今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

このたび、ソーラーパネルを購入しました。
モノは「5W」のタイプです。

しかし、逆流防止の措置がされていないので
以下のように逆流防止ダイオードを入れたところ
翌朝、バッテリーが上がっていました。

どうやら、昼間充電した電気が「逆流」しているようです。

配線のチェックをして頂けると幸いです。
よろしくお願いします。

「ソーラーパネルのプラス」
     ↓
「逆流ダイオードをバッテリーに向けて」
      ↓
「バッテリーのマイナス」
      ↓
「逆流ダイオードをソーラーパネルに向けて」

以上、2か所に逆流防止ダイオードを入れました。

つまり、プラスからマイナスへ
電気がグルっと一周、回るように
ダイオードの向きを決定しました。

プラスコード側の逆流ダイオードはバッテリー方向に
マイナスコード側の逆流ダイオードはソーラー方向に

これで、一方向にしか電気が回らないと思ったのですが・・・

何がダメだったのでしょうか?

購入した先の担当者は、
「ダイオードはマイナス側にだけ入れればOK」
と、言っていましたが
念のために、プラス側配線にもダイオードを入れたのが
誤りだったのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ANo.1,3 です。



> 何か、逆流の原因を突き止める方法はないのでしょうか…

ご使用の部品などのデータを確認する方法はナシですか?

> たとえば、ソーラー側のプラスとマイナスのコネクターを
> テスターで計ってみた場合、ちゃんと逆流防止がなされている場合の
> 電圧は「0」と表示されるのでしょうか?

そうですねぇ。アモルファスうんたらというソーラーパネルの
電気的特性は存じませんが、
逆流してるならその方向に電圧が現れる[かも]知れませんね...

テスターをお持ちなら回路中に電流レンジで挿入すれば、
流れてる電流の方向と大きさがわかるはずですが...
発電してない状態でバッテリを消耗する方向に流れてるのなら
それでバッテリ上がりになってるのでしょう。

(針式で逆方向の測定は困難(センターゼロならともかく)でしたら
デジタルテスタをオススメします。)

原因というか、それでもし逆流があったとわかったところで、
その先はどうされるのでしょう...
    • good
    • 2

>プラス側配線にもダイオードを入れたのが


>誤りだったのでしょうか?

 どちらか一方に入れるだけでいいと思います。両方入れると、充電電圧が約1.5V程度低くなります。片方にするとその半分になる。
 出来るだけドロップの小さいショットキーダイオードなど使った方がいいでしょう。

>何か、逆流の原因を突き止める方法はないのでしょうか…
 夜に、セルの出力側の電圧を測って、電圧がかかってないか低い電圧(バッテリー電圧より)なら逆流防止が効いてます。(ただし、バッテリー電圧があること)
    • good
    • 2

ANo.1 です。


「2箇所」とも書かれていたので指摘しませんでしたが、

> 「ソーラーパネルのプラス」
>      ↓
> 「逆流ダイオードをバッテリーに向けて」
>       ↓
> 「バッテリーのマイナス」
>       ↓
> 「逆流ダイオードをソーラーパネルに向けて」

とは、

以下の図で合ってますか?

ソーラパネル
(+)  (-)
|   |
▽   △ ←ダイオード.左のは下向き、右のは上向き
|   |
(+)  (-)
バッテリ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい図をありがとうございます。
まさに、”これ”です。

お礼日時:2008/01/01 23:23

充電用ならばダイオードではなくソーラーパネルとバッテリーの向きが間違っていますね。



プラスの出力はバッテリーのプラスに接続しないと充電されません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

3の方が書いてくれている図が
私が行った配線図です。

ソーラパネル
(+)  (-)
|   |
▽   △ ←ダイオード.左のは下向き、右のは上向き
|   |
(+)  (-)
バッテリ

これなら、向きは合っていますよね?

お礼日時:2008/01/01 23:22

使われたソーラーパネルやダイオードやバッテリの仕様が不明なので


断言できなく、机上の理屈なのですが...

