ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

熱帯魚飼育歴2週間というど素人です。質問なのですが、飼ってきたネオンドワーフグラミーの尾びれ、背びれ、尻びれが縁の部分からどんどんなくなっていってヒレの2分の1は骨格しか残っていないという悲惨な状態なのです。おそらくこれが尾ぐされ病なのだと思い、持っているバケツで薬浴をしようと決意しました。今日中にもグリーンFゴールドを買ってこようと思っているのですが、全く薬浴の仕方がわかりません。このグラミーは3日ほど前に導入したのですが、水あわせを少ししたところで僕のミスで袋を床に落としてしまい、グラミーを陸揚げしてしまいました。それ以来ほとんどエサを食べずいいます。

具体的に何がわからないのかというと、

・よく薬浴中は絶食といいますが、ぜんぜんエサを口にしていないので2週間くらいを予定している(病気の治り具合によりますが)のでそれこそ餓死してしまうんではないかという点。

・何をどういう順番でバケツの中に入れたらいいのか。僕の頭の中では、いまの飼育水→ちゃんとつないでいるエアストーン→グラミー→グリーンFゴールド→食塩25g程。です。これでいいのですか??

・結構尾ぐされの症状は悪いと思いますが薬浴でひれは元通りになるのか。(別にこの点はあんまり困ってはいません。グラミーが完治後に泳げたらいい)

僕は学生なのでもうあまりお金をかけれない状態です。買ったばかりで分からないことだらけですが、薬浴について少しでも良いので情報を得れたらと思います。ではお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.1,3です。



> 生体を入れるころには1ヶ月は経っていました。

全くの無意味ではありませんが、基本的にはノーカウントとします。
バクテリアの中でも、「これがいないと魚が死んでしまう!」というバクテリアは硝化バクテリアであり、
その増殖にはアンモニアを必要とし、何らかの発生源(多くは生体)が入っていなければなりません。
立ち上げとは、魚を入れた時点からスタートだとお考え下さい。

あと、市販バクテリアは、有効性がある場合もあるが、無効な場合もある、です。
(保存の問題,製造期間の問題,水質に適応できない問題etc.)
効くか効かないか、確実性に乏しいものに、お金を払う必要があるのかは、ご判断に任せます。
仮に、効けば立ち上げは早くなるのでしょうけど...

水質調整剤の類は、初心者をターゲットにした中身の判らない品であり、
これを使わないと問題がある...ようなことは まずないので、お薦めしません。
常用するベテランなんて殆どいないと思いますよ?

例えば麦飯石溶液なら...
表面積の多い多孔質の粉末が水中の懸濁物質を吸着します。
吸着する物質は孔のサイズにより、必ずしも全ての濁りを取るわけではありません。
特に雑菌の大繁殖による白濁にはあまり効果がないことが報告されています。
アンモニアを吸着するかもしれませんが、これの作用原理はイオン交換であり、
全体の発生量に対して吸着量が不足します。(意味なし)
ミネラル分により新水の浸透圧を高めますが、粘膜保護剤と似た働きです。
麦飯石には、硬度を上げ、アルカリ性で安定する性質がありますが、多くの観賞魚の飼育上、
あまり好まれる性質ではありません。
外部フィルターの取説には、インペラを痛めるので使用しないで欲しいと書かれています。

原理が分からないものは思わぬ副作用がある場合が多く、あまりアテにはなりませんし、する必要もないでしょう。
騙されたと思って買ってみるのもアリかもしれませんが、
バクテリアや水質調整剤の類は、お金に制限がある学生さんは手を出さない方が良いと思います。
これが推奨される理由は、お店側の売上げの都合でしょう。

水質調整剤を買うお金は、観賞魚飼育の心臓部であるフィルターへ廻した方が投資効率としては良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

な、ななぁ…僕は企業と店の思惑にどっぷりハマっちゃったわけですな。特にジクラウォーターなんていろんな熱帯魚屋でかわいい感じの貼り紙がありますもんね。ジクラウォーターと麦飯石のお金で上部フィルター1個買えばよかった。むむぅ。ジ○ラ恐るべし…あの店員さんも信じていたのに…もう信じらんねぇ…
色々と返答ありがとうございました。社会勉強等勉強になりました。ありがとうございます!!

お礼日時:2007/08/31 17:37

No.1です。


ご質問内容が変わる場合、別の質問とされた方が良いかと思います。
きっとその方が回答者が増えるでしょうし...

さて、補足内容に対し、分かる範囲(笑)で、お答えしておきます。

■まず、混泳の相性というのは、非常に難しいです。
というのも、気の荒い魚のはずなのに自分のところでは大人しい...とか、
今まで上手く行っていた水槽に、同種の魚を一匹加えただけで争いだした...なんてことが良くあるからです。
どう考えてもこの組み合わせは拙い!!というレベルの話を除き、飼ってみないと分からない面があります。

また、一見混泳が上手く行っているような水槽でも、他種の魚との力関係があって、
ストレスで寿命を全うできないようなこともあります。
競合でのストレスというのは、魚自身が持つ抵抗力を弱めますので、ちょっとしたことで病気になりやすく、
そして、一旦病気が勢力を拡げると、他の大丈夫だった魚まで次々に感染を拡げるというデメリットがあります。

従って、ある程度経験を積んでくると、メインの魚を単種で飼育し、
絶対に競合しないサポートタイプの魚しか入れないということになりがちです。
例えば、中層を泳ぐ魚に対し、低層で残り餌を漁るような魚だと大丈夫ですよね?

長々と書きましたが、上記の理由から、混泳の可否はお答えしたくないご質問となります。
1水槽1種で滅多に魚を殺さない飼育をしているのであれば、家に置ける水槽の数なんて限られていますからね?
(魚の種類を増やす=水槽の数を増やす です。)
つまり、私自身の経験値が足りず、ご質問の組み合わせがどうなるかは、自信がありません。
グラミーは気の荒い魚も多いので、推測で答えて大丈夫なようにも思えないのです。
恐らく、沢山の種類を飼育する必要のある、観賞魚店の方が詳しいかと思います。
ただし、飼育経験の少ないアルバイトさんに聞いても無駄ですよ?

