教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

新世社の「演習ミクロ経済学(武隈著、初版第14刷)」
を使わせて頂いている者です。
理解できない箇所があったので教えていただけないでしょうか。

箇所は230ページにある、例題6.8の注2(6章公共経済、第3節外部性)で
「個人の予算制約式」が示されているのですが、
この予算制約式の導出方法が分からなくて困っています。

予算制約式というと、私の脳ミソに何とか収まっている知識の中では
(1)”px+py=I”  のような基本的な式と、
(2)”pC+ωX=ωLo” のような労働が考慮された式があったと思います。

(2)の式の思考が近いのかなぁ、とは考えているのですが、
しかし中式の【8ω+π/2】について理解ができませんでした。
どこからπが…

細かい質問ですみません、よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

一般的なノーテーションとして、ωは賃金を、πは利潤を表す際に使われることが多いです。

したがって、8ω+π/2は、8単位労働して、企業の利潤を 1/2 配当として受け取る、ということではないかと思います。


とはいえ、この本を持っていないので正確なところは分かりません。前後が書かれていれば分かる、と思います。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
少し長くなりますが引用してみます。急ぎではないのでお手透きの際にでもみてやってください。

==========================================================
例題6.8【公害とピグー課税】
ー---------------------------
経済には2人の個人と一つの企業が存在するものとする。
企業は労働を雇用してx財を生産し、その生産関数は
x=2L^(1/2)  〔x:企業のx財生産量,L:労働投入量〕
で示されるとする。
企業の利潤は配当として二個人に均等に支払われるとする。
企業の生産活動は公害を発生させ、公害の量はx財の生産量に依存し、その関係が
z=x/4 【z:公害の量,x:企業のx財の生産量】
で示されるとする。
2人の個人の効用はx財の消費量と公害の量に依存し、また、二個人の効用関数は同一であり、
u=3x-2z^2 【u:効用水準,x:x財の消費量,z:公害の量】
で示されるとする。さらに、個人は当初労働だけを所有し、
2人の労働の初期保有量はともに8であるとする。
---------------------------

(1)公害に関する規制がないとき、競争均衡におけるx財の生産量および公害の発生量を求めよ。

企業の利潤:π=px-ωL=2pL^(1/2)-ωL …(1)式
【p:x財の価格 ω:労働賃金率】
利潤最大化:(dπ/dL)=pL^(1/2)-ω=0 ∴L=(p/ω)^2 …(2)式
(中略)

ー---------------------------
〔注2〕(1)において、x財市場も均衡している。実際、(1)と(2)より、
π=(p^2)/ω
また個人の労働供給量は8であるから、個人の予算制約式は
px=8ω+π/2=8ω+(p^2)/2ω
である。
(以下略、x財市場が均衡することを示す3行)
========================================================

最後に示された式についての質問です。長々とすみません。

補足日時:2007/12/11 01:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をよく見直したら理解できた気がします。
見慣れないものを中々受け付けないタチがあるようです(汗)
ありがとうございました!

お礼日時:2007/12/12 08:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング