専門的な質問で恐縮です。
「IUPACの1990年勧告」に基づく周期表と、それ以前の周期表の相違点は何が挙げられるのでしょうか。特に、何が変更されたのでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

専門的な回答の仕方で恐縮です。



IUPAC のペ-ジ( http://iupac.chemsoc.org/ )の「Reports」の中の「Inorganic Chemistry」の division に「History of the recommended atomic-weight values form 1882 to 1997: A comparison of differences from current values to the estimated uncertainties of earlier values (II.1)」があります。このペ-ジ( http://iupac.chemsoc.org/reports/1998/7001coplen … )の記述が参考になると思います。

なお,この記述は Pure Appl. Chem., 70(1), pp.237-257, 1998 に掲載されているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなマニアックな質問に返答して下さって、ありがとうございます!!といっても、これは英語のサイトなんですよね(笑)。これから辞書を片手に、気合いを入れて読んでみます。

お礼日時:2001/01/26 00:08

回答者が現れないので、コメントを。

最新の原子量表は日本化学会誌の「化学と工業」の4月号に毎年IUPACの原子量表から修正して掲載されています。この、前文に「原子量表」について書かれていますので、この部分が参考になるのではないでしょうか。IUPACの1990年勧告が正確に分からないので、予測ですが、C12の基準から同位体比を基準にということかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメント、ありがとうございました。これは大学の講義で与えられた課題なんですが、1990年の勧告はなかなか見つからないもので・・・。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2001/01/26 00:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報