炭酸も苦いものも飲めないため、居酒屋さんではカルアミルクやカシスオレンジを飲んでいます。
が、宅飲みしようと思うと、缶はチューハイしか売ってません……
カルアやカシスの原液は瓶で売っていますが、飲む回数が少ないので瓶のお酒とリットルの割りもの(ジュースや牛乳)を買うのも大げさで……

不思議なのですが、何故そのまま飲めるお酒は発泡性のものばかりなのでしょうか?
アルコールの入っていないものなら、普通にジュースやいちご牛乳など缶や紙パックで売っているので、包装技術(容器の問題)ではないと思うのです。
また、需要の問題なら、数が少ないだけで既に普及自体はしてるのではないかと思います。
チューハイのように、缶1つ分、あるいは紙パック1つ分のカクテルがあれば嬉しいのですが、これは何が原因で実現していないものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

人気がないからでは。


#6さんのいうように果実のお酒、ザ・カクテルバーとか、楽しんでいた世代です。
もう今思えば20年以上前ですね。
当時は大流行でスーパーやコンビニにもありましたよ。
いちおうカシスオレンジはまだあるみたいですが。
http://www.asahibeer.co.jp/products/sour/cocktai …

割ものはまあ、500mlとか200mlパックを買って
原酒のなるべく小さいものを買うとかでもいいかもしれませんが。

あとはチューハイや炭酸に比べて
カクテルの本来の一杯分の量に比べると、量が多すぎる、とか
缶で直接飲む場合と氷に注ぐ飲み方でかなり味が違ってくる
とかいうのもあるのでは。ソルティドッグはあの塩があってこそでしょうし。
量としては瓶のカクテルパートナーの200mlがいいのかもしれないけど
缶だとどうしても大きめになりますし。
カクテル好きな人はバーやお店で楽しんだり自分で入れるようになってきた部分もあるでしょう。
また、ワインブームなどでワインを飲む女性も増えましたし
チューハイの女性向けのラインナップや味のバリエーションも増えてきたので
お酒の選択肢が増えるとともに
ブーム、甘い、女性が好むお酒だった缶カクテルの需要も減ったのでしょう。
逆に最近は缶のワインや、パウチのワインすら見るようになってきましたからね。

カルーアミルクも昔は缶ありましたよ。

カルーアは50mlから売っていますし、牛乳も200mlパックからあるうえに
まあ余りはミルクティや調理に使えるから
そういったものを使って自宅で楽しむしかないのでは。
カシスも50mlありますし、オレンジジュースの残りも数日内にそのまま飲めばいいですし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
50mlのカルーアやカシスは見たことがないのですが、あったら嬉しいですね。
店では氷入りだから缶だと味が変わっちゃう、という条件は炭酸も炭酸なしも同じなのに、なぜあそこまで炭酸アリはバリエーション豊かで炭酸なしは全くのゼロ(一般のスーパー3件を回った結果)なのか、そんなにも差が出る決定的な違いまでには思えないのですが……需要だけが原因なのでしょうか……?
でも昔はあったのに廃れたってことは、そうなんでしょうか……いまいちピンときません……

お礼日時:2015/12/20 03:16

フルーツカクテルだと、一応あるんですけどね、サントリーの「とっておき果実のお酒」です。


以前はいろいろな種類があったのですが、販売不振で整理され、現在は三種類だけです(あまり見かけません)。
http://www.suntory.co.jp/rtd/totteoki/collection …

瓶入りだと、同じくサントリーのザ・カクテルバーがあり、ソルティドッグやスクリュードライバー等、炭酸を含まない製品がありました。
一時はコンビニでよく見かけたのですが、販売不振になったようで業務用の濃縮タイプだけになったようです。
http://products.suntory.co.jp/b/0000000205/index …

結局売れなかったということが主な理由のようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
残念です。今もあればいいのですが……

お礼日時:2015/12/20 03:16

売れないからじゃないすか?

