【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

こんにちは

現在1歳3ヶ月の子供がいます。
出産後、尾てい骨が以前と違う気がします。
以前より出っ張っているような、骨が増えたような…
とくに痛みはないですが、床に仰向けになって腹筋をすると
ちょっと痛いような感じです。
生活に支障はないのですが、骨盤がずれてしまったのか
そもそも出産は関係ないのか。。自然と治るものなのか。。

もし通院が必要な場合は接骨院、整形外科などどこへ掛かるのがいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.1です、すいません追記を…



ゆいいつ整形外科ではレントゲンがとれ、飲み薬の処方ができます。
接骨院ではシップはあっても飲み薬の処方はないです。
接骨院でも病状(歪みの程度)によっては整形外科を紹介することもあります。

育児中で自分の時間ってなかなかとれないでしょうが
早めに受診、治療を続けるのが大事かな。
私も人のこと言えなくて治療を続けなきゃいけないんですけどね(^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。。
あれから整体に一度行きました。
多少骨盤がずれているそうです。とりあえず一度おためしで行ってみたのですが、その後逆に腰の調子が悪くなってしまいました。
それでそれきりになってしまいました。評判のよい整体へまた行ってみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/13 22:45

質問者さまの問題を解決(原因の診断)するには、病院を受診する以外に方法はありません。

したがって、整形外科を受診し診断してもらってください。接骨院は病院ではありませんので原因を医学的に究明することはできません。病院を受診して病的なものでなければ診断してもらった医師に相談の上、接骨院などの病院以外のところへ行けばよいと思います。
(接骨院では保険は効きませんので注意してください。接骨院で保険が適用されるのは急性など外傷性の骨折、不全骨折、脱臼、打撲、捻挫、肉ばなれのときだけです)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とりあえず整体に行ってみました。骨盤がゆがんでいると言われました。結局は腰痛がでてしまいそれきりになってしまいましたが。。
整形外科にも行ってみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/13 22:47

産後って骨格が歪むんですよね。


腰にゴムバンドをして骨盤体操(ぐるぐると腰をまわす)だけでも治ってしまうとも聞いていますがそれもなかなか(汗)

私が産後たまたまですが、整形外科、整体、接骨院と治療をした経験があるのですが、
病院によって治療方法が違ってました。

骨格の歪みを治すなら、整体か接骨院が良いと思います。

まず整体。保健はきかないので1回5000円強はしました。
マッサージ(骨格矯正)してもらってその場で治ってしまうので速効性がありますね。
ですが、生活をはじめるとまた徐々にもどってしまうそうなので
月に1回くらいを続けて何ケ月か通うのが理想です。
もしくはマッサージの後に良い骨格が保てるようなベルトなりコルセットをしたら良いと思います。
ただ、注意したいのは病院とは違うので先生の腕もピンキリです。
評判が良くて人気のある先生を探すのがちょっと大変かも。

接骨院は保健がきくので1回1000円未満です。母は350円、私は600円と保健と治療によって値段が違ってきます。
電気治療、温湿布治療、先生のマッサージ(骨格矯正)の後にスパイラルテープをはってくれるまでがコースになってます。
スパイラルテープは医院によって使ってないところもありますが、このテープがとても効きます。
http://www.spiraltape.co.jp/frame/spi.htm#2
整体のようにボキボキ鳴らさなくても骨格を治してくれますが、続けての治療が効果的なので出来たら週1回くらいを数カ月続けると良いと言われています。
とはいえ、育児をしているとそうもいかず、私も通いたいのですがなかなか(汗)

整形外科は電気治療と体操だけで、骨格自体の歪みを治す治療はしてくれませんでしたので、骨格の矯正はあまり期待できません。


以上、他の病院を知らないので偏った情報でしょうが参考に。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q出産後、尾骨(?)が出てきたのですが、病院に行った方がよいのでしょうか?

約10ヶ月前に出産したのですが、お尻の割れ目の一番腰に近い辺りの骨(尾骨?まさに尻尾のような骨です)が、出てきたように感じます。

出産後に、どんどん体重が落ちていったので、そのせいで骨っぽい身体になったのかと思っておりましたが、やはり尻尾のような骨が足を抱えて座る際などに当たる感じがして、気になりはじめました。

色々調べると、手術しているケースもあるようなので、心配になり質問させて頂く事にしました。

痛みはありません。が、少し気になります。病院で診てもらった方がよいのでしょうか?その場合は、何科になるのでしょうか?整形外科?産婦人科???

