不法領得の意思の要否とその内容について教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

要否」に関するQ&A: 相続の協議書要否

不動産侵奪罪」に関するQ&A: 不動産侵奪罪

A 回答 (1件)

「不法領得の意思」というのは、大要、以下のようなことです。



・窃盗罪・強盗罪・恐喝罪・横領罪・不動産侵奪罪など、財産犯における領得罪で問題となる主観的意思要件です。
・他人の物の占有者が権限無く所有者でなければできないことをする意思で、たとえば譲渡・質入をしたり自己のものとして所有(利用)することを言います。これを「他人の物を自己の物同様の経済的用法に従って処分または利用する意思」と言います。
・「後から返すつもりだった」という理由で金銭を自己の利益のために費消するような場合も該当します(一旦、モノが無くなってしまうので)。
・必ずしも自己利益ためにする意思は必要ではなく、第三者の利益のために所有者の自由な処分を奪うことも含まれます。
・但し、一時的に使用するだけの意思に留まる場合(他人の自転車を自己のために使用して元の場所に戻すような場合=使用窃盗)は、所有者の処分権を喪失させるものではありませんから、不法領得の意思は無いことになります。
・他人のものを勝手に廃棄してしまう「毀棄罪」とは区別されます。

No.348593「質問:無断自転車移動について」で、横領罪となる旨の回答をされた方に「良回答」のポイントが与えられていますが、DoubleJJさんが述べられている方が正解だと思います。単純に置き場所を移動しただけであれば、「使用」もしていませんし、所有者の処分権を制限する意思はありませんから、使用窃盗にも該当しません。

といったところですが、答えになっていますでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました。
またたびたび質問すると思いますが、
そのときはまたよろしくお願いします。

お礼日時:2002/09/06 08:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不法(unlawful)行為と違法(illegal)行為の違い

不法行為と違法行為ってどう違うんでしょう?
不法行為は民法の世界、違法行為は刑法の世界、という漠とした印象があるのですが、正確な定義と使い分けの方法を教えていただけましたらありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

禁止(○○するな)

命令(○○せよ)

許容(○○してもよい)


以上3つのうち、禁止、命令の2つの種類に属する法律の条文に反する行為を違法行為という。
(#1URLより)

から、「権利ノ行使」の場合は不法。
「義務ノ履行」の場合は違法となる。
と思います。

労働基準法も同じで、
「~しても良い」という部分を拡大解釈したりして
権利の濫用をすると不法。
そのほかの違反は違法。
となるのでしょう。

Q意思表示の動機の錯誤は、その動機が相手方に表示されて法律行為の内容となり

意思表示の動機の錯誤は、その動機が相手方に表示されて法律行為の内容となり、もしその錯誤がなかったならば、その意思表示をしなかったであろうと認められる場合に要素の錯誤となる。

この文章の意味を具体例を挙げて教えて下さいませんか?

民法です。

よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

甲がその所有する土地を、近々国が買い上げるから
値上がりするとして乙に売却する場合。

1,
値上がりするということが、相手に表示されてて
契約の内容になっていれば、そうれは法律行為の内容に
なります。
表示されていなければ、法律行為の内容にならない
ので錯誤の問題になりません。

2,
値上がりしなければ購入しないのが、一般だ
ということになれば、
値上がりするか否かは、法律行為の要素になります。


3,従って、国が買い上げ値上がりするということが
契約に記されていた場合で、買い上げがなく値上がりしない
場合、要素に錯誤があって無効を主張できる、という
ことです。

4,
甲が騙すつもりであれば、詐欺の成立も問題になり、
無効な行為を詐欺として取り消すことが出来るのか
という、新たな問題が出て来ます。

Q違法と不法

 講学上の用語の使い方について、
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2707124.html
で質問をさせていただいたものですが。

 違法と不法について、
あまり意味が変わらないようですが、
意外に使い分けられているようですので、
質問させていただきました。

 「主として実質的ないし主観的な違法性に重きを置いて用いられることが多い。」(有斐閣法律用語辞典第2版)、
「違法よりも不法の方が範囲が広い」(先般のご回答)、
「不法は無許可の行為に使い、違法は許可事項外の行為に使う」(噂)、
という情報が集まりましたが、
コメントをくだされば幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あまり厳格な意味の違いはないと思います。

ただ、「不法」の「法」は特定の法律というよりは
社会規範を抽象的に指しているニュアンスが強いと思います。
(そういう意味じゃ有斐閣法律用語辞典の説明に近い)

使い分けについては「習慣でそうなっている」程度くらいの理解で正解じゃないでしょうか?

>違法よりも不法の方が範囲が広い

必ずしもそうじゃないでしょう。
民法709条「不法行為」の要件の1つに「行為の違法性」がありますが、
このときの「不法」と「違法」に範囲の違いがあるとは思えません。

刑法で議論される「違法性阻却(事由)」の「違法」は
具体的な法典を指したものではないでしょうから、
その点では上記の「不法」と同じです。

>不法は無許可の行為に使い、違法は許可事項外の行為に使う

すみません、これは何を言いたいのか全然わかりません。
「無許可」と「許可事項外」ってどう違うのかわかりません。
誰のどんな「許可」を問題にしているのかも不明です。

Q亡父の不正領得?長文です

父が亡くなり約2年が経とうとしています。

そんな中、数ヶ月前に父が経理や監査を受け持っていた会社の代理人(弁護士)の方から一通の手紙が届きました。そこには「父が何千万もの不正領得をしていたので、相続人である私に支払ってください」という内容のものでした。私は、父の仕事には一切関わっていなかったので、「全く知らなくて驚いている。そして支払えるだけの相続財産も何も無い」旨を弁護士の方に連絡したところ、会社の方と話し合ってみるので、ちょっと待ってくださいと言われました。
それから数ヶ月して、また一通の手紙が届きました。
そこには・・・
「金員について、損金処理の方針で検討しておりますが、相続人である貴方から金員の金額を認めてもらったうえ、一部でよいので支払ってもらい、後は債権放棄を処理したいと考えております。」→ご連絡ください。
という内容のものでした。

私は、父の子供である以上、父を信じています。
また私には父しかいなかったので、相談できる家族もおらず一人悩む
毎日です。
私はどうしたらよいのでしょうか?
これを認めなければいけないのでしょうか?
なんと弁護士の方に連絡すればよいのでしょうか?

どうか、お力添えを頂きたく御質問させていただきました。
どうぞ宜しくお願いいたします。

父が亡くなり約2年が経とうとしています。

そんな中、数ヶ月前に父が経理や監査を受け持っていた会社の代理人(弁護士)の方から一通の手紙が届きました。そこには「父が何千万もの不正領得をしていたので、相続人である私に支払ってください」という内容のものでした。私は、父の仕事には一切関わっていなかったので、「全く知らなくて驚いている。そして支払えるだけの相続財産も何も無い」旨を弁護士の方に連絡したところ、会社の方と話し合ってみるので、ちょっと待ってくださいと言われました。
それから...続きを読む

Aベストアンサー

> 父が何千万もの不正領得をしていたので、

こちらの納得の行く根拠を提示してもらってください。
・質問者さんの方で良く分からない旨伝え、弁護士や計理士、会計士の方に同席してもらい、十分納得した上で支払いを行いたい。
・そのために、帳簿などの資料を開示してもらうスケジュール、計理士の方のスケジュールを調整したい旨伝える。
・開示していただきたい資料に関しては、こちらで相談の上、別途連絡。
・開示できない資料に関しては、その理由を提示してもらい、該当資料が無いものとして、支払い金額や支払いの根拠に勘案。
とか。

仮に、何かやましい事があるのであれば、向こうからお断りの連絡があるかと。


> お力添えを頂きたく

電話帳で県の弁護士会に連絡し、事情を説明して担当弁護士を選任してもらい、相談する事をお勧めします。

Q逮捕と検挙、違法と不法の違いを教えてください

逮捕と検挙、違法と不法の違いを教えてください

Aベストアンサー

こんにちは。

逮捕...検察官などの捜査機関が裁判官の発する令状(逮捕状)で被疑者を引致し、一定期間抑留するための強制手段。現行犯は、だれでも逮捕状なしに逮捕できる。

検挙...検察官・司法警察職員などが認知した犯罪行為について被疑者を取り調べること。容疑者を関係官署に引致する場合をさすこともある。

違法...法律・規定などにそむくこと。また、その行為。

不法...法に違反していること。 道理・道義に背くこと。

Q詐欺罪「不法の利益」と「他人に得させる」の解釈

刑法246条2項 詐欺 に規定している「財産上不法の利益と、刑法246条の2 電算機使用詐欺 に規定している「財産上不法の利益」は、同じ構成要素なのでしょうか?

判例を見てみると、電算機使用詐欺の方が、狭く解しているように思うのですが…(判例も少ないのですが)

また、「他人に得させる」とは、実行者と収得者との牽連関係が必要なのでしょうか?
まったく関係の無い、第三者に収得させる場合は成立するのでしょうか?

Aベストアンサー

>「財産上不法の利益」は、同じ構成要素なのでしょうか?

通説的には同じとされています。

>電算機使用詐欺の方が、狭く解しているように思うのですが…

どの判例ですか?
私の手元でも電子計算機使用詐欺罪に関する判例は少ないのですが、
いずれも成立とされた事例ばかりなので、
「狭く解している」=「成立しにくい」根拠となる判例は見つからないです。

>まったく関係の無い、第三者に収得させる場合は成立するのでしょうか?

必ずしも人どうしの関係は必要としませんが、
だます行為と財産処分との間に因果関係がなければいけませんから、
利益を得た人が全く無関係という状況はリアルに想像しにくいです。

Q不法行為と違法行為の違いは何?

タイトル通りです。
不法行為と違法行為の定義に違いはありますでしょうか?

Aベストアンサー

私の理解している範囲での回答ですので、あくまで参考程度でお願いします。

「不法行為」=故意又は過失により、他人の権利又は法律上保護される利益を侵害する行為(民法709条)。行為者は損害を賠償しなければならない。
「違法行為」=「○○してはならない」という法令の規定に違反して、その○○をする行為。あるいは、「○○しなければならない」という法令の規定に違反して、その○○をしない行為。行為に対するペナルティとして、刑事罰や行政上の処分(営業停止、許可の取消しなど)が課される場合もあれば、課されない場合もある。(課されない場合の例:未成年者が飲酒する行為)

以下、例を考えてみました。
(例1)公道を運転中、スピード違反のために事故を起こして、第三者に損害を与えた場合。
公道でのスピード違反は、道路交通法22条(「車両は、道路標識等によりその最高速度が指定されている道路においてはその最高速度を、その他の道路においては政令で定める最高速度をこえる速度で進行してはならない。 」)に違反する「違法行為」です。そしてこの例の場合、第三者に損害を与えていますので、その第三者に対する「不法行為」をした、ということにもなります。

(例2)公道をスピード違反したら、白バイにつかまって切符を切られた場合。
この場合、道路交通法22条違反の「違法行為」であることは上記(例1)と同じですが、第三者に損害を与えてはいませんので「不法行為」ではありません。(※白バイにつかまらなくても、スピード違反は「違法行為」です)

(例3)(公道でない)駐車場で、車庫入れをしているときにうっかり第三者の車にぶつけてしまった場合。
この場合は、法律違反はありませんので「違法行為」ではないですが、過失により損害を与えていますので、「不法行為」ではあります。

私の理解している範囲での回答ですので、あくまで参考程度でお願いします。

「不法行為」=故意又は過失により、他人の権利又は法律上保護される利益を侵害する行為(民法709条)。行為者は損害を賠償しなければならない。
「違法行為」=「○○してはならない」という法令の規定に違反して、その○○をする行為。あるいは、「○○しなければならない」という法令の規定に違反して、その○○をしない行為。行為に対するペナルティとして、刑事罰や行政上の処分(営業停止、許可の取消しなど)が課される場合もあれ...続きを読む

Q遺産相続で相続人本人から相続の意思の承認が得られません

遺産相続で相続人本人から相続の意思の承認が得られません

2年前に夫が他界したため相続の手続きをしていますが、私(A)は妻で子供はいませんが夫の姉(B)が生存するために相続の意思を確認しました、がその姉(B)の夫が私の夫と大変仲が悪かったのか相続をするかしないかの承認を得る為の承認印がもれえませんので困っております。

本来は相続は夫の姉(B)の事であるのにその姉の夫に相続の邪魔をされているようです。
こうした事から私は裁判で決着させることに決めたいと思っております。

この裁判による場合;
1.裁判所は家庭裁判所でよいのでしょうか相手方は夫の姉(B)になりますが即日の判決が出来るのでしょうか
2.夫の姉(B)の夫が一緒に裁判所に来る事も有るかも知れないと考えますと再び裁判所で何らかの過激な言動が心配です。
3.どのような書類または証拠が必要でしょうか

Aベストアンサー

相続放棄の締切りは過ぎているので、どのような遺産分割をするかBさんと取り決めて、そのうえで書類作成に協力してもらう(もしくは協力にかわる裁判所のお墨付きをもらう)ことが必要になります。

まずは、家庭裁判所で遺産分割の調停をすることになります。
調停委員が当事者と交互に話をして、お互い納得できる条件で合意できれば調停成立ということになります(当然、1回の期日で話がまとまるとは限りません)。相手が呼び出しても家裁にやってこなかったり、話し合いがまとまらないときは裁判所に決めてもらおう、ということで「審判」という手続きに移ります。

本来、Bの夫は当事者でも直接の利害関係人でもないので調停には同席できませんが、調停委員によっては利害関係人を比較的緩くとらえて事実上、同席を許すことはありえます。
もっとも、上記のとおり調停は交互入室スタイルなので、あなたが直接顔をあわせることはありませんし、彼が過激な言動をしたからといってそれで調停委員が押しきられて結果が左右されるということもないはずです(せいぜい、調停不成立で審判になるくらいでしょう)。
どうしても心配なら、調停申立て時、あるいは最初に調停委員と会ったときにでも(最初に話を聞かれるのは申し立てた側です)、Bの夫ではなくBと話してほしいと伝えてみてはいかがでしょうか。

調停の段階では、きっちりどの証拠とどの証拠が必要というわけではありませんが、相続人は誰がいるのか、相続財産は何があるのかをはっきりさせるために、家系図や財産目録を作ったり、戸籍や登記簿を準備しておくとよいでしょう。ほかに必要なものがあれば調停委員が指示してくれます。

申立ての手続きなど詳しいことは、家庭裁判所で相談してみて下さい。

相続放棄の締切りは過ぎているので、どのような遺産分割をするかBさんと取り決めて、そのうえで書類作成に協力してもらう(もしくは協力にかわる裁判所のお墨付きをもらう)ことが必要になります。

まずは、家庭裁判所で遺産分割の調停をすることになります。
調停委員が当事者と交互に話をして、お互い納得できる条件で合意できれば調停成立ということになります(当然、1回の期日で話がまとまるとは限りません)。相手が呼び出しても家裁にやってこなかったり、話し合いがまとまらないときは裁判所に決め...続きを読む

Q違法、不法、非合法の違い

素朴な疑問です。

違法、不法、非合法の言葉にはどのような違いがあるのでしょうか?
辞書で調べてみたのですが、どれも似たり寄ったりの意味でした。
それぞれの意味に大きな違いはないのでしょうか?

Aベストアンサー

mambo_no5さんの行ったとおりです。
分かりやすく言うと、よくニュースでは
刑事的な事件では「違法」と使用し、
民事的な事件で「不法」と使用しますよ。
非合法はドラッグとかに良く使いますね。
「脱法」を調べてみると、脱法は
主にグレーゾーンにある行為をした事に対して
言いますね。違法は明らかにブラック、不法も民事の面からみて
ブラック、非合法は脱法に近いかな…
ただブラックかグレーかは最終的に裁判で決まりますけどね(笑

Q不法に得た大金を賠償金として受け取ったら

例えば、Aさんの息子が Bさんの車に轢かれて死亡したとします。Bさんは飲酒運転をしていて Aさんに
賠償金を払わなければなりませんでした。ところで、BさんはCさんから莫大なお金を騙し取っていました。それで、CさんはBさんに騙し取られたお金の返還請求する権利がありますが、BさんはAさんに賠償金として払っているので、Cさんにお金を返すことができません。その時、CさんはAさんにお金を返還請求する権利はあるでしょうか?

Aベストアンサー

似たような犯罪に「盗品故買」が有ります。
AさんがドロボーBさんから盗品を買い取ったとき,Aさんがその品物を盗品と知らなかったときは,被害者Cさんから要求があっても,Aさんには返還の義務がありません。Cさんは,盗難品を取り戻したいときは,AさんがBさんから買い取った値段で,買い戻すことになります。
Aさんの買い取りは,善意の取得に当たります。
Aさんが被害者は誰かを知らなかったとしても,Bさんが誰かから盗み取ったものと知っていての買い取り行為が「盗品故買」に当たり,Aさんも罪に問われるとともに,Cさんへの返還義務が生じます。
窃盗・横領・詐取などの不法な取得は,取得者の犯罪行為ではありますが,善意の第三者に罪が及ぶことはなく,賠償させれば第三者が被害者になります。それを避けるための処置です。

ご質問の場合,CさんはAさんにお金を返還請求する権利はありますが,Aさんには返還に応じる義務がありません。結果としてCさんの返還請求権は無効と解されます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報