B型肝炎は移ると聞きましたが同じ空間にいても移るのですか?
キスやセックスでは必ず移るのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

tyofficeさんの言うとおりだと思いますが、少し追加しておきます。


B型肝炎ウィルスは、これに感染した人(キャリアーといいます)の血液、体液、分泌液に見らます。
ウィルスには抗原と抗体というものがあり、抗原が陽性の場合に感染力があり、抗体が陽性の場合は過去に感染したが現在は感染力のない状態です。B型肝炎ウィルスは、HBe抗原、HBc抗原、HBs抗原という3種類の抗原があり、それぞれに対する抗体をHBe抗体、HBc抗体、HBs抗体といいます。このうちHBs抗原陽性の場合は、非常に感染力が強く、HBe抗原のみ陽性でHBc抗体、HBs抗体がある場合は感染力は弱いです。このように抗原と抗体の状態によって感染力は異なりますので一概には言えませんが、感染を防止するには血液の付着する可能性がある剃刀や歯ブラシなどの貸し借りはしないことです。通常のキス程度なら感染する可能性は低いですが、性行為では感染する可能性があります。また、HBs抗体があれば感染することがないので、ワクチンでHBs抗体を作れば感染の心配もなくなると思います。(知らない間に感染していればHBs抗体をもっていることもあります。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。
性行為で感染してことがあるということですから
なるべく早く病院に行って検査を受けてきます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/02/02 23:45

anakinさんの回答に一部勘違いがあるようですから訂正しておきます。

いわゆるB型肝炎ウィルスに感染している状態はHBs抗原(+)です。これにe抗原(+)であれば極めて感染力は強く、患者に注射した針を誤って刺しても感染する可能性があります。しかし、e抗体(+)であれば、輸血でもしないかぎり感染することはありません。
 日常生活においてB型肝炎の感染はほとんどないと言ってもいいのではないでしょうか。ただ、anakinさんの言われるようにカミソリなど皮膚を傷つけて血液の付着する可能性のあるものは注意が必要です。重ねて言いますが肝炎にしても、エイズにしても、ごく日常的なことでは感染はありません。変に恐れて感染者を差別することがないよう気をつけましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
日常生活では感染しないとわかり、
安心しました。
しかし絶対安心というわけではないと思いますので、
念のため、病院で検査をしてもらってきます。

お礼日時:2001/02/02 23:42

B型肝炎は、血液で感染しますので、血液の付着が無い様にして下さい、お尋ねの様に、キッスでは感染は無いと思われますが、口の中にキズ等がある時は、避けたほうがよいと思います、又、セックスですが、ハゲシイとお互いの性器にキズがつきますので、感染しやすくなりますので、サック等を使用した方が望ましでしょう。


家庭内でも、歯ブラシ・剃刀・櫛・タオル等も区別して使用した方がよいでしょう。
その前に、B型肝炎を早く治したほうが先決です。
B型肝炎は、空気感染ではありませんので、安心して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
感染してるとは思いませんが、
一応病院で検査してもらってきます。

お礼日時:2001/02/02 23:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QB型肝炎損害賠償訴訟問題について

集団予防接種の注射器の使い回しが原因でB型肝炎ウイルスに
感染したとして、全国の患者らが国を訴えている損害賠償訴訟問題ですが、
同じく注射器の使い回しが原因とされているC型肝炎の損害賠償訴訟問題を
聞いたことがありません。
(過去にあったとしたらいつ頃で結果はどうなっているかも知りたいです)

なぜ、B型肝炎罹患者の方たちだけが訴訟を起こしてC型肝炎罹患者の方たちが
沈黙しているのかご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

C型肝炎ウイルスが比較的新しいウイルスであり現在の医学では科学的に感染経路を辿るのが非常に困難なためです。
C型肝炎ウイルスは1970年代半ばに発見されました。
B型肝炎ウイルスは戦前から確認されておりWHOより注射器の使い回しを止めるように日本政府は再三通告されてました。
政府は聞く耳持たずで予防接種を義務化し多くの乳幼児に接種し続けました。
これは1985年当時まで行われており85年以降の感染率は大幅な減少傾向にあります。
一方C型肝炎ウイルスに関しては感染経路が多数あり症状も水平感染・垂直感染共に同症状であるため集団予防接種で感染した事を見極めるのが困難であり立証する事が出来ないので訴訟に至ってません。
一方B型肝炎ウイルスは水平感染と垂直感染を客観的に見極める事が出来き、また立証出来るため訴訟に至っております。

QB型肝炎の予防接種について

子供のB型肝炎の予防接種を検討しています。(自費の任意接種です)
たとえば予防接種に行くまでの間に感染していて、気づかずに予防接種をしたら悪影響はありますか?
心配しすぎなのですが、その場合はどうなるのだろうと思って質問しました。
医療の現場で働かれている方のご意見が伺えたら幸いです。

Aベストアンサー

「たとえば予防接種に行くまでの間に感染していて、気づかずに予防接種をしたら悪影響はありますか?」
しても問題ないとは思いますが、逆に、既に感染しているのでしたらワクチンを打っても意味がありませんよね。確かB型肝炎のワクチンは半年かけて3回接種するでしょ。した後に既に感染していたことが判ってもつまらないので、何か理由があって心配なら打つ前に検査してもらったらどうですか?

QB型肝炎訴訟

父が3年ほど前に、B型肝炎→肝硬変→肝臓癌(末期)で亡くなりました。
このような場合、B型肝炎の訴訟は起こせるのでしょうか?

ちなみに、父の母は亡くなっていますし、証拠になるような物がありません。(病院のカルテはあると思いますが・・・)
可能ならば、弁護士に依頼して訴訟を起こしたいのですが、よい意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

訴訟をするには、まず相手(被告)が必要です。

相談者さんの父親が、そのB型肝炎ウイルスに感染した理由が重要となります。

仮に「血液製剤」等で汚染製材を使われたのであれば、製造した製薬会社が厚生労働省で公開されており、さらにはその製剤を購入した病院等も公開されています。
その病院に、当時のカルテがあり投与が証明されれば損害賠償請求訴訟はできます。
しかし、これにも時効があり、不法行為(汚染製材の使用)を知った時点から3年以内に訴訟をしないとなりません。
また、不法行為を知らなくても20年経過で時効となります。
訴訟には、原告立証責任というのがあり、相談者さんの父親がB型肝炎ウイルスに感染したのは不法行為が原因であると証明しないとなりません。

たしか、カルテの保管期間は5年と記憶していますが、父親が感染した理由が判明しないと難しいでしょう。

B型肝炎は、比較的接触での感染率が高いのはご存じでしょうか?
性行為でも、感染してしまいます。

1)感染経路の証明
2)感染させた相手(被告)の責任があるか
3)総合して、違法性があるのか
上記を、クリアーしないと難しいでしょう。

訴訟をするには、まず相手(被告)が必要です。

相談者さんの父親が、そのB型肝炎ウイルスに感染した理由が重要となります。

仮に「血液製剤」等で汚染製材を使われたのであれば、製造した製薬会社が厚生労働省で公開されており、さらにはその製剤を購入した病院等も公開されています。
その病院に、当時のカルテがあり投与が証明されれば損害賠償請求訴訟はできます。
しかし、これにも時効があり、不法行為(汚染製材の使用)を知った時点から3年以内に訴訟をしないとなりません。
また、不法行為を知らなく...続きを読む

QB型肝炎抗体つけたほうがよい?注意点は?

医療施設で働いています。透析室助手です。

職員にB型肝炎患者の針刺事故があり、今後の対策として、全員に抗体をつける。ということになりました。

抗体をつけて、今後、肝炎や肝臓がんにかかるリスクは高くなったりするのでしょうか?
また、同居家族との注意点も聞いておきたいです。
小さい子どもがおり、生理中などもお風呂等も
私が入れなければいけません。
また、飴等は噛み砕いてから与える時もあります。
手先に怪我中の調理なども安全なのでしょうか?

今後も働くことを考えると、受けておく方がよいようにも思えるのですが、子どもがまだ小さいので、
こちらが気をつけていても、傷口が、触れる事も予想されます。(誤飲のものを出す時とか)

また、二人目等も考えた時、どの様なことが必要でしょうか?

