こんにちは。
1歳になる娘と私の乾燥肌、湿疹によもぎの入浴剤を作りたいとおもっています。
漢方薬局で、艾葉(ガイヨウ)を買ってきましたが分量がよくわかりません。
煮出して使うのは毎日のことで手間なので、ティーパックにいれて直接風呂でもみだして使おうと思っています。
30グラムくらいでいいという説やら、100グラムは必要という説、フードプロセッサーで粉にすれば20~30グラムでよいという説もあります。
いい効果が得られるという分量の情報がまちまちなので、ご存知の方がいたらご回答願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

材料が少し違うかも知れませんが。



1.土鍋・土瓶・ホーロー鍋等非鉄製鍋に水約1.5リットル入れる。 
2.薬草:ヨモギ5g・トウキ(当帰)5g・ジオウ(地黄)5gを煎じ袋に入れ鍋へ。 
3.最初強火で煎じ沸騰させ沸騰後すぐとろ火にし約30分煎じる。 
4.煎じ終わればすぐ煎じ袋を引き上げ、煎じた液は入浴液として 風呂(180~200Lの湯量)へ入れる。 
5.必ず水より煎じる。 

入浴方法
入浴時に毎回本入浴液を入れて使用する   

入浴時間は最低5分以上とする。 
体を洗う前5分間肩までよくつかる。 
石鹸を使用しよく洗う。 
体を洗ったあと5分間以上肩までよくつかる。 
頭皮や顔にも入浴液をつける。 
なるべく長く入浴する。 

入浴効果
アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患 
老人性ソウヨウ症 
ひび・しもやけ・荒れ  水虫 冷え症  痔 
血液循環不全 フケ・カユミ  疲労 リウマチ 腰痛 

一週間前後で効果があらわれますが出来れば一ヶ月毎日続けて試してください。  
副作用はなく家族全員(乳児も)同じ風呂を利用できます。  
現在使用の軟膏など今まで同様使用できます  

ヨモギ・トウキ・ジオウの各薬草は漢方薬店でお求めください。
煎じることが大変と思われる方は煎じ器があります。入浴療法で本格的に取り組もうと考えておられる方は一度ご検討する価値はあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • ふけ症(頭部粃糠疹)<皮膚の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    ふけ症(頭部粃糠疹)とはどんな病気か  粃糠様(細かい米ぬか状)の落屑(らくせつ)を特徴とする頭皮の病気で乾性脂漏(かんせいしろう)ともいい、一般にはふけ症と呼ばれています。健康な人でも生理的に軽度のふけはみられますが、くしでとかすと肩に落屑が目立つ場合は病的と考えられます。脱毛を伴う場合は粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)といいます。 原因は何か  男性ホルモンであるアンドロゲンの影響が指摘され...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヨモギの見分け方

大阪在住の者です

以前から道端に生えている、ヨモギのような雑草をみかけてはヨモギでは、というより実際に現物を見たことがなかったのですが、先日女房が知り合いの人からヨモギを貰ってきたので、近所の道端に生えている雑草を摘んできて見比べたり、におい及びかじって確認したのですが、違いがよくわかりません。

貰ってきたヨモギも雑草ではないか、と疑っています。

どなたか、明確な見分け方を御存じないでしょうか。

Aベストアンサー

そもそもヨモギは代表的な雑草です(^^)。繁茂して大変です。
しかし、ヨモギ餅に入れたりする野草、食草として利用されるだけでなく、もぐさの原料です。
 ⇒ヨモギ - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%A2%E3%82%AE )
 キク科の植物で多くの近縁種がありますが、沢山見かけるのは一般的なヨモギでしょう。葉を取って手の平で摺り合わせて揉むと独特の芳香があります。

 危険なのは猛毒のトリカブトの新芽ですが、トリカブトは葉に光沢があり、香りもありません。似たところに生えているので、間違って採取する人が後を立ちません。他の有毒植物と間違えるとしたらキツネのボタンの新芽かな?・・キツネのボタン/トリカブト/キンポウゲなどはいずれもキンポウゲ科の有毒植物--外見もそんなに似てるとは思わないし、キンポウゲ科の植物はとても苦いのでかんだらすぐわかる。

>貰ってきたヨモギも雑草ではないか、と疑っています。
 いえ、あなたが普段見かける雑草はヨモギだったということでしょう。
 夏に成長したら刈り取って干して砕いてふるいにかけてもぐさを取るとか・・

そもそもヨモギは代表的な雑草です(^^)。繁茂して大変です。
しかし、ヨモギ餅に入れたりする野草、食草として利用されるだけでなく、もぐさの原料です。
 ⇒ヨモギ - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%A2%E3%82%AE )
 キク科の植物で多くの近縁種がありますが、沢山見かけるのは一般的なヨモギでしょう。葉を取って手の平で摺り合わせて揉むと独特の芳香があります。

 危険なのは猛毒のトリカブトの新芽ですが、トリカブトは葉に光沢があり、香りもありません。似たところに生えてい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報