外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

こんばんわ。
先日、健康診断を受けた際に気になる結果でしたので、質問します。

産婦人科検診にて「子宮頸部細胞に扁平上皮化生細胞、核肥大を認めます。Class II」とありました。
ネットでも調べましたが、意味がよくわからず、どなたかご存知の方がいらしたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

結論としてはがんはなく、問題なしということになります。


クラスIIは炎症性変化などを伴いますが、異常無しとされます。クラスIII以上になってくると、異常を想定して検査、経過観察をしていく必要が出てきます。

「子宮頸部細胞に扁平上皮化生細胞、核肥大を認めます。」
正常の子宮頚部は、腟側の扁平上皮細胞と子宮内腔側の円柱上皮細胞からなり、この円柱状の細胞が扁平上皮みたいに変化することを化生といい、そういう細胞が出現しているのでしょう。そして、その細胞の中の核と呼ばれる構造に肥大所見を伴っているようです。この化生は炎症などのから治癒する過程で起こってくることが多いですが、悪性細胞ではありません。
医学や細胞診診断などを志すのでなければ、トリビアにもならない不必要な知識だと思います。
    • good
    • 21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q婦人科の子宮頚管 細胞診検査報告書から分かることを教えて下さい。

3年前の検査結果報告書を持っていますが、医師の説明を覚えていません。今の自分の症状に関係があるはずなので、この結果表から分かる事を教えて下さい。よろしくお願いします。

子宮頚管 細胞診検査報告書
検査結果:CLASSII

<報告所見>
炎症性背景を認めます。
核肥大した偏平上皮細胞を認めます。
反応性変化と考えます。

<細胞成分>
偏平上皮細胞 表層型(1+)
細菌(1+)
好中球(1+)
組織球(1+)

*外陰部の表層的な痛みの原因追求のために婦人科を訪れました。
*同じ日の検査で、別用紙で、C・トラコマティスIN SOL 結果 陰性と出ています。

Aベストアンサー

>炎症性背景を認めます。
膣に何らかの感染があるのかもしれません。それによる炎症が起こっているようです。

>核肥大した偏平上皮細胞を認めます。
>反応性変化と考えます。
炎症に反応して見られるような細胞(扁平上皮細胞は膣の正常な細胞が炎症によって、核が大きくなっている)が見られた。

>偏平上皮細胞 表層型(1+)
扁平上皮は膣の上皮細胞。そのなかの表層に見られる細胞が少量。

>細菌(1+)
いわゆるばい菌ですね。ただし、正常な膣の中にも最近はいますので、それが悪い感染か、正常な細菌かは不明。

>好中球(1+)
>組織球(1+)
炎症の時に出てくる細胞の一種。上記の「炎症性背景」を裏付ける証拠です。

>検査結果:CLASSII
子宮頸がんの診断では5段階のうち2段階目。この5段階の中で、3段階目以上は再検査などの対象となります。1段階目はまったくの正常、2段階目は炎症がある際につけられます。

C・トラコマティスはいわゆるクラミジア感染であり、陰性とのことですので、問題なかったということだと思います。
これらの結果からは、「外陰部の表層的な痛み」の原因となりうるものはないと思います。

>炎症性背景を認めます。
膣に何らかの感染があるのかもしれません。それによる炎症が起こっているようです。

>核肥大した偏平上皮細胞を認めます。
>反応性変化と考えます。
炎症に反応して見られるような細胞(扁平上皮細胞は膣の正常な細胞が炎症によって、核が大きくなっている)が見られた。

>偏平上皮細胞 表層型(1+)
扁平上皮は膣の上皮細胞。そのなかの表層に見られる細胞が少量。

>細菌(1+)
いわゆるばい菌ですね。ただし、正常な膣の中にも最近はいますので、それが悪い感染か、正常な...続きを読む

Q子宮頸がん検診のクラス分類について

子宮頸がん検診を過去2回受けて2回とも「クラス2」でした。
クラス2までは陰性であり問題ないという事はわかっていますが、
果たして受検者のうち、統計的にはクラス1とクラス2はどちらが多いのでしょうか?
いろいろなサイトを調べてみましたが
「大多数がクラス1」という情報と「クラス2の方が多い」という情報がありました。
実際はどうなんでしょうか?
検査機関によっても、クラス分けの判定が違ったりするのでしょうか?
陰性という事なのでそれほど心配はしていませんが、
自分が少数派だと思うと少し不安になります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は実際に子宮癌の検査を行っている者です。頸ガンの検査のクラス1と2の違い…ということですが、まずクラス分類は他の方が書かれたのとほぼ同じです。

クラス1:全くの正常(陰性)です
クラス2:全く正常とは違うが反応性のもの(陰性)具体的には、感染症、炎症、物理的刺激による反応な    ど。
クラス3a:軽度、または中等度異形成と呼ばれる状態で、HPVというウィルスに感染している場合が多く、そのほとんどが癌化せず、可逆性あり(勝手に正常にもどる可能性あり)。→要経過観察
クラス3b:高度異形成と呼ばれる状態で癌化する可能性が高いが、可逆性あり。→要経過観察
クラス4:上皮内癌。簡単に言うと初期の癌。→要精密検査
クラス5:浸潤癌→要精密検査

となります。クラス1と2については、正直申言って、検査する施設によって変わります。例えばカンジダ、トリコモナスなどの感染症に感染している場合など、明らかな要因がわかっていれば誰の目にもクラス2となるのですが、明らかな要因は見つからないが、細胞に少し異型がある(核が大きい、濃いなど)場合だと、それが正常の物とどの程度違うのか、どこまでが正常範囲なのかの判断は困難です。あくまで細胞診は、細胞の形態を人間が見て判断する検査ですから。
心配であれば、クラス判定のみでなく、具体的な所見を先生にお聞きしてみてはどうでしょうか。検査士はクラス判定だけでなく、検査結果に所見を書いていますから、先生の手元には検査の詳しい所見があると思いますよ。
特に感染症の疑いなどを言われていないのであれば、反応性に変化したものと思いますから心配ないと思います。
統計学的なことはよくわかりませんが、クラス(2)は少数派ではないと思いますよ。
以下のサイトに細胞診検査についてかなり丁寧に書かれています。ご参考まで・・・

参考URL:http://www2.plala.or.jp/oniwa-kokko/saibousin/hajimeni.html

私は実際に子宮癌の検査を行っている者です。頸ガンの検査のクラス1と2の違い…ということですが、まずクラス分類は他の方が書かれたのとほぼ同じです。

クラス1:全くの正常(陰性)です
クラス2:全く正常とは違うが反応性のもの(陰性)具体的には、感染症、炎症、物理的刺激による反応な    ど。
クラス3a:軽度、または中等度異形成と呼ばれる状態で、HPVというウィルスに感染している場合が多く、そのほとんどが癌化せず、可逆性あり(勝手に正常にもどる可能性あり)。→要経過観察
クラス3b...続きを読む

Q核肥大細胞

婦人科の核肥大細胞とはどういうことでしょうか?
ほっとおいたら、どうなりますか?
そのうち自然に治るでしょうか?
それども病気に変化していくんですか?

Aベストアンサー

子宮がん検診を受けたのでしょうか。
核肥大細胞は炎症などで細胞が変化したものです。
悪性ではないので大丈夫です。

Q子宮ガン検診で細菌(+)と言われたが細菌ってなに?

職場の健康診断の婦人科検診で子宮ガン検診を受けました。細胞診判定はクラスIで問題なしでしたが、細菌+なので婦人科を受診してくださいとのこと。細菌ってなんですか?どんな治療をするのでしょうか?
あと乳がん検診でも乳腺症の疑いありでした。乳腺症って乳がんとかんけいありますか?

Aベストアンサー

細菌というのは、カンジダとか大腸菌などの雑菌(女性の膣内には誰でもあります)が少し増えている状態ということだと思います。
風邪をひいたり、体調を崩したり、その他の理由で膣内で雑菌が増えてしまい、おりものが多くなったり、においがしたりします。
病気ではありませんが、おりものやにおい、痒みなどの不快症状がありますし、放置して子宮や卵管のほうにまで雑菌が増えていくと、子宮の炎症や卵管のつまりを起こし、将来的に不妊の一因となる可能性もゼロではありません。
ですので、婦人科へ行って抗生物質(膣錠のときもありますし、飲み薬のこともあります)を処方してもらって、膣内で繁殖してしまった雑菌を抑えましょう、ということだと思います。

子宮ガンと菌が関係あるという点についてですが、これはおそらく、ヒト・パピローマ・ウィルスのことだと思います。
ヒト・パピローマ・ウィルスというのは、性交渉を持ったことのある女性であれば、ほとんどの方が持っているウィルスで、このウィルスを持っているから、イコール子宮ガンになるということではありませんが、子宮頸ガンを引き起こす要因の一つではあります。
性交渉を行ったことのある女性のほとんどが持っているウィルスですから、年に一度検診を受けていれば、全く心配ないと思います。
いずれにせよ、今回の検診で指摘された「細菌」とは、無関係のものですから、安心してください。

細菌というのは、カンジダとか大腸菌などの雑菌(女性の膣内には誰でもあります)が少し増えている状態ということだと思います。
風邪をひいたり、体調を崩したり、その他の理由で膣内で雑菌が増えてしまい、おりものが多くなったり、においがしたりします。
病気ではありませんが、おりものやにおい、痒みなどの不快症状がありますし、放置して子宮や卵管のほうにまで雑菌が増えていくと、子宮の炎症や卵管のつまりを起こし、将来的に不妊の一因となる可能性もゼロではありません。
ですので、婦人科へ行って...続きを読む

Q排便すると膣から血が出ます

排便すると膣から血が出ます。排便しなくてももよおしただけで血がでます。最初は肛門からかと思ったのですが、手で触った所明らかに膣からで、肛門、便自体には血は付いていませんでした。特に痛みもありませんし、それ以外の時は出血はありません。婦人科で内診、検尿してもらったのですが異常ありませんでした。内診してもらった時は血は出ていませんでした。もう1週間以上たつのに量も減らず不安です。何か婦人科以外の他の病気の可能性があるのでしょうか?婦人科以外の病院で見てもらった方がいいのでしょうか?その場合は何科になるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

婦人科の内診で子宮内部も組織をとって検査してもらいました?
血液検査でホルモンの異常とかは調べたのでしょうか?
私も不正出血でつい最近行きましたが、子宮頸部と体部、後は血液検査をされました。
それでも出血が続けば今度はMRIと言われてます。
婦人科でいいはずです。
総合病院でMRIなどの詳しい検査をしてもらった方がいいのではないでしょうか・・・

Q子宮ガン検診受診 夫婦生活の影響

お恥ずかしいのですが、ちょっとお聞きします。

子宮ガン検診を受けるにあたり、夫婦生活は、何日前から止めたほうが良いのでしょうか? 
SEXをすると、摩擦により頸部に多少なりとも傷がつくので、検査前は控えたほうが・・と聞いた事があります。
SEXは検査に、どのくらいの期間、影響を及ぼすのでしょうか?
傷ついた膣内は、どのくらいの日数で回復するのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。20代後半の女性です。
私は、毎年1回子宮頸がん検診を受けています。

お世話になっている医師からは、検診前にエッチをしても良いけど、検診の前日はエッチを控えるように言われました。
ただ、検診当日に膣内に精液が残っているかもしれないから、出来れば前々日から控えた方が更に良い、とも言われています。

私は、検診前々日と当日、翌日はエッチを控えていますが、それ以外は特に気にしていませんよ。
子宮頸部から細胞を擦り取って検査する子宮頸部細胞診を受けていますが、検診当日に微量の出血があったこともあるので、検診当日と翌日は控えています。
軽度異型成状態で経過観察中ということは、定期的に細胞診を受けていらっしゃるのかなと思いますが、前日(または前々日)はエッチを控えるくらいで、それ以外は特に気にされなくても大丈夫だと思います。
ただ、子宮頸がんの発症原因がヒトパピローマというウィルスの可能性があるとしたら、避妊しないでエッチすると症状が進むかもしれませんので、エッチの回数よりもゴムできちんと避妊された方が良いと思います。

お大事になさって下さい。

こんにちは。20代後半の女性です。
私は、毎年1回子宮頸がん検診を受けています。

お世話になっている医師からは、検診前にエッチをしても良いけど、検診の前日はエッチを控えるように言われました。
ただ、検診当日に膣内に精液が残っているかもしれないから、出来れば前々日から控えた方が更に良い、とも言われています。

私は、検診前々日と当日、翌日はエッチを控えていますが、それ以外は特に気にしていませんよ。
子宮頸部から細胞を擦り取って検査する子宮頸部細胞診を受けていますが、検診当日に...続きを読む

Q卵巣の腫れ(4センチ)について教えてください。

内科で診察したところ卵巣が4センチ腫れていることが分かりました。
なので紹介状を書いてもらい、連休明けに産婦人科に行くことになりました。
正直卵巣摘出の手術とかは避けたいです…。

痛みはまったくなく、ときどき体を動かしたときに、チクリとした痛みを感じる程度です。
診察の際にお腹のいろんなところを押されても痛みを感じませんでした。

同じような症状になった方、このような病気に詳しい方、上記の症状で診察や治療法はどのようなものになりますでしょうか。
また、治療期間(手術、薬療法)なども大まかに教えていただけるとありがたいです。

産婦人科も初めてなので緊張します…。

Aベストアンサー

初めての婦人科通院は、どんな検査をするのかも分からず、不安ですよね。
特に年齢が若い内は「自分にはまだ縁が無い」場所、という感じがしていて、尚更居辛かったりしますね。

私は、19歳で卵巣腫瘍を経験しました。
20年も経った今では流石に慣れましたが、最初の頃は入院後の定期検診でさえ、産婦人科の待合室は場違いに感じて嫌でしたから、お気持ちはお察しします。


さて、そもそも卵巣は、卵子の元になる細胞が詰まっている臓器で、言ってみれば人間の体を作るためのあらゆる細胞の元があることになります。
そして、毎月生理周期にあわせて変化を見せる臓器です。
なので、実は卵巣の病気というのは、種類も症状も多岐に亘ります。
卵巣腫瘍だけでも(良性、境界性、悪性含め)30種以上も有るとか……
他にも驚く程、様々な病気が有ります。

よって、まだ現時点では、今後の事は何とも、分かりません。

なお、卵巣というのは、子宮のすぐそばに左右1個ずつあって、正常な大きさが2~3cmなので多少腫れてもスペースに影響を与えにくく、しかも、子宮の両側にハンモックにつるされるような形でルーズに存在しているので、痛みも圧迫症状もあまり出ません。
故に「沈黙の臓器」とも言われています。
それが、超音波で見てみると3~4センチくらいに腫れて見えたり、水がたまった様に見えたり、もっと大きな塊になっていたり……どれも「卵巣が腫れている」という事になります。
「卵巣が腫れていますね」
と言われてびっくりされる方は多いと思うんですが、実はそれほど珍しい事ではありません。

卵巣が腫れる原因は色々ありますが、3~4センチ程度の腫れの原因で一番多いのが生理の周期に伴う正常な腫れです。
卵巣の中では毎月「卵胞」という卵子の元が成長していって、2センチくらいになったところでパチンとはじけて卵が飛び出ます。
これが排卵です。
この排卵のときに卵巣の壁を突き破って卵が飛び出るので、卵巣からちょこっと出血する事があります。
この出血や、排卵後に卵巣に残される「黄体」というものが、卵巣の腫れとして見えることがあります。
これらの腫れは、次の生理が来ると自然にしぼんでいくものなので、1~2ヶ月後の生理直後の時期に再度超音波検査をしてみて、腫れがなくなっていたらもう心配ない、ということになります。

なので、卵巣の腫れが見つかったとしても、多くが「しばらく様子を見ましょう」と言われます。
お薬も殆どの場合、出ません。
これはこれで、逆に物凄く不安になるものなんですが、慌てなくても大丈夫です。

どのくらい様子を見るのかっていうのは、ケースバイケースですが、だいたい3ヵ月後に再検査しましょう、となることが多いと思います。
これは、3ヵ月後に大きさがどの程度変化しているかを比べる事で、そのまま定期的に大きさをチェックするだけで良いのか、より詳しい検査をしていった方が良いのかを判断できるからなんです。
正常な腫れの場合も、3ヵ月後に調べたら大抵は腫れがなくなっています。


排卵が出来にくくなる多膿疱性卵巣症候群では、度々痛みを感じたり卵巣の腫れが継続しますが、軽度の場合や妊娠を希望していない場合には、やはり「経過観察のみ」となる事が殆どです。



明らかに悪いもの、つまり卵巣癌を疑う見え方をしている時や極端に大きいものの場合には、MRI検査や腫瘍マーカー(血液検査)検査を追加したりします。

前述の通り、卵巣にできる腫瘍というのはバラエティーに富んでいます。
最終的にその腫れが何なのかを確実に診断するためには、開腹手術または腹腔鏡というカメラでお腹の中を覗いて組織を取ってこなければいけません。
でも、卵巣がちょっと腫れてるくらいでいきなり腹腔鏡検査はできませんから、超音波やMRIでの見え方で、単純にお水がたまっているのか内膜症による腫れなのか卵巣癌の疑いがあるのかなどを診ていきます。

すぐに手術を考えた方がいいのは、悪性の疑いが否定できない場合、大きさがどんどん大きくなってきている場合、度々酷い腹痛を起こしている場合、内膜症性の腫れで妊娠を望んでいる場合、等。
これ以外のケースでは、「とりあえず様子を見ましょう」となります。

よって、そうそう手術ということにはなりませんので、その点は安心して良いですよ。

どうぞ、お大事になさって下さい。

初めての婦人科通院は、どんな検査をするのかも分からず、不安ですよね。
特に年齢が若い内は「自分にはまだ縁が無い」場所、という感じがしていて、尚更居辛かったりしますね。

私は、19歳で卵巣腫瘍を経験しました。
20年も経った今では流石に慣れましたが、最初の頃は入院後の定期検診でさえ、産婦人科の待合室は場違いに感じて嫌でしたから、お気持ちはお察しします。


さて、そもそも卵巣は、卵子の元になる細胞が詰まっている臓器で、言ってみれば人間の体を作るためのあらゆる細胞の元があることになりま...続きを読む

Q子宮体がん検査後に・・・

2日前に、子宮頚がんと体がんの検査をしていただきました。
体がんの検査後は出血すると聞いていたのですが、それも少量でおさまったと思っていたのですが、今朝あたりから生理のときくらいの出血があります。昨夜は下腹部痛もありました。
生理かな?と思ったりもするのですが、まだ20日目なので周期的には早すぎるし(私の普段の生理周期は25~30日くらい)ちがうような気もします。
体がん検査後の出血の状態を、経験があるかたがいらしたら教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

私も経験あります。
私の場合、tako3さんと同じように、まず直後に出血、そして翌日からまるで生理のような出血がありました。それは5日くらい続いてしまいました(残念な報告でごめんなさい)。私の場合ピルユーザーなので生理周期が狂うことは考えられず、間違いなく検査による不正出血です。
次に婦人科へ行った時、「検査の後まるっきり生理みたいな出血がしばらく続きました」と言うと「ごめんねぇ」と言われてお終いでした。そういうものなのかな?とも思うと次回の検査が億劫になりますが、わずかな期間の出血とガンがあるかもしれないと思う恐怖を比べてはいけないと思います。
どうか、これに懲りずにご自分の身体を危険から遠ざける努力を怠らずにお互い長生きを目指しましょう(笑)。

Qクロマチン増量・・。

私の妹なんですが、最近市の子宮ガン検診で指摘され、再検査らしんですが、その時の診断書にクロマチンが増量し細胞に異型成が認められると云う事が書いてあったと云う事です。
これは子宮ガンの予兆と云う事なんでしょうか?このクロマチンが増えるとどうなるんでしょうか?
出来れば専門家か同じように診断された方にご意見頂ければうれしいのですが。調べたのですが難しくてよくわからないんです。分かりやすく教えて頂ければうれしいのですが。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

◎生物の細胞は大きくわけて「細胞質」と「核」から出来ていると考えてください。そして、身体を形作っている細胞には、それぞれ固有の「形」があります。この「形」というものは、存在する臓器などに一番適したものになるように決定されています。

◎子宮ガン検診でガンであるかどうかを検査するときには、子宮の粘膜を綿棒のようなものでこすってきて、そこについてきた細胞の「形」が、その臓器に存在していても不思議でないものか(つまり正常といえるか)をチェックします。

◎そもそもガンというのは、正常だったはずの細胞が、何らかの理由でどんどん増殖していき、歯止めが利かなくなったものです。このように細胞が異常に増殖する時には、「形」が正常のものとは異なってくるわけです。

◎具体的には、ある一定の体積の中にギュウギュウ詰めに細胞が詰まってくるため、顕微鏡で覗くと細胞質の部分が少なく見えたり、細胞全体の大きさの割合から考えて核の部分が大きかったり、核の色がものすごく濃く見えたりします。

◎クロマチンというのは、核を構成している成分のひとつです。前述のように、細胞がギュウギュウ詰めになった状態では、一つ一つの細胞内のクロマチンが凝集し、総量として増加してくるわけです。ですから、クロマチンが増えるとどうかなる、というのではなく、細胞が濃くなったことによって、結果としてクロマチンが増えた、ということになります。

◎また、細胞の異型性というのは、本来そこにあるべき細胞の「形」とはやや異なった形の細胞が認められる、ということになります。

◎chosyuさんの書かれておられるような「クロマチンの増量と細胞の異型性が認められる」ということは、細胞の「形」が正常とは異なっている、と言っていることになります。つまり、検診の結果では子宮癌である可能性が捨てきれない、ということを言っています。

◎ただし、検診でこすってきた細胞というのは、本当に極々一部のものであるため、たまたまそういった形をもった細胞があった、ということもありえます。ですからおそらく再検査では、細胞をこするだけではなく、実際に子宮の組織を一部とってきて、他の組織との構築の関係性を確認することになると思われます。こちらの結果などを総合的に判断して、正常であるのか、治療をしたほうがよいのかを決定していくことになります。

◎生物の細胞は大きくわけて「細胞質」と「核」から出来ていると考えてください。そして、身体を形作っている細胞には、それぞれ固有の「形」があります。この「形」というものは、存在する臓器などに一番適したものになるように決定されています。

◎子宮ガン検診でガンであるかどうかを検査するときには、子宮の粘膜を綿棒のようなものでこすってきて、そこについてきた細胞の「形」が、その臓器に存在していても不思議でないものか(つまり正常といえるか)をチェックします。

◎そもそもガンというのは、正...続きを読む

Q妊娠5週目で体温が下がった

ただ今妊娠5週目で2日前に赤ちゃんが入る袋が確認できました。

基礎体温は妊娠前からずっとつけてて、妊娠してから高温状態として36.80~36.95あたりをウロウロしています。

ところが、今朝7時半頃体温を測ったところ36.63℃で信じられなくてもう一度測ったら36.32℃とさらに下がりました。

今日は土曜日で仕事もないのでショックをうけながら二度寝して10時に測ったら36.92℃でした。
最初に起きてから二度寝するまで布団からも出ずすぐにウトウトしたのでカラダを動かしたりはしてませんが、やはり36.92℃は起きてから上がった体温なのでしょうか?

通常、基礎体温は朝一番に測るものですよね。
基礎体温の上がり下がりに一喜一憂するのもよくありませんが、これは流産の兆候でしょうか?
出血や下腹部の痛みもありません。
明日、また体温を測ってみて低温であれば流産の危険が高まってるのでしょうか?
妊娠初期に体温が下がっても無事に出産された方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

こんにちわ。現在7wです。

私も基礎体温が低い日が何度かありました。基礎体温は体を休めて5時間たっていないと正確に測れません。そして、基本的に同時刻の寝起き一番の体温が基礎体温になります。

私は着床した時期くらいに36.95~37.10と高めで、妊娠がわかったころ(4w)から36.60~36.75が平均で、時々36.35~36.50を計測しました。

初産のため(過去に流産経験がありますがそのときは基礎体温をつけていませんでした)、体温が下がるたびに不安になり婦人科に行きました。おまけに私の場合、出血と腹痛もありました。

それでも赤ちゃんは無事に育っています。

もし、不安であれば婦人科にかかってください。私は4w~6wまで週に2回も通いましたので…先生に飽きられて「もう基礎体温は測んなくていいよぉ」と笑われてしまいました^^;安心代は高くつきましたが…行く度に安心することができましたし、超音波写真もたくさんもらえたので、赤ちゃんの育ち方のマニュアルのようなアルバムができております^^

#3さんも言われているとおり、流産の場合は徐々に体温が下がっていくそうです。不安でしたら、婦人科に受診されたほうがいいですよ!安心代として^^赤ちゃんの力を信じてがんばりましょうね♪

こんにちわ。現在7wです。

私も基礎体温が低い日が何度かありました。基礎体温は体を休めて5時間たっていないと正確に測れません。そして、基本的に同時刻の寝起き一番の体温が基礎体温になります。

私は着床した時期くらいに36.95~37.10と高めで、妊娠がわかったころ(4w)から36.60~36.75が平均で、時々36.35~36.50を計測しました。

初産のため(過去に流産経験がありますがそのときは基礎体温をつけていませんでした)、体温が下がるたびに不安になり婦人科に行きました。おまけに私の場合、出...続きを読む


人気Q&Aランキング