしても手砥ぎの道具が好きですね。
現在では一般の人から見たらちょっと古臭いかもしれませんが、
やっぱり綺麗に仕上げる為には自分で砥いだ方が良く仕上がる
と言うより効率が良いです。大工してると結構今でも頻繁に
鉋、鑿は使いますし、替刃だと節とか切るとすぐ切れなくなる
って聞いていますので。あと替刃は結構高価ですしね。
今の私では維持費でこずかい無くなってしまいます・・・。
普通の鉋だと切れなければ砥げばすぐに切れるようになりますし。
やっぱり私は手で砥ぐ道具が好きですね。

お礼日時:2007/07/09 20:21

大工仕事に関しては素人です。


以前読んだ本で「対象に応じて刃物も替わる」ことが書いてあったように記憶します。つまり「ずばりお勧め」は云えない。
現在その本が手元にないのですが、多分これだと思います。
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0379.html
「大工道具の歴史」
古い本ですが、この世界は別に関係ないと思うので、ご一読されては如何でしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お早い回答有難うございます。
なかなか面白そうな本ですので機会があれば読んでみたいですね。
あと、私が言うお勧めというのは硬木、軟木共に良く切れる物、
また、集成材、無垢材共に良く切れる物等、そういった意味での
「お勧めの刃物」という意味です。説明が少なくってすいません。
大工さんのお勧めというとそういう感じの設問ですので、そういう
路線での回答をお願い致します。

お礼日時:2007/07/08 09:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉋の裏押しの際の「ひょうたん裏」について

鉋の裏押しを従来通りの「金盤」でやると、どうしても裏が貼付写真のように「ひょうたん裏」に
なってしまいます、説明は省略しますが、このひょうたん裏、とても「嫌」なんですよね

ところが、下記のある道具店で説明されているのですが・・・・・・・

「裏押しをする際、ダイヤモンド砥石を使い、尚且つ“蝋”を使えば、ひょうたん裏にはならない」との事
これは実に素晴らしい!!!まだやってはいませんが、きっと出来る事でしょう

ですが、素人ですし、高価なダイヤモンド砥石(1丁 2万円弱」を何本も購入するのも気が引けます
何と言っても普段、殆ど使いませんから・・・・


尚、貼付写真のひょうたん裏は“酷い例”を出したまでの事で、ここまでではなく通常の状態に仕上げる
事が出来ます




「大工道具の曼荼羅屋」

「イボタ」と呼ばれる蝋を砥石の端上下に塗る事で、ひょうたん裏にならない説明がされています

http://www2.odn.ne.jp/mandaraya/ibota.html






さて、ここで「質問」です

「先述の如く、従来通りの“金盤”を使い、尚且つ“何らかの方法で”上記の如く“ひょうたん裏に
しない”方法はないのでしょうか?金盤では無理でしょうか?」

詮索してみましたが、見当たりません、ただ、何せ、検索が苦手なものですから、見付けられない
だけかも・・・

説明しているサイトの御紹介だけでも結構です、御存知の方はどうぞ宜しくお願いしますm(__)m

鉋の裏押しを従来通りの「金盤」でやると、どうしても裏が貼付写真のように「ひょうたん裏」に
なってしまいます、説明は省略しますが、このひょうたん裏、とても「嫌」なんですよね

ところが、下記のある道具店で説明されているのですが・・・・・・・

「裏押しをする際、ダイヤモンド砥石を使い、尚且つ“蝋”を使えば、ひょうたん裏にはならない」との事
これは実に素晴らしい!!!まだやってはいませんが、きっと出来る事でしょう

ですが、素人ですし、高価なダイヤモンド砥石(1丁 2万円弱」を何本...続きを読む

Aベストアンサー

裏押し、裏だしと区別したことないですが・・・(^^)
 これらはセットでの作業になりますから、一方だけで解決する問題ではないです。
 ゆとり教育が始まる前は、中学校の技術家庭科で鋸や鉋の仕組みや調整、使い方は学校で習ってました。鋸・鑿・鉋・指矩などみんなワンセット買わされたものです。
 裏だしが必要なのは押金と完全に密着させるためですが、その部分が共に完全に平面でないと密着しないとならないためです。

 あなたの鉋がそのような形になるのは、金槌でたたく時に金床に当てる角度や位置が違うからです。刃先をお辞儀させるのが目的です。
 私は刃先から1cm程度のところを30~45度傾けて金床にしっかり当てて、アサリ槌( https://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%AA%E6%A7%8C&tbm=isch&gws_rd=cr&ei=0LCAVZiBM8PHmwW0yoyoCA )で地金部分を叩きます。--私は三木技研の超硬つき( http://www.miki-giken.co.jp/hammar210.htm )
 ひょうたんとははじめて聞きました(^^)、そんな形になるわけないので。
 金床に鉋刃を平らに置いているために、お辞儀させるつもりが、ふんぞり返ってしまう。

 作業自体は手元が狂って刃金を割らないように気をつける程度で難しい作業ではないです。

 今はダイヤモンド砥石で裏を研げると思いますが、金剛砂と金盤でも良いでしょう。

裏押し、裏だしと区別したことないですが・・・(^^)
 これらはセットでの作業になりますから、一方だけで解決する問題ではないです。
 ゆとり教育が始まる前は、中学校の技術家庭科で鋸や鉋の仕組みや調整、使い方は学校で習ってました。鋸・鑿・鉋・指矩などみんなワンセット買わされたものです。
 裏だしが必要なのは押金と完全に密着させるためですが、その部分が共に完全に平面でないと密着しないとならないためです。

 あなたの鉋がそのような形になるのは、金槌でたたく時に金床に当てる角度や位置が違...続きを読む

Qルーターとトリマーの違い

ルーターとトリマーの違い
あちこちのDIYの店へ行って、ルーターとトリマーの違いを尋ねているのですが、的確な説明をしてくれるお店が全く無くて困っています。
「ルーターではこんなことができるが、トリマーではできない」また逆に「トリマーではこんなことができるが、ルーターではできない」のように、具体的に、できれば画像入りでご説明いただけると有難いです。

ビットを装着したとき、被切削剤との位置関係がどうなるのか・・・被切削財とビットとの当たり面(加工を受ける一番大事なところ)の目視が(あの分厚いアクリル板を通して)正確にできるのか、など疑問は尽きません。

また、ビットは6mm径が標準のようですが、それ以外の径のビットは装着できないのでしょうか?
わたしは3mm径の金工用ルーターバーを多数持っているので、これが使えないと困ります。

申し遅れましたが、わたしがしたいのは主として、数mm厚のアルミ板の切削加工(長穴開け)です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>ルーターとトリマーの違い  このことを説明しても、質問者の用途では、あまり意味がないかもしれませんね。 とりあえず。

両方とも、同じようなことを出来ます。まぁ、パワーの違いから、使用方法が少し違うくらいですかね。

もうご存知の通り、パワー(大きさ)が違います。  普通、ルーターは専用の作業台に取り付けて(ひっくり返して取り付けて、刃が作業台から少し出るような)、材料の方を送って使用します。 また、パワーがあるので、一回の切削量も大きく設定できたりする場合もあります。

しかし、ルーターには、固定式とプランジ式と2種類あります。普通、作業台に固定して使うのは、固定式の方です。 プランジ式(国産メーカーは、ほとんどこのタイプ)は、手に持っての使用もします。バネによって、刃を含むモーター部分が持ち上げられているので、削るときは押し下げて使用します。手を離せば、刃は浮かび上がります。 言葉で説明すると難しいので、日立やマキタの製品を見て下さい。一目瞭然だと思います。


トリマーは小型ですので、手に持っての使用です。薄い合板のくり抜きなどは、トリマーの領域ですね。

> ビットを装着したとき、被切削剤との位置関係がどうなるのか・・・被切削財とビットとの当たり面(加工を受ける一番大事なところ)の目視が(あの分厚いアクリル板を通して)正確にできるのか、など疑問は尽きません。

これについてですが、トリマー、ルーターともに、フリーハンドでの使用はほとんどしません。ガイドを取り付けての使用、定規にあてて使用、冶具を使用。 精度を要求しないところでは、フリーハンドで使用するいこともありますが、慎重にやらないといけません。意外と思い通りには動いてくれませんよ。(特に切削量が多いと)

よって、刃の出し具合、切削位置に合わせてガイドの調整、または、冶具を使って、精度の高い加工をします。 ですから、事前に準備して行うので、切削するときはガイドや冶具に沿わせて動かすだけです。 よって、それほど目視をする必要が無いのです。 また、じっくり見たいなら、ゴーグルは必須です。何が目に飛んでくるか分からないですからね。 正直、見やすいとは言えません。

>また、ビットは6mm径が標準のようですが、それ以外の径のビットは装着できないのでしょうか?

3ミリ用のコレットチャックは、メーカーも用意していません。市販の製品に3ミリコレットチャックがありますが、それが使用する工具にあうとは限りません。 どうしてもというなら、鉄工所で作ってもらうしかない思います。

そもそも、トリマーもルーターも木工加工用です。 中には、アルミ程度の金属加工に使用している人もいるみたいですが、あくまで自己責任です。 でも、そのままでは回転スピードが速すぎるみたいで、スピードコントローラーで回転数を落としているみたいです。 切削ビットは、金属加工用エンドミルでした。

小さいアルミ板に長穴加工なら、安い輸入フライス盤の購入をお勧めします。 大きい板への加工なら難しいですね。 その場合、私なら、トリマー用に長穴用の冶具を作って、アルミ加工専用のエンドミル(6ミリ軸の製品)を買い、スピードコントローラーで回転数を落としてやりますね。ゴーグルは、必須ですよ。 これらの使用方法も、自己責任です。もし、本当にやられるなら、下調べを十分にしてください。冶具の作り方等は、トリマーの本でも買って勉強する必要があるでしょう。

>ルーターとトリマーの違い  このことを説明しても、質問者の用途では、あまり意味がないかもしれませんね。 とりあえず。

両方とも、同じようなことを出来ます。まぁ、パワーの違いから、使用方法が少し違うくらいですかね。

もうご存知の通り、パワー(大きさ)が違います。  普通、ルーターは専用の作業台に取り付けて(ひっくり返して取り付けて、刃が作業台から少し出るような)、材料の方を送って使用します。 また、パワーがあるので、一回の切削量も大きく設定できたりする場合もあります。

し...続きを読む

Q大工の旦那が独立したいと…

3人の子供がいるものです。旦那は36歳。サラリーマンをした後、田舎に帰省し大工になりました。今年で111年目です。ステップアップのため3ヶ所の工務店で在来工法の修行を積みました。近い将来一人親方でもいいので独立したいと言っています。

私は現在の工務店で日給15,000円で建設組合の健康保険にも加入し、色々な点で安定しているのでお給料という面では安心してるのですが、年収400万をきる収入では子供3人を養うにはきつい、働けば働くほど実になるようにしたいとの様々な理由で旦那は独立を考えています。

大工道具は地道に揃えてきましたが、やはり用意するべきものも沢山あるでしょうし、雇われ大工から一人親方を経験した方に独立するに当たって、必要な心構えなどアドバイスお願い致します。あと、金銭面での詳しいお話も教えていただけると有難いです。

