テレビを見ていますと、若手の芸人が先輩芸人に対して「○○師匠」という呼び方をしています。
「歌丸師匠」「三枝師匠」などはわかるのですが、「Wヤング師匠」「チャンバラトリオ師匠」という言い方をしたのには、おかしな感じがしました。
「師匠」というのは個人名につける敬称だと思っていたので、コンビ名、団体名につけるのはおかしいように感じました。
「Wヤングのお2方」「チャンバラトリオの皆様」というのが正しいような気がします。
芸能界ではこの呼び方でも失礼には当たらないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

芸人は上下関係が厳しい世界です。

入院中の内海桂子も
よく寄席で面白いエピソードを話していました。
結論は、No.2の回答に同意。
上下関係をはっきりさせることばを入れないで先輩を呼ぶ
などは考えられない世界なのです。なので、用法などは
度外視しても、先輩、師匠は必須の敬称です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
本来の用法とは違っても、芸人の世界は独自のルールが適用されるという事ですね。

お礼日時:2007/12/17 20:33

グループの場合、全員で一人の芸人という見方ができますから、特に問題ないでしょう。

「藤子不二雄先生」などの例もありますし、別に芸人の世界に限ったことではないと思います ( ^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
会社でも「○○工業さん」とか言うのに違和感を感じていたのですが、他に適当な敬称ってないですね。

お礼日時:2007/12/17 20:31

「若手の芸人が」が自分(達)の専門の道で直接指導を受けた人達のことを称しているのなら、それでよろしいのでは?


貴方が当該「若手の芸人」の立場になってみてください。当該師匠達を目の前にして、「Wヤングのお2方」とか「チャンバラトリオの皆様」と呼べますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
う~ん、芸人になった事はないので何とも言えません(笑)

お礼日時:2007/12/17 20:30

使われています。

失礼にはなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2007/12/17 20:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフェルゼンを疎んだ摂政殿下とは何者ですか?

『ベルサイユのばら』のコミックス第11巻に収録されているエピソード3で、グスタフ4世が13歳という若さで即位したので摂政が置かれたものの、その摂政はフェルゼン家を良く思っていないからフェルゼンはベルギーに留まるとジャルジェ将軍に答えていましたが、殿下と敬称が付くということはその摂政は王族ですか?

Aベストアンサー

『ベルばら』には詳しくないですが、それはおそらく摂政団の一員であるカール公爵ですね。
グスタフ4世の叔父(前王グスタフ3世の実弟)なので、立派な王族です。
史実では、グスタフ4世がクーデターで王位を追われたあと、新たなスウェーデン王として
即位する人でもあります。

Q【正しい日本語・敬称の使い方】他大学の教授とのやりとりで、自身の担当教官に敬称をつけるべきか否か

正しい敬称のつけ方についての質問です。

私は現在大学生四年生です。
他大学の大学院を受験しようと考えており、その関連でその他大学の教授に手紙を送るよう担当教官から指導を受けました。

他大学教授宛の手紙の中で担当教官について言及したいのですが、その際
「担当教官の○○○○から××先生のお話を伺い、・・・」
とすべきか、または
「担当教官の○○○○先生から××先生のお話を伺い、・・・」
とすべきかで迷っています。

ビジネスマナーを考慮すると、身内や自身の属する組織の人間に敬称は用いないので、担当教官に対する敬称は省略したほうが良いように思えます。
しかし、あくまでも指導者である担当教官に対しての敬称略は、無礼ととられないこともないのではと考えてとても困っているのですが・・・

どちらの使い方が正しいのでしょうか?
どなたか解答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ビジネスマナーに限らず、社会常識として、身内や自身の属する組織の人間に敬称は用いないのは、そのとおりです。

ただ、微妙なのは、いわゆる「師弟関係」における対外的な敬称ですよね。落語界や芸人などの芸能界、相撲などのスポーツ界、料理人や大工など職人の世界、宗教界や学問・教育の世界でもそうですね。いわゆる「伝統的な世界」では、それぞれ独特の厳密なルールがあると思います。

この場合のあなたは、どちらかというと「恩師と教え子」の関係ですが、教育や学問の世界にあっては、対外的にも敬称を付けるのが一般的だと思います。

医師や教師などは「外科の○○先生」「校長の○○先生」などと対外的にも普通に言います。看護師は患者やその家族に対しても「本日○○先生は学会でお休みされています」などと平気で言います。「敬語の常識」としてはおかしいはずですが、業界の慣例として、患者(客)に対しても医師に関しては尊敬語を用いるのでしょう。

私見ですが、医師、教師、弁護士、政治家、師匠、親方、師範、芸術家など、およそ「先生」と呼ばれる職業の方(つまり、こちらがお金を払う側なのに、逆にお礼を言ってしまうような相手)に対しては、対外的にも敬う言い方をする傾向にあると思います。

よって、「担当教官の○○○○【呼び捨て】から××先生のお話を伺い、…」よりも、ご質問文にある「担当教官の○○○○【先生】から××先生のお話を伺い、…」か、No.2様のご回答の「担当教官の○○○○【教授】から、××先生のお話を伺い、・・・」の方が、日本語として適切かどうかは別として、【業界としては通りが良い】と思います。

日本語が不自由な日本人が増えている中、ご質問者様のように正しい言葉づかいに努める若い方がいらっしゃるのは、大変嬉しく思います。大学院の合格をお祈りいたします!

ビジネスマナーに限らず、社会常識として、身内や自身の属する組織の人間に敬称は用いないのは、そのとおりです。

ただ、微妙なのは、いわゆる「師弟関係」における対外的な敬称ですよね。落語界や芸人などの芸能界、相撲などのスポーツ界、料理人や大工など職人の世界、宗教界や学問・教育の世界でもそうですね。いわゆる「伝統的な世界」では、それぞれ独特の厳密なルールがあると思います。

この場合のあなたは、どちらかというと「恩師と教え子」の関係ですが、教育や学問の世界にあっては、対外的にも...続きを読む

Q「結婚」とは?

【結婚】の定義をしてください。


以下は、その例です。

・離婚資格を入手すること。----横田順彌

・国に届けた性関係。----日高敏隆

・3つの「リング」を経て成り立つもの。エンゲイジ・リング。ウェディング・リング。サファリング(suffering)。----匿名作者

※敬称略。また、横田氏、日高氏の定義は平凡社「噴飯惡魔の辭典」より引用。
 

Aベストアンサー

「結婚」とは

苦楽行きの電車の切符に

ハサミを入れること。

Q弊社に対する、他の会社名の呼び方

ビジネス上の会話として、たとえば弊社がs○nyだとして、トウ○バを「トウ○バさん」または「トウ○バ様」とさんや様をつけて話すのは日本語としておかしいといわれましたが、そうなんでしょうか。
詳しい方ご教授いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

語学的どうか分かりませんが、社会通念的には別におかしいことではありません。

会社名に「さん」をつけるのはよその会社様と話しているとき話題に出てきて社名を言うときに使うことが多いように思います。
例えば「御社もご存知かと思いますが○○社さんの場合は・・・」とかです。

相手の会社の目の前で相手会社を言い表す場合は「御社(おんしゃ)」を普通使うものですが、どうしても会社名を使う場合は「様」を付ける場合があります。
この場合、上下関係から営業へお伺いいている場合は絶対に「様」に徹した方が良いでしょう。
会社名に「さん」を付けるのは立場的に上にある場合で且つある程度気心が通じ合った信頼関係が成立していることが前提と考えるべきです。

なお余談ですが会社名を呼び捨てにするのをお酒の場などで時々聞くことがありますが、これは絶対避けるべきです。 誰が聞いているか分からないような場所で客先である会社名を呼び捨てにすることはその関係者が聞いていた場合、ビジネスに影響を及ぼしかねないからです。
どうしても言いたい場合は小声で耳元で囁くとか個室で話しをするとかその場の状況を判断して話をするべきでしょう。
これもビジネスマンの常識ですね。

語学的どうか分かりませんが、社会通念的には別におかしいことではありません。

会社名に「さん」をつけるのはよその会社様と話しているとき話題に出てきて社名を言うときに使うことが多いように思います。
例えば「御社もご存知かと思いますが○○社さんの場合は・・・」とかです。

相手の会社の目の前で相手会社を言い表す場合は「御社(おんしゃ)」を普通使うものですが、どうしても会社名を使う場合は「様」を付ける場合があります。
この場合、上下関係から営業へお伺いいている場合は絶対に「様」に...続きを読む

Q男性の心理とは?

私は女性です。

職場に30-50代男性の上司がたくさんおり、かなりのヒエラルキーが構築されています。
そういう環境の中で、多くの上司とメールのやり取りをしています。
気を使われる性格の上司は私のメールアドレスを«○○さん»と登録してくださったりしますすが
多くの上司は何の登録もなしで、メールアドレスそのまま送信されます。

最近、気になる男性上司がいて、向こうもまんざらではない気はしていたのですが、
今日、頂いたメールを見ると、私の名前をアドレス帳に最近登録してくださったようで
宛先アカウントが私のフルネームになっていました(今までは登録なしなので、直接アドレスが記載されていました)

ひとつ、気になったのが、その上司がわざわざアドレス帳に登録するのに、さんとか称号を付けず
いわば私の名前を呼び捨てで登録していることです。

上司なら、このような登録は常識ですか?
その上司は、他の女性職員の名は登録していないようです(他の女性にさりげなく聞いてみました。。。)

どんな心境で、部下の名を呼び捨てで登録するのでしょうか?

Aベストアンサー

メールの連絡先の登録表記は一般的に氏名だけで「さん」とか敬称とかつけないのがネチケットとして普通です。(社外の人も)
本文ではもちろん「〇〇さん」「〇〇課長」という風に書きます。

上司部下の問題ではないです。

Q呼び方・敬称について

私は学生なのですが、学生が教員を面前で呼ぶ場合、「○○先生」というのが一般的で、本人の前で「○○教授」「××助教授」「□□講師」と職制や階級付けで呼ぶのは不自然というか少し失礼にあたるのではないかと思います。

同様の理由でテレビ番組で本人に向かって「北村弁護士」とか「丸山弁護士」と呼びかけているのは妙な感じがします。
本人に対して、名前に職業名をつけて呼ぶのは敬称にあたるのでしょうか?(ex.○○医師・◎◎会計士・△△薬剤師)
その場合、職業名(◎◎医師)と階級名(◎◎外科部長・△△教諭)とで違いはあるのでしょうか?

一般に「○○常務」とか「××部長」という際の常務・部長は敬称だと言われていますが、上記の様な○○助教授、××弁護士、あるいは国会議員に対して面前で□□議員と呼ぶのは「○○先生」というより失礼な呼び方の様に私は感じるのですが、そうでもないのでしょうか?

ご意見を頂ければ幸甚です。

Aベストアンサー

こういう問題は個人個人の感性によって、受け取り方が違ってくるものではないかと思います。
私は「北村弁護士」とか「丸山弁護士」と呼びかけていることに違和感はありません。
○○医師・◎◎会計士・△△薬剤師なども、本人がその職業に誇りを持って、プライドをもっていることが、一般的に想定できるなら、OKではないかと思っています。
逆に私は「○○先生」は、かなり限定して使ってくれないと、不快感を持ちます。
アタック25などで、教師が出場しているということだけで、最初から最後まで「○○先生」を連発されると「『さん』でいいでしょう!!!」と、思います。
その人にとって教えを受けた師のみに「先生」を使うべきだと思うのです。
国会議員に先生というのもおかしいと思います。
「先生と呼ばれるほどの馬鹿でなし」という川柳もありますし。(江戸時代?)
(過去の栄光にすがって中身も何にもないろくでなしを、どう呼んでいいかわからないときに、人はしばしば当り障りのないようにということで「先生」と呼ぶので、という意味です)
この川柳に関係なく、実際、先生と呼ばれることを嫌がる人も結構います。
そう呼ばざるを得ない場合以外は「さん」で通す世の中になって欲しいものです。
教師同士が「先生」と呼び合っているのも、かなり変です。
小学校あたりでも、1~2年生を相手にする以外は、教師も自分のことを先生と呼ぶのは止めて欲しいと思います。
自分のことは私というのが当然ですし。
だいぶ脱線してしまって申し訳ありません。
と、言うわけで、私は不自然とか失礼とかは思いませんし、上記のものは敬称にあたると思っていいのではないかと思いますし、先生でもどっちでもいいのでは・・・という意見です。

こういう問題は個人個人の感性によって、受け取り方が違ってくるものではないかと思います。
私は「北村弁護士」とか「丸山弁護士」と呼びかけていることに違和感はありません。
○○医師・◎◎会計士・△△薬剤師なども、本人がその職業に誇りを持って、プライドをもっていることが、一般的に想定できるなら、OKではないかと思っています。
逆に私は「○○先生」は、かなり限定して使ってくれないと、不快感を持ちます。
アタック25などで、教師が出場しているということだけで、最初から最後まで「○○先生」を連...続きを読む

Qネットに見る容疑者の定義とは

最近「ビンラディン氏」が「ビンラディン容疑者」と呼ぶように変わりましたが、
先日、問題をおこした島田紳助は問題が発覚した後でも「島田紳助さん」。

そして、島田紳助容疑者と呼ぶこともなく昨日いきなり「島田紳助」と呼び捨てになりました。

テレビ局、特に当事者が売れっ子の場合は当たり前のことなんでしょうか?

マスコミ全般、報道する側に容疑者の使い方の定義はないんでしょうか?

Aベストアンサー

テレビ、新聞の報道において、その表現に(報道関係の)団体による規制があるらしく、過去犯罪者など呼び捨てにしていたこともありましたが、人権問題などにより、敬称をつけることになりました。
で、容疑者という敬称をつけるのは、検察局により起訴された時点から、この敬称を使用するらしく、裁判により判決が出て、有罪が確定した後は、受刑者となるそうです。なお、刑罰が死刑のときは、敬称が死刑囚となります。

ただし、報道番組以外の放送には適用されない場合があり、その発言を行った人の主観で、敬称をつける場合、呼び捨てにする場合、があるようです。

Q皇族方をお呼びするときの敬称

 こんにちは。
 今回は,「皇族方をお呼びするときの敬称」について伺いたく存じます。
(以下,わたしの文才のなさで,文章を書くと支離滅裂で質問がはっきりしないと存じますので箇条書きにさせていただきます)

1.「天皇皇后両陛下」は失礼に当たらないか。
(「陛下」が「皇后」だけに係っているのではないか)
2.秋篠宮紀子妃殿下か。秋篠宮妃紀子殿下か。

 以上です。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

それぞれ宮内庁の公式見解より。

1.
http://www.kunaicho.go.jp/03/d03-01.html
「両」が付いているのでよろしいかと。


2.
http://www.kunaicho.go.jp/02/d02-06.html
文仁親王妃紀子殿下

Q御手木とは

  加賀の舊前田藩の「御手木」といふ職、もしくは地位について教へてください。石を扱ふ仕事に關係あるかと想像します。
  尾山神社の境内にある力石に「御手木」の文字が彫られてゐます。

Aベストアンサー

こんにちは!

元々の手木(てこ)の意味は、足軽に貸しだす刀が不足した場合、刀の代用品として足軽に持たせた先のとがった丸い棍棒の事で、手に持つ木だから「手木」と通称されていたようです。

従いまして、この手木の本来の意味から察するように、地位は高くはなく、多くは足軽階級(手木足軽)で、足軽の組頭(手木小頭、あるいは手木足軽小頭)がまとめ役をします。

この手木の方々の仕事は、簡単に言ってしまえば、庭師のような、庭の整備が主な仕事だったようです。

昔の資料などでは、敬称で御をつけて御手木と記載されています。

Q落語家には常に「師匠」をつけるものなのでしょうか

以前立川談志がテレビ番組で「さん」づけで呼ばれたことを後で憤慨していたと弟子の人が話していたのですが、やはりこれは失礼なことなのでしょうか。
談志曰く「先生は皆ちゃんと先生をつけて呼ぶだろう、それと同じだ」ということでその時は「なるほど」と思ったのですが、その理屈だと相当沢山の人々が本来は「師匠」と呼ばれるべき存在ということになってしまいそうな気もします。
落語業界内であればどう呼ぶかに一定の決まり事もあるでしょうが、部外者の場合はどうでしょう。特に若い落語家を「師匠」などと呼んでいるところを見ると少し阿っているような印象を受けなくもありません。
それに「師匠」が「先生」と同種のものであると考えると、例えば郵便物の宛名なども「師匠」と書くべきということなのだろうか・・などとも考えてしまいます。
敬称の使い方としてこれは如何でしょうか。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

もし私が著名な落語家と接したら、たぶん「師匠」と呼ぶでしょうが、呼ばれるほうから要求するのは、おかしいです。談志さんは変わった人ですから、そういう人の言動をあまり分析してもしょうがないでしょう。

先日、ある役所の外郭団体が主催する落語会のポスターに「出演:××師匠」と書いてありましたが、これは滑稽です。主催者が客に敬語を強いてはいけません。

ある大新聞に学校の先生が投書しました。「私あての郵便物に<先生>と書いてないの多い。けしからん」というものです。もちろん、たいへんな反論が寄せられたようです。

ある将棋指しがテレビに出たとき、対談者が、2人称として「八段は‥」としきりに言っていたのが、奇妙でした。

黒柳徹子が高円宮(たかまどのみや)と対談したとき、最後まで「あなた」と呼んでいました。呼ばれたほうも、終始ニコニコとそれを受け入れておられました。

呼ぶ人、呼ばれる人の言動から、その人の品格が見えてくるので、なかなか興味深いですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報