■しかしながら、とても気になることがあります。

まだ、飼育を始められてから2週間しか経っていないという点です。

魚の飼育は、微生物を飼育することに他なりません。
http://www.nextftp.com/nettaigyo-club/lib/lib087 …
(注:豚肉やバクテリアを入れる方法は、私は余計なリスクだと考えます。)
硝化バクテリアを含む微生物が、水槽内に多種多数生息することによって、
水槽の維持は上手く廻っています。

バクテリアは空気中から自然に水槽内に侵入し、繁殖を始めますが、立ち上げ後の水槽には、
バクテリアの数は非常に少なく、これが増えて安定するまで、相応の期間が必要となります。

まず、硝化バクテリアがいなければ、魚は早々に中毒死してしまいます。
生物濾過の中核を担っている硝化バクテリアが、水質を浄化できる数に達するまでの期間は、約1ヶ月程度であり、
生物濾過が完全に機能するまでの期間を立ち上げ期といい、通常と異なる管理をします。

次に、各種のバクテリアが揃い、水槽環境に適合した微生物相が構築される期間ですが、約半年~1年程度覚悟して下さい。
強固な微生物相が完成すると、コケも病気も出にくくなります。
これは病原菌や藻類を、水槽内のバクテリアが捕食し抑制するからだと考えられています。

...ということで考えると、グラミーとラスボラを僅か2週間程度で混泳している状況も、
バジスバジスを追加するのも、時期尚早過ぎるわけですね。

特に、絶対に硝化バクテリアの数が揃っていない状況で、魚の追加をするべきではありません。
厳しい意見ですが、そのように焦った管理では、病気が出るのも仕方ないことなのです。
入門者の多くがここで痛い目に合いますし、随分昔のことになりますが、私も痛い目を見ています。

硝化バクテリアが揃ったかどうか見るものには 亜硝酸試薬があり、この数値が0になった時が、硝化という意味での濾過の完成です。
学生さんに亜硝酸試薬が必要だ!とまでは言いにくいですが、
目に見えないところで、バクテリアが魚の命を握っている程度には理解して下さい。
フィルターは、バクテリアの住処としていれるものであって、新品を入れて直ぐに効くものではありません。

結論として、病気も出ていることなので、これ以上、魚を増やさずに、じっくりと様子を見守って下さい。
水槽設置初期は、入れても直ぐに病気になったり、中毒死したりしがちですので。

■金魚すくいの金魚がボロンボロンと死んでいくのは、飼育者がバクテリアに対する知識がない、という理由がとても多いです。

嫌な言い方ですが、観賞魚店は初心者が次々と魚を殺してくれるから経営が成り立っている面があります。
飼育知識なしで、悪質な店の言いなりになってしまうと、初期投資の十倍二十倍の金額が掛かることは稀でありません。
プロだから店員は詳しい...というのは、観賞魚に関しては当て嵌めにくいです。
本来は、魚の飼育にはお金が掛からないため、入門者の全員が正解を通っていけば、お店は全く儲かりません。
ノウハウを小出しにされたり、曖昧に誤魔化されたり、役に立たないものを勧められたり...
昔は、こういうのを授業料と言われていたのです。
そんなものを払わずに済むように、知識で回避されて下さい。

この回答への補足

いろいろと教えてくださりありがとうございます。バクテリアの方ですが、実際に水槽を立ち上げたのは夏休み前で当時はスネークヘッドを1匹だけ入れるつもりでして店の入荷を待つという意味で待っていたので(一週間前ほどから方向転換した;;)生体を入れるころには1ヶ月は経っていました。でもちゃんとバクテリアが安定するのに長くて1年以上かかるとは…
僕は何かを始める時にはそのことについてメッチャ調べるタイプなので常にバクテリアのことについて気にかけていたつもりです。生で入っているというバクテリア(ト○プのスーパーバイオ)を導入の数日前に入れてみたりジ○ラのジクラウォーターを買って入れてみたり…でも今は常時水は濁ってますね^^;麦飯石濃縮液入れてみたんですが変わらず…あんなん詐欺じゃああぁぁぁ!!なかなかクリーンな水にはなりません。外掛け1個と水作エイトM1個ですが(水作はつい最近入れた)。

補足日時:2007/08/31 10:31
    • good
    • 0

こんにちは。


>よく薬浴中は絶食といいますが、………
隔離しての薬欲中はエサを食べると糞尿をしたり残り餌が、濾過をしていないので猛毒アンモニアの発生原因になりますので与えない事が基本です。
薬品投与して3日目で改善されない場合は半分量の水換えと最初に投与した薬品半分量の投与をしてください。これで改善されない場合は薬品の効果が無いと考え別の薬品を考えます。
私自身は細菌性の病気にはグリーンウオーターFゴールド顆粒を使用しています。
顆粒ですから500mlのペットボトルに一袋(50L用)をぬるま湯で溶いておくと規定量が判りやすいです。
病気の魚が2週間もエサを与えないと体力が消耗して危険ですから2~3日に1回位は与えた方が良く、これでエサを食べない魚は回復しないと思っています。
薬浴して1週間経過しても改善されないと、辛いのですがほとんどの魚は☆になっています。

>何をどういう順番でバケツの中に
飼育水をバケツに入れる→エアレーション→薬品投与→魚を入れるの順序です。
バケツに入れる水は少なくとも飼育水の半分以上を使用して、全てカルキ抜きした水道水を使用することは避けたほうが無難で、もちろん水温も飼育水と同じにしてください。
私は塩を使用したことは無く、薬だけで治らない時は諦めています。

>結構尾ぐされの症状は悪いと思いますが薬浴でひれは………
回復して時間が経てば復帰すると思います。
ただ、状況を読んでいると単純な尾腐れ病では無く、飼育水の水質等の違いによるストレスでショックを受けたような感じます。

ネオンドワーフグラミー・パウダーブルー等のドワーフグラミー類の長期飼育は非常に難しい種類と感じています。過去には弱酸性の飼育水で簡単に維持できたのですが、ここ5年くらい入荷する魚は弱酸性の飼育水では長期に維持できなく、中性付近の飼育水でも同様で生産地の養殖業者がどのように飼育しているか想像が付きません。

それと混泳水槽にも神経質で他の魚が入ると難しいですね。
立ち上げて2週間の水槽では本当に難しい魚です。
参考まで。

この回答への補足

みなさん早い返答ありがとうございます。いろいろと参考になりました。それでも一つ質問なのですが僕小さいグラミーが好きなので、やはりこれからもグラミーを足したいなと思っています。ですがグラミーって割とゆっくりしているじゃないですか。僕の水槽では他にゼブラオトシンとコリドラスとラスボラ(ラスボラ何かは忘れました…)がいるのですがラスボラが素早いのでグラミーが餌食い負けしてしまうと思うのです。ラスボラ等とグラミーは混泳には向いていないのでしょうか??また近日「バディス・バディス・バディス」という魚を追加しようと思っていますがそれも食い負けしないか心配です。どうかこの初心者に知恵をあげてやってください。

補足日時:2007/08/30 20:26
    • good
    • 0

グリーンF系統は名前は似ていますが、成分が別の薬がありますので注意されて下さい。



細菌性の病気であれば、グリーンFゴールド顆粒 が、比較的安価かつ2種類の有効成分を含みます。
その分、濾過バクテリアに対してはダメージが大きめですが、それよりも治すことが最優先です。

ちなみに、グリーンFゴールドリキッドの方も、尾ぐされ病にも効果があります。
バクテリアや水草へのダメージが軽い薬です。
効果としては緩い方だと思います。
餌に薬品を染み込ませて与えるのも良いでしょう。

塩水浴というのは、浸透圧の差を利用して、細菌にダメージを与える手法です。
市販薬自体に、浸透圧を変える成分や、また塩分そのものが含まれている場合もあります。
そういった場合、併用することによって浸透圧が高くなり過ぎ、逆に殺すこともありえます。
うろ覚えで確証が取れないので、グリーンFゴールド顆粒の場合はどうかということは、言及を避けさせて頂きます。

私なら、塩は入れず、薬浴オンリーでいきます。
細菌に対し効果があるならば、2日以内に症状が改善か、止まるかがあり、それならばOKです。
症状が進行する一方で止まらないならば、塩や別の薬を試します。
効かない薬を幾ら使っても魚に負担を掛けるだけです。

> 結構尾ぐされの症状は悪いと思いますが薬浴でひれは元通りになるのか。

細菌性の病気は進行が速い場合がよくあり、グズグズしていると見殺しにしてしまう可能性があります。
魚に体力のあるうちに、手を打っていくことが大事で、なぜ悪くなるまで放っておいたのか?という状況ですよ。
濾過状態が非常に良いなどでなければ、放っておいて勝手に治ってしまう可能性は ほとんどないのですから。

ヒレは病気さえ治れば再生します。
老齢魚やかなりの損傷を受けていれば別ですが、お店で売っている魚は若い魚ですので、多分大丈夫でしょう。

餌は与えないことを基本的な指針にしても良いでしょう。
本来は餌を与えて魚に体力を付けさせるべきではあるのですが、濾過がろくに効いていない状況では、
アンモニア中毒となって逆に息の根を止めかねません。
餌をやるとすれば、水替えの半日前に少量の餌をやって下さい。

病気が出る原因として、飼ってきた魚が病気を持っていた...という可能性もありますが、
環境の不備が原因である場合が多いです。
もちろん、水槽立ち上げ2週間では、不備どころか最も危険な時期ですので、良好な環境であるはずがありません。
水槽の立ち上げ方法が間違っていなかったのか?は確認して下さいね。

ガンバレ、学生さん。

この回答への補足

教えて!gooのことをよく知らなかったのでここでも付け足します;;
僕はちっさいグラミーが好きなのですが、グラミーは結構動きがゆっくりしてるじゃないですか。それだとどうしても混泳させている(させていた)ラスボラに食い負けするのではないかと思います。(ちゃんと餌を食べてくれたことが無かったので分からないですが;;)グラミーって小さい魚達とはあまり混泳に向いていないのでしょうか??また近日「バディス・バディス・バディス」という魚の導入を考えていますが、それもラスボラに食い負けしないか心配です。バディスは混泳には向いていないのでしょうか??どうか教えてください。

補足日時:2007/08/30 20:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。も一つ質問がありますので上でお願いします。

お礼日時:2007/08/30 20:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q薬浴中の水換えと餌やり

現在、白点病と尾ぐされ病の治療中です。
マラカイトグリーンと塩浴、症状が若干重いほうの水槽には(元気な金魚とわけてあります)ヒーターを取り付けました。フィルターはまわしておらず、エアポンプのみです。

2日経ち昨日は朝は大丈夫だったのですが、夕方から悪化し始める金魚が出てきて、最終的に赤班病などを併発して☆になってしまいました。今日は今のところ大丈夫です。心なしか、白点が消えてきたようにも思います。

お聞きしたいことはまず餌についてなのですが、今年の4月に生まれた当歳魚ということもあり、健康な時は朝晩二回、もしくはかなり小分けして3回あげていました。
本来ならば薬浴中は餌は控える聞いたのですが体力的に心配な面もあります。
今のこの薬浴中の状態で、餌は一日にどのくらいあげても大丈夫でしょうか。
また、水換えについてなのですが、餌を与えるとなると当然フィルターも周っていませんし、すぐに汚れますよね?
一応今は低面のフンなどを一日に何回かはスポイトで取っている状況なのですが、水換えはどのくらいの頻度ですればよいでしょうか。
色々なサイトなどをみると、毎日かえる・薬の効き目が切れたら・1週間に1回など色々な意見がありました。
変えないのも心配ですが、変えすぎてかえって体調を崩してしまっても心配です。
餌やりと水換えの頻度、この2つについてアドバイスいただけないでしょうか。

現在、白点病と尾ぐされ病の治療中です。
マラカイトグリーンと塩浴、症状が若干重いほうの水槽には(元気な金魚とわけてあります)ヒーターを取り付けました。フィルターはまわしておらず、エアポンプのみです。

2日経ち昨日は朝は大丈夫だったのですが、夕方から悪化し始める金魚が出てきて、最終的に赤班病などを併発して☆になってしまいました。今日は今のところ大丈夫です。心なしか、白点が消えてきたようにも思います。

お聞きしたいことはまず餌についてなのですが、今年の4月に生まれた当歳魚と...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
>白点病と尾ぐされ病の治療中です。
まず病気の発生原因を取り除かないと、治療しても再発の恐れがありますので最優先です。
おそらくシステムの問題で生物濾過の非力・脆弱が原因と思われます。決して水温が下がったとか、病気の魚を持ち込んだなどと安易に考えないでください、生物濾過が機能して飼育環境が十分に整っていれば多少の白点病や尾ぐされ病など薬品を使用しなくとも治癒することを何度も経験しています。

>エアポンプのみです。
マラカイトグリーンは本水槽に直接入れて大丈夫です。濾過バクテリアに大して影響も出ませんので、普通の白点病であれば3~4日で治癒するはずです。

>最終的に赤班病などを併発して
赤班病は亜硝酸中毒でしょうからよほど水質が悪いと考えられます。
特に治療するときに使用する水に、水道水のカルキ抜きしただけの水を使用するとこのようなことになることは多いですね。

>浴中は餌は控える聞いたのですが体力的に心配な面もあります。
金魚は1週間くらい餌を食べなくとも、そのことで体力が落ち死ぬことは絶対にありません。もし死ぬようなら別の原因と考えてください。

餌を食べる→糞をする→その糞が猛毒アンモニアを誘発→金魚を苦しめ病気の発生。

>餌は一日にどのくらいあげても大丈夫でしょうか。
止めた方が賢明で可哀想と思うなら、水質管理を考えてください。

>今は低面のフンなどを一日に何回かはスポイトで取っている状況なのですが、
大変良いことです。
減った分だけ足し水すればよいのですが、この足し水が問題で先に書いたように水道水(もちろんカルキ抜きした水)は決してよい水では無くいきなりこの水で飼育すると元気な金魚でも病気になることがあります。
濾過バクテリアが良く繁殖した濾過槽を通した水が最適でこの水には濾過バクテリアが含まれていますので水質悪化を防げます。

>毎日かえる・薬の効き目が切れたら・1週間に1回など色々な意見がありました。
濾過器の内容や飼育水によって一概にこれが一番は無く、難しい判断をしなければなりません。

>餌やりと水換えの頻度、
餌やりについては先に書いたようにやらないことです。
水換えをについては今の状態でしたら水に匂いが出るまで3日を限度に換えない方が良いかと思いますが、換える水はバクテリアが繁殖した水が条件です。もし手に入らなければ本水槽の水を使用してください。
参考まで。

こんにちは。
>白点病と尾ぐされ病の治療中です。
まず病気の発生原因を取り除かないと、治療しても再発の恐れがありますので最優先です。
おそらくシステムの問題で生物濾過の非力・脆弱が原因と思われます。決して水温が下がったとか、病気の魚を持ち込んだなどと安易に考えないでください、生物濾過が機能して飼育環境が十分に整っていれば多少の白点病や尾ぐされ病など薬品を使用しなくとも治癒することを何度も経験しています。

>エアポンプのみです。
マラカイトグリーンは本水槽に直接入れて大丈...続きを読む

Qネオンドワーフグラミーって一般的に丈夫なんでしょうか??