ソーラーパネルが例えばシリコン太陽電池だとすると、
発電していない時は単なるダイオードと同じ働きをしてしまうので、
バッテリの電気を放電してしまうことになります。
なので逆流防止しようと考えられたのは正解です。

ただ、ソーラーパネル製品によっては逆流防止策がなされているかも
知れず、この場合は外部での逆流防止は不要です。

> 念のために、プラス側配線にもダイオードを入れたのが
> 誤りだったのでしょうか?

2箇所に入れた事自体は、この現象につながる原因になってないと思いますが、
逆流防止は1箇所にあれば充分だし、電圧降下により若干でも
ロスしてるはずなので、その意味ではない方が(つまり1個だけの方が)
いいです。

また、ダイオードは「逆方向の電流を遮断するもの」とはいえ、部品の特性や
使用電圧によっては遮断しきれない場合があります。
ダイオードの特性として、逆降伏電圧特性といい、
逆方向の電圧が耐えられないほど高いと、電流が流れてしまうのです。
また、漏れ電流といい、遮断しているつもりなのに文字通り漏れてしまい、
少量ですが流れてしまうことがあります。

これらはダイオードのデータシートに記載されているので、
それらを確認の上選択されるといいです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

使ったのは、アモルファスというソーラーパネルです。
また、逆流防止はされていません。
なぜなら、販売者が「逆流防止策を講じてくれ」
と、言っているからです。

何か、逆流の原因を突き止める方法はないのでしょうか…
たとえば、ソーラー側のプラスとマイナスのコネクターを
テスターで計ってみた場合、ちゃんと逆流防止がなされている場合の
電圧は「0」と表示されるのでしょうか?

お礼日時:2008/01/01 23:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽電池の並列接続と直列接続

タイトルのとおりです。
太陽電池の並列接続と直列接続の違いはどういうことですか?
もちろん接続法の違いは分かるのですがそれぞれ並列接続するとどうなるか、直列接続するとどうなるか教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

太陽電池1セルあたりの電圧は0.45V位です。
並列接続の場合、電圧0.45V、電流は面積に比例して流れます。
直列接続の場合、電圧は0.45V×直列段数、電流は単位セルの面積に比例して流れます。
通常は負荷となるものが数V以上必要(電子回路の場合は3V、5V等、鉛電池の場合は6V、12V等)なため、所望の電圧値になるように太陽電池を直列接続にして使います。
直列接続にした場合、そのうちの一つのセルが陰になった場合、太陽電池はまったく発電できません。例えば、一つのセルが葉っぱで半分しか光が当たらない場合は全体の出力も半分になってしまいます。
それに対して、並列接続の場合は陰になっている部分以外は出力できます。太陽電池面積の1割だけ光が当たらない場合は9割の出力が可能です。
ただし、出力電圧が0.45Vなので昇圧しないと使えません。そして電圧が低い分大きな電流が流れることになります。
昇圧するにしても昇圧回路までにたどり着くまでの損失は抵抗×電流^2になりますので、昇圧回路を太陽電池のすぐ近くに置く等の工夫が必要となります。また、普通の昇圧回路では効率が悪いため、マルチフェーズなど手の込んだものが必要となってきます。
回路のコストがかかっても、陰に対してのリスクを軽減する必要がある用途があれば使われる手法かもしれません。

太陽電池1セルあたりの電圧は0.45V位です。
並列接続の場合、電圧0.45V、電流は面積に比例して流れます。
直列接続の場合、電圧は0.45V×直列段数、電流は単位セルの面積に比例して流れます。
通常は負荷となるものが数V以上必要(電子回路の場合は3V、5V等、鉛電池の場合は6V、12V等)なため、所望の電圧値になるように太陽電池を直列接続にして使います。
直列接続にした場合、そのうちの一つのセルが陰になった場合、太陽電池はまったく発電できません。例えば、一つのセルが葉っぱで半分しか光が当たらな...続きを読む

Qソーラーパネルの電圧と電流の関係について

現在、DIY型のソーラー発電を行っています。
いわゆるこのほかに、チャージコントローラー、バッテリー、インバーター
を使用した発電です。
二度ほど、売電システムについて問い合わせをさせてもらいました。
その節は、大変お世話になりました。
DIY型のソーラー発電を始めて、約一年半が過ぎようとしています。
ですからまだソーラー発電については初心者の域を超えていないと自覚
をしています。最近ふと疑問に思うことがありましてお聞きします。
パネルの電圧と電流の関係が、特にパネルの電圧が開放電圧の値を示して
いる時の電流の値がどうなっているかと言った点です。
現在、2系統で発電をしています。
〇250Wパネル-2枚並列接続(500W)
〇100Wパネル-3枚直列接続(300W)

今回「250Wパネル-2枚並列接続」を例に出してお聞きします。
250Wパネルの仕様は、
動作電圧 : 48V
動作電流 : 5.21A
開放電圧 : 59V
となっています。
パネルのW数250は、動作電圧(48V)×動作電流(5.21A)=250.08W
と言ったように、動作電圧の値と動作電流の値の積が基準になっている
と思います。
パネルの電圧が、最大の59Vになった場合、電流の値は、どのくらいを
示すのかどうかお聞きしたく、今回質問しました。一般的な回答で結構です
から、回答をいただければと思っています。
動作電流の5.21Aより大きい数値を示せば、常識的には、250Wの数値
は楽に超えているはずですが。
逆に、電圧が59Vになれば、電流は、動作電流の5.21Aの値より、下回
っている状態なのでしょうか?
この件がよく分かりません。


実は、驚いたのですが、一番寒い今年の一月に、59Vの値を示しました。
正直な所、寒い時に、こんな値を示すとは夢にも思っていませんでした。

付け加えますと、「250Wパネル-2枚並列接続」には、MPPT方式のチャージ
コントローラーを使用し、モニターも接続しています。しかしパネルの
電圧は表示されても、電流は表示されず、ですから電流の値は把握できません。
テスターを使っても、500mAまでの電流しか計測できないので使えません。
ただこのように計測器の準備が十分でないことは否めない事実のようです。

現在、DIY型のソーラー発電を行っています。
いわゆるこのほかに、チャージコントローラー、バッテリー、インバーター
を使用した発電です。
二度ほど、売電システムについて問い合わせをさせてもらいました。
その節は、大変お世話になりました。
DIY型のソーラー発電を始めて、約一年半が過ぎようとしています。
ですからまだソーラー発電については初心者の域を超えていないと自覚
をしています。最近ふと疑問に思うことがありましてお聞きします。
パネルの電圧と電流の関係が、特にパネルの電圧が開...続きを読む

Aベストアンサー

太陽電池パネルの仕様書をたどれば、IV特性が得られるはずです。
パネルは日射量に比例する電流源を示します。
そして、MPPTは電圧をゼロから上昇させて最大電力点を目指します。
しかし、負荷がこれを下回れば、当然その電力しか出力できません。
電圧がある程度を超すと電流が低下を示し、この曲がり角がおおむね最大出力点になります。
さらに進んだその先の電流ゼロ値の電圧(最大値)が開放電圧になります。

太陽電池パネルの温度特性は、温度が上がると開放電圧は低下します。
短絡電流は日射量に比例し、温度の影響はほとんどありません(影響が小さい)。
したがって、同じ日射量強度であれば、気温の低い冬のほうが電圧は大きくなります。

この特性はLEDそのものです。構造が同じなので。つまり、LEDは、
電流に発光量が比例する、温度で順方向電圧が低下する、

Qワット数の違うソーラーパネルの並列接続

お世話になります。
現在、10Wのソーラーパネルでバッテリーを充電していますが、発電量が少なく感じるので20Wのソーラーパネルを増やそうと計画中です。
違うワット数のパネルを並列接続するとワット数の少ないパネル(日陰になったパネル側)に電気が流れてしまいますよね?
単純にソーラーパネルの+側にダイオードを入れれば良いのでしょうか?
低損失のダイオードが有れば、教えてください。

もしくは、コントローラーを2台にすれば良いのでしょうか。

申し訳有りません。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>単純にソーラーパネルの+側にダイオードを入れれば良いのでしょうか?

 それで大丈夫です。



>低損失のダイオードが有れば、教えてください。

 ショットキーバリアダイオード → http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-03803/
がお勧めです。このダイオードは3端子で2本のダイオードが入ってます。

Qバッテリーの並列接続はOKか?

太陽光発電(100Wクラスの小さい物)をしようと思っています。
12V30Ah程度のバッテリーが安いのでこれを使おうと思います。
30Ah程度では、容量が少ないので、これを2個並列に繋いで
60Ahにしようと思っています。
ここで、質問なんですが、
「バッテリーの並列接続はしない方が良い、痛みが早くなる。」
という文をどこかで読んだ記憶があります。
その一方で、「並列接続して運用している」という話も聞きます。
1.並列で接続しても大丈夫でしょうか。
2.並列で繋ぐ時に感電するでしょうか。(火花が飛ぶ?)
お暇な時にでも回答下さい。

Aベストアンサー

No.2の hattydayo です。
部品は,どこまで準備できているのでしょうか。下記は,これからそろえる
と仮定しての場合です。

発想を変えてみませんか。
並列接続をしたいのではなく,容量を増やしたいのですよね。
欲しいのは,12VDCではなく,100VACですよね。

並列接続で,容量が2倍になると仮定して(実際は1.4倍程度ですが)
・12V30Ahの並列接続より,12V入力インバータで100V
・12V30Ahの直列接続より,24V入力インバータで100V

上記2つの容量は,同じです。(何も容量増やす→並列では,ありません。)
鉛蓄電池の並列接続は,問題大ですが,直列接続は,全然問題ありません。
太陽電池の直列接続も,通常は,問題ありませんし,24V対応の物も,
普通にあります。

充電コントローラ・インバータも24V対応の製品があるようです。

12V用がそれなりに準備されているなら,
12V充電コントローラが2個あれば,直列接続のバッテリおのおのに,接続す
ることも可能ですし,インバータも12V用をどうしても使用したければ,能率
は,落ちますがDC-DCコンバータで24Vから12Vに変換することも考えてもおも
しろいでしょう。

No.2の hattydayo です。
部品は,どこまで準備できているのでしょうか。下記は,これからそろえる
と仮定しての場合です。

発想を変えてみませんか。
並列接続をしたいのではなく,容量を増やしたいのですよね。
欲しいのは,12VDCではなく,100VACですよね。

並列接続で,容量が2倍になると仮定して(実際は1.4倍程度ですが)
・12V30Ahの並列接続より,12V入力インバータで100V
・12V30Ahの直列接続より,24V入力インバータで100V

上記2つの容量は,同じです。(何も容量増やす→並列では,あ...続きを読む

Qソーラーパネルの充電できるバッテリーの容量

お世話になります。
ソーラーパネルとコントローラーを購入しました。
バッテリーは軽自動車のバッテリーが余っているので使う予定ですが、ソーラーパネルに対して容量が大きいと充電できなくなるのでしょうか。
使用するソーラーパネルです。
タイプ:単結晶(高効率)最大出力:10w(1枚あたり)最大出力動作電圧:17v最大出力動作電流:0.59A開放電圧:21.5v短絡電流:0.68Aサイズ:385×290×25mmシステム電圧:最大1000v重量:1.4kg
使用するバッテリー
28B17L
ソーラーパネル チャージ コントローラー
1A/12v
です。
使用用途は主に室内の照明です。12VでパワーLED(12V 500mA)を発光させます。
たぶん、非常用で毎日メインでは使いませんので、充電時間が長くなってもバッテリーが空になることは無いと思いますが。

バッテリーサイズを小さい物(小型シールド鉛電池)に換えたほうが効率が良いのでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

