今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

経営指標で使われている、労働生産性や労働分配率の計算で出てくる
付加価値についてですが、

労働生産性=付加価値÷従業員数
労働分配率=人件費÷付加価値

という計算で出てくる「付加価値」は、CVP分析で使用する
売上高-変動費=限界利益と同じ扱いで正しいのでしょうか?
付加価値の定義としては、製造業の場合
付加価値=売上高-(材料費+外注加工賃)となりますが、これはすなわち限界利益を求める計算式と同じだと思うのですが。

よくCVP分析の問題で損益分岐点を問う問題があり、その際限界利益を求めますが、そのような問題で従業員数も明示されていて、労働生産性を求めよ、という場合は
労働生産性=限界利益÷従業員数で求めてしまっても間違いではないのでしょうか(こんな問題はみたことないので、仮定の話ですが)。

非常に基本的なことですが、お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

付加価値について


>売上高-変動費=限界利益と同じ扱いで正しいのでしょうか?
>付加価値の定義としては、製造業の場合
>付加価値=売上高-(材料費+外注加工賃)となりますが、これはす>なわち限界利益を求める計算式と同じだと思うのですが。

 違います。
 変動費には、時間外費用や臨時で人を雇うなどすれば、労務費も含まれます。
 また、機種毎の付加価値を言う場合は、変動費に人件費(直接人員)そのものも入ってきます(稼働状況により人の異動ができる)。
 付加価値は、社内(給与やボーナスなどはこちら)に落ちるお金のこと、ざくっと言うと売上高ー社外費(外部への支払い)になります。
 
 
 

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
非常に良くわかりました。

お礼日時:2007/10/01 20:30

付加価値=売上高-直接原価(変動費ではなくて)



変動費は在庫の増減が影響します。増えれば変動費減、減れば増。これではキャッシュフローと連動しません。

直接原価は売上に対して発生する外部への支払を指しますので、無駄に在庫を増やせばそのまま影響します。売上から直接原価を差し引いた付加価値(troughput)が全ての会社経費の「源泉」であります。 変動費に含まれる手数料や運搬費などの経費もそこから捻出されるものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
付加価値について良く理解できました。

お礼日時:2007/10/01 20:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q付加価値と加工高の違い

付加価値と加工高はどう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

付加価値は、生産高から外部購入価値を差し引いたものです。外部購入価値には、原材料、副資材、消耗品、販売運賃などのほかに機械設備などの製品に転化される減価償却費があります。中小企業庁の経営指標では、生産高から原材料費、外注加工費のような外部購入価値を除いたもの(減価償却費は付加価値とみている)を加工高(粗付加価値)として、これを使って労働分配率を算出しています、とつぎの場所には書いてあります。

どうも粗付加価値の別名のようですね。ただ、粗付加価値は厳密には,付加価値ではありません。

参考URL:http://www.hsc.or.jp/onepoint/z04.htm

Q一般に言う「生産高」とは? 計算方法を教えて下さい。

「生産高」とは、ある期間に、会社が生産をした量(ボリューム)を
金額に換算した量だと言うことはわかるのですが、具体的に、どういう
計算方法で求めるのが正しいのでしょうか?
 ○販売高+期末製品在庫-期首製品在庫
  →この計算では、製品を完成させた量の金額が計算できます
 ○販売高+期末製品在庫-期首製品在庫+期末仕掛品-期首仕掛品
  →この計算では、製品を完成させた量というよりは、製造途中の
   製品も生産高に反映される事になると思います。製造途中の
   ものも生産活動の結果ですので、ある意味生産高に反映される
   べきだとも思うのですが、どうなんでしょうか?

この辺りの計算について、詳しい方がおられましたら、ご教授いただ
けると有り難いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

製品アイテムを原単位として原価計算させれば生産高を金額表示できるのは理論としては可能です。しかし、実際は受注生産だと同品種でもワンロットの内数が違うこともありますし、見込み生産でも稼動日数によって製品原価がぶれますし、歩留まりの問題もあります。人員数による場合とか作業者個人の出来高の個人差や、賃率も加給賃率とミックスされているケースもあります。
という理由から原価で表現するよりも売価で表現するほうが、金額決めについて管理しやすいので無難に思われます。ただ、学問としては生産高は原価で表示するのが原則となっています。
売価で表示する場合は完成品も売価、仕掛品も売価X進捗率で表示できます。ただし、この種の計算については一般的なものは存在しないと思いますよ。

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q付加価値生産性てなんですか?

今度のテストで「付加価値生産性とは何か」が出るんですけど
いまいち良くわからないので誰か教えてください。

Aベストアンサー

付加価値生産性とは付加価値を従業員数で割って算出するもので、労働生産性とも呼ばれています。

付加価値とは純生産高の別名であり、次の式で求めます。
付加価値=総生産高ー前給付費用
    =売上高+仕掛品増加+製品増加ー前給付費用
これは、控除法と呼ばれる付加価値の算出方法です。付加価値には、もう一つ加算法と呼ばれる算出方法があります。加算法では、次のようにして付加価値を計算します。
付加価値=純利益+人件費+金融費用+賃借料+税金
これらに減価償却費を加えたものをとくに粗付加価値と呼びます。これに対して上の式で算出される付加価値を純付加価値と呼びます。

いずれかの方法で算出した付加価値を期首期末平均従業員数で割ったのが、労働生産性とか付加価値生産性と呼ばれる指標です。労働生産性は、売上高を介在させることにより、売上高付加価値率と従業員一人あたりの売上高に分析することができます。また加算法のそれぞれの要素を付加価値で割って分配率を求めることができます。このうち人件費を付加価値で割った比率を労働分配率と呼びます。

Q未払金と未払費用の違いについて。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の購入費用。
会計原則では、「継続的な役務提供を受ける場合、期末までに提供済みの部分について未払いのもの」となっていますが、実務では、費用の未払い分と理解してして簡易処理する場合があります。

各々の定義は以上の様になっていますが、未払金の説明にある
>会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。
という文がある為に混乱しています。

「費用になるもの」も未払金になるのであれば、未払費用とはどうやって区別すればいいのでしょうか。
未払金と未払費用の正しい分別の仕方を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の...続きを読む

Aベストアンサー

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてください。

>例えば、給料を考えてみましょう。
>毎月20日締めの翌月10日払いとします。
>当月21日~末日までの給料は未払費用となり、
>前月21日~当月20日までの給料は未払金となります。
>なぜなら、この例でいえば、契約上、毎月21日~翌20日までの役務の提供をもって完了すると考えられるので、
>月末における翌月10日に支払う給料は未払金として処理され、
>当月21日~末日までの給料は、月末時点では、当該契約から判断して、
>役務の提供がすべて完了していないので未払費用として処理されることになります。

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてくださ...続きを読む

Q経常利益増加率⇒マイナス÷マイナスは?

経営分析を始めてやっています。
経常利益増加率の計算方法は、何処にでも載っているのですが・・・
経常利益増加率=(今期経常利益-前期経常利益)÷前期経常利益×100で求められます。
例えば、前年の経常利益が-4,500,000で今期の経常利益が-5,500,000だったら、マイナスとマイナスの割算が、いきなり分からなくなってしまいました。この数字の計算式と指標の仕方を教えて下さい。

Aベストアンサー

No.2です。「補足」ありがとうございました。

端数処理や前期0の場合などの細かい話は除くと、計算式は要するに「増減額÷前期の絶対値」になります。「%」だと当然100倍しますよね。

●前期-24,000,000
 今期-54,000,000
であれば、増減額は「-30,000,000」ですよね。これを前期の絶対値である「24,000,000」で割るわけです。ですので答えは「-125.0%」です。

●前期-65,000,000
 今期-34,000,000
であれば、増減額はプラスの「31,000,000」ですので、前期の絶対値である「65,000,000」で割ると、答えは「47.6%」です。

●指標の表記の仕方
「表記の仕方」という意味がちょっとよく分かりませんが、「今期の経常利益は▲34,000千円と赤字は継続しているものの、赤字額は前期から31,000千円減少(47.7%減)し、回復基調にある」という感じでしょうか?

赤字がからむ場合、文章上で不用意に増減率を用いると誤解を生じることがあるので注意が必要です。この例文では(47.7減)としましたが、なぜ「減」なのかというと、主語が「赤字額」だからです(47.6ではなく47.7というのは四捨五入の関係です)。

「分母の前期を絶対値」とする増減率は、「比較財務諸表」においては有効だと思います。

No.2です。「補足」ありがとうございました。

端数処理や前期0の場合などの細かい話は除くと、計算式は要するに「増減額÷前期の絶対値」になります。「%」だと当然100倍しますよね。

●前期-24,000,000
 今期-54,000,000
であれば、増減額は「-30,000,000」ですよね。これを前期の絶対値である「24,000,000」で割るわけです。ですので答えは「-125.0%」です。

●前期-65,000,000
 今期-34,000,000
であれば、増減額はプラスの「31,000,000」ですので、前期の絶対値である「65,000,000」で割ると、...続きを読む

Q付加価値額と粗付加価値額の違い

市場規模について調べているのですが、GDP=各産業の付加価値額の総和となると思うのですが、この認識は正しいのでしょうか?よくいう産業の市場規模というものの総和はGDPと一致しませんよね?更に付加価値額と粗付加価値額の違いは何でしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

付加価値額とは、最終的に消費される段階での額(産出額)から、その原材料として投入したものの額(中間投入額)をひいたものをいいます。例えばケーキ屋さんが材料として小麦粉やバターなどを500円で購入して1200円のケーキを作ったなら、1200円-500円=700円が付加価値額です。

粗付加価値額とは、減価償却費を含む付加価値(生産活動によって新たに生み出される価値)の総額をいう。

Q短期借入金と長期借入金の違いについて

経理初心者です。短期借入金と長期借入金の違いについて質問したい
のですが、社長が自らの給与を毎月『短期借入金』として一部会社に
貸し付けています。おそらく運転資金の目的だとは思いますが
(理由については詳しく聞いてないので、聞いてみます。)
今のところ返済している様子がありません。
私は今月から経理を任されているのですが社長からこれはおかしいですか?と質問されました。
あまり長く貸し付けていると『長期借入金』になってしまうと思うのですが
どうなのでしょうか?このまま期をまたがってしまうと問題でしょうか?
『短期借入金』が膨らんでしまうので心配です。
『短期借入金』と『長期借入金』の性質なども教えて頂けると
ありがたいのですが...。このような質問で恐縮ですが、よろしく
お願い致します。

Aベストアンサー

社長が自らの給与を毎月『短期借入金』として一部会社に
貸し付けています。おそらく運転資金の目的だとは思いますが

短期と長期の違いは1年を超えるかどうか(ワンイヤールール)ですが
借入には返済が伴うし、利息も伴います。返済どころか利息も取っていない
と粉飾決算になってしまうし、返済計画のない借入はありえないことです。
現象についての質問に対する答えを出すことはできますが、はっきりいって
自分の経験とか、ネットで検索して探すような無責任なやり方でしか出せません。というのも、これによってお金を貰っているわけではありませんから。
あなたの質問は、簿記検定の問題を質問するようなものでなく、現在の実務
上の問題を聞いています。税理士を頼んでいないようですが、こういう傾向のものついては、ぜひとも専門家に金銭を支払って聞くべき問題だと思われますので税理士、会計士を頼むことを検討するほうが先決ではないでしょうか。

Q財務分析の質問です。付加価値の計算

財務分析の勉強をしています。
付加価値を計算したいのですが、有価証券報告書の記載からは、読み取れない物があり、困っています。
付加価値の定義は、営業利益+減価償却費+賃借料+人件費+支払特許料+租税公課だと理解していますが、
有価証券報告書内の連結財務諸表には、賃借料や租税公課などの勘定項目がありません。
(単独財務諸表にはあるのですが、、、)
一般管理費に含まれているのかもしれませんが、どこから読み解けばよいのか教えてください。
もし具体的な数字が読み解けない場合、なにか代用できる数値や計算法などはありますか?

Aベストアンサー

付加価値の計算式はこればかりでなく、例えばその項目中で営業利益でなく経常利益、それに金融利息(支払利息ー受取利息)を加えたものとか売上高ー外部購入価値(材料とかの仕入、外注加工、燃料費、電力料)などで計算するとかの方法があります。
要は、人、物、金を使ってもまだ利益の残る価値の高いものの意味になりますから、単に売上総利益率の高いもの、粗利額の高いものと考えることもできます。

Q未処分利益と当期純利益はどう違うのでしょうか

未処分利益と当期純利益ってやはり違うのでしょうか?イマイチよくわかってません。詳しい方がおられましたら、教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

当期純利益はその名のとおり当期に得た利益だけをいいます。
そして未処分利益は、まだ処分してない(使い道を決めていない)利益のことです。
すなわち当期純利益と、前期に使っていない利益(=繰越利益)、積立金の取り崩し額など、当期、前期関係なしに
利益となりえるものを全部当期純利益に足したものが未処分利益となります。
そして、当期未処分利益のうち、株主総会などでその使い道を決め
使い残ったものもまた未処分利益(=繰越利益)となります。

理解していただけましたか?


人気Q&Aランキング