ネットで、「骨盤が開くと尾骨が下がって尻尾のようになるが、じきに治る」というような記述も見つけました。・・・と言っても出産後もう10ヶ月です。長すぎますよね・・・?

話が発散してしまいましたが、ずばり、どのように対処すべきか、ご教授いただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

整形外科でレントゲン撮影をしてみてはどうでしょうか?

一般女性より尾骨が大きくなっているとか、骨盤が開いているとか、
レントゲン写真を見ればすぐに分かると思います。

Q娘が二分脊椎と診断されました。

先日、妻が娘(9ヶ月)を大きな病院に連れていくと、おりしの形を見て、二分脊椎と断定されました。
割れ目が始まる上の部分が窪んでいます。
1ヵ月後にMRIを撮ります。
この病気は、HP等で調べると、先天的な病気で、下半身に異常が出てくるそしてその症状がでると一生治らないと知り、非常にショックを受けました。
今は、つかまり立ちをし、ピョンピョン跳ねたりして、非常に元気です。なので、病気だなんて全く信じられないですし、信じたくありません。

そこで、質問があります。
(1)まだ、検査もしていないのに、二分脊椎と断定できるものなのでしょうか?
(2)今は元気ですが、成長するにつれて、やはり何かしらの症状が必ずでてくるのでしょうか?
(3)症状がでると、やはり治らないのでしょうか?また、完治させるような、もしくは症状が出させないような治療法方はあるのでしょうか?

まだ、生まれたばかりなのに、一生つらい思いをさせるのかと、不安で不安で仕方ありません。
他にもアドバイスがありましたら、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私自身二脊の当事者の(潜在性)高校生です
若造ですいませんが回答させていただきます

今、歩いておられるとのこと、おそらく潜在性だと思います
そもそも、二分脊椎は、二分脊椎だけで症状がでるとは限りません
唯単に、脊椎に割れ目があって、脊髄になにも悪さをしてなかったらなんの症状も出ないことの方が多いです
二分脊椎の上に、脊髄がそこから露出したりだとか、周りの脂肪がなかに入り込んだりして症状がでてくるのです
二分脊椎には大きく二つのタイプがあって、開放性と潜在性があります
開放性は脊髄が皮膚から飛び出ているため生まれてすぐにわかります
脊髄が飛び出ている場所から下が麻痺するので、症状も生まれたときから固定されている場合が多いのです
それと比べ、潜在性は生まれてすぐにわかるというわけではなくて、貴女のお子さんのように、くぼみなどで後からわかることの方が多いです
症状も、開放性に比べて比較的軽くすむ方が多いです
軽い方は、トイレに不便をきたしたり、ちょっと腰が痛くなったりするくらいじゃないでしょうか
ただ、潜在性は、脊髄そのものに傷はありませんが脂肪腫といって、二分脊椎になってる部分から周りの脂肪が入り、脊髄に絡み付いて脊髄の成長を妨げたりする場合があるため、後々(特に成長期)になって、急にひどくなるときがありますゆえに進行性とも言われるのはこっちです
私は、潜在性の脂肪腫の中でも一番大変なタイプだったらしいのですが、小学生高学年あたりになって、急に足の麻痺が進みました
そのため、脂肪腫などを併発した場合は手術を勧められると思いますが、手術をすれば、脂肪を脊髄からはがそうとして、脊髄に傷がつくのは必至です
どんなに腕のいいお医者様でも無傷でおわらすのはできません
その辺を天秤にかけなきゃいけないのが、難しいところです
お医者様とよくご相談なさってください
セカンドオピニオンなども検討された方がよろしいかと思います
その前に検査をきちんとして、どの程度のものなのかしっかりと把握することが重要だと思います

あんまり気を落とされないようにしてくださいね
かわいい娘さんだもの、きっと乗り越えられますよ
乱文失礼いたしました

私自身二脊の当事者の(潜在性)高校生です
若造ですいませんが回答させていただきます

今、歩いておられるとのこと、おそらく潜在性だと思います
そもそも、二分脊椎は、二分脊椎だけで症状がでるとは限りません
唯単に、脊椎に割れ目があって、脊髄になにも悪さをしてなかったらなんの症状も出ないことの方が多いです
二分脊椎の上に、脊髄がそこから露出したりだとか、周りの脂肪がなかに入り込んだりして症状がでてくるのです
二分脊椎には大きく二つのタイプがあって、開放性と潜在性があります
開...続きを読む

Qほとんど食べない子の離乳食の進め方

7ヶ月過ぎになる娘がいます。現在完母で1日の授乳回数は7回前後です。
離乳食を始めて1ヵ月半になりますが、離乳食をほとんど食べてくれません。
開始直後からあまり食べる方ではなかったのですが、それでも開始後2週間くらいしてトロトロおかゆや甘みのある野菜のペースト、豆腐など4~5口は食べるようになっていました。
それがここ2~3週間はスプーンをもって行くと口は開けてくれるのですが、食べ物を入れると眉間にシワを寄せ、べ~~っと口から出してしまいます。
カボチャやバナナなどは、多少飲み込んでくれることはあります。
しかし柔らかめのペーストにしないと、少しでも粒が残っていたり、ベトベトくらいの硬さにすると食べてくれません。よって、魚やペーストになりにくい野菜(葉野菜や人参、大根)などは全く受け付けません(これは最初から)。
良く飲んでくれる物といえばスイカの汁です。
甘いものなら飲むのかというと、そうでもないようです。果汁もたまにしか飲んでくれず、麦茶や冷まし湯なんて完全拒否です。

他の方の質問を検索して読んでいると、母乳の好きな子はあまり食べたがらなかったり、母乳をやめると食べるようになるとの事なので、今現在食べないこと自体はそれほど心配していないのですが・・・。

こういった場合、どのように段階を進めていましたか?
1)ほとんど食べなくても7~8ヶ月過ぎれば1日2回食にしていたのか、とりあえず1回だけにしていたか?

2)硬さはその月齢によって、ペーストからキザミに変えていった方がいいのか?・・・多分キザミにしたら尚更食べなくなりそう・・・

3)甘みのあるものしか食べなくても偏ると分っていても、とりあえず食べれる物だけ食べさせていた?根気強く他の野菜や肉魚などもトライしていた?(食べるものに他のものを混ぜると、食べません)

4)母乳以外はほとんど飲まない場合、夏の水分補給はどうすればいいのか?(おっぱい:乳頭トラブルがあるので、母乳ばかりをちょくちょく吸わせるのは辛いしトラブルが悪化します)

他、経験談等お聞かせ下さい。

7ヶ月過ぎになる娘がいます。現在完母で1日の授乳回数は7回前後です。
離乳食を始めて1ヵ月半になりますが、離乳食をほとんど食べてくれません。
開始直後からあまり食べる方ではなかったのですが、それでも開始後2週間くらいしてトロトロおかゆや甘みのある野菜のペースト、豆腐など4~5口は食べるようになっていました。
それがここ2~3週間はスプーンをもって行くと口は開けてくれるのですが、食べ物を入れると眉間にシワを寄せ、べ~~っと口から出してしまいます。
カボチャやバナナなどは、多...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。3歳の娘がいます。うちの子もほとんど食べないタイプで、進めるのに苦労しました。そこで栄養士さんに相談しに行ったのですが、「赤ちゃんの1口は、大人の3口です。食べる練習なのだから、1口で充分ですよ」と言われて肩の荷が下りました。

確かに母乳っ子って食べない子が多いように思います。うちの子も完母だったせいなのか、お腹がすきすぎるとお乳ばかり求めて怒り狂って離乳食どころではないし、お腹がすいていないと食べないし(どっちにしても結局食べない)途中でお乳を欲しがって、私は上半身裸で食べさせたり。。。今思うと何て無駄なことしていたんだろう~というのが感想です。今振り返ってみてそう思うだけで、当時は真剣だったんですよ(笑)

ご質問ですが、
1)食べない子は無理に2回与える必要はないです。ママが大変&イライラするだけなので。。。そもそも2回って必要なんですかね?(って経験上思います)うちの子は本当に食べなかったし、食品で栄養が取れるわけじゃないし、生活のリズム??って・・・う~ん、うちの場合は生活習慣のリズムは食事からではなくて、1歳を過ぎた頃に睡眠から先に整いました。1歳でも夜中に授乳していましたので、朝お腹がすいているわけがないですよね(笑) 10時になるとお腹がすきすぎて泣き叫ぶので、9時くらいにとりあえず1口与えていました。マニュアルどおりに私は2回与えていて、あとは夕方頃にとりあえずは用意していたかな?でも本当必要なかった、って今は思います。今2人目を妊娠中なので、この子ももし食べないタイプだったら、自分が楽な方法を選ぶつもりです。

2)徐々に刻みに変えていくのがマニュアルどおりで正しいやり方ですが、いきなり全体を刻みに変えると無理がありますよね。かろうじて形を保っている程度(これは大切!!指先で簡単に潰せるくらい)の刻みをペーストに混ぜていきます。最初はほんのチョットから。慣れてきたら混ぜる割合を増やしていきます。

3)最初に書きましたが、食べる練習なので栄養うんぬんは抜きにしてOKですよ。食べられるものを与えていれば大丈夫です。私の母曰く「昔(私達が赤ちゃんの頃)は離乳食のマニュアルなんてなくて、その時期食べられそうなものを適当に与えていたよ」とのこと。私は【食べない子代表】と母に言われるくらいに食べない子でしたが、特別な訓練もなく普通に食べられるようになったので、自分が生き証人です(笑)元気な子供を産んで、健康に生きています。

4)母乳で水分補給できるのが一番楽なのですが、それが難しいようでしたら、のどの渇きが限界の時に色々試されると良いと思います。今はまだ「喉がカラカラ」という状態にはなりませんよね。たまらなく水分を欲した時には飲むかもしれません。それでもまったくダメだったら、おかゆの水分を大目にするなど、食品で調節しても大丈夫ではないでしょうか。うちの子は、うす~くしたほうじ茶なら飲みましたよ。スパウトの飲み口がついたマグマグを与えたら、おもしろがって飲みました。傾けると液体が口に入る!というのが新鮮で楽しかったんでしょうね。

長文で申し訳ありません。読むの疲れちゃいますよね(^^;)離乳食もそうなんですが、卒乳や寝かしつけ、トイレトレなど、時間が自然に解決してくれることって多いですよ。季節の変わり目って、大人でも食欲が落ちますし、暑くなる時期は進まなくて当然なんですよ、と栄養士さんに言われました。食べられるものを1口だけ。それで大丈夫です^^ 

こんばんは。3歳の娘がいます。うちの子もほとんど食べないタイプで、進めるのに苦労しました。そこで栄養士さんに相談しに行ったのですが、「赤ちゃんの1口は、大人の3口です。食べる練習なのだから、1口で充分ですよ」と言われて肩の荷が下りました。

確かに母乳っ子って食べない子が多いように思います。うちの子も完母だったせいなのか、お腹がすきすぎるとお乳ばかり求めて怒り狂って離乳食どころではないし、お腹がすいていないと食べないし(どっちにしても結局食べない)途中でお乳を欲しがって、...続きを読む

Q娘の頭が異常に大きい・・気が狂いそうです。

娘は産まれたときは33cmと標準でした。
しかし生後1ヶ月で39cmになり要観察で病院に何度か連れて行き問題ありませんでした。
1歳の時に48.5cmになり既に3歳児よりも大きい感じでした。
現在は51cmです(3歳半)。
毎日、なるべく気にしないように過ごしてきましたが、昨年から幼稚園の未就園に通園するようになり極度に不安になり始めました。
身長も高い(102cm)ですが、頭のサイズは「大きい」というレベルをはるかに超えています。
「え?」という顔をされて2度見3度見されます。
母子手帳で見ると標準よりも大きいくらいかもしれませんが、見た目は小学校の中学年くらいはあります。
実際に、小学生よりも大きいことはざらで、娘よりも大きい頭の年長児を見たことが無いです。
頭の形も見たことが無いような感じで、とにかく頭の天辺が平らで物を置いてもなかなか落ちないい平らです。両親にも形は全く似ていなくてそれも不安です。どこまで大きくなるのでしょうか・・
本当に不安で怖くて夜中にうなされます。
全身が毛深くて、二の腕は男性のすね毛程濃くて、ホルモン異常かと思い病院には何度も連れて行きましたが、特別おかしな数値では無いと言われました。
肌も両親とも白いほうですが、娘はなぜか色素沈着をおこしたような黒さで病気が隠れていないか不安です。
今は通園の時にいぶかしげに見られるのが堪らないです。悲しいです。
年少にあがるのが怖いです。
どんなことでも構いませんのでご意見ください。

娘は産まれたときは33cmと標準でした。
しかし生後1ヶ月で39cmになり要観察で病院に何度か連れて行き問題ありませんでした。
1歳の時に48.5cmになり既に3歳児よりも大きい感じでした。
現在は51cmです(3歳半)。
毎日、なるべく気にしないように過ごしてきましたが、昨年から幼稚園の未就園に通園するようになり極度に不安になり始めました。
身長も高い(102cm)ですが、頭のサイズは「大きい」というレベルをはるかに超えています。
「え?」という顔をされて2度見3度見されます。
...続きを読む

Aベストアンサー

何度もすみません、No.20,21です。
ご質問を投稿なさってから、少しはお気持ちが楽になられたでしょうか。
今回は別視点から回答させていただきます…。

ご質問者は、この質疑内で娘さんは医者からは高機能自閉症か広汎性発達障害ではないかと言われていると仰っていましたが、その見立てには、かなり正確な根拠があり、娘さんの特徴は全て「広汎性発達障害」で説明できると考えてのことだと思います。

頭囲と広汎性発達障害に関した記述は、この質問サイトにも載っていますし、グーグルなどで検索しても“自閉症 頭囲” で検索するとかなりの数でヒットしますから、頭囲の大きさで発達の仕方の傾向を見極めるというのは以前からあったし、根拠あってのことだと思います。

トゥレット障害も頭囲が大きめであることも、体毛が濃いのも、広汎性発達障害の特徴の一部である、そうとらえたとき、それらが独立した特徴ではなくて、一つの連続体に属する特徴なんだと理解できると思います。
娘さんには複数の障害があると考えるよりも、全ては広汎性発達障害というカテゴリー内に収まる特徴であり、発達のバランスとは、そういう風に一見 無関係に思えるようなことにも影響が出るものと受け入れると、心に掛かる負担が軽減できると思います。そして、水頭症でない以上は、心配なさっているほどにアンバランスにはならないと思いますし、成長すればレーザー脱毛という手段もあります。

ともかく、親が気にしなければ子供はあまり気にしないし、親がいつでも平気だという顔をしていると子供も安心します。
だから、お母さんは例え演技であってもお子さんの前では平気だと振舞っていて下さい。トゥレット障害も、親があまり気にすると、それがお子さんにはストレスになって症状が重くなることがありますので、これに関しても、お母さんが止めようにも止められないことですから、それはお子さんの特徴なんだと、それ以上は考えず受け入れてあげてください。無理に症状を抑えようとか、自分が悪いと思わない、その方が子供の症状は軽減するものだそうです。
______

下記の1は、個人のブログなので直リンクを避けるため “h” を外しての紹介になります。タイトルはアスペルガー症候群になっていますが、広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)について書かれたもので、文章の真ん中あたりに、ちょうど ご質問者が疑問に思っていた娘さんの特徴と符合することが書かれています。
2と3は主に行動上の特徴について書かれていて、3ではトゥレット障害(トゥーレット症候群)が広汎性発達障害に分類される症状であると書かれています。
発達障害全般が未だ研究途上ですが、1~3のどれも参考になると思います。

1)【アスペルガー症候群】ttp://igagami-takeshi.net/document/2011.12.26.html

2)【手をつないで・・・ 自閉症親子のノンビリ成長記録/高機能自閉症とアスペルガー症候群】    
            http://www7a.biglobe.ne.jp/~poyosuke/1koukinou.html

3)【広汎性発達障害とは】http://dditoguchi.jp/b01what-pdd.html
    

障害と考えると辛くなると思いますが、概念に縛られずに生まれつき発達の仕方が定型発達とは違うということ、発達の仕方が違っていても伸びしろもちゃんと存在しているということ、そのことを受け入れ、早期から療育することで当人が社会に適応できる力や可能性がぐっと高まること、このことを信じて娘さんたちに温かく接し、親子の信頼関係を深めて行ってください。

今は下の娘さんのことが気掛かりだと思いますが、上の娘さんも悩んでいるお母さんのことを心配したり不安になったりしていると思います。
同じ経験のない者が言っても心に響かないかもしれませんが、ご質問者が下のお子さんのことで悲しめば、上の娘さんも悲しむし、お母さんの気持ちが解っていても、上のお子さんは愛情が下のお子さんにばかり向かっているような寂しさを持つものなのです。親が、どんなに愛していても。
子供って親が悲しんでいると直ぐに察してしまうもので、辛いけれど、いま出来ることを考えて、気持ちを切り替えて行くことだと思います。
______

発達障害という響きは重い十字架のようで辛いですが、脳を含めた身体上の設計図は親には書き換えは出来ません。設計図の書き換えはできなくても、子供の心の中を豊かにしたり、周りの偏見を取り除けるように働き掛けたりは親にも出来ます。
先の回答では発達障害にまつわる暗く重たいことばかり書いて申し訳なかったと思いますが、当事者の家族である以上、綺麗ごとばかりは書けませんでした。
けれども、出来る努力をすることで報われたこともたくさんあります。
完璧を目指せば辛いことばかりですが、出来ることを一つ一つやっていくことで得られることは必ずあります。

私は息子の幼稚園でも、小・中学校、高校と、どの担任にも必ず息子が過去に髄膜脳炎に罹ったこと、その影響で脳波に乱れが生じ抗てんかん薬を飲まなければならなくなったこと、ADHDとLDを合併するに至ったこと、全てを話しました。今は脳波が正常になり、抗てんかん薬のお世話になっていませんが、小学生の頃は抗てんかん薬の影響で眠気が強く、動作も緩慢になりやすいということを先生に説明して、理解を得るようにしました。

一般の子からみたら どんくさくて、虐めに遭うこともありましたが、ちゃんと仲の良い友達も出来て、「○○君て、面白いね」と慕ってくれる子もいました。
学校を休みがちだった息子を心配して「○○君が、学校に来ないと寂しいねと生徒が言っていましたよ。私も調子が出なくて寂しいです」と言ってくださる先生もいました。「それって、本当のことでしょうか? 気を遣って言ってくださっているのでは…」と、こちらから尋ねましたら「いえ、本当なんです。○○君はムードメーカーなんで、その場が明るくなるんです」と、息子のことをそんな風に温かな思いで見てくださっていたのです。

息子は人生のスタートを切って直ぐに大病をし障害も負いましたから、だからこそ人に優しくできる子なんです。一度友達になった子はずっと友達でいてくれるし、虐めに遭えば助けてもくれるし、虐めをした子もちゃんと謝ってくれました。
手が掛かるし、馬鹿な子ほど可愛いに近い感覚なのかもしれませんが、「先生、お疲れ様ですと言ってくれるのは○○君だけです。○○君にはいつも癒されています」と息子を褒めてくださる先生もいらっしゃって、転校の時は寂しがって別れを惜しんでくださいました。

そんな風に、障害のことをこちらからきちんと話すと、どの先生も理解を示してくださって協力的でした。障害があるからこそ、良いところを見つけよう、伸ばそうとしてくださる先生方がたくさんいて、息子が周りに溶け込めるよう、仲間外れにならないように心配りしてくださいました。

だから、ご質問者も娘さんのことで心配なこと、気掛かりなことは先生たちにどんどん仰って、心を開いて行ってください。応対に疑問があれば、そのこともちゃんと伝えてください。
医療の場でも教育の場でもです。
こちらが真剣であれば、先生たちは熱意をもって応えてくださりますよ。

何度もすみません、No.20,21です。
ご質問を投稿なさってから、少しはお気持ちが楽になられたでしょうか。
今回は別視点から回答させていただきます…。

ご質問者は、この質疑内で娘さんは医者からは高機能自閉症か広汎性発達障害ではないかと言われていると仰っていましたが、その見立てには、かなり正確な根拠があり、娘さんの特徴は全て「広汎性発達障害」で説明できると考えてのことだと思います。

頭囲と広汎性発達障害に関した記述は、この質問サイトにも載っていますし、グーグルなどで検索しても“自閉症...続きを読む


人気Q&Aランキング