人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

派遣社員の失業保険の扱いが複雑でよく分からないので、よろしければ教えて下さい。

派遣会社A社を通して4年11ヶ月勤務
→派遣会社B社を通して7ヶ月勤務
→数日後にB社の会社都合の離職票が届く予定です。(終了日から約2ヵ月後)

ですが、このタイミングでB社より短期(2ヶ月ほど)の仕事の紹介が来ました。
質問は下記の通りです。

1.失業保険の申請をせずにB社の短期の仕事を受け、その後に上記の離職票で申請をすることは可能なのでしょうか?
2.もし受給されたとして、給付中にB社以外の仕事が決まった場合、再就職手当を受け取ることはできるのでしょうか?
3.自己都合の場合、最初の1ヶ月はハローワーク等で仕事を見つけた場合でないと再就職手当は支給されない、と聞きましたが、会社都合の場合はそういった制限はないのでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>1.失業保険の申請をせずにB社の短期の仕事を受け、その後に上記の離職票で申請をすることは可能なのでしょうか?


 ・短期の仕事で、雇用保険に加入した場合、退職後、離職票が発行されますが、2ヶ月相当なので、その離職票自体では、失業給付の対象になりません
 ・その場合、以前の離職票と合算して、要件をクリアしていれば、失業給付の対象となります
 ・今回の場合は、以前の離職票が単独で給付要件をクリアしていますから(会社都合退職:6ヶ月以上の雇用保険加入・月に11日以上の就業実績で6ヶ月以上)
  その離職票で失業給付の受給となります
  有効期間は、前職の離職日の翌日から1年間です・・こちらに該当
>2.もし受給されたとして、給付中にB社以外の仕事が決まった場合、再就職手当を受け取ることはできるのでしょうか?
 ・会社都合であれば、手続後の待期期間7日間が経過後の入社なら、再就職手当の支給対象になれます
>3.自己都合の場合、最初の1ヶ月はハローワーク等で仕事を見つけた場合でないと再就職手当は支給されない、と聞きましたが、会社都合の場合はそういった制限はないのでしょうか?
 ・上記2.の内容と同様

・A社の離職票も、退職の翌日から1年間有効ですから、ハローワーウの手続は、1年経過後に行なった方が良いと思います(該当するのがB社前職分だけになるので)
・その辺の詳細はハローワークにお聞き下さい

この回答への補足

よく分かりました。ありがとうございました。

>A社の離職票も、退職の翌日から1年間有効ですから、ハローワーウの手続は、1年経過後に行なった方が良いと思います(該当するのがB社前職分だけになるので)

この部分がよく分からなかったのですが・・・有効な離職票が残っていると問題があるということなのでしょうか?今すぐに申請しない方がよいということでしょうか。
ハローワークに詳細を聞いた方がよいとのことですが、そういうことを直接聞きに行っても、印象が悪いということはないんでしょうか。
たびたびの質問ですみません。

補足日時:2008/01/31 00:23
    • good
    • 6

#2です


・A社の離職票も失業給付の要件をクリアしているので、退職日の翌日から1年間は有効な状態です
 A社の離職票が有効な期間に、B社の離職票も要件をクリアして有効になった場合、どの様な対応をハローワークが取るのかわからないので
 その様に記載しました
・ハローワークには匿名で電話をして、相談すれば詳しい事は教えてもらえますよ、時間は午後の方がよろしいと思います(午前中は認定で忙しいので)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

了解しました。
ハローワークへの問い合わせの件も詳しく教えて頂き、とても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/31 08:28

お答えします。


1,そのB社での短期の仕事で雇用保険を掛けてるとその短期の仕事終了後の離職票が必要です。ですので短期前のを使うことは出来なくなります。
  但しその短期の仕事で雇用保険を掛けてなければ、申請中の離職票が使えます。
  考え方はこうです。雇用保険を最後に支払った記録が残っている物が使えるということです。
2.可能です。但し雇用保険受給日数が半分以上残ってる必要があります。
3.自己都合の場合は給付制限3ヶ月がつきますので、3ヶ月+待機7日+受給日数半分 以内に決まれば再就職手当が貰えます。
  会社都合の場合は 待機7日+受給日数半分 以内でお考え下さい。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

分かりやすいご説明、助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/31 00:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q離職票2枚で被保険者期間を合算する場合の求職者給付は?!

どなたか、ご教示いただければと思います。

2005/4/30付けで派遣社員での勤務が終了し現在求職中ですが、失業保険(求職者給付)をうけたいと思っています。

4/30で終了した際、いただいた離職票には5ヶ月分の被保険者期間しかなく、その前に正社員で退職していた会社の離職票(2004/5/31まで被保険者期間あり)と合算しようと思います。2004/5/31までのものと今回の5ヶ月を合算するとぎりぎり6ヶ月の被保険者期間は満たすのですが、2枚の離職票で申請する場合、退職理由は古いもの、新しいものどちらで判断されるのか心配です。

2005/4/30(派遣社員)は「(契約期間満了)会社都合」で2004/5/31(正社員)は「自己都合」になります。

古い離職票と併せるので古い離職票の退職理由も関係するなら、待期期間が3ヶ月になってしまうのでしょうか?

派遣社員の離職票をもらうとき、実際には4/30で契約期間は終了してましたが、そこから1ヶ月仕事を探してもみつからないということでないと、会社都合の離職票は出せないということですでに1ヶ月待ちました。

ここから、3ヶ月さらに自己都合になって、待たされるのかどうか。。。不安になり、ご質問させていただきました。どなたか、ご回答宜しくお願いします。

ちなみに、ハローワークによって回答が違うという噂も聞きましたが、そのへんもご存知の方、宜しくお願いします。(渋谷ハローワークに行く予定です)

どなたか、ご教示いただければと思います。

2005/4/30付けで派遣社員での勤務が終了し現在求職中ですが、失業保険(求職者給付)をうけたいと思っています。

4/30で終了した際、いただいた離職票には5ヶ月分の被保険者期間しかなく、その前に正社員で退職していた会社の離職票(2004/5/31まで被保険者期間あり)と合算しようと思います。2004/5/31までのものと今回の5ヶ月を合算するとぎりぎり6ヶ月の被保険者期間は満たすのですが、2枚の離職票で申請する場合、退職理由は古いもの、新しいものどちらで...続きを読む

Aベストアンサー

1、被保険者資格喪失後から次に被保険者になるまでの期間に1年以上空が無い。(被保険者期間に1年以上の空が無い)

2、離職から再就職の間に手当を受給していない。

3、同じ被保険者番号である。

4、週30時間以上の労働で給与算定基礎となる日が月14日以上が通算して6ヶ月、又は週20時間以上30時間未満の労働で給与算定基礎となる日が月11日以上が通算して12ヶ月、のいずれかの条件を満たすもの。

以上の条件に当てはまるのなら合算(通算)対象になります。

>6ヶ月の被保険者期間は満たすのですが、2枚の離職票で申請する場合、退職理由は古いもの、新しいものどちらで判断されるのか心配です。
基本的に新しい方です。
また手当の日額も、給与×6÷180の50%~80%を離職票から算出されます。
で、足らない部分を前の離職表から持ってくるという考え方なのでこの場合、新しい職の給与×5+前職の給与×1、を離職票から算出されると思います。

>ここから、3ヶ月さらに自己都合になって、待たされるのかどうか
給付制限は「自己都合だと絶対3ヵ月待つ」という考え方は半分間違い。
事前に相談していて状況から、「やむを得ない離職」と判断されれば給付制限はかからないです。
特に派遣業務は一般の就労と比べ特異な部分もあるので職安で相談されるのが一番です。

>ハローワークによって回答が違うという噂も聞きましたが
比較的判断の難しいグレーな内容や、管轄する職安に判断を任せられた物事などについては個体差は生じるでしょうが、基本的な判断に違いはありません。

1、被保険者資格喪失後から次に被保険者になるまでの期間に1年以上空が無い。(被保険者期間に1年以上の空が無い)

2、離職から再就職の間に手当を受給していない。

3、同じ被保険者番号である。

4、週30時間以上の労働で給与算定基礎となる日が月14日以上が通算して6ヶ月、又は週20時間以上30時間未満の労働で給与算定基礎となる日が月11日以上が通算して12ヶ月、のいずれかの条件を満たすもの。

以上の条件に当てはまるのなら合算(通算)対象になります。

>6ヶ月の被保険者期間は満たすのです...続きを読む

Q失業保険申請前に一時的に働いた場合の手続き

派遣社員で1年ほど雇用保険に入っていました。
その後、他社で短期(3ヶ月ほど)の派遣で働いたのですが、そちらの契約が切れた後、失業保険の受給申請に行こうと思っています。
短期の派遣では、雇用保険には加入していません。

その場合、短期の派遣で働いたことを証明する書類などは必要なのでしょうか?
それとも、口頭で働いた期間を申請すればよいのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください!
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

約2ヶ月前に同じような状況を経験しました。
3月で期間満了(雇用保険加入)、その後約2ヶ月派遣で仕事をしました
(雇用保険未加入)。
失業保険は、退職等で雇用保険が切れてから1年以内なら申請できます。
申請後の仕事(日雇いアルバイトや手伝いを含む)は申告しなければ
いけませんが、申請以前については必要ありません。
私の場合は期間満了だったので、待期期間(1週間)のみで支給され
ましたが、もし退職理由が自己都合の場合なら、待期期間後3ヶ月の
給付制限になると思います。

Q失業保険申請前のバイトは不正になりますか?

色々なところで調べてみてみたのですが
いまいち、わからないのでどなたか教えていただけませんか?

突然の会社側からの解雇により
無職となりました。
とりあえず離職票を頂いたのですが、
最初のうちは失業保険をもらわずに、すぐに就職をするつもりでしたので
失業保険の手続きはせず自力で探していました。
その間、自分に合いそうな仕事があったので
10日ほどバイトをしたのですが、
条件その他などの面で長く続けられそうになかったので
相手方の方には、辞めるという事でお話をしました。

その後色々探したのですが、なかなか思うようではなく
解雇ということで、待機期間も短いということを知り
ここは、失業保険をもらいながらじっくりと長くお勤めができる
職場を探してみようと思い。
現在、離職票にサインと捺印をして送り返したところです。
まだ、ハローワークには失業保険の申請はしていません。
これから、離職票が戻ってきたら申請するのですが
そのさいに、10日のバイトの事は言うべきですか?
まだ、その分のお給料は出てなくて明細も手元にありません。

申請前のバイトの話なのですが
言わなかったら不正受給ということになるのでしょうか?
初めての申請で神経質になっております・・;
どなたか教えてください、よろしくお願いします。

色々なところで調べてみてみたのですが
いまいち、わからないのでどなたか教えていただけませんか?

突然の会社側からの解雇により
無職となりました。
とりあえず離職票を頂いたのですが、
最初のうちは失業保険をもらわずに、すぐに就職をするつもりでしたので
失業保険の手続きはせず自力で探していました。
その間、自分に合いそうな仕事があったので
10日ほどバイトをしたのですが、
条件その他などの面で長く続けられそうになかったので
相手方の方には、辞めるという事でお話をしました。

...続きを読む

Aベストアンサー

失業手当申請前のバイトは 不正受給にはなりませんよ。
申請手続きをしてからでも、バイトをした日をきちんと申告すれば 不正受給になりません。

離職票をもって、ハロワに手続きに行くときも 手続き前の
10日のバイトのことは言っても言わなくても関係ないはずです。
手続きを開始してからのバイトは 申告する必要はあります。

また、手続き後は、お給料がでない手伝いであっても 申告が必要になります。お給料が出た場合は金額も報告します。
ただし 減額でもなく、給付日数も変わりません。

>離職票にサインと捺印をして送り返したところです。
これがよくわからないのですが、どこにですか?
10日のバイト先?

Q退職後にバイト。失業保険もらえますか?

これまで会社勤めしながら、副業で週末バイトをやっていました。
今回会社を自己都合で退職しましたが、バイトはそのまま継続しています。
バイトといっても週末数時間ですので月2~3万です。
そのままバイトをしながら再就職活動する予定ですが、
もし仕事が見つからなかった場合、このバイトのために3ヶ月後の失業保険がもらえないのかと
ふと思いました。
今からバイトを辞めて失業保険をもらえますか?
本当は3ヶ月無収入になるのは辛いです。
今からでも良い方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

 ちょっと説明が分かりづらかったですね。

 あくまでバイトの縛りが発生するのは申請してからです。
 申請して最初の七日は継続的なバイトをしてはいけにないことになっています。
 この七日が終わって失業手当受給開始までの期間は、月14日、週20時間を超えても構いません。この縛りが発生するのは受給開始からです。
 差し引かれるのは受給開始後のバイトです。返ってくるというか、受給期間が延びる形ですね。

 受給までの期間はバイトの縛りがないとは言え、例えば就職活動もせずに平日朝から晩までみっちり働いていたりすると失業とは認められなくなるので、手当ももらえなくなります。
 この辺の判断は各ハローワークの裁量になっていて、条件が細かく違うようですので、バイトを増やす前に一度問い合わせた方が良いでしょう。

 最初の七日はどの程度以上が継続的と見られるのか、受給までの期間はどういう条件で縛りが無くなるのか、受給期間中の差し引き分の扱いなど。
 失業手当ってあくまで救済が目的ですから、よほどのことをしない限りまったくもらえないと言うことはありませんよ(^.^)

 ちょっと説明が分かりづらかったですね。

 あくまでバイトの縛りが発生するのは申請してからです。
 申請して最初の七日は継続的なバイトをしてはいけにないことになっています。
 この七日が終わって失業手当受給開始までの期間は、月14日、週20時間を超えても構いません。この縛りが発生するのは受給開始からです。
 差し引かれるのは受給開始後のバイトです。返ってくるというか、受給期間が延びる形ですね。

 受給までの期間はバイトの縛りがないとは言え、例えば就職活動もせずに平日朝から晩ま...続きを読む

Q離職票がくる前に短期派遣で働く

わかる方、どうぞ宜しくお願いいたします。

2月末で退職し、今は会社から離職票待ちです。
そこで、今回、初めて、失業給付の手続きを取ろうと思っている
のですが、今みたいな空いている期間に一週間ほど
派遣業務を入れることは可能なのでしょうか?

また、もし可能な場合、その派遣業務は時給が安いため、
前の会社よりも、日で考えると、かなり安くなってしまいます。
失業給付金の金額に影響でたりしますか?

初めてのことなので、初歩的な質問かもしれませんが、
どなたか分かる方がいらっしゃいましたら、回答をお願いいたいます!

Aベストアンサー

>今みたいな空いている期間に一週間ほど派遣業務を入れることは可能なのでしょうか?
 ・問題有りません
 ・ハローワークで失業給付を申請する前日までなら働いても何ら問題はありません・・失業給付の支給には影響しません
 ・但し、注意点は一点のみ・・雇用保険に加入しなくても良い働き方で有る事・・です
  (雇用保険に加入して働いた場合、その会社の離職票も必要になります)

>失業給付金の金額に影響でたりしますか?
 ・雇用保険に加入しない働き方なら、何ら影響はありません
  (雇用保険に加入して働いた場合は、影響が出る場合もあります)

・以下は参考
 ・失業給付の申請時に必要な書類関係・・下記の受給資格の決定の所を参照
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_procedure.html
 ・失業給付申請手続き後のアルバイト
   手続きの当日から7日間(待期期間と言います)は働いてはいけない
   給付制限の3ヶ月が付いている場合(待期期間の翌日から3ヶ月間)・・基本的にはアルバイト可能、但し雇用保険に加入する働き方は不可
   給付制限の3ヶ月が付かない場合(待期期間の翌日から給付期間になります)・・アルバイトは加入ですが制限があります
  アルバイトをする必要がある場合は、事前にハローワークで許容範囲を確認してから行って下さい

>今みたいな空いている期間に一週間ほど派遣業務を入れることは可能なのでしょうか?
 ・問題有りません
 ・ハローワークで失業給付を申請する前日までなら働いても何ら問題はありません・・失業給付の支給には影響しません
 ・但し、注意点は一点のみ・・雇用保険に加入しなくても良い働き方で有る事・・です
  (雇用保険に加入して働いた場合、その会社の離職票も必要になります)

>失業給付金の金額に影響でたりしますか?
 ・雇用保険に加入しない働き方なら、何ら影響はありません
  (雇用保険...続きを読む

Q給付制限期間中にアルバイトをした場合、給付額はどうなりますか?

先日、自己都合退職をし、職安から認定を受けた者です。
給付制限期間が3ヶ月ありますが、この間、求職活動をしている間にアルバイトをした場合、3ヶ月後に給付される失業保険額はどのようになりますか?
当座の生活の為にはアルバイトをせざるを得ないので…。

御教授くださいませ。

Aベストアンサー

snakemenさん、はじめまして。

私も就職活動のため、職安に通っている者です。

回答としては、給付制限中にいくらアルバイトをしても、給付制限期間後の給付額には影響しません。

基本的に職安ではアルバイトを禁止している訳ではありませんよ。
ただ、仕事をしたら (その収入の大小に関係なく) 申告をしなさい、という事です。
(ですから、No.2 の方のご回答には、誤解があると思います。)

給付制限中は、第1回目の認定日の後は、給付制限が終わるまで認定日はありません。
ですから、給付制限終了後の最初の認定日の時に、給付制限期間中の就業状況を申告することになります。

この時に、給付制限期間が満了した日以後もアルバイトをしていると、その仕事をした日については、給付の繰り越しではなく、基本手当の替わりに 『就業手当』 として支給されることになります。
(支給要件に該当しないアルバイトの場合は、ただの繰り越しになります。)

就業手当 (or 早期就業支援金) は、基本手当日額の 30% (早期就業支援金の場合は 40%) しか支給されません。
就業手当の支給要件に該当するアルバイトでは、本人の意思に関係なく就業手当が支給されてしまいますので、意図的な繰り越しはできないようになっています。

また、そのアルバイトが継続的なものである場合、就職したと見なされ、基本手当の給付自体がストップする場合もあります。
(一般に、週20時間以上のアルバイトを 2週間以上継続していると、就職したと見なされるようです。ただし、職安によっても判断が違うようですが。)

給付制限中にまとまったアルバイトをしていた場合は、そのアルバイトが今後も継続するものかどうか、職安での審議の対象になります。
その場合は、行っていたアルバイトが終了したものであることを証明するために、『退職証明書』 の提出を求められることがあります。
退職証明書の書式は、『受給資格者のしおり』 に添付されていると思いますので、会社の担当者に書いてもらっておくといいでしょう。

なお、給付制限中のアルバイト自体が就職したと見なされた場合 (第1回目の認定日が来る前に、アルバイトを開始した場合などは、その時点で就職と見なされることがあります。) は、アルバイトを辞めた後で、再度求職申込みの手続きが必要になります。
その場合でも、給付制限は、当初の期間が満了すれば終了しますので (就職の扱いになっても、給付制限期間はそのまま進行します。)、給付制限の期間が過ぎていれば、改めて手続きをした時点から、直ぐに給付を再開できます。

snakemenさん、はじめまして。

私も就職活動のため、職安に通っている者です。

回答としては、給付制限中にいくらアルバイトをしても、給付制限期間後の給付額には影響しません。

基本的に職安ではアルバイトを禁止している訳ではありませんよ。
ただ、仕事をしたら (その収入の大小に関係なく) 申告をしなさい、という事です。
(ですから、No.2 の方のご回答には、誤解があると思います。)

給付制限中は、第1回目の認定日の後は、給付制限が終わるまで認定日はありません。
ですから、給付制...続きを読む

Q会社都合:離職票受取りまでバイトOK?

来月会社都合で退職します。
会社からは給付制限なしと言われていますが、給付制限なしだとしても受給金額は給料の7,8割だと思います。

そこで質問なのですが、離職票が届くまでの間、休日にバイトをしたらどうなりますか?
結局、受給金額からバイト代分引かれてしまうのであれば意味がないので、、、。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>そこで質問なのですが、離職票が届くまでの間、休日にバイトをしたらどうなりますか?

何の問題もありません。
問題になるのは手続をした後に働く場合です、手続前に働くのであれば問題はありません。
ただしそのときの雇用保険には加入すると、その分の離職票も必要になり離職票を2枚提出することになります、また退職理由も直近のものが採用される為に給付制限が付く可能性もあります。

手続きとしては下記のようになります。

https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_procedure.html

申請以降の流れについてもう少し詳しく書くと退職理由に依る給付制限のある場合とない場合に分かれます。

>会社からは給付制限なしと言われていますが

給付制限期間のない場合をモデルとして流れはというと。

A.手続きをして受給資格決定、待期期間開始
B.(概ねAから5日から10日の間) 雇用保険説明会
C.(Aから6日後) 待期期間終了
D.(Cの翌日)所定給付日数開始
E.(Aから21日後あるいは28日後) 第1回認定日(AからCまでの失業の認定、及びDからEの前日までの基本手当の支給)
F.(Eから28日後) 第2回認定日(EからFの前日までの基本手当の支給)
G.(Fから28日後) 第3回認定日(FからGの前日までの基本手当の支給)

以後は所定給付日数があれば28日ごとに第4回、第5回と認定日は28日後に繰り返されます。
振り込まれるのは認定日の平均3,4日後です(もちろん平均ですから安定所によって多少差はあります、また金融機関の営業日での話ですから、休業日が挟まれればその日数分だけ延びます)。
また認定日には次回提出の失業認定申告書が渡されます、この失業認定申告書には次回の認定日・受付時間が書かれていますのでその日のその時間までに安定所へ行って失業認定申告書と雇用保険受給資格者証を提出して認定を受けます。
認定を受けたら雇用保険受給資格者証が返却され、また次の認定日・受付時間が書かれている失業認定申告書が渡されますので次の認定日に・・・、と繰り返すと言うことになります。

また認定日から認定日の間には決められた就職活動をしなければなりません。
就職活動の回数並びに内容については、安定所によって差があるので各安定所にお聞き下さい。

>そこで質問なのですが、離職票が届くまでの間、休日にバイトをしたらどうなりますか?

何の問題もありません。
問題になるのは手続をした後に働く場合です、手続前に働くのであれば問題はありません。
ただしそのときの雇用保険には加入すると、その分の離職票も必要になり離職票を2枚提出することになります、また退職理由も直近のものが採用される為に給付制限が付く可能性もあります。

手続きとしては下記のようになります。

https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_procedure.html

申請以降...続きを読む

Qハローワークに離職票を提出する前にアルバイトすると

今年1月11日に会社を退職して現在離職票を貰うのを待っているのですが
ハローワークに離職票を出して普通の受給を受けずに
早めに次の再就職先を決めて早期再就職手当を受けようと思っているのですが
ハローワークに離職票を出す前にアルバイトなどすると何か不都合などあるでしょうか?
すみませんご存知の方よろしかったら教えてください お願いいたします。

Aベストアンサー

>ハローワークに離職票を出す前にアルバイトなどすると何か不都合などあるでしょうか?
 ・雇用保険に加入する働き方でなければ、アルバイトをしても何ら問題はありません
 ・但し、ハローワークに離職票を提出する前日にはアルバイトは辞めていること

>早めに次の再就職先を決めて早期再就職手当を受けようと思っているのですが
 ・前提・・ハローワークで手続きをする時点で再就職先が決まっていないこと
    ・・待期期間(ハローワークで手続きをした日から7日間)中に再就職をしてはいけない
 ・退職が自己都合退職の場合は注意が必要(会社都合なら問題無いことです)
  自己都合退職の場合、給付制限が3ヶ月付きます(この期間は失業給付が支給されません)
  最初の1ヶ月に関しては、ハローワークを通した再就職で無い場合、再就職手当が支給されません
  (ハローワーク以外に職業紹介事業者の紹介でも可です)
  2ヶ月目以降は上記の縛りが無くなります

参考:再就職手当のご案内
https://www.hellowork.go.jp/dbps_data/_material_/localhost/doc/saisyuusyoku.pdf

>ハローワークに離職票を出す前にアルバイトなどすると何か不都合などあるでしょうか?
 ・雇用保険に加入する働き方でなければ、アルバイトをしても何ら問題はありません
 ・但し、ハローワークに離職票を提出する前日にはアルバイトは辞めていること

>早めに次の再就職先を決めて早期再就職手当を受けようと思っているのですが
 ・前提・・ハローワークで手続きをする時点で再就職先が決まっていないこと
    ・・待期期間(ハローワークで手続きをした日から7日間)中に再就職をしてはいけない
 ・...続きを読む

Q失業保険給付中の短期派遣労働について

失業保険給付中の短期派遣労働について質問させていただきます。

現在失業保険の待期期間中で、3月末に説明会、最初の認定日は4月中旬の予定です。
最近、登録している派遣業者さんから、短期派遣(2週間程度、一日8時間労働なので、就業とみなされるのではないかと考えます。)のお仕事を紹介していただきました。
仕事に就くかどうかはまだ決めていないのですが、この仕事に就いた場合、その地区の職安によって判断は変わって来ると思いますが、失業保険の受給は取り消されてしまうのでしょうか。
また、この短期派遣労働を終えた時には、すぐに給付は復活するものですか。また一から離職票をもらって、求職の手続きをして…を繰りかえさなければならないのでしょうか?

同じようなご経験をお持ちの方がいらっしゃいましたらお教えいただけますでしょうか。よろしくお願いします、

Aベストアンサー

>現在失業保険の待期期間中で、3月末に説明会、最初の認定日は4月中旬の予定です
 ・給付制限の3ヶ月が付かない場合ですね
 ・この場合は、アルバイト等に関しては制限が有ります、事前にハローワークで確認をして下さい
  一応、雇用契約期間が7日以上、週の所定労働時間が20時間以上、週に4日以上の就労である場合は就業手当(支給対象日数×0.3×基本手当日額:上限は1773円)の対象になるようです
>この短期派遣労働を終えた時には、すぐに給付は復活するものですか
 ・復活しますが、就業手当の支給日数分を引いて、残った日数に対し給付が再開されます

Q雇用保険・離職票:契約終了後同じ派遣会社で短期就業

雇用保険・離職票についてお伺いします。

8月末にて、長期?(半年以上)の派遣契約が終了したのですが、
その直後、9月1日からの短期(1ヶ月未満の見込み)の契約が急遽決まりました。
仕事の内容は違いますが、同じ派遣会社を通しての契約で、就業時間もフルタイムです。

しかし9月の派遣は短期ですし、8月末の派遣契約終了時点での離職票を発行してもらうことはできないものかと考えています。
そうすれば離職票を待つタイムラグもなく(派遣会社から10日前後かかると言われているので)、
スムーズに手続きできていいなと思うのです。
ついでに言うと、短期契約中の雇用保険額も払いたくありません(微々たる額ですが。)

もちろん、失業保険の手続きをする際は9月に短期で働いた旨、申告するつもりです。
これだと就職したとみなされて失業保険がもらえないでしょうか?

お詳しい方いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

派遣の場合短期は除外可能です(派遣先別に加入する場合に限る)。
但し書きは、短期の寄せ集めで2ヶ月(昨年4月改正から実働31日)を超えた契約がスタートの雇用保険の場合には除外出来ない為記載しています。
尚離職理由は短期の理由が適用となる為、離職票と別に貴方が職安給付課から離職証明用紙を取り寄せ、それに離職理由と雇用期間の証明が必要です。
結果10日程度は必要になります。
尚短期の雇用保険は日雇労働被保険者手帳の雇用保険印紙を貼付請求する場合にのみ発生します。
これは一般保険率に印紙保険率(印紙保険料の半額)が上乗せされますが、短期派遣が度々あり月間平均13日以上見込めるならば、2ヶ月から受給資格が成立する為割増保険料を払っても採算が合います。
尚日雇給付金は日額4100円で日々請求します。一応参考迄。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング