【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

第二言語を学ぶ日本人学習者のパフォーマンスと自信についての情報を集めております。
自信の定義にもより左右されるで有りましょうが、第二言語学習における自信(Self-confidence)とは、自尊感情(Self-esteem)、不安の欠如(Low anxiety)で成り立っていると思うのですが…それら測るにはそれぞれを個別に測るべきなのか?あるいは自信自体を直接測れるやり方が有るのでしょうか?

つたない質問では在りますがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

自信の定義もさることながら、


「第二言語学習者」の定義も必要かと思いますが・・・・

単に「外国語を学んでいる人」のことなのでしょうか?
英語、フランス語、スペイン語、インドネシア語・・・・などなど。

レベルも目的も様々だと思いますし、根本的な(自分の存在に対しての)自尊感情とは関係ないと思いますよ。
外国語を学習していても自尊心が低い場合はありますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早いご回答ありがとうございます!
第二言語学習者の定義は、すでに十分な習熟度に達した第一言語を習得した、持った成人と考えておりました。

外国語については英語を想定しておりました。

レベルはさほど考えておりませんでしたが…(泣)目的意識については英語圏への憧れのような統合的、あるいは道具的な動機を持った人たちを対象に考えております。

自尊心や自信の高さ、低さが実際のPerformanceにどの程度、あるいはどのような観点で影響するのかな~と考えていたのでご質問させていただきました。

お礼日時:2008/02/22 17:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング