ワールドグランプリ見て思ったのですが、アテネオリンピック時より何か弱くなっていませんか?大友が抜けてしまったのがあるかもしれないですが、レシーブの粘りも何かなくなってるし、ブロックも少ない。
個々の実力は成長してるかもしれませんが、チームとして前ほど上手くいっていない気がします。
それに監督の采配にも疑問を感じます。
例えば、選手をあまり入れ替えなかったり、ブロックの良い杉山を使わなかったりと。ショウジはサーブもよく良い選手で安定してると思いますが、センターとしてはブロックが寂しいです。
ブラジルには手も足も出なかったし、ポーランド、オランダにも負ける始末
このままではメダルなんて到底無理だと思うのです。
オリンピックもこんな感じで惨めに終わるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

エース栗原選手の復活は大きいですね。


大型大砲の選手の加入で、幅が広がったと思います。
色々なバリエーションの選手が存在する日本チームは決して悪いチームではないと思いますよ。
ただ、やはりセッターが課題ではないでしょうか?
竹下選手は素晴らしい選手です。キャプテンとしての統率力、トス回し、レシーブ・・・色々な面で活躍しています。
が、やはり高さが不足しています。
ブロックはもちろん、トスの打点が低いので、高い打点のトスと比べると、精度もスピードも劣ります。
北京オリンピックに向けては、今のメンバー+αで望むのがベストでしょうけど、早急にタイプの違うセッターを2人ほど育成しなければならないと思います。
    • good
    • 0

自分もそう感じました。


吉原が抜けてしまったのが大きな原因だと思います。
第5セットまで行くと必ず負けますよね。
精神的な柱がいなくなったのが大きいと思います。
    • good
    • 0

こんにちは。



オリンピックのメダル云々より、出られるのかどうかも今の段階では微妙かもしれないですね。選手達は、メダルとるつもりでいるようで頼もしいですが。

私の勝手な思いですが、やはりセッター竹下のトスのブレ&相手に読まれている…と、アタッカーが相手の高いブロックに対しての処理を的確に行えていない…あたりが失点の原因ではないかと。

柳本監督(柳本ジャパン)は、セッター竹下と心中するつもりのようですが、本当にそれが最善なのでしょうか?
他の国のセッターを見ても長身で結構なブロックを決めています。今の竹下のブロックは、格好だけにしか見えません。後ろに控えるレシーバーには厳しい物があるでしょう。
また、完璧に形が出来ている2枚3枚ブロックに対しても、普通にアタックを打ち込んでいくその理由がわかりません。それと、ブロックされたときのフォローはほとんどありません。バレーは、玉を自分のコート内に落としてしまえば、1失点です。なにがなんでもネットを超えさせないと…の気持ちが見えてきません。

皆言い分があると思いますけど、柳本監督には期待をしています。

今日のロシア戦、どう戦うのでしょうか?
何か成果を得て欲しいです。
でわ!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報