あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

店ののぼりが強風で倒れて、車に傷をつけてしまったようです。修理代金を請求されたのですが、高額なのと、保険会社に入っているにもかかわらず、保険会社通すと来年の保険金額が高くなるから保険会社には連絡しないとのこと。なんだか納得できません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

これはあなたが一方的に悪いかどうか、その状況次第だと思います。

弁護士等に相談したほうが良いと思います。

天気の悪い日にのぼりを出しておくのもどうかと思いますが、のぼりが強風で倒れることもドライバーであれば容易に想像できることですからね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

そうですね。その日は定休日といえど、天気の悪い日にのぼりをだしておいた事反省します。状況をきちんと把握するためにも弁護士に相談してみます。

お礼日時:2013/07/30 20:10

もし相手が、車両保険の加入していなかったら


どうしていたのですか。

相手が保険の加入・非加入で
あなたの相手に対する対応を、変えるのですか?

お店ののぼりの管理が不十分で
強風時、のぼりを撤去するなのどの
対応をしていれば、このようなトラブルが
起きなかった。と、相手側が訴えたらどうしますか。
相手の要望は、全く非はないと思います。

もし、風で倒れたのぼりで、
ケガをするような事態だったら・・・。です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

こちらに非があるのは十分承知です。しかし、定休日であったので、その日は居合わすことができず、状況の詳細を確認することができなかったので、まずは、弁護士と相談してみることにします。

時間を割いて回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/07/30 22:23

>店ののぼりが強風で倒れて、車に傷をつけてしまったようです。



上りの設置者はあなたですか?
あなたであれば、あなたの責任で、賠償の義務を果たす必要があることでしょう。

>修理代金を請求されたのですが、高額なのと、保険会社に入っているにもかかわらず、保険会社通すと

金額の大小で賠償義務が変わることはないでしょう。
保険というのは、その車の所有者の任意保険の車両保険部分ですかね?
であれば、あなたがその保険を使うかどうかを求めるのは筋違いです。自動車保険というのは、契約者が負う賠償義務を果たす為が原則です。もちろん、あなたの責任部分についても、契約内容次第では保険から出るかもしれません。

>来年の保険金額が高くなるから保険会社には連絡しないとのこと。なんだか納得できません。

もしもその車の所有者の掛けている保険を使った場合、あくまでもあなたの賠償義務を建て替えたことにすぎませんので、保険会社が立て替えることにより、賠償請求の権利が保険会社に移ることとなり、保険会社から請求されることとなるでしょう。今は所有者と交渉できますが、保険会社は交渉を受けずに請求し、支払われなければ顧問弁護士などを使って裁判を起こしてくることでしょう。

あなたがお店の従業員で、店舗経営者から責任を問われているということであっても、経営者が書ける保険を経営者が使うかどうかは経営者の判断だけで済みます。あなたの責任が消えるわけではありません。
ただ、そのような場合には雇用責任や設置者という立場の義務が店舗に存在し、店舗からあなたが求められれば、対応する義務が生じるかもしれません。ただ、業務中の事故の責任すべてを負わされるというのはいきすぎであり、一部で済むことがほとんどでしょう。従業員の立場であれば、必要に応じて労働基準監督署や法律家へ相談されるべきでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

保険についてあまりにも無知だったので、参考にさせていただきます。

お礼日時:2013/07/30 21:02

のぼりを施工した業者に問題転換するっていう手は?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答感謝します。。ありがとうございます

お礼日時:2013/07/30 21:00

> 店ののぼりが強風で倒れて、車に傷をつけてしまったようです。


「ようです」と言う単語を使うということは、推測であり事実とは認めていないということになりますが?
ご質問者様(及びご質問者様の勤務先)としては先方のイチャモンと考えているのでしょうか?
争う意思が無いのであれば支払いに応じるのが筋です。

> 保険会社に入っているにもかかわらず、保険会社通すと来年の保険金額が高くなるから
> 保険会社には連絡しないとのこと。
何方が加入している如何なる保険なのかを明記していないので
1 被害者が加入している損害保険
 被害者側が事故の加入する保険を使わなければならない理由は御座いません。
 失礼ながら、仮にご質問者様にご家族がおり、何らかの事故に合われた場合、ご自身が加入している損保を利用した後の差額しか支払わないと加害者側がいったらどうお考えでしょうか?
2 ご質問者様の勤務先が加入している損害保険
 利用するかどうかは会社のしかるべき方の判断では?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答ありがとうございます。参考にします。

