花粉症時期の尿モレ解決のヒント >>

はじめまして、早速質問ですが

デイトレーダーとして月間で何パーセントの利益を出せば
一般的に優れているのでしょうか。

皆さんの感覚で構いませんので経験談なども
ご回答いただければ有難いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

別にジェイコム男氏についてここで熱弁をふるう必要はないんじゃないかと。


それに私の発言を添削される筋合も無いですし。

40億云々については、仮に誤発注事故が無かったと仮定した場合の現在の氏の資産を試算しようと思ったまでです。
20億だそうですが、大金には違いありません。
それがあったと無かったではあなたの仰る月間利益率も大きく変わってくるでしょうし。

一日での300億売買は理論上は可能でしょう。
自分が言いたかったのは、10億20億のようにタイミングを見計らった正確な売買が出来ないのではないかっていうことです。
証券会社の多機能を上手く使いこなせば、自動的に損切りや利食いは出来るでしょが、あくまで本人で一つ一つ丁寧には出来ないと思います。

月間利益率と一概に言っても、投資単位との相対的評価ですし、市場の状況等は随時変動する事からも年単位で平均を算出するのは正確性に欠けるのではとも思わなくもありません。
    • good
    • 0

感覚的な答えですみませんが…


10%あれば非常に優秀、5%でも十分優秀ではないでしょうか。

年間で50%以上も利益出せれば問題ないはず。2000万円を回して、1000万円利が取れれば十分かと。それを複利で増やせば特にですね。

最近ではデイトレで勝つのも厳しくなったようです。一時のブームで入った初心者が抜けていって、今は上級者同士の争いっぽい。勝てているのは一部のデイトレーダーだけだと思います。

それを考えると、プラス収支を出せているだけで優秀だと言えるかもしれません。(ちなみに僕がデイトレをがんばると、トントンが精一杯です=時間の無駄)
    • good
    • 0

#3です。



計算式の記載が間違ってました。答えはあっています。正しくは、
(18,000,000,000/1,000,000)^(1/96)=1.1074すなわち10%ちょい
です。

#4コメントについて。

>氏の資産から単純に40億引けば良い訳でなく
意味不明です。

>10億程度の時期に転がり込んだ大枚なので、それがなければまだ50億程度じゃないでしょうか。
メディアの報道が正しければ、2004年末に資産残高10億、ジェイコム事件は2005年12月で約20億の儲け、2005年末の資産残高100億なので、「10億程度の時期」ではないと思われます。

>1億2億の投資と10億20億の投資は全然やり方が違ってくるので、前者で月5割出せる人でも後者じゃ1割程度かもしれません。
同意します。

>ですので、氏のような常軌を逸する投資単位になると、一日単位で調整するのは不可能だと思います。
メディアの報道が正しければ、氏は1日に300億円売買することもあるということです。これを前提とすれば、1日で調整可能です。また、大型銘柄の板には1ティックに1億程度の注文があることから、自分も可能だと思います。

>100億以上を扱っている人よりは、数千万、数億円を扱っている人の方が遥かに増やすのがラクと思われ、失礼ではありますが、あまり参考にはならないんじゃないかと。
同意します。

それでも、BNF氏の10億を10倍にした2005年の月間利益率は、(10,000,000,000/1,000,000,000)^(1/12)=1.2115すなわち21%ちょいになります。
    • good
    • 1

NO.3さんの仰っているジェイコム男氏は誤発注事故で確か40億程度儲けたはずです。


氏の資産から単純に40億引けば良い訳でなく、10億程度の時期に転がり込んだ大枚なので、それがなければまだ50億程度じゃないでしょうか。
ただ、1億2億の投資と10億20億の投資は全然やり方が違ってくるので、前者で月5割出せる人でも後者じゃ1割程度かもしれません。
毎日2~3銘柄を回すやり方と、ある程度間を置いて回したり、複数の銘柄を常に長期同時売買する方法とでは投資種類そのものが違うので。
任天堂とか一流銘柄も含めて、一度に数億単位の注文出すとぐらっと動くんですよ。
売買代金が100億にも満たないような銘柄なら1億の買いでかなり動きます。
ですので、氏のような常軌を逸する投資単位になると、一日単位で調整するのは不可能だと思います。
俗に一流投資家と呼ばれる氏であっても、そういう経緯があっての結果であり、100億円をコンスタントに増やすのは至難の業かと。
まぁ、私は100億を扱った事無いので言う資格無いかもしれませんけど。
とにかく、私が言いたいのは100億以上を扱っている人よりは、数千万、数億円を扱っている人の方が遥かに増やすのがラクと思われ、失礼ではありますが、あまり参考にはならないんじゃないかと。
私の感覚で言うと、3割出せば良いと思いますよ。
    • good
    • 1

有名なジェイコム男、またはBNF氏(デイトレーダーではなくてスイングトレーダーとい考え方もあるが)は100万円を8年間(96ヶ月)で180億円にしていますので、月間利益率は手数料・税金考慮後で(1,000,000/18,000,000,000)^(1/96)=1.1074すなわち10%ちょいということになります。

    • good
    • 1

単に何パーセント増えた減ったでは無く、日経平均株価、TOPIX等との相対的評価です。


全体が上がっていれば増えるのが普通です。
全体が下がっている時に増やせば優秀といえるでしょう(空売り除く)。
私は、調子がいい月は5割程度出す場合もありますが、悪い場合、1~2割に止まる事もざらです。
基本的に、負けない取引を心がけているので、ゲッツーやトリプルプレーはありませんが、満塁ホームランも少ないのが現状です。
    • good
    • 0

「優れている」という評価基準をどこに置くかによりますが、デイトレードの期待リターンは手数料分を考慮してマイナスなので、損益0であればデイトレーダーとしてそれなりに優秀だと思われます。



・1取引あたり手数料が-0.1%(10万円あたり100円)
・1日に2回取引で全額投資
・1ヶ月30日

という条件で考えると・・・期待リターンは0.999の60乗で0.942。損益0であれば、期待リターンの-5.8%を大きくオーバーパフォームしていると言えるのではないでしょうか。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株式投資の利益率 何%稼げれば好成績でしょうか

人それぞれのお考えだと思いますが、お伺いいたします。
個人で株式投資を行っていて、年間の利益率がどれくらい行けば好成績と言えるんでしょうか?

2.000万円程の余剰資金が手元に有ります。
当初、投資信託で運用を検討致しましたが、リスクのわりに見返りが無いようで、株式投資を検討してみようと思います。

冒険せずに、有る程度どんな商売をしているのが分かる国内の一流企業の株のみで、分散させて運用してみようと思います。
ご意見いただければ有難いです。

Aベストアンサー

株式投資はリスクがあるので、年間の利益率が15~20%ぐらい
あれば好成績かと思います。
10%以下の目標ではリスクに見合うリターンとは
言えないと思っています。

投資信託をやめたのは良い選択ですが、2000万円の資金を
全て使って株投資するのは危険性が高いです。
しばらくは少ない資金で投資し、自分の投資スタイルを確立してから
本格的に始めた方が良い気がします。

国内の一流株の分散投資は良い考えですが、それでもタイミングを
間違うと利益が出ません。
そのタイミングをつかむ為にも、小額がら投資を始める事をお勧めします。

Q寄り付きとは?

こんにちは
株の寄り付きで買う、というのはその日の成り行きで買うということなのでしょうか?
辞書などで調べたり、検索したのですが、今一よく分からないので、質問しました。
初歩的な質問で恥ずかしいですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

寄付きと言う言葉があるのは、市場が開くてから最初に付く値段と
言う意味ですが、値段が付いた後と売買の成立方法が違うからです。

寄付きは板寄せと言い高値の買いと安値の売りをマッチングさせて
行き中心相場で最初の値段を決めます。この時の成行き注文は
最優先でマッチングされますので、ほぼ確実に取引が成立します。

値段が付いたあとはオークション方式になるので指値の場合は
反対取引の相手が現れるまで成立しません。

成行注文の場合は相手側(買いの場合は売り)の注文があれば
相手側の値段で約定します。

纏めると成行きは注文方法のことで、寄付きとは相場が出来ることを
いいますので別物です。

Qスイングトレードの利食いと損切りライン

自分は夜だけ売り買いの注文をするスイングトレードをしてます。

コツコツ買っても損切る時は、1回勝つときの倍以上は負けてます。

勝ってるときの利益確定ラインを損切りラインより大きくしたほうがいいのでしょうか?

みなさん、利益でてる時に売るときと損切るときは、何%くらいに設定されてるでしょうか?

Aベストアンサー

# 勝ってるときの利益確定ラインを損切りラインより大きくしたほうがいいのでしょうか?

利益確定ラインと損切りラインの幅をどう調整しても、トータルの損益に対して何の意味もありません。
利益確定ラインを損切りラインより大きくすれば単純に勝率が下がるだけです。


# みなさん、利益でてる時に売るときと損切るときは、何%くらいに設定されてるでしょうか?

何%という設定のしかたは間違いだと思います。
「主体事由」と「客体事由」というものを考えなければいけません。

「主体事由」は自分自身の運用資金についての事由です。
簡単に言うと、最大損失許容額と1回の取引での損失許容額です。最大損失許容額が100万円なら1回の取引での損失許容額は大きくても10万円程度。
値幅でいうと、1000円の株を1000株買うなら、100円幅が最大損失許容値幅になります。

「客体事由」は相場それ自体の事由です。相場観だとかテクニカルポイントとかいろんなものがあります。
たとえばトレンド形成している銘柄を買う場合に、前回の安値をロスカットポイントにするといった場合に、それが20%下ということもあれば5%下ということもあると思います。
簡単に考えたいなら、買う場合なら「ここまでは下がらないと思う」というレベルを損切りレベルにすればいいです。「ここまでは下がって欲しくない」というレベルを考えては絶対にいけません。
画一的に何%という決め方が絶対にダメとは言いませんが、少なくとも画一的に何%という決め方が有効なストラテジーが無いなら、意味はありません。
つまり意味がある損切りポイントを探さないといけないんです。
意味のあるエントリーのポイント、意味のある損切りのポイント、意味のある利食いのポイント、そのトータルで傾向的に利益になるストラテジーを考えないといけません。
客体事由は主体事由と無関係に考えなければいけません。
主体事由として10万円が損切り額だから5%にするとか10%にする、といった考え方は基本的に間違いです。
客体の特徴として確率的に5%下がることが少ないという傾向があるなら、それは正しい設定です。しかし一概に全ての銘柄、あらゆるトレード条件で、何%がいいといった傾向なんてのは絶対にありません。

まず客体事由からロスカットのレベルを考える。
そして主体事由を組み合わせます。たとえば30円下が損切りポイントで1回あたりの損失許容額が10万円なら、3300株買っていい。200円下が損切りポイントであれば500株しか買えない。
ところでもしこれが取引単位が1000株の銘柄だったら、最低単位の取引でも20万円の損切りになってしまいます。こういうときはどうするか。主体事由を曲げて20万円にする、というのは間違いです。500円で損切りするというのも間違い。
こういうときはいくら上がりそうでも買ってはいけません。100円下がったところで差値するしか無い。もし下がらずに上がるようなら諦めるしかありません。主体事由も客体事由も独立して絶対条件であり、双方の条件を満たすときしか取引をしてはいけません。

主体事由が絶対条件である理由は、破綻リスクの回避です。
たとえば最大損失許容額が100万円であるときに、1回の取引での損失許容額を30万円に設定したとすると、勝率70%の非常に優秀なストラテジーがあったとしても、運悪く2連敗する確率が9%もある。運悪く初回に60万円も負けてしまうと、運用規模が維持できなくなります。40万円の株を買って60万円儲けるのは120%の収益ですからとてもタイヘン。
10万円づつなら運悪く3連敗しても70万円ありますから、なんとか運用規模は維持できます。
主体事由としての1回のあたりの損失許容額は、できれば運用資金額の1/20ぐらいがいいです。期待収益額とのトレードオフになりますが、かなり安定すると思います。

# 勝ってるときの利益確定ラインを損切りラインより大きくしたほうがいいのでしょうか?

利益確定ラインと損切りラインの幅をどう調整しても、トータルの損益に対して何の意味もありません。
利益確定ラインを損切りラインより大きくすれば単純に勝率が下がるだけです。


# みなさん、利益でてる時に売るときと損切るときは、何%くらいに設定されてるでしょうか?

何%という設定のしかたは間違いだと思います。
「主体事由」と「客体事由」というものを考えなければいけません。

「主体事由...続きを読む

Q株で儲かっている人が1割で9割は損をする理由(どうして50%ではないのですか?)

ネットで株をはじめて7年くらいになります。
株は上がるか下がるか、1/2の確立ですよね?
デイトレーダーやネットで株取引する人がどうして9割が負け、勝てるのは1割の人になるのか、どうしてもわかりません。
私の周りにいる人も実際9割くらいの人が負けています。
証券会社に勤めていた友人も「前にディーラーやっていて、手数料なしで売買してたけど、10人いたら9人まマイナス出すよ」と言っていました。
インサイダー情報とかで儲かる人がいるのはわかりますが、自分が買った株が上がるか下がるかは50%ですのでそれとは別だと思います。
本に書いてあるとおり「10パーセント下落で損きり」などの決まりを守ってもどうもプラスになりません。
数学的にでも、精神的にでもかまいません。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

>目を閉じて銘柄を選びます。
>コインを投げて表が出れば上がる、裏が出れば下がる。
>30日後に必ず売る

数学的確率論ですか?今の下落相場でも45%はプラスですね。
でも個人投資家はそんな風に銘柄を選択しません。
3ヶ月前、この一年の平均の半額に下がった銘柄・小型株が人気です。
そういうものの7割がたが、さらに3割以上も下げています。

7割でも普通は数社に分散投資するので、合計で9割がマイナスに
なるというわけです。

個人投資家はなぜ9割が損をするかというのは、機関投資家が
儲けてしまうからと説明したつもりでしたが。

Q寄り付き前の板で始値がわかりますか?

今、株式の勉強をしている者です。まだまだ始めたばかりですが…。

寄り付き前の板を見ていて疑問に思ったことがあります。板を見て、その日の始値の予測はつくものなのでしょうか。買い優勢か売優勢かはわかるのですが…。現在、赤文字と青文字の値のところが大体の始値でしょうか。見ていた板を添付させていただきます(もし不都合があれば削除させていただきますのでおっしゃってください)。

Aベストアンサー

9時直前の2~3秒前なら、ほぼその気配(株価)で寄付きます。注文そのものは8時から表示されますが、9時直前に板の注文状況を見ながら注文を出したり、指値を変えたりする人も多い(自分もです)ので、寄付ギリギリまではよくわからないというか、全く参考になりません。

特に明日はSQ(簡単にいうと日経平均先物の決済日)なので、寄前の板が全く参考になりません。日経平均採用銘柄の板を見るとわかりますが、気配がストップ安やストップ高になる銘柄が多いです(このままの状態では寄付きません。初心者はビックリするみたいです。でも直前に元に戻る)。明日の朝、暇ならトヨタやキャノンやソフトバンクとかの板を見てると面白いかも。SQは毎月第2金曜日です。

その画像は日経ETF(1321)でしょう?自分は買わないので寄り前の板(気配)を見たことがないけれど、そんなに動かないのではないですか。個別銘柄は直前に大きく動く場合がありますが…

日経ETFは、日経平均に連動しますよね。その日経平均は日経平均先物に連動します。つまり先物に連動します。で、今日の先物(日中)は9.760円で引けました。明日の寄付きはダウ平均や為替、ユーロ圏の問題などによって変わってきます。

日経平均先物は日本(大証)だけでなく、シカゴ(CME日経平均先物)、シンガポール(SGX日経平均先物)でも取引されています。CMEは当然アメリカなので、日本の夜間のダウ平均や為替を織り込みながらリアルタイムに動きます。その終値に、日経平均先物(大証)がサヤ寄せして始まります。ちなみにSGXは8:50に取引開始で、寄付きの価格は2分遅れくらいでニュースが出ますが、日本より10分早いだけなので参考にする意味がありません。

なので朝、CME日経平均先物(円建て)を見れば、日経平均がいくらで寄り付くかかなり正確にわかると思います(騰落率で見る)。なので日経ETFもほぼ正確に寄付きの価格はわかるでしょう。寄り付いてから上がるか下がるかはわかりません。

CME日経平均先物(円建て)は、証券会社のホームページの海外指標のところにあります。ほかにもMONEY BOXなどいろいろ便利なサイトがあります。

http://moneybox.jp/

9時直前の2~3秒前なら、ほぼその気配(株価)で寄付きます。注文そのものは8時から表示されますが、9時直前に板の注文状況を見ながら注文を出したり、指値を変えたりする人も多い(自分もです)ので、寄付ギリギリまではよくわからないというか、全く参考になりません。

特に明日はSQ(簡単にいうと日経平均先物の決済日)なので、寄前の板が全く参考になりません。日経平均採用銘柄の板を見るとわかりますが、気配がストップ安やストップ高になる銘柄が多いです(このままの状態では寄付きません。初心者はビッ...続きを読む

Q本気でデイトレで生活したい!

本気で!本気で!死ぬまでデイトレだけで生活したいと思っています。
しかし、まったく自信がありません。
実際にまだやった事はなく、株シュミレーションサイトで体験してみたり、本などをちょくちょく読んではいるんですが、まったくデイトレが実際にどういうものかわかっていません。
資金は10万くらいからはじめたいんですが、自分は生活費にあまりお金がかからない人間なので最低15万円・200万円あれば十二分に生活のすべてがなんとかなります。
そこで、ぜひとも必勝法やそういうのを紹介されている本などがあれば教えて頂きたいのですが・・・。
うり坊・株之介というデイトレで一億までいったという、いわいるカリスマトレーダーがいますが、そういう人たちが書いた本のとおりに実行すれば、成功できるでしょうか?。

Aベストアンサー

私もデートレではないけど、バブル前からやっていて、本当に高い授業料を払ってきました。特に難しくて重要なのは、自分の心のコントロールです。
 例えば、上値などないのに高いところで飛びつきたくなるを抑制する。低いところで更に下がるかもしれないという恐怖心から安いところで叩き売る。というのがダメなパターンの典型です。そして上昇相場ばかりではなく、動きのない無風のときには稼ぎようがありません。そして初心者のうちはわからないことが多すぎます。まだまだ書き足りませんが、高い授業料で得た株の基本的なことは下記URLの書込みをご覧ください。

 結論を言うと、元金10万円で、15万円/月、200万円/年稼ぐのは、無理と思います。新規公開株に的を絞ってもたりません。

 そこで、資金を増やすため、学習をかねて何度も資金をスリながらも、増やす必要があります。

 そこで例えば、てっとり早く学習するには夜のバイトでもしながら、日中は、超難易度の高いオプションに3万円から初めて、何回もなくしながら学習するとよいかも。オプションに勝てるようになり、3万円から初めて1000万円位に増やせたら、ディトレのみの生活へ。オプションになれると、一般の株は野球のバッターがボールが止まっているように見えるたとえのようになります。

 
 ちなみに、オプションに勝てる程度とは、下記の程度に相場が見えないと勝てません。そして外せばまた1から出直しですが。

>21日 = 様子見
>22日 = 16500コール60円買い、110円仕舞
>23日 = 16500コール70円買い
>24日 = 16500円コール155円仕舞

明日以降も、下記の程度の予測を必要とし、外せば=即 持ち金が平気で1/3となります。

「本日は16090円で引けました。明日は週末なので利益確定の日、USが平らだし、材料がないのでわずかにマイナスし、日経平均の朝一には16120円をピークに、15950円位で引けるような感じがします。月曜からはふたたび上昇し、16500円近傍までは行くと予測します。
外資としてはなるべく、このゾーンでふらつかせて、振り落としを行い、高いところで飛びつき買いさせて利確させたい。
 総合的にみて、消費者物価、家賃、GDP伸び、鉱工業生産指数全て良好、調整が終わり、信用買い残の減、USの新上値取り、これらを総合的にみて今は上がる!? 」

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1918418

私もデートレではないけど、バブル前からやっていて、本当に高い授業料を払ってきました。特に難しくて重要なのは、自分の心のコントロールです。
 例えば、上値などないのに高いところで飛びつきたくなるを抑制する。低いところで更に下がるかもしれないという恐怖心から安いところで叩き売る。というのがダメなパターンの典型です。そして上昇相場ばかりではなく、動きのない無風のときには稼ぎようがありません。そして初心者のうちはわからないことが多すぎます。まだまだ書き足りませんが、高い授業料で得...続きを読む

Q聞かせて下さい!株で大損した(>_<)大失敗話(~_~;)

私は最近、ネットで株をはじめたばかりの初心者です!

色々なところで自分なりに株の勉強をしていますが、本やネットでも失敗しない方法や儲かる方法など当たり前ですがプラスの話が多いので今回は是非、大損体験した方にお聞きしたいです!

「もう2度と株には手を出さない!」「こんなに大損した~」「家族がこんな大失敗をして大変な事になった…」などなど実際に株で大損した体験談をお話して頂けませんか?
リアルである事、ある事、ありのままに出来れば詳しく教えて下さい。

今回はとにかく大失敗を体験した方のお話が聞きたいです。思い出したくないとは思いますがどうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんんちは。
株歴は長くて15年です。
それほど頻繁に売買してないのですが、利益が出るときもあれば、損する事もあるので、全体で損益がわからなくなってしまいがちでした。
損の合計、利益の合計を出したところ、結局損でした。
利益の出た取引が36件160万の対し、損を出した取引は、10件230万。
つまり、損きりが下手なのですね。
件数は少なくても金額が大きい。
その上、少し上がると売ってしまう。
件数多くても金額が少ない。
株向きの性格じゃなかったのかな~。
今は株をお休みして、国債を買ってしまいました。

Qデイトレーダーとして生計を立てていくことは可能か

はじめまして。こちらに質問するのは初めてです。

デイトレーダーのメリットとデメリットについて教えてください。
ここでいうデイトレは,株式を専門にして生計をたてていく人のことです。

先日,恋人が仕事をやめてデイトレーダーになりました。
ちなみに彼は,株を初めて半年,金融機関などで専門に経済を学んだわけではなく,独学です。
株=ギャンブルという固定観念のある私は,自分でも経済の本を読んだり,
証券マンの友人や,経済学のマスターコースの友人,金融機関に勤め,株をしたことのある人
などの意見を聞きましたが,
短期的にやる,または老後の資金運用としては可能性はあるが,それ一本ではリスクが高いとのこと。

具体的に結婚を考えれば,私が主に働けばよいのでしょうが,
私は今後大学院に進学して専門職を目指しており,就職できてもしばらくは安定した収入は見込めそうにありません。

話し合いましたが,彼がデイトレのかけだしであることもあり,現時点では安定した結婚生活を送るのは無理と私は思っています。

今一度,デイトレードのメリットとデメリットについて教えてください。
トレーダーは無職扱いですが健康保険,ローンを組むなど可能でしょうか。(証券会社からローンを組むことができるとは聞いたのですが具体的にはどういうことかなど)
また,トレーダーとして生計をたてていくのは可能なのでしょうか。

また,最近デイトレで収入以上もうける!というような本も出ており,
内容は簡単に(?)というかシンプルな方法で儲けを出すのは簡単だよということが書かれています。
ああいった生活になることは可能なのでしょうか。

株や経済に関してはまったくといっていいほど知識がありませんので,どうぞわかりやすい用語で教えてください。
読んでくださりありがとうございます。よろしくお願いします。

はじめまして。こちらに質問するのは初めてです。

デイトレーダーのメリットとデメリットについて教えてください。
ここでいうデイトレは,株式を専門にして生計をたてていく人のことです。

先日,恋人が仕事をやめてデイトレーダーになりました。
ちなみに彼は,株を初めて半年,金融機関などで専門に経済を学んだわけではなく,独学です。
株=ギャンブルという固定観念のある私は,自分でも経済の本を読んだり,
証券マンの友人や,経済学のマスターコースの友人,金融機関に勤め,株をしたことのあ...続きを読む

Aベストアンサー

デイトレーダーを目指す相手と結婚すべきかという問いには答えられません。デイトレーダーはコツさえつかめれば生計を立てていけるか。儲けを出すのはそれほど難しいものではないかという問いにはある程度答えることができます。

私は仕事で株式投資に関係する仕事をしてきました。この経験からすると、確たる資産が留保されていない個人が、株式投資の収入だけを元に生計を立てることはまずはできないとお答えします。

デイトレーダーで腕に自信を持っていらっしゃると言ってもせいぜい数年のご経験ではないですか。1990年以来およそ12年間株式相場は低迷を続けました。これからもしそんなことが再現されても同じように儲けが出るでしょうか?

その1990年までは何年間か信じられないくらい好調な相場が続きました。しかしころあいの良いところで売り抜けられたひとはほとんどいません。株やその他の投資の世界は「そろそろ終わり」などと言ってくれるようなやさしい世界ではないです。むしろ一番たくさんお金を突っ込みたくなるところが株価のピークだったことの方がはるかに多いでしょう。生活の糧をそんなリスクに晒したいですか?

まずは大金を稼いで生活を安定させようとするのが人情ですね。その「欲」が投資には大敵です。つい無理をしてしまうつまずきの種がそこには潜んでいます。彼にそういう可能性はないと言い切れますか?

良心的な株式投資の初歩の本には「住宅資金や生活資金など生活に必要な資金は株式投資にまわさず、余裕資金で投資すること」と必ず書いてあります。必要な資金を稼ごうとすると必ず投資の「目が曇ります」。
目が曇るというのは冷静に考えればしなかったような投資行動をしてしまいやすいということです。つい無理な銘柄に手を出したり、急いで儲けようとしたり。食べていけるだけ都合よく利益をだすなどという都合の良い株価の上がり方はしません。生計費を稼ぐことと上手く株式運用することは人間の心理や相場の習性の上で極めて両立しにくいものです。

それでは大手の機関投資家(保険会社や銀行、年金の運用機関など)はなぜ投資が行えるのか。それは長い期間資金を寝かせて運用することが許されている莫大な資金の余裕があるからです。あわてて売らなくて良いから長い期間で結果が出せる可能性があるのです。

他の回答者の方が「できるかもしれない」「無理ではない」とおっしゃっているのは、最近株式市場が歴史上まれな好調な時期にそれで大もうけできた人が何人かは存在するという「いまのところの」結果に過ぎません。正式な職業に着かずたまたまデイトレーディングだけで儲けられた人が、他の無数の失敗者の上に極少数だけいるという結果を言っているに過ぎません。その人たちの何割かがこれから調子に乗って無一文になる可能性も低くは無いのです。

つまり「経験なく軽装でエベレストに登山しても、ものすごく運がよければ生きて帰れる」ということを言っているに過ぎません。仮に元気で山を下り始めても落石ひとつで命はなくなります。

もう一度言いますが、デイトレーダーはしばらくの間上手くいっても長らくそれだけで生計を立てられるといえる性質のものではありません。彼の運を信じてみますか?その判断ができるだけの経験と分別があると考えますか?
それなら私が間違っているのかもしれませんね。

デイトレーダーを目指す相手と結婚すべきかという問いには答えられません。デイトレーダーはコツさえつかめれば生計を立てていけるか。儲けを出すのはそれほど難しいものではないかという問いにはある程度答えることができます。

私は仕事で株式投資に関係する仕事をしてきました。この経験からすると、確たる資産が留保されていない個人が、株式投資の収入だけを元に生計を立てることはまずはできないとお答えします。

デイトレーダーで腕に自信を持っていらっしゃると言ってもせいぜい数年のご経験ではな...続きを読む

Qお金持ちは1円抜きが簡単にできるし効果も大きいですね?

あまりにもお金持ちだと買い手が出てこなくて別のお金持ちの売り方さんにやられるこももあるでしょうが私は思いました

リスクもでかいが堅実1円抜きだと地合い次第では簡単に1円ぬきができますね 最低1000万の資金を動かせば手数料気にせず2分もあれば1万円くらい簡単にもうけられますね。

私はそこまで大金動かせるほど余裕資金ないんでいつも1円ぬきしたいけど手数料負けになるんでできません
かりに成功しても手数料引くと千円とか小さな勝ちしかでません・・・

だから10円抜きや20円抜きをしようとして読みがずれて損切りばかりです

1円抜きなら9割以上で成功できそうですが・・・・余裕資金が・・・
ないんでいつも博打的な投資でやはり利益がだしにくいです

くやしいですが資金で勝率も変わってしまうんですね???

Aベストアンサー

素人ですが・・。

資金多いっても、1000万位じゃ勝率に差が出るってか、相場を動かすのは無理では??

>2分もあれば簡単にもうけられますね。
簡単だと思うのでしたら手数料引いた千円でも儲かるのなら私はやりますけど・・。
100万円が資金として
200日場が開いているとして20万の利益ですよ?
100万が120万、2年目には144万、4年目には倍になる計算。
10年もしたら500万超えるのでは?(笑)

みな簡単そうに見えて簡単じゃないからやらない(出来ない)んじゃないかなぁ・・。

自信がお有りなら300万円くらい貯めて信用取引してみたら?
手数料安いし、1000万近くまで動かせますよ。

やっぱり1円抜きっていっても、長けた人じゃないと常勝は無理なんじゃないかなぁ・・。

Qデイトレーダーは、個人事業主になった方がいい?

ちらっとデイトレードをしているなら、税務署に個人事業主にしたらと言われました。
まだ始めて数ヶ月で、やっていけるかどうかも分からないですけど申請をするのとしないのでは何が違うのか、利益・不利益はありますか?

Aベストアンサー

税務署の人が言ったんでしょ。
貴方個人にはほとんどメリットは無いと思いますよ。
課税対象者を詳細に把握するために開業届を出させて、2,3年に一度は確実に調査に立ち入るための方便だと思います。

 株式投資で得られる利益に対する経費は全く認められていないのが現状です。たとえば貴方が株式投資に関する著作を発行して、たくさん売れたらその取材費や原稿用紙や万年筆の購入費用や編集者との打ち合わせの喫茶店のコーヒー代などは経費として認めてくれますが、それはあくまでも原稿料や印税に対しての経費であります。

 簡単に例をあげましょう。
 株式投資での収入が年間200万円、著書出版による原稿料・印税収入が200万円、合計400万円の収入があったとしましょう。
 ではここから取材費用や原稿用紙購入代などの経費を差し引こうと思っても、それはあくまでも原稿料・印税収入の200万円からは差し引けますが、株式収入からは引けません。もしも経費が250万円掛かったとしても原稿料・印税収入から200万円の経費を引いた残りの50万円の経費は株式収入から引く事はできません。貴方の赤字です。(実際には収入を超える費用は認められません。事業内容にもよりますが、経費として認められるのは収入に対して10-30%の間といったところです。)
 それでいながら、株式収入からはしっかりと10%の源泉徴収は引かれます。(数年先には元の税率の20%に戻りますね)
 
 「パソコン使ってネットで株取引するんだから、個人投資家にはパソコン購入費や電気代やプロバイダ接続料や自宅を事務所扱いにして”家計に事務所家賃を支払う”などは経費として認められるのでは?」
と思われるかもしれませんが、これも今の税務署は認めてくれません。課税を不服として訴訟を起こして勝訴すれば別でしょうが。

 というわけでほとんどメリットはありません。強いて言えば開業届けを出して青色申告者になることで晴れて無職者から「税務署お墨付きの事業者」になりますが、普段道をあるいていてもご近所さんの貴方を見る眼差しが尊敬の目が変わるわけでもありませんから、特段メリットにはならないでしょう。

税務署の人が言ったんでしょ。
貴方個人にはほとんどメリットは無いと思いますよ。
課税対象者を詳細に把握するために開業届を出させて、2,3年に一度は確実に調査に立ち入るための方便だと思います。

 株式投資で得られる利益に対する経費は全く認められていないのが現状です。たとえば貴方が株式投資に関する著作を発行して、たくさん売れたらその取材費や原稿用紙や万年筆の購入費用や編集者との打ち合わせの喫茶店のコーヒー代などは経費として認めてくれますが、それはあくまでも原稿料や印税に対しての...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報