利用規約の変更について

σ結合π結合という概念が原子価結合法に由来するものなのか分子軌道法によるものなのかがわかりません。
σ結合π結合は、原子価結合法しか提唱されていなかった時点(分子軌道法が存在しない時代)にすでに提唱されていたのでしょうか?

たとえばエチレンについてです。混成軌道の概念を用いれば、エチレン分子の形に関しては説明することができます。
しかしσ結合π結合の話を用いないと、多重度の差による性質の違いを説明することができません。
sp2混成軌道による結合とπ電子による結合による性質の違い、それを原子価結合法でどのように説明していたのでしょうか?

A 回答 (1件)

>多重度の差による性質の違いを説明することができません。


三員環も開裂し易いです。ですので、無理遣り二つの結合がまとまっていると考えました。
つまり正四面体の稜を共有すると考えるわけです。これならE-、Z-の立体異性体も説明できます。
三重結合では正四面体の面を共有するとします。そうすれば-C≡C-が直線になることが説明できます。
いずれの結合も屈曲した結合になると考えられるので、それを解消するために付加反応などがおこると考えます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原子価結合法と分子軌道法

原子価結合法と分子軌道法の違いが
いまいち分かりません。
数式ばかり並べられているのを見ても
どこがどう違うのかを言葉でうまく表現出来ません。
本なども読んでみたのですが、どれも難しすぎて、明確にどこがどう違うのかが分かりません。
どなたか分かりやすく、これらの違いを説明してくださいませんか?

Aベストアンサー

レスが付かないようなので、一言。
このサイトのココ↓
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=561839
に大変詳しく、分かりやすい解説が載っていますよ。一度ご参照してみてください。

参考URL:http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=561839


人気Q&Aランキング

おすすめ情報