題名の通りです。

この前ネオンドワーフグラミーをペアで衝動買いしたのですが、投入時にアクシデントがあり(水合わせ完了時に袋をこぼしてしまい、陸揚げしてしまった)、そのままぽっくり2匹とも逝ってしまいました…特にメスの方は重度の尾ぐされ病にかかり、その侵食の速さに驚きました。本当にこの2匹には悪いことをしたと反省しております。

どうしてもグラミーを飼いたくて今回また新たにネオンドワーフグラミーを投入しようと思っているのですが、題名にもある通りドワーフグラミー系は丈夫なのかわかりません。ある熱帯魚辞典では「非常に丈夫で飼育は容易」と書いてあり、店の店員は「難しい」と言っておりました。いったいどちらが一般的な意見なのでしょうか?皆さんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

>ドワーフグラミー系は丈夫なのか
この系統ではケミカルパウダーブルー、サンセットグラミー、ネオンドワーフ、は避けたほうが賢明です。

10年ほど前は弱酸性の水で簡単に長期飼育が出来たのですが、ここ2~3年前くらいからは弱酸の水では全然駄目です。なぜそうなのかは判りませんが、混泳水槽では1ヶ月位で皆☆になってしまい。
レッドやハニーグラミーも単独飼育では丈夫です。
それに比べて大きくなるブルー、ゴールデン、パールグラミーなどは非常に丈夫です。

>熱帯魚辞典では「非常に丈夫で飼育は容易」と書いてあり
いつのデータか判りませんが、昔のネオンドワーフは非常に丈夫と私も思っていました。

>店の店員は「難しい」
仕入れたネオンドワーフが☆になったり、調子を崩す状況を好くご存知な筈です。

私もいろんな魚を導入しますが、最近のドワーフグラミー系は明らかに正常(?)ではなく、生産地がどのようにこの大きさになるまで育てているのか不思議に思っています。

Q塩浴のデメリットはあるでしょうか?

塩浴は体調を整えるのにいいということですが、塩浴をさせたがために体調を崩すということもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。
> 重要点である水換えですが、お話の流れから当然調子の良くない魚を隔離しての塩浴になるでしょう。
・出来るだけ、隔離水槽での塩水浴をオススメします。
そして、エアレーションだけは行う事。
塩水は、水草を枯らし、濾過バクテリアなどの菌類に影響を与えます。
塩水でも濾過バクテリアは、やがて復活しますが、一時的に濾過機能不全に陥る危険性があります。

> その水換えはやはり全換えはまずいですよね、いくら水温を合わせても。
> やはり飼育水の半分ぐらいは残すのでしょうか?
・はい。
水替えの目的は、万一の事故防止のために、飼育水中のアンモニア濃度を希釈しておく事です。
水替えは1/2量~1/3量程度でOKです。

水槽へ毎日投入する有機物(=餌/残り餌や排泄物)からは、必ず猛毒のアンモニアが発生します。
発生した猛毒アンモニアは、即座に水に溶けて無毒のアンモニアイオンに変化し、やがて、濾過バクテリアに硝化されます。
この、水中に存在する、総アンモニア量の内、猛毒のアンモニア量と無毒のアンモニアイオン量(比率)は、pHにより大きく変わります。

pHが弱酸性ほど、猛毒のアンモニアが減少し、無毒のアンモニアイオンが増えます。(安全)
pHがアルカリ性ほど、猛毒のアンモニアが増え、無毒のアンモニアイオンが減少します。(危険)

No.1です。
> 重要点である水換えですが、お話の流れから当然調子の良くない魚を隔離しての塩浴になるでしょう。
・出来るだけ、隔離水槽での塩水浴をオススメします。
そして、エアレーションだけは行う事。
塩水は、水草を枯らし、濾過バクテリアなどの菌類に影響を与えます。
塩水でも濾過バクテリアは、やがて復活しますが、一時的に濾過機能不全に陥る危険性があります。

> その水換えはやはり全換えはまずいですよね、いくら水温を合わせても。
> やはり飼育水の半分ぐらいは残すのでしょうか?
・はい。
...続きを読む

Qグラミーが死んでしまいました。

ゴールドグラミーが死んでしまいました。
他の魚は元気で、全く問題はありません。グラミーを買い始めてから1ヶ月以上は経っています。
水温の変化が原因でしょうか?
真夏は32-34度ぐらいになってしまったときもあったのですが、最近気温が急に下がったので。
もちろんヒーターはつけていますが、水温は25度-27度ぐらいの間でした。今日の昼間は生きていました。ここ2-3日特に動きが悪く、下の方でじっとしている感じで気にはなっていましたが、もともと穏やかな魚ですし、すぐ物陰に隠れる性格のせいかと思っていました。
えさをあまり食べようとしない(口に入らないのか好きではないのか)食べが悪いかなとは思っていました。
他の魚よりも動きが遅く、穏やかな魚ですので、えさを多めにやって、グラミーにもまわるようにと考えましたが、あまり食べに来ませんでした。
グラミーは後一匹しか残っていません。(涙)

Aベストアンサー

う~ん。
グラミーはかなり好きで、結構飼育しましたが種によって性格がかなり違うんですよね。

繁殖期のマーブルやパールは、かなりの暴れん坊で餌も選好みせずに良く食べますが。。。
換水ホースに吸い込まれるのを心配するほど小さい種は臆病だし、餌も選ぶんですよね。
その癖同種ではケンカ腰。。。

僕は、小さいのだとチョコグラ(チョコレートグラミー)を飼ってたんですが、混泳はさせませんでした。
水深のある40cm水槽に、3匹の単種飼いです。

人口餌はとにかくキライで、なかなか口にしないので冷凍赤虫で落ち着きました。
て言うか、此れしか食べなかった。

餌を食べないからと言って、多めに水槽へ投入するのはイケナイと思いますよ。
水質劣化の原因になるし、食べないものは食べないので効果が無かったと思います。

僕が思うに、水質悪化か餓死だと思うんですが。
水温変化がかなり激しかった様ですが、それだけが原因で死んでしまう事は少ないと思います。
34度はかなり行ってますが、乗り切った様ですし。。。

まだ一匹残っているようですので、出来れば他の魚と隔離して好きな餌を探して与えて下さい。
隔離出来ないなら、赤虫をピンセットでグラミーの前に落とすように、グラミーが食べるのを
確認しながら与える事をお勧めします。
食べなくなったら、満腹なのでそれ以上餌を与えず食べ残しは極力出ないようにします。

一旦弱ると、回復はかなり大変ですが何とか生かしてあげて下さい。

う~ん。
グラミーはかなり好きで、結構飼育しましたが種によって性格がかなり違うんですよね。

繁殖期のマーブルやパールは、かなりの暴れん坊で餌も選好みせずに良く食べますが。。。
換水ホースに吸い込まれるのを心配するほど小さい種は臆病だし、餌も選ぶんですよね。
その癖同種ではケンカ腰。。。

僕は、小さいのだとチョコグラ(チョコレートグラミー)を飼ってたんですが、混泳はさせませんでした。
水深のある40cm水槽に、3匹の単種飼いです。

人口餌はとにかくキライで、なかなか口...続きを読む

Q熱帯魚のエサの回数は一日一回or二日に一回?