Aベストアンサー

B型肝炎はB型肝炎ウイルス(HBV)の感染により起こる病気です。B型急性肝炎とB型慢性肝炎があります。
HBVはHBV感染者の血液や体液中に存在しますので、感染者の血液や体液から感染します。
B型急性肝炎は、感染すると急激な肝機能障害をきたし、全身倦怠感などの初期症状から、黄疸等の肝炎特有の症状を認め、まれに、劇症肝炎という死亡率の高い病気に進展する場合がありますが、ほとんどの場合、安静にしておれば1ヶ月ほどで治癒します。日本では、急性肝炎から慢性化することはまれで、慢性化しなければ肝硬変や肝癌の心配もありません。
日本国内の場合、B型慢性肝炎は、ほとんどがHBV持続感染者(キャリア)からの母子感染です。乳幼児期にHBVに感染すると、キャリアになる率が高く、キャリアの約10%が慢性肝炎となります。慢性肝炎になれば、肝硬変への進展や、肝癌の発癌リスクが高くなります。
このため、HBVキャリアの女性が出産した場合、出生児にはワクチンを接種し、母子感染を予防します(キャリア化の予防)。
また、B型急性肝炎は、HBVキャリアとの性的接触での感染がほとんどで、恋人や配偶者がHBVキャリアの場合、ワクチン接種で感染を予防します(急性肝炎の予防)。
医療従事者は、いろいろな患者様の血液を扱います。特に透析スタッフは、必ず患者様の血液を扱いますし、HBVキャリアの方の血液を扱うことも多いと思います。すなわち、HBVに感染する危険性が高いという事ですので、HBVワクチンの接種が望ましいです。
ワクチンとは、いわゆる「予防注射」です。「抗体をつける」というのは、「予防注射」をしてB型肝炎ウイルスに感染しないための特別な免疫力(抵抗力)をつけるという意味です。はしかやインフルエンザのワクチン(予防注射)と同じ様なものと考えて良いかと思います。予防注射での一般的な注意事項を守れば良いだけで、日常生活に支障はありません。
具体的には3回接種が一般的で、1回目の1ヶ月後に2回目、6ヶ月後に3回目の接種を行います。
抗体がついた後も、自然に消える場合がありますので、定期的に抗体検査(血液検査)が勧められます。抗体が消えても、1回の追加接種でほとんどの場合は再度抗体がつきます。

B型肝炎はB型肝炎ウイルス(HBV)の感染により起こる病気です。B型急性肝炎とB型慢性肝炎があります。
HBVはHBV感染者の血液や体液中に存在しますので、感染者の血液や体液から感染します。
B型急性肝炎は、感染すると急激な肝機能障害をきたし、全身倦怠感などの初期症状から、黄疸等の肝炎特有の症状を認め、まれに、劇症肝炎という死亡率の高い病気に進展する場合がありますが、ほとんどの場合、安静にしておれば1ヶ月ほどで治癒します。日本では、急性肝炎から慢性化することはまれで、慢性化しなければ肝...続きを読む

QB型肝炎訴訟 母死亡のため証明書類が難しい場合は?

私は30台後半、B型肝炎無症候性キャリアです。
定期的な検査を必要と感じていますが、経済的につらい事もあり、
訴訟後和解して、検査費用を支援してもらいながら定期検査をしたいと思っています。

母は60台半ば、同じくB型肝炎無症候性キャリアで、以前職場で検査して判明したとの事。
もう20年近く前の事ですが、祖母にも検査してもらったところB型肝炎ウイルスが検出されず
おそらく予防接種で感染したのであろう、とのことでした。
そのころは、その様な訴訟が起こされていた事も知らず、忘れていましたが、
最近和解したことを知りました。

予防接種で感染した証拠となる書類が必要との事ですが、
祖母は今から9年前に亡くなっております。
医療機関に問い合わせてみますが、カルテが破棄されていた場合、
他に証明する手立てとしては「年長」の兄弟の血液検査結果が必要との事。
ですが、母は長女のため年長の兄弟がおりません。
その場合は、訴訟を諦めるべきでしょうか。

B型肝炎医療費助成制度があるようですが、キャリアには適用されないのでしょうか?

以前、定期的に検査をしていた時期もありましたが、2ヶ月に一度、5,6千円程かかり
6ヶ月に一度1万円。
結構経済的に苦しいので、痛い出費です。健康のためには仕方ないとはいえ…

アドバイスよろしくお願いします。

私は30台後半、B型肝炎無症候性キャリアです。
定期的な検査を必要と感じていますが、経済的につらい事もあり、
訴訟後和解して、検査費用を支援してもらいながら定期検査をしたいと思っています。

母は60台半ば、同じくB型肝炎無症候性キャリアで、以前職場で検査して判明したとの事。
もう20年近く前の事ですが、祖母にも検査してもらったところB型肝炎ウイルスが検出されず
おそらく予防接種で感染したのであろう、とのことでした。
そのころは、その様な訴訟が起こされていた事も知らず、忘れていまし...続きを読む

Aベストアンサー

お母さんが母子感染でないことを証明するのに
(1) 祖母さんのHBc抗体陰性か低力価→これはムリ
(2) 年長の兄弟が陰性→ムリ
(3) その他、医学的知見を踏まえた個別判断
という条件があり、このうち一つを満たす必要があります。で、(1)(2)はムリなので、
(3)の可能性を探るしかありません。すなわち、弁護士に検討してもらうしかありません。

QB型肝炎ウィルスのHbs抗体が陽性、Hbe抗原が陰性の患者の針刺し自己をしてしまいました。

今朝、B型肝炎ウィルスのHbs抗体が陽性、Hbe抗原が陰性の患者の針刺し自己をしてしまいました、明日、高力価抗HBsヒト免疫グロプリン(HBIG)を打つ予定です。Hbs抗体が陽性だけだとそこまで心配しなくてもいいでしょうか?患者さんは特に劇症化もしておりません。また、今は彼女との性交渉は避けるべきでしょうか?申し訳ありませんが不安で仕方ないのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

S抗体だけ陽性、e抗原だけ陰性というだけではウィルスの存在を否定する要素は十分ではありません。おそらくキャリアだと思いますが、HCVやその他のウィルスの存在は否定できないので注意は必要だと思います。
彼女に心配をかけないためにも性交渉はなるべく避けた方がよいかと思います。医療現場では常にそのような「事故(自己ではなく)」は付き物です。十分注意してし過ぎることはありません。もし、このような事故が起こった場合、すぐに回りに事故報告をするようにしましょう。一人でしょってしまうとかえって大きな過誤につながりかねますから。

QB型肝炎訴訟について、ご教示お願い致します。

B型肝炎訴訟について、ご教示お願い致します。

45歳の男性です。私は現在B型肝炎の抗体を持っております。抗原は全て-です。
その当時の医師には、知らぬ間にかかって治ったのでは?と言われました。
そんな私でも、予防接種感染ということで国から賠償を受け取る事ができるのでしょうか?

抗体については検査にて判明したのですが、全く自覚症状はありませんでした。唯一以前に肝機能(GOP、GPT)上昇し発熱が1ヶ月続いたことがありました。がその際は原因がはっきり解らず単核球症という病名でした。
現在でもγーGPTのみが大幅に正常値を超えています。自覚症状はなく定期的に病院で血液検査を行っている程度で薬の服用も特にしておりません。
前述症状はB型肝炎抗体には因果関係はないと思いますが?

以上を踏まえて賠償訴えの可否について、ご教示いただくと幸いです。

Aベストアンサー

質問文からは、肝炎治療もされたことが無いようですが、
そもそも質問者さんは、どういった事(損害)に対する賠償を求めるおつもりでしょう?
質問文からは、そこが不明なのですが。

下記URLの「訴訟をお考えの方へ」を、よくお読みください。

http://www.b-kan-sosho.jp/index.html

QB型肝炎について

最近私はB型肝炎のキャリアと献血した際に言われたのですが

キスやセックスで感染すると聞きました。

今のパートナーは検査したら抗体ができていて大丈夫みたいなのですが・・・

今後パートナーが変わった際、パートナーに感染させないような

対策ってありますか?

Aベストアンサー

完全に感染を防ぐためには、粘膜や表皮の傷に接触しない事ですが…性交渉をおこなうのであれば、それはまず無理な事ですよね。

少しでもリスクを低くする という程度の対策で宜しければ、
 
 スキンの使用
 ローションで潤滑向上する
 生殖器以外への挿入はしない
 キスはフレンチキス
 皮膚の手入れに日頃から気をつける
 手指や唇を荒れさせない
 口内炎・虫歯の予防
 固い物(ex.ポテチ・煎餅・フライ)を食べたとか歯磨きの直後を避ける
 
などが挙げられると思います。

QB型肝炎の訴訟は何人でもできますか?

私を含め、娘、息子の三人がB型肝炎であることが検査の結果わかりました。
いろいろ検索したのですがわからなかったので、質問させてください。ネットなどでは本人のみの訴訟について書かれていますが、私のように自分の子供も感染している場合、何人までなら訴訟できるなど詳しく書かれていませんでした。私のような場合、訴訟はできるのでしょうか?体調も思わしくないので早めに解決したいです。どこに相談に行ったらよいかなど、教えてください。

Aベストアンサー

給付金の支給の対象となる方は、7歳になるまでに、集団予防接種等(昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に限る)の際の注射器の連続使用により、B型肝炎ウイルスに感染した方と、その方から母子感染した方(これらの方々の相続人を含む)です。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/b-kanen/index.html

なので、あなたが集団予防接種などにより感染した疑いが強い場合は、母子感染されたお子様も対象となります。 相談は、弁護士事務所でそのようなケースをとり扱っているところにされるのが良いでしょう。

QB型肝炎の患者に針刺し

看護師2年目です。
B型肝炎の患者に点滴確保をしていたら、内筒の針を誤って自分に刺してしまいました。
私自身HBs抗体が陽性です。
病院の手順だと抗体+だと経過観察のみでなにもしませんでした。それで感染しないか不安になってしまいました。
抗体+なら感染率はやっぱり低いですか?

Aベストアンサー

あなたが抗体が陽性である理由と、刺した順番にもよると思いますが、
あなたが、抗原陰性で、患者の血液に触れた針を自分に刺した場合は
直後のs抗原チェックと抗原や肝機能の経過観察は必要だと思います。


人気Q&Aランキング