ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

を教えてください。
サイズはわかりますが、丁掛と言う呼び名がどこから来ていて
丁掛の単位はどの形またはどこのサイズを基準にして
二丁掛 三丁掛 四丁掛タイルとよぶのでしょうか?
今まで一丁が小口平を示しそれを2個並べたのが二丁掛タイルだと思っていました。
しかしそれだと四丁掛は理屈が通るのですが三丁掛だと通らなくなります。
と言うことは単純に一丁が227×縦方向の30mm(≒1寸)の倍数(掛数)と言うことでいいのでしょうか?

A 回答 (2件)

小口タイルは108×60です。


二丁掛は小口タイルを横に並べて、目地の11mmを足すと
108×2+11=227となります。
三丁掛は目地が2本ですから
108×3+11×2=346
四丁掛はあまり聞きませんが、理屈としては
108×4+11×3=465
でしょうか。

レンガを積んだ場合に、イギリス積みでもフランス積みでも
目地分を含んだ寸法でないと積み上げていくことによって
壁の有効幅がズレてくるからです。

この回答への補足

ありがとうございます

私もはじめは小口平の数+目地巾を掛けた数だと思っていたのですが
その場合二丁掛(227×60)と四丁掛(227×120)は意味が合いますが
三丁掛(227×90)がなりたちません(面積の倍率は合うかも知れませんが)
唯一なりたつのは高さ30mmを一丁とすれば意味としては成り立つのです。がその根拠がネットで調べても出てきません。
それで実際のところの由来はどこからきているのかなと思いまして。。

補足日時:2008/03/05 13:30
    • good
    • 4

煉瓦のサイズが基になっているのです。

詳しくは下記をどうぞ。

参考URL:http://www.homepro.co.jp/og/html/information/inf …

この回答への補足

ありがとうございます

>煉瓦のサイズが基になっているのです

はいそれは存じております^^;
では、煉瓦のどこを(一丁)として二丁掛となるのでしょうか?
三丁掛の場合だとどこを基準に三丁掛となるのでしょうか?

補足日時:2008/03/05 10:44
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q45四丁掛タイルの寸法について教えて下さい

45四丁掛タイルを今まで使った事が無くタイルの大きさが分からなくて困っています。
タイルの寸法及びメーカーのホームページがあれば、誰か教えて下さい

Aベストアンサー

45四丁掛:45×195

全国タイル業協会(寸法&特徴参考)
http://www.tile-net.com/faq/base.html

INAX社(メーカー参考)
http://iinavi.inax.lixil.co.jp/products/kenzai/search/item.php?seriesid=1082

(補修用など少量特注)
http://www.tilelab.jp/topics/

上記メーカー加納製陶
http://www.kano.co.jp/

Q「見付け」と「見込み」

初歩的な質問ですいません。窓廻りの「見付け」と「見込み」の違いについてわかりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

「見付け」は「見付け部分」ともいい、
取り付けた際に外から見える部分のことです。
「見込み」というのは
サッシの奥行きのことで、壁の収まりの際に重要な寸法になります。
内部などに使う木製などの枠のあるのは「枠見込み」という表現になります。

Qタイル割りについて

外壁のタイル割り(45二丁)の仕方というか考え方を教えて下さい。
当方マンション現場の経験が浅く良く解らないのですが、周りに聞ける人もいないので教えて下さい。伸縮目地が入った場合のタイル割の仕方が解りません、伸縮目地を入れなければタイル仕上げ寸法末尾を95か45(幅に対して)にすればタイルが綺麗に割れるのは解るのですが、伸縮目地が何本も縦に入るタイル割りの仕方が全然解りません、現場監督の方等施工図に詳しい方教えて下さいお願い致します。町中のマンションを見るのですが切物がほとんど入ってないのが不思議でしょうがありません。

Aベストアンサー

設計士です。
外装タイルを割付ける場合、タイル張りの面が大きいため一定の範囲に区分して、その内で割付ける方法が一般的です。割付けの区分のとりかたは下記の四通りの方法が考えられます。
1)伸縮目地で区分して割付ける
2)基準線(通り芯)で区分して割付ける
3)壁面全体を同一目地で割付ける
4)規格寸法のサッシュを基準として割付ける
上記はいずれも垂直方向の区分で、水平方向の目地に関しては常に、各階ごとにとった伸縮目地で区分して割付けることを原則とします。
1)の伸縮目地で区分の場合のタイル割付順序を説明します。
伸縮目地は縦横3~4mごとに設け、その区分面積を10m2以内を標準とします。
第1に伸縮目地の位置を決めます。※水平方向は、(1)各階の水平打継部(2)階高が5m以上になるときはその中間。垂直方向は(1)柱際(2)開口部際(3)無開口壁の場合は3~4m間隔(4)建物コーナー・隅切部(5)建物の取り合い部などです。

第2に伸縮目地で区分された範囲内にタイルを割込む(目地で寸法を調節する)
イ.各区分の目地幅が美観を損なうほどに差がある場合、伸縮目地の位置を調整し、できるだけ目地幅を揃える。
ロ.伸縮目地をはさむタイルの納まり

第3にサッシュなどの開口部の位置・大きさをタイルの割付けに合わせてきめる。
以上が1)伸縮目地で区分して割付ける場合の手順です。
注意点として、タイルの割付により開口部の位置を決めるので、開口部が設計位置とズレてしまったとき、耐力壁の長さが変わってしまいます。必ず設計士に確認をする事を忘れずに。

設計士です。
外装タイルを割付ける場合、タイル張りの面が大きいため一定の範囲に区分して、その内で割付ける方法が一般的です。割付けの区分のとりかたは下記の四通りの方法が考えられます。
1)伸縮目地で区分して割付ける
2)基準線(通り芯)で区分して割付ける
3)壁面全体を同一目地で割付ける
4)規格寸法のサッシュを基準として割付ける
上記はいずれも垂直方向の区分で、水平方向の目地に関しては常に、各階ごとにとった伸縮目地で区分して割付けることを原則とします。
1)の伸縮目地で区分の場合のタ...続きを読む

Qセメントと砂の配合について

モルタルを作る際のセメントと砂の配合についてなんですが、
一般的に1対2から1対3といわれてますがこれらはどういう違いが出てくるのでしょうか?
もし1対1とかにするとどうなりますでしょうか?

Aベストアンサー

no2で回答したものです。

ご質問の主旨がイマイチ解りませんが、
砂・セメントの調合比率と強度の関係を知りたいのでしょうか?

まず最初に、調合比率ですが、概ねセメント1に対して砂2~最大4ぐらいです。
この調合比率は 強度では無く用途で調合割り合いを変更するケースがほとんどです。

では次に、強度ですが、残念ながら1:2の場合は○○Nとか1:3の場合いには○○N と決まっている訳ではありません。 おそらく大学の研究室で実験しないと解らないと思います。

ちなみに、国土交通省が建築工事改修基準書という本を出していますが残念ですが その本にも強度は記載されていません。

では、どの様な基準があるか? となりますが、普通コンクリートの場合(コンクリートミキサー車で運んで来るものです) スランプ率15~18が一般コンクリート強度と表されています。
 しかし、普通コンクリート強度は、中に入れる鉄筋の太さ、数量などで強度が変わって来ますので、それ自体では強度の計算も確認もできないのが実際です。

ゆきつくところ、実際 砂セメントの調合比率・添加する水の量でどれだけの強度となるのかを知っている人は居ないということですし、調合比率で A+B=C みたいな計算式は成り立たないということです。

例えば、厚さ15センチのモルタルの板でも、ごく普通のサラリーマンでもハンマーで割ることが出来ます。

ですので、砂・セメント・水の調合比率で強度を計算することは不可能です。 どうしても知りたければ、大学の研究室に依頼して実験をしてもらう以外にないと思います。

最後に、最初に調合比率は用途でほほ決まると書きましたが、これも左官屋さんの経験値で変わります。
例えば、壁とかを塗る場合には、1:2 ぐらい
土間などを打つ時は(駐車場など)1:3 ぐらい
捨てコン とか、敷石などを固定するときなどは 1:4ぐらい
が一般的です。
『ぐらい』としか書けないのは、その時の施工条件、気温、湿度、施工部位、目的、砂質などで毎回変わるからです。そしてそれらを決めるのは左官屋さんの経験値と腕です。

いずれにしましても、大工にしても、塗装にしても左官にしてもそうですが、職人は今の時代でも 大工10年 左官7年 塗装3年 ぐらいの修行は最低して来ないと一人前と認められません。
つまりは、『こうすればこうなる』などという簡単な公式はありませんので それだけ経験して、実際に勉強してやっと一人前になるぐらいの難しさがあるということです。

no2で回答したものです。

ご質問の主旨がイマイチ解りませんが、
砂・セメントの調合比率と強度の関係を知りたいのでしょうか?

まず最初に、調合比率ですが、概ねセメント1に対して砂2~最大4ぐらいです。
この調合比率は 強度では無く用途で調合割り合いを変更するケースがほとんどです。

では次に、強度ですが、残念ながら1:2の場合は○○Nとか1:3の場合いには○○N と決まっている訳ではありません。 おそらく大学の研究室で実験しないと解らないと思います。

ちなみに、国土交通省が建築工...続きを読む

Q1丁は何メートルになるのでしょうか?

住所で1丁目2丁目~とありますが、その1丁目から2丁目の距離、1丁分の距離というのは決まっているものなのでしょうか? また、決まっているとした場合は、1丁は何メートルになるのでしょうか? 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

どうもこんにちは!

「丁」は「町」の略字で尺貫法での長さ、若しくは面積の単位です。
1町=約109.09m、若しくは1町=約9917m2になりますが、住所で言う1丁分の距離や面積が
この1町の長さ、若しくは面積になっている訳ではなく、それぞれの住所でまちまちです。


ご参考まで

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Qコンクリートの単位容積重量はいくらぐらい?

一般的なコンクリート塊の単位容積重量はおよそどれぐらいですか。
できたら、Kg/立方mで教えてください。

Aベストアンサー

コンクリートの単位容積重量(正式には単位容積質量)はコンクリート中の
砂、砂利、の質量とコンクリートの乾燥具合によって変わってきます。

現在日本で使われてるセメント、砂、砂利の比重から考えて2300~2400Kg/立方m
と考えて良いでしょう。

特殊な用途があれば軽いコンクリート、重いコンクリートも作ることが出来ます。
元生コンクリート技術に従事していました。

QGB-RとP.Bの違い

GB-RとP.Bは内装制限の仕上材の表記に使う場合、どちらも同じ意味
と思って使ってよいのでしょうか??

Aベストアンサー

どっちも同じ石膏ボードの意味。
GB-Rは日本工業規格での名称。
P.Bはプラスターボードの頭文字。

Q開口部における枠と額縁の違い

建築学科に在籍している学生です。
建具表に記載してある「枠」と「額縁」の違いが今ひとつ区別できずに悩んでいます。

いわゆる、ドア周りは「枠」で窓周りは「額縁」ととらえていたのですが、どうやらこの考え方は間違っているとのこと。。

どうぞアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確な「定義」は知りませんが…

「枠」はサッシュや扉の可動部(=障子:Fixも含む)のフレームとなっている部分を指して言う言葉。
額縁は開口部(扉、窓)と壁(や天井)との取り合いに用いられる部材で、回り縁や幅木と似たような性格の納まり上の部材と認識しています。

それなので、納め方によっては額縁なしでも可能。(一番単純なのはドン付けとか)
室内の扉などでは、枠を壁との納まりまで考慮して大枠にしていたりすることもあり、この場合は額縁は用いないのが一般的です。
もっとも、扉の場合は、額縁に当たるものを付けても、意匠的に枠の延長として見せていると、「付け枠」とか「ケーシング枠」などと言って、枠という言葉が用いられるようです。
それなので、目的や見え方から呼称がつく場合もあるみたい。(←このあたりはいい加減ですが)

開き扉を例にすれば、通常は枠に丁番やアームストッパー、ラッチ受けなどを取り付けているので、枠と障子は機能的に一対になっていると言えます。
額縁はこれに付属して付いているので、扉本来の機能とは切り離して考えられる部材とでもいう感じでしょうか。
とはいうものの、枠なしの扉や窓などもたまに作りますので、この言い方も絶対というわけでもなさそうですけれど。

正確な「定義」は知りませんが…

「枠」はサッシュや扉の可動部(=障子:Fixも含む)のフレームとなっている部分を指して言う言葉。
額縁は開口部(扉、窓)と壁(や天井)との取り合いに用いられる部材で、回り縁や幅木と似たような性格の納まり上の部材と認識しています。

それなので、納め方によっては額縁なしでも可能。(一番単純なのはドン付けとか)
室内の扉などでは、枠を壁との納まりまで考慮して大枠にしていたりすることもあり、この場合は額縁は用いないのが一般的です。
もっとも、扉の場合...続きを読む

Q建具の枠見込について教えて下さい。

建具を選択する際ですが、内部建具、サッシともに枠見込によって枠を選択します。例えば、内部建具の場合、固定枠90、155、169などとありますが、訳も分からず壁厚を上回る寸法で枠見込を選択しています。どなたか意味が分かれば教えて下さい。すみません、建築の知識が乏しいので、噛み砕いて説明して頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

1の方がお答のように壁の仕上げ面から枠の端(ちり寸法)をどの位とるかで内部建具の見込みを決定します。例えばLGSで45角のSTUDを使って12.5mmの石膏ボード両面仕上げの場合壁の厚さは45+12.5x2=70mmとなります。これに90mmの枠を取り付けると(90-70)/2=10mmがちり寸法となります。ちりは10~15mmくらいが普通ですからこれでOKです。このように、柱(あるいは間柱)+両側の壁の仕上げ厚に10x2~15x2を合計したものが枠の見込み寸法となります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報