Aベストアンサー

NO.2のysdfloorです。
一人親方になるのと、工務店を開業するのとでは
まったく違った意味になります。
一人親方というのは呼び名の通り一人で作業すること
なので人を雇う必要はありません。
仮に新築を受けた場合で棟上等で一人では出来ない場合は、応援という形で人を入れます。
もちろんこの人たちに日当は払いますが、
常時の雇用ではないので、給料計算や源泉徴収なんかは
必要ありません。応援方からの請求書通りに支払う形です。
一人親方になった場合確定申告は必要ですので、
請求書や領収書は管理しておかなければなりません。
工務店を開業するとなると、500万円以上の工事を
請け負う場合は建設業の許可を取得しなければなりません。その取得に約20~30万円ほどかかります。
工務店を開業したからといって大工を雇う必要はありません。小規模工事からはじめるのなら、営業電話も
携帯電話で十分カバーできます。開業資金が必要ならば国民金融公庫の利用をお勧めします。
開業した場合でも一人親方になった場合でも
給料日という概念はなくなります。
集金日が収入日です。
末日締めの翌々末日払い半金半手なんかざらにあります。
気の利く材木屋さんがあれば心強いと思います。

NO.2のysdfloorです。
一人親方になるのと、工務店を開業するのとでは
まったく違った意味になります。
一人親方というのは呼び名の通り一人で作業すること
なので人を雇う必要はありません。
仮に新築を受けた場合で棟上等で一人では出来ない場合は、応援という形で人を入れます。
もちろんこの人たちに日当は払いますが、
常時の雇用ではないので、給料計算や源泉徴収なんかは
必要ありません。応援方からの請求書通りに支払う形です。
一人親方になった場合確定申告は必要ですので、
請求書や領収書...続きを読む

Q大工(造作大工 内装大工 家具大工 建具大工)について

手に職が付く仕事を探しに職安へ行きました

1 まず内装大工(造作大工)について質問です

a普通の大工とはどう違うのでしょうか?
b平均2.3年で独立とか書いてありますが
 そんなに簡単なものなのでしょうか?
 5年10年かかると思ってました
 独立したらどれ位もらえるのでしょうか?
 
 事業内容 マンション等の内装大工(造作大工)
 新築、リフォーム工事
 LGS ボード等
 
 
 
2 木製品全般(家具、建具、床板、造作材等)の製
  造を加工から塗装まで行っています。
  職 種 木工技術員見習い

 産 業 製造業のうち建具製造業


こちらの仕事は技術習得に10年かかるそうです
はじめは12~15万だそうです
見習い期間中は安くてもかまいませんが10年経って技術習得後どれ位もらえるのでしょうか?

センスとか必要でしょうか?
こちらの難しい方をやりたいですが1人前の平均給与わかりますか?
よろしくお願い致します

Aベストアンサー

NO.4の者です
造作(内装)大工さんとは本当に内装だけです。ゼネコン配下の造作(内装)大工さんの仕事としては(マンション工事を例として)窓枠とかドア枠とかカーテンボックスとかを取り付けます。在来と呼ばれる刻みから行う大工さんに言わせるとそれだけ?という仕事しかしません。難しいとすれば和室周りの仕上げ、押入れを作る部分ではないでしょうか。

現場によってボード張りの下地が木であれば大工さんの仕事がまた増えます。軽鉄(LGSとも)と呼ばれる軽量鉄骨下地の場合はLGS工が壁・天井
の下地を組み、その後、大工さんが上記にある各種枠材を取り付けて
おしまい。その後にボード工がボードを張る・・・という流れです。

造作(内装)大工と言われますがゼネコン現場では専門的に業種が細分化されていますので、ここからここまでと契約で決まっております。
腕があってもそれ以上やる必要がありません。
各種枠材を取り付けた後、ボードも張れるから張っちゃいましたという訳にはいかないのです。

キッチンのカウンターも造作大工さんの仕事ではありません。
カウンターの軸組はするかもしれませんが全盛のシステムキッチン工事
専門の方がカウンターから釣戸まで取り付けます。

床も違います。大工さんは際根太まで。全盛の二重床は別の置き床屋さんが施工します。その後をまた別手のフローリング屋さんがおります。

かなり細かく書きましたが、町場の在来の大工さんは全部出来るでしょうけどマンションの職人は作業範囲が狭く、特化されているわけです。
特化すれば専門的になり細部まで気が付きますから責任の所在も明確になりますし、単調になりますから出来高形態でしたら都合がいいです。
会社も考えています。

何でも出来ると損をする・・・何でも出来ても出来高を伸ばすことは困難だからです。何でも出来て専門職と同レベルのスピード・精度をお持ちの職人さんはほとんどいません。何でも出来ると人のやった工事の手直し工事専門とか、難しい仕事に投入されたりします。(ここが職人としての分かれ道で、常用で難しい仕事を任されて誇りに思うか、単調な現場で稼ぐ方を選ぶか、その人しだいです。)マンション以外にも事務所ビルの玄関やホール、その他、美術館等、こだわりの内装仕事があります。このような仕事には腕のいい大工さんが必要です。

定年については・・・自分次第です。職人は個人事業主がほとんどですから国民年金となります。現行では62歳位からもらえますがその前に引退できますか?蓄えがあれば別ですが大抵はない方が多いし、まだまだ動けるでしょうから働いています。第一、年金だけでは食べて行けません。ただし、働く意欲があっても現場によっては安全の事情から60歳以上は単独での作業は禁止とか制約は付きます。65歳は入場禁止なんて場合もあります。現場での事故は様々な問題に発展してしまうからです。
ちなみに、私の周りでは65歳位で辞める方がほとんどです。

内装工・内装大工の違い・・・私の解釈ではマンション工事ではボード木下地施工・ドア木枠・サッシ木枠・押入れ等を施工する職人さんを
大工さんと呼びます。
内装工とは現場仲間をそうは呼び合いません。大まかな総称だと思います。軽鉄(LGS)・ボード・床・フローリング・クロス等を内装工と呼んだり
分類していると思います。マンション大工さんも内装工と分類される
方もいるかもしれませんね。なぜなら、何度も言うように躯体工事には
関わってないからです。

NO.4の者です
造作(内装)大工さんとは本当に内装だけです。ゼネコン配下の造作(内装)大工さんの仕事としては(マンション工事を例として)窓枠とかドア枠とかカーテンボックスとかを取り付けます。在来と呼ばれる刻みから行う大工さんに言わせるとそれだけ?という仕事しかしません。難しいとすれば和室周りの仕上げ、押入れを作る部分ではないでしょうか。

現場によってボード張りの下地が木であれば大工さんの仕事がまた増えます。軽鉄(LGSとも)と呼ばれる軽量鉄骨下地の場合はLGS工が壁・天井
の下地を組み、...続きを読む

Q大工さんの手間代高くないですか!?

公務店で、新築木造二階建ての見積もりを出してもらったのですが、大工さんの手間代が、m23万となっていました。
平均で、坪あたり4~5万程度だと聞いた事がありましたので、m23万だと、坪9万になります。かなり高いと思うのですが?どうなんでしょうか?
値引き交渉をしたところ、坪数が狭いと単価が上がる、うちの大工は、そのへんの建売りの大工と違って、耐震金物もしっかり付けるし、腕が違うと、交渉に応じてくれませんでした。
耐震金物はしっかり付けて当たり前だと思いますし、大工さんの腕で、単価がそんなに違うものなのでしょうか?
見積もり書には、大工手伝い手間でm22千円とも書いてありました。

ちなみに、23坪 78m2の家です。 

Aベストアンサー

注文木造戸建ての正しい見積もりは、柱、梁など、形状を1本、1本
細かく書いて
ひのき、まつ、米松とか、国産、産地東濃とか、カナダとか、等級、こぶし、3面とか、きちんと書いて、寸法も、1本づつかいて、最後に、トータルで、ひのき、何石で、単価×石数と書いて、手間、現地何人工、加工場何人工、って書くのですが、この見積もり作業だけで、経費として30万円くらい、かかってしまいます。で。経験から、一式見積もりというものを出してきて、明細は出さないというか、大工が明細をだして、請負師が、5%経費をかけるとかならいいですが、ここで、25%とかかけちゃうと、お客さんには、見せられないので、一式となるのです。

で、こういう1本づつの見積もりは、最近は、見ませんが、社寺建築になると、梁1本、500万円とかの世界ですと、出さないと、訳がわからなくなっちゃいますね。

で、原木調達とかですと、原木いくら、ヘリコプター輸送費いくら、割付代、製材代、トラック輸送費、乾燥代などとかかれます。

まあ、材木屋さんにある小物ですと、こういう見積もりは、少ないですが、社寺木造になると、長尺物といって、規格外なので、原木製材になるか、輸入になります。現在は、カナダが、多いです。台湾は太いものは、輸出禁止ですので。

注文木造戸建ての正しい見積もりは、柱、梁など、形状を1本、1本
細かく書いて
ひのき、まつ、米松とか、国産、産地東濃とか、カナダとか、等級、こぶし、3面とか、きちんと書いて、寸法も、1本づつかいて、最後に、トータルで、ひのき、何石で、単価×石数と書いて、手間、現地何人工、加工場何人工、って書くのですが、この見積もり作業だけで、経費として30万円くらい、かかってしまいます。で。経験から、一式見積もりというものを出してきて、明細は出さないというか、大工が明細をだして、請負師が、...続きを読む

Q大工さんへ フロア張りの時の釘の種類について質問

タイトルの通りです。  よろしくお願いします。

フロア材を張るときに、エアの釘打機(ネジ釘、ブラッドネイル、タッカ)でフロア材を固定しますが、どの釘の種類を使うかは、フロア材メーカーの指定によるものでしょうか? それとも、建築会社の規定?、大工さんの自己判断? 

最近のフロア張りに使う釘は、どれが主流なのでしょうか? タッカなら何ミリ幅ですか?

個人的な興味と、近い将来、フロアを張り替えるときのエア工具購入の参考にしたいので、質問しました。 

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

見習い大工のマサルです。
フローリングの同梱の説明書によると未だにフロア釘(手打ち)で施工
して下さいと書いてあります。ほぼ全てのメーカーでそうです。
しかし現在の技術の発展そしてハウスメーカー等の超短期工期の為
コンプレッサーを使用したエアタッカー(簡単に言うとホチキスの
針の太い奴とお考えください。昔は肩幅10mmほどの大型機械
でしたが、タッカーを打ったところの仕上げ面が盛り上がってしまう
不具合が結構ありましたので現在は4mmの幅のタッカーです)
での作業効率を求められているため、使っているのです。
作業効率がよくしっかり止まります。
しかし初期投資が凄いですよ。
エアコンプレッサは大工道具を使う場合はマキタ、日立等メーカー品
が良いと思います。価格は大工さん買いで15万円前後、エアタッカーが5万円位、エア工具は結構高額ですのでそれ程頻繁に使う予定が
無ければ購入は控えても良いと思います。
基本フローリングはフロア釘で十分ですが、同時にコツも要ります。
フロア施工はオス実に斜めにフロア釘を玄能で打ちます。
ある程度フロアに近づいたら釘締めと言われる道具を使って、
釘を打ち込んで行きます。この時打ち間違えてフロアを傷付けたり、
釘締めが外れてフロアに刺さったり…。
大工さんの道具は素人さんでも簡単に大工さんの仕事が出来るように
開発されている様なものです。
ごくごく個人的な意見ですが、フロア施工にはフロア釘が一番です。
私は1番抜けにくいと思います。理由は釘自体に抜け止め加工がされて
いるためです。フロアタッカーの釘も表面に色がついてますが
あの部分が糊になっていて刺さると抜けにくくはなっています。
フロア施工には同時に根太ボンドと言われる物をお使いください。
白ボンドですと乾いても上手くくっ付かず床鳴りの原因になる場合が
ありますが、根太ボンドですとしっかりくっついて固まりますので、
大変良いボンドでクレームも少ないです。ですが手に付くと落ちにくい
です。あと仕上げ面にはみ出した場合奇麗に拭き取って下さい。
白ボンドですと硬化したら透明になり、ちょっとしたはみ出しは
気にならない位ですが、根太ボンドは色がそのままですので、
しっかり硬化前に拭きとらないとカッチカチにかたまりますので
大変剥がしにくいです。

見習い大工のマサルです。
フローリングの同梱の説明書によると未だにフロア釘(手打ち)で施工
して下さいと書いてあります。ほぼ全てのメーカーでそうです。
しかし現在の技術の発展そしてハウスメーカー等の超短期工期の為
コンプレッサーを使用したエアタッカー(簡単に言うとホチキスの
針の太い奴とお考えください。昔は肩幅10mmほどの大型機械
でしたが、タッカーを打ったところの仕上げ面が盛り上がってしまう
不具合が結構ありましたので現在は4mmの幅のタッカーです)
での作業効率を求めら...続きを読む

Q仕上げ鉋で値段のわりに切れるやつを探しています。何か無いでしょうか?ち

仕上げ鉋で値段のわりに切れるやつを探しています。何か無いでしょうか?ちなみに大きさは、寸8分です。

Aベストアンサー

ちょっと答えにくいのですが、条件をあげながら回答してみたいと思います。

素人の方なのでしょうか?

まず、研ぎが出来るか?(裏だしが出来るのか?) 台の調整が出来るか? ということがありますが、それが出来る前提で、お話します。 この二つができたときに、鉋は切れます。どちらか一方が駄目なら、それこそ、どんなに高い鉋でも切れません。

値段の比較的安い品物(現役の鍛冶屋製造)だと、常三郎ということになると思います。 もちろん、高い品物もありますが、寸八でも、それなりの価格の商品があります。 常三郎の五十年という鉋は、評判(仲間内)が良かったです。

予算はいくら位でしょうか? それなりのものをお求めなら、最低2万円以上はします。

近くに大工道具屋あれば、今の時代ですから、アドバイスと伴に、安く譲ってもらえることもあります。 オークションで探すのも良いかもしれません。

鉋は、刃研ぎができればOKという訳にはいかないのが、難しいところです。もう少し条件を提示されれば、他のみなさんもアドバイスしやすいと思います。

Q鑿(のみ)の刃の色

通販でシャープニングガイド(ノミ・カンナ研ぎガイド)を購入して試しに鑿を研いで見たのですが、研いでも研いでも刃がねずみ色のままで鏡みたいなピカピカな色になりません。
切れるのは切れます。 何故でしょうか?
荒砥石⇒中砥石⇒仕上げ砥石の順に研ぎました。

Aベストアンサー

仕上げ砥石にもいろいろあります。砥石の目(砥粒)が立っている(切れ味が持続している)間はどんな細かい砥石を使ってどんなに長い間研いでも鏡面は得られません砥粒が面を傷つけているので当然です。鏡面を出そうと思ったら、水を流さず、砥石の切れ味をわざになくしてこすりあげれば鏡面が出ます。でも切れ味には無関係です。

3000番以上で時間をかけるか、同様の番手の紙やすりでこすれば簡単に鏡面は得られます。紙やすりはすぐ砥粒が落ちて、紙だけでこするからです。注意せねばならないのは、下手に鏡面にすることでかえって切れ味が落ちることです。うまく美しく研ぐ技能は非常に難しいのです。結論として素人は切れ味だけで我慢してください。

Q大工さん(職人さん)に質問です

自家用車で、現場まで通っていらっしゃる方にお聞きしたいのですが、やはりトランク(大)必須、中~大型の車でないと不便なのでしょうか?例えば軽ではないけど小さめの普通車とか・・・。
実は今、舅と主人は大工で一緒に通勤し、通勤に使う自家用車は二人で半分づつ出し合って購入した高級車?(トヨタのアリスト)なんです。
ローンは先月終了したのですが、維持費(ガソリン・保険・車検・税金・修理代)がものすごくかかりすぎるので、なんとか舅を説得し中古で維持費の安い車に買い換えたいんですが、『道具やらいろいろ積むのに、今の車じゃないと不便だし、通えない』とつっぱねられ、困ってます。
若い私達にとって、車の維持費ほど貯金に影響するものはなく、なんとか減額にもっていきたいんです。(これから子供もできるし)
みなさんは、維持費について、どう考えてますか?
家庭をお持ちの方、そうでない方もアドバイスください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ウチの父は大工で弟も大工です  父はトラックに乗っていますが  弟は4駆の大きいのに乗っています  トラックにはいつも工具やら木材やら廃材やらが乗っています   弟の車にも工具とかが積まれていますが  そんなにたくさんではないです   弟も次に車を乗り換える時は  もっと小さい車にしたいと言っています   維持費がかかって大変だと・・・   大きい工具はトラックで運ぶから自分が持って行くものは   普通の軽のワゴンやバンでも全然まに合うと言っていました   今の軽のバンやワゴンとかは見た目よりも  けっこうたくさん積めるらしく  知り合いの大工さんでも軽のバンだかワゴンだかに乗っている人がいるそうです    乗用車の普通のよりも軽のバンとかワゴンの方が  荷物は乗るかも知れないよ   乗せ方にもよるかも知れないけど  と言われたそうですよ   弟も次は軽のワゴンとかバンにするみたいです  流行ってるしいいかも・・・    ウチは父のトラックに大きいものは乗せられるのでそれでもいいですが  他の方はどうなんでしょうね??  乗用車には大きいものは乗らないですよね・・・   会社のトラックでやはり大きいものは運んでるんですよね??   だったら軽でもいいかも知れないですね    先にご主人と相談してみては・・・   それからお父様にお願いしてみては・・・

ウチの父は大工で弟も大工です  父はトラックに乗っていますが  弟は4駆の大きいのに乗っています  トラックにはいつも工具やら木材やら廃材やらが乗っています   弟の車にも工具とかが積まれていますが  そんなにたくさんではないです   弟も次に車を乗り換える時は  もっと小さい車にしたいと言っています   維持費がかかって大変だと・・・   大きい工具はトラックで運ぶから自分が持って行くものは   普通の軽のワゴンやバンでも全然まに合うと言っていました   今の軽のバンやワ...続きを読む

Q軸組工法 在来工法 ほぞの幅は柱(木)のどれくらいのサイズ

軸組み工法、在来工法で柱に梁(または柱の組み合わせ)、縦の柱に横の柱の組み合わせ、をするとき「ほぞ」の幅のサイズは柱の何分の一ぐらいですか。柱と梁(縦の柱と横の柱)は同じサイズとして下さい。また縦の柱にほぞ穴をあけ、横の柱にほぞ(オス)の構造です。
柱のサイズは 3寸の場合、と4寸の場合で。太さの何分の一(何%)でも結構です。例。3寸5分(10.5cm)の場合でしたら3cmの幅のほぞ、という言う答えで結構です。高さも出来れば教えてください。

Aベストアンサー

一般的なプレカットの「平ほぞ」の場合、柱が3寸、3寸5分、4寸だろうと1寸×3寸(30mm×90mm)
高さは色々で1寸5分~2寸ぐらいが多いかと

大工が刻んだ場合は場所によってほぞの種類を変えたり高さも色々
刻み方も色々基本的に決まりはありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング