自分のお店を開く時の心構えとは? >>

ギ酸メチルやギ酸ナトリウムって銀鏡反応をしますか?
これらってアルデヒド基があるのですが、教科書などを見ても書いてないので不安になりました。よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

単純にギ酸にはアルデヒド基とカルボキシル基があります。


HCOOHのHCOがアルデヒド、COOHがカルボキシル。(わかりにくいかな?)
ギ酸ナトリウムは水中でギ酸に戻るので普通に銀鏡反応します。
ただ、特殊でフェーリング反応はしません。
ギ酸メチルにもカルボキシル基があるので反応するでしょう。
    • good
    • 0

蟻酸メチルはちゃんと反応を起こしますよ。


しかしギ酸は銀鏡反応は起こすが、フェーリング液とは反応しないように見えるので覚えていて下さい。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9F%BB%E9%85%B8
    • good
    • 0

R-CHO これがアルデヒド


R-COOHこれはカルボン酸

HCOOCH3, HCOONaこれらにアルデヒド基は無い。
教科書を良く読むこと。

この回答への補足

解答ありがとうございました。
アルデヒド基はないのですね。

補足日時:2008/02/18 11:50
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q還元性

シュウ酸は還元性があるのに、銀鏡反応を示さないのは何故ですか。

Aベストアンサー

還元力が弱いからです。
そのため、KMnO4などのような強い酸化剤が相手であれば酸化されます(還元性を示す)が、銀イオンなどの弱い酸化剤では酸化されません(還元性を示さない)。
要は相手によりけりということです。

Q酢酸はヨードホルム反応陰性?

問題集をやっていて、間違えました。

CH3-CO- という構造をもっているので、陽性かと思ったのですが、何故間違いなのでしょうか?

よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

ヨードホルム反応はケトンもしくはアルデヒドの反応です。つまり、CH3-CO-の先が炭化水素もしくは水素でなければ陽性になりません。
酢酸は、その先に付いてるのが-OHですから陰性ですね

参考URL:http://homepage2.nifty.com/organic-chemistry/chi3.htm

Qo-ニトロアニリンとp-ニトロアニリン

薄層クロマトグラフィーで、o-ニトロアニリンとp-ニトロアニリンを分離すると、何故o-の方が長距離進むのでしょうか。

溶媒のジクロロメタンにはp-の方がよく溶けるようですし、極性もo-の方が高いのでは??
と、未熟な私には分かりません。どなたかお願いします

Aベストアンサー

o-ニトロアニリンの場合にはアミノ基の水素とニトロ基の酸素との間に分子内で水素結合ができます。
そのために、p-ニトロアニリンと比較して分子間の水素結合ができにくくなり分子間の引力が減少します。同様の理由で薄層クロマトの固定相(シリカゲル?)と引き合う力もo-ニトロアニリンの方が小さく、展開溶媒の移動にともなう移動距離が長く(Rf値が大きく)なるものと考えられます。

Qプロパノールについて

お世話になっています。

早速ですが、
ギ酸プロピルHCOOC3H7を加水分解すると
HCOOH と C3H7OH になりますよね。
このC3H7OHって異性体がありますが、
例えば1-プロパノールと2-プロパノールがありますが、
この二つの発生の違いって何でしょうか。
つまりギ酸プロピルの加水分解の仕方で1-プロパノールと2-プロパノールがそれぞれ出てくるんでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

「ギ酸プロピル」は HCOOCH2CH2CH3 じゃないかなぁ. これだと 1- の方しか出ません.
2- が出るなら HCOOCH(CH3)2 で, これは「ギ酸イソプロピル」と呼ぶべきだと思います.

Q北里、星薬科、東薬の中で、どこに行くべきか

私は、いまのところ星薬科、北里薬学部、東京薬科に受かっています。
第一志望の慶應薬学部の発表までに、この三つは入学金納入期日を迎えてしまうのでどれかには抑えとして入学金をおさめなくてはならないのですが、決めかねています。
私なりに長所と短所を並べてみると、

北里
○偏差値がまあまあ良い
○医学部があるので、実習先に困らなさそう(あくまでイメージ)
○遊べそう(都会なので)
×遠い(相模原も白金も一時間強はかかる)
×校舎が古いし狭い(見た感じですが、設備も古いのかな…と思ってしまいました)


星薬科
○偏差値がまあまあ良い
○綺麗な校舎
○遊べそう(都会なので)
×校舎が狭い(オープンキャンパスで、自習室や食堂が取り合いになると聞きました)
×遠い(片道一時間ほど)

東京薬科
○近い(自転車で頑張れば行ける距離)
○歴史があるので、就職に有利と聞いた
○広い校舎(三つの中では一番好き)
×偏差値が最近下降の一途(正直、あんなに勉強したのに…と思ってしまう)
×田舎なので遊べなさそう(決して遊び狂いたいわけではありませんが、多少はバイトなどして遊びたいです)


表面的なことや曖昧な情報ばかりですが、こんなところです。

薬剤師免許がとれれば受験時の偏差値なんか関係ないとか、
やっぱり偏差値高い方が回りの人もやる気があるからいいのかもなど色々考えてしまいます。


将来は研究や開発をしたいのですが、私立だと厳しいようで明確には決めていません。
(高二で進路を決めた後に高三になって知りました…)


・ここの大学なら研究職につけるかも
・偏差値は就職には関係ないよ
・汚いけど実は最新機器もあるよ
など、なんでもいいのでアドバイスください!
星の期限が2/10なので急いでいます!

私は、いまのところ星薬科、北里薬学部、東京薬科に受かっています。
第一志望の慶應薬学部の発表までに、この三つは入学金納入期日を迎えてしまうのでどれかには抑えとして入学金をおさめなくてはならないのですが、決めかねています。
私なりに長所と短所を並べてみると、

北里
○偏差値がまあまあ良い
○医学部があるので、実習先に困らなさそう(あくまでイメージ)
○遊べそう(都会なので)
×遠い(相模原も白金も一時間強はかかる)
×校舎が古いし狭い(見た感じですが、設備も古いのかな…と思ってしまいま...続きを読む

Aベストアンサー

東薬のOBです。
合格おめでとうございます。
現在、北里、星薬科、東薬に関して、特に就職(病院薬剤師や製薬会社MRなど)で
大差はないと思います。
というか、研究職に就きたいのであれば、東大などの大学院に進むことをお勧めします。

偏差値のことは気にせず、自分の気に入った大学を選んで下さい。
偏差値では今は慶応が圧倒的に上のようですが、
これは、もと共立薬大(女子大)の名前が慶応に変わった途端にブランドイメージでしょうか、
偏差値が異常に上がってしまったもので、大学の価値とは乖離しているような気がします。

東薬の偏差値が下がってしまったのは、現在の場所にキャンパスが移転してしまったためで
約30年前男子部は新宿(大久保)、女子部は上野にあった時代は、
星や北里と比べるまでもなく東薬に行ったと思います。
質問者様からは近いそうですが、一般的には都心から遠いので敬遠されてしまうのです。

OBの贔屓目ですが、できれば東薬でお願いします。

Qエタノールを酸化すると酢酸に??

高校生です
セミナー化学に

「エステルAの構造式を求めなさい
ただし
分子式C6 H10 O2
Aを加水分解して得られるアルコールを酸化すると酢酸が生成する
環状構造をもつ   」

という問題がありました

Aを加水分解して得られるアルコールを酸化すると酢酸が生成する
の部分から逆算して
(酸化して酢酸になるアルコールを考える 加水分解してそれができるエステルを考える)
構造式をもとめようとしたのですが何回やってもOが一つ多くなってしまいました
そこで模範解答と自分の回答をくらべてみると


自分の回答では
酸化とはつまり過マンガン酸カリウムと硫酸と水で酸化するやつだろうと考え
(この問題集ではアルコールの酸化といったらそれでした)

  
    H
    |
CH3-C-O-H   +O     → 酢酸+水
    |
    O-H

なので ↑がいま考えているアルコールである

となっているのに対して模範解答では

「酸化すると酢酸になるのはエタノールである」
とかいてありました

どういうことなのでしょうか?
エタノールを過マンガン酸カリウムと硫酸と水で酸化しても酢酸にはなりませんよね?

それともこれはもしかして
「Aを加水分解して得られるアルコールを酸化すると酢酸が生成する」
という一文をもって
エタノール→アセトアルデヒド→酢酸
と考えろということなのでしょうか?

高校生です
セミナー化学に

「エステルAの構造式を求めなさい
ただし
分子式C6 H10 O2
Aを加水分解して得られるアルコールを酸化すると酢酸が生成する
環状構造をもつ   」

という問題がありました

Aを加水分解して得られるアルコールを酸化すると酢酸が生成する
の部分から逆算して
(酸化して酢酸になるアルコールを考える 加水分解してそれができるエステルを考える)
構造式をもとめようとしたのですが何回やってもOが一つ多くなってしまいました
そこで模範解答と自分の回答をくらべてみると


自分の...続きを読む

Aベストアンサー

>「Aを加水分解して得られるアルコールを酸化すると酢酸が生成する」
>という一文をもって
>エタノール→アセトアルデヒド→酢酸
>と考えろということなのでしょうか?

そういうことでしょうね。間違ってるとも思いません。酸化が1段階とは書いてませんし、アセトアルデヒドは空気酸化により酢酸になっていくので、間違いなく酢酸はできるでしょう。高校の実験としては簡易的に蒸留する形でアセトアルデヒドを得ます(普通硫酸酸性で二クロム酸カリウム使うと思います)が、そのまま分離せずにフラスコ内で煮込んだら酢酸ができるのではないでしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/エタノール

でも条件により酢酸が生成する旨書かれていますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報