不法領得の意思の要否とその内容について教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

要否」に関するQ&A: 相続の協議書要否

不動産侵奪罪」に関するQ&A: 不動産侵奪罪

A 回答 (1件)

「不法領得の意思」というのは、大要、以下のようなことです。



・窃盗罪・強盗罪・恐喝罪・横領罪・不動産侵奪罪など、財産犯における領得罪で問題となる主観的意思要件です。
・他人の物の占有者が権限無く所有者でなければできないことをする意思で、たとえば譲渡・質入をしたり自己のものとして所有(利用)することを言います。これを「他人の物を自己の物同様の経済的用法に従って処分または利用する意思」と言います。
・「後から返すつもりだった」という理由で金銭を自己の利益のために費消するような場合も該当します(一旦、モノが無くなってしまうので)。
・必ずしも自己利益ためにする意思は必要ではなく、第三者の利益のために所有者の自由な処分を奪うことも含まれます。
・但し、一時的に使用するだけの意思に留まる場合(他人の自転車を自己のために使用して元の場所に戻すような場合=使用窃盗)は、所有者の処分権を喪失させるものではありませんから、不法領得の意思は無いことになります。
・他人のものを勝手に廃棄してしまう「毀棄罪」とは区別されます。

No.348593「質問:無断自転車移動について」で、横領罪となる旨の回答をされた方に「良回答」のポイントが与えられていますが、DoubleJJさんが述べられている方が正解だと思います。単純に置き場所を移動しただけであれば、「使用」もしていませんし、所有者の処分権を制限する意思はありませんから、使用窃盗にも該当しません。

といったところですが、答えになっていますでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました。
またたびたび質問すると思いますが、
そのときはまたよろしくお願いします。

お礼日時:2002/09/06 08:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保護法益とは

保護法益の意味がいまいち理解できません
わかりやすく詳しく教えてくださいお願いします

Aベストアンサー

もう一つ付け加えておきましょう。
「犯罪(行為)の客体」という表現があります。客体とは対象くらいの意味に思ってください。
これとは別に「保護の客体」という表現もあります。

それぞれどう違うのか?大体重なることがよくあるのですが、例えば公務執行妨害罪では、「犯罪(行為)の客体」は公務員です。つまり、公務員に「対して」暴行脅迫を用いるので、「犯罪(行為)の客体」は公務員というわけです。一方、「保護の客体」ですが、これは「国家(地方公共団体等も含む。以下同。)の作用」です。公務執行妨害罪という犯罪類型が保護している対象は何かと言えば、これは「公務が適正に執行できること」つまり「国家の作用」であって、その公務を執行する公務員を保護することで、公務が適正に執行できることを実現するというわけです。ですから、「保護の客体」は、「国家の作用」具体的には「適正な公務執行」ということになります。この「保護の客体」こそが保護法益なのです。

ちなみに、「被害者」(特別な法律概念ではなく、当該犯罪行為によって直接に害を受けた者くらいの意味に思っておけば十分です)というのはまた別の話です。公務執行妨害罪など国家的法益についての罪で、被害者は誰かを論じる実益はありませんが、あえて言えば、「国家」です。

もう一つ付け加えておきましょう。
「犯罪(行為)の客体」という表現があります。客体とは対象くらいの意味に思ってください。
これとは別に「保護の客体」という表現もあります。

それぞれどう違うのか?大体重なることがよくあるのですが、例えば公務執行妨害罪では、「犯罪(行為)の客体」は公務員です。つまり、公務員に「対して」暴行脅迫を用いるので、「犯罪(行為)の客体」は公務員というわけです。一方、「保護の客体」ですが、これは「国家(地方公共団体等も含む。以下同。)の作用」です。公務執...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報