ボジョレーヌーボーには解禁日があって、その解禁日にボジョレーヌーボーを発売すると、もうそのお店には酒を卸すなと、メーカーが酒販店に言うと聞いたのですが、なぜ、そんなに解禁日を守らなければいけないのでしょうか?なぜ、解禁日というものがあるのかがわかりません。
ご存知の方がおられましたら、教えていただけませんでしょうか。

A 回答 (3件)

どうも今晩は!




Wikipediaに詳しく説明されています。
「解禁日が設けられた理由は、ヌーヴォーがよく売れるということで各メーカーがどこよりもいち早くヌーヴォーを出荷しようと競い合っていたものがだんだんエスカレートしていき、ついにはワインとして十分出来上がっていないにもかかわらずワインとして出回るようになってしまったからである。解禁日が設けられて以後、各メーカーはこの解禁日までにワインとしてきちんと作り込むこととなった。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%B8% …


ご参考まで
    • good
    • 0

ヌーボーは新酒、ボジョレーは地域の名前です(日本酒なら(実際にはないが)灘の新酒)みたいなものです。


発売開始日がそうであるというだけで実際の製造日はもっと前です(^^) Wikipediaの「競争で日が早まる」説はほかでは見かけない気がします。
日付変更線は太平洋上にあることから日本は解禁日が物理的に一番早く来る国の1つです。深夜に売りだすことがあってもOK。これはこれで目の付け所がカシオかシャープな発想でした。(売れたら勝ち)

いまではワインは製法の1つだからフランス産ワインばかりではない。フランス産ワインの普及率(消費量)も首位ではないかも(世界中で製造可能、わざわざ高価なものをありがたがる人ばかりじゃないってことです)

ボジョレーヌーボーの定義(製法など)はフランスの機関の1つが定義し、発売日は自然に(あるいは業者の申し合わせで)決まったみたいです。ワインメーカーの説明文ではもともとはボジョレーヌーボーだけがあっていまの解禁日(11月の第3木曜)が出来たのは比較的新しいみたいです。
フランスの一般的なワインの出荷日は12月15日でヌーボーはいってみれば大急ぎで作った新製品(検査に合格必要)ってだけです(お茶なら新茶、工業製品ならテスト生産版)

http://www.mercian.co.jp/qa/qa1.html
    • good
    • 1
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京ディズニーランドで配布される記念日などのピンについての質問です。

東京ディズニーランドで配布される記念日などのピンについての質問です。
今までその日に行ったことがないのですが、配布される日というのはあらかじめ分かるものなのでしょうか?

また最近も配布はされているのでしょうか?
11月18日のミッキーの誕生日に配布されたりしますか?

その日はやっぱり混雑しますか?

色々質問ぃて申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

25周年を最後に、正式?な配布はしていませんが…

去年だったっけ?TDSのキャンドルライトリフレクションズが終わるときに、サイリウム(折ると光る棒)を配りました。
でもこれは告知ナシで、どちらかというとCMの撮影用のためという感じでした。
ミッキーの誕生日と、キャンドルの最終日に配ったと記憶してます…

あとは、カウントダウンのときは毎年配布というか、記念品がつきます。

確か10周年から4/15のみ告知ナシで配布がはじまりました。
(それ以前は、5年おきの○周年というときにスクラッチとかはあった)
ミレニアムカウントダウンあたりから、開園記念日以外の日に配布をするようになり、公式HPでも告知がされるようになりましたが、25周年を最後に(しかも確か24個という半端な数で)配布は終了しました。
それ以降、HPで事前に告知されるような配布はしていないと思います。
事前告知があったときの配布日はかなり混雑しますよ。
10~14周年の、4/15のみ配布のころは、4/15に行けばふるい常連にばったり会う…なんてぐらいでした。
ただ25周年までの近年は配布も頻繁でしたので、配布初期のころと比べると分散していたように思います。

今年に関しては、公式では告知はないと思います。
最近は情報あまり入ってこないのですが、とりあえず11/18に配布があるかどうかは今のところ耳にはしていません。
ただ去年はかなりぎりぎりに知ったので、ないとも言い切れないですが。

25周年を最後に、正式?な配布はしていませんが…

去年だったっけ?TDSのキャンドルライトリフレクションズが終わるときに、サイリウム(折ると光る棒)を配りました。
でもこれは告知ナシで、どちらかというとCMの撮影用のためという感じでした。
ミッキーの誕生日と、キャンドルの最終日に配ったと記憶してます…

あとは、カウントダウンのときは毎年配布というか、記念品がつきます。

確か10周年から4/15のみ告知ナシで配布がはじまりました。
(それ以前は、5年おきの○周年というときにスクラッチとかはあっ...続きを読む

Qボジョレー・ヌーボーワインが11月18日に解禁販売される。

ボジョレー・ヌーボーワインが11月18日に解禁販売される。
そもそも販売解禁日がなぜ11月第3木曜日なのか?
この日をずらすと味が極端に不味くなり飲めなくなるからなのか?

Aベストアンサー

味は関係ありません。単に生産者の都合です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AC%E3%83%BC

Q5月6日の志村けんのfaststage

5月6日月曜日に放送された志村けんのFASTSTAGEの中で流れた歌で50過ぎてフフンフンって感じの曲がありましたが、曲名は何というのでしょうか?
家を建てたが居場所がないとかそういった歌詞がありました。
これだけじゃ分からないかもしれませんが、当方車の中で移動中に聞いてまして、電波が入ったり入らなかったりしてましたので詳しくは聞いてないのですが、すこしの歌詞で面白いと思ったのでいろいろ検索しましたが見つかりません。
本当に申し訳ございませんが、知っているかたいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

北見熊の助さんの『オヤジの独り言 』です。
私も車で聞いてとても気になり、調べました。

参考URL:http://j-lyric.net/artist/a052a43/l01d1a9.html

Qボジョレーヌーボーってそんなにおいしいんですか?

毎年ボジョレーヌーボーが解禁になると話題になりますが、別に世界最高級のワインというわけじゃないと思うんですが、ほかのワインにくらべて特別おいしいということなんでしょうか。

Aベストアンサー

いえいえ、
美味しいからではなく、その年採れたブドウで作ったワイン、
という事です。
だから「解禁」なんて言うんですね。
本来、ちょっとした収穫祭に近いノリだったのが、
全く無関係な極東の地で異常に盛り上がっただけです。
(極東なので世界で一番早く飲めるってのが良かったのでしょう)

別に、わざわざ真夜中に飲むこともありませんし、
それほど有り難がるワインでもありませんよ。

QQ.手首付近の局部麻酔について 僕はあと2日したら局部麻酔で手首のピンを抜釘します。でも、局部麻

Q.手首付近の局部麻酔について


僕はあと2日したら局部麻酔で手首のピンを抜釘します。でも、局部麻酔が不安で仕方ありません、本題ですが、局部麻酔は、注射されてから何秒くらいで感覚が無くなるのでしょうか(効果が出てくるのでしょうか。)

Aベストアンサー

5秒から10秒くらいですかね?

麻酔ですからまったく痛みは感じません。

痛みを感じていたら麻酔の意味がありませんからね。

Qボジョレヌーボのフランスの値段と解禁日

ボジョレヌーボは安いワインと聞きますが、フランスで買うといくらぐらいのものなのでしょうか?

また、解禁日が今日でしたか、この解禁日って言うのは単なるお遊びですか?いつ飲み始め(売り始め)ようが自由だと思うのですが。

輸出の半分が日本向け、そして高い値段で売れるって言うことは我々は、ばかってことですか?

フランスでもボジョレヌーボは話題になっているのですか?