いつもここにお世話になってるアクアリストビギナーです。
素朴な質問です。
ここのベテランやショップの方に、
熱帯魚のエサの回数をお伺いすると、

・一日一回の方が良い(昨日のショップの方)
・二日に一回で十分(ここのベテランさんや、あるショップの方)
・自然界では、いつもエサがあるのが不自然で、よってたまに抜いてもよい
・人間と同じく腹8分目が生体に良い(いつも少しだけお腹をすかしている状態)
・熱帯魚は餓死する前ぐらいのあたりが一番美しく輝く
(誤解しないで。餓死させるわけではありません)
・いいや、熱帯魚は栄養も行き届いて生体が元気な時が一番美しい
などの意見を聞きました。

私は現在、一日一回少量のエサを与えていますが、
もし、美しくきれいなスタイルで、長生きするなら
二日に一回にしようかとも思います。

売られているほとんどのショップのお魚はガリガリにやせていますね。
(いわゆる、しぼっていると言うのでしょうか?)
体を大きくさせないためもあるでしょうが(成長を遅らせる)。。

自分で実際に経験(実験)すれば済むことですが、
皆様の意見を聞きたく、よろしくお願い致します。
(今回は金魚は含まれてません)

いつもここにお世話になってるアクアリストビギナーです。
素朴な質問です。
ここのベテランやショップの方に、
熱帯魚のエサの回数をお伺いすると、

・一日一回の方が良い(昨日のショップの方)
・二日に一回で十分(ここのベテランさんや、あるショップの方)
・自然界では、いつもエサがあるのが不自然で、よってたまに抜いてもよい
・人間と同じく腹8分目が生体に良い(いつも少しだけお腹をすかしている状態)
・熱帯魚は餓死する前ぐらいのあたりが一番美しく輝く
(誤解しないで。餓死させるわ...続きを読む

Aベストアンサー

立ち上げ初期だったこともあり、水質の悪化を懸念して、2日1回にしていた時期があるのですが、その時期はある程度草食・雑食系の小型魚はコケや水草を食べていたので、ガリガリにはなりませんでした。

ただし、餌をやった際に上手く全ての魚に行き渡らない(強い魚が先に食べてしまう)というのを見て、現在は1日2回にしています。

ベテランの方は給餌回数が少ないようですね。ある意味水槽内の生態系が出来上がっていると、草食~雑食の魚は餌をやらずとも飼えます。(私は以前パロット2匹とペンギンテトラ1匹を2年間飼育していましたが、水草とコケはえまくりの汚らしい(?)水槽でしたが、餌やらずともパトッロが大きくなりました。(ペンギンテトラを食べたわけではありません)

ちょっと話はずれるのですが、カージナルテトラがネオン病にかかった際に、ショップの人に相談したら「感染すると不治の病。延命措置として、なるべく魚に体力をつけさせる為にも、お腹がぽっこり膨れる位にして、魚本来の抵抗力を引き出してあげてください。」と言われました。現在もエロモナス症のモーリーを隔離中ですが、餌を少しずつこまめに与えています。

ある程度魚に体力をつけさせたい、早く大きくしたい…という場合は餌は多めで、水質の変化や魚の体型を気になさるなら少なめで…というのはいかがでしょう。もちろん「多め」といっても、1度に沢山ではなく、何回にも分けて与えることで、残り餌が出ないようにします)

ショップから来た魚は輸送ストレスなどもあるので、トリートメントしながら、その期間にお腹ぽっこりにしてあげて、本水槽ではそこまで気にせず…でやっています。

立ち上げ初期だったこともあり、水質の悪化を懸念して、2日1回にしていた時期があるのですが、その時期はある程度草食・雑食系の小型魚はコケや水草を食べていたので、ガリガリにはなりませんでした。

ただし、餌をやった際に上手く全ての魚に行き渡らない(強い魚が先に食べてしまう)というのを見て、現在は1日2回にしています。

ベテランの方は給餌回数が少ないようですね。ある意味水槽内の生態系が出来上がっていると、草食~雑食の魚は餌をやらずとも飼えます。(私は以前パロット2匹とペンギン...続きを読む

Qゴールデンハニードワーフグラミーの病気について!

ゴールデンハニードワーフグラミーの病気について!

2~3日前から、体の色が退色(薄くなり)水槽の下に横たわるようになりました!
息継ぎに水面まで上がってきますが泳ぎもぎこちなくふらついています!よく見ると両目が飛び出しているように見えます。元気になってくれると嬉しいのですが処置として適切なアドバイスが頂けると幸いです!どなたかアドバイス頂けないでしょうか!宜しく御願いします!

Aベストアンサー

運動性エロモナス菌感染症による「ポップアイ」の可能性が高いと思います。
発症して3日だと、少し厳しいかも。
ポップアイは、病原菌を駆逐完治しても、完全に治るまでに長い時間が必要です。

治療方法
0・バケツなどに隔離して治療。
1・50%量の水換え。
2・エアポンプによるエアリング。
3・エルバージュエース又はパラザンD規定量による薬浴。
4・薬浴期間は5日間。
5・濾過器内の活性炭パッドや活性炭マットは取り外す。(外掛け濾過器ならば濾過ボードを取り外す)
6・治療期間中は絶食。
7・隔離水槽が小さい場合は、適宜、水替えと追薬。

使用薬剤
・エルバージュエースまたはパラザンD
http://medistock.jp/item/detail/10320/
http://www.narita-koi.com/store/products/details28

エロモナス菌は常在菌ですから、全ての水槽に存在します。
エロモナス菌を大繁殖させなければ病気の心配は無くなります。
水槽設備の消毒は必要ありません。
エロモナス菌が大繁殖する原因は、飼育水の汚れ。
特に、高水温時期は残り餌などの腐敗が早まるためエロモナス菌が繁殖しやすくなります。
・底砂、濾過器の清掃。
・水換え量と頻度を増やす事。
飼育水の清水化を徹底することにより、エロモナス菌を減らすことが出来ます。

運動性エロモナス菌感染症による「ポップアイ」の可能性が高いと思います。
発症して3日だと、少し厳しいかも。
ポップアイは、病原菌を駆逐完治しても、完全に治るまでに長い時間が必要です。

治療方法
0・バケツなどに隔離して治療。
1・50%量の水換え。
2・エアポンプによるエアリング。
3・エルバージュエース又はパラザンD規定量による薬浴。
4・薬浴期間は5日間。
5・濾過器内の活性炭パッドや活性炭マットは取り外す。(外掛け濾過器ならば濾過ボードを取り外す)
6・治療期間中は絶食。
7...続きを読む

Q現在薬浴中ですが、今後はどうすれば?

お世話になっています。
熱帯魚飼育初心者です。

バルーンモーリーが水カビ病になり、薬浴を始めて11日目になります。
昨日やっと全てのカビが見えなくなったようです。
モーリーは薬浴中ずっと元気一杯のようでした。
もちろん、今も元気そうです。

このまま経過すればメイン水槽に移すことを考えなければいけないですよね。

そこで、薬浴から通常の生活に戻すにあたり、塩浴を1W行い体力を回復させてメインに移すほうが良いのか
それとも環境をころころ変えないためにも、薬浴からメインに直接移すのが良いのか、どちらがベストなのかアドバイスを頂戴したく、質問させていただきました。

「薬浴が長引けば、体力を考えて塩浴に変えることも選択肢の一つ」と、以前こちらでアドバイスをいただきました。
あと3日は念のため薬浴を続けたとして、丸2Wの治療期間になります。
ウチの場合は結構長い治療になるのでしょうか?

薬浴のやり方が書かれたHPなどを調べたのですが、私の調べ方が悪いのか、症状が消えるまでの薬浴方法はたくさんあるものの
その後をどうするのか書かれたものを見つけられませんでした。

私的には塩浴をした方が良いのでは・・・?と思うのですが、素人考えで動かない方がいいとも思うので
経験者の方、アドバイスをよろしくお願いします。

また、現在は底砂の入ったままで薬浴を行っているのですが、塩浴に変える時は砂の入っていない水槽に移すほうが良いでしょうか?

水合わせはいずれの場合もしっかりやることは理解しています。

いろいろすみませんが、どうぞご回答よろしくお願いします。

お世話になっています。
熱帯魚飼育初心者です。

バルーンモーリーが水カビ病になり、薬浴を始めて11日目になります。
昨日やっと全てのカビが見えなくなったようです。
モーリーは薬浴中ずっと元気一杯のようでした。
もちろん、今も元気そうです。

このまま経過すればメイン水槽に移すことを考えなければいけないですよね。

そこで、薬浴から通常の生活に戻すにあたり、塩浴を1W行い体力を回復させてメインに移すほうが良いのか
それとも環境をころころ変えないためにも、薬浴からメインに直...続きを読む

Aベストアンサー

大変ご愁傷様でした。
申し訳ありませんでした。
水カビ病の治療を私の範囲内で調べましたが、治療法は間違っていません。
私は元気そうならば病気中にも少量の餌をあげる人です。
それがいけなかったのかもしれません。
思い当たることとして、水換えの水はカルキ抜きした水でしょうけど、温度が低いまま薬浴水槽に入れていたのではないでしょうか?
もしくは、温度が高すぎて、残存酸素濃度が低くなり、酸欠死したのかもしれません。
あとは、温度が高くなるとアンモニアが増えるので(詳しくはここでは割愛します)そのせいで中毒死したのかもしれません。
あとは、おそらくこれが正解でしょうが、病気が進みすぎて、薬浴でも塩浴でも手遅れだったのかもしれません。

薬浴が長引けば塩浴に切り替えるのを考えたほうがいい、というのは薬浴は魚にとっても害があるからです。
魚の一番嫌いなことは環境変化ですので、病気が治ってからもしばらく薬浴を続けるのはとても正しいです。
すぐに飼育水に戻すと再発する可能性があります。
薬が魚に与えるダメージは少ないので、薬浴水槽の中でも少しずつ体力が回復していきます。
その後に塩浴させるのは、さらに体力を回復することができるので、正しいでしょう。
塩分が濃すぎる場合はよくないですが、0,2~0,3%の塩浴で魚は快適のようです。
モーリーはペットショップに並ぶ前は塩水で飼育されていることがあるようなので、慣れている塩水のほうがいいとも思います。
環境がコロコロ変わるのが悪いのは、短期間に環境が何度も変わるのが悪いという意味です。
1週間も期間をおけば、短期間ではありません。
薬浴期間2週間も長いほうではありません。

あと、底砂は何を使われているのでしょうか?
底砂の中には吸着効果のあるものがあり、薬の成分を吸い取ってしまうこともあります。
麦飯石がその代表でしょうか。
また、ソイル系の底砂はモーリーとは相性が悪いです。
モーリーは弱アルカリ・中硬水がいいのですが、ソイルは弱酸性・軟水に変えてしまうので、いれないほうがいいです。

基本的に、薬浴水槽の中には余計なものは何一つ入れないことが鉄則です。
薬が水槽内の何と反応するか分からないからです。
薬浴水槽の底砂は薬浴が終わったら洗わなければいけませんし、薬と底砂の相性が悪く、魚にとって有害なものが出ている可能性もあります。


私の飼育してきた経験と生物学を多少学んだ知識からの回答をしています。
ですので、あくまで、こういう治療をしている人もいるんだなぁ、くらいにしておいたほうがいいのかもしれません。
それは、私の回答も他の方の回答も、専門書でさえそうです。
私は生物濾過やその他水槽中の微生物(病原菌含め)の知識はありますが、魚の病気は決まった治療法がなく、飼育者によって治療法がまちまちです。
私の治療法は、もちろん私が行っており、自信があるものなのですが、必ずしも正しいものだとは限らないと思って欲しいのです。

毎度、長文失礼いたしました。

大変ご愁傷様でした。
申し訳ありませんでした。
水カビ病の治療を私の範囲内で調べましたが、治療法は間違っていません。
私は元気そうならば病気中にも少量の餌をあげる人です。
それがいけなかったのかもしれません。
思い当たることとして、水換えの水はカルキ抜きした水でしょうけど、温度が低いまま薬浴水槽に入れていたのではないでしょうか?
もしくは、温度が高すぎて、残存酸素濃度が低くなり、酸欠死したのかもしれません。
あとは、温度が高くなるとアンモニアが増えるので(詳しくはここでは...続きを読む

Q白点病を発症した魚がいた水槽は放置で治療可能?

白点病についてサイトをいろいろと見ましたが、不明な点があったのでこちらをお借りして質問致します。


現在90cm水槽で以下の魚を飼育しています。
*****************************
・セルフィンプレコ×2
・ブロンズプレコ×1
・ラミノーズテトラ×4
・レッドファントムテトラ×4
・ネオンテトラ×8
・アカヒレ×18
・ヤマトヌマエビ×10
・ダイヤモンドピラニア×1
*****************************

加えて、以下の水草を育てています。
*****************************
・アマゾンフログピット
・アマゾンチドメグサ
・ウィローモス
*****************************


この環境下で、1週間程度前から白点病に感染しているようで、体表に白い小さな点々が出来てきました。

私は最近水槽で魚を飼育しはじめ、白点病の経験も全くありません。
サイトを参考に治療をしようと調べていたのですが、1点不明な点がありました。

現在水槽は90cm水槽しかないので、薬浴用に新しく水槽を購入してきて、水槽にいるピラニア以外(ピラニアは平気そうなので…)の全ての魚をそちらへ移し、薬浴を実行しようと考えています。

治療中、90cm水槽では水温を高い状態で保ち、そのままの状態で2週間程度放置することで、白点病の病虫を死滅させることが出来るのではないかと思ったのですが、可能でしょうか…?
水槽自体も底砂の交換や薬浴をしなければ、魚を戻した際に再発してしまうでしょうか…?


回答者様の治療方法や、治療以外にも、現在の環境で気をつけることなどありましたら、出来るだけ詳細に回答頂けると幸いです。

白点病についてサイトをいろいろと見ましたが、不明な点があったのでこちらをお借りして質問致します。


現在90cm水槽で以下の魚を飼育しています。
*****************************
・セルフィンプレコ×2
・ブロンズプレコ×1
・ラミノーズテトラ×4
・レッドファントムテトラ×4
・ネオンテトラ×8
・アカヒレ×18
・ヤマトヌマエビ×10
・ダイヤモンドピラニア×1
*****************************

加えて、以下の水草を育てています。
***...続きを読む

Aベストアンサー

まず原則を先に書かせて頂きます。

白点病が発生した時は、発生した魚だけを別水槽に隔離しても意味が
ありません。水槽には白点病の菌が浮遊しているので、発病した魚を
別水槽に移して隔離しても、発病していない魚も数日後には発病する
可能性は高くなります。
発生したら使用中の水槽で治療を行う事です。発病した魚も発病して
いない魚も一緒に治療してやります。
発病していない魚まで治療する事は無いと思うでしょうが、先程も書い
たように水槽の水には白点病の菌が浮遊しています。肉眼では見え
ませんが、発病している可能性はありますので、発病していない魚も
予防策として治療してやります。
発病した魚だけ隔離して、残された魚には何もせず放置をすれば、間
違いなく数日後には白点病に感染するでしょう。

白点病の菌を死滅させるためには水温を一定温度まで上昇させる事
が必要ですが、だからと言って2時間では死滅する事はありません。

白点病に感染したら、サーモ付ヒーターで水温を最終的には28℃~
30℃に上昇させます。白点病の治療薬を投与して1週間絶食をさせて
様子を見ます。1週間で白点病の症状が消えれば、水を1/3抜いて
新しい水を入れ、再び1週間放置します。その間に水温は28~30℃に
保った状態にします。これを3回繰り返した後に全ての水を入れ替えて
掃除をします。
もし1週間で白点病が完治していなければ、水を1/3だけ抜いてから
新しい水を入れ、薬剤を規定量だけ再投与します。
薬剤にもよりますが、グリーンFリキッドやグリーンFゴールドの持続期間
は1週間です。1週間以上も薬剤効果が持続する事はありませんから、
感知していなければ再び投与する事になります。

薬剤を投与する前は、水草、色が付いては困るアクセサリー、活性炭が
使用されているフィルターは投与前に水槽から出します。
薬剤の成分により水草は枯れますし、薬剤の色が浸み込んで洗っても
落ちなくなります。また活性炭により成分の効果が消えますので、必ず
活性炭が入っているフィルターは事前に取り外して下さい。
活性炭が使用されていないフィルターは外さない事です。またエアーは
通常通りに送り続けて下さい。
ヒーターの設定は1日に2℃づつ水温が上昇するようにします。一気に
上昇させるのは魚に負担を与えます。最終的に28~30℃になるよう
にしましょう。

まず原則を先に書かせて頂きます。

白点病が発生した時は、発生した魚だけを別水槽に隔離しても意味が
ありません。水槽には白点病の菌が浮遊しているので、発病した魚を
別水槽に移して隔離しても、発病していない魚も数日後には発病する
可能性は高くなります。
発生したら使用中の水槽で治療を行う事です。発病した魚も発病して
いない魚も一緒に治療してやります。
発病していない魚まで治療する事は無いと思うでしょうが、先程も書い
たように水槽の水には白点病の菌が浮遊しています。肉眼では見え
ません...続きを読む

Qプラティが、どんどん死んでいきます・・・

1年程前から熱帯魚を飼っています。
水槽は、Lサイズ水槽の、すべてセットになったのを使っています。点検は毎日していますが、どれも壊れていません。水替えは、3分の1程度吸い上げ式のポンプで、底の汚れを取り除き、カルキ抜きした水道水を足してます。
2ヶ月ほど前からなのですが、ミッキーマウスプラティーが、バタバタと死ぬんです…。
死期が近くなると、腹が、ペッタンコになり、枯葉が舞うように泳ぎ、エサもよく食べるのですが、腹の薄さは変わらず、症状が出てから、2~3日で死んでしまいます。
初め、5匹から飼い始め、繁殖させて20匹位の成魚が、居たのですが、今は、3匹になりました。
色々試しました。1週間ほど絶食させ、薬浴させてみたり、
すべて水を替えて、底石も洗い、フイルターも取り替え、バクテリアが、入ってると言う薬を買って入れ、温度を合わせ、私の出来る範囲の事はしてみたのですが、3匹になってしまいました・・・
コリドラス?(ガラス面の汚れを取ってくれる、黒いゴツゴツした魚)2匹、グッピー4匹、ネオンテトラ3匹、アカヒレ3匹、体が透明で、尾とヒレが黒い魚4匹が、プラティーが少なくなってから、仲間入りしましたが、どれも元気です。(子供が、魚に友達を…と、お小遣いで、少しずつ買っているので、すべて少ない数です)が、喧嘩する事も無く育っています。
コリドラス?だと思うのですが、その魚は、もともとプラティーと共存していて、半年ほどで、3倍の大きさになりました。
なぜ、プラティーだけ、どんどん死んでいくのでしょうか?
腹が、ぺちゃんこになる病気は、何なのでしょうか?
尾腐れには、なっていません。
どなたか、病気に詳しい方、教えてください!
熱帯魚の専門的知識は、余り無いので、わかり易く教えて頂けたら、嬉しいです。

1年程前から熱帯魚を飼っています。
水槽は、Lサイズ水槽の、すべてセットになったのを使っています。点検は毎日していますが、どれも壊れていません。水替えは、3分の1程度吸い上げ式のポンプで、底の汚れを取り除き、カルキ抜きした水道水を足してます。
2ヶ月ほど前からなのですが、ミッキーマウスプラティーが、バタバタと死ぬんです…。
死期が近くなると、腹が、ペッタンコになり、枯葉が舞うように泳ぎ、エサもよく食べるのですが、腹の薄さは変わらず、症状が出てから、2~3日で死んでしまいます...続きを読む

Aベストアンサー

自信はないです。
熱帯魚歴は長いので、その経験中から考えられる事をいくつか・・・・

同居の新しい魚の種類から、グッピーが元気だということで(体が透明な魚というのがグラスフィッシュならそれも含め)、PH(酸性~アルカリ性の度数)はプラティーでも問題ないと思います。(その他の魚は弱酸性好みですが、グッピー等は弱アルカリ好み、ただし、厳密なものではないです。あくまで原種の生息域の水質の話です。)
その他、水の中の成分(亜硝酸塩などの濃度も他の魚が元気ということで問題ないでしょう。)