    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
炭酸入りの缶の種類は非常に豊富に思えるので、割合として炭酸入り8割炭酸なし2割とかならまだ分かるのですが、需要比が10:0には思えないのです……

お礼日時:2015/12/20 03:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
炭酸入りの缶の種類は非常に豊富に思えるので、割合として炭酸入り8割炭酸なし2割とかならまだ分かるのですが、需要比が10:0には思えないのです……

お礼日時:2015/12/20 03:17

>アルコールが変質しやすいということなのでしょうか。


変性が懸念されるのはアルコールではなく、果汁成分の方です。
窒素ガス充填、高価ですし、生産ラインを切り換えたり別に用意したりすることを考えると、炭酸入りのカクテルのみを生産販売しようという方向に行くのも仕方ない気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2015/12/20 03:18

とりあえず、KIRINやアサヒなどに直接質問しましょう。


質問する場所が違いますよ。

あとね、ここでの的確な回答なんてありゃしない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2015/12/12 20:42

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/1214/216804. …
http://www.asahibeer.co.jp/cocktailpartner/
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/2684967.html
にいくつか炭酸の入っていないカクテルが紹介されています。

ご質問の直接のお答えは
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1764152.html
になると思います。
・原材料費(変質を抑える窒素ガス充填ができないというのも含む)
・ガス圧による缶の整形
などでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
窒素ガスが変質を抑えるのですね。
普通の、アルコールの入っていない缶ジュースは流通しているので、アルコールが変質しやすいということなのでしょうか。

お礼日時:2015/12/12 20:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q缶チューハイ?

チューハイの「チュー」って焼酎のことだと聞きますが
缶チューハイの原材料を見ると焼酎が入ってませんよね。
そうするとチューハイは焼酎を使ってないお酒になるのですか?
それとも焼酎の定義が一般に売られている焼酎という名のお酒と違うのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。
鋭いところに着眼されましたね!

現在の日本の缶チューハイはほとんどが
焼酎を使用していません。
理由は簡単です。
コストが掛かるからです。
では、何と比べてコストが掛かるかと言えば
NO2の方が言われている「ウォッカ」と比べてです。
通常、この場合の焼酎とは「甲類焼酎」を指します。
「甲類焼酎」とはいわゆる「無味無臭」の蒸留アルコールのことです。
「無味無臭」のアルコールと言えば、
ロシアが誇る「ウォッカ」がありますよね。
日本の酒税法では、「缶チューハイ」という規定はありません。
「缶チューハイ」は「リキュール類」に分類されます。
では、「リキュール類」と言えば何か。
簡単に言えば、蒸留酒(ジンやウォッカもちろん焼酎も)に
果汁エキス分を添加したものです
身近な例で言えば、「梅酒」も「リキュール類」に分類されます。
(あまり身近ではないですかね?!)
つまり、「缶チューハイ」に限って言えば、
ベースとなるお酒は「無味無臭」なら
何でも構わないということになります。

かなり長くなりましたが、冒頭に戻って
缶チューハイは「焼酎」ではなく「ウォッカ」を使用しているということになります。

補足が2つ。

近々に日本の酒税法が改定になり、
焼酎とウォッカの税率が変わらなくなるということです。
そのため、今後はウォッカベースではなく、
本来の意味での焼酎ベースの「缶チューハイ」が発売されますよ。

「チューハイ」、正式名称を知ってます?
正式名称は「焼酎ハイボール」、略して「チューハイ」。

長々と有難うございました。

こんばんは。
鋭いところに着眼されましたね!

現在の日本の缶チューハイはほとんどが
焼酎を使用していません。
理由は簡単です。
コストが掛かるからです。
では、何と比べてコストが掛かるかと言えば
NO2の方が言われている「ウォッカ」と比べてです。
通常、この場合の焼酎とは「甲類焼酎」を指します。
「甲類焼酎」とはいわゆる「無味無臭」の蒸留アルコールのことです。
「無味無臭」のアルコールと言えば、
ロシアが誇る「ウォッカ」がありますよね。
日本の酒税法では、「缶チューハイ」と...続きを読む

Qサッポロから缶チューハイ?

ふと気になったんですが、サッポロから缶チューハイは出していますか?キリンやサントリーといったらわかるんですがサッポロに缶チューハイのイメージがないもので気になったんでお分かりになる方教えてください。

Aベストアンサー

 サッポロビールのHPをご覧になればおわかりになりますが個人向けには作っておらず、業務用に作っているみたいです。
→http://www.sapporobeer.jp/product/business/index.html

Qチューハイの缶を上下逆に

近所のお店でチューハイの缶が上下逆にして
置いてありました。
あれは品質保持のためですか?
ビール缶については未確認です。

Aベストアンサー

飲み口にほこりがかからないようにしてます。
家でも保管してるときには逆さまにしますが。

Q【缶チューハイを飲むと胸が苦しい】

閲覧ありがとうございます。
私の母のことなのですが、缶チューハイを飲むと胸のあたりが苦しくなるそうです。
あまりお酒が好きな人ではないのですが、最近の缶チューハイは美味しそうなジュースのようなものが多くて母がいくつか買ってきたんです。
(『氷結』『カロリ』『カクテルパートナー』など)
一つの缶をあけて飲み始めてしばらくすると「胸のあたりが苦しい~」と言いだして、30分~1時間くらい横になっていたら治ったそうです。
横になっている間は本当に苦しそうでした。
それから数ヶ月の間、買ったいくつかの缶をあけてみましたが、全ての缶でその症状が出るわけではないと分かりました。
違う酒でも同じように胸が苦しくなったことも何度かありました。
缶チューハイって入ってるお酒の種類がモノによって違いますよね。
私もよく分からないのですが、「リキュール」や「スピリッツ」など。
母が苦しくなると訴える酒にはたいてい「リキュール」と書かれているもののような気がします。
リキュールが含まれている酒を飲むと胸が苦しくなったりする場合ってあるんでしょうか?
それとも「リキュールのせい」というのは勘違いで他に何か原因があるのでしょうか?
同じ経験がある方や、お酒に詳しい方おりましたら教えて頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

閲覧ありがとうございます。
私の母のことなのですが、缶チューハイを飲むと胸のあたりが苦しくなるそうです。
あまりお酒が好きな人ではないのですが、最近の缶チューハイは美味しそうなジュースのようなものが多くて母がいくつか買ってきたんです。
(『氷結』『カロリ』『カクテルパートナー』など)
一つの缶をあけて飲み始めてしばらくすると「胸のあたりが苦しい~」と言いだして、30分~1時間くらい横になっていたら治ったそうです。
横になっている間は本当に苦しそうでした。
それから数ヶ月の間、買...続きを読む

Aベストアンサー

「リキュール」という酒があるわけではなくて、
「酒に何か味を付けたもの」が「リキュール」です。
成分も味も様々で、一口には語れません。

可能性としては、
(1)アルコールそのものの問題。
(2)含まれている成分の問題。
の二通りが考えられます。

アルコールに弱い人が酒を飲むと、苦しくなることは当然起こります。
ただ、他の酒(ビールとか焼酎とか)を飲んで何ともなかったら、
これではないかもしれません。

最近の缶チューハイは本当に種類が多く、含まれる成分も様々です。
もしかしたら、どれかの成分に対してアレルギーがあるのかもしれません。
確定は難しそうですが…。

あと、炭酸がきつすぎて苦しくなるということも時にはあります。

Q缶チューハイの原材料ってウォッカなんですか?

最近缶チューハイを時々飲みます。

どのメーカーのを見ても原材料はウォッカになっています。

チューハイの原材料は焼酎だと思っていました。

居酒屋のチューハイもウォッカが原材料なのですか?

Aベストアンサー

ひとえにウォッカの方が焼酎より安いから。ロシア人が大酒喰らう位ですから、原価は相当に安いはず。

飲み屋のチューハイのべースもウォッカ。もっと質が落ちるでしょうね。市販のと同じ量を飲んだら翌日の気分は相当凹みそう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報