Aベストアンサー

フランスでいくらかは知らんです。
日本で高いのは輸入元→問屋→小売店のマージンと航空運賃です。別段珍しいことでもなんでもありません。輸入品は皆そういう手順を踏みますから。特別なのは航空運賃でしょう。だいたい1本あたり600円~800円程度です。輸入元(サントリーとかそういうの)の取り分が200円くらい。問屋の取り分が100円くらい。小売店は会社の方針によって何%の利益を取るかまちまち(これが店によっての価格差)
と逆算すると2000円のヌーヴォーの元の値段はだいたい400円くらいですかね。安いヌーヴォーはやめたほうがいいのはこのためです。1600円くらいで売っているヌーヴォーの原価は下手すると100円以下の可能性もありますね。

もともとフランスでのお祭りというかイベントなのでフランス政府が解禁日を定めています。日本もそれに準じているだけです。たぶん法的拘束力などというものはありませんが要するにマナーの問題だと思います。

フランスではパリとかボジョレー地区ではお祭り騒ぎみたいですが確かに日本が一番騒いでいます。もともとの意味さえ知らずにありがたがっているのはバカくさいですが、旬を大切にする日本人にはわかり易いイベントなのでは?まあ販売側の作戦に乗っちゃってるだけといえばそれまでですが。
今年のは酸と渋みが強めのちょっと本格派っぽい味わいなので普段ワイン飲まない人はあんまり美味しくないかもね。

フランスでいくらかは知らんです。
日本で高いのは輸入元→問屋→小売店のマージンと航空運賃です。別段珍しいことでもなんでもありません。輸入品は皆そういう手順を踏みますから。特別なのは航空運賃でしょう。だいたい1本あたり600円~800円程度です。輸入元(サントリーとかそういうの)の取り分が200円くらい。問屋の取り分が100円くらい。小売店は会社の方針によって何%の利益を取るかまちまち(これが店によっての価格差)
と逆算すると2000円のヌーヴォーの元の値段はだいたい400円...続きを読む

Q日焼け止め、ピンからキリまで☆

日焼け止めの、価格は、ピンからキリまでありますが、
効能に違いはあるのでしょうか?

伸びがいい、落ちにくい、などの理由でしょうか?

やっぱり、高いのは焼けない!
やっぱり、安いのは焼けてしまった!

の経験談など、ございましたら、お願いします。m(..)m

Aベストアンサー

日焼け防止効果はSPF値が高いほどまたPA値の+が多いほど日焼けしにくいです。
SPF 120、 PA+++は白浮きします。
SPF 50、PA+++などなら塗ったかどうかわからないものもあります。また塗った感じがさらっとしていて長く安定しているものが値段が高いように感じられます。

●使う基油の違い
 べたべた感・さらさら感・汗でおちやすさ
 長く皮膚に安定しているかなど。
●使う反射材の違い
 紫外線収集剤や反射材などの材料が金属アレルギーを起しにくい材料か又は匂わない材料かで変わります。安いものは鉱物、アルミなどですが高いものはパール粉末や酸化チタン、酸化亜鉛などを使用します。
●見た目の感じ
 白浮きしないかどうかの感じ

参考URL:http://nayami.spaspa.jp/suncare.html

Qボジョレーヌーボー

2009年のボジョレーヌーボー。
ペットボトル等ありましたが、普通のビンのボジョレー、
航空便で届いたものの卸の価格、小売の価格。
船便で届いた卸の価格、小売の価格。
教えてください。

ランク等あるのかもしれませんが、よく分かりません。
航空便で届いたものを2400円で購入しました。
船便で届いたものが卸で1900円と言われたのですが、それが安いのか
高いのか分かりません。
記念に一本とっておこうと思うのですが、今更ボジョレーを買うのは
あほでしょうか??
返事をすぐにといわれています。

Aベストアンサー

ボージョレ・ヌーボー(Beaujolais Nouveau)は、一般的に出回っているのは、その名の通りのボージョレ・ヌーボーと、ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボーです。そして、造り手によって、結構値段に開きがあります。
航空便のもので比較すれば、ペットボトルのは別としても、ボージョレ・ヌーボーで2,000円前後から3000円台、ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボーで2000円強から6000円台、特別なものとして1万円のもあります。
そして航空便と船便の差ですが、航空便は1本あたりの輸送費が約1000円と言われており、船便ですと200円前後かと思われます。
船便は安いからこそ魅力があるわけで、今までぼくの見た船便のものは、高くても1500円もしませんでした。また、価格帯の高いものは船便で入って来る割合は低いと思います。解禁日に飲めるからこそ、高い価格帯のものでもみなさん買われるのですから。
しかも返事をすぐにとは、いかにもうさんくさいですね。船便での1900円は、高級品の可能性は無いとはいえませんが、でも高すぎるという感は否めません。購入は見合わせられたほうがよいかと思います。

なお参考までに、
ボージョレ・ヌーボーは確かにマセラシオン・カルボニックという製法で造られていますが、
ヌーボーでない通常のボージョレやボージョレ・ヴィラージュ、そしてさらに上級のクリュ・ボージョレ(全部で10あり、長期熟成に向くのもあります)などの大部分も、マセラシオン・カルボニック製法であることは殆ど知られていません。また、ボルドーのメドックの、ある有名な2級シャトーも、このマセラシオン・カルボニック製法も利用していることは、殆ど知られていません。
要は、マセラシオン・カルボニックだから長くはもたない、のではなく、マセラシオン・カルボニックを利用してあくまで新酒のフレッシュさを出す造り方をしているために、長期熟成には適さない、というほうが理にかなっています。

ボージョレ・ヌーボー(Beaujolais Nouveau)は、一般的に出回っているのは、その名の通りのボージョレ・ヌーボーと、ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボーです。そして、造り手によって、結構値段に開きがあります。
航空便のもので比較すれば、ペットボトルのは別としても、ボージョレ・ヌーボーで2,000円前後から3000円台、ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボーで2000円強から6000円台、特別なものとして1万円のもあります。
そして航空便と船便の差ですが、航空便は1本あたりの輸送費が約1...続きを読む

Q「取引債務の弁済期日から90日」についてピンと来る方いますか?

売買契約にかかる債務は、債務履行しないまま弁済期日から90日経過すると、「何かが起こる」ような感じがするのですが、これについて何かご存知の方は是非教えてください!法律に書いてある場合は、法律名もお教えいただけますと助かります。

Aベストアンサー

補足があって初めて分かりました。

○銀行の不良債権で、3ヶ月以上延滞している債権を要管理債権に分類しているようなのですが

これは、金融再生法(金融機能の再生のための緊急措置に関する法律)およびその施行規則において、金融機関が開示すべき債権の種類として「要管理債権」を定め、その基準に「3ヶ月以上延滞している」というのがあるからです。銀行法でも3ヶ月延滞という基準による開示義務があります。

http://www.zenginkyo.or.jp/pub/pamph/pdf/dp2_1.pdf

これらの債権については金融機関の開示義務が生じるというだけで、もとの債権自体には何らの変化も生じません。

売買契約だから、というものでもないですね。

Qボジョレーヌーボーの白

ボジョレーヌーボーは赤ワインだけかと思っていましたら、白があるらしいとのこと。
何処で買えるのでしょうか?東京近郊もしくは、通販で購入可能なお店を教えてください。

Aベストアンサー

 No.2さんのおっしゃるとおり、「ボジョレー」というワインには赤・白・ロゼがありますが、ボジョレー・ヌーヴォー(ご存じとは思いますが、ヌーヴォーとは新酒のことです)として販売できるのは規制があって赤とロゼのみが認められています。実際には少なくとも日本ではロゼを見かけることはありません。

 したがって「ボジョレー・ヌーヴォー」の白はありませんが、「白のヌーヴォー」はあります。ただしボジョレーではなく、同じブルゴーニュ地方のマコン・ヴィラージュや、ロワール地方のミュスカデなどです。また、ドイツワインにも新酒があります。

 ボジョレー・ヌーヴォーに比べると知名度がないし、需要も少ないので小さな小売店ではあまり扱いませんが、東京近郊であればデパートや酒専門の大型店にいけば何かしら取り扱いがあるのではないかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報