結論から申し上げますと、ソーラーパネルで鉛蓄電池への充電は可能ですが、自動車用鉛蓄電池(バッテリー)は「深放電に弱い」ことをご理解ください。

ですから、充電不足による過放電を繰り返すと気付かずに深放電をしてしまい、バッテリーの寿命を著しく縮めてしまいますから、このような使い方をするなら「ディープサイクル・バッテリー」か「ニッケル水素充電池」のような繰り返し充放電に強いバッテリーが適してます。

ソーラーパネルとチャージコントローラーの能力から推定すると、バッテリーへの充電電流は多くても0.5~0.6A程度と思われますから、日照時間の短い冬季は1日の充電電流は5Ahにも満たないと思います。
従って、500mAの電流を取り出す(LED点灯)時間を10時間以内に抑えないとバッテリーは徐々に消耗することになります。

ただ、非常用として毎日のようにLEDを点灯させない使い方なら、満充電に近い状態を保つので自動車用バッテリーでも数年間は使えるはずですね。

Qバッテリーの使用可能時間を計算する方法

バッテリーの使用可能時間を計算する方法を教えて下さい。

例えば、蓄電容量80Ahのバッテリーフル充電時に消費電力100Wの電化製品を使用した場合、何時間使用可能かを出す計算式です。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

> 蓄電容量80Ahのバッテリー

バッテリの定格電圧が不明だと、そこから何ワットの電力が取り出せるかは解りません。定格1.2Vのエネループと、24Vの車用バッテリーとでは、同じ1000mAhでも取り出せる電力は20倍も違います。と言うことを踏まえて考え方を。

1)バッテリから取り出せる電力量[Wh]=バッテリーの定格電圧[V]×畜電容量[Ah]

2)機器の消費電力量[Wh]=機器の消費電力[W]×3600 ※電流は1秒あたりの量なので

3)機器の動作時間[h]=バッテリから取り出せる電力量[Wh]÷機器の消費電力量[Wh]

余談)機器の消費電力[W]=電源電圧[V]×消費電流[A]
∴100V用の機器ならば、消費電力÷100=消費電流となる。800Wの電子レンジの消費電流は8A

実際には一般家電製品は交流100Vですから、直流のバッテリから供給するためには、インバータなどによる変換が必要となります。ここでの変換損失が10%程度見込まれるので、バッテリの実力値そのままというわけにはいきません。

Q逆起電力防止用ダイオードについて

モーターやリレー等、コイルを使う場合、逆起電力で部品が壊れるのを防ぐために
ダイオードを使うと思いますがダイオードの選択方法がわかりません。
例えば3V、2AをDCモータに流すとしてこのモータの逆起電力を防止するためには
どのくらいの定格のダイオードを利用すればいいのでしょうか?
計算方法があれば教えてください。
またダイオードにも小信号用やショットキー、整流用等、色々種類がありますが
どのタイプを選択すればいいんですか?

Aベストアンサー

モータなどのインダクタンス成分をもっている回路での還流ダイオードでは、モータやリレーなどの通電電流をバイパスすることができるだけの電流容量と、駆動時の電圧に耐えるだけの逆対電圧、(もうひとつ、高速にスイッチングするときには、逆回復特性も)を基準にして選定することになるかと思います。

3V2Aで駆動しているモータの場合だと、電流容量が2A以上の(高速整流用)ダイオードを選べばよいかと思います。
耐電圧の3V以上は、まず問題になることはないでしょう。

QAC100VのブレーカーをDC12Vで使いたい

太陽光発電の関係で安全装置を付けたいと思い
ブレーカーの取り付けを考えています

バッテリーから屋内に配線する予定なのですが
そのバッテリーと屋内に引き込むまでの間にアウルボックスなどに入れて使用する予定です

そこで少し質問なのですが
AC100VやAC220VのブレーカーをDC12Vに使うことは出来るのでしょうか?
いくつか家にAC用のブレーカーが余っていたので有効利用できないかと考えています

