位置情報で子どもの居場所をお知らせ

9月にアメリカを旅行中にレンタカーで高速道路で車線変更をしようとしてトラックと衝突事故を起こしてしまい、救急車で病院まで運ばれてしまいました。衝突した瞬間から全く覚えていないのですが、警察は私が100パ-セント悪いと言いました。病院でレントゲンを撮り、手が骨折していたので手術を勧められましたが私は海外保険に何も加入しておらず、その場合費用が100万円ほどかかると聞き、払えない事を伝えると帰国するように勧められました。了解してその日は1泊して帰るように言われたので、同意し簡単な消毒と点滴、食事をもらい、MRIなどを行い翌日に退院しました。その後帰国したのですが、レントゲン代(RADIOLOGY BILLING OFFICE)、1160ドルと病院側から6500ドルの請求書が届き驚いています。アメリカは日本より医療費が非常に高いという事を今回知りましたが、これは正当な金額なのでしょうか?レントゲン代が1200ドルほどなのは理解できるのですが、手術を断って1泊、簡単な処置を受けただけで6500ドルもの入院費用がかかるものなのでしょうか?病院側からの請求書には明細がなく金額のみの請求書が届いています。何か少しでも負担が軽くなる手立てはないでしょうか?また、私は事故を起こしたときにレンタカーは、ほぼ全損するほどの大事故でしたがエアバックは作動しませんでした。その事により骨折をしたとレンタカー会社に請求することはできないのでしょうか?長文ですが何方かアドバイスを下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

日本で、一泊入院でMRI、レントゲン、簡単な処置等を行った際、


点数の何倍で請求するかにもよりますが、10~30万くらいかな?
アメリカの医療費は感覚的に日本の10倍くらいと考えて3000ドル
くらいが相場のような気もしますので、ちょっと高いかな? 
アメリカの救急病院は未回収率が高いので、高めに請求して回収できる
ところから回収するという方式になっています。 
弁護士費用も馬鹿になりませんので、英語が達者な方に払いたいのだけれど、
全額はどうしても無理だといって、減額の余地があるか交渉してみるべき
だと思います。 (まあ、海外まで追っかけてくるかどうかはわかりませんが、
解決しておいたほうが良い問題と考えます。)
    • good
    • 0

こんにちは。


レンタカーを借りる時に自動車保険がついていたと思うのですが、それはどういう内容だったでしょうか?
例えば、最低の保証であれば、日本で言う「自賠責」程度の補償はあると思うのですが。ただ、この自賠責程度の保険では、運転者の自己責任である事故の傷害に保険金がでるかどうかは定かでありません。
余分な保険をかけている場合があれば、「運転手の自己責任による自身の傷害」にも補償が出る場合もあります。
ところで、レンタカー全損だそうですが、その費用はどうされたのですか?ドライバーの自己責任による事故では、車の費用も請求される場合もあります。どちらかということこちらの方が、額が大きい気がしますが?

一度、レンタカー会社に電話して、確認だけでもされれば・・・と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。レンタカーは借りる際に対人、対物は自動的に加入する形でしたので、レンタカーに関しての費用はほぼカバーできました。病院での費用はレンタカーの最低限の保険ではカバーできないようです・・。

お礼日時:2007/10/18 22:15

うわひどいですね アメリカには日本のような


国民皆保険がないので残念ながらアメリカの医療は
そういうものです 

以前小林至氏(元千葉ロッテマリーンズ)がアメリカで
子供の診察にいったらぼったくり請求の山で弁護士に対応
してもらったたといっていた気がします
医療施設でもかなりの不正請求をする場合があるそうです
とりあえずぼったくり請求ならば弁護士に対応してもらいしか
ないですがそこでまたチャージが発生するので織り込んどいてください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。弁護士対応となると初めての事だし大変でしょうね。日本人の弁護士に依頼するのでしょうか、負担がトータルで減ってくれたらいいんですが・・・。気が滅入ってきました。検討してみます、ありがとうございました!!

お礼日時:2007/10/17 00:30

たいへんな目に遭いましたね。

心中お察しします。

さて、車のエアバッグは正面からの衝突による衝撃で作動するようになっています。正面衝突、または追突でしたか? 
車が明らかに整備不良だったのであれば、交渉のしようはあると思いますが、それを立証しなければなりません。あなたは帰国されていますので、弁護士を雇って調査するしかないですね。

事故の態様がわかりませんので、なんともいえませんが、当方の過失100%かどうかは、これも弁護士が調べないと、なんともなりません。

病院の治療費ですが、妥当な金額だと思います。日本の病院でも健康保険無しの自費診療だとそうなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。エアバッグは正面からでないと作動しないんですね。私は車線変更をしようと右車線に踏み出し、そこをトラックが避け切れず?にぶつかったんだと思います。横殴りの感じなのでエアバッグは作動しなかったんでしょうか。分かりました。日本の国民健康保険は加入しているのですが、日本でも自費だとそれぐらいなんですか・・。回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/16 23:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q米での交通事故の補償請求について

運悪く、アメリカ滞在中に交通事故にあってしまいました。
こちらが歩行でしたので、運転者の保険会社が補償してくれると思うのですが、初めての経験ですのでアドバイス下さい。

・請求先は、相手の保険会社に直接電話かメールすればよいのでしょうか?それとも、運転手でしょうか?
・請求は早いほうが良いのでしょうか(事故後数日以内)?あるいは、後遺症を確認してから(事故後数ヶ月後)の方が良いのでしょうか?
・日本ですと、治療費、通院交通費、損害携行品、休業損害、後遺症補償、苦痛に対する慰謝料が請求できると思いますが、アメリカでも同じでしょうか?アメリカ保険会社は慰謝料は払わなく、とりたいなら、弁護士使って裁判しないと、と言う人もいるのですが、本当でしょうか?
慰謝料を払う場合は、相場は日本と同程度(4200円/日)でしょうか?
・弁護士を使う場合は、弁護士費用が補償費よりかかってはしょうもないのですが、弁護士費用は補償費に含まれるものでしょうか?
(つまり、裁判で、私の損害が1万ドルで1万ドル補償となった場合に、相手の保険会社は1万ドル+弁護士費用を出してくれるのでしょうか)

申し訳ございませんが、分かる点だけでもよろしくお願いします。

運悪く、アメリカ滞在中に交通事故にあってしまいました。
こちらが歩行でしたので、運転者の保険会社が補償してくれると思うのですが、初めての経験ですのでアドバイス下さい。

・請求先は、相手の保険会社に直接電話かメールすればよいのでしょうか?それとも、運転手でしょうか?
・請求は早いほうが良いのでしょうか(事故後数日以内)?あるいは、後遺症を確認してから(事故後数ヶ月後)の方が良いのでしょうか?
・日本ですと、治療費、通院交通費、損害携行品、休業損害、後遺症補償、苦痛に対する...続きを読む

Aベストアンサー

基本的には弁護士マターです。
弁護士も、米国の仕事ができる弁護士ですね。日本の弁護士では
ダメです(訴訟のやり方が全く異なるため)。

交通事故の請求の仕方も日本とは全く異なります。
おおよそではありますが、少しあてただけの事故でも、米国では
数百万円の請求は、基本です(ちなみに日本では数十万円だけ)。
その中から弁護士費用を支払うことになりますが、保険会社から
とれる金額が桁違いに多いため、多めの弁護士費用を支払っても、
十分、おつりがきます。

ただこれは弁護士を使ったときの話で、自分でした場合は、ある
意味、必要最小限度の費用になります。めがねの弁償なんて、
保険会社にとってみればそれで済めば御の字みたいなものです。

Qアメリカから日本に電話する時の国番号は?

アメリカから日本へ電話をかける時、日本の番号は何番でしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

No1です。
国番号は81ですが、国際電話識別番号011を忘れていました。

011-81-3-1234-5678
という具合です。

Q海外で交通事故に遭った場合

クレジットカードの海外保険のみで海外(主にアジア)へ遊びに行くことがよくあります。

海外で道を歩いていて、車にはねられて意識を失うほどの大怪我を負ったとします。
この治療費として、150万円かかるとします。
クレジットカードの海外保険があったとしても、とりあえず立て替え払いする必要があるわけですが
現金では20万円ほどしかもっておらず、クレジットも毎月50万円ほどの制限をかけているため、
一括払いすることができません。
こういう時は現地の医療機関が気を利かせて分割払いにしてくれたりするのでしょうか?

以前、仕事で海外に行った際、強制で海外保険に入らされたのですが、
そのとき旅行代理店の人に
「保険の証明書を常に財布の中に入れておいてください。
もし事故に遭ったときに、その証明書があれば、治療費を支払える身分であることが分かるため、
医療機関に連れて行ってもらえます。」
という説明を受けました。
これはつまり、クレジットカードの保険の場合には証明書のようなものがないため
事故に遭ったとしてもほっておかれるということなのでしょうか?

Aベストアンサー

>こういう時は現地の医療機関が気を利かせて分割払いにしてくれたりするのでしょうか?

甘いです。
そんなことやってくれるのは日本くらいです。
海外の多くの医療機関は、持ち物のクレジットカードで本人と確認できれば、真っ先にクレジットカードの与信を確認し、その範囲までの治療しか行いません。
保険がかかっていればその保険会社に確認します。

お金が払えない人は、病院にとっては客(患者)ではありません。
カードもカード会社に確認すれば、保険のあるなし限度額は教えますからね。

ただ、カード付帯の海外旅行保険の補償額は、特に無料や安い年会費のものは、その保証額が非常に低く、役に立たない程度と言う事があります。
200万の治療の保険は大きく感じるでしょうが、足を骨折したら、手術費、入院費を考えれば足りませんからね。
外国語が話せる医師がいる病院となれば、結構な高いところしかありません。
風邪で治療を受けに行っても、3~5万は覚悟が必要ですし、手術になったら3~500万位は用意できないと難しいでしょうね。
日本は健康保険があるために、個人の支払いは3割しかありません。ですから、海外での金額を聞けば高く感じるかもしれませんが、健康保険はその場で適用できませんから、とても高いと言う事を覚えておかれたほうが良いと思います。

また、親族等の呼び寄せ費用も、大抵足りないでしょう。
緊急で来てもらう人に、1週間等先に出発で、3日から1週間しか滞在できない格安航空券で来れるわけがありませんからね。

通常の海外旅行保険の保険金額などを参考にして考えられるとよいかと思いますよ。
特に年会費無料、安い年会費のカードに付帯されている保険がしょぼいのがわかります。

>こういう時は現地の医療機関が気を利かせて分割払いにしてくれたりするのでしょうか?

甘いです。
そんなことやってくれるのは日本くらいです。
海外の多くの医療機関は、持ち物のクレジットカードで本人と確認できれば、真っ先にクレジットカードの与信を確認し、その範囲までの治療しか行いません。
保険がかかっていればその保険会社に確認します。

お金が払えない人は、病院にとっては客(患者)ではありません。
カードもカード会社に確認すれば、保険のあるなし限度額は教えますからね。

ただ、カード付...続きを読む


人気Q&Aランキング