最近、薬学部が4年制から6年制になりましたが、

昔は、獣医学部も4年制だったと聞きました。

19??年から獣医学部は6年制になったのでしょうか?

また、その時の背景・事情なども知りたいです。


また、医学部・歯学部は最初から6年制だったと思うのですが、正しいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>1978(昭和53) ・獣医師国家試験の受験資格が学部卒業から大学院修士課程修了に引き上げられる.いわゆる学部4年及ぴ修士課程2年の積上方式による6年制の採用(獣医師法第12条の改正)




>1983(昭和58) ・大学における獣医学修業年限が6年一貫教育に改められる.(学校教育法第55条の改正)

>1984(昭和59) ・大学における獣医学の6年一貫教育が4月から施行される

学部の6年制は1984年入学者から、実質上の6年制の開始は、学部4年と大学院2年の計6年を修了しないと獣医師国家試験を受験できなくなった1978年入学者からです。

医学部、歯学部も太平洋戦争前、戦争中は陸軍医学校などで短期卒業も認められていましたので、3年から4年の期間でも医師の資格を与えていた時期があります。

参考URL:http://www.adthree.com/exanim/50nen/data/jui.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

お礼日時:2007/09/19 17:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q薬学部4年制か6年制か

今現在高3で国立薬学部を考えています。
元々研究職が良いと考えていたので4年制にしようと思っていたのですが、資格がないのもどうなのかと思います。
そこで就職とかを考えるとどの大学がお勧めでしょうか?
今のところ家からも近いので岡山大学創薬科を考えています。

Aベストアンサー

 kojimasennseiさん こんばんは

 大学は修士卒で薬局を経営している薬剤師です。

 研究職と言っても大まかに2種類有ります。1つは自分がメインで色々な事を考えて研究する仕事、もう1つは自分がメインで考える仕事をしている方の下準備をするだけ(例えば必要な研究機材をセットしたり、実験後の器具の清掃等を専門にする仕事等)です。多分、kojimasennseiさんは前者の仕事内容を考えているんだろうと想像します。

 4年で卒業出来る学科であろうが6年で卒業する学科で有ろうが、薬学部に進学すれば学部では必ず実験の授業が有ります。しかし、学部で行なう実験の授業はテキスト通りにこなしさえすれば誰でも決った結果が得られる内容で、実験内容の中に実験者のアイデア等の考えを入れる余地は殆ど有りません。
 ところで修士課程での実験は、テーマは担当教授から与えられる物のそれをこなす為の実験方法等は自分自身で考えなければなりません。叉学部の頃の授業の実験と違って色々な実験器具を使う事になりますから実験器具の扱いにも慣れる事になります。企業が研究職として求めている研究者は、ある程度実験に慣れ実験器具に慣れている人です。ですから、薬剤師の資格がなくても実験方法を自分で考えられ実験器具に慣れている人を募集する事になります。ですから最低募集条件が、殆ど大学院修士卒と言う事になります。

 以上よりお解りになったと思いますが、今現在の希望である研究職に就くと言う事を考えると4年で学部を卒業出来る学部に入学して修士課程に進学される事が良いと思います。
 しかし、実際に薬学部に入学し色々な事を学ぶ課程で薬剤師の資格が必要と考える様になるかもしれませんね。そうなった段階で資格取得と言う事を考えられても良いのではないでしょうか。4年で卒業出来る学科の学部に入学し、大学院修士課程を卒業後足らない単位を取得すれば要するに7年で薬剤師国家試験受験資格を得る事が可能ですから・・・・。

 大学にはご存知の通り私立大学と国立大学がありますよね。薬学部の場合は、概ね私大は薬剤師資格取得を目的・国立大学は研究者育成と言う棲み分けがあります。特に旧帝大は研究者育成と言う色が濃いですから、もし本当に研究者になりたいのであれば、国立大学(出来れば旧帝大)の進学が良いと思います。だからと言って国立大学で4年で学部を卒業出来る学科に進学されても薬剤師国家試験受験資格を取得する道はありますから、進学後資格をどうするか考えられたら良いのではないでしょうか。

 色々書きましたが、何かの参考になれば幸いです。頑張って下さい。

 kojimasennseiさん こんばんは

 大学は修士卒で薬局を経営している薬剤師です。

 研究職と言っても大まかに2種類有ります。1つは自分がメインで色々な事を考えて研究する仕事、もう1つは自分がメインで考える仕事をしている方の下準備をするだけ(例えば必要な研究機材をセットしたり、実験後の器具の清掃等を専門にする仕事等)です。多分、kojimasennseiさんは前者の仕事内容を考えているんだろうと想像します。

 4年で卒業出来る学科であろうが6年で卒業する学科で有ろうが、薬学部に進学...続きを読む

Q薬学部6年制と4年制どっちを選ぶべきか

薬学部進学希望の高校2年生です。
将来は薬関係の研究職に尽きたいと思っています。
学科を選ぶ上でいくつか疑問が出てきたので教えてください。

・研究職希望だと6年制ではなく4年制に行くべきか
・6年制でも研究職につくのは可能か
・6年制で卒業した場合 就職活動では修士としてあつかわれるのか

親には免許は取っておいたほうがいいといわれているので
いま どっちに行くべきなのかすごく迷っています。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

旧帝薬院卒、大手製薬の研究職の者です。アドバイスを。

>6年制でも研究職につくのは可能か
可能です。どこの学部に行ったか程度で研究者になれるなれないが
決定してしまうわけではありません。あなたの実力と気持ち次第です。

大学の教員は、学生を長く研究室に拘束して、
労働力として使いたいので、4年制でないと研究者になれない、
と勧めてくるかもしれませんが、嘘っぱちです。騙されないように。

6年制へ行ったからといって研究職になれない訳ではありませんし、
4年制へ行ったからといって研究職が保証去れている訳でもないです。
製薬の研究職は旧帝大の薬学でも大変苦戦する狭き門です。
もし4年制に行って内定もらえなかったらどうするんですか?
私の周りでも1社も決まらずなかった無内定は沢山いますよ。

>研究職希望だと6年制ではなく4年制に行くべきか

6年制の方がいいです。免許が取れない薬学部は理学部と同じです。

>6年制で卒業した場合 就職活動では修士としてあつかわれるのか

厳密には学部卒なので学士です。
ただし6年制の学部卒は、基本的には修士卒扱いされます。
例えば大学院に進学する場合、修士課程ではなく博士課程からです。
もう修士課程はクリアしたものと見なされるんですね。
(6年間の大学教育を受けた、という年数が大事なのです)

また、企業の就職に際しても、修士卒が要件になっているところは、
6年制の学部卒なら応募することに問題はありません。
現に製薬研究職でも獣医学部卒(獣医は6年制です)の方が、
修士扱いで入社して、たくさんいらっしゃいますよ。

旧帝薬院卒、大手製薬の研究職の者です。アドバイスを。

>6年制でも研究職につくのは可能か
可能です。どこの学部に行ったか程度で研究者になれるなれないが
決定してしまうわけではありません。あなたの実力と気持ち次第です。

大学の教員は、学生を長く研究室に拘束して、
労働力として使いたいので、4年制でないと研究者になれない、
と勧めてくるかもしれませんが、嘘っぱちです。騙されないように。

6年制へ行ったからといって研究職になれない訳ではありませんし、
4年制へ行ったからとい...続きを読む

Q薬学部で、研究の道を目指す場合、4年制or6年制??

今国立薬学部を目指している高校3年生です。将来は製薬関係をしたいと思っています。そこで質問があります。4年制と6年制の事についてです。研究者を育てるための課程として4年生が残されるようですが、4年制に行ったとして国家試験を取るにはどうすればいいのでしょうか??大学院に行って単位を取れば受験資格を取れるというのを聞いたんですが、具体的な話を聞かせてください。そもそも、製薬をしたいものはどちらの課程に進むのがいいのでしょうか??

Aベストアンサー

こんにちは。
まず、現在の旧帝大等のレベルの高い薬学部では、薬剤師免許などは歯牙にもかけていないということをご理解ください。
そして、旧帝出身が多い製薬企業も薬剤師免許なんてものは研究にはむしろ邪魔であるという雰囲気すらあります。
研究に必要のないものには興味がないんですね。
その上で、6年制というのは、本来は研究に費やすべきかなりの時間を薬剤師教育にかけているわけですから、当然、研究のレベルは下がるでしょう。つまり、六年制の薬学部を出たという人は製薬企業に相手にされない可能性が非常に高いわけです。
ですから、6年制を出た人が研究職につこうと思えば、これはもう、さらに大学院に行かなければ話にならないということが想像がつきます。
ちなみに開発職は今のところまったく想像がつきませんね…。

一方で、四年制では、一般的には二年間の大学院にプラスして一年間の薬剤師実習を受けたものには免許の受験資格を与えるという可能性が今、一番高いでしょうね…。しかし、一度、研究職・大学から離れますと製薬企業の研究職につけることはまずないといって過言ではないでしょう…。
つまり、四年制では、研究職につこうと思えば、薬剤師免許はあきらめざるを得ないのではないでしょうか。

整理しますと、研究職を目指すばあい、四年制の薬学部は、免許をあきらめざるを得ない。で、修士・あるいは博士号を取って就職する。これはつまり、薬学部であるメリットというのはまったくないということですね。
六年生ですと、免許はとれますが博士号をとっていないと無理。

ということになります…。

ちなみに、製薬企業での研究というのはほとんどの場合、途中で引退せざるを得ません。ずっと続けられるのは一握りなんですね。かなりの人は開発職等の他の部署にまわされるか、違う職業につきます。
まわされる部署によっては、年齢が高くては順応することは難しく、会社を辞めざるを得ないこともあるでしょう…。
こういった場合で薬剤師免許というのは、とりあえずの生活ができるという面では心強いというのは事実です。
ただ、そういった考えをしている人が薬学部に多いということを感じ取っていることが、製薬企業が薬剤師免許の所持というものをあまり快く思っていない原因かもしれません。

どっちがいいかというのは…。
まぁ卒業生が出て、何年かたってみないとわかりませんが、研究職しか考えていないというなら六年制にはデメリットしかないですね…。実際のデメリットプラス、雰囲気的な差別があるんじゃないかと想像します。
第一志望は研究職でなおかつ薬剤師免許も欲しいというなら六年制に行くしかないとは思いますが。

こんにちは。
まず、現在の旧帝大等のレベルの高い薬学部では、薬剤師免許などは歯牙にもかけていないということをご理解ください。
そして、旧帝出身が多い製薬企業も薬剤師免許なんてものは研究にはむしろ邪魔であるという雰囲気すらあります。
研究に必要のないものには興味がないんですね。
その上で、6年制というのは、本来は研究に費やすべきかなりの時間を薬剤師教育にかけているわけですから、当然、研究のレベルは下がるでしょう。つまり、六年制の薬学部を出たという人は製薬企業に相手にされない...続きを読む

Q薬学部の4年制と6年制は同じことをやるんですか?

薬学部への進学を考えている高校3年です。

将来は研究に興味があるので4年制に進もうと思っているんですが、
進路指導の先生から
「6年制も4年制もやることは同じ。6年制は4年制の授業に実習などが入っただけだ。
入るなら6年制にしたほうがいい。」
と言われました。

Q1)本当にそういうものなのでしょうか?

Q2)将来企業や研究所などで創薬にかかわりたいのであれば、どちらの道を進んだほうがいいのでしょうか?


今は薬剤師と言う資格をあまり欲しいと思っていません。
どっちがいいのかよくわからないので一括募集の千葉大を目指しています。
4年制と決めた場合は大学院行こうと思っています

同じような質問がいくつかありましたが
それらを読んでもよくわからなかったため
質問させていただきます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Q1への回答としては、間違いです。薬剤師は製薬メーカーには必須の人材ですが数は多くいらないので、就職の際に薬剤師の資格が決め手になることはまず無いでしょう。

カリキュラムとしては4年制も6年制も1~3年まではほぼ同じ講義を受けます。
一応、選択科目などで4年制は有機化学などの基礎系、6年制は薬物治療学などの医療系を多く取得しなければならないなどの違いはありますが、同じ内容の講義を受けると考えていいと思います。

しかし、4年になり研究室に配属されると4年制は従来の理系の多くと同じで卒業研究を行います。
卒業すると、薬科学とかいう学位がもらえます。(旧薬学部の薬学の学位とは違います)
卒業後は院に進学し、メーカーなどの企業に就職と言うのが一般的です。

一方、6年制は一応は4年生から卒業研究を行いますが、5年生時の実習に向けての講義、実習が多くあり研究に避ける時間はかなり少なくなります。5年生では長期実習で研究をする暇は無いと考えていいでしょう。
6年生になりやっと研究に集中できるかと思いきや、国家試験に向けての勉強がありますので1年間を研究に当てることはまず無理です。

旧薬学部のカリキュラム(4年間で薬剤師になれる)では、薬剤師になりつつ院に行き研究をしっかりとして製薬メーカーなどに就職といったケースも多くありました。実際、私もそのケースでした。

しかし、現在の薬学部のカリキュラムでは薬剤師になりつつ、企業の求めるレベルで研究を行うというのははっきりいって無理です。(博士課程までいくなら話は別)
よって、薬剤師になるのが目的で無いならば4年制にいき、院へ進学が良いとおもいます。同じ6年間を過ごしたのでも、4年制→院と薬学部6年制の6年間では研究者としての経験値に大きな差が生まれます。
4年制=研究者の養成、6年制=薬剤師の養成と考えてよいです。
あと、大学院も出来るだけ有名な大学(旧帝大レベル)に行かなくては大手製薬の研究職はなかなか難しいでしょう。

Q1への回答としては、間違いです。薬剤師は製薬メーカーには必須の人材ですが数は多くいらないので、就職の際に薬剤師の資格が決め手になることはまず無いでしょう。

カリキュラムとしては4年制も6年制も1~3年まではほぼ同じ講義を受けます。
一応、選択科目などで4年制は有機化学などの基礎系、6年制は薬物治療学などの医療系を多く取得しなければならないなどの違いはありますが、同じ内容の講義を受けると考えていいと思います。

しかし、4年になり研究室に配属されると4年制は従来の理系の多くと同じで...続きを読む

Q薬学4年制?6年制?

はじめまして。今高2の男子です。
将来薬の研究をしたいと思っているのですが薬学部の4年制か6年制かで迷っています。
研究者を目指すならやはり4年制のほうがいいのでしょうか?
それと化学科でも薬の研究はできると聞いたのですが本当でしょうか?

Aベストアンサー

化学科でも薬品会社に就職はできますが、技術営業(プロパー)だけでしょう。研究には生物学、生化学、薬学等の専門知識がないと厳しいと思います。4年制でも6年制でも構いませんが、研究一筋なら4年制から修士を経て就職した方が良いでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報