お礼日時:2013/07/30 20:19

相手が正解です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

相手が正解だとしても、状況を確認後弁護士と相談して支払が生じるならば支払っていきたいと思います。回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/07/30 20:17

>保険会社に入っているにもかかわらず、保険会社通すと来年の保険金額が高くなるから保険会社には連絡しないとのこと。



保険を使う使わないに関わらず「貴方のお店が損害を賠償しなければならない」のは変わりません。

それに「保険を使うかどうかは、加入者の自由」です。

本来、保険ってのは「損害を与えた人間がトンズラした」とか「損害を与えた人間が不明で請求できない」とか「自分でぶつけちゃった」など、損害を請求する相手が居なくなっちゃった時だけに使う物です。

保険が「保険」っていう名前になっているのは「請求相手が居なくなっちゃった時の保険」なのですから。

今回のように「請求相手が居て、相手が明白な場合」には「保険は不要」なのです。

「取れる相手から取る」が、民事での損害賠償の鉄則です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

保険ってのは「損害を与えた人間がトンズラした」とか「損害を与えた人間が不明で請求できない」とか「自分でぶつけちゃった」など、損害を請求する相手が居なくなっちゃった時だけに使う物です。
なるほど保険をあまりりかいしていなかったので、勉強になります。解答ありがとうございます。

お礼日時:2013/07/30 20:14

>保険会社通すと来年の保険金額が高くなるから保険会社には連絡しないとのこと



保険会社に連絡しないのは「連絡する必要がない」からなのでそれは納得できないといっても仕方ないです。

質問者さんが仮に車を後ろからぶつけられたとしましょう。この場合、過失はゼロなので相手が全額修理代を支払う必要があります。

でも相手が「あなたの保険で修理すれば私の懐は痛まないのでお願いします」と言われても納得できませんよね?

保険を使えば翌年から保険料が増加します。自分に責任がないのになぜ、翌年以降、高い保険料を支払う必要はないですよね。


また保険会社は「加入者の過失」がなければ動くことができません。

だから今回の件は被害者の過失がなく、全責任を質問者さんが負う事になります。

質問者さんが「賠償保険」に加入していないのであれば全額、負担することになります。

納得していなければ支払う必要はありませんが、被害者から小額訴訟を含めて訴えられる可能性が高いです。

金額を下げて欲しいといってもすでに正式な請求書が上がってきているはずです。

もし請求書がなく明らかに「上乗せしている」と思うのであれば請求書をきちんと見せてもらいましょう。

それを拒んでいるのであれば正規の修理金額に上乗せしていることも考えられます。

それについて納得できないのであれば相手が請求書を開示するまで支払いを拒否してもいいでしょうね。

慰謝料だ・・・と言ってきたらそれを支払う必要はないと思いますから慰謝料については別途、争ってもいいでしょう。


もし車の保険制度がわからないのであればお金はかかりますが弁護士に相談してみるのがいいでしょうね。

そうすれば修理費用については自分がすべての責任を負う必要があると納得できるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 確かに自分に責任がないのに、翌年以降、高い保険料を支払う必要はないですね。
私は保険に無知で勉強になります。そして、請求書をまだ確認させてもらっていなく請求金だけ請求されたので、きちんと確認して上乗せしていないか確認していこうと思います。そして弁護士に相談してみます。わかりやすい解説ありがとうございます。

お礼日時:2013/07/30 20:06

納得しないのは自由ですが、損害を受けたほーが保険を利用する必要はありませんから、請求どおり支払うしかありません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

店が定休日だったのとその現場に居合わせず、数日たってから連絡がきたのでその状況を詳しく把握できていないので、ちゃんと状況を確認し、弁護士さんと相談して支払う義務が発生すれば請求通り支払おうと思います。保険のことはまるで無知だったので勉強になりました。回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/07/30 19:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q強風で看板が車に当たった。しかし保険が出ない。

看板が先日(4~5日の温帯低気圧)の強風で破壊し、近くの乗用車を傷つけました。私はそんなことがあってもいいように対人対物保険を看板にかけていましたが、保険会社は災害にあたり保険適用外といわれました。私は風による万が一の事故のことを考えて保険をかけていたのに、この保険会社の回答は釈然としません。1ヵ月ほど前に看板の点検を行って(相次ぐ台風の到来で)、多少痛んでいたところを業者に修理させていました。保険会社の対応に釈然としません。どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

#2の言われるとおりだと思います。

損害賠償責任保険の支払の条件は「法律上の損害賠償責任は存在すること」です。

このケースでは予想外の強風による不可抗力で相談者さんに法律上の損害賠償責任は存在しない、というのが保険会社の見解なのでしょう。

損害賠償責任保険の支払をスムーズにするためには、保険会社への事故報告で、いかに自分に不注意・落ち度があったかを強調する必要があります。相談者さんのように、事前に点検して修理したと言ってしまうと、十分な注意義務を果たしたということで、ますます支払われにくくなってしまいます。

客観的状況から見ても、相談者さんには「法律上の損害賠償責任」は存在せず賠償の義務も無いように思われるので、その旨自動車の運転者に通告されては如何でしょうか?

それで自動車の運転者が納得しないのであれば、運転者から相談者さんに対して訴訟してもらうしかありません。もしそれで相談者さんが敗訴すれば、保険会社は損害賠償金だけではなく弁護士費用等も負担してくれます。

Q強風で看板が車に直撃

 12/5日午前5時ごろコンビニに止めておいた車(他人名義)にコンビニの隣にある焼く肉屋の看板が直撃しているとの電話で状況を知りました。
 4日からの強風で看板がはずれ車に当たったものとわかりました。
 看板はおそらく鉄板製で支柱につけられた木材に釘で固定してあったと思われます。
 当方としては修理費を焼肉屋に出してほしいと思っているのですがインターネットで調べてみると自然災害の時には責任は問われないと書いてありました。
 すべてがそうなのでしょうか?詳しい方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

災難でしたね・・・。
確かに、自然災害の場合は責任を問われないので
ご自分の車両保険を使って修理される方も多いです。
(ちなみに、物の飛来は据置き事故ですので来年も同じ等級です)
今回は焼肉屋さんの看板ですが
どこの家のかもわからない瓦が飛んできたとしたら
探し出して請求するのは不可能ですからね。
けど、焼肉屋さんがそういう保険に加入してる場合もありますので
一度交渉してみてもいいと思います。
特にお客商売のところは、それなりの対応をしてくれると聞いたこともありますよ。

Qお店ののぼりが倒れてきて車に傷がついた

昨日、近所のお店に買い物に行きました。
買い物をして車に戻ったところ、車のすぐ脇に
そのお店ののぼりが倒れていました。
夜なので回りも暗く、風雨も強かったので、
その場で車に傷がついていないかよく確認していませんでしたが、
今日の朝見てみると長さ30CM以上に渡って
縦に傷がついていました。
 運転席側の目立つ位置についていますので
明るいところで見ると絶対に見過ごすはずもなく
また自宅は車庫ですので夜にいたずらでつけられた
わけでもありませんので、昨夜に行ったお店ののぼりが
倒れた時についたものに間違いありません。
 車の修理費用はお店に請求できるのでしょうか?


 

Aベストアンサー

不運な出来事でしたね。心中お察しします。

貴方から考えてみれば、憤りもごもっともだと思います。
しかし、何の証拠も無いわけですよね?状況から推し量るに、これしか考えられないという
「当方の認識」
のみが、ほぼ唯一の根拠であり、他の何人をも納得させることの出来る物的な証拠は無いわけですよね?

今のままでは、たとえ裁判に持って出たとしても目的の達成は非常に難しいと思います。
車に接触したと思われる幟の部分の素材と、車の傷に残された組織の一致を証明するとか、逆に幟に付着しているであろう車の塗膜片を検証する、とか。。

たとえ事件が昼間の事で、傷がつく瞬間を目撃したとしても、物的な証拠が無い限り、相手に
「泣き落とし?」
で賠償を求めるしか、現実には方法が無いと思います。

・・・やり方次第でいくらでも目的は達成できるとは思いますが、社会的・法的には、ほぼ泣き寝入りするしか無いようです。

Q道路脇の『のぼり・旗』について

道路脇(車道と歩道の境)に店の宣伝用として『のぼり・旗』が立っていたりするのをよく目にします。
あれって、店の敷地内ではなく、公道を勝手に利用しているので、違法なんじゃないでしょうか?
また、古くて汚れた『のぼり』が風の影響で、そばを歩いている人に当たって服が汚れたり、倒れてきてケガをしたりしたら、店側に賠償請求できるのでしょうか?
法律に詳しい方、教えてください。
1.道路脇の『のぼり』は違法なのかどうか。
2.服が汚れたり、ケガをしたら賠償請求できるのかどうか。

Aベストアンサー

もちろん違法です。
そして服が汚れたり怪我した場合請求できますよ。

よく夜も通して出している所ありますよね。例えば台風などの時にその旗を出しておき万が一車などに倒れてきて傷を作った場合これも請求できますよ。

Q風で倒れた自転車と車が接触した場合について

先ほどあったことなんですが、私が仕事帰りに自転車でコンビニに立ち寄り、買い物を終えてコンビニを出たところ、強風で私の自転車が倒れ、その時に近くに駐車してあった車の後ろをかすめて車に自転車のタイヤのあとがついていました。車はへこんでいなかったのですが、塗装がほんの少しはがれていたのを見て車の持ち主はかなり怒っていて、私はすぐにすみませんと謝りました。弁償しろと言われたが、「風で倒れてしまったことなので弁償は出来ません、すみませんでした」と言ってその場を立ち去ろうとしたところ、車の持ち主は警察を呼ぶと言って連絡しました。
数分後警察官が来て事情を説明したところ、「風で倒れるかもしれないということは十分に考えられる。それに車にぶつけといて逃げようとする態度が許されん。これは危物破損になる。不満やったら刑事告訴するか」と言われました。
警察からもお前が悪いと一方的な言い方をされてあとは誤ることしか出来ませんでした。
それから持ち主と話し合いをした結果、塗装代として3万円で示談しました。悪気があってぶつけてしまった訳では全くなかったというのが一番あったので、悔しくて仕方ありませんでした。
こういったケースはやはり私が責任を取らなければならなかったのでしょうか?

先ほどあったことなんですが、私が仕事帰りに自転車でコンビニに立ち寄り、買い物を終えてコンビニを出たところ、強風で私の自転車が倒れ、その時に近くに駐車してあった車の後ろをかすめて車に自転車のタイヤのあとがついていました。車はへこんでいなかったのですが、塗装がほんの少しはがれていたのを見て車の持ち主はかなり怒っていて、私はすぐにすみませんと謝りました。弁償しろと言われたが、「風で倒れてしまったことなので弁償は出来ません、すみませんでした」と言ってその場を立ち去ろうとしたところ...続きを読む

Aベストアンサー

責任について
1,刑事上の責任は、事故についてのみですが状況からとる必要はなさそうですね。

2,民事上の責任については、過失割合に沿って「相手側の修理費用×自己過失割合」分だけ支払いが発生します。
今回の過失割合のポイントは、後から駐車・駐輪した方が過失割合が、その分だけ高くなる可能性があります。
自転車ですから、強風で倒れる可能性はあるわけです。ちょっと気を付ければ、さけられる事故について、過失が発生します。
やはり自転車の持ち主は、他人よりも気を配る必要は、あるのではないでしょうか。
そういった意味で、支払いはあり得ると考えます。
3万円の根拠は、おそらくディーラーでの塗装費用レベルですね。
バンパーやフェンダー交換だと10万円~15万円ぐらかかることがあります。悪い人たちですと、ベンツなどにつけた傷ひとつで新車交換要求を行ってくるひとも実際います。3万円は、車を所持する側からするとそれほど高い金額でもなく、むしろ良心的な方です。高い修理方法で過失割合分請求されれば、もっと高くなる可能性があります。
また、自転車の修理代についても(あればですが)相手側の過失割合分請求は可能です。
そして最終的にお互いの「相手側修理金額×自己過失割合」の差額を過失相殺して支払額が高い方が差額を支払います。
このケースは、お互い悪意もなく、示談金額も不当とは言えないと感じますがいかがでしょうか。

それと、支払い金額が発生しているのに逃げると、別の法律に引っかかる可能性がありますのでご注意を・・・

責任について
1,刑事上の責任は、事故についてのみですが状況からとる必要はなさそうですね。

2,民事上の責任については、過失割合に沿って「相手側の修理費用×自己過失割合」分だけ支払いが発生します。
今回の過失割合のポイントは、後から駐車・駐輪した方が過失割合が、その分だけ高くなる可能性があります。
自転車ですから、強風で倒れる可能性はあるわけです。ちょっと気を付ければ、さけられる事故について、過失が発生します。
やはり自転車の持ち主は、他人よりも気を配る必要は、あるのでは...続きを読む

Q他人の車を傷つけてしまった場合

今日、友達の車に乗って出掛けました。
駐車場に止めてあった車に子どもが乗り込んだ時、隣の車にドアをぶつけて傷をつけてしまいました。
隣の方も帰る直前で「傷がついた」とおっしゃったので、連絡先の交換をし、その傷がついた写真を撮りました。
子どもが入ってる共済保険の特約の個人賠償責任保険で補償してもらおうと問い合わせたところ、「車に関することは保証外です。車の保険で補償してもらっください」と言われました。
我が家には車が無く、もし車の保険を使うとなると、友達の保険を使わなくてはなりません。
そうすると、友達に迷惑がかかるのでしょうか?

先方はディーラーに出して修理するとおっしゃってました。
もし保険会社を通さなかったら、先方の言い値(領収書分)を全額支払うべきなんでしょうか?
どのように交渉したらいいのでしょうか?

アドバイスをお願いします。
車について知識が全くないので本当に困っています。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

問題を切り分けて考えましょう。
まずは、「車に関すること」だけど、車が動いていないのに「交通事故」なのか?ということ。

今回のケースと、お子さんがボール遊びをしていてたまたま通りがかった車にぶつけて傷を付けてしまった、
というケースと、違いは無いように思います。今回はたまたま、傷を付けた道具が「車のドア」だった、
というだけです。傷を付けた道具がボールだったら保険は下りるけど車のドアだったら保険は下りない、
というのは、おかしな話ですよね?それとも、そこまで細かく保険が下りる場合・下りない場合が分けられて
いるのでしょうか?

さて、個人賠償責任保険がどうしても使えない、という場合。

まず、ご友人が加入してらっしゃる保険で、今回のように「交通事故」と言い切れないケースの場合に
保険金が下りる(ような特約がついている)のか、という点が1つ。これは大前提ですね。

次に、下りるとして、果たして修理代は免責以上の金額になるのか?と言う点が2点目。
保険を使った時にご友人にどのくらいのデメリットがあるのか、という点が3点目になります。

2点目は、例えばご友人の加入してらっしゃる保険が「修理代は払うけど、そのうち5万円は自分の責任として
自腹で払ってね」という契約だった場合(これを免責と言います。免責がゼロ円=自己負担なしという契約も
あります例の場合は免責5万円と言います。)、仮に修理代が3万円だったとすると、免責の金額内に収まって
しまうので、保険を使う意味がありません。

3点目は、免責ゼロで修理代が全額ご友人の加入してらっしゃる保険からおりますよ、と言う場合のご友人の
受けるデメリットについて。
保険を使った事でご友人の信用が下がります。「この人は事故の多い人だ」と見なされて、次回契約更新の
際に保険料が上がってしまいます。(どのくらい上がるかは、そもそもご友人が現時点でどのくらい信用
されている(=事故の少ない人だと思われている)かによりますので、私には不明です。

以上から、ご友人の加入してらっしゃる保険が仮に使えたとしても、使わせてもらうべきでは無いと思います。

まず、個人賠償責任保険が本当に適用できないのか、もう一度交渉してみるべきでしょう。
その上で、保険はやはり使えない、ということであれば、先方との直接交渉になります。

ディーラーに出されるということですから、まず、先方が支払った領収証と交換に先方にお金を渡すのではなく、
明細付の請求書をこちらに回してもらい、ディーラーにお金を払うようにしましょう。
その際に、撮った写真を別のディーラーや修理工場に見せて、修理にだいたいいくらくらいかかるか
相場を聞いておきましょう。
ディーラーからの請求が相場どおりであれば払ってあげればいいですし、相場からあまりにかけ離れていたら
問いただしましょう。先方に直接お金を渡す格好にしてしまうと、このへんの交渉がしづらくなります。

後は、先方にお詫びとして金銭なり菓子折なりお渡しする、というのは、別問題として常識の範囲内で
やられたら良いのではないでしょうか。本来であれば不要な手間(ディーラーに車を持って行ったり)
をかけてしまっている訳ですから。

問題を切り分けて考えましょう。
まずは、「車に関すること」だけど、車が動いていないのに「交通事故」なのか?ということ。

今回のケースと、お子さんがボール遊びをしていてたまたま通りがかった車にぶつけて傷を付けてしまった、
というケースと、違いは無いように思います。今回はたまたま、傷を付けた道具が「車のドア」だった、
というだけです。傷を付けた道具がボールだったら保険は下りるけど車のドアだったら保険は下りない、
というのは、おかしな話ですよね?それとも、そこまで細かく保険が下りる...続きを読む

Q台風で看板落下。車の修理代は請求できる?

先日の台風でアパート内の駐車場にある入居案内看板が落下し、下にあった車に傷が付いてしまいました。不動産屋さんに車の修理代は請求できるのでしょうか?

Aベストアンサー

この場合は、民法717条に基づいて工作物責任を追求することができるか否かが問題になります。
工作物責任はその看板の所有者が危険の防止措置に過失があることを条件としています。
そして、この「過失が無かった」ことを証明するのは中間責任といってその看板の所有者が証明しなければなりません。ですから質問者さんは、ただ「この看板で傷がついた」ということを証明すればよいということになります。
また、この工作物責任はとくに所有者に対する免責規定がないため事実上無過失責任、つまり所有者は過失が無くても責任を免れることが出来ない、ということになります。

しかし、昨日の台風のようにまったく予想外の強風や豪雨のような不可抗力のためにその看板が壊れそれによって損害を被った場合は、「その看板の設置に欠陥がなくても損害を生じるような強風等の場合」については因果関係がなく工作物責任は生じません。
ですから、結論として元々立て付けが悪かったというなら別ですが予想外の強風の影響によってちゃんと立て付けていたにもかかわらず損害が発生した場合は残念ながら工作物責任を追及するのは難しいということになります。

この場合は、民法717条に基づいて工作物責任を追求することができるか否かが問題になります。
工作物責任はその看板の所有者が危険の防止措置に過失があることを条件としています。
そして、この「過失が無かった」ことを証明するのは中間責任といってその看板の所有者が証明しなければなりません。ですから質問者さんは、ただ「この看板で傷がついた」ということを証明すればよいということになります。
また、この工作物責任はとくに所有者に対する免責規定がないため事実上無過失責任、つまり所有者は過...続きを読む

Q1畳って何m2ですか?

4月から下宿する大学生です。部屋の広さを検討するのに1畳は何m2か知りたいです。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

マンションの洋室などの計算では、1.8m×0.9mの1.62m2で計算されています。但し壁芯からの計算ですから当然部屋内はもう少し小さくなります。

但し和室の場合違ってきます。
最近のマンションではある程度の範囲内で6畳や4.5畳を作っているのでバラバラです。
それと古い物件では本間、関西間、江戸間等というようにちゃんとした畳のサイズであっても色々なものがあるので(地域によって違います)上記の数字が目安にはなりますが、測ってみないと駄目ですね。

Qのぼり旗(桃太郎旗)の設置の責任

子どもの安全確保のためのPTAの取組として、「子どもを犯罪から守ろう」などと書かれたのぼり旗(桃太郎旗ともいうらしいです)を危険箇所に設置しようとしています。しかしのぼり旗に起因する交通事故(視界不良を招いたなど)が発生した場合、やはり設置者に責任が発生するのではないかとの心配があり考えあぐねています。このような事故の事例や責任について教えて下さい。

Aベストアンサー

■設置者に責任があるのは当然ですが、設置は許可事項だと思われます。警察の許可が必要です。その結果万一事故原因となったとしても、許可を与えた側の責任の方が大きいですからあまり心配することはないと思います。ですからまずは地元の警察署に相談すべきでしょう。
■それから、考え方として、そのような安全措置のもたらすであろうメリットと、設置した結果のリスクというものを、もっと厳しく、客観的データに基づいて考えるべきだと思います。ご質問からは、なにかそういう責任発生のリスクだけを理由にそういう措置をとるべきではないという消極的意見が垣間見えるのです。
■やらない、できない、やりたくない理由は無数にあります。しかし、問題はその情緒ではなく客観的データに基づいて判断すべき、ということです。

Qもし、会社の看板が風などで倒れて怪我をさせたら?

会社の敷地内に、3Mほどの看板が立ててありますが、
もし、会社の看板が風などで倒れて怪我をさせたら?
どうなりますか?
何か、罪や賠償責任の対象になるのでしょうか?

Aベストアンサー

管理責任があると思います。(保存とは管理のこと)
民法717条

(土地の工作物等の占有者及び所有者の責任)第717条 土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。
ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。
(以下略)

>風などで倒れて

風にもいろいろあります。限度を超えた風速風力(大型台風など)によっては管理責任よりも通行人の危機管理認知力なども考慮されるとは思いますが・・・


人気Q&Aランキング