最初はプラティーとオトシンクルス(コリドラスはガラス面の苔はとらないのでオトシンのことを言っているのだと思います。)だけだったとして、オトシンがプラティーを攻撃するとも思えませんので、あとはプラティー、グッピー、ソードテール等、卵胎生メダカの繁殖のしやすさからくる近親交配による遺伝的疾患が一番可能性は高いかと思います。

ミッキーマウスプラティーって、おそらくワグムーン(ワグプラティー)から品種改良されたものだと思います。
ワグムーンはムーン(プラティー)の原種とワグソード(尾びれだけ黒いソードテール)の掛あわせから生まれた品種で、ワグソードの黒い尾びれを引き継ぎましたが、それと同時に黒い部分が癌化するという遺伝病も引き継いでしまったと聞きます。(ソードテールよりも確率が高くなったとか)
ミッキーマウスプラティーもその品種からの品種改良(という呼び名の近親交配)だと思いますので、そういった遺伝病ではないでしょうか。
ためしに、普段行かないお店(少しでも繁殖元を遠ざけるため)から、レッドプラティー等、尾びれの黒くないプラティーを買ってきて掛け合わせて、血を薄くしてみたらいかがでしょう。

卵胎生メダカは興味の範囲外ですので、実際の経験からのお話ではないことをご了承ください。

自信はないです。
熱帯魚歴は長いので、その経験中から考えられる事をいくつか・・・・

同居の新しい魚の種類から、グッピーが元気だということで(体が透明な魚というのがグラスフィッシュならそれも含め)、PH(酸性~アルカリ性の度数)はプラティーでも問題ないと思います。(その他の魚は弱酸性好みですが、グッピー等は弱アルカリ好み、ただし、厳密なものではないです。あくまで原種の生息域の水質の話です。)
その他、水の中の成分(亜硝酸塩などの濃度も他の魚が元気ということで問題ないでしょう...続きを読む

Q尾腐れ病は薬浴させても治らないんでしょうか?

ラミレジイのロングフィンが尾腐れになりかれこれ3ヶ月間薬漬けですが、徐々に尾ひれが溶けていき、薬が効いている様子がありません。
尾腐れ病に効くとされるグリーンFゴールド、エルバージュ、イソジンと薬浴してきて、5日前からパラザンDで薬浴しているのですが、これも又効果は見られず・・・。

 薬浴槽 20Lにパラザン2ml+塩100g弱
 魚数  一匹
 水温  ファンをまわして26度
     エアレーションとヒーターもつけています。
 水換え 5日おきに8割ほど

実は一週間前までもっと小さなプラケースで薬浴していたのですが、もしかしたらそれが治らない一因なのではないかと思ったり・・・
しかし3ヶ月間ずっと薬漬けの辛い環境であるにもかかわらず、この子は割と元気で、餌を落としてやるともう必死でがっついてきます。
(2~3日に一度ディスカス用の沈下性の餌を一粒だけあげています) 

食欲もあるし元気だし、それなのにヒレが少しずつ無くなりいずれは体の方へ広がってじわじわと死んでいくのかと思うと、やり切れません。
3ヶ月に渡る長期間薬浴した魚は今までいなかったので、どうにかして完治させ長生きさせてやりたいのです。
もう助からないのでしょうか・・・どなたかアドバイスをお願いします。
  

ラミレジイのロングフィンが尾腐れになりかれこれ3ヶ月間薬漬けですが、徐々に尾ひれが溶けていき、薬が効いている様子がありません。
尾腐れ病に効くとされるグリーンFゴールド、エルバージュ、イソジンと薬浴してきて、5日前からパラザンDで薬浴しているのですが、これも又効果は見られず・・・。

 薬浴槽 20Lにパラザン2ml+塩100g弱
 魚数  一匹
 水温  ファンをまわして26度
     エアレーションとヒーターもつけています。
 水換え 5日おきに8割ほど

実は一週間前までもっと小さ...続きを読む

Aベストアンサー

長時間は危険だと思いますので塗るのが一番でしょう。
その場合は要するに寄生虫であれ最近であれこれが死んでしまえばいいのですから、一番は赤チンをお勧めします。
付けた後も水中で塗った場所に張り付き効果が持続しますから。
それはないけど、イソジンでもいいかもしれません。しかしイソジンはすぐ水に溶ける、殺菌能力が強いタイミングが違うと聞いているので…。

経口投与で以外と効果が出ることもあるようです。
液体なら好きなエサの乾燥したもの(乾燥赤虫とか)を濃い液(濃度が難しいのですが…)に30分ほど浸して食べさせます。原液を染み込ませる人が結構多いですね。そんなに染み込まないし、ということだそうですが。
ほんの少しやって問題なければ濃度を上げます。とはいってもエサはほどほどにしなければなりませんが。

抗生物質や粉の薬を使う場合、エサを水で柔らかくして練りエサにしてやってみて下さい。
いずれも量の決まりがないので、難しいです。


以下は金魚なので、参考程度にしかならないと思いますが…。

こちらのミスで発見が遅れ、尾がボロボロになっていたので、まずバケツに隔離(水槽のろ過が薬で死ぬため)、水槽を2分の1水替え、ろ材を軽く洗いバクテリア活性剤を入れる、
ヒーターで26度 0.6%塩水浴、エルバージュ24h →塩水浴0.6% グリーンFゴールド+メチレンブルー で6日間(ろ過はバケツに水作エイトの活性炭を取り除いたもの、エサはやらないのでゴミ取りのみ)
これでもあまりはっきりした結果が現れなかったので体力があるうちに、
尾のあたりを中心にマーキュロクロム液(手も真っ赤になるのでハイポを用意…)を塗り込んで塩水浴0.7%+エルバージュー0.2g+グリーンFゴールドx1.2倍+メチレンブルー エルバージュ0.1gとグリーンFゴールド+とある抗生物質を少量を混ぜた小粒(金魚の小粒なので熱帯魚からするとかなり大きいと思います)のエサ6個ほどを作り、1日2回経口投与。
水が汚れるため、バケツを3つ連結して水量アップ(10リットル×3)1日10リットル水替え。
これで回復して2週間後から塩水浴で様子見、水槽へ、という感じでした。
ここまで酷かったのは一回切りで経口投与したのもこの時だけでした。

もっと経験豊富な人が見てくれると良いのですが。

あくまで、参考に。

長時間は危険だと思いますので塗るのが一番でしょう。
その場合は要するに寄生虫であれ最近であれこれが死んでしまえばいいのですから、一番は赤チンをお勧めします。
付けた後も水中で塗った場所に張り付き効果が持続しますから。
それはないけど、イソジンでもいいかもしれません。しかしイソジンはすぐ水に溶ける、殺菌能力が強いタイミングが違うと聞いているので…。

経口投与で以外と効果が出ることもあるようです。
液体なら好きなエサの乾燥したもの(乾燥赤虫とか)を濃い液(濃度が難しいのですが…)...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング