最新閲覧日:

2社の株価の予想変化率に関する確率分布は以下の様に与えられています。
A社の予想株化上昇率をXという確率変数で表し、B社についてはYとする。

表:2社の株化の変化率に関する確率分布
     |  A社の株化上昇率(%)
     |  -10  0  10
――――|――――――――――――――
B -20| 0.10  0.05  0.10
社   5| 0.10  0.20  0.05
の  30| 0.20  0.15  0.05




このときに、XとYに関する共分散を求めたいのですが
XとYが独立でない時、
Cov(X,Y)=E(XY)-E(X)E(Y)
となるのは分かるのですが
E(XY)の計算の仕方がわかりません。
ノートには、
E(XY)=E{Y・E(X|Y)}
と書いているのですが
これってどうやって計算するのですか?
教えてください。お願いします。
できればテストのある月曜までに
ご回答よろしくお願いします。。
正確な解答はなくてもE{Y・E(X|Y)}の
計算方法だけでもけっこうです。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (1件)

> XとYが独立でない時、


> Cov(X,Y)=E(XY)-E(X)E(Y)
> となるのは分かる

だとすると、E(XY)の意味が問題ですね。質問に掲げられた表の数値がE(XY)そのものです。

さてE{Y・E(X|Y)}の話。逆向きに考えてますよ。この場合
E(X|Y)が必要なら、それを求めるのにE(XY)/E(Y)を使うんです。

Xを[A社上昇率-10%の確率]、Yを[B社上昇率30%の確率]とすれば、
E(XY) = 0.2 =両方同時に起こる確率の意味です。この場合XYはかけ算じゃありません。正確にはP(XアンドY)という確率の期待値E(P(XアンドY))のことです。
E(X) = 0.1+0.1+0.2 = 0.4
E(Y) = 0.2+0.15+0.05 = 0.4
E(X|Y)= (0.2)/0.4 = 0.5
OKですか?いずれもE(P(X)), E(P(Y)), E(P(X|Y))を略記しているんです。従って、E{Y・E(X|Y)}とは E(P(Y)P(X|Y))の意味です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
試験に間に合って今日受けてきました。
なんとか、良くできたと思います。。
この問題がばっちりでてました♪

お礼日時:2001/02/05 21:53

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