よろしくお願いします

Aベストアンサー

No.2です。
・過電流遮断機(ブレーカー)は、交流用も直流用も構造的には大差ありません。

現在主流のブレーカーの稼働方式は次の3種類です。
・熱動型(バイメタル式)
・電磁型
・完全電磁型

この中で、熱動型と電磁型は交直両用使用出来ます。
完全電磁型だけは直流使用には、流れる電流A値に補正が必要となります。
実際の使用においては交直使用が認められている熱動型か電磁型が安全です。

> これは例えばAC100V 20Aというブレーカーの場合
> DC12Vでは何Aになるのでしょうか?
・熱動型、電磁型は、ACと同じですから電圧ではなく、最大電流のみで動作します。
現在、ブレーカーをお持ちならば、型番から製造メーカーにスペックシートを取り寄せることにより、DC使用の可、不可は分かります。
スペックシートはネットにアップしているメーカーもあります。

蛇足ながら、、、
近年、ハイブリット車や電気自動車、太陽光パネルの普及に伴い、NFBやMCCBの直流使用が多くなってきました。
NFBやMCCBの仕様書に直流使用時のスペックを載せるメーカーが増えています。

一例として、三菱NFBのカタログ。
WS-Vシリーズならば「用途別遮断器」P107に直流時の仕様と結線方法などが書かれています。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/haisei/lvc-breakers/catalogs/

なお、丁度良いモノが無い場合、直流フューズを探してみる手もあります。
主に、バイク自動車用フューズ(6V、12V、24V)メーカーから探すのが良いでしょう。

No.2です。
・過電流遮断機(ブレーカー)は、交流用も直流用も構造的には大差ありません。

現在主流のブレーカーの稼働方式は次の3種類です。
・熱動型(バイメタル式)
・電磁型
・完全電磁型

この中で、熱動型と電磁型は交直両用使用出来ます。
完全電磁型だけは直流使用には、流れる電流A値に補正が必要となります。
実際の使用においては交直使用が認められている熱動型か電磁型が安全です。

> これは例えばAC100V 20Aというブレーカーの場合
> DC12Vでは何Aになるのでしょうか?
・熱動型、電磁型は、...続きを読む

Q公称解放電圧と公称最大出力動作電圧の違いを教えて

太陽光ソーラパネルの用語で、
公称解放電圧は、出力端子を解放した時の電圧
公称最大出力電圧は、最大電力を出力する時の出力端子の電圧
と言うことのようですが、どう違うのでしょうか。
また、それぞれどのように使い分けるのでしょうか。
解放状態で使用しない場合は、どちらの電圧が出るのでしょうか。

Aベストアンサー

公称解放電圧は何もつながない、出力がオープンの時の電圧です。
通常は負荷がつながっているので、ユーザーは殆ど気にする必要はありません。最大それだけの電圧が出るので、繋ぐ機器や部品の耐圧がそれ以上である必要があります。組み立てや接続業者が必要とする値です。

公称最大出力電圧は使用時の最大電圧で、実際の能力を表します。

Q整流用ダイオードの大きさについて

12V(自動車用バッテリーです)のテールランプ21wをLEDに変えました。が
スモール時(5W)にもストップランプが付くようになってしまいました
なので、整流用ダイオードで逆流を防ごうと考えています

電球に戻すことも視野に入れると
整流用ダイオードはどれくらいの大きさを使えばよろしいでしょうか?
素人考えですと、単純に余裕をもって大きい物を使った方がいいように
思えるのですが
なにか弊害が出るものなのでしょうか?

どなたか教えていただけたら助かります

Aベストアンサー

>テールランプ21w
これは白熱電球の時の電力ですか?
LEDなら当然かなり電流が小さくなります。
実際に流れる電流の2~3倍以上を選べば良いです。

少々大きすぎることに特性上問題はありませんが、当然、値段や外形寸法が大きくなってしまいます。

>電球に戻すことも視野に入れると
白熱電球もつけることも考慮にいれる、ということでしょうか?
白熱電球は点灯時、定格値よりかなり大きな電流が流れます。
21Wの白熱電球なら、安全を見たら10~20A程度の物を選んだ方が良いでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング